カット オーバー クライテリア。 【前編】郵政民営化でIT部門が表舞台に、メンバーの顔色が成否を物語る

今日僕はIT用語で人を殺そうと思う

カット オーバー クライテリア

Exchange のカットオーバー方式を使用して電子メールを移行する Migrate email using the Exchange cutover method• この記事の内容 Microsoft 365 または Office 365 の展開の一部として、ユーザーメールボックスの内容をソースメールシステムから Microsoft 365 または Office 365 に移行できます。 As part of a Microsoft 365 or Office 365 deployment, you can migrate the contents of user mailboxes from a source email system to Microsoft 365 or Office 365. このように、全体を一度に移行することをカットオーバー移行といいます。 When you do this all at one time, it's called a cutover migration. カットオーバー移行は、以下のような場合にお勧めします。 Choosing a cutover migration is suggested when:• 現在の社内 Exchange 組織は、Microsoft Exchange Server 2003 以降です。 Your current on-premises Exchange organization is Microsoft Exchange Server 2003 or later. オンプレミス Exchange 組織のメールボックスの数が 2,000 未満である。 Your on-premises Exchange organization has fewer than 2,000 mailboxes. 注意 カットオーバー移行は最大2000のメールボックスの移動をサポートしていますが、2000ユーザーを作成および移行するのにかかる時間が長いため、150ユーザーを移行する方が合理的です。 Even though cutover migration supports moving up to 2000 mailboxes, due to length of time it takes to create and migrate 2000 users, it is more reasonable to migrate 150 users or fewer. 移行を計画する Plan for migration Microsoft 365 または Office 365 への電子メールカットオーバー移行を設定するには、入念な計画が必要です。 Setting up an email cutover migration to Microsoft 365 or Office 365 requires careful planning. 移行を始めるにあたり、以下の点に注意してください。 Before you begin, here are a few things to consider:• 電子メール組織全体を Microsoft 365 または Office 365 に移動して、Microsoft 365 または Office 365 でユーザーアカウントを管理することができます。 You can move your entire email organization to Microsoft 365 or Office 365 over a few days and manage user accounts in Microsoft 365 or Office 365. 最大2000のメールボックスは、Exchange の一括移行を使用して、Microsoft 365 または Office 365 に移行できます。 A maximum of 2,000 mailboxes can be migrated to Microsoft 365 or Office 365 by using a cutover Exchange migration. ただし、150 までのメールボックスしか移行しないことをお勧めします。 However, it is recommended that you only migrate 150 mailboxes. オンプレミスの Exchange 組織に使用されるプライマリドメイン名は、Microsoft 365 または Office 365 組織のユーザーが所有しているドメインとして承認されている必要があります。 The primary domain name used for your on-premises Exchange organization must be an accepted as a domain owned by you in your Microsoft 365 or Office 365 organization. 移行が完了した後、オンプレミスの Exchange メールボックスを持つ各ユーザーは、Microsoft 365 または Office 365 でも新しいユーザーになりますが、メールボックスを移行するユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。 After the migration is complete, each user who has an on-premises Exchange mailbox also will be a new user in Microsoft 365 or Office 365, but you must still assign licenses to users whose mailboxes are migrated. 注意 Exchange 2003 から移行する場合は、TCP ポート6001、6002、および6004を Exchange の2003側で開く必要があります。 When migrating from Exchange 2003, TCP port 6001, 6002 and 6004 need to be open on the Exchange 2003 side. ユーザーへの影響 Impact to users オンプレミスと Microsoft 365 または Office 365 の組織が一括移行を設定すると、セットアップ後のタスクがユーザーに影響を与える可能性があります。 After your on-premises and Microsoft 365 or Office 365 organizations are set up for a cutover migration, post-setup tasks could impact your users. 管理者またはユーザーがデスクトップコンピューターを構成する必要があります。 デスクトップコンピューターが更新され、Microsoft 365 または Office 365 で使用できるように設定されていることを確認します。 Administrators or users must configure desktop computers: Make sure that desktop computers are updated and set up for use with Microsoft 365 or Office 365. これらの操作により、ユーザーはローカルのユーザー資格情報を使用して、デスクトップアプリケーションから Microsoft 365 または Office 365 にサインインできるようになります。 These actions allow users to use local user credentials to sign in to Microsoft 365 or Office 365 from desktop applications. アプリケーションのインストール権限を持つユーザーは、デスクトップを更新して独自にセットアップすることができます。 Users with permission to install applications can update and set up their own desktops. または、更新プログラムをインストールすることもできます。 Or updates can be installed for them. 更新すると、ユーザーは Outlook 2013、Outlook 2010、または Outlook 2007 からメールを送信できるようになります。 After updates are made, users can send email from Outlook 2013, Outlook 2010, or Outlook 2007. 電子メールルーティングで遅延が発生する可能性がある: メールボックスが Microsoft 365 または Office 365 に移行されたオンプレミスのユーザーに電子メールが送信されると、MX レコードが変更されるまで、オンプレミスの Exchange メールボックスにルーティングされます。 Potential delay in email routing: Email sent to on-premises users whose mailboxes were migrated to Microsoft 365 or Office 365 are routed to their on-premises Exchange mailboxes until the MX record is changed. カットオーバー移行の動作 How does cutover migration work? 以下の図は、カットオーバー移行の主な手順を示しています。 The main steps you perform for a cutover migration are shown in the following illustration. 管理者が、変更の予定をユーザーに伝えて、ドメイン所有権とドメイン レジストラーを確認します。 The administrator communicates upcoming changes to users and verifies domain ownership with the domain registrar. 管理者は、サーバーを一括移行用に準備し、Microsoft 365 または Office 365 で空のメールが有効なセキュリティグループを作成します。 The administrator prepares the servers for a cutover migration and creates empty mail-enabled security groups in Microsoft 365 or Office 365. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 をオンプレミスの電子メールシステム 移行エンドポイントの作成と呼ばれます に接続します。 The administrator connects Microsoft 365 or Office 365 to the on-premises email system this is called creating a migration endpoint. 管理者が、メールボックスを移行して、移行を確認します。 The administrator migrates the mailboxes and then verifies the migration. Microsoft 365 または Office 365 のライセンスをユーザーに付与します。 Grant Microsoft 365 or Office 365 licenses to your users. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 への直接メールのルーティングを開始するようにドメインを構成します。 The administrator configures the domain to begin routing email directly to Microsoft 365 or Office 365. 管理者が、ルーティングが変更されたことを確認して、カットオーバー移行バッチを削除します。 The administrator verifies that routing has changed, and then deletes the cutover migration batch. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 ライセンスをユーザーに割り当てて、自動検出ドメインネームシステム DNS レコードを作成する で移行後のタスクを完了し、必要に応じてオンプレミスの Exchange サーバーをオンします。 The administrator completes post-migration tasks in Microsoft 365 or Office 365 assigns licenses to users and creates an Autodiscover Domain Name System DNS record , and optionally decommissions the on-premises Exchange servers. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 について知らせるために、ユーザーにウェルカムレターを送信し、新しいメールボックスにサインインする方法について説明します。 The administrator sends a welcome letter to users to tell them about Microsoft 365 or Office 365 and to describe how to sign in to their new mailboxes. 一括移行を実行する準備はできましたか? Ready to run a cutover migration? 以下のセクションを展開し、手順に従います。 Expand the sections below and follow the steps. 一括移行の準備をする Prepare for a cutover migration 一括移行を使用してメールボックスを Microsoft 365 または Office 365 に移行する前に、Exchange サーバー環境にいくつかの変更を加える必要があります。 Before you migrate mailboxes to Microsoft 365 or Office 365 by using a cutover migration, there are a few changes to your Exchange Server environment you must complete first. 注意 ディレクトリ同期を有効にしている場合は、カットオーバー移行を実行する前に無効にする必要があります。 If you have turned on directory synchronization, you need to turn it off before you can perform a cutover migration. これは PowerShell を使用して行うことができます。 You can do this by using PowerShell. 手順については、「 」を参照してください。 For instructions, see. オンプレミスの Exchange サーバーで Outlook anywhere を構成する: 電子メール移行サービスは、outlook ANYWHERE RPC over HTTP とも呼ばれます を使用して、オンプレミスの exchange サーバーに接続します。 Configure Outlook Anywhere on your on-premises Exchange Server: The email migration service uses Outlook Anywhere also known as RPC over HTTP , to connect to your on-premises Exchange Server. メール移行サービスは、Outlook Anywhere RPC over HTTP とも呼ばれます を使用して、オンプレミスの Exchange Server に接続します。 Outlook Anywhere is automatically configured for Exchange 2013. Outlook Anywhere は、Exchange 2013に自動的に設定されます。 For information about how to set up Outlook Anywhere for Exchange 2010, Exchange 2007, and Exchange 2003, see the following:• Microsoft 365 または Office 365 が一括移行を実行するためには、信頼された証明機関 CA によって発行された証明書を Outlook Anywhere の構成と共に使用する必要があります。 You must use a certificate issued by a trusted certification authority CA with your Outlook Anywhere configuration in order for Microsoft 365 or Office 365 to run a cutover migration. Office 365 でカットオーバー移行を実行するには、Outlook Anywhere の構成で、信頼できる認証局 CA が発行した証明書を使用する必要があります。 For cutover migration you will to add the Outlook Anywhere and Autodiscover services to your certificate. カットオーバー移行のために、Outlook Anywhere と自動検出サービスを証明書に追加します。 For instructions on how to set up certificates, see:• オプション: Outlook Anywhere を使用して Exchange 組織に接続できることを確認します。 接続設定をテストするには、次のいずれかの方法を試してください。 Optional: Verify that you can connect to your Exchange organization using Outlook Anywhere: Try one of the following methods to test your connection settings. 企業ネットワークの外部から Outlook を使用して社内の Exchange メールボックスに接続します。 Use Outlook from outside your corporate network to connect to your on-premises Exchange mailbox. Use the to test your connection settings. Use the to test your connection settings. Use the Outlook Anywhere RPC over HTTP or Outlook Autodiscover tests. Use the Outlook Anywhere RPC over HTTP or Outlook Autodiscover tests. この手順の後半で、Microsoft 365 または Office 365 をメールシステムに接続したときに、接続が自動的にテストされるまで待機します。 Wait for the connection to automatically be tested when you connect Microsoft 365 or Office 365 to your email system later in this procedure. [ アクセス許可の設定]: オンプレミスの Exchange 組織 移行管理者とも呼ばれます に接続するために使用するオンプレミスのユーザーアカウントに、Microsoft 365 または Office 365 に移行するオンプレミスのメールボックスにアクセスするために必要なアクセス許可が付与されている必要があります。 Set permissions: The on-premises user account that you use to connect to your on-premises Exchange organization also called the migration administrator must have the necessary permissions to access the on-premises mailboxes that you want to migrate to Microsoft 365 or Office 365. このユーザーアカウントは、この手順の後半で、Microsoft 365 または Office 365 を電子メールシステムに接続するときに使用されます。 This user account is used when you connect Microsoft 365 or Office 365 to your email system later in this procedure. アクセス権の設定 オンプレミスの Exchange 組織への接続に使用するオンプレミス ユーザー アカウント 移行管理者とも呼ばれる は、Office 365 へ移行するオンプレミスのメールボックスにアクセスするための権限が必要です。 To migrate the mailboxes, the admin must have one of the following permissions:• このユーザー アカウントは、この手順の後半で Office 365 からメール システムに接続するときに使用します。 The migration administrator must be assigned the FullAccess permission for each on-premises mailbox. メールボックスを移行するには、管理者は次のいずれかの権限が必要です。 移行管理者には、オンプレミスの各メールボックスに対して FullAccess 権限が割り当てられている必要があります。 The migration administrator must be assigned the Receive As permission on the on-premises mailbox database that stores user mailboxes. これらのアクセス許可を設定する方法については、「 」を参照してください。 For instructions about how to set these permissions, see. ユニファイドメッセージング um を無効にする: 移行するオンプレミスのメールボックスの um がオンになっている場合は、移行の前に um をオフにします。 Disable Unified Messaging UM : If UM is turned on for the on-premises mailboxes you're migrating, turn off UM before migration. 移行が完了したら、ユーザーに対してにします。 for your users after the migration is complete. セキュリティグループを作成し、代理人をクリーンアップする: 電子メール移行サービスは、社内の Active Directory グループがセキュリティグループであるかどうかを検出できないため、移行されたグループを Microsoft 365 または Office 365 にセキュリティグループとしてプロビジョニングすることはできません。 Create security groups and clean up delegates: Because the email migration service can't detect whether on-premises Active Directory groups are security groups, it can't provision any migrated groups as security groups in Microsoft 365 or Office 365. Microsoft 365 または Office 365 でセキュリティグループを設定する場合は、まず、Microsoft 365 または Office 365 で空のメールが有効なセキュリティグループをプロビジョニングしてから、一括移行を開始する必要があります。 If you want to have security groups in Microsoft 365 or Office 365, you must first provision an empty mail-enabled security group in Microsoft 365 or Office 365 before starting the cutover migration. さらに、この移行方法では、メールボックス、メール ユーザー、メール連絡先、およびメールが有効なグループのみを移動します。 Additionally, this migration method only moves mailboxes, mail users, mail contacts, and mail-enabled groups. Microsoft 365 または Office 365 に移行されていないユーザーメールボックスなど、他の Active Directory オブジェクトが、移行されるオブジェクトの上司または代理人として割り当てられている場合は、移行の前にそのオブジェクトから削除する必要があります。 If any other Active Directory object, such as user mailbox that is not migrated to Microsoft 365 or Office 365 is assigned as a manager or delegate to an object being migrated, you must remove them from the object before migration. 手順 1: 自分のドメインを確認する Step 1: Verify you own the domain 移行中に、各社内メールボックスの簡易メール転送プロトコル SMTP アドレスを使用して、新しい Microsoft 365 または Office 365 メールボックスの電子メールアドレスを作成します。 During the migration, the Simple Mail Transfer Protocol SMTP address of each on-premises mailbox is used to create the email address for a new Microsoft 365 or Office 365 mailbox. 一括移行を実行するには、オンプレミスのドメインが、Microsoft 365 または Office 365 組織の確認済みドメインである必要があります。 To run a cutover migration, the on-premises domain must be a verified domain in your Microsoft 365 or Office 365 organization. 職場または学校のアカウントを使用して、Microsoft 365 または Office 365 にサインインします。 Sign in to Microsoft 365 or Office 365 with your work or school account. [ドメイン ] ページで、[ ドメインの追加] をクリックして、ドメインウィザードを開始します。 On the Domains- page, click Add domain to start the domain wizard. [ ドメインの追加] ページで、オンプレミスの Exchange の組織に使用するドメイン名 Contoso. com など を入力して、[ 次へ] を選びます。 On the Add a domain page, type in the domain name for example, Contoso. com you use for your on-premises Exchange organization, and then choose Next. Follow the instructions provided for your DNS hosting provider. Follow the instructions provided for your DNS hosting provider. The TXT record usually is chosen to verify ownership. The TXT record usually is chosen to verify ownership. 「 」の手順を確認することもできます。 You can also find the instructions in. TXT または MX レコードを追加したら、15 分ほど待って次の手順に進みます。 After you add your TXT or MX record, wait about 15 minutes before proceeding to the next step. In the Office 365 domain wizard, choose done, verify now, and you'll see a verification page. In the Office 365 domain wizard, choose done, verify now, and you'll see a verification page. Choose Finish. Choose Finish. Office 365 ドメイン ウィザードで、[ 完了しました。 今すぐご確認ください] を選ぶと、確認ページが表示されます。 If the verification fails at first, wait awhile, and try again. Do not continue to the next step in the domain wizard. Do not continue to the next step in the domain wizard. You now have verified that you own the on-premises Exchange organization domain and are ready to continue with an email migration. You now have verified that you own the on-premises Exchange organization domain and are ready to continue with an email migration. 手順 2: Microsoft 365 または Office 365 をメールシステムに接続する Step 2: Connect Microsoft 365 or Office 365 to your email system 移行エンドポイントには、Microsoft 365 または Office 365 を使用して移行するメールボックスをホストするオンプレミスサーバーに接続するために必要な設定と資格情報が含まれています。 A migration endpoint contains the settings and credentials needed to connect the on-premises server that hosts the mailboxes you're migrating with Microsoft 365 or Office 365. 移行エンドポイントには、Office 365 で移行するメールボックスのホストとなるオンプレミス サーバーに接続するための設定と資格情報が含まれています。 移行エンドポイントは、同時に移行するメールボックスの数も定義します。 一括移行では、Outlook Anywhere の移行エンドポイントを作成します。 The migration endpoint also defines the number of mailboxes to migrate simultaneously. 移行エンドポイントには、Office 365 で移行するメールボックスのホストとなるオンプレミス サーバーに接続するための設定と資格情報が含まれています。 For a cutover migration, you'll create an Outlook Anywhere migration endpoint. Exchange 管理センターに移動します。 Go to the Exchange admin center. [ 移行エンドポイント] ページで、 ます。 On the Migration endpoints page, choose New. 移行エンドポイントを選ぶ。 [ 移行エンドポイント] ページで、[ 新規[新規作成] アイコン] を選びます。 On the Enter on-premises account credentials page, enter information in the following boxes:• [ 電子メールアドレス: 移行先の社内 Exchange 組織内のユーザーの 電子メールアドレスを入力します。 Email address: Type the email address of any user in the on-premises Exchange organization that will be migrated. Microsoft 365 または Office 365 は、このユーザーのメールボックスへの接続をテストします。 Microsoft 365 or Office 365 will test the connectivity to this user's mailbox. Microsoft 365 または Office 365 は、このアカウントを使用して、移行エンドポイントを検出し、指定された電子メールアドレスを持つメールボックスにアクセスしようとして、このアカウントに割り当てられているアクセス許可をテストします。 Microsoft 365 or Office 365 will use this account to detect the migration endpoint and to test the permissions assigned to this account by attempting to access the mailbox with the specified email address. [ 特権を持つアカウントのパスワード: 管理者アカウントの特権を持つアカウントの パスワードを入力します。 Password of account with privileges: Type the password for the account with privileges that is the administrator account. Office 365 will use this account to detect the migration endpoint and to test the permissions assigned to this account by attempting to access the mailbox with the specified email address. Choose Next and do one of the following:• Microsoft 365 または Office 365 が移行元サーバーに正常に接続した場合、接続設定が表示されます。 If Microsoft 365 or Office 365 successfully connects to the source server, the connection settings are displayed. [ 次へ] を選びます。 Choose Next. ソース サーバーへのテスト接続が失敗した場合、以下の情報を指定してください。 If the test connection to the source server isn't successful, provide the following information:• [ Exchange server]: 社内 Exchange サーバーの 完全修飾ドメイン名 FQDN を入力します。 Exchange server: Type the fully qualified domain name FQDN for the on-premises Exchange Server. Exchange サーバー オンプレミス Exchange Server の完全修飾ドメイン名 FQDN を入力します。 これは、メールボックス サーバーのホスト名です。 たとえば、EXCH-SRV-01. corp. contoso. com のように入力します。 This is the host name for your Mailbox server. Exchange サーバー オンプレミス Exchange Server の完全修飾ドメイン名 FQDN を入力します。 For example, EXCH-SRV-01. corp. contoso. com. [ Rpc プロキシサーバー: Outlook Anywhere 用の rpc プロキシサーバーの FQDNを入力します。 RPC proxy server: Type the FQDN for the RPC proxy server for Outlook Anywhere. 通常、プロキシサーバーは web 上の Outlook 旧称 Outlook Web App の URL と同じです。 Typically, the proxy server is the same as your Outlook on the web formerly known as Outlook Web App URL. For example, mail. contoso. com, which is also the URL for the proxy server that Outlook uses to connect to an Exchange Server For example, mail. contoso. com, which is also the URL for the proxy server that Outlook uses to connect to an Exchange Server• 全般情報の入力ページで、 移行エンドポイント名 Test5-endpoint など を入力します。 On the Enter general information page, type a Migration endpoint name, for example, Test5-endpoint. 他の 2 つのボックスは空白のままにして既定値を使用します。 Leave the other two boxes blank to use the default values. [ 新規作成] を選び、移行エンドポイントを作成します。 Choose New to create the migration endpoint. Exchange Online がオンプレミスのサーバーに接続されていることを確認するには、 の例 4 のコマンドを実行できます。 To validate your Exchange Online is connected to the on-premises server, you can run the command in Example 4 of. ステップ 3:一括移行バッチを作成する Step 3: Create the cutover migration batch カットオーバー移行では、オンプレミスのメールボックスは、1つの移行バッチで Microsoft 365 または Office 365 に移行されます。 In a cutover migration, on-premises mailboxes are migrated to Microsoft 365 or Office 365 in a single migration batch. Choose NewNew iconMigrate to Exchange Online. On the Confirm the migration endpoint page, the migration endpoint information is listed. On the Confirm the migration endpoint page, the migration endpoint information is listed. Verify the information and then choose next. Verify the information and then choose next. [ 移動の構成] ページで、移行バッチの 名前 スペースまたは特殊文字を含むことはできません を入力し、[ 次へ] をクリックします。 On the Move configuration page, type the name cannot contain spaces or special characters of the migration batch, and then choose next. On the Move configuration page, type the name cannot contain spaces or special characters of the migration batch, and then choose next. The batch name is displayed in the list of migration batches on the Migration page after you create the migration batch. The batch name is displayed in the list of migration batches on the Migration page after you create the migration batch. On the Move configuration page, type the name cannot contain spaces or special characters of the migration batch, and then choose next. On the Start the batch page, choose one of the following:• [バッチを自動的に開始する: 同期中の状態で新しい移行バッチを保存すると、移行バッチはすぐに開始されます。 Automatically start the batch: The migration batch is started as soon as you save the new migration batch with a status of Syncing. 後でバッチを手動で開始します。 移行バッチは作成されますが、開始されません。 Manually start the batch later: The migration batch is created but is not started. 後でバッチを手動で開始する 移行バッチを作成しますが、開始はしません。 バッチの状態は、[ 作成済み] に設定されます。 移行バッチを開始するには、移行ダッシュボードでバッチを選択して、[ 開始] を選びます。 The status of the batch is set to Created. 後でバッチを手動で開始する 移行バッチを作成しますが、開始はしません。 To start a migration batch, select it on the migration dashboard, and then choose Start. バッチの状態は、[ 作成済み] に設定されます。 Choose new to create the migration batch. 新しい移行バッチが移行ダッシュボードに表示されます。 The new migration batch is displayed on the migration dashboard. ステップ 4:一括移行バッチを開始する Step 4: Start the cutover migration batch 新しい移行バッチが移行ダッシュボードに表示されます。 If you created a migration batch and configured it to be started manually, you can start it by using the Exchange admin center. 移行バッチを作成して、手動で開始するように構成した場合は、Exchange 管理センターを使用して開始することができます。 On the migration dashboard, select the batch and then choose Start. In the Exchange admin center, go to RecipientsMigration. If a migration batch starts successfully, its status on the migration dashboard changes to Syncing. 移行バッチが正常に開始されたら、移行ダッシュボード上の状態は [ 同期中] に変わります。 Verify the synchronization worked You'll be able to follow the sync status on the migration dashboard. You'll be able to follow the sync status on the migration dashboard. If there are errors, you can view a log file that gives you more information about them. If there are errors, you can view a log file that gives you more information about them. 移行の進行中に、ユーザーが Microsoft 365 管理センターで作成されたことを確認することもできます。 You can also verify that the users get created in the Microsoft 365 admin center as the migration proceeds. エラーが発生した場合は、ログ ファイルを見ることでエラーの詳細が分かります。 After the migration is done, the sync status is Synced. オプション: メールの遅延を減らす Optional: Reduce email delays このタスクは省略可能ですが、新しい Microsoft 365 または Office 365 メールボックスで受信メールを遅延させないようにすることができます。 Although this task is optional, doing it can help avoid delays in the receiving email in the new Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. When people outside of your organization send you email, their email systems don't double-check where to send that email every time. When people outside of your organization send you email, their email systems don't double-check where to send that email every time. Instead, their systems save the location of your email system based on a setting in your DNS server known as a time-to-live TTL. Instead, their systems save the location of your email system based on a setting in your DNS server known as a time-to-live TTL. If you change the location of your email system before the TTL expires, the sender's email system tries to send email to the old location before figuring out that the location changed. If you change the location of your email system before the TTL expires, the sender's email system tries to send email to the old location before figuring out that the location changed. This location change can result in a mail delivery delay. This location change can result in a mail delivery delay. One way to avoid this is to lower the TTL that your DNS server gives to servers outside of your organization. One way to avoid this is to lower the TTL that your DNS server gives to servers outside of your organization. This will make the other organizations refresh the location of your email system more often. This will make the other organizations refresh the location of your email system more often. これで、他の組織でメール システムの場所を更新する回数が多くなります。 Most email systems ask for an update each hour if a short interval such as 3,600 seconds one hour is set. ほとんどのメール システムでは、3,600 秒 1 時間 などと短い間隔が設定されていれば、1 時間ごとに更新の確認を行います。 メールの移行を始める前に、少なくともこの程度に間隔を設定することをお勧めします。 この設定にすると、メールを送信するすべてのシステムで、変更に対処する十分な時間がとれます。 さらに、Office 365 への最終的な切り替えを行うときに、TTL を長い間隔に戻すことができます。 We recommend that you set the interval at least this low before you start the email migration. ほとんどのメール システムでは、3,600 秒 1 時間 などと短い間隔が設定されていれば、1 時間ごとに更新の確認を行います。 This setting allows all the systems that send you email enough time to process the change. その後、Microsoft 365 または Office 365 に最終切り替えを行うときに、TTL を長い間隔に戻すことができます。 Then, when you make the final switch over to Microsoft 365 or Office 365, you can change the TTL back to a longer interval. The place to change the TTL setting is on your email system's MX record. The place to change the TTL setting is on your email system's MX record. This lives on your public-facing DNS system. This lives on your public-facing DNS system. If you have more than one MX record, you need to change the value on each record to 3,600 seconds or less. If you have more than one MX record, you need to change the value on each record to 3,600 seconds or less. DNS 設定の構成についてサポートが必要な場合は、「」を参照してください。 If you need some help configuring your DNS settings, see. 手順 5: Microsoft 365 または Office 365 に直接メールをルーティングする Step 5: Route your email directly to Microsoft 365 or Office 365 電子メール システムは、MX レコードという DNS レコードを使用して、電子メールの配信先を見つけ出します。 Email systems use a DNS record called an MX record to figure out where to deliver emails. 電子メールの移行プロセス中、MX レコードの宛先は移行元の電子メール システムでした。 During the email migration process, your MX record was pointing to your source email system. これで、Microsoft 365 または Office 365 への電子メールの移行が完了しました。 次に、Microsoft 365 または Office 365 で MX レコードを参照する時間を指定します。 Now that the email migration to Microsoft 365 or Office 365 is complete, it's time to point your MX record at Microsoft 365 or Office 365. これにより、電子メールが Microsoft 365 または Office 365 メールボックスに配信されるようになります。 This helps make sure that email is delivered to your Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. Office 365 へのメールの移行が完了したので、MX レコードが Office 365 をポイントするようにします。 Moving the MX record will also let you turn off your old email system when you're ready. 準備が整ったときには、MX レコードを移動すると、前のメール システムを無効にすることもできます。 For many DNS providers, there are specific instructions to change your MX record. 多くの DNS プロバイダーでは、MX レコードを変更するための手順が用意されています。 使用している DNS プロバイダーが含まれていない場合や、一般的な手順を知りたい場合は、MX レコードの一般手順も参照してください。 If your DNS provider isn't included, or if you want to get a sense of the general directions, are provided as well. It can take up to 72 hours for the email systems of your customers and partners to recognize the changed MX record. It can take up to 72 hours for the email systems of your customers and partners to recognize the changed MX record. Wait at least 72 hours before you proceed to the next task: Delete the cutover migration batch. Wait at least 72 hours before you proceed to the next task: Delete the cutover migration batch. ステップ 6:一括移行バッチを削除する Step 6: Delete the cutover migration batch MX レコードを変更して、すべての電子メールが Microsoft 365 または Office 365 メールボックスにルーティングされていることを確認した後、メールが Microsoft の365または Office 365 に送られていることをユーザーに通知します。 After you change the MX record and verify that all email is being routed to Microsoft 365 or Office 365 mailboxes, notify the users that their mail is going to Microsoft 365 or Office 365. MX レコードを変更して、すべてのメールが Office 365 のメールボックスにルーティングされていることを確認したら、メールが Office 365 に送られていることをユーザーに通知します。 この後で、一括移行バッチを削除することができます。 移行バッチを削除する前に、次のことを確認してください。 After this you can delete the cutover migration batch. MX レコードを変更して、すべてのメールが Office 365 のメールボックスにルーティングされていることを確認したら、メールが Office 365 に送られていることをユーザーに通知します。 Verify the following before you delete the migration batch. すべてのユーザーは、Microsoft 365 または Office 365 のメールボックスを使用しています。 All users are using Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. バッチが削除されると、社内の Exchange サーバー上のメールボックスに送信されたメールは、対応する Microsoft 365 または Office 365 のメールボックスにコピーされません。 After the batch is deleted, mail sent to mailboxes on the on-premises Exchange Server isn't copied to the corresponding Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. Microsoft 365 または Office 365 メールボックスは、メールの直接送信が開始された後、少なくとも1回同期されていました。 Microsoft 365 or Office 365 mailboxes were synchronized at least once after mail began being sent directly to them. これを行うには、移行バッチの [ 最後の同期] ボックスの値が、Microsoft 365 または Office 365 メールボックスに直接ルーティングされたときよりも新しい方になるようにします。 To do this, make sure that the value in the Last Synced Time box for the migration batch is more recent than when mail started being routed directly to Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. When you delete a cutover migration batch, the migration service cleans up any records related to the migration batch and then deletes the migration batch. When you delete a cutover migration batch, the migration service cleans up any records related to the migration batch and then deletes the migration batch. The batch is removed from the list of migration batches on the migration dashboard. The batch is removed from the list of migration batches on the migration dashboard. 一括移行バッチを削除すると、移行サービスによって移行バッチに関連するすべてのレコードが消去され、移行バッチが削除されます。 バッチは、移行ダッシュボードの移行バッチのリストから削除されます。 On the migration dashboard, select the batch, and then choose Delete. 注意 In the Exchange admin center, go to RecipientsMigration. It can take a few minutes or the batch to be removed. 移行ダッシュボードでバッチを選び、[ 削除] を選びます。 移行バッチが移行ダッシュボードに一覧表示されなくなったことを確認します。 Verify that the migration batch is no longer listed on the migration dashboard. 手順 7: Microsoft 365 および Office 365 ユーザーにライセンスを割り当てる Step 7: Assign licenses to Microsoft 365 and Office 365 users ライセンスを割り当てて、移行したアカウントのユーザーアカウントをアクティブ化する: ライセンスを割り当てない場合、猶予期間 30 日 が経過すると、メールボックスは無効になります。 Activate user accounts for the migrated accounts by assigning licenses: If you don't assign a license, the mailbox is disabled when the grace period ends 30 days. Microsoft 365 管理センターでライセンスを割り当てるには、「して追加する」を参照してください。 To assign a license in the Microsoft 365 admin center, see. 移行後の作業を完了する Complete post migration tasks メールボックスを Microsoft 365 または Office 365 に移行した後、移行後のタスクを完了する必要があります。 After migrating mailboxes to Microsoft 365 or Office 365, there are post-migration tasks that must be completed. ユーザーが自分のメールボックスに簡単にアクセスできるように、自動検出 dns レコードを作成します。 すべての社内メールボックスが microsoft 365 または office 365 に移行された後、microsoft 365 または office 365 組織の自動検出 dns レコードを構成して、ユーザーが Outlook およびモバイルクライアントを使用して新しい microsoft の365または office の365メールボックス Create an Autodiscover DNS record so users can easily get to their mailboxes: After all on-premises mailboxes are migrated to Microsoft 365 or Office 365, you can configure an Autodiscover DNS record for your Microsoft 365 or Office 365 organization to enable users to easily connect to their new Microsoft 365 or Office 365 mailboxes with Outlook and mobile clients. この新しい自動検出 DNS レコードは、Microsoft 365 または Office 365 組織に使用しているものと同じ名前空間を使用する必要があります。 This new Autodiscover DNS record has to use the same namespace that you're using for your Microsoft 365 or Office 365 organization. たとえば、クラウドベースの名前空間が cloud. contoso. com の場合、作成する必要のある自動検出 DNS レコードは autodiscover. cloud. contoso. com となります。 For example, if your cloud-based namespace is cloud. contoso. com, the Autodiscover DNS record you need to create is autodiscover. cloud. contoso. com. Exchange サーバーを保持している場合は、Outlook クライアントが正しいメールボックスに接続できるように、自動検出 DNS CNAME レコードが内部および外部 DNS の両方で Microsoft 365 または Office 365 をポイントしていることを確認する必要もあります。 If you keep your Exchange Server, you should also make sure that Autodiscover DNS CNAME record has to point to Microsoft 365 or Office 365 in both internal and external DNS after the migration so that the Outlook client will to connect to the correct mailbox. を クライアントアクセスサーバーの名前に置き換え、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行して、サーバーへのクライアント接続を禁止します。 Replace with the name of the Client Access server and run the following command in the Exchange Management Shell to prevent client connections to the server. このコマンドは、すべてのクライアントアクセスサーバーで実行する必要があります。 You'll need to run the command on every Client Access server. Microsoft 365 or Office 365 uses a CNAME record to implement the Autodiscover service for Outlook and mobile clients. 自動検出 CNAME レコードには以下の情報が含まれている必要があります。 The Autodiscover CNAME record must contain the following information:• エイリアス: autodiscover Alias: autodiscover• ターゲット: autodiscover. outlook. com Target: autodiscover. outlook. com 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. オンプレミスの Exchange サーバーの使用停止: すべての電子メールが Microsoft 365 または Office 365 メールボックスに直接ルーティングされており、オンプレミスの電子メール組織を管理する必要がなく、またはシングルサインオンソリューションの実装を計画していない場合は、サーバーから exchange をアンインストールし、社内の exchange 組織を削除できます。 Decommission on-premises Exchange Servers: After you've verified that all email is being routed directly to the Microsoft 365 or Office 365 mailboxes, and no longer need to maintain your on-premises email organization or don't plan on implementing a single sign-on solution, you can uninstall Exchange from your servers and remove your on-premises Exchange organization. 詳細については、次のトピックをご覧ください。 For more information, see the following topics:• 「」 注意 Decommissioning Exchange can have unintended consequences. Decommissioning Exchange can have unintended consequences. Before decommissioning your on-premises Exchange organization, we recommend that you contact Microsoft Support. Before decommissioning your on-premises Exchange organization, we recommend that you contact Microsoft Support. 関連項目 See also 関連記事.

次の

本番稼働判定基準のサンプル

カット オーバー クライテリア

Exchange のカットオーバー方式を使用して電子メールを移行する Migrate email using the Exchange cutover method• この記事の内容 Microsoft 365 または Office 365 の展開の一部として、ユーザーメールボックスの内容をソースメールシステムから Microsoft 365 または Office 365 に移行できます。 As part of a Microsoft 365 or Office 365 deployment, you can migrate the contents of user mailboxes from a source email system to Microsoft 365 or Office 365. このように、全体を一度に移行することをカットオーバー移行といいます。 When you do this all at one time, it's called a cutover migration. カットオーバー移行は、以下のような場合にお勧めします。 Choosing a cutover migration is suggested when:• 現在の社内 Exchange 組織は、Microsoft Exchange Server 2003 以降です。 Your current on-premises Exchange organization is Microsoft Exchange Server 2003 or later. オンプレミス Exchange 組織のメールボックスの数が 2,000 未満である。 Your on-premises Exchange organization has fewer than 2,000 mailboxes. 注意 カットオーバー移行は最大2000のメールボックスの移動をサポートしていますが、2000ユーザーを作成および移行するのにかかる時間が長いため、150ユーザーを移行する方が合理的です。 Even though cutover migration supports moving up to 2000 mailboxes, due to length of time it takes to create and migrate 2000 users, it is more reasonable to migrate 150 users or fewer. 移行を計画する Plan for migration Microsoft 365 または Office 365 への電子メールカットオーバー移行を設定するには、入念な計画が必要です。 Setting up an email cutover migration to Microsoft 365 or Office 365 requires careful planning. 移行を始めるにあたり、以下の点に注意してください。 Before you begin, here are a few things to consider:• 電子メール組織全体を Microsoft 365 または Office 365 に移動して、Microsoft 365 または Office 365 でユーザーアカウントを管理することができます。 You can move your entire email organization to Microsoft 365 or Office 365 over a few days and manage user accounts in Microsoft 365 or Office 365. 最大2000のメールボックスは、Exchange の一括移行を使用して、Microsoft 365 または Office 365 に移行できます。 A maximum of 2,000 mailboxes can be migrated to Microsoft 365 or Office 365 by using a cutover Exchange migration. ただし、150 までのメールボックスしか移行しないことをお勧めします。 However, it is recommended that you only migrate 150 mailboxes. オンプレミスの Exchange 組織に使用されるプライマリドメイン名は、Microsoft 365 または Office 365 組織のユーザーが所有しているドメインとして承認されている必要があります。 The primary domain name used for your on-premises Exchange organization must be an accepted as a domain owned by you in your Microsoft 365 or Office 365 organization. 移行が完了した後、オンプレミスの Exchange メールボックスを持つ各ユーザーは、Microsoft 365 または Office 365 でも新しいユーザーになりますが、メールボックスを移行するユーザーにライセンスを割り当てる必要があります。 After the migration is complete, each user who has an on-premises Exchange mailbox also will be a new user in Microsoft 365 or Office 365, but you must still assign licenses to users whose mailboxes are migrated. 注意 Exchange 2003 から移行する場合は、TCP ポート6001、6002、および6004を Exchange の2003側で開く必要があります。 When migrating from Exchange 2003, TCP port 6001, 6002 and 6004 need to be open on the Exchange 2003 side. ユーザーへの影響 Impact to users オンプレミスと Microsoft 365 または Office 365 の組織が一括移行を設定すると、セットアップ後のタスクがユーザーに影響を与える可能性があります。 After your on-premises and Microsoft 365 or Office 365 organizations are set up for a cutover migration, post-setup tasks could impact your users. 管理者またはユーザーがデスクトップコンピューターを構成する必要があります。 デスクトップコンピューターが更新され、Microsoft 365 または Office 365 で使用できるように設定されていることを確認します。 Administrators or users must configure desktop computers: Make sure that desktop computers are updated and set up for use with Microsoft 365 or Office 365. これらの操作により、ユーザーはローカルのユーザー資格情報を使用して、デスクトップアプリケーションから Microsoft 365 または Office 365 にサインインできるようになります。 These actions allow users to use local user credentials to sign in to Microsoft 365 or Office 365 from desktop applications. アプリケーションのインストール権限を持つユーザーは、デスクトップを更新して独自にセットアップすることができます。 Users with permission to install applications can update and set up their own desktops. または、更新プログラムをインストールすることもできます。 Or updates can be installed for them. 更新すると、ユーザーは Outlook 2013、Outlook 2010、または Outlook 2007 からメールを送信できるようになります。 After updates are made, users can send email from Outlook 2013, Outlook 2010, or Outlook 2007. 電子メールルーティングで遅延が発生する可能性がある: メールボックスが Microsoft 365 または Office 365 に移行されたオンプレミスのユーザーに電子メールが送信されると、MX レコードが変更されるまで、オンプレミスの Exchange メールボックスにルーティングされます。 Potential delay in email routing: Email sent to on-premises users whose mailboxes were migrated to Microsoft 365 or Office 365 are routed to their on-premises Exchange mailboxes until the MX record is changed. カットオーバー移行の動作 How does cutover migration work? 以下の図は、カットオーバー移行の主な手順を示しています。 The main steps you perform for a cutover migration are shown in the following illustration. 管理者が、変更の予定をユーザーに伝えて、ドメイン所有権とドメイン レジストラーを確認します。 The administrator communicates upcoming changes to users and verifies domain ownership with the domain registrar. 管理者は、サーバーを一括移行用に準備し、Microsoft 365 または Office 365 で空のメールが有効なセキュリティグループを作成します。 The administrator prepares the servers for a cutover migration and creates empty mail-enabled security groups in Microsoft 365 or Office 365. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 をオンプレミスの電子メールシステム 移行エンドポイントの作成と呼ばれます に接続します。 The administrator connects Microsoft 365 or Office 365 to the on-premises email system this is called creating a migration endpoint. 管理者が、メールボックスを移行して、移行を確認します。 The administrator migrates the mailboxes and then verifies the migration. Microsoft 365 または Office 365 のライセンスをユーザーに付与します。 Grant Microsoft 365 or Office 365 licenses to your users. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 への直接メールのルーティングを開始するようにドメインを構成します。 The administrator configures the domain to begin routing email directly to Microsoft 365 or Office 365. 管理者が、ルーティングが変更されたことを確認して、カットオーバー移行バッチを削除します。 The administrator verifies that routing has changed, and then deletes the cutover migration batch. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 ライセンスをユーザーに割り当てて、自動検出ドメインネームシステム DNS レコードを作成する で移行後のタスクを完了し、必要に応じてオンプレミスの Exchange サーバーをオンします。 The administrator completes post-migration tasks in Microsoft 365 or Office 365 assigns licenses to users and creates an Autodiscover Domain Name System DNS record , and optionally decommissions the on-premises Exchange servers. 管理者は、Microsoft 365 または Office 365 について知らせるために、ユーザーにウェルカムレターを送信し、新しいメールボックスにサインインする方法について説明します。 The administrator sends a welcome letter to users to tell them about Microsoft 365 or Office 365 and to describe how to sign in to their new mailboxes. 一括移行を実行する準備はできましたか? Ready to run a cutover migration? 以下のセクションを展開し、手順に従います。 Expand the sections below and follow the steps. 一括移行の準備をする Prepare for a cutover migration 一括移行を使用してメールボックスを Microsoft 365 または Office 365 に移行する前に、Exchange サーバー環境にいくつかの変更を加える必要があります。 Before you migrate mailboxes to Microsoft 365 or Office 365 by using a cutover migration, there are a few changes to your Exchange Server environment you must complete first. 注意 ディレクトリ同期を有効にしている場合は、カットオーバー移行を実行する前に無効にする必要があります。 If you have turned on directory synchronization, you need to turn it off before you can perform a cutover migration. これは PowerShell を使用して行うことができます。 You can do this by using PowerShell. 手順については、「 」を参照してください。 For instructions, see. オンプレミスの Exchange サーバーで Outlook anywhere を構成する: 電子メール移行サービスは、outlook ANYWHERE RPC over HTTP とも呼ばれます を使用して、オンプレミスの exchange サーバーに接続します。 Configure Outlook Anywhere on your on-premises Exchange Server: The email migration service uses Outlook Anywhere also known as RPC over HTTP , to connect to your on-premises Exchange Server. メール移行サービスは、Outlook Anywhere RPC over HTTP とも呼ばれます を使用して、オンプレミスの Exchange Server に接続します。 Outlook Anywhere is automatically configured for Exchange 2013. Outlook Anywhere は、Exchange 2013に自動的に設定されます。 For information about how to set up Outlook Anywhere for Exchange 2010, Exchange 2007, and Exchange 2003, see the following:• Microsoft 365 または Office 365 が一括移行を実行するためには、信頼された証明機関 CA によって発行された証明書を Outlook Anywhere の構成と共に使用する必要があります。 You must use a certificate issued by a trusted certification authority CA with your Outlook Anywhere configuration in order for Microsoft 365 or Office 365 to run a cutover migration. Office 365 でカットオーバー移行を実行するには、Outlook Anywhere の構成で、信頼できる認証局 CA が発行した証明書を使用する必要があります。 For cutover migration you will to add the Outlook Anywhere and Autodiscover services to your certificate. カットオーバー移行のために、Outlook Anywhere と自動検出サービスを証明書に追加します。 For instructions on how to set up certificates, see:• オプション: Outlook Anywhere を使用して Exchange 組織に接続できることを確認します。 接続設定をテストするには、次のいずれかの方法を試してください。 Optional: Verify that you can connect to your Exchange organization using Outlook Anywhere: Try one of the following methods to test your connection settings. 企業ネットワークの外部から Outlook を使用して社内の Exchange メールボックスに接続します。 Use Outlook from outside your corporate network to connect to your on-premises Exchange mailbox. Use the to test your connection settings. Use the to test your connection settings. Use the Outlook Anywhere RPC over HTTP or Outlook Autodiscover tests. Use the Outlook Anywhere RPC over HTTP or Outlook Autodiscover tests. この手順の後半で、Microsoft 365 または Office 365 をメールシステムに接続したときに、接続が自動的にテストされるまで待機します。 Wait for the connection to automatically be tested when you connect Microsoft 365 or Office 365 to your email system later in this procedure. [ アクセス許可の設定]: オンプレミスの Exchange 組織 移行管理者とも呼ばれます に接続するために使用するオンプレミスのユーザーアカウントに、Microsoft 365 または Office 365 に移行するオンプレミスのメールボックスにアクセスするために必要なアクセス許可が付与されている必要があります。 Set permissions: The on-premises user account that you use to connect to your on-premises Exchange organization also called the migration administrator must have the necessary permissions to access the on-premises mailboxes that you want to migrate to Microsoft 365 or Office 365. このユーザーアカウントは、この手順の後半で、Microsoft 365 または Office 365 を電子メールシステムに接続するときに使用されます。 This user account is used when you connect Microsoft 365 or Office 365 to your email system later in this procedure. アクセス権の設定 オンプレミスの Exchange 組織への接続に使用するオンプレミス ユーザー アカウント 移行管理者とも呼ばれる は、Office 365 へ移行するオンプレミスのメールボックスにアクセスするための権限が必要です。 To migrate the mailboxes, the admin must have one of the following permissions:• このユーザー アカウントは、この手順の後半で Office 365 からメール システムに接続するときに使用します。 The migration administrator must be assigned the FullAccess permission for each on-premises mailbox. メールボックスを移行するには、管理者は次のいずれかの権限が必要です。 移行管理者には、オンプレミスの各メールボックスに対して FullAccess 権限が割り当てられている必要があります。 The migration administrator must be assigned the Receive As permission on the on-premises mailbox database that stores user mailboxes. これらのアクセス許可を設定する方法については、「 」を参照してください。 For instructions about how to set these permissions, see. ユニファイドメッセージング um を無効にする: 移行するオンプレミスのメールボックスの um がオンになっている場合は、移行の前に um をオフにします。 Disable Unified Messaging UM : If UM is turned on for the on-premises mailboxes you're migrating, turn off UM before migration. 移行が完了したら、ユーザーに対してにします。 for your users after the migration is complete. セキュリティグループを作成し、代理人をクリーンアップする: 電子メール移行サービスは、社内の Active Directory グループがセキュリティグループであるかどうかを検出できないため、移行されたグループを Microsoft 365 または Office 365 にセキュリティグループとしてプロビジョニングすることはできません。 Create security groups and clean up delegates: Because the email migration service can't detect whether on-premises Active Directory groups are security groups, it can't provision any migrated groups as security groups in Microsoft 365 or Office 365. Microsoft 365 または Office 365 でセキュリティグループを設定する場合は、まず、Microsoft 365 または Office 365 で空のメールが有効なセキュリティグループをプロビジョニングしてから、一括移行を開始する必要があります。 If you want to have security groups in Microsoft 365 or Office 365, you must first provision an empty mail-enabled security group in Microsoft 365 or Office 365 before starting the cutover migration. さらに、この移行方法では、メールボックス、メール ユーザー、メール連絡先、およびメールが有効なグループのみを移動します。 Additionally, this migration method only moves mailboxes, mail users, mail contacts, and mail-enabled groups. Microsoft 365 または Office 365 に移行されていないユーザーメールボックスなど、他の Active Directory オブジェクトが、移行されるオブジェクトの上司または代理人として割り当てられている場合は、移行の前にそのオブジェクトから削除する必要があります。 If any other Active Directory object, such as user mailbox that is not migrated to Microsoft 365 or Office 365 is assigned as a manager or delegate to an object being migrated, you must remove them from the object before migration. 手順 1: 自分のドメインを確認する Step 1: Verify you own the domain 移行中に、各社内メールボックスの簡易メール転送プロトコル SMTP アドレスを使用して、新しい Microsoft 365 または Office 365 メールボックスの電子メールアドレスを作成します。 During the migration, the Simple Mail Transfer Protocol SMTP address of each on-premises mailbox is used to create the email address for a new Microsoft 365 or Office 365 mailbox. 一括移行を実行するには、オンプレミスのドメインが、Microsoft 365 または Office 365 組織の確認済みドメインである必要があります。 To run a cutover migration, the on-premises domain must be a verified domain in your Microsoft 365 or Office 365 organization. 職場または学校のアカウントを使用して、Microsoft 365 または Office 365 にサインインします。 Sign in to Microsoft 365 or Office 365 with your work or school account. [ドメイン ] ページで、[ ドメインの追加] をクリックして、ドメインウィザードを開始します。 On the Domains- page, click Add domain to start the domain wizard. [ ドメインの追加] ページで、オンプレミスの Exchange の組織に使用するドメイン名 Contoso. com など を入力して、[ 次へ] を選びます。 On the Add a domain page, type in the domain name for example, Contoso. com you use for your on-premises Exchange organization, and then choose Next. Follow the instructions provided for your DNS hosting provider. Follow the instructions provided for your DNS hosting provider. The TXT record usually is chosen to verify ownership. The TXT record usually is chosen to verify ownership. 「 」の手順を確認することもできます。 You can also find the instructions in. TXT または MX レコードを追加したら、15 分ほど待って次の手順に進みます。 After you add your TXT or MX record, wait about 15 minutes before proceeding to the next step. In the Office 365 domain wizard, choose done, verify now, and you'll see a verification page. In the Office 365 domain wizard, choose done, verify now, and you'll see a verification page. Choose Finish. Choose Finish. Office 365 ドメイン ウィザードで、[ 完了しました。 今すぐご確認ください] を選ぶと、確認ページが表示されます。 If the verification fails at first, wait awhile, and try again. Do not continue to the next step in the domain wizard. Do not continue to the next step in the domain wizard. You now have verified that you own the on-premises Exchange organization domain and are ready to continue with an email migration. You now have verified that you own the on-premises Exchange organization domain and are ready to continue with an email migration. 手順 2: Microsoft 365 または Office 365 をメールシステムに接続する Step 2: Connect Microsoft 365 or Office 365 to your email system 移行エンドポイントには、Microsoft 365 または Office 365 を使用して移行するメールボックスをホストするオンプレミスサーバーに接続するために必要な設定と資格情報が含まれています。 A migration endpoint contains the settings and credentials needed to connect the on-premises server that hosts the mailboxes you're migrating with Microsoft 365 or Office 365. 移行エンドポイントには、Office 365 で移行するメールボックスのホストとなるオンプレミス サーバーに接続するための設定と資格情報が含まれています。 移行エンドポイントは、同時に移行するメールボックスの数も定義します。 一括移行では、Outlook Anywhere の移行エンドポイントを作成します。 The migration endpoint also defines the number of mailboxes to migrate simultaneously. 移行エンドポイントには、Office 365 で移行するメールボックスのホストとなるオンプレミス サーバーに接続するための設定と資格情報が含まれています。 For a cutover migration, you'll create an Outlook Anywhere migration endpoint. Exchange 管理センターに移動します。 Go to the Exchange admin center. [ 移行エンドポイント] ページで、 ます。 On the Migration endpoints page, choose New. 移行エンドポイントを選ぶ。 [ 移行エンドポイント] ページで、[ 新規[新規作成] アイコン] を選びます。 On the Enter on-premises account credentials page, enter information in the following boxes:• [ 電子メールアドレス: 移行先の社内 Exchange 組織内のユーザーの 電子メールアドレスを入力します。 Email address: Type the email address of any user in the on-premises Exchange organization that will be migrated. Microsoft 365 または Office 365 は、このユーザーのメールボックスへの接続をテストします。 Microsoft 365 or Office 365 will test the connectivity to this user's mailbox. Microsoft 365 または Office 365 は、このアカウントを使用して、移行エンドポイントを検出し、指定された電子メールアドレスを持つメールボックスにアクセスしようとして、このアカウントに割り当てられているアクセス許可をテストします。 Microsoft 365 or Office 365 will use this account to detect the migration endpoint and to test the permissions assigned to this account by attempting to access the mailbox with the specified email address. [ 特権を持つアカウントのパスワード: 管理者アカウントの特権を持つアカウントの パスワードを入力します。 Password of account with privileges: Type the password for the account with privileges that is the administrator account. Office 365 will use this account to detect the migration endpoint and to test the permissions assigned to this account by attempting to access the mailbox with the specified email address. Choose Next and do one of the following:• Microsoft 365 または Office 365 が移行元サーバーに正常に接続した場合、接続設定が表示されます。 If Microsoft 365 or Office 365 successfully connects to the source server, the connection settings are displayed. [ 次へ] を選びます。 Choose Next. ソース サーバーへのテスト接続が失敗した場合、以下の情報を指定してください。 If the test connection to the source server isn't successful, provide the following information:• [ Exchange server]: 社内 Exchange サーバーの 完全修飾ドメイン名 FQDN を入力します。 Exchange server: Type the fully qualified domain name FQDN for the on-premises Exchange Server. Exchange サーバー オンプレミス Exchange Server の完全修飾ドメイン名 FQDN を入力します。 これは、メールボックス サーバーのホスト名です。 たとえば、EXCH-SRV-01. corp. contoso. com のように入力します。 This is the host name for your Mailbox server. Exchange サーバー オンプレミス Exchange Server の完全修飾ドメイン名 FQDN を入力します。 For example, EXCH-SRV-01. corp. contoso. com. [ Rpc プロキシサーバー: Outlook Anywhere 用の rpc プロキシサーバーの FQDNを入力します。 RPC proxy server: Type the FQDN for the RPC proxy server for Outlook Anywhere. 通常、プロキシサーバーは web 上の Outlook 旧称 Outlook Web App の URL と同じです。 Typically, the proxy server is the same as your Outlook on the web formerly known as Outlook Web App URL. For example, mail. contoso. com, which is also the URL for the proxy server that Outlook uses to connect to an Exchange Server For example, mail. contoso. com, which is also the URL for the proxy server that Outlook uses to connect to an Exchange Server• 全般情報の入力ページで、 移行エンドポイント名 Test5-endpoint など を入力します。 On the Enter general information page, type a Migration endpoint name, for example, Test5-endpoint. 他の 2 つのボックスは空白のままにして既定値を使用します。 Leave the other two boxes blank to use the default values. [ 新規作成] を選び、移行エンドポイントを作成します。 Choose New to create the migration endpoint. Exchange Online がオンプレミスのサーバーに接続されていることを確認するには、 の例 4 のコマンドを実行できます。 To validate your Exchange Online is connected to the on-premises server, you can run the command in Example 4 of. ステップ 3:一括移行バッチを作成する Step 3: Create the cutover migration batch カットオーバー移行では、オンプレミスのメールボックスは、1つの移行バッチで Microsoft 365 または Office 365 に移行されます。 In a cutover migration, on-premises mailboxes are migrated to Microsoft 365 or Office 365 in a single migration batch. Choose NewNew iconMigrate to Exchange Online. On the Confirm the migration endpoint page, the migration endpoint information is listed. On the Confirm the migration endpoint page, the migration endpoint information is listed. Verify the information and then choose next. Verify the information and then choose next. [ 移動の構成] ページで、移行バッチの 名前 スペースまたは特殊文字を含むことはできません を入力し、[ 次へ] をクリックします。 On the Move configuration page, type the name cannot contain spaces or special characters of the migration batch, and then choose next. On the Move configuration page, type the name cannot contain spaces or special characters of the migration batch, and then choose next. The batch name is displayed in the list of migration batches on the Migration page after you create the migration batch. The batch name is displayed in the list of migration batches on the Migration page after you create the migration batch. On the Move configuration page, type the name cannot contain spaces or special characters of the migration batch, and then choose next. On the Start the batch page, choose one of the following:• [バッチを自動的に開始する: 同期中の状態で新しい移行バッチを保存すると、移行バッチはすぐに開始されます。 Automatically start the batch: The migration batch is started as soon as you save the new migration batch with a status of Syncing. 後でバッチを手動で開始します。 移行バッチは作成されますが、開始されません。 Manually start the batch later: The migration batch is created but is not started. 後でバッチを手動で開始する 移行バッチを作成しますが、開始はしません。 バッチの状態は、[ 作成済み] に設定されます。 移行バッチを開始するには、移行ダッシュボードでバッチを選択して、[ 開始] を選びます。 The status of the batch is set to Created. 後でバッチを手動で開始する 移行バッチを作成しますが、開始はしません。 To start a migration batch, select it on the migration dashboard, and then choose Start. バッチの状態は、[ 作成済み] に設定されます。 Choose new to create the migration batch. 新しい移行バッチが移行ダッシュボードに表示されます。 The new migration batch is displayed on the migration dashboard. ステップ 4:一括移行バッチを開始する Step 4: Start the cutover migration batch 新しい移行バッチが移行ダッシュボードに表示されます。 If you created a migration batch and configured it to be started manually, you can start it by using the Exchange admin center. 移行バッチを作成して、手動で開始するように構成した場合は、Exchange 管理センターを使用して開始することができます。 On the migration dashboard, select the batch and then choose Start. In the Exchange admin center, go to RecipientsMigration. If a migration batch starts successfully, its status on the migration dashboard changes to Syncing. 移行バッチが正常に開始されたら、移行ダッシュボード上の状態は [ 同期中] に変わります。 Verify the synchronization worked You'll be able to follow the sync status on the migration dashboard. You'll be able to follow the sync status on the migration dashboard. If there are errors, you can view a log file that gives you more information about them. If there are errors, you can view a log file that gives you more information about them. 移行の進行中に、ユーザーが Microsoft 365 管理センターで作成されたことを確認することもできます。 You can also verify that the users get created in the Microsoft 365 admin center as the migration proceeds. エラーが発生した場合は、ログ ファイルを見ることでエラーの詳細が分かります。 After the migration is done, the sync status is Synced. オプション: メールの遅延を減らす Optional: Reduce email delays このタスクは省略可能ですが、新しい Microsoft 365 または Office 365 メールボックスで受信メールを遅延させないようにすることができます。 Although this task is optional, doing it can help avoid delays in the receiving email in the new Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. When people outside of your organization send you email, their email systems don't double-check where to send that email every time. When people outside of your organization send you email, their email systems don't double-check where to send that email every time. Instead, their systems save the location of your email system based on a setting in your DNS server known as a time-to-live TTL. Instead, their systems save the location of your email system based on a setting in your DNS server known as a time-to-live TTL. If you change the location of your email system before the TTL expires, the sender's email system tries to send email to the old location before figuring out that the location changed. If you change the location of your email system before the TTL expires, the sender's email system tries to send email to the old location before figuring out that the location changed. This location change can result in a mail delivery delay. This location change can result in a mail delivery delay. One way to avoid this is to lower the TTL that your DNS server gives to servers outside of your organization. One way to avoid this is to lower the TTL that your DNS server gives to servers outside of your organization. This will make the other organizations refresh the location of your email system more often. This will make the other organizations refresh the location of your email system more often. これで、他の組織でメール システムの場所を更新する回数が多くなります。 Most email systems ask for an update each hour if a short interval such as 3,600 seconds one hour is set. ほとんどのメール システムでは、3,600 秒 1 時間 などと短い間隔が設定されていれば、1 時間ごとに更新の確認を行います。 メールの移行を始める前に、少なくともこの程度に間隔を設定することをお勧めします。 この設定にすると、メールを送信するすべてのシステムで、変更に対処する十分な時間がとれます。 さらに、Office 365 への最終的な切り替えを行うときに、TTL を長い間隔に戻すことができます。 We recommend that you set the interval at least this low before you start the email migration. ほとんどのメール システムでは、3,600 秒 1 時間 などと短い間隔が設定されていれば、1 時間ごとに更新の確認を行います。 This setting allows all the systems that send you email enough time to process the change. その後、Microsoft 365 または Office 365 に最終切り替えを行うときに、TTL を長い間隔に戻すことができます。 Then, when you make the final switch over to Microsoft 365 or Office 365, you can change the TTL back to a longer interval. The place to change the TTL setting is on your email system's MX record. The place to change the TTL setting is on your email system's MX record. This lives on your public-facing DNS system. This lives on your public-facing DNS system. If you have more than one MX record, you need to change the value on each record to 3,600 seconds or less. If you have more than one MX record, you need to change the value on each record to 3,600 seconds or less. DNS 設定の構成についてサポートが必要な場合は、「」を参照してください。 If you need some help configuring your DNS settings, see. 手順 5: Microsoft 365 または Office 365 に直接メールをルーティングする Step 5: Route your email directly to Microsoft 365 or Office 365 電子メール システムは、MX レコードという DNS レコードを使用して、電子メールの配信先を見つけ出します。 Email systems use a DNS record called an MX record to figure out where to deliver emails. 電子メールの移行プロセス中、MX レコードの宛先は移行元の電子メール システムでした。 During the email migration process, your MX record was pointing to your source email system. これで、Microsoft 365 または Office 365 への電子メールの移行が完了しました。 次に、Microsoft 365 または Office 365 で MX レコードを参照する時間を指定します。 Now that the email migration to Microsoft 365 or Office 365 is complete, it's time to point your MX record at Microsoft 365 or Office 365. これにより、電子メールが Microsoft 365 または Office 365 メールボックスに配信されるようになります。 This helps make sure that email is delivered to your Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. Office 365 へのメールの移行が完了したので、MX レコードが Office 365 をポイントするようにします。 Moving the MX record will also let you turn off your old email system when you're ready. 準備が整ったときには、MX レコードを移動すると、前のメール システムを無効にすることもできます。 For many DNS providers, there are specific instructions to change your MX record. 多くの DNS プロバイダーでは、MX レコードを変更するための手順が用意されています。 使用している DNS プロバイダーが含まれていない場合や、一般的な手順を知りたい場合は、MX レコードの一般手順も参照してください。 If your DNS provider isn't included, or if you want to get a sense of the general directions, are provided as well. It can take up to 72 hours for the email systems of your customers and partners to recognize the changed MX record. It can take up to 72 hours for the email systems of your customers and partners to recognize the changed MX record. Wait at least 72 hours before you proceed to the next task: Delete the cutover migration batch. Wait at least 72 hours before you proceed to the next task: Delete the cutover migration batch. ステップ 6:一括移行バッチを削除する Step 6: Delete the cutover migration batch MX レコードを変更して、すべての電子メールが Microsoft 365 または Office 365 メールボックスにルーティングされていることを確認した後、メールが Microsoft の365または Office 365 に送られていることをユーザーに通知します。 After you change the MX record and verify that all email is being routed to Microsoft 365 or Office 365 mailboxes, notify the users that their mail is going to Microsoft 365 or Office 365. MX レコードを変更して、すべてのメールが Office 365 のメールボックスにルーティングされていることを確認したら、メールが Office 365 に送られていることをユーザーに通知します。 この後で、一括移行バッチを削除することができます。 移行バッチを削除する前に、次のことを確認してください。 After this you can delete the cutover migration batch. MX レコードを変更して、すべてのメールが Office 365 のメールボックスにルーティングされていることを確認したら、メールが Office 365 に送られていることをユーザーに通知します。 Verify the following before you delete the migration batch. すべてのユーザーは、Microsoft 365 または Office 365 のメールボックスを使用しています。 All users are using Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. バッチが削除されると、社内の Exchange サーバー上のメールボックスに送信されたメールは、対応する Microsoft 365 または Office 365 のメールボックスにコピーされません。 After the batch is deleted, mail sent to mailboxes on the on-premises Exchange Server isn't copied to the corresponding Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. Microsoft 365 または Office 365 メールボックスは、メールの直接送信が開始された後、少なくとも1回同期されていました。 Microsoft 365 or Office 365 mailboxes were synchronized at least once after mail began being sent directly to them. これを行うには、移行バッチの [ 最後の同期] ボックスの値が、Microsoft 365 または Office 365 メールボックスに直接ルーティングされたときよりも新しい方になるようにします。 To do this, make sure that the value in the Last Synced Time box for the migration batch is more recent than when mail started being routed directly to Microsoft 365 or Office 365 mailboxes. When you delete a cutover migration batch, the migration service cleans up any records related to the migration batch and then deletes the migration batch. When you delete a cutover migration batch, the migration service cleans up any records related to the migration batch and then deletes the migration batch. The batch is removed from the list of migration batches on the migration dashboard. The batch is removed from the list of migration batches on the migration dashboard. 一括移行バッチを削除すると、移行サービスによって移行バッチに関連するすべてのレコードが消去され、移行バッチが削除されます。 バッチは、移行ダッシュボードの移行バッチのリストから削除されます。 On the migration dashboard, select the batch, and then choose Delete. 注意 In the Exchange admin center, go to RecipientsMigration. It can take a few minutes or the batch to be removed. 移行ダッシュボードでバッチを選び、[ 削除] を選びます。 移行バッチが移行ダッシュボードに一覧表示されなくなったことを確認します。 Verify that the migration batch is no longer listed on the migration dashboard. 手順 7: Microsoft 365 および Office 365 ユーザーにライセンスを割り当てる Step 7: Assign licenses to Microsoft 365 and Office 365 users ライセンスを割り当てて、移行したアカウントのユーザーアカウントをアクティブ化する: ライセンスを割り当てない場合、猶予期間 30 日 が経過すると、メールボックスは無効になります。 Activate user accounts for the migrated accounts by assigning licenses: If you don't assign a license, the mailbox is disabled when the grace period ends 30 days. Microsoft 365 管理センターでライセンスを割り当てるには、「して追加する」を参照してください。 To assign a license in the Microsoft 365 admin center, see. 移行後の作業を完了する Complete post migration tasks メールボックスを Microsoft 365 または Office 365 に移行した後、移行後のタスクを完了する必要があります。 After migrating mailboxes to Microsoft 365 or Office 365, there are post-migration tasks that must be completed. ユーザーが自分のメールボックスに簡単にアクセスできるように、自動検出 dns レコードを作成します。 すべての社内メールボックスが microsoft 365 または office 365 に移行された後、microsoft 365 または office 365 組織の自動検出 dns レコードを構成して、ユーザーが Outlook およびモバイルクライアントを使用して新しい microsoft の365または office の365メールボックス Create an Autodiscover DNS record so users can easily get to their mailboxes: After all on-premises mailboxes are migrated to Microsoft 365 or Office 365, you can configure an Autodiscover DNS record for your Microsoft 365 or Office 365 organization to enable users to easily connect to their new Microsoft 365 or Office 365 mailboxes with Outlook and mobile clients. この新しい自動検出 DNS レコードは、Microsoft 365 または Office 365 組織に使用しているものと同じ名前空間を使用する必要があります。 This new Autodiscover DNS record has to use the same namespace that you're using for your Microsoft 365 or Office 365 organization. たとえば、クラウドベースの名前空間が cloud. contoso. com の場合、作成する必要のある自動検出 DNS レコードは autodiscover. cloud. contoso. com となります。 For example, if your cloud-based namespace is cloud. contoso. com, the Autodiscover DNS record you need to create is autodiscover. cloud. contoso. com. Exchange サーバーを保持している場合は、Outlook クライアントが正しいメールボックスに接続できるように、自動検出 DNS CNAME レコードが内部および外部 DNS の両方で Microsoft 365 または Office 365 をポイントしていることを確認する必要もあります。 If you keep your Exchange Server, you should also make sure that Autodiscover DNS CNAME record has to point to Microsoft 365 or Office 365 in both internal and external DNS after the migration so that the Outlook client will to connect to the correct mailbox. を クライアントアクセスサーバーの名前に置き換え、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行して、サーバーへのクライアント接続を禁止します。 Replace with the name of the Client Access server and run the following command in the Exchange Management Shell to prevent client connections to the server. このコマンドは、すべてのクライアントアクセスサーバーで実行する必要があります。 You'll need to run the command on every Client Access server. Microsoft 365 or Office 365 uses a CNAME record to implement the Autodiscover service for Outlook and mobile clients. 自動検出 CNAME レコードには以下の情報が含まれている必要があります。 The Autodiscover CNAME record must contain the following information:• エイリアス: autodiscover Alias: autodiscover• ターゲット: autodiscover. outlook. com Target: autodiscover. outlook. com 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. オンプレミスの Exchange サーバーの使用停止: すべての電子メールが Microsoft 365 または Office 365 メールボックスに直接ルーティングされており、オンプレミスの電子メール組織を管理する必要がなく、またはシングルサインオンソリューションの実装を計画していない場合は、サーバーから exchange をアンインストールし、社内の exchange 組織を削除できます。 Decommission on-premises Exchange Servers: After you've verified that all email is being routed directly to the Microsoft 365 or Office 365 mailboxes, and no longer need to maintain your on-premises email organization or don't plan on implementing a single sign-on solution, you can uninstall Exchange from your servers and remove your on-premises Exchange organization. 詳細については、次のトピックをご覧ください。 For more information, see the following topics:• 「」 注意 Decommissioning Exchange can have unintended consequences. Decommissioning Exchange can have unintended consequences. Before decommissioning your on-premises Exchange organization, we recommend that you contact Microsoft Support. Before decommissioning your on-premises Exchange organization, we recommend that you contact Microsoft Support. 関連項目 See also 関連記事.

次の

Exchange のカットオーバー方式を使用して電子メールを移行する

カット オーバー クライテリア

はじめに 人工知能(AI)によるシンギュラリティ(技術的特異点)の予測がされているが、すでに人工知能は産業界だけでなく一般社会生活でも利用され、その領域が拡大していることで、人工知能をテストするニーズが高まっている。 しかし、人工知能をテストする技術が確立されているかといえば、信頼がおける革新的なテスト技術は現在のところ見当たらない。 人工知能のテストをいかに考えればよいのか、テストエンジニアの知見を用いて考えてみる。 ただし、前提として人工知能のテストを論じる場合には、「Testing for 人工知能」か「人工知能 for Testing」、つまり「人工知能をテストする」のか「人工知能でテストする」のかを明示する必要があるが、今回は、「Testing for 人工知能」としテスト対象を人工知能としたケースについて述べる。 株式会社ベリサーブ 品質保証部 技術フェロー 佐々木 方規 ところで、テストを実現させるには、マクロな視野(俯瞰的に人工知能を捉えること)とミクロな視点(人工知能を細分化すること)を両立させる必要がある。 そこで、テストベースとして理解を深めるために、数名のテストエンジニアと議論を行ったが、人工知能を定義することの難しさが浮き彫りになった。 さらに人工知能の特徴は、利用する学習データの質に依存すると考える。 企業がビジネスをデジタル化するデジタルトランスフォーメーション(DX)の流れは、幅広く人工知能が利用されるであろう。 また、CDOは、企業のビジネスを加速させるため、自社のビジネスに IoT や人工知能を利用する取り組みを積極的に行っている。 人工知能をテストするためには、これらのステークホルダーのニーズに応える必要がある。 オラクルは、実在する(ベンチマーク用の)システム、他のソフトウェア、ユーザマニュアル、個人の専門知識の場合があるが、コードであってはならない。 JSTQB ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版)Version 2. J02より• 人工知能の歴史を振り返る すでに人工知能は社会生活のさまざまなシーンでみられるようになってきている。 スマートフォンの音声認識や Google の「RankBrain」など人工知能ベースのアルゴリズムがインターネット検索で実用化されており、高度な自動運転への適用も進んでいる。 人工知能に対して造形を深めるために、少しだけ人工知能の歴史を振り返ってみる。 第1次ブームでは、コンピューターによる「推論」「探索」が中心であり、自然言語処理や機械翻訳の研究は進められたが、定理証明などの単純な問題しか扱えなかったため、社会の実環境での利用にはほど遠く、次第にブームが過ぎていった。 1980年代に入ると人工知能は、第2次ブームとなった。 人工知能に与える情報を形式化することで、専門分野の知識を取り扱うエキスパートシステムが登場した。 しかし情報の形式化を人が行わなければならず、膨大な情報を取り扱うことができないため、活用範囲を限定せざるを得なかった。 2000年代に入ると、インターネットが爆発的に普及し、携帯電話でデータ通信ができるようになったことに伴い、人工知能が「ビッグデータ」を活用することになる。 ここで注目されたのが機械学習(Machine Learning)であり、学習に人の介在を減らすことに成功した。 また、学習した知識から特徴的な要素を人工知能が自ら学習する深層学習(Deep Learning)も注目された。 第3次の人工知能ブームの到来であり、現在に至っている。 第1次、第2次が一過性のブームに終わった背景として、社会が要求する人工知能への期待が高く、現実との乖離が大きかったことが原因と推論されている。 これらを背景に人工知能のテストでも、現実と乖離がないことを追及していく必要がある。 何を対象とするのか、要求元とテスト担当者間でテストについての合意形成をすることが重要である。 しかし、テスト対象が人工知能の場合は、期待値を示すテストオラクルを用意することが困難である。 そもそも期待値など存在しないのではないかと考えている。 同じプロダクトの人工知能を利用しても、与えた学習データそのものや、そのデータの与え方で結果が異なる。 また、人工知能の利用者にとっては、人工知能からのアウトプットは想定した期待値のみを求めていない。 例えば検索処理であればヒット率の高い結果の順位よりは、検索者自身が本当に知りたい情報を求めている。 これらの検索結果は、検索者自身が気づいていない暗黙的な場合もある。 検索者自身が人工知能の推論結果を得ることで、本当に求めていた結果が想像していたものと異なったことに気が付くこともある。 これらはカットオーバー時のクライテリアだけを求めるような現在のテストの技術では対応が難しく、人工知能の特性に合わせたテストの進め方を構築していく必要がある。 (参照 図. さらに回答者によりこれらの定義に違いも見られた。 これら人工知能の定義の曖昧さもテストの課題と考えられる。 そこでイメージを形成しやすくするために人工知能の特徴的な行為を見ながら、本稿で取り扱う人工知能を絞り込んでみる。 それらはコンピューターであり、ロボットであり形態はさまざまであるが共通している点がある。 それは、人と人工知能がパートナーとして共存している点である。 本項では人工知能搭載システムは人の能力を補完していると考えて、人工知能搭載システムを知るために人をモデルに整理を行う。 現在の人工知能搭載システムは多くの技術によって構成され支えられているが、その必要でかつ代表的な技術をいくつかに分類してみる。 しかし、基本的に人工知能搭載システムの認識は、データによる分類となる。 例えば、人は猫の写真を見せると猫と認識するが、人工知能搭載システムは学習データから同じ特徴を持つデータ群を抽出するにすぎない。 これらの認識には人の記憶にあたるビックデータなどからの学習データに大きく依存する。 特に組込み製品に搭載されている人工知能はリアルタイム性が求められ、人を介在せずに制御が行われることも多い。 人工知能搭載システムが司ることは人と酷似しているが、得手不得手がある。 McCarthy and P. HayesSome philosophical problems from the standpoint of artificial intelligence, Machine Intelligence, vol. 4, pp. 463-502 1969 プロダクトとしての人工知能だけでなく 社会基盤のインフラとしての人工知能 高度な人工知能がさまざまなビジネスシーンで利用されることは、人が責務を持って判断してきたことを人工知能が変わって行うこと、そして社会がこれらの意思決定を受け入れる環境が整備されることが重要であると考える。 現在では、自動運転技術(運転支援技術)により交通事故が減少している。 すでに自動車保険の料率に運転支援システム搭載車両の有無が適用されている。 近未来で自律した高度な自動運転車が町中を走行していることは容易に想像ができる。 こうした環境下で事故が発生した場合に、社会が人工知能を冷静に受け入れるだけの状況になっている必要がある。 事故が発生した場合には、徹底的に事故解析しプロダクトとして人工知能の改善が図られ、社会に人工知能への落胆を生じさせてはならない。 社会的不安は人工知能への期待を衰退させ、第3次ブームの終焉につながる。 人工知能をテストすることは、社会的に影響を与えるリスクの検討もテストエンジニアに求められてくると感じている。 これらはプロダクトとしての人工知能をテストするだけでなく、人工知能と共存する環境まで考える必要がある。 人工知能に対する社会的な成熟度が向上することも必要であるが、テストエンジニアは人工知能の正しさでなく、人工知能によって操作された結果や導き出されたものの受け入れやすさを確認することが重要であると考える。 人工知能の役割や責務をテストするという考え方 ~捉え方とアプローチ~ 次に具体的にテストする時の考え方を示す。 極端ではあるが、人工知能として構成されるプロダクト全体をブラックボックスとして考えてみた。 処理の方法や構造が全く不明なブラックボックスのテストは IPO(Input Process Output)を利用して考える。 ブラックボックスでは Process(処理)は単なる変換処理とするが、その処理結果の Output(期待値)が人工知能では不定となる。 (図1) 図2. テスト視点の人工知能のイメージ これらを利用シーンで考えると、莫大な学習データから人工知能に推論を行わせる時、利用者が推論可能な結果だけであれば人工知能の利用価値は低い。 供給者はプロダクトの利用シーンを考え、利用者が利用価値を決める。 プロダクトの例を挙げて説明してみる。 お掃除ロボットの役割は人に代わって掃除することにあるが、責務としては人が掃除した場合と同等か、人に変わって掃除することでなんらかの価値をあたえることにある。 お掃除ロボットでは、効率よく掃除するために、掃除を行う範囲やホームベース(待機や充電などするための位置)を学習する。 学習データを利用することでさまざまなレイアウトにも対応でき、さらには無作為に掃除をすることがなくなる。 家具などを移動した場合も学習データを自立的に変更して掃除を可能にしている。 お掃除ロボットの場合は、掃除の順序を正確にトレースして実施することは価値にはならない。 人が掃除する場合でも、一方向でなく逆方向など、違う方向から掃除するときれいに掃除ができる。 学習データを利用して、できるだけ同じルートを通らないことで、異なる方向から掃除を可能にしている。 (図3) 図3. 配置を記憶することで、掃除する方向を変える 決められた処理を動作することが期待されているのでなく、人の手を介さず掃除を完了することが責務として期待されている。 製品(プロダクト)として人工知能のテストを考えた時は、ほとんどの場合、従来のテストプロセスやテスト技法を用いればよい。 しかし、人工知能の学習と推論を利用しているシステムとしてテストを考えた場合は、ユースケースシナリオの考慮を避けては通れない。 ユースケースシナリオには、人工知能が学習データを伴うことで成長することを考慮する必要がある。 成長のしかたは、利用シーンごとに異なり特定することは難しくテストを困難にする。 これら成長するシステムに対して、処理や振る舞いでなく役割と責務を定義するアプローチ方法を提案した。 これは人工知能の推論結果を期待値として扱うのではなく、受け入れられるかを判定することになる。 これらは繰り返し行われるインクリメンタル開発に近い。 しかし、インクリメンタル開発と大きく異なる点は、カットオーバーされた人工知能のシステムは、開発が継続して行われているとは限らない点である。 つまり開発期間中に将来の学習内容での変化を想定したテストが必要となる。 スパイラルフレームモデルは、学習データを段階的に成長させるように一連のユースケースシナリオを少しずつ変化させながら繰り返して行う。 一度に学習データを与えるのでなく、適切に分割した学習ゴールにしたがって成長過程の確認を行う。 開発中のテスト期間に成長過程を確認することで、学習データおよび学習方法の良し悪しを確認する。 いままでは、仕様に定義されていたフューチャや機能が満足していることがテストの目的であった仕様ベースのテストが主流で、フューチャや機能の期待値は仕様に定義され不変であった。 この考え方では学習したことによって変化する期待値をテストで考えることは困難である。 また、人工知能が人に代わって知的作業を行うことは社会生活が大きく変化することを意味する。 システムや製品のテストでは、利用者と供給者の関係を中心とした閉鎖的な環境条件であった。 人工知能や IoT でのビッグデータなどの利用は、システムの利用者以外とのつながりもあり、社会システムとしてオープンな環境条件を考慮しなければいけない。

次の