更年期 漢方 ツムラ。 更年期障害によく効く漢方薬、症状別10選!!

更年期障害によく効く漢方薬、症状別10選!!

更年期 漢方 ツムラ

このページの目次 OPEN• 東洋医学の漢方療法とは? そもそも漢方薬、漢方とはどういった医学なのでしょうか? 漢方療法とはもともと中国4千年の歴史を持つという東洋医学をベースに 日本で独自に発展した医学です。 病気の原因に対してそれを治療するのが西洋医学ですが、(一般的な病院で現在行われている治療)、漢方医学(東洋医学 は病気の症状を見ながら体全体のバランスを整えることで症状を治めるという治療法になります。 更年期の場合で言えば、西洋医学のホルモン補充療法は減少したホルモンを補うことで症状を緩和させますが、 漢方では体の流れを良くし体のバランスを整えるという方法を取ります。 ここが西洋医学と漢方の大きな違いになります。 漢方の「証」、「虚」・「実」とは? またもうひとつ漢方の特徴的な考えた方の一つに、その人それぞれの体質を診るというものがあります。 西洋医学の場合は、風邪なら風邪薬、胃炎なら胃腸薬、と相手が男性であっても女性であっても処方される薬は基本的には同じです。 ですが、漢方の場合はその患者の体質によって処方される薬が変わります。 漢方ではその患者の体力によっても治療法がかわります。 この分け方を 「証」と言い、 体力がある人を「実証」、 体力がない人を「虚証」と言います。 虚証(きょしょう)にあたる人 ・弱弱しく体力がない ・痩せていて華奢 ・顔色が悪い ・胃腸が弱く下痢をしやすい ・寒がり 漢方薬は一般的な薬局でも購入できるようになっていますが、実はこのように個によって合う合わないがあるお薬で、虚証の人が実証の薬を飲んでしまうとお腹を壊したりすることもあり、ある意味では難しく奥の深い医学なのです。 漢方の「気」・「血」・「水」とは? 漢方の分類でもう一つ、「気」・「血」・「水」というのもあります。 この3つは人間が生きるために必要な3つの要素で、気はエネルギー、血は血液、水は体液のことをいいます。 漢方の世界ではこの「気」「血」「水」のどれかが不足したり流れが滞ったりすると病気になったり体調が崩れると考えてます。 ですのでこの3つのどこに今の不調の原因があるかを探ることが重要になっています。 水の異常 【水毒】水(体液)の巡回が悪くなり偏っている状態 冷え、むくみ、耳鳴り、めまい、排泄異常など というようにそれぞれどこが悪いかによって症状が変わってきます。 これをみると更年期の症状にあてはまる症状もたくさんあり、気・血・水のバランスを整えることが更年期の症状の還元にも繋がりことがわかります。 「更年期には漢方」というのを勧めている方が多いのも納得で、実際に更年期の市販薬として有名ななども漢方薬がベースになっています。 更年期の漢方薬 では実際に更年期の漢方薬としてはどのようなものがあるのでしょうか? 上記で紹介したように漢方薬の場合は本来なら証に照らし合わせ処方していくものですが、これにはかなりの専門知識も必要になります。 ですので更年期障害の場合は、一般的な更年期の症状に向けて効果的だと言われている 婦人科三大処方(三大婦人薬)と言われるものが重宝されています。 この3つの漢方薬で更年期の症状をほとんどカバーできるからです。 以下の3つがそれにあたります。 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン) 体力のない虚証向けの婦人薬です。 血の巡りが悪くよどむ? 血の状態の改善をする漢方薬になります。 当帰(トウキ)と芍薬(シャクヤク)が中心で、さらに川キュウ(センキュウ)、白朮(ビャクジュツ)または蒼朮(ソウジュツ)、沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウ)が配合されています。 冷え性、貧血、むくみ、めまい、肩こり、耳鳴り、立ちくらみ、動悸、疲労倦怠などの症状に効きます。 更年期対策の中では一番に使われる漢方薬といっていいでしょう。 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 当帰芍薬散と同様に? 血を改善する婦人薬ですが、こちらは体力のある実証向けになります。 桂皮(ケイヒ)、茯苓(ブクリョウ)、芍薬(シャクヤク)、牡丹皮(ボタンピ)、桃仁(トウニン)が配合されています。 のぼせ、ほてり、ホットフラッシュ、肩こり、イライラ、頭痛などに効きます。 加味逍遙散(カミショウヨウサン) 比較的体力のいない人向けです。 当帰芍薬散の虚証よりは少し体力があるくらいまでは大丈夫です。 こちらもやはり? 血を改善する婦人薬になります。 柴胡(サイコ)、芍薬(シャクヤク)、当帰(トウキ)、 白朮(ビャクジュツ)、 茯苓(ブクリョウ)、 牡丹皮(ボタンピ)、山梔子(サンシシ)、 甘草(カンゾウ)、 薄荷(ハッカ)、 生姜(ショウキョウ)が配合されています。 ほてり、肩こり、疲れやすさ、精神的なイライラ、冷え性、不眠などに効果的です。 その他の更年期に効果的な漢方薬 三大処方婦人薬以外でも更年期の症状に処方される漢方薬はいくつかあります。 スポット的にプラスして使われることが多いようです。 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ) 体力がある程度ある方向け。 柴胡(サイコ)、半夏(ハンゲ)、 茯苓(ブクリョウ)、桂皮(ケイヒ)、黄? (オウゴン)、大棗(タイソウ)、人参(ニンジン)、竜骨(リュウコツ)、牡蛎(ボレイ)、大黄(ダイオウ)、生姜(ショウキョウ)が配合されています。 動悸によく効くと言われています。 また 精神的なイライラ、不安、不眠などにも用いられます。 五苓散(ゴレイサン) 水(体液)の巡りが悪くなっている水毒の状態のときに処方されます。 体力にかかわらず飲むことができます。 桂皮(ケイヒ)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、猪苓(チョレイ)、白朮(ビャクジュツ)が配合されています。 体内の余分な水分を排出する働きをするので、 むくみに効きます。 また 頭痛、めまい、吐き気などにも用いられます。 (二日酔いの薬としても有名です) 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ) 体力のな虚証向けで、気が不足した状態(気うつ)の改善に使われます。 半夏(ハンゲ)、厚朴(コウボク)、茯苓(ブクリョウ)、蘇葉(ソヨウ)、生姜(ショウキョウ)が配合されています。 めまいやふらつきに特に効果的です。 また 鬱鬱とした気分、のどのつかえなどにも処方されます。 クラシエの当帰芍薬散は96錠(8日分)で1933円(税込)。 1日当たり241円。 1か月で換算すると7,000円くらいになります。 これは一般的な薬局で市販薬として購入した場合の価格ですが、最近では病院でも漢方薬を処方してくれるところも多くなっています。 病院で処方されれば自由診療ではなく保険対応になりますので、かなり価格は抑えることができるでしょう。 ただ、上記の体質や症状のところでも説明したように、漢方薬の世界はなかなか奥が深く、体質(虚証・実証)と症状(気・血・水)によって「証」を探りそれによって、体に一番適している漢方を処方するのが本来の姿です。 一般的な西洋医学の現代的な病院では西洋医学の知識はあっても東洋医学の考えも熟知した先生はまだそれほど多くありません。 病院で専門的な漢方を処方してもらおうと思ったら、漢方に詳しいと明記されているようなところを探してみてからでもいいと思います。 漢方はあまり専門ではない婦人科に行ってしまうと、ホルモン補充療法の方を勧められてしまうこともあると思うので、あらかじめ調べておいた方がいいでしょう。 (当帰芍薬散や加味逍遙散などの漢方薬は一般的な内科などでも処方してもらえます。 ) 漢方薬の副作用について 漢方薬は他のお薬に比べれば副作用はあまりないと言われています。 ですが、やはり体質によっては完全に安心というわけではありません。 特に気を付けなくてはならないのは、体力のない虚証の方が体力のある実証の方のお薬を飲んでしまった場合などです。 この場合は胃腸などに副作用が出る場合があります。 (自分では実証だと思っていても実は虚証だったりということもあり・・ここが判断の難しところです・・) これ以外では、発疹、発赤、かゆみなどが出るケースもあるようです。 風邪薬等との飲み合せはどうなんだろう?という心配は基本的にはないそうです。 ですが 葛根湯などの漢方薬系の風邪薬などの場合は一緒に飲むことはできません。 基本的には更年期対策でこれらの漢方薬を飲み続ける場合で他の薬を飲むときは 薬剤師や医師に相談した方がいいでしょう。 市販の薬でも常駐の薬剤師さんのいる薬局でしたら、飲み合せについては詳しく解説してくれます。 男性の更年期の漢方薬 当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散などの漢方薬は婦人三大処方。 では男性の更年期の場合はどんな漢方薬がいいのでしょうか? 男性の更年期の場合は次のような漢方薬が処方されることが多いようです。 八味地黄丸(ハチミジオウガン)・・・冷え、疲労、ED、泌尿器の異常 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)・・・イライラ、不安感、ストレス 加味帰脾湯(カミキヒトウ)・・・ウツ、クヨクヨ、気が滅入る 酸棗仁湯(サンソウニントウ)・・・疲労、不眠 男性の更年期の場合は女性よりも複雑な場合も多く、なかなかぴったりの漢方は見つけにくいかもしれません。 女性よりも対象者があまりいないため情報も少ない傾向です。 男性の場合は漢方に詳しい医院でカウンセリングを受けて処方してもらう方がいいと思います。 または自律神経に作用するを試してみるのもいいと思います。 漢方に詳しい専門医のカウンセリングを 以上、更年期、更年期障害に効果のあると言われる漢方薬について紹介しててきました。 漢方薬は購入しやすくなりましたが、本当に自分にはどれが合っているの?を見つけようと思うと、このように奥が深いのです。 症状を見て当帰芍薬散がいいのか・・加味逍遙散がいいのか・・どっちも合いそうだし・・・などとちょっと悩んでしまいますよね。 近くに漢方に詳しい先生がいらっしゃるならそちらで しっかりカウンセリングをしていただいた方がいいと思います。 私の場合は近くにそういう専門医がいなかったためそれはかないませんでした。 ですのでどれがいいかわからない漢方薬ではなく 更年期のサプリの方を選ぶようになりました。 更年期サプリの場合はその症状に対してのものですので悩む必要がなかったからです。 更年期とは長いお付き合いになります。 是非「これで乗り切る!」という自分の一番のサポート役を見つけてみてください。 自律神経の乱れを整えることで、困った更年期の症状から抜け出し、朝から活動的に動けるようにサポート。 最高級の高麗人参を使用しながらも、1日98円の継続しやすい価格に調整。 はじめての更年期サプリとしてもぴったり。 迷ったらこれ。 ホットフラッシュなどの突然の汗やほてりなどが気になる人• めまいや立ちくらみなどが多くなった• 更年期サプリがはじめてでどれがいいかわからない• 続けられる価格でしっかりしたサプリが欲しい人• 疲れやすく、やる気が起きない、元気を取り戻したい• イライラ、気持ちの落ち込みが激しい• いつでも解約可能の信頼できる会社です (勧誘電話もありません!)。 定期購入ではなく 単品で購入した場合も3,024円という購入しやすい価格設定です。 失った女性ホルモンを補い、優しく更年期の体を支える ホルモンマネージメントを得意とする婦人科医師と開発。 他のサプリで効果が出なかった人も、もう一度試して欲しい本格的サプリメント。 「エクオール」そのものをサプリメントにしているので有効成分の吸収が全然違います。 倦怠感が強く体全体が思うように動かなくなったと感じる人にはこのサプリがおすすめ。 (単品購入は6,480円) 主な有効成分 エクオール(大豆イソフラボン)、ラクトビオン酸 【こんな方におすすめ】• 体全体が重く、思うように動けない• 何をするのもだるく疲れやすい• ホットフラッシュやめまいなど身体的な変化が気になる• 他の更年期サプリではあまり実感できなかった• お腹がいつも張り気味ですっきりしない• 1回きりで解約も可。 初回購入から10%OFFに。 希少価値の田七人参が本格的サポート力を発揮 高麗人参の7倍ものサポニンを含む「田七人参」の漢方の力で体質をすっきり整える、本格的な更年期対策サプリメント。 体の変化に加え、イライラや焦燥感などの気持ちの揺らぎなどにもおすすめ。 生活習慣や食生活がなかなか改善できない方にも力強いサポート力を発揮します。 【こんな方におすす】• イライラや焦燥感がある• ホットフラッシュ、のぼせなどが気になる• 健康診断の結果で気になる点が多い• 不眠気味でなかなか眠れない• 体の冷えやむくみが気になる人• 1回きりで解約も可なので一般購入よりも初回が70%OFFになる定期購入コースで申し込むのがおすすめ。 更年期の悩みと一緒に失われた「美」もあきらめないサプリ。 エクオールをしっかり摂れる更年期サプリ。 それだけではなく、 更年期の女性の失われつつある美しさにもアプローチ。 体のハリや崩れた体形も取り戻したい人に向けた「スタイリングサプリ」としても人気。 (単品購入は9,200円) 主な有効成分 エクオール(大豆イソフラボン)、 プエラリア、セラミド、プラセンタ、マカ、グルコマンナンなど。 【こんな方におすすめ】• ハリのなくなった体をなんとかしたい• 胸が小さくなってきた気がする• 気持ちだけではなく体もケアしたい• エクオールの更年期サプリをしっかり摂取したい• いつでも解約可能り。 初回から50%OFF。 漢方・乳酸菌・エクオールのトリプル成分 エクオールを体内で作り出すことができるように考えられた更年期サプリ。 小さな粒で飲みやすい設計。 体内を掃除する食物繊維、乳酸菌1兆個など、和漢の力・乳酸菌・大豆イソフラボンの3つの成分で更年期をサポート。 初回限定価格は1,260円。 エクオールのサプリをまずはどれかを試してみたいという方にもおすすめです。 体全体がすっきりしない• エクオールのサプリを試してみたい• ホットフラッシュ、イライラが気になる• 大きな粒の錠剤が苦手• いつでも解約可。 大豆のプロが作ったキッコーマンの更年期サプリメント。 独自で研究した 「イソフラボンアグリコン」を使用することで、体にしっかり有効成分を吸収させます。 大豆イソフラボンだけではなく、ポリフェノールや葉酸などが配合され、まさに更年期世代の女性の「基本のサプリ」と言えるバランスのいい商品。 特定の悩みが出ていなくても40代を過ぎたら美容と健康のために飲んでおく」というのにもおすすめのサプリです。 体を総合的にケアしたい• 肌の老化も気になる• 骨や歯の健康も気になる• 活動的になれなずいろいろ億劫に• のぼせや汗をかきやすくなった• 初回は半額2730円で購入可。 1回で解約できます。 2回目以降はの10%OFF。 通常価格もそれほど変わらず5,460円なので継続購入が嫌な方は単品で購入するというのもアリ。 腸内環境も整える成分もたっぷり入ったエクオールサプリ エクオールとともに、 1日分の2粒でカップヨーグルト10分の乳酸菌も摂取できます。 腸まで届くEC-12乳酸菌で摂取したエクオールをしっかり吸収まで導きます。 お腹の調子が乱れがちな方にもおすすめ。 またリンゴセラミド配合で美肌力もUP。 名前の通りきれいになれる更年期サプリです。 【こんな方におすす】• 大量の汗や多汗のぼせなどが気になる• 更年期になってお腹が張り気味• 肌の疲れも同時にケアしたい• 1回きりで解約も可。 プラセンタベースの更年期サプリ! プラセンタとコラーゲンで更年期をサポート。 体の巡りを良くして様々な症状に対応。 美容サプリとしても価値を発揮、肌がつやつやプルプルに。 肌の疲れを感じているならこれがおすすめ。 他の更年期サプリと組み合わせてもOK。 本体のFUWARIにセットでコラーゲンのhugu-collaが毎回ついてきます。 肌の疲れが著しい• 美容面でも更年期に負けたくない• 体がだるいなと感じることが多くなった• 1回きりで解約も可。 デセン酸の濃度は6%という最高値に近い高品質のローヤルゼリーの有効成分を損なうことなくしっかり摂ることができます。 その量は1日当たり2700mg。 また高麗人参、大豆イソフラボン、抗菌作用のある樹皮エキスをさらに配合し、更年期の体をしっかりサポート。 男性の更年期にもおすすめ。 高品質のローヤルゼリーを試したい• 気持ちがどんよりと落ち込むことが多い• 高血圧が気になる• 不眠気味• 体全体の調子を整えていきたい• 1回きりでも解約可能。 あの山田養蜂場のローヤルゼリーサプリ 養蜂業を営んで半世紀以上という老舗ブランドの山田養蜂場のローヤルゼリー。 品質と鮮度にこだわった養蜂家のローヤルゼリーを1粒中に800mg 生換算 含有。 1日当たり2400mgローヤルゼリーを摂取できます。 独自の酵素分解技術によって、吸収しやすい形に。 お試しパックがあるのが嬉しい。

次の

男性更年期障害の辛い症状を漢方で改善 : 漢方薬のことなら【QLife漢方】

更年期 漢方 ツムラ

更年期障害に効果のある漢方薬 スポンサードリンク は、 虚弱体質で冷え症の人で唇が渇いたり、手足のほてりなどの症状がある場合の月経不順、 月経過多、月経困難、おりもの、更年期障害、神経症、不眠症、足腰の冷え、湿疹、し もやけ、などに用いられます。 は、 更年期障害、月経不順、月経困難、神経症、などで、皮膚が乾燥して色つやが悪く、か ゆみが強い、のぼせ、などの症状がある場合に用いられます。 は、 主に女性と子供の神経症、不眠症、夜泣き、ひきつけ、など、に用いられます。 は、 女性の産後の神経症や体力低下、月経不順、などに用いられます。 は、 比較的体力のある人で、めまい、のぼせ、頭痛、下腹部痛、肩こり、などの症状がある 場合の子宮内膜炎、月経不順、月経困難、おりもの、冷え症、更年期障害、肩こり、 めまい、便秘、打撲傷、じんましん、しみ、皮膚炎、皮下出血、痔出血、などに用 いられます。 は、 比較的体力がある人の月経不順、月経困難、更年期障害、手足の肌荒れ、にきび、 しみなどで、冷え、のぼせ、などの症状がある場合に用いられます。 は、 体力が比較的あり、ときにめまい、のぼせ、下腹部痛、肩こり、足の冷え、などを伴 う場合に用いられます。 は、 胃腸が弱く神経質で気分がすぐれない人の風邪の初期症状に用いられます。 は、 あまり体力のない人で、慢性に経過して症状の激しくない胃腸炎、腰痛、関節痛、 神経痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、風邪、などに用いられます。 は、 比較的体力のある人の動悸、不眠、動脈硬化、不安、高血圧症、神経症、勃起障害、 更年期障害、てんかん、子供の夜泣き、などに用いられます。 は、 比較的体力がある人の肩こり、のぼせ、めまい、不眠症、精神不安、高血圧症、動脈 硬化、脳卒中、鼻出血、痔出血、便秘、血の道症、更年期障害、月経不順、月経困難、 などに用いられます。 は、 体力中等度以上の人で、頭痛、手足のほてりなどがあり、特に手足のほてりが激しく安眠 できない場合、などに用いられます。 は、 体力がやや衰えている人で皮膚の色つやが悪くカサカサし、手足の冷えなどの症状が みられる場合の胃腸障害のない人の産後や流産後の疲労回復、月経不順、月経痛、冷 え症、貧血、更年期障害、しみ、しもやけ、血の道症、などに用いられます。 は、 体格・体力の充実した人で、頭痛、のぼせ、便秘、などの症状がみられる場合の月経異常、 月経痛、月経時の精神不安、産後の精神不安、腰痛、常習便秘、痔、高血圧の随伴症 状などに用いられます。 は、 比較的体力の低下した人で、冷え症、疲れやすい、貧血、頭痛、めまい、肩こり、動 悸、耳鳴りなどの症状がみられる場合の月経不順、月経困難、不妊症、慢性腎炎、血圧 異常、更年期障害、産前産後または流産後の障害、腰痛、つわり、痔、足腰の冷え、む くみ、しみ、にきび、などに用いられます。 は、 胃腸が弱く、体力がなく貧血、冷え症、下腹部痛、めまい、肩こりなどの場合に用いられます。 は、 体力中等度以上の人で、のぼせ、めまい、頭痛、動悸、不眠、不安、などの神経症状な どの症状がみられる場合の月経不順、月経困難、更年期障害、自律神経失調症、などに用 いられます。 は、 虚弱体質、経不順、更年期障害、血の道症、冷え症、などに用いられます。 は、 虚弱体質の女性の月経不順、月経困難、便秘、冷え症、更年期障害、虚弱体質の改善 などで、めまい、肩こり、疲れやすい、頭痛、のぼせ、不眠、精神不安、イライラ、 などの神経症状がある場合に用いられます。 は、 皮膚が乾燥し、血色の悪い女性でときに便秘の傾向がある人に用いられます。 は、 体力がなく冷え症、食欲不振、尿量減少、動悸、息切れ、神経過敏の傾向がある場合の 更年期障害、血の道症、風邪、月経不順、月経困難、神経症、不眠症、などに用いら れます。 は、 虚弱体質、経不順、更年期障害、血の道症、冷え症、などに用いられます。 は、 頭痛、風邪、月経不順や月経困難、更年期障害、などに用いられます。 は、 比較的体力がある人で、便秘、肩こり、めまい、などの症状がみられる場合の月経不順、 月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打撲、高血圧症、などに用いられます。 は、 比較的体力の低下した人で冷えが強く、疲れやすい、貧血、頭痛、めまい、肩こり、動悸、 耳鳴りなどの症状がみられる場合の冷え症、月経痛、腹痛、神経痛、慢性腎炎、更年期 障害、妊娠中のむくみや習慣性流産の予防、痔などに用いられます。 更年期障害に効果のあるツムラ漢方薬 は、 からだを温め、上半身の緊張を取り、喉の渇きを潤して、精神を安定させます。 は、 からだを温め血の巡りを良くし、余分な水分を排出しむくみを取ります。 は、 上半身の緊張を和らげ、からだを温め、血の巡りを良くし、余分な水分を排出しむくみ を取ります。 は、 からだを温め、血の巡りを良くし、余分な水分を排出し,むくみを取り、痛みを取ります。 は、 熱をさまし、充血を取り、血液の流れを良くしてからだの調子を整えます。 は、 からだを温め、筋肉の緊張を緩め痛みを取り、余分な水分を排出させてむくみを取ります。 は、 乾燥を潤しながらからだを温め血の巡りを良くし、胃の調子を整えます。 は、 血の巡りを良くし、余分な水分を排出してむくみを取り、胃の調子を整えて便通を良くします。

次の

更年期の眠気でもらった漢方薬

更年期 漢方 ツムラ

このページの目次 OPEN• 東洋医学の漢方療法とは? そもそも漢方薬、漢方とはどういった医学なのでしょうか? 漢方療法とはもともと中国4千年の歴史を持つという東洋医学をベースに 日本で独自に発展した医学です。 病気の原因に対してそれを治療するのが西洋医学ですが、(一般的な病院で現在行われている治療)、漢方医学(東洋医学 は病気の症状を見ながら体全体のバランスを整えることで症状を治めるという治療法になります。 更年期の場合で言えば、西洋医学のホルモン補充療法は減少したホルモンを補うことで症状を緩和させますが、 漢方では体の流れを良くし体のバランスを整えるという方法を取ります。 ここが西洋医学と漢方の大きな違いになります。 漢方の「証」、「虚」・「実」とは? またもうひとつ漢方の特徴的な考えた方の一つに、その人それぞれの体質を診るというものがあります。 西洋医学の場合は、風邪なら風邪薬、胃炎なら胃腸薬、と相手が男性であっても女性であっても処方される薬は基本的には同じです。 ですが、漢方の場合はその患者の体質によって処方される薬が変わります。 漢方ではその患者の体力によっても治療法がかわります。 この分け方を 「証」と言い、 体力がある人を「実証」、 体力がない人を「虚証」と言います。 虚証(きょしょう)にあたる人 ・弱弱しく体力がない ・痩せていて華奢 ・顔色が悪い ・胃腸が弱く下痢をしやすい ・寒がり 漢方薬は一般的な薬局でも購入できるようになっていますが、実はこのように個によって合う合わないがあるお薬で、虚証の人が実証の薬を飲んでしまうとお腹を壊したりすることもあり、ある意味では難しく奥の深い医学なのです。 漢方の「気」・「血」・「水」とは? 漢方の分類でもう一つ、「気」・「血」・「水」というのもあります。 この3つは人間が生きるために必要な3つの要素で、気はエネルギー、血は血液、水は体液のことをいいます。 漢方の世界ではこの「気」「血」「水」のどれかが不足したり流れが滞ったりすると病気になったり体調が崩れると考えてます。 ですのでこの3つのどこに今の不調の原因があるかを探ることが重要になっています。 水の異常 【水毒】水(体液)の巡回が悪くなり偏っている状態 冷え、むくみ、耳鳴り、めまい、排泄異常など というようにそれぞれどこが悪いかによって症状が変わってきます。 これをみると更年期の症状にあてはまる症状もたくさんあり、気・血・水のバランスを整えることが更年期の症状の還元にも繋がりことがわかります。 「更年期には漢方」というのを勧めている方が多いのも納得で、実際に更年期の市販薬として有名ななども漢方薬がベースになっています。 更年期の漢方薬 では実際に更年期の漢方薬としてはどのようなものがあるのでしょうか? 上記で紹介したように漢方薬の場合は本来なら証に照らし合わせ処方していくものですが、これにはかなりの専門知識も必要になります。 ですので更年期障害の場合は、一般的な更年期の症状に向けて効果的だと言われている 婦人科三大処方(三大婦人薬)と言われるものが重宝されています。 この3つの漢方薬で更年期の症状をほとんどカバーできるからです。 以下の3つがそれにあたります。 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン) 体力のない虚証向けの婦人薬です。 血の巡りが悪くよどむ? 血の状態の改善をする漢方薬になります。 当帰(トウキ)と芍薬(シャクヤク)が中心で、さらに川キュウ(センキュウ)、白朮(ビャクジュツ)または蒼朮(ソウジュツ)、沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウ)が配合されています。 冷え性、貧血、むくみ、めまい、肩こり、耳鳴り、立ちくらみ、動悸、疲労倦怠などの症状に効きます。 更年期対策の中では一番に使われる漢方薬といっていいでしょう。 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 当帰芍薬散と同様に? 血を改善する婦人薬ですが、こちらは体力のある実証向けになります。 桂皮(ケイヒ)、茯苓(ブクリョウ)、芍薬(シャクヤク)、牡丹皮(ボタンピ)、桃仁(トウニン)が配合されています。 のぼせ、ほてり、ホットフラッシュ、肩こり、イライラ、頭痛などに効きます。 加味逍遙散(カミショウヨウサン) 比較的体力のいない人向けです。 当帰芍薬散の虚証よりは少し体力があるくらいまでは大丈夫です。 こちらもやはり? 血を改善する婦人薬になります。 柴胡(サイコ)、芍薬(シャクヤク)、当帰(トウキ)、 白朮(ビャクジュツ)、 茯苓(ブクリョウ)、 牡丹皮(ボタンピ)、山梔子(サンシシ)、 甘草(カンゾウ)、 薄荷(ハッカ)、 生姜(ショウキョウ)が配合されています。 ほてり、肩こり、疲れやすさ、精神的なイライラ、冷え性、不眠などに効果的です。 その他の更年期に効果的な漢方薬 三大処方婦人薬以外でも更年期の症状に処方される漢方薬はいくつかあります。 スポット的にプラスして使われることが多いようです。 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ) 体力がある程度ある方向け。 柴胡(サイコ)、半夏(ハンゲ)、 茯苓(ブクリョウ)、桂皮(ケイヒ)、黄? (オウゴン)、大棗(タイソウ)、人参(ニンジン)、竜骨(リュウコツ)、牡蛎(ボレイ)、大黄(ダイオウ)、生姜(ショウキョウ)が配合されています。 動悸によく効くと言われています。 また 精神的なイライラ、不安、不眠などにも用いられます。 五苓散(ゴレイサン) 水(体液)の巡りが悪くなっている水毒の状態のときに処方されます。 体力にかかわらず飲むことができます。 桂皮(ケイヒ)、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、猪苓(チョレイ)、白朮(ビャクジュツ)が配合されています。 体内の余分な水分を排出する働きをするので、 むくみに効きます。 また 頭痛、めまい、吐き気などにも用いられます。 (二日酔いの薬としても有名です) 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ) 体力のな虚証向けで、気が不足した状態(気うつ)の改善に使われます。 半夏(ハンゲ)、厚朴(コウボク)、茯苓(ブクリョウ)、蘇葉(ソヨウ)、生姜(ショウキョウ)が配合されています。 めまいやふらつきに特に効果的です。 また 鬱鬱とした気分、のどのつかえなどにも処方されます。 クラシエの当帰芍薬散は96錠(8日分)で1933円(税込)。 1日当たり241円。 1か月で換算すると7,000円くらいになります。 これは一般的な薬局で市販薬として購入した場合の価格ですが、最近では病院でも漢方薬を処方してくれるところも多くなっています。 病院で処方されれば自由診療ではなく保険対応になりますので、かなり価格は抑えることができるでしょう。 ただ、上記の体質や症状のところでも説明したように、漢方薬の世界はなかなか奥が深く、体質(虚証・実証)と症状(気・血・水)によって「証」を探りそれによって、体に一番適している漢方を処方するのが本来の姿です。 一般的な西洋医学の現代的な病院では西洋医学の知識はあっても東洋医学の考えも熟知した先生はまだそれほど多くありません。 病院で専門的な漢方を処方してもらおうと思ったら、漢方に詳しいと明記されているようなところを探してみてからでもいいと思います。 漢方はあまり専門ではない婦人科に行ってしまうと、ホルモン補充療法の方を勧められてしまうこともあると思うので、あらかじめ調べておいた方がいいでしょう。 (当帰芍薬散や加味逍遙散などの漢方薬は一般的な内科などでも処方してもらえます。 ) 漢方薬の副作用について 漢方薬は他のお薬に比べれば副作用はあまりないと言われています。 ですが、やはり体質によっては完全に安心というわけではありません。 特に気を付けなくてはならないのは、体力のない虚証の方が体力のある実証の方のお薬を飲んでしまった場合などです。 この場合は胃腸などに副作用が出る場合があります。 (自分では実証だと思っていても実は虚証だったりということもあり・・ここが判断の難しところです・・) これ以外では、発疹、発赤、かゆみなどが出るケースもあるようです。 風邪薬等との飲み合せはどうなんだろう?という心配は基本的にはないそうです。 ですが 葛根湯などの漢方薬系の風邪薬などの場合は一緒に飲むことはできません。 基本的には更年期対策でこれらの漢方薬を飲み続ける場合で他の薬を飲むときは 薬剤師や医師に相談した方がいいでしょう。 市販の薬でも常駐の薬剤師さんのいる薬局でしたら、飲み合せについては詳しく解説してくれます。 男性の更年期の漢方薬 当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散などの漢方薬は婦人三大処方。 では男性の更年期の場合はどんな漢方薬がいいのでしょうか? 男性の更年期の場合は次のような漢方薬が処方されることが多いようです。 八味地黄丸(ハチミジオウガン)・・・冷え、疲労、ED、泌尿器の異常 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)・・・イライラ、不安感、ストレス 加味帰脾湯(カミキヒトウ)・・・ウツ、クヨクヨ、気が滅入る 酸棗仁湯(サンソウニントウ)・・・疲労、不眠 男性の更年期の場合は女性よりも複雑な場合も多く、なかなかぴったりの漢方は見つけにくいかもしれません。 女性よりも対象者があまりいないため情報も少ない傾向です。 男性の場合は漢方に詳しい医院でカウンセリングを受けて処方してもらう方がいいと思います。 または自律神経に作用するを試してみるのもいいと思います。 漢方に詳しい専門医のカウンセリングを 以上、更年期、更年期障害に効果のあると言われる漢方薬について紹介しててきました。 漢方薬は購入しやすくなりましたが、本当に自分にはどれが合っているの?を見つけようと思うと、このように奥が深いのです。 症状を見て当帰芍薬散がいいのか・・加味逍遙散がいいのか・・どっちも合いそうだし・・・などとちょっと悩んでしまいますよね。 近くに漢方に詳しい先生がいらっしゃるならそちらで しっかりカウンセリングをしていただいた方がいいと思います。 私の場合は近くにそういう専門医がいなかったためそれはかないませんでした。 ですのでどれがいいかわからない漢方薬ではなく 更年期のサプリの方を選ぶようになりました。 更年期サプリの場合はその症状に対してのものですので悩む必要がなかったからです。 更年期とは長いお付き合いになります。 是非「これで乗り切る!」という自分の一番のサポート役を見つけてみてください。 自律神経の乱れを整えることで、困った更年期の症状から抜け出し、朝から活動的に動けるようにサポート。 最高級の高麗人参を使用しながらも、1日98円の継続しやすい価格に調整。 はじめての更年期サプリとしてもぴったり。 迷ったらこれ。 ホットフラッシュなどの突然の汗やほてりなどが気になる人• めまいや立ちくらみなどが多くなった• 更年期サプリがはじめてでどれがいいかわからない• 続けられる価格でしっかりしたサプリが欲しい人• 疲れやすく、やる気が起きない、元気を取り戻したい• イライラ、気持ちの落ち込みが激しい• いつでも解約可能の信頼できる会社です (勧誘電話もありません!)。 定期購入ではなく 単品で購入した場合も3,024円という購入しやすい価格設定です。 失った女性ホルモンを補い、優しく更年期の体を支える ホルモンマネージメントを得意とする婦人科医師と開発。 他のサプリで効果が出なかった人も、もう一度試して欲しい本格的サプリメント。 「エクオール」そのものをサプリメントにしているので有効成分の吸収が全然違います。 倦怠感が強く体全体が思うように動かなくなったと感じる人にはこのサプリがおすすめ。 (単品購入は6,480円) 主な有効成分 エクオール(大豆イソフラボン)、ラクトビオン酸 【こんな方におすすめ】• 体全体が重く、思うように動けない• 何をするのもだるく疲れやすい• ホットフラッシュやめまいなど身体的な変化が気になる• 他の更年期サプリではあまり実感できなかった• お腹がいつも張り気味ですっきりしない• 1回きりで解約も可。 初回購入から10%OFFに。 希少価値の田七人参が本格的サポート力を発揮 高麗人参の7倍ものサポニンを含む「田七人参」の漢方の力で体質をすっきり整える、本格的な更年期対策サプリメント。 体の変化に加え、イライラや焦燥感などの気持ちの揺らぎなどにもおすすめ。 生活習慣や食生活がなかなか改善できない方にも力強いサポート力を発揮します。 【こんな方におすす】• イライラや焦燥感がある• ホットフラッシュ、のぼせなどが気になる• 健康診断の結果で気になる点が多い• 不眠気味でなかなか眠れない• 体の冷えやむくみが気になる人• 1回きりで解約も可なので一般購入よりも初回が70%OFFになる定期購入コースで申し込むのがおすすめ。 更年期の悩みと一緒に失われた「美」もあきらめないサプリ。 エクオールをしっかり摂れる更年期サプリ。 それだけではなく、 更年期の女性の失われつつある美しさにもアプローチ。 体のハリや崩れた体形も取り戻したい人に向けた「スタイリングサプリ」としても人気。 (単品購入は9,200円) 主な有効成分 エクオール(大豆イソフラボン)、 プエラリア、セラミド、プラセンタ、マカ、グルコマンナンなど。 【こんな方におすすめ】• ハリのなくなった体をなんとかしたい• 胸が小さくなってきた気がする• 気持ちだけではなく体もケアしたい• エクオールの更年期サプリをしっかり摂取したい• いつでも解約可能り。 初回から50%OFF。 漢方・乳酸菌・エクオールのトリプル成分 エクオールを体内で作り出すことができるように考えられた更年期サプリ。 小さな粒で飲みやすい設計。 体内を掃除する食物繊維、乳酸菌1兆個など、和漢の力・乳酸菌・大豆イソフラボンの3つの成分で更年期をサポート。 初回限定価格は1,260円。 エクオールのサプリをまずはどれかを試してみたいという方にもおすすめです。 体全体がすっきりしない• エクオールのサプリを試してみたい• ホットフラッシュ、イライラが気になる• 大きな粒の錠剤が苦手• いつでも解約可。 大豆のプロが作ったキッコーマンの更年期サプリメント。 独自で研究した 「イソフラボンアグリコン」を使用することで、体にしっかり有効成分を吸収させます。 大豆イソフラボンだけではなく、ポリフェノールや葉酸などが配合され、まさに更年期世代の女性の「基本のサプリ」と言えるバランスのいい商品。 特定の悩みが出ていなくても40代を過ぎたら美容と健康のために飲んでおく」というのにもおすすめのサプリです。 体を総合的にケアしたい• 肌の老化も気になる• 骨や歯の健康も気になる• 活動的になれなずいろいろ億劫に• のぼせや汗をかきやすくなった• 初回は半額2730円で購入可。 1回で解約できます。 2回目以降はの10%OFF。 通常価格もそれほど変わらず5,460円なので継続購入が嫌な方は単品で購入するというのもアリ。 腸内環境も整える成分もたっぷり入ったエクオールサプリ エクオールとともに、 1日分の2粒でカップヨーグルト10分の乳酸菌も摂取できます。 腸まで届くEC-12乳酸菌で摂取したエクオールをしっかり吸収まで導きます。 お腹の調子が乱れがちな方にもおすすめ。 またリンゴセラミド配合で美肌力もUP。 名前の通りきれいになれる更年期サプリです。 【こんな方におすす】• 大量の汗や多汗のぼせなどが気になる• 更年期になってお腹が張り気味• 肌の疲れも同時にケアしたい• 1回きりで解約も可。 プラセンタベースの更年期サプリ! プラセンタとコラーゲンで更年期をサポート。 体の巡りを良くして様々な症状に対応。 美容サプリとしても価値を発揮、肌がつやつやプルプルに。 肌の疲れを感じているならこれがおすすめ。 他の更年期サプリと組み合わせてもOK。 本体のFUWARIにセットでコラーゲンのhugu-collaが毎回ついてきます。 肌の疲れが著しい• 美容面でも更年期に負けたくない• 体がだるいなと感じることが多くなった• 1回きりで解約も可。 デセン酸の濃度は6%という最高値に近い高品質のローヤルゼリーの有効成分を損なうことなくしっかり摂ることができます。 その量は1日当たり2700mg。 また高麗人参、大豆イソフラボン、抗菌作用のある樹皮エキスをさらに配合し、更年期の体をしっかりサポート。 男性の更年期にもおすすめ。 高品質のローヤルゼリーを試したい• 気持ちがどんよりと落ち込むことが多い• 高血圧が気になる• 不眠気味• 体全体の調子を整えていきたい• 1回きりでも解約可能。 あの山田養蜂場のローヤルゼリーサプリ 養蜂業を営んで半世紀以上という老舗ブランドの山田養蜂場のローヤルゼリー。 品質と鮮度にこだわった養蜂家のローヤルゼリーを1粒中に800mg 生換算 含有。 1日当たり2400mgローヤルゼリーを摂取できます。 独自の酵素分解技術によって、吸収しやすい形に。 お試しパックがあるのが嬉しい。

次の