ワイモバイル 機種変更 手数料。 イオンモバイルで機種変更する方法と注意点・手数料

ワイモバイルでの機種変更方法と手順や注意点|乗り換えでおすすめの端末3選

ワイモバイル 機種変更 手数料

ワイモバイルで機種変更する方法 ワイモバイルで機種変更する方法 ワイモバイルで機種変更をする方法は二種類です。 「オンライン」もしくは「店舗」です。 いずれにしても、機種変更をする前に、現在利用中のスマホに保存している画像や動画、アプリなどの各種データを、新しい端末にデータ移行ができるように、準備しておきましょう。 ここでは、ワイモバイルで機種変更する方法・手順を解説します。 データ移行の準備をする 機種変更前には必ずデータのバックアップなど、移行の準備をしておきましょう。 画像や動画はGoogle Photoや、iCloudなどの、クラウドサービスの活用をおすすめします。 アプリのデータ移行については、メアドとの同期などによる移行など、アプリが推奨している方法をチェックしておきましょう。 オンラインで機種変更する場合 オンラインで機種変更するおおまかな流れは以下のとおりです。 オンラインショップにて希望機種や料金プランを決める 2. My Ymobile! にログイン 3. 必要事項の入力 4. 重要事項を確認して申し込み完了 5. 機種が届いたら回線切り替え手続き オンラインで機種変更する場合、書類などは必要ありませんが、「My Ymobile」へのログインが必要です。 支払い方法やオプションは、現在登録してあるものをそのまま引き継ぐので、必要に応じて事前に変更を行ってください。 注文した端末は「My Ymobile」に登録されている住所に郵送されます。 また、回線の切り替え手続きについては、Web受注番号が「R」で始まる場合は自分で、「C」で始まる場合はワイモバイルが行います。 ワイモバイルが切り替えを行う場合、メールでお知らせが届きます。 自分で切り替えを行う際には、暗証番号が必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。 なお、オンラインでの機種変更においては、一部プランに関してそのまま継続する選択ができなくなっています。 店舗で手続きをすれば継続できる場合もあるので、希望プランが選択できない方は、一度カスタマーセンターや店舗に相談してみましょう。 店舗で機種変更する場合 店舗では、スタッフが手続きや注意事項の説明を行います。 プランや端末の相談にものってもらえますが、事務手数料3,000円が当月の利用料金に上乗せされますので、ご注意ください。 その他、店頭で有料サポートなどを受けた際は、その場で支払いが求められます。 店舗での機種変更に必要なものは、以下のとおりです。 ワイモバイルのオススメ機種 ワイモバイルのオススメ機種 画像引用元: ワイモバイルでは、数々の魅力的な機種を取り扱っています。 ここでは、販売中の機種から機種変更にオススメの機種を厳選してご紹介します。 大画面ながら、縦長のスリムボディ・ディスプレイを生かした、マルチウィンドウ機能や操作性の高さも評価できるポイントです。 2mm 重さ 151g ディスプレイ 約6. 0インチ 有機EL CPU Snapdragon 665 オクタコア(2. 貯まったPayPayボーナスは、携帯料金の支払いとして充当することも可能なので、ぜひこのお得なタイミングでの購入をおすすめします。 HUAWEI P30 lite HUAWEI P30 lite 画像引用元: 「HUAWEI P30 lite」は、Android端末において世界ナンバーワンのシェアを誇るHUAWEIから発売されている、トリプルカメラ搭載の写真撮影機能に特化した格安スマホです。 24MPの高画素のカメラを中心としたハイスペックなカメラで、一眼レフにも劣らない美しい撮影が可能です。 【価格】 のりかえ・新規契約 機種変更 18,000円 25,200円 【スペック】 OS Android 9 サイズ 152. 4mm 重さ 159g ディスプレイ 6. 背面には広角・超広角・視写界深度レンズの3つのレンズを搭載しています。 そのため、さまざまなシチュエーションに合わせてAIが自動で最適な撮影モードに切り替えてくれ、光量の少ない夜間や室内でも美しい撮影が可能です。 また、インカメラも24MPという格安スマホらしからぬ高画素を誇り、自撮りでもきめ細やかで美麗な写真を撮影できます。 CPUにはHUAWEI自社開発のKIRIN 710を搭載しています。 負荷の高いスマホゲームもストレスなくプレイ可能です。 さらに、急速充電にも対応しており、同梱のACアダプターが活用できます。 持ち込み機種でSIMを差し替えて使うこともできる! ワイモバイル以外で購入した機種であっても、対応周波数・SIMの形状が合っていれば、ワイモバイルのSIMをいれて利用できます。 もちろん、SIMロックがかかったままでは正常に動作しないので、あらかじめ確認しておきましょう。 パケット通信を利用するには、APN設定も必要です。 接続実績のある他社端末・APN設定の詳しい方法については、からご確認いただけます。 なお、ワイモバイル以外で購入した端末を持ち込む場合、すべてのサービスについて、ワイモバイル側は動作保証ができません。 滅多にないこととは思いますが、それなりのリスクがあることは覚悟したうえで、申し込むようにしましょう。 iPhone 7ならワイモバイルで販売中 現在ワイモバイルでは、iPhone 7であればセット販売を行っています。 すでにワイモバイルを契約している方は、オンラインストアから簡単に機種変更をすることが可能です。 iPhoneは大手キャリアかApple StoreなどでSIMフリー版を購入することができますが、キャリアで購入するiPhoneはSIMロック解除が必須なので注意です。 また、ご自身でiPhoneを用意する場合は、念のため事前にワイモバイル公式サイトから動作確認を行っておくことをおすすめします。 ワイモバイルの機種変更時にお得なキャンペーン ワイモバイルのオンラインストアからの機種変更であれば、事務手数料が無料であること以外の料金的なメリットを受けることができるキャンペーンがあります。 ここでは、機種変更時に適用したい、お得なキャンペーン情報をご紹介します。 下取りプログラム 下取りプログラムを使えばお得に機種変更できる! 画像引用元: ワイモバイルでは、現在利用している端末を下取りに出せば、PayPayボーナスを付与するキャンペーンを行っています。 下取りプログラムでお得に機種変更ができるのです。 PayPayボーナスを付与されるにはアカウント設定が必要 PayPayボーナスを付与されるには、以下3つの設定が必要です。 PayPayアプリを利用したことがない方はご注意ください。 ワイモバイルサービスの初期登録 2. PayPayアプリのダウンロード 3. PayPayアプリと外部連携の設定 すでにPayPayアプリを利用している方で、「Yahoo! JAPAN ID」が「連携済み」かつ「Yahoo! プレミアム会員」で「Y! mobile初期登録済み」になっていれば大丈夫です。 または、ソフトバンク・ワイモバイルが「連携済み」となっていればOKです。 「未連携」となっている場合は設定を行いましょう。 PayPayアプリの設定や連携、確認方法は。 ワイモバイル指定の下取り対象端末のごとに異なりますので、ご確認ください。 新規加入(MNP、番号移行を含む)の場合 スマホベーシックプランに加入している必要があります。 また、指定の下取り対象端末(以下「下取り対象端末」)をワイモバイルへ下取りに出すことが条件です。 また、下取り対象端末は、ワイモバイルで販売した端末のうち、変更前に使用されていた端末に限ります。 さらに、機種変更ではワイモバイル指定の下取り対象端末、かつ直前まで使用していた端末でなければなりません。 下取りプログラムの申し込み手続きは「Web」または「店舗」から! 下取りには申し込み手続きが必要です。 「Web」または「店舗」から受付ています。 ・Webから申し込む場合 オンラインストア割引 オンラインストアからの機種変更で、対象機種が割引されます。 対象機種は以下の通り。 PayPayボーナスは、月額料金の支払いにも充当することができますので、かなりお得な使い道があるポイントであることは間違いありません。 せっかくであれば、このお得なタイミングを狙って申し込みをしましょう。 ワイモバイルの機種変更に関する注意点 機種変更時にはココに注意! 最後に、ワイモバイルの機種変更に関して、注意点を解説します。 PHSからの変更は「機種変更」ではない PHSからスマホプランへの変更は、「機種変更」ではなく「契約変更」とみなされます。 オンラインショップではどちらも「機種変更」という表記ですが、「契約変更」の場合は、オプションサービスが引き継がれません。 加入を希望するオプションを一から選択しなおす必要があるので、注意しましょう。 その他、新たにクレジットカードの登録も求められます。 一見面倒にも感じられますが、スマホからスマホへの機種変更と同じく、番号やメールアドレスは基本的に引き継がれます。 端末を分割購入する場合は審査が必要 店舗・オンラインに関わらず、端末を分割購入する場合は、必ず審査があります。 過去に携帯料金を滞納したことがある場合などは、分割審査に通らない場合もあります。 円滑に機種変更を進めるためにも、普段から滞納にならないように気をつけておきましょう。 申し込み時点で支払い遅延がある場合は、解消してからの手続きをオススメします。 また、オンライン上でよくあることが、住所などの入力ミスです。 打ち間違いで審査に通らないこともあります。 十分気をつけてください。 今利用している端末の残債は継続される 現在利用している端末にまだ分割が残っている場合は、そのまま新しい端末と合算して毎月支払いつづける必要があります。 いくらの支払いが何か月分残っているのか、事前に確認しておきましょう。 また、月額割引がはいっている端末から機種変更を行う場合、まだ割引期間が残っていても、残りの月額割引はすべてなくなります。 タイミングによっては損をしかねないので、こちらも注意してください。 なお、ワイモバイルでは、端末への月額割引はすでに受付終了しており、新しい端末への値引きはありません。 まとめ ワイモバイルで機種変更をする際は、事務手数料が無料のオンラインショップがオススメです。 オンラインショップならば、待ち時間もなく、自分の好きなタイミングで機種変更を申し込めます。 書類などは必要ありませんが、My Ymobile! へのログインや契約の暗証番号の入力が必要です。 一部オンラインではできない手続きもあるので、そちらの場合は店舗を利用しましょう。 また、機種変更をスムーズに済ませるためには、データの整理・バックアップ・アプリの引継ぎなど、事前の準備が大切です。 PHSからの機種変更・分割を残しての機種変更など、特殊な申し込みの場合は、事前に現在の契約内容をよく確認しておきましょう。 なお、現在ワイモバイルでは、下取りキャンペーンを実施しています。 使っていた機種をPayPayボーナスに変えられるお得なキャンペーンなのです。 その際は、PayPayアプリのインストールや連携の設定などが必要です。 ご注意ください。

次の

ワイモバイルの機種変更で最新スマホを安くゲットする方法

ワイモバイル 機種変更 手数料

mobile ワイモバイル 機種変更サービスの特徴 月額割引による大幅値引き Y! mobile ワイモバイル では新規・乗換 MNP 契約において、スマホを同時購入すると毎月の「月額割引」という端末代金を補てんしてくれる割引を受けられるため、圧倒的にスマホを安く購入できます。 この「月額割引」は機種変更においても適用されます。 しかも、新規・乗換 MNP 契約時と同じ割引額です。 機種変更手数料 Y! mobile ワイモバイル で機種変更する場合、機種代金は「月額割引」の適用によって圧倒的に安くなりますが、それ以外に機種変更手数料が必要です。 機種変更手数料は3,000円 税抜き で、機種変更を行った翌月の請求にて請求されます。 機種変更手続きの方法 申込手続き Y! mobile ワイモバイル の機種変更は全国の店舗またはウェブからの申し込みが可能です。 ウェブからの機種変更を行うと、新しい機種は宅配便により自宅へ送られてきます。 回線の切り替え 新しい端末には新しいSIMが同梱されていますが、新しい機種を受け取った翌日から3日ほどの間に自動的に新しいスマホ側に回線切り替えが行われます。 ただ、これだと新しい機種が手元に届いてから回線切り替えが行われる3日間ほどの間、古いスマホと新しいスマホを持ち歩かないといけなくなります。 対応として、機種変更後のワイモバイルオンラインストア事務局へ電話連絡 フリーダイアル することで、電話にて即時切替が可能です。 機種変更による特典 データ増量オプション2年間無料特典 Y! mobile ワイモバイル ですでに「スマホプラン」をご利用の方は、契約から2年間の「データ通信容量 ギガ 増量 1. 5倍 」の特典が適用されています。 この特典は加入から2年を経過すると終了するキャンペーンですが、3年目以降も月額500円の「データ増量オプション」を利用すると、ずっとデータ通信容量 ギガ 増量 1. 5倍 になります。 そして、Y! mobile ワイモバイル で機種変更を行った場合、この月額500円の「データ増量オプション」が2年間無料という特典が受けられます。 スマホ下取りサービス 機種変更を行うに当たり、現在利用中の古いスマホがY! mobile ワイモバイル から購入したAndroidスマホであれば、 一律12,000円で下取りしてくれます。 知らないと損!ワイモバイルの割引とキャンペーン Y! mobile ワイモバイル は宣伝広告を撃ったりホームページに大々的に掲載しないけれど、とてもたくさんのキャンペーンを実施しています。 現在実施中のキャンペーンの中から、特にお得度の高いキャンペーンをご紹介します。 データ増量無料キャンペーン データ増量オプションとは 「データ増量オプション」とは、月額500円の有料オプションで毎月使えるデータ通信容量 ギガ を増量してくれるオプションです。 500円払ってどれくらい増量してくるか、というと・・・ ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」に「データ増量オプション」を適用すると以下のようになります。 また、旧プランの「スマホプラン」にも「データ増量オプション」は適用でき、その場合は以下のようになります。 このように月額500円のオプション料金で、通常の追加チャージの2倍~14倍ものギガを増量してくれるお得なオプションが「データ増量オプション」です。 キャンペーンの概要 そして、この「データ増量オプション」を 「2年間無料で提供します!」というのが「データ増量無料キャンペーン」です。 ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」に新規・乗り換え MNP で契約した方全員が対象となります。 ソフトバンクや他社格安SIMからの乗り換え MNP でも対象となります。 ただし、 「データ増量無料キャンペーン」の適用は2019年11月28日までとなります。 下取りプログラム 下取りプログラムとは ワイモバイルでスマホセットを契約する場合、今お使いのスマホや使っていないスマホを下取りしてくれるサービスがあります。 下取りしてくれるのはSIMフリースマホ以外にも他社大手キャリアから購入したスマホなども下取り対象機種になっています。 下取りしてもらった場合、下取り代金は現金等で支払われるのではなく、 毎月の月額料金からの割引となっています。 下取り対象機種や下取り価格は毎月見直されており、3月や9月など通信サービスの需要の高い時期には下取り価格が非常に高くなるようです。 ワイモバイルでスマホセット契約する場合、使わないスマホがある場合はぜひ利用してみましょう。 機種変更サービスでも下取り可能 この「下取りサービス」は、新規での契約時以外にワイモバイルの機種変更サービスを利用する場合にも下取りしてくれます。 ワイモバイルから過去に購入したスマホだけでなく、別に購入したスマホや使わなくなったスマホなどがあれば、機種変更時にも利用してみましょう。 ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン キャンペーン概要 現在Y! mobile ワイモバイル のPHSをご利用の方が、スマホプラン・ケータイプランSSへの契約変更を行った場合、通常月額1,000円の完全かけ放題オプション「スーパーだれとでも定額」を次回機種変更まで無料とするキャンペーンです。 「スーパーだれとでも定額」は国内の固定電話・携帯電話へ掛けた場合の通話料金が回数・通話時間に制限なく無料となるオプションです。 外部リンク 対象者 現在Y! mobile ワイモバイル のPHSをご利用の方が対象ですが、以下の条件がつきます。 契約変更先のプランはスマホプラン・ケータイプランSSであること• スマホ購入を伴う契約変更であること SIMのみ発行は対象外• mobile ワイモバイル では 2018年3月いっぱいをもってPHSの新規契約を終了する、と発表しています。 いつまでPHSが使えるか 停波するか はわかりませんが、サービス終了に向けて動き出しています。 これ以降、 PHSでの料金プラン変更や機種変更なども受け付けられなくなります。 既存のPHSユーザーをスマホ契約に誘導するためのキャンペーンですね。 現在では携帯電話番号にも「070番号」が割り当てられているため、今お使いの PHS番号からは同じ番号でスマホへの移行が可能です 電話番号は変わらない。 なお、現在Y! mobile ワイモバイル では別キャンペーンとしてPHSからスマホへ 契約変更する場合の手数料 通常3,000円 が無料となるキャンペーンも実施中です。 次回機種変更まで、とは この「次回機種変更まで無料」の「次回機種変更」とはいつのことでしょうか? Y! mobile ワイモバイル では既存のユーザーがお得に機種変更できるサービスを提供しています。 「次回機種変更」とはこのサービスを利用して機種変更することを言い、ご自分でSIMフリースマホなどを入手・購入してSIMを差し替えて使う場合は機種変更には当たりません。

次の

機種変更手続き|新規契約・機種変更・解約・MNP・番号移行|サポート|Y!mobile

ワイモバイル 機種変更 手数料

オンラインで機種変更する手順 オンラインがおすすめな理由 ワイモバイルの機種変更は、 ワイモバイルの店舗またはで手続き可能です。 おすすめは断然オンラインサイトです。 オンラインなら 機種変更手数料が無料で、 端末価格も店舗より安いです。 来店不要で手続きかんたん、待ち時間もありません。 機種変更手数料が無料• 端末価格が店舗より安い• 24時間いつでも手続き可• 送料無料• 来店不要・待ち時間なし• 端末を実際に触れない• 店員さんのサポートなし オンラインで機種変更する手順 ワイモバイルオンラインサイトで機種変更する手順は大まかに以下の5つです。 公式サイトで機種変更手続き• 商品発送• SIMの差し替え or 回線切り替え オンラインサイトで機種変更手続き後、 商品が当日・または翌日に発送されます。 この際、 端末のみ送られてくる場合と、端末とセットで新しいSIMカードが送られてくる場合があります。 端末のみ送られてきた場合は、現在の端末からSIMを抜いて新しい端末に挿せば機種変更は完了です。 回線切替が必要なパターン 前章で解説したとおり、機種変更後に 端末とSIMカードが送れられてくる場合と、 端末のみが送られてくる場合があります。 端末だけ送られてきた場合には古い端末からSIMを抜いて新しい端末に挿せば機種変更は完了です。 端末にSIMカードが同封されてきた場合、これまで使っていたSIMを無効化して新しいSIMを有効にする作業が必要です。 これを 「回線切り替え」と呼びます。 「新しいSIMが送られてきたら回線切り替えが必要」と覚えておいてください。 詳しい手順書が同封されていますので、それをよく読めば大丈夫です。 回線切り替えの手順と時間 SIMが届いた場合、元のSIMカードから新しいSIMへの 回線切り替えが必要です。 同封されている用紙に記載されている電話番号(0800-919-9809)に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。 回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7:00です。 回線切り替えの電話をするまでは元の機種に挿入されたSIMが使え、回線切り替えすると1時間後くらいに新しい機種のSIMが使えるようになります。 ただし、到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。 詳細は下記サイトをご覧ください。 機種変更受付時間 ワイモバイルオンラインストアなら 24時間機種変更の手続きが可能です。 来店不要で待ち時間もありませんので、断然ワイモバイルオンラインストアでの機種変更がおすすめです。 ただし、機種到着後の回線切り替えはAM10時~PM7時のうちに行ってください。 これはオンラインサイトも店舗も共通です。 ただし、オンラインサイトではを実施しています。 オンラインで機種変更すれば手数料が無料です。 店舗や家電量販店では手数料3000円がかかりますので、機種変更はオンラインが断然お得です。 機種変更時の審査 ワイモバイルで機種変更する際、必ず審査があります。 特に以下の場合には審査が厳しくなり、審査を通過しなければ機種変更はできません。 端末代金を24回分割払いにする• 端末代金が10万円を超える 審査の通過基準は公表されていませんが、 過去に料金の滞納があったり、 機種変更回数が多い場合は審査に落ちることもあるようです。 また、ワイモバイルで10万円を越える端末は多くありませんが、今後新しい機種が出た場合には注意が必要です。 古い機種は下取りも可能 ワイモバイルで機種変更する際、 古い機種は下取りしてもらうことも可能です。 ただし、ワイモバイルの下取り額はそれほど高いものではありません。 状態がよければ街中の中古スマホ買取ショップなどで見積もってもらうことも検討してください。 店舗での機種変更に必要なもの ワイモバイル店舗で機種変更する際に必要なものは以下の通りです。 <必要なもの>• 運転免許証• 日本国パスポート• 個人番号カード マイナンバーカード• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者手帳• 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類• 健康保険証+補助書類 店舗での機種変更受付時間 店舗で機種変更する場合、機種変更は 店舗営業中ならいつでも可能です。 ただし、機種変更手続きにはかなりの時間を要しますので、閉店間際に駆け込むとかなり遅くなってしまいます。 (場合によっては受け付けてもらえない場合もあります) できるだけ時間に余裕を持って来店しましょう。 店舗はおすすめではない 正直、 店舗で機種変更するのはおすすめではありません。 店舗で機種変更すれば手数料もかかりますし、端末価格もオンラインより高いです。 「店員さんのサポートが無いと不安…」という方は仕方がないですが、オンラインでの機種変更は非常に簡単です。 端末が届いたら電話をして回線切り替えするだけです。 店舗だと1万円近く損になりますので、できるだけオンラインで機種変更しましょう。 自分で機種変更する手順は以下の通りです。 ドコモ・auのAndroid端末は、・など一部を除き、ワイモバイルのバンドに対応していません。 使えないことはないですが、 使わないほうが無難でしょう。 ソフトバンクのAndroidはワイモバイルのバンドに対応していますので、SIMロック解除すれば使えます。 しかし、 ソフトバンクのAndroid端末は2018年5月以降に発売された機種でないとテザリングできません。 その他にも一部例外があるので必ず事前に確認してください。 中古スマホに機種変更も可 持ち込み端末は、 もちろん中古でもOKです。 大手スマホ通販サイト「」などでは、中古スマホが格安で手に入ります。 ワイモバイルで機種変更できる中古スマホはざっくり以下の通りです。 また、他社版のiPhoneは、6S・SE以降の機種ならSIMロック解除すれば使えます。 Androidは、SIMフリー端末以外にソフトバンク版のAndroidスマホもSIMロック解除後に使えます。 詳細は動作確認端末一覧を確認してください。 その後、 APN設定(プロファイルのインストール)が必要です。 APNをしないと、SIMカードを挿してもデータ通信ができません。 手順: 自分で機種変更時の注意点 ワイモバイルユーザーが 自分で機種変更する際の唯一の注意点はSIMカードのサイズです。 スマホ端末によって、使えるSIMカードのサイズが異なります。 現在販売している端末はほとんどがnanoサイズですが、一部の古い機種はmicroの場合があります。 その場合、SIMカードサイズを変更してください。 SIMカードサイズの変更はワイモバイルショップのみの受付で、 手数料が3,000円かかります。 Ymobile版iPhoneから機種変更する場合 ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、他で購入したスマホに機種変更する場合は、 SIMカードの変更が必要です。 通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。 しかし、 ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。 使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。 ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方が他で購入したスマホに機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。 ワイモバイルの店舗で 「n101」に交換してもらってください。 厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。 どうしても知りたい方は「」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。 参考記事: HUAWEI P30 lite 私がワイモバイルでもっともおすすめする機種は、 HUAWEI P30 liteです。 搭載CPUはKirin710、メモリーRAMも4GBと性能は十分です。 15インチの大画面なのでゲームも快適でしょう。 カメラにはAIが搭載されており、被写体に応じて最適な撮影モードに切り替えてくれます。 ワイモバイル版はシングルSIMに改良されているのが残念ですが、普段使いには問題ありません。 安心の京セラ製スマホで、初めての方でも使いやすいのが特徴です。 端末価格も安いので、 電話やメール・LINEが中心でそれほどスマホは使わないという方におすすめです。 CPUやメモリーは最低限ですが、 カメラはデュアルレンズです。 同時期に発売されたAndroid One S7と悩む方が多いですが、S7のカメラはシングルレンズでしたので、その点ではS6の方が良いですね。 S7にはなかった指紋認証センサーにも対応しています。 価格もAndroid One S7より安いので、S7と比べるとこちらの機種のほうがおすすめです。 <端末価格>• 店舗での価格:25,920円• オンラインの価格• なら月額料金をシミュレーションできますので、ぜひ事前に試算しましょう。 iPhoneはやはり非常に人気ですね。 iPhone7は2018年末に発売され、圧倒的な人気を誇っています。 3Dゲームもできる高性能端末で、おサイフケータイや防水にも対応しています。 この場合、機種はアップルストアなどで購入することになりますので、SIMカードがあれば十分です。 詳細は以下の記事を参考にしてください。 店舗とオンラインでは端末価格が異なり、オンラインの方が安いです。 なら機種変更時に 7,200円の割引が自動適用されます。 しかし、店舗だとこの割引はありません。 しかし、 なら事務手数料が無料です。 ワイモバイルは店舗や家電量販店で機種変更する方が多いですが、この場合は機種代金に手数料が上乗せされます。 できるだけ安く機種変更したい方はで機種変更しましょう。 それは、 家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。 家のネットをソフトバンク光・Airにすると 「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。 <おうち割による割引額>.

次の