プリズンブレイク 所長 名前。 プリズンブレイクの登場人物あの人は最後どうなったんだっけ一覧

プリズン・ブレイク

プリズンブレイク 所長 名前

プリズン・ブレイク シーズン1 第5話「イングリッシュ、フィッツ、パーシー」を視終えたので、感想やら評価やらを書いていこうと思う! ネタバレしていくのでご注意を! イングリッシュ、フィッツ、パーシーって何のこっちゃと思ってたが、そこか!確かに万全を期すなら知っとくべき情報。 そんなところまで確認する計画の立てように驚かされた。 プリズン・ブレイク シーズン1 第5話のあらすじ 刑務作業中、隙を見てマイケル、リンカーン、スクレ、アブルッチの4人は集合。 脱獄を共に行うメンバーの顔合わせ、そして今後の計画について話し合っていた。 死刑囚リンカーンがその場に居たことにアブルッチが反発するも、「話せる時間も少ない」と諭し、マイケルは話を進める。 脱出には「イングリッシュ」、「フィッツ」、「パーシー」のいずれかを選択しなければならない。 それを決めるには、全ての看守の目をごまかす必要があった。 しかし、そんなマイケルの元にやってきたのは所長。 突然「別の刑務所へ移送」する旨を告げられ困惑するマイケル。 兄の死刑執行まで側にいさせてほしいと懇願するも、却下されてしまった。 このまま別刑務所に移送されてしまえば、計画が全て水の泡に。 リンカーンを助け出せる可能性が潰えてしまう。 クーパーに助言を求めると、申請書を提出すれば「移送命令の中止」、もしくは「移送の延期」ができると聞かせれる。 早速、行動に移るマイケル。 だが、これもシークレットサービスの想定の範囲内であった。 プリズン・ブレイク シーズン1 第5話の感想タイム! 本話では所長(名前わからん)の心境や過去が見えてくる。 前から良識を持つ人物として描かれていたが、今回はシークレットサービスの嫌がらせのおかげもあり、もう一歩先まで見える。 所長:フォックスリバー刑務所のトップ 1話から登場する、フォックスリバー刑務所で一番偉い人。 呼び名は「所長」や「ボス」。 自称「夜のボス」べリックと違い温厚な人物。 刑務所では囚人に罰を受けさせることが目的ではなく、彼らを更正させたいと語っていた。 妻へのプレゼント「タージ・マハルの模型」を作成、建築技師の経歴を持つマイケルに協力を依頼していた。 「こんなもん所内で作るなや!」って突っ込みはさておき、この件からマイケルを優遇している。 しかし、マイケルの真意を知ったシークレットサービスは彼の移送要請を出す。 ケラーマンは所長の隠し子「ウィル」について言及、「妻にバラされたくなかったら、マイケルを移送させろ」と脅し、所長を操ろうとした。 言われた通り、所長はマイケルの申請書を破棄。 マイケルの移送が確定してしまう流れとなった。 罪の意識からか、教会に祈りを捧げ自身の過去と向き合う。 妻に事実を隠し続け、また隠し続けるために兄弟の絆を引き裂こうとしている。 答えを見つけた彼は移送直前のマイケルの元に向かい、移送の中止を告げた。 そして妻に会いにいき、隠し子が居り、そして彼はもう死んでいることを打ち明ける。 マイケルからしたらありがたい展開なのだけど、コレ最悪の場合、所長と奥さん殺されそうなのがなんとも。 陰謀には気づいてないから、殺す判断にまではいかないのだろうか。 ベロニカの行動が筒抜け ベロニカとニックは、ステッドマンを殺害する瞬間の映像を見直し、矛盾する点があるのに気づく。 証拠として使用しようと、コピーテープではなく「マスターテープ」を取りに向かうのだけども・・・全てが先読みされていた。 マスターテープは処理され、ベロニカが家に保管していたコピーまでも奪われてしまう。 何か悟ったかのようなベロニカ。 家が荒らされておらず、目的物だけ回収されているところを見ると、隠し場所を知っていた人物が裏切った可能性が高い。 ってことは・・・ニックさんの裏切りかなぁ。 斜め上の解答で「テープを隠した瞬間に立ち会っていた侵入者がいた」って線もあるけど、それだとマスターテープを処理するまでの時間がより限られてしまうので厳しそう。 ニックはシークレットサービスの協力者で、事件に裏があるって思ったのではない。 証拠を探す彼女に同行し、新しい要素を見つけるたびにそれを摘み取っていこうって考えなのかもしれない。 イングリッシュ、フィッツ、パーシー これ人物のことなんかと思っていたが、なんと刑務所に面する3つの道路を指していた。 仮に作戦が成功して脱獄できたとしても走って逃げるしかない。 パトカーを出されたらすぐに追いつかれ、捕まってしまう。 そこで、マイケルはわざと脱獄したフリをする。 べリック刑務長は警報を鳴らしパトカーを出動させた。 どこからパトカーがやって来るのかを屋上から監視するマイケル。 するとイングリッシュ通り・パーシー通りから応援が来たが、フィッツ通りからはパトカーが来ないことが判明する。 つまり、脱獄時はこの通りから逃走すると、逃げ切れる確立が高まる・・・てことでいいんかな。 過去の罪が奥さんにバレてしまうかもしれないリスクを鑑みながらもマイケルを助ける。 マイケルへの感謝の気持ちからか、もしくは妻への隠し事に耐えられなくなったか、亡くなった息子への罪滅ぼしなのか。 多分、どれも当てはまるんだろう。 なんにせよシークレットサービスに逆らってでも意思を貫いたのは立派だった。 彼が殺され、ベリックが所長に!なんてなったら大問題な気もする。 どうか無事でいてください。 本話の逃走用のルート決めはさすがとしか言えない。 本当に脱獄する気なら確認しておくべき内容。 でも自分にはまったく思いつかなかった。 こういった細かい部分まで煮詰めて、初めて成功させれるものなんだろう。

次の

プリズン・ブレイク

プリズンブレイク 所長 名前

情報が古い可能性があるので、登録前にプリズンブレイクが視聴できるがチェックしてくださいね。 そこから、リンカーンとリンカーンが関わってしまった人々の運命が大きく動き出していきます。 シーズン1では、 リンカーンの弟のマイケル・スコフィールドが兄を助ける為に脱獄させることを選び自らが脱獄計画を携え同じ刑務所に収監される。 また、リンカーンの高校時代の彼女で、今は親友の女弁護士ベロニカ・ドロバンはリンカーンの無実を信じ、 証明するため奔走していく。 本当に凄いの一言です。 兄と違い弟は母の残した保険金で大学を出て建築技師になり平穏に暮らしていたのを、全て投げ捨ててまで兄を助ける。 起きてから夜までずっとプリズンブレイク見てた。 まだシーズン1だけど面白い。 良い感じに身内の行動の偶然とトラブルが重なって主人公がわりかし大変な目にあうのすき。 僕にも兄2人、弟1人いますが、どんなことが起こってもあり得ない!! 笑 リンカーンとマイケルの絆はシーズンを通しての見所の一つです。 観て胸が熱くなりました。 シーズン1では、獄中では脱獄の準備、塀の外側では無実の証拠集めと謎の組織の暗躍で構成されているのですが、 ここでは獄中の方の感想を書こうと思います。 久々にプリズンブレイク観ると改めてめちゃくちゃおもろいな👀!! 全部観てるけどSEASON. トラブルが起こるたびに脱獄させる人数が増えていき、協力して準備してると思いきや足を引っ張りあったり、 そうかと思ったら協力したりとマイケルが可哀そうに思えてくる事もありました。 プリズンブレイクはシーズン1の最初の脱出(19話位)からがまさかの本当のプリズンブレイクで今2の15位を観てます。 母がすべらない話を観ながら、「あれ?!この声ってTバック!?」と言い出しました。 すごいです。 観たらそう思います。 この男の所為で・・・。 フェルナンド・スクレは大好きです。 マイケルの同室の奴で義理堅く男気あふれた奴で、一番マイケルに貢献した囚人です。 「プリズンブレイク」 シーズン1 鑑賞 副大統領の兄弟殺害の冤罪で死刑になる兄を救うため、全身に脱獄計画の刺青を彫り兄と同じ刑務所に入る テンポはいいけど他のドラマが長くても1シーズン15話なのに対して22話はちょっと長い まあそれでも面白いからいいんだけどね — HOSO 趣味垢. 何度もトラブルが起きてたし、 リンカーンが死刑執行されかかったりとハラハラドキドキするシーズン1は最高に面白かったです。 そういえばプリズンブレイクのシーズン1を全話みおわったんですけど、視聴途中に「もしかしたらあのネタバレはフェイクだったでは…?」なんて風に思ってたら無事に本当のネタバレだということがわかって感涙しました。 シーズン1観てください。 ハマります。

次の

プリズン・ブレイク 人物相関図とあらすじ シーズン1

プリズンブレイク 所長 名前

『プリズン・ブレイク』はアデルスタイン=パローズ・プロダクションズがラット・テレビジョン、オリジナル・テレビジョン・ムービー、の協力で製作した。 第2シーズンは全22話が2007年4月2日までに放送された。 『プリズン・ブレイク』はによりとなった兄と彼を脱獄させるために綿密な計画を立てて意図的に投獄された天才的な弟を中心に描かれる。 兄弟は他6名の囚人たちと共に フォックスリバー州立刑務所 ()を脱獄し、第2シーズンでは彼らの逃亡とその追跡が描かれる。 フォックスリバー8と呼ばれる逃亡者たちは別行動を取り始めるも、その目的のために幾度となく再会する。 また逃亡者たちは警察の他、彼ら全員の死を望んでいる 組織 ()と呼ばれるのグループから追跡される。 第2シーズンでは3人のキャラクターがメインからリカーリングに降格され、代わりに新たなキャラクターが加わる。 撮影は主にで行われたが、最後の3話はが舞台のとして撮られた。 シーズンへの批評家の反応は概ね好調であり、特にの演技が賞賛された。 フォックス・ホーム・エンターテインメント ()は2007年9月4日にのDVDを発売した。 製作 [編集 ] 撮影は2006年6月15日よりの農村部及び都市部の両方で始まった。 エグゼクティブ・プロデューサーの マット・オルムステッド ()はキャラクターが逃走するので撮影地が第1シーズンのシカゴから第2シーズンのダラスに変わったのだと語った。 アメリカの様々な都市を表現するための多くのロケ地をダラスが提供した一方、シカゴでのロケは中を移動するのに数時間を要した。 オルムステッドは「それは本当に財政的なものを抑えた」と指摘した。 他に撮影のためには、、が考慮された。 ダラスが選ばれた理由は「機知で、費用対効果が良く、スタッフが利用できる活動に関する多様性がある」ことであり、これが最終決定の主な要因であると考えられた。 ダラスでは9から10ヶ月かけて全22話中20話分の撮影が行われた。 シリーズはダラスへの5000万ドルの経済効果が期待された。 第2シーズンの最後の3話はパナマを表現するためにフロリダ州ペンサコーラで撮影された。 各エピソードの撮影は8日間にわたって行われ、地域経済に約140万ドルをもたらした。 キャスト [編集 ] メイン [編集 ]• - リンカーン・バローズ ()• - ベロニカ・ドノバン• - LJ・バローズ• - 刑務長• - シークレットサービス捜査官• - ベンジャミン・マイルズ・"シーノート"・フランクリン ()• - 医師• - アレキサンダー・マホーンFBI特別捜査官 リカーリング [編集 ]• ジェイソン・デイヴィス - ウィーラー• - ビル・キム工作員• バーバラ・イヴ・ハリス () - フェリシア・ラングFBI捜査官• - ロイ・ギアリー• ヘレナ・クレボーン - ディディ・フランクリン• ウィルバー・フィッツジェラルド () - ブルース・ベネット• - デヴィッド・"トゥイーナー"・アポルスキス• - フランク・タンクレディ知事• シンシア・マクウィリアムズ () - ケイシー・フランクリン• レオン・ラッサム () - 閣下• キャリー・ソーン () - パム・マホーン• K・K・ドッズ () - スーザン・ホランダー• - チャールズ・"ヘイワイヤー"・パトシック• - アルド・バローズ• - マリクルース・デルガド• - ヘンリー・ポープ所長• - テレンス・ステッドマン• スティーヴン・チェスター・プリンス - ブロンディ捜査官• - ジョン・アブルッチ• - キャロライン・レイノルズ大統領• - ケイティ・ウェルシュ看護師• - リチャード・サリンズ内部調査官• - マンチェ・サンチェス• - ニカ・ヴォレク• フィリップ・エドワード・ヴァン・リア () - ルイス・パターソン• - トランペッツ• クリスチャン・ストールティ () - キース・ストールティ刑務官• ジョン・S・デイヴィス () - エリオット・パイク 評価 [編集 ] 批評家の反応 [編集 ] 『 デトロイト・フリー・プレス ()』のマイク・ダフィは初回を「揺さぶられる良質なエンターテインメント」と評し、第1シーズンの匹敵するスタートであると述べた。 ダフィーはさらに「独房のキャラクターたちの雑多なクルー」と「シリーズクリエイターのポール・T・シェアリングとそのスタッフによる張り詰めた、独創的物語」を賞賛した。 『』のロバート・ビアンコは「この番組を浸した浅はかな馬鹿らしさ」について言及し、「万能プロットの調整」としてタトゥーを使い続ける「信じがたいほど怠惰」な脚本家たちを非難した。 のアフサン・ハクとクリストファー・モンフェットはリスクを恐れないクリエイターたちを信頼し、「そのほとんどが決着する」と感じた。 2人は最大の成功要因をシーズン通しての「恒常性の逸れと捻れ」、そして「スコフィールドとマホーンの間のヒーロー・ヴィラン関係の発展」にあると分析した。 マホーンの追加は批評家たちに概ね好評であり、彼はしばしばマイケルの宿敵であると称された。 『 ピッツバーグ・ポスト・ガゼット ()』の ロブ・オーウェン ()はマホーンを「看守のブラッド・ベリックより遥かに立派なマイケルの敵である」と評した。 のブライアン・ゾロムスキーは「第1話『』の最も強力な部分は、偉大なのウィリアム・フィクナーが演じる新キャラクターのFBI捜査官のアレキサンダー・マホーンを初登場させたことである」と評した。 デジタル・スパイ ()のベン・ローソン=ジョーンズは「素晴らしい」とフィクナーを賞賛し、彼が「すぐ陰気なヒーローよりも魅力的になった」と評した。 『USAトゥデイ』のロバート・ビアンコはフィクナーの参加を歓迎し 、またの アンディー・デナート ()はマホーンを第2シーズンで最良の新キャラクターと評した。 視聴率 [編集 ] 第2シーズン初回はアメリカ合衆国で平均940万人の視聴者を獲得し 、シリーズ初回の1050万人 及び第1シーズン最終回の1024万人を下回った。 第16話「 シカゴ ()」ではシーズン中最高となる1012万人を獲得したが 、シーズン最終回にはシリーズ通して最低となる812万人まで落ち込んだ。 シーズン通しては全22話で930万人の視聴者を獲得した。 ニールセン ()によると、2006-2007年のアメリカ合衆国のテレビシーズンにおけるレギュラー・プライム番組全体では142番組中51位の成績である。 オーストラリアでは初回に122万人を獲得したが 、以降は右肩下がりの成績となった。 視聴率低迷を受けては第3シーズンを放送しないことを決定し、に放送権が移った。 受賞 [編集 ] このシーズンによりドミニク・パーセルは オーストラリア映画協会 ()国際男優賞を受賞した。 第12話「 家族の肖像 ()」は 映画音響編集者協会 ()ゴールデンリール賞で2部門でノミネートされた。 2007年のではウェントワース・ミラーがテレビ男優賞(ドラマ部門)、ロバート・ネッパーがテレビ悪役賞にノミネートされた。 エピソード [編集 ] 「」も参照 通算 話数 シーズン 話数 タイトル 監督 脚本 放送日 製作 番号 アメリカ合衆国 視聴者数 百万人 23 1 "" "Manhunt" 2006年8月21日 2006-08-21 2AKJ01 9. 37 脱獄から8時間後、マイケル、リンカーン、スクレ、シーノート、アブルッチは オスウィーゴ ()に向い、彼らの追跡の指揮にはFBI特別捜査官のアレキサンダー・マホーンが就任する。 ティーバッグは切断された手首を縫合させる獣医師を発見し、サラはモルヒネ過剰摂取による昏睡状態から回復した後にFBIからの尋問を受ける。 ベロニカはテレンス・ステッドマンの隠れ家を見つけるが、現れた組織の工作員により射殺される。 24 2 "オーチス" "Otis" マット・オルムステッド () 2006年8月28日 2006-08-28 2AKJ02 9. 44 マイケルとリンカーンはスクレ、シーノート、アブルッチと別れ、LJを救いに行く。 マホーンは彼らの計画を阻止し、LJはアリゾナ州の拘置所に移送され、リンカーンは脚を撃たれる。 ベリックとポープ所長は脱獄事件の聞き取り調査をされる。 囚人との違法な取引が露呈したベリックには懲戒解雇処分が下され、その直後にポープも辞職を申し出る。 トゥイーナーは大学生と共に車でユタ州へ出発し、一方でティーバッグは手首が縫合を終えた後に口封じのために獣医を殺害して同じくユタへ向かう。 25 3 "スキャン" "Scan" 2006年9月4日 2006-09-04 2AKJ03 9. 29 マイケルとリンカーンはニカに助けを求め、その後車を爆発させて自らの死を偽装する。 現場を検証するマホーンは彼がかつて逮捕できなかったと言われているオスカー・シェールズの名をつぶやいてしまう。 マホーンは苦しみ、隠し持っていた錠剤を飲む。 家族が監視されている状況の中、スクレはマリクルースとの再会を目指し、シーノートも妻娘に連絡する。 サラは脱獄幇助の容疑で逮捕されるが、父の手により保釈され、麻薬中毒者のセラピーに参加する。 ベリックはギアリーと組んで賞金稼ぎとなり、マイケルとリンカーンの追跡を始める。 26 4 "罠の代償" "First Down" ボビー・ロス ニック・サントーラ () 2006年9月11日 2006-09-11 2AKJ04 8. 96 ベリックとギアリーはマイケル、リンカーン、ニカを捕まえる。 ベリックはウエストモアランドがユタに隠した金の存在を知っており、マイケルからその具体的な場所を聞き出そうとするが、最終的には逃げられる。 アブルッチはフィバナッチへの復讐へ向かうが、マホーンたちによって包囲される。 アブルッチが警察により射殺された後、マホーンはマイケルとリンカーンの死が偽装であったことを知る。 ケラーマンは偽名を使ってサラに近づき、ティーバッグは逃走を続ける。 27 5 "ダブルK農場" "Map 1213" ピーター・オファロン () カリン・アッシャー () 2006年9月18日 2006-09-18 2AKJ05 9. 55 マホーンはが500万ドルを隠し、ウエストモアランドの名でフォックスリバーに投獄されていたことに注目する。 マイケルとリンカーンはユタ州トゥエレに到着し、500万ドルが隠された牧場を捜す。 兄弟は牧場の場所が記された地図を持っているティーバッグと彼と手を組むトゥイーナーと遭遇する。 ティーバッグは兄弟に見られる前に地図を記憶して食べ、金と引換えに手を組むように要求する。 彼らが地図に示された場所に到着すると、そこは集合住宅地へと変わっていた。 ケラーマンはサラと親交を深め、スクレはで行われるマリクルースの結婚式に乗り込む。 28 6 "再会" "Subdivision" エリック・ラニューヴィル () モニカ・メイサー () 2006年9月25日 2006-09-25 2AKJ06 8. 41 マイケル、リンカーン、ティーバッグ、トゥイーナーはウエストモアランドの金を探し始め、直後に到着したスクレとシーノートも加わる。 彼らは電力会社に雇われた修理工を装い、埋蔵金が埋められた土地に建てられた家の所有者を説得して掘り始める。 マホーンもまたユタに到着し、給油のために一時街へ出たトゥイーナーを逮捕する。 ヘイワイヤーはウィスコンシン州に現れる。 タンクレディ知事はワシントンD. でケラーマンを目撃し、サラにもう彼と会わないように警告する。 だがその電話中にサラの目の前にケラーマンが現れる。 29 7 "埋蔵金" "Buried" 2006年10月2日 2006-10-02 2AKJ07 8. 99 リンカーンは釈放されるLJを探すためにマイケルのもとを離れてアリゾナへ向かう。 マイケル、シーノート、クレはウエストモアランドの金を見つけるが、スクレは彼らにそれを全てよこすように銃で脅す。 マホーンはシェールズを殺害したことをトゥイーナーに告白した後に射殺する。 サラはレイノルズ大統領によって副大統領候補から外された父が首を吊って死亡している姿を発見する。 ヘイワイヤーはいかだを作ってオランダへ行って風車に住む計画を立てる。 30 8 "デッド・フォール" "Dead Fall" ザック・エストリン 2006年10月23日 2006-10-23 2AKJ08 8. 53 スクレはバックパックを持って立ち去り、他の者たちも解散する。 だがこれはマイケルの作戦であり、直後にスクレとマイケルは合流する。 しかしその直前にバックパックはすり替えられており、金を手に入れたティーバッグは車を走らせる。 スクレはマリクルースの結婚が破綻になったことを知ると彼女に会うためにマイケルと別れる。 ベリックとギアリーはティーバッグが金を持っていると確信すると彼を捜し始める。 リンカーンはLJと再会し、サラと彼女を追う組織はマイケルを捜す。 マホーンはトゥイーナーの不審死を内部調査官から疑われる。 マホーンは組織によってフォックスリバー8を皆殺しにするよう脅されていたことが判明する。 31 9 "シークレット・ガーデン" "Unearthed" ケヴィン・フックス ニック・サントーラ 2006年10月30日 2006-10-30 2AKJ09 8. 94 サラはマイケルの暗号を解読し、彼に会いに行くが、ケラーマンとマホーンも同じく成功する。 ティーバッグはコインロッカーに金を隠し、元恋人のスーザンの家に行く。 しかし彼女の家は既に空家となっており、さらに現れたベリックとギアリーにより拘束される。 マイケルがマホーンがシェールズを殺したと推理し、彼に電話してそれを知ったと伝える。 シーノートは家族と合流し、リンカーンとLJは警察に逮捕される。 32 10 "めぐり逢い" "" カリン・アッシャー 2006年11月6日 2006-11-06 2AKJ10 8. 63 ベリックとギアリーはウエストモアランドの金を見つけるが、ギアリーはベリックを殴って気絶させ、全て持ち逃げする。 マイケルとサラは会うが、追ってきたマホーンがその場をかき乱す。 マホーンから逃げた後。 、サラはマイケルのもとを去るがそこへケラーマンが現れる。 リンカーンとLJはリンカーンの父のアルドにより警察から救出される。 アルドはリンカーンの潔白を明かせるだけの証拠が揃ったと述べる一方、彼の仲間のふりをしていた組織の工作員が彼らの殺害を命じられる。 21 マイケルは逃走用の飛行機を確保するために不法入国の仲介人たちの裏をかこうとして失敗するが、スクレの到着で助けられる。 リンカーンはアルドと共にマイケルが待つボリジョイ・ブーズへ出発し、LJはアルドの仲間と共に残る。 捕まっていたティーバッグは繋がれた手首を再び切断してスーザンの家から脱出する。 彼はギアリーを発見して殺害し、金を奪い返す。 ケラーマンはサラを拷問し、マホーンはボリジョイ・ブーズの位置を特定する。 62 サラはケラーマンから逃亡し、彼は組織に彼女を殺害したと嘘の報告をする。 彼の失敗を知った組織の工作員のキムは政府の全記録からケラーマンの情報を消去する。 マイケルはアルドとリンカーンと合流し、アルドから組織についての説明を受け、サラが打倒の鍵であると言う。 そこへマホーンが到着し、アルドが撃たれて死亡する。 マイケルとスクレは滑走路に到着するが、兄弟はアメリカに残り、スクレだけが出発する。 マイケルとリンカーンはマホーンに追われてカーチェイスとなる。 シーノートの妻は警察に逮捕され、ベリックはギアリー殺害容疑で逮捕される。 35 13 "反撃開始! " "" ボビー・ロス ニック・サントーラ 2006年11月27日 2006-11-27 2AKJ13 9. 62 マイケルとリンカーンはマホーンに拳銃を突きつけられるが、発泡直前に到着した国境警備隊により逮捕される。 マホーンはキムから兄弟の殺害を命じられ、彼らをフォックスリバーへ移送される護送車からわざと逃がして射殺する計画を実行に移す。 だがマホーンはケラーマンによって撃たれ、彼は組織を倒す協力をしたいと兄弟に話す。 ティーバッグは元恋人のスーザンを発見し、ベリックは囚人となってフォックスリバーに戻る。 スクレは逃走用の飛行機からのパラシュート降下を余儀なくされる。 86 ティーバッグはスーザンの子供たちには歓迎されたが、彼女が彼を殺そうとすると一家を人質にする。 マホーンは怪我から回復すると組織の仕事をもう辞めると工作員に伝える。 しかしその後マホーンの息子が交通事故で重傷を負ったことを知ると彼はフォックスリバー8の追跡の再開を余儀なくされる。 マイケル、リンカーン、ケラーマンはへ飛んでステッドマンのもとを訪れる。 世間に真相を語りたがらないステッドマンはリンカーンの銃を奪って自殺する。 ベリックはフォックスリバーの囚人たちとトラブルを起こし、シーノートは娘との逃亡を続ける。 90 マイケル、リンカーン、ケラーマンはカメラマンを誘拐してサラへのメッセージをテレビで放送させる。 メッセージの中でリンカーンは自分の無実を宣言し、組織による殺人、サラの無実、マホーンによるアブルッチ、トゥイーナー、シェールズ殺害を告発する。 マホーンは診療室送りとなったベリックのもとを訪れ、彼はマイケルのメッセージの中にの本の章題が引用されていることに気づく。 マホーンは本を調べ、マイケルがサラと会う計画を立てている事を知る。 一方ヘイワイヤーは2人のティーンエイジャーのビール購入を代行し、スクレはメキシコで車を盗む。 12 サラはシカゴ行きの電車を待つマイケルとリンカーンと再会する。 サラが彼らがケラーマンと一緒にいることを知ると、彼女は彼を殺そうとするが、マイケルによって止められる。 マイケルはサラに対する恋愛感情を認め、2人は恋愛関係となる。 マホーンはベリックに残りのフォックスリバー8の逮捕に協力するならば有罪判決を覆させると約束する。 申し出を受け入れたベリックはサイロの頂辺にヘイワイヤーを追い詰め、マホーンは彼を言葉巧みに操って飛び降り自殺に追い込む。 シーノートとその娘は食堂で強盗に出くわし、ティーバッグは引き続きスーザンとその家族を人質にし続ける。 55 娘の病気が悪化するとシーノートは自首を決意する。 彼はマホーンに連絡し、妻の釈放を条件に出頭すると言う。 ティーバッグは幼少期を過ごした家にスーザンたちを連れてくるが拒絶され、解放する。 スクレはマリクルースと再会する。 マイケルとサラは組織打倒のための情報を得るためにポープへ協力を求める。 ポープはステッドマンが死亡したとされる時期より後に録音された彼とレイノルズの会話の音声をファイルを入手する。 キムはホープを誘拐しようとするがマイケルたちに阻止され、彼はファイルを渡す。 40 18 "帳消し" "Wash" ボビー・ロス ニック・サントーラ 2007年2月26日 2007-02-26 2AKJ18 9. 42 リンカーン、マイケル、サラはリンカーンの無罪を晴らす協力ができるクーパー・グリーンに接触する。 音声ファイルはステッドマンの死亡された後に録音されたという証拠には使えず、グリーンは代わりにを引き出すことを提案する。 スクレとマリクルースは彼の叔母の農場に住む。 ベリックはマホーンにスクレ逮捕を命じられてメキシコへと飛び、同じ飛行機に精神科医になりすましたティーバッグも乗る。 ケラーマンは大統領暗殺の準備を始め、マホーンはシーノートを自殺に追い込む。 41 19 "女王蜂" "Sweet Caroline" ドワイト・H・リトル カリン・アッシャー 2007年3月5日 2007-03-05 2AKJ19 9. 72 自殺から助かったシーノートはウィーラー捜査官からマホーンに関する証言をするなら釈放すると持ちかけられる。 マイケルはレイノルズと会って音声ファイルを聞かせ、リンカーンとマイケルに恩赦を与える約束をさせる。 しかし組織は自分たちも同じ情報を持っていると言って脅し、代わりに彼女は大統領を辞任する。 メキシコでティーバッグは空港の荷物カルーセルで金を失う。 ベリックはスクレを捕まえてマホーンに引き渡そうとするが、スクレは代わりにティーバッグの金を奪う提案をする。 42 20 "パナマ" "" ヴィンセント・ミシアーノ ザック・エストリン 2007年3月19日 2007-03-19 2AKJ20 8. 40 ティーバッグは金を取り戻し、ベリックはマリクルースを監禁したのでスクレに彼の追跡を協力させる。 サラはマイケルとリンカーンをパナマに逃がすためにFBIに投降する。 シーノートはマホーンの裁判で不利な証言をすることと引換えに釈放され、家族と再会する。 マイケルはティーバッグを捕まえると決め、マホーンはパナマに到着する。 24 マイケル、スクレ、ベリックは協力してティーバッグを捕まえようとする。 リンカーンはマイケルを捕まえようとするマホーンを妨害するが、逆に捕まってしまう。 シカゴではサラの裁判が開かれ、ケラーマンが証人として現れる。 ティーバッグはパナマ警察に逮捕され、マイケルは金を持ってクリスティーナ・ローズ号に戻る。 マホーンはマイケルに電話をかけ、リンカーンの開放と引換えに船と金を渡すように要求する。 44 22 "Sona" "SONA" ケヴィン・フックス ポール・シェアリング 2007年4月2日 2007-04-02 2AKJ22 8. 12 ケラーマンの証言によりサラは釈放され、リンカーンも無罪となる。 サラはパナマへ行き、ケラーマンは護送中に組織の刺客により殺害されたかのように描写される。 スクレはマリクルースを見つけるためにベリックを捜す。 サラはマイケルとリンカーンと再会し、リンカーンの無罪を伝える。 そこへキムが現れて兄弟に銃を向けるが、サラによって射殺されマイケルは彼女を庇う。 マイケル、マホーン、ベリック、ティーバッグは全員警察に逮捕され、 SONA刑務所 ()へ投獄される。 ホームメディア [編集 ] Prison Break: The Complete Second Season セット詳細 特典• 全22話• 6枚組• アスペクト比 1. 78:1• 字幕: 英語、スペイン語、フランス語• 英語 ドルビーデジタル5. 1サラウンド オーディオコメンタリー• "Manhunt"• "Otis"• "Map 1213"• "Dead Fall"• "Unearthed"• "Rendezvous"• "John Doe"• "The Message"• "Sweet Caroline"• "Panama"• "Sona" 削除された場面• Reinvention of a Series featurette• Turning Dallas into America featurette• Prison Break Theme: Ferry Corsten Breakout Mix 発売日 2007年9月4日 2007年8月2日 2007年9月19日 参考文献 [編集 ] 全般• at 個別• Tucker, Hannah 2006年8月4日. 2008年12月22日閲覧。 2007年5月18日. 2008年12月22日閲覧。 USA Today 2006年5月16日. 2011年2月22日閲覧。 2006年8月18日. 2008年12月22日閲覧。 Dallas Film Commission 2006年5月15日. 2007年1月17日閲覧。 Moon, Troy 2008年3月22日. 2008年12月22日閲覧。 Sayres, Scott 2007年2月12日. Fox 4 News. の 2008年5月6日時点によるアーカイブ。 2009年1月16日閲覧。 Duffy, Mike 2006年8月21日. 2008年12月22日閲覧。 2008年12月22日閲覧。 Haque, Ahsan 2007年8月24日. IGN. 2008年12月22日閲覧。 2008年12月22日閲覧。 Blanchard, Craig 2006年8月29日. 2007年10月11日時点のよりアーカイブ。 2006年12月25日閲覧。 Owen, Rob 2006年8月21日. 2008年12月22日閲覧。 Zoromski, Brian 2006年8月18日. 2006年12月25日閲覧。 Dehnart, Andy 2006年12月6日. 2008年12月22日閲覧。 Levin, Gary 2006年8月29日. 2008年12月22日閲覧。 Los Angeles Times 2005年8月31日. 2011年2月22日閲覧。 Medianet 2006年5月23日. 2008年12月22日閲覧。 Medianet 2007年2月13日. 2008年12月22日閲覧。 Medianet 2007年4月10日. 2008年12月22日閲覧。 2007年5月25日. 2008年12月22日閲覧。 Page 4• World Screen 2007年2月2日. 2007年2月20日時点のよりアーカイブ。 2007年2月3日閲覧。 Dunn, Emily 2007年6月27日. 2007年7月11日閲覧。 Sweney, Mark 2007年6月5日. London:. 2008年12月22日閲覧。 Melbourne:. 2007年12月7日. 2008年12月22日閲覧。 2008年12月22日閲覧。 Thomas, Rachel. 2008年12月22日閲覧。 Medianet 2006年8月29日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月12日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月19日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年9月26日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月3日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月10日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年10月31日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月7日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月14日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月21日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年11月28日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2006年12月5日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年1月30日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年2月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月6日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月13日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年3月27日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年4月3日. 2010年1月26日閲覧。 Medianet 2007年4月10日. 2010年1月26日閲覧。 2008年12月22日閲覧。 2007年7月5日時点のよりアーカイブ。 2007年6月21日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (英語)• List of - (英語).

次の