あり しゃ ん 昔。 今ではありえない!昔の「日常的な習慣」13例

今ではありえない!昔の「日常的な習慣」13例

あり しゃ ん 昔

科学技術の目覚ましい発展と氾濫する情報に息つく間もない現代社会。 一昔前のゆっくりと時間が過ぎていた時代はもっと良かった... なんて懐古的な気分に浸りたくなることもあるでしょう。 昭和を懐かしむのも然り。 でもそんなノスタルジックな想いが募る昔だって必ずしも今よりも全てにおいて良い時代だったというわけではありません。 過去にはごく当たり前として普通に行われていた物事が、現代の常識から見れば実はとんでも無く危険で残酷、非人道的であったりするのです。 時代の黒歴史として葬り去られた過去の「日常的な習慣」13例、今ではありえないことばかりですが、当時はそれがごく当たり前にまかり通っていたのです。 歯痛止め市販薬のコカイン 一般に出回った放射能商品は玩具だけではありません。 放射能は時代の先を行くスマートでシックなアイテムとして長年にわたり日常の多くの製品に加えられてきました。 もちろん化粧品の成分にも使われてきたことは言うまでもありません。 「Tho-Radia」社は香水、スキンクリーム、パウダーやリップスティックなど、様々な放射能成分入り商品を展開。 放射能による特別な「輝き」を宣伝しました。 過去が全てにおいて良かったわけではないようですね。 故人との記念撮影などは遺族の心情を思えば理解できますが、その他はなかなか共感し難い習慣ばかりです。 こんな過去の奇妙な習慣が再び日常化しないことを願いつつ.... もしかしたら現在私たちがごく当たり前に習慣化していることも未来の人間の目には異常に映るのかもしれませんね。

次の

FC版ドラクエ3をやるならWii版がおすすめ

あり しゃ ん 昔

近頃はAT(オートマチック・トランスミッション)車が普及して、MT(マニュアル・トランスミッション)車が減少してしまいましたが、昔の車はすべてMTでした。 MTとは、運転者自身がギアチェンジやクラッチ操作を手動で行うシステム。 それ以外にも、手動で行わなければならない操作がたくさんありました。 いくつか紹介していきます。 窓の開け閉めに一苦労!手動でくるくる回す「レギュレーターハンドル」 今では、パワーウィンドウのボタンを押すだけで開く自動車の窓。 しかも運転席にはたいていすべての窓を操作するボタンがついているので、ドライバーが後部座席の窓を開けることも簡単です。 ところが、昔の自動車は手動で窓を開けていました。 各ドアに付いているハンドル(レギュレーターハンドル)をくるくると回して窓を上下させていたのです。 手動で窓を開けるにあたって特に大変だったのは、高速道路の料金所。 当時はETCなど存在しないので、現金で支払う必要がありました。 料金所では、窓を開けて、料金所の係員と通行料のやり取りをします。 運転席が右側にある国産車ならいいのですが、左ハンドル車にひとりで乗っていると、助手席に手を伸ばして、レギュレーターハンドルをくるくる回して窓を開けてからお金を渡すという、ちょっと間抜けに映る光景がよく見られたものです。 「パワステ」がないので、ハンドル操作が激重! もしかしたら「パワステ」という言葉は死語かもしれません。 今ではパワステを搭載している車が当たり前だからです。 パワステとは「パワーステアリング」の略で、ハンドルを回す力を助ける機能。 かつてのハンドルは、パワーアシスト機構を介さずに車軸と直結していました。 ハンドルを回す力がそのままタイヤの角度を変える力だったのです。 当然、ハンドルを回すのは重くて力が必要でした。 今の自動車において軽い力でハンドルを回すことができるのは、パワステのおかげです。 近年では、片手で運転するドライバーも時折目にしますが、これもパワステがあるからこそと言えるかもしれません。 「三角窓」が車内の温度を左右する!エアコン代わりの救世主 運転席や助手席のウィンドウには三角形の窓がついていました。 この窓は、上下に開閉するのではなく、斜めに角度をつけて開くもので、この窓を開けたまま走行すると、外気が車内に吹き込んできます。 そして、開ける角度によって風が流れる方向が変わります。 つまり、夏の暑い日に外の空気を取り入れることで、車内を涼しくするエアコンとしての役割を果たしていたのです。 しかしこの三角窓は、雨が降ると雨粒が飛び込んできたり、信号待ちなどで停車する度に車内の温度が高くなるといった弱点も抱えていました。 そのため、エアコンの普及に合わせて姿を消してしまったのです。 子供が助手席に座ったとき、自分の顔に風が当たるようにして「あー」と声を出し、声を振動させて遊ぶ光景もよく見られたものです。 このコラムを読んでいる人の中にも、遊んだことがある人がいるのではないでしょうか。 「集中ドアロック」はない!車内からドアごとにロックが必要 今では、運転席のスイッチひとつですべてのドアをロックできる「集中ドアロック(センタードアロック)」が普通です。 しかし、昔は運転席にそのようなシステムはなかったので、各ドアを内側からロックして、最後に運転席のドアに外から鍵を掛けたものです。 後部座席が半ドアのまま施錠してしまった場合は、鍵を使って運転席のドアを開け、後部座席のドアのロックを車内から解除し、ドアを閉め直してから再度ロックをかける、といったことも珍しくはありませんでした。 現代の車ではまったく見かけなくなった「昔懐かしの装備たち」 カーナビやETCなどは近年新しくできた技術で、昔はなかった装備です。 一方で、今日ではまったく見かけなくなってしまった装備もあります。 時速100kmを超えると、アラームで警告! 日本の高速道路では、普通車の制限速度は時速100km(ただし、標識や標示で特に速度指定がない場合)。 そのため、日本の自動車はそれを超えるスピードを出す必要がありません。 つまり時速100kmを超えるとスピード違反になるのです。 ボンネット両脇の「フェンダーミラー」が主流!ドアミラーは禁止されていた 現在では、ドライバーが自動車の後方を確認するときには「バックミラー(ルームミラー)」と「ドアミラー(サイドミラー)」を見ます。 ドアミラーは、自動車のドアに付いていますが、昔の自動車ではそれが禁止されていました。 その理由は、ドアミラーを見るときには顔を横に振る必要があり、前方への注意がおろそかになってしまうから。 そのため、運転中でも自然に視線を向けることができるボンネットの両脇にミラーがついていました。 これを「フェンダーミラー」と言います。 (写真協力:伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館) しかし、輸入車ではドアミラーを採用している車種が多かったため、1983年に規制が撤廃され、日本でもドアミラーが普及するようになりました。 なお、タクシーではいまだにフェンダーミラーが使われています。 ドアミラーだと助手席に座る乗客のほうに顔を向けてしまうことになるため、「乗客に不快感を与えないように」と配慮されているのです。 雪道用のタイヤは金属の鋲が打たれた「スパイクタイヤ」が当たり前 最近では、雪道を走るときはスタッドレスタイヤを履くのが一般的。 このスタッドとは金属の鋲のことで、鋲がないタイヤなので「スタッドレスタイヤ」と言います。 スタッドレスタイヤが普及し始めたのは1980年代。 そのまえは、タイヤに金属の鋲(スパイク)をつけた「スパイクタイヤ」が使われていました。 しかしスパイクタイヤは、通常のアスファルトの上を走るのには向いていません。 スパイクがアスファルトを削りながら走行するため、騒音がうるさいだけでなく、粉塵を撒き散らすからです。 そこで、1980年代にスパイクタイヤの使用を禁止する条例が各地で制定されるようになりました。 その代わりに普及したのが、スタッドレスタイヤなのです。 冬の寒い日は「チョーク」を引いてエンジン始動をサポート 「チョーク」といっても、黒板に文字を書くチョークではありません。 自動車のチョークは、エンジンにガソリンと空気を送り込む管にある弁のこと。 運転席には、チョークを操作するためのレバーが付いていました。 このチョークのレバーを引くと、エンジンが吸入する空気の量が減り、ガソリンの比率が高まってエンジンがかかりやすくなります。 チョークを引くのは、おもに冬の寒い日にエンジンをかけるときと、エンジンを暖める「暖機」のとき。 暖機をしないで走りだすと、エンストを起こしやすくなります。 そこで発車の前にしばらくチョークを引いた状態でエンジンを回していたのです。 現在のエンジンではガソリンと空気の配合をコンピュータで制御するので、チョークレバーが搭載されることはなくなりました。 ちなみに、チョークを引いたまま走ると、燃費が悪くなります。 マフラーから黒い排気ガスが大量に出るので、後ろの車がクラクションを鳴らして教えてくれたものでした。 このように、昔と比べると今の自動車は非常に快適になったと言えます。 パワーステアリングでハンドル操作も楽々。 エアコン装備も当たり前で、温度も一定に保てます。 スマホと連動させれば、何百曲という音楽をランダムに再生できます。 昔の自動車は不便だったと言わざるを得ませんが、操作のほとんどを人間の手で行っていたこともあり、自動車に対する愛着は今よりも強かったのかもしれませんね。 2015年12月22日掲載.

次の

小宮有紗さん(ありしゃ)のプロフィール、身長、誕生日

あり しゃ ん 昔

かがみ 鉄でできている。 ひっくりかえすと、かがみのようにひかっている。 今は、とても小さくなり、持ち運びが便利になりました表側は、鉄でできている。 裏返すと鏡のように光っている。 そろばん このそろばんは、今でいうと、電たくです。 よく昔のお店で、計算で使われたそうです。 手持ちランプ 今でいうかい中電灯です。 今とほとんど変わらなくてびっくりしました。 炭火アイロン 電気アイロンが、出る前の物、火を使っていた。 今ととてもにていました。 陣笠 今は、ぼうしです。 ランプ ランプは石油で明かりをつけます。 もし夜町に出る時は、ランプをもって出ます。 はかり このお皿みたいな物に道具をおいてはかります。 今のはかりはこんな物じゃないのでびっくりしました。 げた 今のクツとちがって鼻おがついていてよくできているなとおもいました。 わらぐつ わらでできたくつ。 もしはいたらわらが、ささりそうでした。 すみび 上で火を使って、何かを焼く。 今は、フライパンなどで焼くけど昔はすみびで魚などを焼いていてよくやくけど、昔はすみびで魚などをやいていてよく焼けたなあ、と思いました。 受話器 電話する。 今では、プッシュオンと同じです 昔は、くるくる回すのだったけど今は、うつので変わっていることが分かります。 矢立 筆を入れる。 今なら習字に使う筆おきと同じです 昔と今にていました。 卓上ミシン 何かをぬう。 今なら電気を使うけど昔は、電気を使わないところがちがいです 昔のなのに使えそうでした。 陣笠 頭にかぶっていた。 今なら笠といっしょです。 昔の人がかぶっていたようです。 陣笠 わらでできています。 わたし もちなどをおいて焼く。 さかなをやく さんまは、あみで焼く。 火のし 炭を作っていた。 今のアイロン。 ぐんぼう いろいろにつかわれてきたんだなーと思った。 皿ばかり さらののっている物のおもさをはかった。 こんなにはったつしているとはおもいませんでした。 温度計 温度の記録をします。 受話機 昔の電話です。 昔の電話よりいまのほうがかんたんだと思いました。 吸入器 ぜんそくとかぜに使う物 こんなこんな物があったらべんりだなあとおもいました。 やかん 昔もこんなものがあるんだなとおもいました。 綿の縦糸をとる機械 ちくおんき 音楽を聞く道具 です。 昔は、こんなもので、音楽をきくんだなあとはじめてしりました。 あぶみ 馬につける馬具。 足をのせます。 電鍵(モールス信号を打つためのもの) 岡山県の方からお知らせいただきました。 以前は「皿ばかり」と表示していました。 間違いを指摘していただき、感謝申し上げます。 機織り機 綿の種とり機 綿花から種を取り出します。 座ぐり 座って前から糸をたぐりながら糸巻きにまきとる 道具です。 すみつぼ すみつぼは、いまでもつかわれています。 むかしのものが、いまでもあることが、びっくりしました。 はごいた はねつきに使います。 今でもお正月につかわれています。 わたしは、はごいたをつかったはねつきが、すきです。 ぼうめんき 綿から、木綿をとる道具です。 すごいと思いました。 鉄びん 鉄びんは、やかんです。 今の鉄びんは、やかんというんだなとおもいました。 武具 うでにはめて、みをまもります。 武具で、みをまもれることが、びっくりしました。 おひつ 昔はすい飯器がないので釜でたいていました。 そしておひつにご飯にうつしていたそうです。 そこからごはんをもるなんてびっくりしました。 座ずくえ これはむかしの勉強机です。 こんな広い勉強机ははじめてです。 かっしゃ これは、ロープで縛って持ち上げるための道具です。 びんぼうどっくり お酒を入れて飲むものです。 刀の先 このかたなはさきしかありません。 びっくりしました。 めがね 今もめがねです。 昔にもめがねがあるなんてびっくりしました。 米びつ 今は、米を入れる袋です。 昔のと今のがにていなくてびっくりしました。 さっぱん 今は、印刷機です。 ぼくは印刷機ではなくさっぱんを使ってみかったです。 じゅって 昔のけい察官が使う道具です。 昔のけい察官は、すごいのを持っていてかっこいいなーと思いました。 いっしょうます 1. 8リットル入る入れ物 今では、計量カップです。 昔にも計量カップ見たいのがあってびっくりしました。 コンロストーブ器 この穴の中になにかをいれるとおもいます。 ぼくもつかってみたいです。 弁当ごうり 弁当ごうりは弁当をいれるものです。 弁当ごうりというものがあるなんてびっくりしました。 井戸くみ 井戸くみは井戸の水をとるものです。 いまでもつかわれていそうですね はいのう リュックサックのようなもの。 皮でできていました。 ラッパ ラッパはいまのとおなじです。 いまのがなんねんまえにもつくられているなんてびっくりしました。 火事用ポンプ 今では、消化ポンプです。 大きな水鉄ぽうのようなかんじです。 家のところにもありました。 じゅうきょもけい 今では、おもちゃのプラモデルみたいなものです。 きれいにつくってあるなあとおもいました。 はかり 今では、重量計です。 ぼくは、このはかりでやってみたいなとおもいました。 帳付け用の箱 どんなふうに、つかったのかなあと思いました。 よろい ぼくも、きたいなと思いました。 竹胴 竹のよろいとはすごいなあ、と思いました。 武具 うでと頭につける物です。 今は使われていません、昔の道具なので大切にしましょう。 油でんこ 油のいれもの。 回りは、ベタベタしています。 たかあしぜん 今の 給食のおぼんみたいなものです。 ご飯とかおくのは、こんな物でびっくりしました。 じきろう おかしの入れ物に使われるふたのある器 こんな物に入れていたとはおどろきました。 巻物 いろいろな文字がかいてありました。 今の教科書みたいなものです。 1斗ます この1斗ますは、昔の1升ますの、10倍で18リットル入ります。 すごく、でかくてびっくりしました。 鉱石ラジオ 今のラジオは、とても小さくて持ち運びができるようになりました。 旗 旗は今と同じです。 とても重かったです。 はんこ 昔のはんこは、四角形で、今のはんこは丸くてつかいやすいです。 かんかん帽子 かんかん帽子は麦わら帽子のことです。 このぐいれ こものいれだとおもいます ちいさい物がいっぱいはいりそうです。 きゃはん 道中笠 あたまにかぶります。 たびにつかうぼうしとおもいます。 満州国地図帳 昔のちずちょうです いっぱいかみがはさまっていました。 強力消火だん 火をけす物です これで火をけすなんてできるのかわかりませんでした。 庁務室にもあったそうです。 げたスケート げたにスケートがついています。 昔は大里の池がこおるとこれですべったそうです。 ひろぶた ランプ 石油で火をつけました。 お酒の入れ物 大きなとっくりのようなものです。 箱まくら 下に木がついているまくらです。

次の