背中ニキビの原因。 背中ニキビに悩む女性に!|原因や背中ニキビケア方法・対策アイテムまとめ

背中のブツブツをきれいに!「背中ニキビ」の原因と対処法

背中ニキビの原因

背中ニキビの原因菌については、「マラセチア菌」というカビの一種である真菌や黄色ブドウ球菌といった細菌のこともあります。 これらが毛穴の奥の毛包という皮膚組織層まで侵入し繁殖して、ニキビとして発生します。 病気が原因の背中ニキビも 背中は、洋服での擦れや蒸れを伴う場所のため、他の箇所よりもニキビが悪化しやすい場所です。 ニキビは背中に限らず、ストレスが多い・油分糖分が多い食生活・ビタミン不足・紫外線などが要因となります。 そのようなことがないのにいつまでも背中にたくさんの赤みがあるニキビや膿んでいるようなニキビが常時出ている場合は、 甲状腺機能亢進症であるクッシング病やバセドウ病、また糖尿病などの内科疾患・内分泌疾患 が隠れている場合もあります。 背中ニキビの原因は男女で違う? 体のつくりに起因しているものは、男女に差がありますが(男性の方が皮脂分泌は活発・女性は毛穴が小さいので詰まりやすいなど)、ほとんどは 生活環境(洗浄不足、ケア不足、食べ物の方より、睡眠不足、疲れなど)により発症します。 ストレスで悪化することも ストレスはニキビを増やし、悪化させます。 皮脂の酸化につながるので、ストレスはためないようにしましょう。 原因となる生活習慣 紫外線を浴びる、洗浄不足、保湿不足、睡眠不足、疲労(体の疲れ、胃腸など内臓の疲れ)などが原因です。 背中は、蒸れやすいのでこれらの菌には、格好の餌場となります。 1日の汗や汚れ、皮脂はしっかり洗い流しましょう。 しかし、 刺激を与えすぎると悪化する恐れがあるのでブラシなどでゴシゴシするのは避けてください。 毛穴の中にニキビの原因菌が繁殖しているのも原因です。 ニキビがあるときは、しっとり保湿タイプは避けて、 皮脂の落としすぎを防げてしっかり洗える固形石鹸 がおすすめです。 髪の毛用のトリートメントやリンスの油分が残っている事も多々あるので、 洗髪したのちに体を洗うようにしてしっかりすすぎましょう。 洗った後は化粧水や保湿クリームでケア 洗浄後は保湿化粧品をつけましょう。 あまり 油分が多いタイプは、毛穴に詰まる ので避けた方が良いです。 比較的軽いニキビであれば、 オロナインを使用するのもおすすめです。

次の

背中ニキビの原因は【皮脂・菌・病気】薬やボディソープで改善!跡を残さない方法も

背中ニキビの原因

背中や体にひどいブツブツができる! それは背中ニキビと呼ばれるもので、顔にできるニキビとはまた原因が違うのです。 どうして体にひどい背中ニキビができるのかそのケアと対策をご紹介します。 背中ニキビとは? 背中や首、胸や肩など、体にできるニキビに困っていませんか? このように体にできるニキビを「背中ニキビ」や「身体ニキビ」と呼びますが、実はおでこや頬など顔にできるニキビとは原因が違うのです。 背中ニキビって何? 背中ニキビは、通常のニキビのように硬くなった角質が毛穴を塞ぎ、そこに皮脂が溜まってアクネ菌が繁殖することによってできます。 しかし体ニキビや背中ニキビには別の原因もあって 「毛包炎」という皮膚のトラブルということもあるのです。 毛包というのは毛が生える皮膚の組織で毛穴の奥にあります。 別名、毛嚢(もうのう)とも呼ばれます。 毛は皮膚の一部から作られているのですが、背中ニキビは背中に生えているうぶ毛の毛穴が何らかの原因で炎症を起こしてできるのです。 背中ニキビの原因 通常のニキビは、毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が繁殖することで炎症を起こします。 背中ニキビの場合には、黄色ブドウ球菌・マラセチア菌という真菌が原因で起こることもあります。 背中ニキビと呼んではいますが、前述したように 「毛包炎(毛嚢炎)」という皮膚の病気なのです。 背中ニキビの原因になる真菌は、いわゆる「カビ」なので、通常ニキビとは根本的に原因菌が違うのです。 背中ニキビは、通常ニキビと毛包炎が混在していることも多く、それぞれにケアの仕方が違うので根本ケアが難しいのです。 背中ニキビと一般ニキビの違い セルフケアをしているのに、赤い背中ニキビが治らないという悩みも多く聞きます。 それは、背中ニキビのケアを、一般ニキビと同じように行っているからかもしれません。 一般ニキビはターンオーバーの乱れによって角質が厚くなり、毛穴が塞がれてそこに皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こします。 毛包炎による背中ニキビは毛穴に真菌が侵入して炎症が起こるためケアの方法が異なるのです。 もし一般ニキビのケアをしても背中ニキビが治らない、もしくはさらに背中ニキビの症状がひどくなる場合は、その背中ニキビは毛包炎である可能性があります。 ひどい背中ニキビは他の病気かも? ひどい背中ニキビで治らないという場合、別の病気が潜んでいることも考えられます。 背中ニキビは、アクネ菌や黄色ブドウ球菌、マラセチア菌といった皮膚の常在菌が原因ですが、背中ニキビにはそれ以外にも複雑な原因が絡み合っています。 詳しくは後述しますが、それらの原因に当てはまらない、または市販の薬などでケアをしているのに背中ニキビが治らないという場合は、内科系の疾患が関係している可能性もあるため、皮膚科や専門医を受診しましょう。 ひどいニキビの原因は? 背中ニキビがひどいと、コンプレックスにも繋がります。 夏になると男性は肌を見せる機会も多いので、冬の間でも背中ニキビができないようにケアすることが大切です。 背中ニキビを根本ケアするためには、自分の背中ニキビの原因を検討し、ケアの仕方を見直していきましょう。 しかしながら、これらの真菌は元々人の体にいる「常在菌」です。 背中ニキビになるのは、皮脂や汗を好むこれらの真菌が、過剰に繁殖することです。 背中ニキビにならないようにするには、水に濡らしたタオルでやさしくふき取るなど、肌をいつも清潔にすることを心がけましょう。 一見背中ニキビと無関係のようですが、肌の生まれ変わりは顔だけでなく身体中で行われているので、背中ニキビの原因にもなるのです。 背中ニキビのケアには生活習慣を見直し、できるだけ規則的な生活ができるようにしましょう。 背中の肌も眠っている間に新陳代謝が活発になるので、睡眠不足が続くと背中ニキビがひどくなってしまう原因になるのです。 背中ニキビのケアには、理想は22時に就寝することですが、遅くとも0時までには就寝し、6時間の睡眠時間を確保するようにしてください。 特に背中ニキビには摂った方がよい栄養素がありますので、詳しく後述します。 ストレスは肌の免疫を下げ、背中ニキビがひどい炎症に繋がることにも。 さらにストレスは肌の再生力も低下させてしまうので、ターンオーバーが乱れてしまうことに繋がり、背中ニキビの原因となるのです。 背中ニキビは皮脂の詰まりが原因だからといって、むやみに皮脂を取るような洗浄力の強いせっけんやアルコール入りの化粧品などを使うと、余計に背中ニキビが悪化する可能性もあるので注意してください。 背中ニキビにも保湿が大切であることを覚えておきましょう。 背中ニキビのケア方法 背中ニキビがひどい原因は、間違ったケアかもしれません。 背中ニキビの原因をよく知り、正しいケアをすれば背中ニキビの根本ケアに繋がります。 生活に取り入れてみてください。 背中ニキビの原因は毛穴の炎症ですから、洗浄力の強すぎるボディシャンプーや硬いボディブラシなどでゴシゴシこすると、背中ニキビに過剰な刺激を与えてしまい、余計に皮脂分泌が促されてしまいます。 特に赤くなったひどい背中ニキビは、毛穴の外まで炎症を起こしている状態ですので、できるだけ柔らかい綿素材のタオルなどを使い、せっけんをよく泡立ててからやさしくそっと洗いましょう。 背中ニキビにすすぎ残しのないよう、しっかり泡を落とします。 また、お風呂で洗う順番によって、背中ニキビに悪影響を与えている場合も。 身体から先に洗い、後から髪を洗うと、ヘアシャンプーが背中ニキビに刺激を与えることになってしまうのです。 あまり熱いお湯は背中ニキビを刺激するばかりか、肌の乾燥をまねいてしまうため、40度以下の少しぬるいと感じるお湯がおすすめです。 背中ニキビを根本ケアするためにも、以下の栄養素をなるべく食事から摂ることを心がけましょう。 【背中ニキビに摂りたい栄養素】• ビタミンA(鶏レバー、人参、ほうれん草、かぼちゃ、のりなど)• ビタミンB群(うなぎ、卵、納豆、乳製品、魚、レバー、バナナなど)• ビタミンC(トマト、ブロッコリー、ピーマン、柑橘類、イチゴなど)• しかし、背中には手が届きにくいため、スプレータイプのボディ用ローションがおすすめです。 ビタミンC誘導体やサリチル酸が配合されているものが背中ニキビのケアに向いています。 また、背中は常に衣服で覆われています。 衣服の素材や、摩擦が起こりやすい斜めがけのバッグなどに気をつけましょう。 まとめ 背中ニキビは、原因がひとつだけではないことがわかりました。 それぞれの原因に合ったケアをしないと、ひどい背中ニキビになったり、皮膚に色素沈着して跡になることも。 かゆい場合でも掻きむしらず、正しい背中ニキビのケアを行ってください。 背中ニキビはセルフケアがしにくい場所でもあるので、ひどい炎症を起こしていたり、背中ニキビを繰り返している場合は、プロにご相談することをおすすめします。

次の

背中ニキビの治し方&おすすめ市販薬!背中ニキビの4つの原因とは?

背中ニキビの原因

背中ニキビができる原因は? 背中ニキビを改善するためには予防やケアが大切になりますが、その前に背中にニキビができる原因をつきとめる必要がありますね。 ニキビができる原因は、皮脂が毛穴に溜まったところにアクネ菌が増殖してしまうことなのですが、汗や皮脂の分泌が多い背中は、角質層が厚いこともあって、顔よりも毛穴がつまりやすくニキビが発生しやすい場所なのです。 背中の毛穴はなぜ詰まってしまうの? 毎日シャワーを浴びているのに、背中の毛穴はなぜ詰まってしまうのでしょうか? ・ストレス ・喫煙や飲酒 ・自律神経やホルモンバランスの乱れ ・不規則な生活で睡眠が十分に取れていない ・糖質や脂質ばかりを食べて野菜が不足している など、これらが、通常よりも過剰な皮脂の分泌を招いてしまう要因になり、シャワーを浴びたり入浴をしても、排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり合って、その汚れが毛穴を塞いでしまうからなのです。 背中は皮脂の分泌量が多い部位なのですが、日中は衣服で覆われているため蒸れやすく、夜間、寝るときには布団に密着する時間が長くなるためニキビができやすくなってしまいます。 アクネ菌は、皮脂をエサにしてニキビを増殖させる菌で酸素には弱いのですが、残念ながら、酸素は背中にまでは行き届きにくいためアクネ菌たちの温床になりやすい場所なのです。 アクネ菌に加えて、マラセチア菌という菌がニキビの中に侵入してしまうと、炎症が起きて赤く腫れたり、悪化して化膿してしまうこともあります。 長女は、中学生の頃から背中ニキビに悩んでいて、ずっと皮膚科に通っていたのですが、20代後半に突入した今も改善されず、キャミソールやブラウスに血や膿がついてしまうことも良くあります。 新しくできたニキビと赤いニキビと化膿した黄色いニキビで、背中がとっても賑やかな状態になっているので、長女はもう、ニキビで悩むことに疲れてしまい、「鏡で見なきゃ自分の目に触れることもないし、彼氏もいないし、人前で見せるわけじゃないからもういいや!」と開き直っています。 背中ニキビが治りにくい理由は? ニキビができやすい環境が整っている背中は、入浴の際に手が届かず洗い残しが発生しやすい場所でもあります。 だからといって、汚れをきちんと落とそうとナイロン製のタオルでゴシゴシこすると、背中ニキビを悪化させてしまうのでNGです。 逆に、ボディーソープ・シャンプー・ヘアトリートメントなどのすすぎが十分でないと、背中の毛穴が石鹸カスなどで詰まってしまい、ニキビを誘発してしまう場合もあります。 清潔にしているつもりなのに、なんだか、皮肉ですよね・・・ さらに、自分でケアをしようにも、背中は手が届きにくい場所なので、いったんニキビができてしまうと悪化しやすくニキビ跡も残りやすくなってしまうのです。 背中ニキビを改善する効果的な方法とは? 背中ニキビを治したくて皮膚科で診てもらったけど改善しなかったという声は良く聞きますが、まだお医者さんにかかっていない方は、治療法が合えば改善する場合ももちろんあるので、まずは、皮膚科を受診されることをお勧めします。 特殊な治療以外は、健康保険が適用されます。 アクネ菌を殺菌して、炎症を起こしているニキビを治療するために、抗生物質の外用薬が処方されることが一般的ですが、漢方薬やビタミン剤が一緒に処方されたり、ホルモン治療や毛穴につまった角栓を取り除く治療法もあります。 健康保険が適用されない治療には、イオン導入・ケミカルピーリング・レーザーなどの方法があり、効果に期待はできますが、治療費が高額になるので注意が必要です。 いろいろ試したけど全滅だったらどうしたらいいの? 背中ニキビを治すために、長女は、皮膚科で処方された漢方薬・抗生物質・ビタミン剤・塗り薬のほかにも、市販の酵素・サプリメント・治療薬や、通販で購入できるプロ〇クティブを始めとしたケア商品、さらには脱毛にも通いましたが、悪化するものはあっても改善されたものはありませんでした。 まだ若いのに、「もういいや」と諦めてしまっている長女の背中ニキビを何とかしたいと思って調べていたところ、楽天や@cosme アットコスメ で評判の良い シアクル・ゲルクリーム 2が気になったので、楽天ポイントで購入してプレゼントしようと考えています。

次の