エルゴ 前向き。 エルゴの抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児は前向き?

オムニ360は新生児でも安心!エルゴアダプトとの違いは前向き抱っこ

エルゴ 前向き

BRAND まずはブランド紹介• Ergobaby エルゴベビー エルゴベビーは「もっと、ずっと抱っこをしたい」という一人の母親の思い(ベビーウェアリング)から2003年ハワイのマウイ島で誕生しました。 抱っこをする人と、赤ちゃんのための「動きやすさ」、「快適性」を追求したデザインは、世界中のパパママに選ばれ、現在50か国以上で販売され、たくさんの賞を受賞しています。 人間工学に基づいた、母子への負担が限りなく軽減されるように設計された快適性に優れたベビーキャリアです。 BABYBJORN ベビービョルン ベビービョルンは1961年に設立されたスウェーデンのブランドです。 今も昔も変わらず「小さなお子様のいるファミリーの生活をいかに楽にすることができるか」を目的に、実用的で簡潔な商品を生み出してきました。 抱っこ紐の他、バウンサー、ハイチェア、オマル、ソフトスタイなど「安全」「品質」「デザイン」をコアに、お子さまとの生活に役立ち長持ちして丈夫なアイテムを提供しています。 GUIDE 購入前の確認事項 抱っこ紐の購入前に 押さえておくポイントは?• 赤ちゃんのぐずりをあやしたりオムツ替えの時。 家事の際は抱っこ紐を使用することで両手が使えるためとても役立ちます。 着脱のしやすさを想定して抱っこ紐を選ぶことが日々の育児のラクへ近づきます。 夫婦の体格差も想定してサイズ調整のしやすい抱っこ紐を選ぶことで、外出先での使用もストレスなくスムーズに。 小柄なママの場合は、ショルダーベルトがズレやすい…とかパパが使用すると赤ちゃんが窮屈そう…とならないように実際に着けることを意識して選びましょう。 ただし抱っこ紐は年中使用するものです。 赤ちゃんは体温調節機能が未発達のため暑さが苦手。 通気性の良いメッシュタイプを購入し、夏場は熱を逃しやすく、冬場は防寒具をプラスして活用する方法もオススメです。 赤ちゃんの体重が重くなるにつれてママの身体への負荷も大きくなります。 肩パッドにクッション性はあるか、抱っこした際の荷重をどのように分散できるタイプ 肩、腰、背中など なのか、肩こりや腰痛持ちの方は、自身の体に悪影響が出ないよう、なるべく試着をして体の状態に合う抱っこ紐を選びましょう。 関節の発達や、体の状態にあった自然な姿勢に調節ができることは赤ちゃんのリラックス状態へと繋がります。 エルゴノミック 人間工学 デザインを取り入れた抱っこ紐を選んだり、使用方法がわかりやすい抱っこ紐を選び、赤ちゃんの成長過程に寄り添える抱っこ紐を選んであげましょう。 抱っこのバリエーションで選ぶなら成長に合わせて4通りのスタイルに対応したOMNI360かONE KAI! 両ブランドとも上位モデルの 【OMNI360】と【ONE KAI】は「前向き抱っこ」や「おんぶ」に対応した 4Way抱っこ紐。 抱っこ紐の 対応期間が長いのは、エルゴベビーのOMNI360です。 「初めての抱っこ紐、なるべく長く使える物を選んでおきたい!」と感じる場合はエルゴベビーの使用月齢にまず注目しておきましょう。 エルゴベビーの【ADAPT】とベビービョルン の【MINI】は必要な機能を絞ったエントリーモデル。 そのため価格はお求めやすく設定されています。 特に特徴的なのが ベビービョルン のキャリアMINI。 着脱がしやすい、持ち運びやすい、荷物が重くならない、かさばらない、のメンドくさいを解消するメリットがあります。 新生児期の1本、もしくは外出時の1本として購入すると重宝するのではないでしょうか? 両ブランドとも新生児期から別売りのインサートを使用する必要なく抱っこ可能なのは嬉しいポイントです。 ベビーキャリアONE KAI Air• OMNI 360 エルゴベビーの肩パッドは厚さ2. 5cm! 当社調べ 肩パッドの厚みとクッション性は、お子さまを抱えた際の重みの感じ方に影響を与えます。 新生児期は体重が軽いのでそれほど気にならないかもしれませんが、徐々に体重が増加していくにつれ、長時間の抱っこに肩が辛く感じるようになります。 エルゴベビーの魅力はクッションの厚み。 測ってみるとベビービョルンのONE KAIは約1. 5cm、対してエルゴベビーのOMNI360は約2. 5cmほどの厚みがありました!両社のショルダーストラップを比較すると一目瞭然です。 ベビーキャリアONE KAI Air• OMNI 360 体の硬いママパパには「バックル式」はちょっと面倒かも…。 エルゴベビーの背面ベルトはバックル式。 ベビービョルンは、締めるストラップ式になります。 エルゴベビーは背中に手をまわしてバックルを止める必要があるので、体の硬いパパママの場合は着脱時に苦労するかもしれません。 特に抱っこ紐は頻繁に使用する育児道具。 必ず何回も1日の中で着脱をすることをイメージしてください。 なるべく検討している抱っこ紐は試着して購入しましょう。 抱っこ紐は『外』でも『中』でも使います!コンパクト性があると外出の持ち運びに便利。 外出する際、持ち運ぶ荷物が多かったり大きかったりすると移動が大変になります。 公共交通機関での移動であれば尚更荷物をコンパクトにしたいと感じます。 ベビーキャリアONE KAI AirやエルゴベビーのOMNI360、ADAPTの『多機能抱っこ紐』の場合、クッション性が高いためコンパクト性は欠けてしまいます(若干、ベビービョルンの方がコンパクト性は高かったです)。 ただし長時間抱っこによる身体への負担を軽減してくれるメリットもあります。 ベビーキャリアONE KAI Air• OMNI 360 ベビービョルンの3Dメッシュは通気性抜群!日本の高温多湿な環境にぴったり! 高温多湿の日本の気候。 抱っこ紐内は体の密着により熱がこもるため赤ちゃんもママもストレスに感じます。 ベビービョルンONE KAI AirやMINI Airはメッシュ生地を全面に使用したフルメッシュ仕様。 2種類のメッシュを組み合わせて構成されています。 通気性、速乾性が良いので、ムレにくく熱がこもる不快感を解消してくれます。 エルゴベビーのメッシュタイプも同じく、赤ちゃんを包む箇所にメッシュ生地を使用していますが、コットン生地を使用している箇所 腰ベルトや肩パッドの一部 もあります。 通気性の面ではベビービョルンの方が優れている印象です。 ベビービョルン ONE KAI Airは内面メッシュ エルゴベビーはお腹側に生地はありませんが、ベビーキャリアONE KAI Airは赤ちゃんと接するお腹側にもメッシュ生地があります。 内側のメッシュ生地は、赤ちゃんとの接触面の通気性を良くしてくれるので、汗ムレの不快感を軽減してくれます。 高温多湿の日本の気候に嬉しいポイント。 暑さ、ムレ、不快感、パパママは自身で対応できますが、赤ちゃんはもちろん我慢をすることができません。 赤ちゃんの気持ちに寄り添い、抱っこ環境を快適にしてあげることで育ラクへ繋がります。 ベビーキャリアONE KAI Air 前面• OMNI 360 前面• ベビーキャリアONE KAI Air 背面• OMNI 360 背面 エルゴは小柄なママに不向き?そんな時は「クロス装着」でフィット感をUP! エルゴベビーの抱っこ紐は、ショルダーストラップに肉厚パッドが背中側までしっかりと入っています。 肩幅が狭かったり、なで肩だとショルダーストラップの位置が安定せずに、ずり落ちてしまうという声を聞くことも。 「クロス装着」はショルダーストラップをバッテンに重ねて装着をすることで、小柄な女性はもちろん、フィット感がしっくりこないママパパの着け心地をUPしてくれる嬉しい機能です。 BABY BJORN ベビービョルン の良いところ• 装着が簡単!• メッシュタイプは通気性が抜群!• 新生児期のファースト抱っこ紐、手頃で手軽なベビーキャリアMINIを選ぶのアリ!• スタイリッシュなフォルムでおしゃれ!上着を羽織っても着太りしない!• 着脱のしやすさを優先するならベビービョルン! Ergobaby エルゴベビー の良いところ• 肉厚のショルダーパッドと腰パッドで肩腰がラク!• クロス装着で小柄な女性もフィット感の心配なし!• エルゴノミックシートのホールド感が良い!• 日本国内で圧倒的な人気ブランド!• 外出、旅行時の長時間抱っこなら、エルゴベビーが体の負担も少なく快適!.

次の

オムニ360は新生児でも安心!エルゴアダプトとの違いは前向き抱っこ

エルゴ 前向き

A.刺激の強すぎる場所に行かない限り、大丈夫。 前向き抱っこをする場面と言えば、公園のお散歩や、動物園、水族館等ですよね? このような状況下での刺激ならば、強すぎるという事はないはず。 視界で言えば、肩車やベビーカーと同じ事。 むしろ保護者との距離は肩車やベビーカーよりも近いです。 抱っこしている保護者が「〇〇が見えるね」「〇〇だね~」と、声がけしてあげる事で安心感も増し、好奇心を刺激する良い体験になっていくでしょう。 前向き抱っこの大きなメリットは、子供の好奇心を刺激する事です。 お母さんやお父さんと同じ目線で色々なものを見る事は、脳にも良い刺激になります。 できるだけ、人工物よりも、自然の景色や動物など、心地よいもの・癒されるものを見せてあげたいですね! パパさんの育児参加にも効果的!? なぜか前向き抱っこをしたがるのが男性。 お父さんが前向き抱っこができる抱っこ紐を選んだという口コミを多く見かけました。 対面だと照れくさい・いかにも育児!という感じがあるからなんでしょうか・・ イクメンパパの支持率も高いのが、360シリーズです。 簡単?エルゴベビーオムニ360の使い方 基本的な使い方 基本的な使い方は、とっても簡単。 1.赤ちゃんにベビーウエストベルトを取り付けます。 (ループに通すだけ) 2.腰ベルトを締めて、赤ちゃんを抱きかかえ、抱っこ紐本体とベビーウエストベルトのバックルをカチっと留めます。 3.赤ちゃんを支えながら、両肩ヒモをかけて、うしろのバックルを留めます。 ストラップを引っ張ったりして肩紐やベルトのサイズを調節しますが、一度してしまえば毎回しなくても大丈夫。 あら簡単! 新生児の抱っこ 新生児の抱っこの場合の設定も簡単です。 新生児の場合は、カラーガイドに従ってマジックテープをカラーガイドAの位置に貼ります。 ヘッド&ネックサポートを内側に折りたたんで、ボタンDを留めます。 以上の状態で、新生児も縦抱っこが可能。 あとは基本の抱っこの仕方で毎回抱っこすればOK! 赤ちゃんの大きさに合わせて調節できるので、赤ちゃんもムリな態勢を取らずに済むという点で、安心ですね! 前向き抱きの際の設定 前向き抱きの場合は、赤ちゃんのベビーウエストベルトを後ろに回します。 下図のシートアジャスター部分のボタン位置を変更して、基本の抱き方と同じ要領で抱っこするだけ。 あとは成長に応じて、お尻があたる部分のマジックテープ位置と、ヘッド&ネックサポートの高さを変更する事で体重15kgまで(3歳くらい)使えます。 最初の2~3回は少し手惑う事はあっても、すぐにサっとつけられるようになるはずです。 エルゴベビーオムニ360とアダプト、どっちを選ぶか、結論。 さて、ここまで、前向き抱っこの必要性や注意点・使い方等を解説してきました。 それでは、どっちを選ぶかについて、以下を参考にしてみてください。 オムニ360デメリット オムニ360の方が、前向き抱っこできるという機能が備わっているのでアダプトよりも優れている感じはしますが、あえてデメリットを挙げます。 前向き抱っこした時に、舐めてでろでろになる• かさばる• 価格が高い これは前向き抱っこができる抱っこ紐あるあるですが、赤ちゃん、でろでろにしちゃう事があります。 (赤ちゃんによっても異なる) なのでヨダレカバーは必須! ただ、これは対面抱っこの場合でも肩ストラップやヘッドサポートを舐めまくる赤ちゃんもいるので、360に限った事ではありません。 赤ちゃんの性格によっても異なるでしょう。 また、 かさばるのはエルゴシリーズの難点でもありますが、オムニはほんのわずかですが、アダプトよりも重量があり、かさばる感が否めません。 価格の高さは機能性を考えるとやむを得ないですが、 上記の点を踏まえて検討してみましょう。

次の

エルゴとベビービョルンどっちがいい?ママ500人に聞いたおすすめ抱っこ紐。

エルゴ 前向き

抱っこは力仕事でもあるので、お父さんの役割でもありますが、これがなかなかうまいこといきません。 エルゴにもたくさん種類がありますが、今回は前向きでも抱っこができる、エルゴ360がパパにうってつけである、ということを力説します。 おっぱいのない男性は、絶対に前向き抱っこ対応がいい 先にも書いたが、残念なことに、装着型おっぱいはまだ開発が追いついていないようで、実用レベルでの商品展開はされていない。 一応検索はしてみて、出てくるには出てきたけど、望んでいた機能性とは、ちょっとベクトルのちがうものだったし、残念なことにすべてアダルティなグッズだったので、紹介するといろいろな規約違反となるので自粛する。 普通の抱っこはなぜ嫌がるの? うちの子は、とにかく 普通の抱っこを嫌がります。 抱っこした途端に腕の中でぐるぐると回転し始め、 自ら前向き抱っこ体制となります。 無理にふつうの抱っこをしようとすると、エルゴの中が大運動会状態になるので、結構しんどいです。 これが前向きにするとかなり落ち着くので、少なくともうちのケース、父親が抱っこする場合は、360度対応一択です。 うつ熱とは あかちゃんは外部環境に対する適応力がまだ低く、熱のコントロールがまだうまくできないので、熱を発散することができずに、体内に熱がたまっていくことがあります。 発熱とはまた別の症状です。 冬でも起こるので要注意です。 SIDSの原因とする声もあります。 うつ熱に注意 さすがに、普通のエルゴを使ったがために万が一の状態に陥る、ということはないと思いますが、思った以上に赤ちゃんは熱を溜め込んでいます。 気がついたらすごく汗かいててぐったりしている、脱水症状が起きている、なんてことも起こり得ます。 医療業界に従事するぶちくまも、気がついたらべびくまがすごく熱をためてて、慌ててエルゴから下ろしてうちわで扇ぐ、なんてこともあります。 しかも、あかちゃんは脱水した時に、大人のようにすぐに水分補給、というのがうまくいかないこともあるので、なんでも予防的措置をとっておくことが大事なのです。 いや、ほんとに。 アダプトと360で比較するとコスト差でアダプト アダプトと比較すると360タイプのデメリットがみえてきます。 360のデメリットは制限体重 アダプトとオリジナルは 最大体重は20kgで4歳まで使えるのに対して、360は 15kgで3才までの使用を推奨しています。 体を支える部分が少し狭くなるので、体重が重くなると股関節への負担が大きくなるんでしょうね。 この違いをかんがえるには、価格対年数で考えてみるとわかりやすいんだけども、アダプトが25000円くらいで買えるのに対して、Omni 360だと30,000円弱。

次の