アンチ ブログ。 アンチエイジングブログ!

仏教宗学研究会(アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会)・アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

アンチ ブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。 日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。 創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。 創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約 条約 違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。 日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。 反日蓮正宗系 日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会 活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 2018年5月に一般社団法人登記。 この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」 アンチ日蓮正宗 が管轄。 「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。 富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」 アンチ日蓮正宗 が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。 「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」 アンチ日蓮正宗 が管轄。 「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は主として教義・信仰問題を管轄。 カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定等、教義・信仰以外の問題の管轄は「国際カルト宗教対策委員会 Icat-Cult 」。 「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。 zaq.

次の

よく使う「アンチ」は英語でも「アンチ」っていうの??

アンチ ブログ

ブログ「アンチエイジングの鬼」はスタートしてから13年が経過し、 いよいよ52歳。 2歳の美猫リリーとも同居。 ナチュラルカイロプラクティック院長 第4期 シードマイスター 卒業生 最新刊「老けないオーガニック」(ワニブックス) 「やってはいけない老ける習慣」(オレンジページ刊) 「細胞から健康になる魔法」(ちくま文庫) 「ナチュラルアンチエイジング きれいを保つ60の習慣」(二見書房) Copyright 2005-2010 korrida All Rights Reserved. 気づくと、2月から更新していませんでした。 年明けから、世界中で新型コロナウイルスの大流行。 そして九州地方の豪雨もあり、お世話になった大分県中津江村に大変な土砂崩れの被害が出ていると聞いて心配しています。 菊地は大丈夫なようですが、熊本にも被害が出ているようで、知り合いを通じてレトルトのお粥とご飯とミネラルウォーターojasを支援物資でお送りしましたが、無事届いたかなー 新型ウイルス、相次ぐ自然災害、、、まるで地球自体が病んでいるようです。 いよいよ、新しい暮らし方にシフトチェンジする時が来ていると思います。 この激動の時代を乗り切って、良き変容を迎えたいですね。 私自身の近況報告としては、先月52歳の誕生日を迎えました。 息子は高校一年生になり、身長が180を超えまして、すっかりでかくなりましたー 中二くらいから始まった「オーガニックのもの以外を食べてみたい」という感じの反抗期も「じゃあ、どんなものか、お小遣いの中で買って食べてみたら」という風に私が軟化したのもあって、程なくおさまったようで、今はわりといい親子関係になったと思います。 いつもどこか「息子の世話をしなきゃ」的な感覚があったのが、中三の途中くらいから結構息子が自立心が出てきてしっかりしてきたので、やっと子育てがひと段落ついたというか、違うフェーズに入ったようです。 いわゆる子離れというやつですかね。 52歳の記念と言うわけでもないんですが、プロフィール写真を久しぶりに撮りなおしました。 、 ここ数年ずっと肩ぐらいのボブだったんですが、今伸ばしてまして肩甲骨くらいまでの長さがあります。 たまには長い髪もいいですね。 いろんな結び方をして楽しんでいます。 さて、今日はしばらく続きそうなこの新型コロナ騒動への私の対処法をまとめてみたいと思います。 この件に関して、4月に1時間半くらいインスタライブでしゃべった動画をユーチューブに限定公開しているので、そちらも見て頂けたらと思います。 よかったらチャンネル登録お願いします。 いや、ユーチューバーになるわけじゃないですよ(笑) めっそうもありません。。 でも、なかなかイベントが出来ない今、動画でお伝えしていくことも意義あることだなと最近感じています。 都会にいるか、地方にいるかで、みなさん若干現状が違うかもしれません。 緊急事態宣言が解除され、子供たちの学校もようやく始まりつつありますが、まだリモート授業というところもあるようです。 会社も、大手を中心にリモートワークを継続しているところもあります。 私の会社は4月、5月はほぼ100%リモートワークでしたが、6月はいったんリモート50%になり、7月からはリモート60%になりました。 コロナの前から数年かけてリモートワークを推進してきたので、予定より前倒しになったんでややバタバタはしましたが、問題があまり出ず移行できたかなと思います。 要するに出社は週2でよくて、元々フレックスタイム制なので、通勤ラッシュに出社する必要もありません。 これは、コロナのための措置ではなく、元々こういう体制を目指してきました。 あの通勤ラッシュって、あまりにもナンセンスだと思っていたので、、、、 また、ご家庭の事情で地方に引っ越さないと行けなくなっても、10%だけ出社すれば社員でい続けられる「サン社員」という制度も今年1月から始まっていました。 もちろん、リモート90%でも成り立つ職種の方に限られますし、全員が希望した時に成り立つかどうかなどはまだ課題がありますが、多種多様な事情、年代、生活様式に対応し末永く本領発揮して楽しくサスティナブルに働いてもらうためには、従来の「会社」という制度をどんどん変えていったほうがいいと考えています。 さて、おおまかには、動画で話したことと変わってないのですが、3か月たってあらためて重要だと思うことやアップデートしたこともあるので、今現在重要だと思う事をあらためて書きたいと思います。 東京はPCR検査を増やしたこともあり、連日数百人の感染者が出ていると報道されているので、地方とは温度感が違う感じもあると思います。 日本やアジアでは、欧米に比べて感染者数も死者数もまだ少なく抑えられているので、3月4月の頃に比べると、だいぶ緊張感が減った方も多いかもしれません。 感染している方の中でも、重症者や死者はかなり減ってきています。 ただ、世界ではまだまだ収束とは言えない状況で、秋冬には第二波の流行があるかもしれないとも言われていますし、街では夏なのにほぼ全員くらいマスクをしていますし、やはり通常に戻ったとは言い難い毎日です。 多くの方が免疫をまだ持たない新型ウイルスの場合、ある程度の自粛生活は医療崩壊を避けるためには必要だと思います。 まだしばらくは、あまり人ごみに出ていくべきではないと思いますが、ステイホームでの運動不足やストレスによる生活習慣病や精神疾患の増加、経済活動がストップすることでの不景気による自殺などが増加する懸念もあるので、このあたりバランス良く考えていかないといけないと思います。 それに、相手がウイルスである以上、完全に抑え込むことはおそらく無理でしょう。 私たちは、今後もウイルスと共に生きていかなければいけません。 そして、ウイルスは何もすべて敵と言うわけでもなく、、、 女性が宿す赤ちゃんを自己免疫細胞の攻撃から守ってくれているのは、 人の体の中に常駐する「ヒト内在性レトロウイルス」というウイルスが関与する「膜」のおかげだそうです。 人類は、安全に子孫を残すことすらウイルスの力を借りないと出来ないんですから! 要するに何が言いたいかというと、ウイルスを排除しようとしてもキリがないということ。 問題は、ウイルスとどう付き合っていくかです。 インフルエンザウイルスもワクチンや抗ウイルス薬があっても毎年日本だけで1千万人以上感染し、1万人ほどの死者が出ています。 これに比べれば、新型コロナウイルスは現在国内で約2万人感染、死亡者約千人なので、桁が大幅に違います。 ワクチンや抗ウイルス薬があれば、もっと減るかもしれませんが、インフルエンザでも分かるようにウイルスは変異しやすいので、ワクチンが効き辛いし、抗ウイルス薬も治癒を半日早める効果しかないのでそこまで万能にはなり得ないでしょう。 現在のところインフルエンザよりは変異していないようですが。 ただ、少し希望は 「交差免疫」という話です。 いろんな論文や研究がどんどん出てきていますが、これは興味深いなと思っています。 「新型コロナの流行前に採取し保存していた血液を調べたところ、半数の人に新型コロナに反応するT細胞があることが明らかになった。 」というものです。 簡単に解説するとこうです。 コロナウイルスには、自然界に何万種類もあります。 そのうち風邪の原因として4種類のコロナウイルスがあることが分かっています。 そして、コロナウイルスに共通の何らかの抗原を認識する「広域交叉反応性メモリーT細胞」を獲得している可能性があるそうです。 必ずしも今回のウイルスに罹患しなくても、集団免疫が成立するかもしれないわけですから。 ただ、今回の新型ウイルスに罹患した時に出来た抗体のほうは、半年ほどで消えてしまうのではないかという武漢での研究もあります。 また、もう1つ希望を感じる話。 それは「自然免疫」です。 大阪大学の宮坂先生が、最近これについて強くのべておられました。 免疫は何も抗体を作るリンパ球が主役の「獲得免疫」だけが主役ではなく、粘膜免疫やマクロファージ、顆粒球たちによる「自然免疫」もあるので、健康な人であればこの「自然免疫」だけで新型コロナをやっつけているそうです。 だから、こういう方を検査しても、抗体が出てこないんですね。 抗体がないからって、過去に感染してないとは限らないわけです。 「今、鼻の粘膜とか喉の粘膜にウイルスがいて戦っているな」という自覚です。 で、お風呂で体をあたためたり、金時生姜を飲んだり、プロポリスシュッとしたりしてると、ある瞬間症状も出ないうちに「勝った!」っていう瞬間があるんです。 あれだなと思って。 おかげで、ほとんど風邪もひきません。 インフルもこの10年で1度くらい。 私の動画でも粘膜免疫と血流について、かなりしゃべっているのですが、ここ想像以上に大事なんだなと思いました。 以下にまとめときます。

次の

幸福の科学 批判・告発 人気ブログランキングとブログ検索

アンチ ブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。 日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。 創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。 創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約 条約 違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。 日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。 反日蓮正宗系 日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会 活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 2018年5月に一般社団法人登記。 この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」 アンチ日蓮正宗 が管轄。 「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。 富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」 アンチ日蓮正宗 が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。 「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」 アンチ日蓮正宗 が管轄。 「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は主として教義・信仰問題を管轄。 カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定等、教義・信仰以外の問題の管轄は「国際カルト宗教対策委員会 Icat-Cult 」。 「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。 zaq.

次の