お悔やみ メール 同僚。 「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

お悔やみの言葉 メール 同僚》例文・文例

お悔やみ メール 同僚

お悔やみのメールを出す場面に直面したとき、一体どんな言葉を選べばいいのでしょうか。 お悔やみのメールは頻繁に送るものではありませんが、 いざ送るとなると戸惑うことも多いですよね。 また、お悔やみのメールは、 会社の上司に送ることもあれば、 同僚や友人に送ることもあります。 もちろん基本的に伝えるべき ポイントは同じですが、声のかけ方などは異なります。 お悔やみは本来であればメールではなく 直接会って伝えるのが望ましいですが、状況や間柄によっては、メールで伝えても問題ありません。 お悔やみメールを出す前に、 記載すべき内容のポイントを押さえて、受け取り側に 失礼のないよう十分配慮したいものですね。 そこで今回は、お悔やみのメールにおける基礎知識と、 立場別の例文をいくつかお伝えします。 お悔やみメールを作る・送る際の参考にしてください。 お悔やみをメールで伝えてもいい場合とは? 冒頭でもお伝えしたように、お悔やみは 本来直接会って伝えるものですが、以下の場合はお悔やみをメールで伝えても一般的に問題ないとされています。 しかし、お悔やみをメールで 伝えてもいい相手以外にお悔やみをメールで伝えてしまうと、遺族に 不快感を与えることになりますので注意が必要です。 お悔やみメールのポイント では、お悔やみをメールで伝えるとき、実際に 何を伝えればいいのでしょうか。 お悔やみの言葉には使用してはいけない単語もありますので、お悔やみメールを作る前に マナーを知っておく必要があります。 大切な人を亡くされてとても悲しんでいるでしょうから、遺族への心遣いが大切。 「親しき仲にも礼儀あり」とも言います。 また何度も繰り返しますが、お悔やみは 直接会って伝えるものですから、お悔やみをメールで伝えることは 正式なマナーではないことを知っておいてください。 今やメールは身近な連絡手段として、とても便利なものですが、 使い方を間違えると今後の関係性にも影響してきます。 お悔やみをメールで伝えるときは、 慎重にかつ相手を思いやる気持ちを忘れないでください。 あなたの心遣いが、 遺族に寄り添う大切なメッセージを送ってください。 まとめ お悔やみをメールで伝えるときに大切なこと ・お悔やみのメールはあくまでも略式であることを忘れない ・お悔やみをメールで伝えてもいい状況を理解しておく ・お悔やみメールの件名は、内容が理解できるように書く ・親しい仲であってもお悔やみはちゃんと伝える ・遺族をいたわる気持ちを忘れない.

次の

訃報をメールで伝えるときの文例は?ポイントや注意点とともに解説!|終活ねっと

お悔やみ メール 同僚

「お悔やみの言葉」をメールで伝える時のマナー 近年は日常的なやりとりをメールやSNSで行うことが一般的となり、訃報の連絡がメールで入ったり、ラインなどを通じて知人の訃報を知ったりすることが増えています。 そのような時、メールなどでお悔やみの言葉を伝えてよいのかや、マナーなどを迷う人もいるでしょう。 日常的にメールなどでやり取りをしている間柄であれば、お悔やみの言葉も普段使っているメールやメッセージツールで送ることは問題ないといえます。 逆に躊躇して何もしないより、メッセージを送った方が、相手に追悼の気持ちやねぎらいの素直な気持ちを伝えることができます。 さらにメールは相手の都合のよい時に確認してもらえるため、電話よりも相手に負担をかけないメリットもあります。 ただし、マナーにのっとってメッセージを送るように気をつける必要があります。 お悔やみの言葉をメールで伝えるときのマナーを説明します。 ラインなどで伝える場合も参考にしてください。 お悔やみの言葉は「短く簡潔に」 お悔やみの言葉を伝える時は、哀悼の意を伝える言葉や相手を気遣う言葉を、短く簡潔に伝えるようにします。 メールで伝える時も直接伝える時も同様です。 お悔やみの言葉の表現は「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。 」が一般的な表現です。 この言葉は会社の上司や友人や親戚など、どのような相手に対しても使うことができます。 親しい友人であっても、お悔やみの言葉を伝える時は改まった言い方で伝えましょう。 「忌み言葉」を使わない お悔やみの言葉を伝える時は、死や苦しみなど生死にかかわる言葉・不吉な言葉や、重ねる言葉・繰り返す言葉など、忌み言葉を使わないように気をつけます。 <忌み言葉の例>• 重ね言葉・繰り返す言葉:再び、重ね重ね、ますます、追って• 生死にかかわる言葉:死、死去、急死• 不吉な言葉:苦しみ、浮かばれない、消える 相手に負担をかけないことを心がける 不幸があったばかりの相手には、負担をかけない配慮が必要です。 亡くなった理由を聞いたり、詮索したりする内容はマナー違反です。 メールなどでは返事を求めるような文面や、自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けるようにします。 返信の負担をかけたくない時は「返信不要」の旨を伝える言葉を添えるようにします。 「お悔やみメール」の文例 お悔やみメールの文例を状況別に紹介します。 メール以外のメッセージツールの場合も参考にしてください。 メールの件名は内容がすぐにわかるよう「お悔やみ申し上げます」なとどします。 一般的な文例 このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 心よりご冥福をお祈りいたします。 〇〇様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 突然のことでご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいますよう。 ご冥福をお祈り申し上げます。 ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご壮健と伺っておりましただけに、申し上げる言葉もございません。 この度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 ご冥福をお祈りいたします。 奥様のご逝去を知り、驚いております。 あまりに思いもかけないことで、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんように。 心よりお悔やみ申し上げます。 取引先担当者への文例 このたびはお身内にご不幸があったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時だと存じますがどうぞご無理をなさいませんように。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 上司への文例 ただ今、〇〇様のご逝去の悲報に接し、驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 お気持ちはいかばかりかと、お慰めの言葉もありません。 ご実家が遠方とのことでご弔問に伺えず、心苦しく存じております。 〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 なお、ご返信は不要でございます。 やむを得ない事情によりまして、お通夜とご葬儀に駆けつけることができず、大変申し訳なく思っております。 お悲しみの深さを思うと、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんよう、願っております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 友人への文例 このたびはお父様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してくださいね。 ご冥福をお祈りいたします。 お母様のご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 なお、返信は不要です。 突然の訃報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。 すぐにでも最後のお別れに駆けつけなければならないのですが、参列できず残念です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 何かできることがあればすぐに連絡してください。 悲しみいかばかりかと察しています。 お父様の在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 訃報の連絡をメールで受けた時の「返信メール」の文例 訃報の連絡をメールで受け取った場合の、返信メールの文例を紹介します。 上司からの連絡に返信する例文 ご悲報を知り、大変驚いております。 大変な時にご連絡くださりありがとうございます。 仕事についてはどうかお気になさらず、落ち着かれましたらご連絡くださいませ。 心よりご冥福をお祈りいたします。 このたびは突然のことで、心よりお悔やみを申し上げます。 何かお手伝いできることがあればご遠慮なくお申し付けください。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 友人からの連絡に返信する例文 大変な時に連絡してくれてありがとう。 このたびは突然のことで驚いています。 心よりお悔やみを申し上げます。 無理をしないようにと心配しています。 何かお手伝いできることがあれば、遠慮なく連絡してくださいね。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 まとめ 普段気軽に使っているメッセージツールで、生死に関わることに触れるのは気が引けるという人もいるでしょう。 そのような時は、マナーにのっとって、改まった気持ちでお悔やみの言葉を伝えれば、失礼にはなりません。 ただし、メールやラインでお悔やみを伝えた場合でも、次に会った時にお悔やみの言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。

次の

【相手別】訃報への「お悔やみメール」文例|友人/取引先/上司/同僚

お悔やみ メール 同僚

訃報の知らせを受け、お悔やみを伝える場合、あなたは何を手段として思い浮かべますか? メールを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? 今までは電話が主流でしたが、現在はメールが通信手段として日常化しています。 以前なら、メールでお悔やみを伝えると、非常識と思われたかもしれません。 しかし、今ではお悔やみをメールで送っても、違和感を感じない方が多いのではないでしょうか。 そもそも、お悔やみをメールで送ることはマナー違反にはならないのでしょうか? メールでお悔やみを伝える場合、文面はどうしたらいいのか、どんなマナーがあるのか疑問がたくさんあると思います。 今回「終活ねっと」では お悔やみをメールで伝えても良いのか、その他にも注意点や関係別の文例について以下の項目で解説いたします。 近年では電話より、LINEやメールがコミュニケーションツールになっています。 そのため、LINEやメールを通じて訃報を知ることが多いのではないでしょうか。 メールで訃報を知らせてきたのだから、お悔やみをメールで返そうとするのは自然かもしれません。 しかし、メールなどでお悔やみを伝えてよいのか、迷う人もいるかと思います。 マナー違反になりそうで心配だと思っている方もいるのではないでしょうか。 メールで遺族に対して弔意を伝えることは マナー違反ではありません。 ただし、 メールはお悔やみの形式上は、正式なものではなく略式です。 誰に対してもメールでよいという訳ではありませんので注意が必要です。 普段から親しくしている友人、会社の同僚、取引先担当者などはメールでも問題ありませんが、それ以外の方にはメールでのお悔やみは避けた方がよいです。 メールでお悔やみを伝える場合にも、幾つかのマナーが存在します。 マナー違反だけは避けたいですよね。 メールでお悔やみを伝える場合のマナーについて、以下で詳しく解説いたします。 相手との関係に注意してメールをする メールでお悔やみの言葉を伝える場合、 相手との関係に注意することが重要です。 誰にでも同じようなお悔やみ文をメールで送ることは避けてください。 親しい友人や会社の同僚なら、普段の会話のような文章でも、相手も特に気にせず、許してもらえるかもしれません。 しかし、たとえ親しい関係であっても、会社の先輩や上司となるとそうはいきません。 年上の人に送るのですから、友達口調の文章では失礼になってしまいます。 取引先であればビジネス文章が理想です。 メールでも、最低限の礼儀を尽くす必要があります。 極端にかしこまった文章を書く必要はありませんが、普段の会話やメールよりも丁寧な言葉遣いを心がけてください。 訃報のメールに返信する場合 訃報をメールで知らせるということは、親しい相手と思って、いち早く連絡をしてくれているわけですから、 なるべく早くメール返信すべきです。 メール返信はお悔やみの言葉と、知らせてくれたことに対する感謝の言葉を伝えるのがいいでしょう。 また、 お通夜と告別式の日時も確認するようにした方がいいです。 弔問に伺うつもりでいれば、伺っても良いのか確認を取ることと、伺う時間帯を確認しておいた方がいいでしょう。 お通夜や告別式に参列できない場合は、その旨をメールで伝えるようにしましょう。 お悔やみの言葉をメールで伝える際の注意点 お悔やみの言葉をメールで伝える場合、何に気を付けなければならないのか悩むと思います。 礼儀としてお悔やみを伝えたのに、逆に無礼になってしまっては本末転倒です。 本来であれば、お悔やみは直接会って伝えるものですが、訃報を知っていち早くお悔やみを伝えるために、メールという手段をとっているだけのことです。 よって、メールの文章は直接会って伝える言葉と同じ内容でなければなりません。 お悔やみに関してはマナーが存在します。 メールでお悔やみを伝える場合も、お悔やみに関するマナーを守る必要があります。 こちらでは お悔やみメールを送る際の注意点を解説していきます。 お悔やみの言葉をメールで伝える際のマナーを覚えておきましょう。 メールの内容は短く簡潔にする お悔やみの言葉を伝える時は、 短く簡潔に伝えることが基本です。 遺族は精神的ダメージを受けており、葬儀の手配などで慌ただしい状況にあります。 あまりにも長いお悔やみの言葉は、煩わしく感じてしまうでしょう。 相手を尊重してメールすることが必要です。 「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます」が一般的なお悔やみの言葉です。 お悔やみの言葉以外に、相手を気遣う言葉や今後のことについて、簡潔に伝えるようにしましょう。 忌み言葉を使わない お悔やみの言葉やメールには使ってはいけない 忌み言葉というものがあります。 「忌み言葉」をお悔やみの言葉に使用することはマナー違反です。 以下が「忌み言葉」の代表例です。 これを機に、しっかりと覚えてください。 お悔やみメールでは、絶対に使わないよう心掛けましょう。 死因などを尋ねない 死因を尋ねることはマナー違反です。 親しい間柄であれば、どうして亡くなったのか気になり、聞きたくなるのは自然かもしれません。 死因を聞いても問題ない、と思っている方もいるのではないでしょうか。 お悔やみを伝えた時点で、死因を聞くのは遺族の気持ちを無視していることにもなります。 死因を知る機会は後でもありますので、この時点で聞くことは絶対に避けましょう。 季節の挨拶は必要ない お悔やみを伝えるのは、悲しみの中にいる遺族を気遣うためであり、かしこまった挨拶は不要です。 よって、 季節の挨拶は必要ありません。 遺族はお通夜や葬儀の準備で忙しい状況下にあります。 季節の挨拶などを入れ、長々とした文章では、読むのに時間を取らせてしまいます。 相手のことを考え、手短にお悔やみを伝える配慮が必要です。 季節の挨拶は入れず、 手短にお悔やみを伝えることがマナーと覚えておきましょう。 お悔やみメールの文例 お悔やみメールを送る際には、どんなメールを書けばいいのでしょうか? 季節の挨拶は入れない、忌み言葉を使わない、短く簡潔にする、ということは理解していてもどのような文章にすべきか分からないという方も多いかと思います。 さらに、相手との関係で文章も変わってきます。 友人や会社の同僚といった対等な相手、会社の上司や先輩といった目上の相手、取引先といったビジネス相手などで文章を変えるようにしましょう。 会社の上司や取引先など目上の関係と、部下や同僚、友人などの関係でどのように変わるのでしょうか? こちらでは 相手との関係別の文例を紹介いたします。 ぜひ今後の参考にしてください。 上司や取引先などのビジネス関係の相手 会社の上司や取引先などのビジネス関係の相手に送る場合、自分がどこの会社なのか、どの部署なのか分かるようにしなければなりません。 件名に会社名、部署名、名前を入れることをお奨めします。 件名:お悔やみ申し上げます。 (〇〇会社〇〇課〇〇) お知らせ頂き、ありがとうございます。 〇〇様の訃報の知らせを聞いて、大変驚いております。 ご家族の皆様のご傷心を拝察いたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 部下や同僚、友人など 会社の部下や同僚に送る場合も、自分の所属する部署が分かるようにしなければなりません。 親しい関係であっても、仕事上の間柄のため、 ビジネス文書を意識してください。 親しい友人などは、多少の砕けた文書でも失礼にはならないと思いますが、 弔意を伝えるのが目的のため、砕けた文書は避けた方がいいと思います。 訃報の知らせを受け、お悔やみをメールで伝えましたが、お通夜や告別式に参列できない場合があるかと思います。 その場合、どうすればいいのか分からない、という方もいるのではないでしょうか。 お悔やみメール以外で、 弔意を伝える方法が幾つかありますので、それらについて紹介します。 今後の参考にしてください。 香典を送る お通夜や葬儀に参列できない場合にお悔やみの気持ちを示したい時は、 香典を郵送するという方法があります。 香典を郵送することはマナー違反ではないので、 葬儀に参列できなかった際には現金書留で香典を郵送するのも一つの選択肢となります。 香典にも最低限のマナーがあります。 マナーを守って送るようにしましょう。 香典の金額相場については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。 メールで遺族に対して弔意を伝えることはマナー違反ではない。 相手構わず同じようなお悔やみ文をメールで送ることは避け、相手との関係に注意することが重要。 訃報をメールで知ったら、なるべく早くメールで返信をする。 お悔やみには幾つかのマナーがあり、メールでお悔やみを伝える場合も、お悔やみに関するマナーを守る必要がある。 お悔やみの言葉を伝える時は、短く簡潔に伝え、多くを語らない。 お悔やみメールに忌み言葉を使ってはならない。 お悔やみメールで死因を尋ねてはならない。 お悔やみメールに季節の挨拶は必要ない。 メールでお悔やみを伝える場合、自分がどこの会社なのか、どの部署なのか分かるようにしなければならないため、件名に会社名、部署名、名前を入れるようにする。 メールでお悔やみを伝えた後に弔意を伝えるには、香典を送る、弔電を送る、供物や供花を送る方法がある。 メールでお悔やみを伝えても、問題はないということが分かりました。 ただし、相手との関係には注意が必要であり、極端に堅い文章を書く必要はありませんが、普段よりも丁寧な言葉遣いを心がけるようにした方がいいですね。 長い文章にすると、うっかりマナー違反の文面になる可能性もあるため、簡潔に短い文章を心掛けた方が良いでしょう。 「終活ねっと」では、他にも法事・法要に関する記事を多数掲載しております。 お悔やみの言葉を電話で言うことについては、こちらの記事でより詳しくご紹介しています。 ぜひそちらもご覧になってください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の