ドラコン プロ。 誰でもヘッドスピード「50m/s」超え!? ドラコンプロが教える“引く”スウィング【動画あり】

安楽拓也ドラコンプロのスイング解説【左足のシェアリングで腰を開いてヘッドを加速する】

ドラコン プロ

ご登録後、しばらくたっても自動返信メールがない場合 迷惑メール対策をされていない方は、新着メールのお問合せをしていただき、それでも届かない場合はご利用の携帯会社のショップにて設定をご確認下さい。 迷惑メール対策をされている方は、指定受信許可リスト(受信許可)にドメイン「info prodracon. com」を追加して下さい。 com」を登録して下さい。 com」を登録して下さい。 com」を登録して下さい。 スイング動画と計測結果を撮影するにあたり、説明動画でお伝えしている、1セット中に撮影を絶対に止めないでください。 必ず録画し続けた状態で、動画が流れ続けるようにしてください。 スイング動画は、1セット毎の3撮影分もしくは、3セットを連続して撮影するパターンが、ありますが、どちらかお好きなパターンを選んでいただき、ご提出ください。 日中、屋外で撮影する際には、逆光にご注意ください。 スイング動画内で、ご提出いただく、お写真と同一であるご本人がわかるようにしてください。 スイング動画の送信とともに、本人確認のため、上半身以上の範囲が映る正面からの写真を添付して一緒に送信してください。 提出していただいた写真は、プロテスト合格後、プロライセンスIDカードの作成時にも使用い たしますので、写真への加工などはおやめください。

次の

【ゴルフレッスン動画】安楽拓也プロの飛ばしのコツ(全10回)

ドラコン プロ

ドラコン選手が使用するドライバー 1ヤードでも前に飛ばしたい、そんなドラコン選手が使用するドライバーは、飛距離では負けたくないと強く思うゴルファーの参考になるはず。 ドラコン選手は並外れたヘッドスピードで桁外の飛距離を出しますが、ドライバーも一般の物とは違うため、ドラコン選手が使用するドライバーの特徴を掴んだドライバーを使用すれば、誰でも飛距離アップする事ができます。 (ミート率は落ちると思いますので、スコアにこだわりがある方にはおすすめできません。 ) ドラコン選手が使用するドライバーの5つの特徴 (1)シャフトの長さは48インチ ドラコン選手が使用するドライバーの大きな特徴としては、シャフトの長さが長いです。 ドラコン大会でのルールで48インチ以内と決められていますので、ほとんどの選手が48インチのドライバーを使用しています。 最近では48インチや47インチのクラブを販売するメーカーもありますので、ドラコン選手が使用するドライバーと長さは近づいてきたのかもしれません。 (2)シャフトの硬さはXから5Xで60グラム前後が多い 次の特徴としては、シャフトの硬さが硬い事です。 希にRシャフトのような柔らかいシャフトを使用する選手もいます。 シャフトのしなりを最大限利用して飛ばすのですが、タイミングや方向性に安定感が無いため、硬いシャフトを使用する選手がほとんどです。 シャフトの重量については、軽量の物(60g前後が多いです。 )海外の選手は70g〜80gが多いです。 (3)ロフト角も5度〜9度程度の低ロフト ロフトも5度から9度位の低ロフトの選手がほとんどです。 なるべくスピン量を低く抑えたい為に、低ロフトのクラブでアッパー軌道でスイングして、高弾道で低スピンのボールで飛距離を稼いでいます。 その為にドラコン選手のティーの高さは5〜8センチ位の高いティーを使用する選手がほとんどです。 (4)反発係数はルール適合 ドラコン選手が使用するドライバーのヘッドは、ルール適合のものでなければなりません。 試合で使用できるものは反発規制にクリアしたルール適合のヘッドのみとなっています。 使用するヘッドは、国内・海外メーカーなど様々です。 日本を代表する南出選手はキャロウェイのヘッドを使用しています。 ドラコン選手が使用するヘッドで使用率が高い国内メーカーは、ワークスゴルフ・フォーティーン・カムイなどです。 海外メーカーでは、アダムスやクランクゴルフ・BANGゴルフが使用率が高いです。 (5)ヘッド重量は190gから195gが多い 長尺ドライバーで200g以上のヘッド重量があると、クラブバランスがFを超えてしまう為に、一般人には「かなり」振りにくくなります。 基本的には、長尺でヘッド重量が重すぎるとヘッドスピードが上がらないどころか下がってしまいます。 逆にヘッド重量が軽すぎる(170g程度)と、ヘッドスピードは上がりますが、ボールの衝突のパワーが軽くなってしまい、ボールの初速は上がりません。 おすすめのヘッド重量は、190gから195gです。 48インチでE1程度のバランスです。 初めて長尺ドライバーを試す方は、重量調整ができるヘッド(弾道調整機能付きのヘッド)がおすすめです。 ドラコン選手が使用するドライバーのまとめ (1)シャフトの長さは48インチ シャフトの長さは、48インチが大半です。 初めて長尺に挑戦する方は、45インチと48インチの中間である46. 5インチがおすすめです。 5インチでも充分に長尺のメリットを感じることができます。 (2)シャフトの硬さと重量 リシャフで長尺ドライバーにする場合、1. 5インチでワンフレックス硬いシャフトを選ぶと、45インチのドライバーと同じ硬さのイメージでスイングすることができます。 シャフトの重量は「インチカット」しない為、45インチで使用している重量より10g程度軽いものがおすすめです。 (3)ロフトも5度から9度位の低ロフト 長尺にすると、ボール位置が45インチのドライバーより左になり、よりアッパー軌道で捕らえやすくなるので、ボールが想像より高く上がります。 個人的には1インチ伸ばすことにより、1度ロフトを小さくする方が、良い弾道になると感じました。 (4)ドライバーのヘッドはルール適合 高反発(ルール不適合)だから飛ぶと思われるのが嫌であれば、ルール適合のヘッドがおすすめです。 (5)ヘッド重量は少し軽め 長尺ドライバーのヘッド重量は、190g〜195gがベストです。 ヘッド重量は重すぎると振り切れないので、ヘッドスピードは上がりません。 軽すぎると、ヘッドスピードは上がりますが、ボール初速が出ません。 繰り返しますが、長尺ドライバーのヘッド重量は、「190g〜195g」がベストです。 (初めて長尺ドライバーを試す方は、重量調整ができるヘッドがおすすめです。 ) おすすめのドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー ドラコン選手が使用するドライバー 購入者の感想や最新価格を確認する。 GDOで確認する。 ( 買取保証ならGDO) で確認する。 フェアウェイゴルフで確認する。 ( 激安輸入クラブ) で確認する。 ゴルフパートナーで価格を確認する。 ( 中古クラブ) で確認する。 楽天で確認する。 ( 最安値・翌日配達なら楽天!) で確認する。 Yahoo! ショッピングで確認する。 (Yahoo! ショッピングの登録店舗増えてます!) で確認する。 Amazonで確認する。 ( 翌日(当日)配達ならAmazon!) で確認する。

次の

誰でもヘッドスピード「50m/s」超え!? ドラコンプロが教える“引く”スウィング【動画あり】

ドラコン プロ

はじめまして。 弥永です。 私は、福岡出身の現在満51歳。 174㎝、74kg、元トレーラー 運転手をしており、現在はドラコンプロとしてツアーを転戦するのと並行して、プロ、 アマチュア問わず、飛距離アップのレッスンをしています。 私のゴルフ歴は社会人になってからで、先輩に誘われて始めた遅咲きゴルファーです。 先輩や練習場のレッスンプロ等からスイングを教えてもらいましたが、 理にかなっていないと感じる部分が多々あり、自分自身で効率の良いスイングの 仕方を模索していきました。 やがて、ドラコンという競技に参加するようになると、 一般的なスイングだけでなく、飛ばしに特化したスイングのゴルファー達がいて、 何が違うのかというのを更に突き詰めて考えるようになりました。 今回、インターネットなどを介した通信販売で、弥永理論を販売するのは初めてとなります。 今まで、弥永プロのスタジオでリアルのレッスンのみをしていましたが、私が頼み込んで、 一部の理論を販売させていただくことになりました。 弥永プロの飛距離アップレッスンは、通常4回30,000円です。 今回は、オンラインのみの特別な内容を多数盛り込んでいますが、リアルなレッスンではないと いう点と、まだ弥永プロをご存じない方に向け、 広く知っていただきたく、お試し易い金額に 設定いたしました。 しかし、それでも不安という方に向け、弥永プロのメールアドバイスを、有料版1話につき、 1回分をご購入いただいた方、全員にお付けします。 また、今後、オンライイベントやレッスン会、ラウンドレッスンなどを企画しておりますが、 その際も優先的にご案内をいたします。 しかし 弥永です。 最後までお読みいただきありがとうございます。 冒頭から堅い話で恐縮ですが、 本日敬老の日、70歳以上の高齢者が全人口の20%を占めるという発表がありました。 増え続ける医療費と悩ましい問題です。 医療費の抑制に、健康寿命の延伸というものは、 大いに関わってきています。 話は変わって、ゴルフですが、近年ゴルフもゴルフ人口の 減少に悩まされています。 原因は、シニアゴルファーのゴルフ離れ。 理由は様々ですが、 加齢によって、飛距離が出なくなり、ラウンドしなくなったというのは多い理由の一つです。 しかし、シニアが趣味を失うことは、認知症や寝たきりなど様々なリスクが増します。 ゴルフは本来生涯スポーツと言え、最近では認知症の予防にも効果があるという研究結果が あります。 私は、飛距離低下が原因で、ゴルフを辞めてしまうなら、飛距離を戻してあげ、 ゴルフで健康寿命の延伸を本気で考えています。 ぜひ、このメソッドで、人生最高の飛距離を出して、永くゴルフを楽しんでください。

次の