センター 古文 解き方。 センター古文を満点の東大生が徹底解説!9割超えの勉強法やおすすめ参考書を紹介

【センター現代文の解き方】正しい勉強法と解き方で満点対策!

センター 古文 解き方

センター現代文の傾向と対策 はじめに、センター現代文の傾向やその対策法についてお話します。 どんな試験も傾向を知っていると具体的な勉強法が見えてきますので、ここでセンター現代文の傾向を確認してみましょう。 配点・構成 冒頭でも述べましたが、センター現代文は100点満点。 細かく見ていくと評論・小説で50点ずつですが、得意・不得意があっては総合点は上がりません。 評論文は多くの受験生が高得点を取るので、小説が勝負所です。 中には小説が得意な方もいると思いますが、評論文・小説ともに偏りなく対策していきましょう。 また問題は、 評論…漢字5問、内容理解問題4問、表現に関する問題1〜2問 小説…語句の意味問題3問、人物の心情に関する問題4問、表現に関する問題1〜2問 で構成されています。 漢字・語句の意味問題は基本的に知識で解けるので、日々語彙力を高めていってください。 一方で内容理解や人物の心情に関する問題はきちんと読解できてこそ正解できるもので、現代文の問題の中では最も配点が高いです。 また一方で、表現に関する問題は該当箇所の表現技法を意識して解く必要があります。 古文・漢文も合わせて解くので、気持ちにゆとりを持たせるために「得意なものから順に解いていく」という戦略を立てる受験生もいます。 マークのズレには最新の注意を払いつつ解き方を変えてみるのも良いと思います。 出題内容と対策 センター現代文は、頻出のテーマや特定のジャンルの小説(SF、恋愛話など)といった傾向がありません。 評論であれば、経済・文化・歴史・自然・科学など様々な論点が出題されます。 こういった文章はある程度学校の教科書で触れると思いますが、小説の場合、恋愛・戦争・家族物語・友情など、日常的ではあるものの文章として普段あまり触れないものが多くなります。 そこにセンター試験独特の問題形式が重なってくるので、二重三重に対策がしにくくなってしまいます。 後程紹介しますが、全てマーク形式で内容理解や表現に関する問題ばかり出題する試験は、センター現代文のみです。 センター現代文の対策に参考書や問題集を使うのも一つの手段としては良いと思いますが、あまりにも問題のクセが強いため、「対策本の解説に誘導されまくって解き方が一貫しなかった…」なんてことにならないように注意してください。 基本的にはセンター現代文の過去問を解いて慣れていくのが対策の近道です。 満点取れるセンター現代文の勉強法 ここではセンター現代文の対策におすすめの勉強法を紹介します。 以下のことを実践して、満点取れるだけの実力を身につけましょう! 現代文は毎日30分程度勉強しよう 勉強というと1つの科目を何時間も集中して取り組む方もいますが、これでは集中力がなくなりパフォーマンスが落ちてしまいます。 特に現代文は頭をつかう科目なのでなおさらですね。 そこで、30分を目安に毎日勉強してみましょう。 こうすることで、集中力が途切れないうちに文章を読み解くことができます。 本番でもセンター現代文に充てることができる時間は40分なので、本番に近い時間配分で取り組むことができます。 また、毎日勉強することで少しずつ慣れていきます。 解くために必要な情報を瞬時に把握し、解答に役立てる力も身についていきますよ。 じっくり勉強したいと思う気持ちをぐっとこらえて、毎日30分を意識してみましょう。 センター現代文の解き方のコツ ここではセンター現代文の解き方のコツを紹介します。 以下で紹介するコツを知っておけばケアレスミスを含めて間違えることがほとんどなくなり、満点を取ることができます。 日々の勉強や過去問演習をするときに実践してみてください。 まず「設問の要求に応えること」を意識しよう 読解問題においては「設問の要求に応えること」がゴールです。 本文を全部読む必要も本文の内容を理解する必要もなく、作問者が設定した正解の選択肢をマークすれば正解です。 分かっていながらも解答に関係ない情報に惑わされてしまう方は意外と多いので、注意が必要です。 冒頭から結末まで丁寧に読む方もいますが、それは普段の読書や自己採点の段階で行うべきであって、問題を解くときの読み方ではありません。 確実に得点できる、的を射た取り組み方を心がけましょう。 先に設問文を読む 最初のステップとして、本文ではなく設問文を確認しましょう。 先ほど述べたように、読解問題では「設問の要求に正しく応えること」が大切です。 あらかじめ設問を確認することで、本文を読むときに意識すべきキーワードが見えてきます。 設問文や選択肢の中にある同じ言葉や指示語があれば徹底的にマークしましょう。 評論であれば、言い換え表現を選ぶべきなのか、因果関係を読み取る必要があるのか、指示語の把握だけで解けるのかなど、ある程度解答の方向性がわかります。 小説であれば、誰の心情を読み取るべきか、気持ちの変化を意識する必要があるのか、情景描写が設問に関係するかが見えてきます。 どんな小さなことも解答に大きく関わってくるので、見落としが無いようにチェックすることが大切です。 過去問演習の段階では丁寧に確認して良いですが、慣れてきたら1分ほどで素早くキーワードチェックを終わらせましょう。 チェックしたキーワードを意識しながら読む 設問文を見たあとにようやく本文の読解です。 評論文の場合、最初から順番に読んでいって、所々にキーワードが出てきたときは、設問と関係がありそうだと注意しながら読むことが大切です。 キーワードの言い換えや指示語が指す内容を整理しながら読んでいって、解答するための根拠を揃えていきましょう。 傍線部の前後に根拠があることが多いので、周辺は重点的に理解していきましょう。 小説の場合は、冒頭から末尾まで読んでいく必要があります。 小説では基本的に登場人物の心情が設問に大きく関わってきます。 心情が直接的に表現されている場合もありますが、比喩・暗喩表現も大切で、情景描写から心情を読み取らなければならないこともあるので、終始神経質になって読んでいく必要があります。 ですが、センター小説の本文は時系列的に書かれていて、回想シーンなど時系列が逆転することはありません。 そのため右から左へ素直に読んでいくだけで解答できてしまいます。 小説に限っては、「傍線部に直面したら解答」するようにしましょう。 読解と解答を交互に行う 解答の根拠が揃ったら、読み取った情報の内容が整理できているうちに解答してしまいましょう。 ここで意識して欲しいのが、「消去法」です。 センター現代文の選択肢は長いので、句読点で区切って、そのまとまりごとに誤りがないかチェックすることが大切です。 2つ3つに区切って本文の内容と照らし合わせて検討してみて、1つでも間違いがあればそれはダミー選択肢ですので、他の選択肢を検討しましょう。 基本的には選択肢の誤りを2箇所以上見つけることができれば、確実にダミー選択肢だと判断でき、正解にぐっと近づきます。 こうしていくと傷のない正解の選択肢が1つ残るので、自信を持って選んであげましょう。 もしも選択肢が複数残って決めきれない場合、センター国語では後でじっくり吟味する時間はありません。 そういうときは、直感的に選んだものが正解となることが多いです。 自分なりの言葉で十分に理解できていないだけであって、違和感が無い選択肢があればそれを選んで次の問題に取り組みましょう。 例外的に表現に関する問題は最後にまとめて解くのもあり 評論・小説それぞれの最後の設問は表現に関する問題であり、内容理解問題と一緒に解くのは若干無理があります。 というのも、意味段落の理解や行にまでこだわった問題であるため、内容理解と表現技法をまとめて読んでいると全てを丁寧に読む必要が出てきて時間切れになる可能性が高いからです。 つまり欲張りは良くないということですね。 そこで、最後の設問は独立した問題であると考えて「内容一致問題と平行して本文を一通り読んだあとに、改めて該当箇所と照らしあわせて解答」すると良いです。 全体の流れを把握しているので、スピードを活かしたまま解答することができます。 表現の問題は最初は苦戦する方が多いと思いますが、テキパキ解いて次の大問に進むためにも少しずつ慣れていきましょう。 センター現代文の解き方のコツ 要点まとめ ・設問や選択肢をチェックしてキーワードをおさえよう ・チェックしたキーワードや論理の流れを意識しつつ本文を読む ・解答するときは消去法!複数根拠を見つけて確実に正解しよう ・表現問題は最初の読解の段階で意識しない.

次の

現代文が苦手?センター国語の解き方は消去法!

センター 古文 解き方

スポンサーリンク センター古文の問題構成 センター古文の具体的な解き方のコツを解説する前に、まずはセンター古文の問題構成をサラッとおさらいしましょう。 問題構成としては、古文単語や語句の口語訳を問う問題が3題、助動詞などについて問う問題が1題、内容理解が4題出題されます。 また問題の配点としては、 口語訳の3題が5点、助動詞などの問題も5点。 内容理解の問題配点が非常に高く、 内容把握の問題は1問あたり7点〜8点という傾向が例年見られています。 センター古文の文章は実は難しい! センターと聞くと、基礎的なレベルとか標準的なレベルだと思う人が多いかもしれません。 ですが、センター古文の難易度は 文章のレベルだけでいうと非常に難しいです。 取っ付きにくくて、読みにくい。 なおかつ長い文章がセンター古文では問われます。 文章の難易度だけでいうと、国立の二次試験くらいのレベルに匹敵することも。 しかし文章が難しい分、 問題が優しく作られていることが多いです。 そのため、センター古文を解くにはいくつかのコツがあります。 そのコツについて、今回は解説をしていきます。 コツ1 主語の特定は必須 センター古文に限った話ではないですが、古文では主語が省略されていることがめっちゃあります。 笑 主語が省略されているため、 「この文章の主語は誰なんだ?」 という状態になってしまい、文章が読めなくなってしまうケースは非常に多いです。 だから、古文を読んでいる上で その文章の主語が誰かを常に把握しておくということはとても重要です。 もし仮に主語が誰かということを常に把握することができていれば、文章の意味が全く分からないということはなくなるはずです。 これは意識すれば今日からできることだと思うので、ぜひぜひ次にセンター古文を解く際に早速実践してみてください。 コツ2 主語を特定するために敬語に注目しよう おそらく古文を読む上で、主語を特定することが重要だということは分かったと思います。 そして主語を特定する時にキーになってくるのが敬語です。 実は、 誰に対して敬語が使われているかということに注目をしておくと、めちゃめちゃ主語の把握がしやすくなります。 なぜなら主語が省略されている時でも、特定の人に対しては必ず敬語が使われているから。 この敬語が主語となっている人物を特定するための武器となります。 だから、古文単語・助動詞も大事なのですが、 古文の敬語についてもしっかり勉強をしておきましょう。 そして古文の文章を読んでいる時、 「誰に対して、尊敬語や謙譲語が使われているか?」 ということについても把握しておくようにしておきましょう。 スポンサーリンク コツ3 全訳は絶対に必要というわけじゃない 英語長文の場合だと、1つ分からない文章があると問題を解く上で致命的になったりします。 しかし実はセンター古文を解く上では、 分からない文章が1つや2つあっても問題ないケースが多いのです。 それは、先ほども解説したようにセンター古文の文章は非常に難しいからです。 だから、センター古文においては完璧主義にならず、 「文章の内容をある程度把握できていれば、それでいいや!」 というある種の開き直りのようなものが必須になってきます。 もし仮に完璧主義になってしまい、全文現代語訳しなければ!といつまでも上手く現代語訳出来ない文で止まっていたら、時間が足りなくなってしまうでしょう。 また傍線部が引かれていて、それに対する 内容一致を問う問題についてはその前後に答えが書いてあることが多いです。 なので、配点の高い傍線部の引かれている内容一致問題については、その前後をよく見てみるようにしましょう。 コツ4 あらすじ・注釈のヒントはフルに使う 古文の冒頭にあらすじがついていたり、文章の途中の注釈は古文の中でどのような役割を果たしていると思いますか? 実は、冒頭のあらすじや文中の注釈が問題を解く上で、大きなヒントとなる役割を果たしていることは非常に多いです。 冒頭のあらすじや文章の途中の注釈は、 「あらすじ・注釈を参考にしながら古文を読み進めてね」 という問題作成者からのメッセージなのです。 もし仮に、そのメッセージを無視して、古文を読み進めていったらなんとなく危険なのは分かりますよね・・・? さすがに冒頭のあらすじや注釈を全く読まないという人はいないと思いますが、 「今までなんとなくあらすじや注釈を読み流してしまっていた」 という人は意外と多いのではないでしょうか? しかし、それではあまりにもったいない。 冒頭のあらすじや注釈が古文を読む上でヒントになっていることは多々あります。 ですので、注釈・あらすじの部分についてはぜひぜひ真剣に読んでみてください! コツ5 助動詞の知識だけでは、問題は解けない なぜか学校などでは、めちゃめちゃ古文の助動詞を暗記させられます。 もちろん古文の助動詞は重要です。 しかし残念なことに、古文の助動詞を覚えただけでは入試問題は解けません。 これは 英語の勉強を例に出してみると分かるはず。 例えば、can(〜できる)・should(〜すべきである)などの英語の助動詞の意味を覚えただけで英文を読めるようになるでしょうか? もちろん古文の助動詞を覚えれば、古文の助動詞の識別の問題はある程度解けるようになると思います。 しかし 古文の助動詞だけ勉強しても、別に古文がスラスラ読めるようになるわけではないので、古文の点数は爆発的に伸びません。 センター古文は内容把握の問題が1問あたり7点〜8点と配点が高いので、結局古文の内容を読解できるか否かが勝負を握るのです。 だから、古文単語・古文文法・敬語の知識がある程度固まってきたら、センター過去問やセンター形式の問題を解いて 古文の読解が出来るようになることが重要なのです。 もし今、古文の助動詞や文法を勉強しても得点できないと悩んでるのは、古文の文章にまだ読み慣れていないかもしれません。 ぜひぜひ基礎的な固まってきたら、読解演習をしてガンガン点数を伸ばしていきましょう。 ちなみに・・・ どのような流れで古文を勉強していけば良いのか? ということについては以下の記事で解説をしているので、ぜひ以下の記事を読んでみてください。

次の

【必見】東大生が教える過去問の解き方【いつから?何年分?】

センター 古文 解き方

センター現代文の傾向と対策 はじめに、センター現代文の傾向やその対策法についてお話します。 どんな試験も傾向を知っていると具体的な勉強法が見えてきますので、ここでセンター現代文の傾向を確認してみましょう。 配点・構成 冒頭でも述べましたが、センター現代文は100点満点。 細かく見ていくと評論・小説で50点ずつですが、得意・不得意があっては総合点は上がりません。 評論文は多くの受験生が高得点を取るので、小説が勝負所です。 中には小説が得意な方もいると思いますが、評論文・小説ともに偏りなく対策していきましょう。 また問題は、 評論…漢字5問、内容理解問題4問、表現に関する問題1〜2問 小説…語句の意味問題3問、人物の心情に関する問題4問、表現に関する問題1〜2問 で構成されています。 漢字・語句の意味問題は基本的に知識で解けるので、日々語彙力を高めていってください。 一方で内容理解や人物の心情に関する問題はきちんと読解できてこそ正解できるもので、現代文の問題の中では最も配点が高いです。 また一方で、表現に関する問題は該当箇所の表現技法を意識して解く必要があります。 古文・漢文も合わせて解くので、気持ちにゆとりを持たせるために「得意なものから順に解いていく」という戦略を立てる受験生もいます。 マークのズレには最新の注意を払いつつ解き方を変えてみるのも良いと思います。 出題内容と対策 センター現代文は、頻出のテーマや特定のジャンルの小説(SF、恋愛話など)といった傾向がありません。 評論であれば、経済・文化・歴史・自然・科学など様々な論点が出題されます。 こういった文章はある程度学校の教科書で触れると思いますが、小説の場合、恋愛・戦争・家族物語・友情など、日常的ではあるものの文章として普段あまり触れないものが多くなります。 そこにセンター試験独特の問題形式が重なってくるので、二重三重に対策がしにくくなってしまいます。 後程紹介しますが、全てマーク形式で内容理解や表現に関する問題ばかり出題する試験は、センター現代文のみです。 センター現代文の対策に参考書や問題集を使うのも一つの手段としては良いと思いますが、あまりにも問題のクセが強いため、「対策本の解説に誘導されまくって解き方が一貫しなかった…」なんてことにならないように注意してください。 基本的にはセンター現代文の過去問を解いて慣れていくのが対策の近道です。 満点取れるセンター現代文の勉強法 ここではセンター現代文の対策におすすめの勉強法を紹介します。 以下のことを実践して、満点取れるだけの実力を身につけましょう! 現代文は毎日30分程度勉強しよう 勉強というと1つの科目を何時間も集中して取り組む方もいますが、これでは集中力がなくなりパフォーマンスが落ちてしまいます。 特に現代文は頭をつかう科目なのでなおさらですね。 そこで、30分を目安に毎日勉強してみましょう。 こうすることで、集中力が途切れないうちに文章を読み解くことができます。 本番でもセンター現代文に充てることができる時間は40分なので、本番に近い時間配分で取り組むことができます。 また、毎日勉強することで少しずつ慣れていきます。 解くために必要な情報を瞬時に把握し、解答に役立てる力も身についていきますよ。 じっくり勉強したいと思う気持ちをぐっとこらえて、毎日30分を意識してみましょう。 センター現代文の解き方のコツ ここではセンター現代文の解き方のコツを紹介します。 以下で紹介するコツを知っておけばケアレスミスを含めて間違えることがほとんどなくなり、満点を取ることができます。 日々の勉強や過去問演習をするときに実践してみてください。 まず「設問の要求に応えること」を意識しよう 読解問題においては「設問の要求に応えること」がゴールです。 本文を全部読む必要も本文の内容を理解する必要もなく、作問者が設定した正解の選択肢をマークすれば正解です。 分かっていながらも解答に関係ない情報に惑わされてしまう方は意外と多いので、注意が必要です。 冒頭から結末まで丁寧に読む方もいますが、それは普段の読書や自己採点の段階で行うべきであって、問題を解くときの読み方ではありません。 確実に得点できる、的を射た取り組み方を心がけましょう。 先に設問文を読む 最初のステップとして、本文ではなく設問文を確認しましょう。 先ほど述べたように、読解問題では「設問の要求に正しく応えること」が大切です。 あらかじめ設問を確認することで、本文を読むときに意識すべきキーワードが見えてきます。 設問文や選択肢の中にある同じ言葉や指示語があれば徹底的にマークしましょう。 評論であれば、言い換え表現を選ぶべきなのか、因果関係を読み取る必要があるのか、指示語の把握だけで解けるのかなど、ある程度解答の方向性がわかります。 小説であれば、誰の心情を読み取るべきか、気持ちの変化を意識する必要があるのか、情景描写が設問に関係するかが見えてきます。 どんな小さなことも解答に大きく関わってくるので、見落としが無いようにチェックすることが大切です。 過去問演習の段階では丁寧に確認して良いですが、慣れてきたら1分ほどで素早くキーワードチェックを終わらせましょう。 チェックしたキーワードを意識しながら読む 設問文を見たあとにようやく本文の読解です。 評論文の場合、最初から順番に読んでいって、所々にキーワードが出てきたときは、設問と関係がありそうだと注意しながら読むことが大切です。 キーワードの言い換えや指示語が指す内容を整理しながら読んでいって、解答するための根拠を揃えていきましょう。 傍線部の前後に根拠があることが多いので、周辺は重点的に理解していきましょう。 小説の場合は、冒頭から末尾まで読んでいく必要があります。 小説では基本的に登場人物の心情が設問に大きく関わってきます。 心情が直接的に表現されている場合もありますが、比喩・暗喩表現も大切で、情景描写から心情を読み取らなければならないこともあるので、終始神経質になって読んでいく必要があります。 ですが、センター小説の本文は時系列的に書かれていて、回想シーンなど時系列が逆転することはありません。 そのため右から左へ素直に読んでいくだけで解答できてしまいます。 小説に限っては、「傍線部に直面したら解答」するようにしましょう。 読解と解答を交互に行う 解答の根拠が揃ったら、読み取った情報の内容が整理できているうちに解答してしまいましょう。 ここで意識して欲しいのが、「消去法」です。 センター現代文の選択肢は長いので、句読点で区切って、そのまとまりごとに誤りがないかチェックすることが大切です。 2つ3つに区切って本文の内容と照らし合わせて検討してみて、1つでも間違いがあればそれはダミー選択肢ですので、他の選択肢を検討しましょう。 基本的には選択肢の誤りを2箇所以上見つけることができれば、確実にダミー選択肢だと判断でき、正解にぐっと近づきます。 こうしていくと傷のない正解の選択肢が1つ残るので、自信を持って選んであげましょう。 もしも選択肢が複数残って決めきれない場合、センター国語では後でじっくり吟味する時間はありません。 そういうときは、直感的に選んだものが正解となることが多いです。 自分なりの言葉で十分に理解できていないだけであって、違和感が無い選択肢があればそれを選んで次の問題に取り組みましょう。 例外的に表現に関する問題は最後にまとめて解くのもあり 評論・小説それぞれの最後の設問は表現に関する問題であり、内容理解問題と一緒に解くのは若干無理があります。 というのも、意味段落の理解や行にまでこだわった問題であるため、内容理解と表現技法をまとめて読んでいると全てを丁寧に読む必要が出てきて時間切れになる可能性が高いからです。 つまり欲張りは良くないということですね。 そこで、最後の設問は独立した問題であると考えて「内容一致問題と平行して本文を一通り読んだあとに、改めて該当箇所と照らしあわせて解答」すると良いです。 全体の流れを把握しているので、スピードを活かしたまま解答することができます。 表現の問題は最初は苦戦する方が多いと思いますが、テキパキ解いて次の大問に進むためにも少しずつ慣れていきましょう。 センター現代文の解き方のコツ 要点まとめ ・設問や選択肢をチェックしてキーワードをおさえよう ・チェックしたキーワードや論理の流れを意識しつつ本文を読む ・解答するときは消去法!複数根拠を見つけて確実に正解しよう ・表現問題は最初の読解の段階で意識しない.

次の