トイレ つまり 洗剤。 トイレつまりの直し方5選。初心者でも自分で解消することができる方法解説

トイレつまり業者顔負けの直し方

トイレ つまり 洗剤

環境にもやさしい重曹とクエン酸はトイレ掃除に抜群の効果を発揮 市販のトイレ用洗剤を使用している家庭が多いかと思いますが、安価で購入できる重曹とクエン酸を使えば、自宅で簡単にトイレ洗浄剤を作ることができます。 重曹もクエン酸も天然素材ですので、家計はもちろん、環境にもやさしいのが特徴です。 重曹は、便器にこびり付いたカビやぬめりを分解する作用に加え、研磨作用も持ち合わせているため、汚れを細かい粒子で削り落としてくれます。 また、クエン酸には水アカや尿石を分解する作用をはじめ、雑菌の繁殖を防ぐ抗菌効果や、尿のアンモニア臭を中和する消臭効果も。 どちらもトイレ掃除には抜群の効果を発揮します。 この重曹とクエン酸で自家製トイレ洗浄剤を作ってみましょう。 2.そこに水または消毒用アルコールを少しずつ入れ、手で掴めるくらいの硬さにします。 このとき、水または消毒用アルコールを入れすぎると固まるのが遅くなりますので、少しずつ入れてください。 化学反応で発泡して炭酸ガスが発生しますが、有害なものではありません。 3.次にトレーまたはクッキングシートの上に、大さじ2くらいの量で丸めた洗浄剤を並べていきます。 シリコン製のお菓子の型に入れると取り出しやすく、かわいい形の洗浄剤になるのでおすすめです。 4.半日乾燥させたら完成。 出来あがった洗浄剤は、乾燥剤を入れた瓶など密閉容器で保存してください。 使用方法は、2~3日に洗浄剤をひとつ便器に入れるだけ。 しばらく置いてから流せば、便器の汚れが除去されます。 また、流すたびに排水口もきれいになるため、詰まりや臭いも防ぐことができますよ。 なお、すでに汚れがこびりついている場合は便器に洗浄剤を入れた後、ブラシを使って汚れをこすり落としてください。 洗浄剤を便器に入れる際は絶対に一緒に使用しないでください。 自家製洗浄剤を使って、毎日のトイレ掃除をラクにしよう! ちなみに、この自家製トイレ洗浄剤は、トイレだけでなく、自宅の排水口掃除にも活用できます。 洗浄剤を入れて流すことを習慣にすれば、輪染みの付着しない綺麗な便器を維持することができるでしょう。 入れて流すだけできれいになる自家製洗浄剤を使って、毎日のトイレ掃除をラクにしてくださいね。 筆者:中西直美/片付けアシスタント 平成25年、日本ハウスクリーニング協会にて整理収納清掃コーディネーター1級、認定セミナー講師を取得。 平成27年3月、片付けアシストNaro(なろう)を立ち上げ、片付けアシスタントとして活動を開始。 大阪を拠点に整理収納サービス、片付けや掃除に関するセミナー・講演を展開し、収納商品の企画開発にも携わる。 整理収納サービスでは、本当に必要なモノだけを残し、モノを限界まで減らす片付け術で、散らかった部屋も快適な空間へと劇的に変化。 また、風水を取り入れた運気アップの片付け術も好評。 平成28年、関西テレビ放送「よ~いドン!」にも出演。

次の

トイレつまりは薬剤で溶かせる!サンポール・デオライトの使い方

トイレ つまり 洗剤

記事の内容• 中性洗剤の食器用液体洗剤でトイレのつまりを直す方法 食器用洗剤ならあなたのお家にもありますよね! どこのご家庭にもあり、しかもトイレのつまりを直すことができる優れた洗剤が食器用洗剤です。 また、食器用洗剤は中性なので 有毒なガスが発生する危険性がないですし、いつも使っているものなので安心してトイレのつまりに使えますよ! 食器用洗剤を使ってトイレのつまりを直す方法は次の手順で行います。 便器内の水位を調整する• 食器用洗剤約100mlを便器に入れる• 便器内の水位が高い状態だと食器用洗剤が薄くなりすぎてしまい、つまりを解消させる効果も薄くなってしまいます。 ですので、目安としては通常時と同じ水量になるまで給油ポンプなどで水を汲み出してください。 一般的な食器用洗剤の容量が1本200ml前後なので、新品の食器用洗剤を半分使うイメージですね。 「小」がない場合は、レバーを半回転させて少量の水を流して確認してください。 水が普段通りに流れればトイレのつまりは完全に解消されていますよ! アルカリ性洗剤のトイレ掃除用液体洗剤でトイレつまりを直す方法 トイレ用の液体洗剤にはアルカリ性・酸性・中性があります。 今すぐトイレのつまりを直さなければいけねい緊急事態であればどの性質の液体洗剤を使っても構わないのですが、近くのスーパーなどに洗剤を買いに行く余裕がある場合は アルカリ性の洗剤を購入してください。 アルカリ性の洗剤であれば トイレットペーパーや排泄物だけでなく、髪の毛や嘔吐物も溶かす効果を発揮できる可能性があります。 ですので洗剤を新しく購入する余裕があるならアルカリ性の液体洗剤を購入するようにしてくださいね。 トイレ掃除用液体洗剤を使ったトイレのつまり解消手順は、食器用洗剤を使った場合とほぼ同じ手順で行います。 便器内の水位を調整する• トイレ掃除用液体洗剤を便器に入れる• 通常時と同じ水量を目安に給油ポンプなどで水を汲み出してください。 水1Lあたりに洗剤を何mlの割合で使用するのかを確認します。 トイレの水溜りの量はメーカーや製品によって異なりますが、1L前後を目安に考えてみてください。 水1Lに対する量のトイレ掃除用洗剤を便器に入れ、そのまま20分〜30分放置します。 「小」がない場合は、レバーを半回転させて少量の水を流して確認してください。 水が普段通りに流れればトイレのつまりは完全に解消されています。 給水ポンプや容器を使って水を汲み出しましょう。 取り外した目皿にデオライトLをかけて5分間浸してください。 5分経過したらブラシで磨いて尿石を擦り落としましょう。 小便器の目皿は陶器製で非常に割れやすくなっています。 数センチの高さから落としただけでも簡単に割れてしまうので目皿の取り扱いには注意してくださいね。 デオライトLを小便器内に250g流し込みます。 その状態で15分間放置してください。 15分経過したらバケツで水を流しましょう。 勢いよく流しすぎるとデオライトLが飛び散って危険なので、水が飛び散らないよう加減しながら水を流すようにしてみてください。 もし、 尿石の量が多い場合はステップ2と3を繰り返し行なって尿石を取り除いてくださいね。 中和用のアルカリ剤としては、デオライトLと同じ和協産業が販売している『ピーピースカット』がオススメですよ。 酸性・アルカリ性洗剤を使ってトイレつまりを直すときの注意点 酸性洗剤とアルカリ性洗剤には 『混ぜるな危険』と記載されているはずです。 この記載通りに、酸性洗剤はアルカリ性洗剤と、アルカリ性洗剤は酸性洗剤と混ぜないように気をつけてください。 もし、混ぜてしまうと有毒ガスが発生して大変危険です。 また、洗剤を混ぜない場合でも常に換気は行いましょう。 トイレの換気扇を回したり、お部屋の窓を開けるなどして空気が滞留しないように注意してくださいね。 液体洗剤でトイレのつまりを解消できないケース 液体洗剤を使えばどんなトイレのつまりでも解消できるわけではありません。 例えば、トイレに落としてしまいがちなオムツや生理用品は液体洗剤で溶かすことはできないので、液体洗剤を使ったとしても無駄に終わってしまいます。 他にもトイレに流すことができるペット砂も液体洗剤はあまり有効ではありません。 では、何に対して液体洗剤が有効なのかと言うと、今回お伝えした トイレットペーパー・ティッシュペーパー・嘔吐物・尿石に液体洗剤は有効です。 これらがつまった場合に限って液体洗剤を使い分けながら対処するようにしてください。 液体洗剤以外での解決方法は、トイレ詰まりのトラブルをまとめた次の記事をご参考ください。 液体洗剤を使ってもトイレのつまりが解消しない場合は? 先程お伝えしたトイレットペーパー・ティッシュペーパー・嘔吐物・尿石に液体洗剤を使ってもつまりが解消されないことがあります。 特に大量に物がつまっていたり、複数の物がごちゃまぜになってつまりを起こしている場合は液体洗剤だけでは太刀打ちできない可能性が高いと考えてください。 もし、どんな手段を使ってもトイレのつまりを解消できない場合は業者に依頼しましょう。 無理に自身でつまりを直そうとして現状が悪化するよりは、業者に任せて短時間で直してもらった方が結果的に支払う修理費も抑えられます。 簡単なつまりであれば8,000円程度で修理することができます。 高額な修理費が必要な複雑なつまりになる前に一刻も早く業者に依頼してみてくださいね。

次の

トイレ詰まりを洗剤や洗浄剤で解決しよう|スイドウサービス

トイレ つまり 洗剤

トイレ洗剤には酸性とアルカリ性の2タイプ トイレ用洗剤には酸性とアルカリ性の2種類の洗剤があります。 毎日複数回使用するトイレには、便器や床、壁などに汚れが付着します。 その汚れはすべて同じものではありません。 汚れによってタイプが異なるのです。 トイレの掃除を毎日こまめに行っていれば、特にひどい汚れが付くこともないので、トイレ用の洗剤を使うことなくきれいにすることができます。 しかし、 こまめに掃除をしていないと、トイレに黄ばみや黒ずみ、水垢、尿石などがこびりついてしまいます。 こうなった場合は、トイレ用の洗剤を使って汚れを落とさなければなりません。 トイレの汚れの種類と、それを落とす洗剤の組み合わせ トイレの汚れは、酸性とアルカリ性に分けられます。 酸性汚れにはアルカリ性洗剤、 アルカリ汚れには酸性洗剤を使用します。 それぞれ汚れを中和することで、きれいに落とすことが可能です。 汚れの種類と、それに適した洗剤をまとめてみました。 種類 該当する汚れ 私用する洗剤 酸性 ・カビ ・黒ずみ アルカリ性洗剤 アルカリ性 ・黄ばみ ・尿石 ・水垢 酸性洗剤 カビ、黒ずみは、酸性汚れです。 便器や手洗器に多く見られる汚れです。 これらはアルカリ性のトイレ用洗剤で汚れを中和して落とすことができます。 一方、 黄ばみや尿石、水垢などトイレの代表的な汚れはアルカリ性です。 つまり、酸性のトイレ用洗剤がぴったり。 汚れのタイプに適した洗剤を使うことで、こびりついた頑固な汚れも落とせるのです!汚れの分類と、アルカリ洗剤と酸性洗剤のどちらが効果的かを覚えておきましょう。 どうしても落ちない汚れがあるときは洗剤を汚れに直接塗布して、 しばらく時間をおいてブラシでこするのがおすすめです。 日頃のお手入れは中性洗剤でOK! こまめにお手入れを 日頃のお手入れをこまめに行っていれば、お掃除が格段に楽になります。 毎日朝に行うなど、習慣付けることで継続できるはずです。 毎日のお手入れには、 中性洗剤が活躍します。 中性洗剤を水で薄め、雑巾を浸します。 その雑巾を絞って、トイレを拭くだけで完了です。 便器や便器のフタ、便座はもちろん、床や手洗器も忘れずに拭き上げてください。 トイレ掃除の際の注意点2つ トイレ掃除の際に気をつけたい注意点があります。 しっかりと把握してからお掃除に取り掛かりましょう。 大理石やタイルなどは酸性洗剤に弱い 酸性洗剤は、大理石やタイルを変色させたり、溶かしたりしてしまう恐れがあります。 大理石やタイルへの使用は避けましょう。 酸性とアルカリ性の洗剤を一緒に使ってはいけません 洗剤の注意書きの欄に記載してある文字の中に「 まぜるな!危険」と書かれているものがあります。 他の洗剤と混ぜることで 化学反応を起こして毒性の物質が出てしまう危険性を含んでいることを指しています。 これは、酸性とアルカリ性洗剤が混ざると、有毒ガスは発生する危険があるからです。 同時に使用するのは絶対にやめましょう。 一度の掃除で両方の洗剤を使う場合は、しっかりと洗剤を落としきってから、もう片方の洗剤を使用しましょう。 (まとめ)トイレ掃除には酸性とアルカリ性どちらの洗剤が向いているの?• トイレ掃除では酸性とアルカリ性の 両方の洗剤を使い分けましょう• トイレの汚れは、大きく酸性とアルカリ性の2つに分類されます• 洗剤を汚れのタイプに応じて使い分けしていけば、トイレにこびりついた汚れもきれいに落とすことができます• 大理石やタイルに酸性洗剤を使用するのは避けましょう• 酸性とアルカリ性の洗剤を一緒に使うのは大変危険ですので、やめましょう• トイレの洗剤にはアルカリ性、酸性、中性がありまするので、適した洗剤を使いましょう。

次の