下ごしらえ。 簡単、えびの下ごしらえ!背わた&臭みの処理方法

“ビーツ”の下ごしらえと美味しい食べ方

下ごしらえ

もくじ• cocolog-nifty. html この項ではズッキーニを美味しく召し上がるための、下ごしらえ・下処理についてご紹介します。 油などで炒めて食べる場合は、基本的に下ごしらえは必要ないともいわれていますが、ズッキーニはナスに似てアクがあります。 気になる場合は、下処理としてあく抜きをするとよいでしょう!調理前のひと手間の違いですが、出来上がりがとても美味しくなりますよ^^ ズッキーニのあく抜き1:塩水に浸す方法• ズッキーニをよく水洗いした後、ヘタの部分を落として7~8㎜幅の輪切りにします。 塩水を輪切りにしたズッキーニが並ぶくらいの大きさの深皿、またはボールにつくります。 次の項では、直接塩を振る方法をご紹介しますが、直接塩をふりかけるとかけすぎてしまいがちですので、どちらかというと均一に塩分がからむ塩水に浸すやり方の方が、おススメだと思います。 輪切りにしたズッキーニを、作成した塩水に浸します。 ズッキーニが重ならないように広げて並べ、10分程度浸します。 次の項で紹介する直接塩を振る方法は、20~30分置く必要がありますので、こちらのやり方の方がお手軽で、時間的な面でもおススメといえます。 塩水を捨て、キッチンペーパーを使って、ズッキーニの水分をしっかりと拭き取れば下ごしらえの完了となります。 ズッキーニのアクは塩水に溶け込んでしまうので、この時水洗いは不要です。 ズッキーニのあく抜き2:直接塩を振る方法• 上記と同様にズッキーニをよく水洗いし、ヘタの部分を落として輪切りにします。 輪切りにしたズッキーニを容器に入れ、軽く塩を振って20~30分置きます。 出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取り、下処理の完成です。 じつはいろいろ調べていくうちに、輪切りだけでなくさまざまな切り方があることが分かり、切り方についても調理前の下処理とも言えることから、以下にいくつかご紹介します。 この切り方は断面が広くとれるため、本来の食感を十分味わえる切り方で、また、油の吸収が良いことから、素揚げにして出し汁などに漬ける揚げびたしや、ソテーなどがおススメのメニューとなります。 千切り ズッキーニを輪切りにしたあと、棒状に切っていきます。 食感がなくならないように、少し太めで細くなりすぎないようにしましょう。 きんぴらのような炒め料理に使いやすく、色合いに気を使って塩で味付けするとよいでしょう。 また、千切りしたズッキーニにパン粉と粉チーズを混ぜたものをまぶし、油で揚げるとフライドズッキーニができます。 角切り 角切りは、定番料理のラタトゥイユにおススメの切り方です。 切るサイズは、食感が楽しめるぐらいの大きさにしましょう。 小さめの角切りなら、寒天を使ったゼリー寄せなどがおススメです^^ 一本切り ズッキーニを縦半分にまっすぐ切り、中身をくり抜いて器として使います。 グラタンやミートソースを詰めてチーズをのせて、オーブンやトースターで焼くと、ミートソース詰めのできあがりです!パプリカなどカラフルな食材を一緒に使うと見栄えも良く、とてもオシャレな仕上がりになりますよ。 スライス ズッキーニを一本切りし、スライサーを使って断面を薄くスライスしていきます。 この切り込みにチーズやサラミ・ハムなどを挟んで、オリーブオイルをかけトースターで焼くとおしゃれなアレンジ料理のできあがりです。 naver. やはり基本はいかに新鮮なものを選ぶかどうかにかかっていますので、新鮮なズッキーニを選ぶポイントについて調べてみましたので、以下でご紹介します。 skincare-univ. 底の周辺にハリがあるものを選ぶと良いと思います。 また、ヘタの部分ですが、収穫する際にはヘタのところで切り取るのですが、鮮度がよい場合はみずみずしく、切り口からジェル状の液体が出てくるそうです。 スーパー等では袋に入っているかもしれませんが、よく観察して選ぶようにしましょう。 kagome. 上記の写真のように、太さが均一なものを選ぶようにしましょう。 きゅうりの選び方と似ていますね^^ なお、大きさについてですが、これは大きすぎない物を選んだほうが無難です。 ズッキーニは鮮度が落ちてくると、大きなものほど中がスカスカになります。 また、同じ大きさのものの中から選ぶ場合は、手で持ってみてより重い方が新鮮といえるでしょう。 表面のチェック! 表面にハリツヤがあるものを選ぶ! 最後にズッキーニの表面の確認です。 他の野菜にも共通しますが、やはり表面にハリと艶があるものは新鮮な証拠です。 また、角がある程度立っているかを確認するのも分かりやすいと思います。

次の

簡単、えびの下ごしらえ!背わた&臭みの処理方法

下ごしらえ

<チンゲンサイの下ごしらえ手順と切り方>• チンゲンサイを水洗いし、根元に包丁でまっすぐ切れ込みを入れる• 切れ込みを入れた部分から手で割いて半分に分ける• 半分に分けたチンゲンサイにもう一度切れ込みを入れ、また割いて4分の1の大きさにする• 根元に汚れがあれば水洗いするか、10分くらい水に浸けて汚れを落とす• あとは好きな料理に合わせたサイズに切って使う この切り方については文章では分かりづらい点が多いので、コチラの動画をどうぞ。 束を分けることができれば、あとは好きな大きさに切って調理に使っていきましょう。 次でチンゲンサイのレシピや使い方について書いていきますね。 チンゲンサイの美味しい食べ方や使い方レシピ チンゲンサイは スープやおひたし、炒めもの、あんかけなどにもよく合う野菜です。 もともと中国を原産とする野菜なので、レシピも中華系のものに使われていることが多いですね。 コチラはチンゲンサイといっしょに、卵や豚肉などをオイスターソースで炒めるレシピ。 まあ、材料的にまず間違いはないというか、絶対美味しいですよね。 (笑) スープであれば、片栗粉でトロみをつけて卵スープにするのはどうでしょうか。 あとは、青菜といえば個人的にはおひたしですね~。 シンプルに食べたいときにおすすめ。 おひたしの場合は、切れ込みを入れた後に一度茹でてから、切っていきます。 スポンサーリンク チンゲンサイの保存方法と冷凍の仕方 チンゲンサイは 基本的に冷蔵庫で保存します。 保存の際は新聞紙で筒型になるように包み、霧吹きなどで軽く新聞紙に水分を含ませて乾燥させないようにしましょう。 あとはビニール袋に入れて、野菜室に立てて保存してください。 冷蔵の場合は5日くらいが日持ちとなります。 また、 チンゲンサイは冷凍も可能です。 冷凍したい場合は、料理に使う大きさにチンゲンサイをカットし、水気をよく切っておきます。 そうしたらフリーザーパックに入れて、中の空気を抜き、口を閉めたら冷凍庫へ入れます。 冷凍の場合は1ヶ月位が保存期間の目安となります。 チンゲンサイに含まれる栄養 スポンサーリンク チンゲンサイは生で食べられるの? チンゲンサイは基本的には加熱してから食べますが、 アクが少ないので生で食べることは可能です。 葉物野菜ってあまり生で食べるイメージないですけどね。 ^^;ほうれん草の影響でしょうか? でも、チンゲンサイは生で食べるレシピもあって、コチラとかはツナと合わせてサラダにしていますね。 少しだけ切り取って生で食べてみて、気に入ったらサラダにしてみてもいいと思いますよ。 チンゲンサイの下ごしらえと切り方まとめ チンゲンサイはアク抜きが必要ないので、束を分けたら好きな大きさに切ってすぐ料理に使うことができます。 レシピは中華系のが多いですね。 まあもともと中国の野菜なので当然といえば当然ですけどね。 (笑) チンゲンサイを含めて青菜は栄養価が高いので、日常的に食事に加えると良いですよ~。 基本は加熱して食べますが、一応生食はできる野菜です。 気が向いたら挑戦してみても良いかも?ですね。

次の

ズッキーニの下ごしらえ・下処理の方法!皮は剥くか、切り方や選び方も

下ごしらえ

夏の薬味にかかせない「みょうが」。 さっぱりした風味としゃきしゃきの歯ごたえが、冷奴やそうめんと相まってぐっと清涼感を高めてくれますよね。 【関連記事】 知っておきたい!新鮮なみょうがを選ぶポイントって? みょうがはぷっくりと丸く、ツヤが良いものを選ぶのがポイントです。 また、穂先のチェックを忘れずに!冷房の効いたところに長い間置いてあると、鮮度が落ちて穂先がパリパリに乾いてしまうんです。 穂先の開きが浅く、先端に向けてきゅっとつぼまっているものが新鮮ですよ。 実はどちらも正解です!食べ方によって使い分けましょう。 【生で食べる場合:水にさらす必要あり】 みょうがにはアクがあり、ツンとする苦味や独特の香りがあります。 サラダやお漬物など、生で食べる場合は水でさらします。 サラダや冷奴に添えてすぐに食べたいときは、キンキンに冷やした氷水でアク抜きしましょう。 きゅっと締まって歯応えが良くなり、色も鮮やかになりますよ。 【加熱して食べる場合:水にさらさなくてもOK】 炒め物や揚げ物のようにみょうがを加熱して食べる場合は、水にさらさずに調理しても問題なし!ただし少しでも苦味が気になるなら、水にさらしてから調理したほうがおいしく食べられますよ。 小口切りは、輪切りのように「切り口が円」になるように端から切っていく切り方です。 厚みはメニューによっていろいろですが、写真くらいが一般的。 千切りは、縦半分に切ってから1~2ミリ程の幅で切ります。 そうめんなどの薬味なら、つけ汁のなかで麺と一緒に掴みやすいこちらがオススメ!サラダなどに立体的に盛りつけたり、混ぜ込み系でも小口切りと違う存在感が出せるので使い分けを。 そのまま食べる場合にも、箸で掴みやすく食感も楽しめるこちらの切り方を推奨します! 3ステップで基本をマスター!みょうがの下ごしらえ 1. 洗う 手で穂先の間についた泥などを優しく洗い流します。 表面がツヤツヤときれいであれば皮を剥かなくてOK。 全体が黒ずんでいたり部分的に変色していたりするものがあれば、その部分だけ剥ぐか切り落とします。 切る みょうがの付け根の下の部分を2ミリ程切り落とし、小口切りの場合はそのまま切ります。 千切りの場合は縦に半分に切ってから千切りしましょう。 30秒水さらす ボウルにザルを重ねて水を張り、切ったみょうがを入れて菜箸などで軽くほぐします。 アク抜きが終わったらすぐにペーパータオルで水気を切るのも大事なポイント!断面に水分がついていると雑菌が繁殖しやすく、腐りやすくなってしまうので要注意。 刻んだみょうがをさらに「追いみょうが」して、そうめんや蕎麦のお供に食べるのもおすすめです! 【みょうが+大葉のさっぱり餃子】 小口切りのみょうがと、千切りにした大葉を鶏ひき肉に練り込んで餃子にします。 つけダレは、ポン酢やフレンチドレッシングなど酸味が効いたものがベストマッチ!夏バテ時季には薬味でサッパリな餃子をどうぞ。 *** 愛される名脇役、みょうが。 ちょっとしたポイントだけで、ぐんと味が変わります。 ワンランクアップしたおいしさを楽しんでみてくださいね! 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の