両片思い 特徴。 【両片思い診断】両片思いだとわかる雰囲気と特徴を解説

両思い・両片思いそれぞれの意味とサイン!両片思いから両思いになる方法

両片思い 特徴

両片思いの特徴【日常編】 では、日常生活での両片思いにはどのような 特徴があるのでしょう。 連絡の頻度が高い• 自然と明るく笑顔になる• 理由をつけて近くに行く• 相手の趣味に興味を持つ• 仕草や口癖が似てくる• 仲がいいのになんとなくぎこちない• 2人だけの話題がある• こっそり仲良くなる 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 初めは事務連絡からのスタートかもしれませんし、何かと理由をつけての連絡かもしれません。 しかし、だんだんとたわいもない話ばかりになっていき、気がつくと頻繁に連絡を取ることが当たり前になっています。 直接あうときは周りにも人がいますが、連絡となるとそこは二人の世界です。 そこで2人だけの関係性が出来上がっているようであれば、両片思いのケースも考えられます。 緊張で顔がこわばったり目を合わせられなかったり言葉に詰まったりすることもあります。 しかし、逆に非常に楽しそうになる、テンションが高くなる、明るくなるという場合もあり、お互いにこうした状態になるのであれば、両片思いと見てもいいでしょう。 単に仲がいいだけの場合とは違い、 少し高揚したような、浮ついた雰囲気が出るのも特徴的です。 複数人で遊んでいても、 何かと理由をつけて近くにいるのです。 そしてそのことについて、お互いにまんざらでもなく思っています。 気づいたら近距離にいるということを周りからいじられても、嫌な顔をすることはなく、少し照れる程度です。 そうした様子が見られるのであれば、両片思いと目されても不自然ではありません。 お互いにお互いの趣味に興味がなかったはずなのに、 いつの間にか教え合っている、詳しくなっているという場合は、両片思いです。 特にこれといった理由もなく、ただ相手が興味があるというから自分も興味を持ったという場合はなおさらです。 お互いにお互いを知る手段として、相手の趣味について詳しくなっている場合は、典型的な両片思いと言えます。 実はそれは、まだ付き合っていない両片思いの状態でも同じなのです。 お互いのことを普段からチラチラとよく見ていますし、意識しているので、気がつくと同じような仕草、口癖になっているのです。 どちらか片方だけに癖が移っているのであれば、それは単なる片思いと考えられます。 しかし、 お互いにお互いの癖が移っているのであれば、それは双方が意識し合っている証拠です。 つまり、両片思いの典型的な例ということができるのです。 両片思いと間違えやすいのは、単に非常に仲がいいだけというパターンです。 しかし、単に非常に仲がいいだけのパターンなら、もはやお互いに異性と思っていないことがほどんとです。 そのため、喧嘩でもしない限りぎこちなくなることはあまりありません。 喧嘩をしたわけでもないのになんとなくぎこちない、という場合は、両片思いと考えられます。 恋愛関係を深めていくにおいて、 2人だけの話題というのは重要なポイントです。 他の人とは違う関係性を築いているということなので、お互いに恋愛感情を持っていると考えることができます。 特徴的な両片思いと言えます。 大抵の人は、ごく親しい人にしか恋愛の話をしなかったり、もはや誰にも話さなかったりします。 好きな人に近づくのも同じです。 皆が知らないようなところで、 グッと距離を縮めることはよくあります。 もちろん、周りの人に力を借りて仲良くなる場合もありますが、少し仲良くなると、そこからは周りが気づかない間に仲良くなっている、つまりこっそり仲良くなっていることも多いのです。 こうした場合、両片思いと見ることができます。 両片思いの特徴【職場】 では、職場での両片思いにはどのような 特徴があるのでしょう。 やたら目があう• 相手の状況を知っている• 飲み会などで必ず話す• 落ち込んだ時に慰める• 同じチームなどになった時に理由をつけて連帯感を持つ• 2人で打ち上げをする• 距離感が近い• 相談が多い 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 仕事上での用事がない限り、自由に話しにいくことはできないからです。 しかし、いくら仕事中でも好きな人のことは気になるものです。 今日はどんな様子なのかな、仕事で困っていないかな、など、どうしても気になってしまいます。 その結果、相手のことを チラチラ見ることになります。 このとき、あまり目が合わない、一方的に見ているだけなら、単なる片思いでしょう。 しかし、同じように相手もこちらを気にしてチラチラ見ていて、よく目があうようであれば、それは両片思いの特徴の一つということができます。 目線は言葉や様子以上にお互いの気持ちを表していることがあります。 特に両片思いの場合、目線というのは非常に大きなポイントの一つなのです。 その結果、たとえ仕事で直接的に関わっていなくても、 なんとなく相手の状況を知っているという状態になります。 何も話していないはずなのに相手が自分の仕事の様子を知っているなら、それは両片思いの可能性が高いです。 普通にしていたら知らないようお互いの仕事ぶりを知っているというのは、明らかにお互いのことを意識しているからです。 最初にさりげなく近くの席を取ることもできるし、席替えの時に話したり、帰り際に話したりすることができます。 飲み会は、仕事の場で自由に話しかけることができる貴重な機会なのです。 ここを逃さず毎回必ず話をしているのであれば、それはて典型的な両片思いと見ることが可能です。 近くの席になれなくて話す機会がなくても、帰り際にわざわざ話しかけにくる、という場合には、特に可能性が高いです。 お疲れ様でも、最近どう?でも、 どんな短い言葉でも欠かさずかわそうとしてくれているのであれば、それは両片思いの特徴と認定できます。 好きな人を慰めることでアピールにもなるし、何よりも好きな人を自分が元気付けたいと思うからです。 仕事で落ち込んだ時に、どこからかその情報を聞きつけて慰めてくれる、慰めあっているという状態であれば、それは両片思いが持つ特徴です。 何も言っていないはずなのに、いつも元気付けてくれる、気にかけてくれるという場合には、両片思いの可能性があります。 気がついたら支え合う関係になっていた、頼れる存在になっていたという場合には、両片思いの可能性を考えることができます。 同じようにこちらも相手の様子を気にかけて元気付けてあげることで、より良い関係になることができます。 ここで有効なのが、チームや部署の中でも2人だけの 連帯感、仲間意識を持つということです。 若手同士頑張ろうとか、経験あるもの同士頑張ろうなど、何かと理由をつけて連帯感を持とうとしてくる場合は、両片思いと見てもいいでしょう。 実際に2人で打ち上げをしていて、打ち上げというのはただの 口実で、結局ただの飲み会になっている、デートのようになっているという場合には特に、両片思いと考えることができます。 仕事仲間の域を超えた仲であったり、やたらと話す頻度が高かったりして、距離感が近い場合は、両片思いかもしれません。 距離の近さから発覚する両片思いは本人同士よりも 周りの方が気がつきやすいです。 周りの印象を聞いて見るのもいいでしょう。 相談と言えば話しかけやすいですし、お互いの距離もグッと縮まるからです。 他の人には打ち明けないような仕事の悩みや弱音を打ち明けるような間柄であれば、両片思いの特徴と考えることもできます。 お互いに相談しあう仲なのであれば、一度その関係性が両片思いに当たるのか、改めて考えて見るといいでしょう。 両片思いを実らせる方法 では、両片思いを 実らせる方法をみていきましょう。 とにかく接点を持つ• タイミングよく接近する• 連帯感や特別感を演出する• 良き理解者になる• あえて王道のデートに誘う• 煮え切らないなら探りをいれる• 客観的な印象を聞く• 恋愛の話をがっつりしてみる• 圧力はかけない• ふわっとそばにいる• 一緒にいて楽しいことを伝える• 恥じらいながらボディタッチをする 続いて、両片思いを実らせる方法を、それぞれ詳しくみていきます。 方法1:とにかく接点を持つ どんなに両片思いであることが確実でも、 お互いに遠くから見つめあっているだけでは何も変わりません。 両片思いが確実でも、それに安心してずっと受け身で待っていると、急に現れた誰かにチャスを持っていかれるかもしれません。 とにかく接点を持つようにして、少しずつでも実際に仲良くなりましょう。 仲良くないがために実らない両片思いの場合は、とにかく動かなければ何も変わりません。 方法2:タイミングよく接近する 接近するにしても、 タイミングが大切です。 相手が非常に忙しい時に近づいていってもゆっくり距離を縮めることはできませんし、相手の都合を考えない人だなと思われて、せっかく両片思いだったのに嫌われてしまう可能性もあります。 両片思いだということで自信を持つのはいいですが、両片思いだから何をしても大丈夫と傲慢になることは危険です。 方法3:連帯感や特別感を演出する 手っ取り早く距離を縮め、お互いに特別な存在なのだと再認識するためには、連帯感や特別感を演出することが重要です。 複数人のグループの中でも2人だけの 共通点を見つけ、連帯感を持たせるのです。 そうする中で、相手も両片思いかもしれないと感じるようになり、相手から告白してくれる可能性も高くなります。 方法4:良き理解者になる 両片思いなのに実際に結ばれない理由として、好きだけど本当にこの人でいいのかという迷いがある、というパターンがあります。 その場合には、相手に 「この人でないとだめだ」と決心させることが重要です。 そのために大切なのが、良き理解者になるということです。 学生の頃は、ただ見た目がいいとか優しいとか気があうというだけで十分だったかもしれません。 しかし、大人の恋愛では、お互いに良き理解者であることが非常に大切になります。 どんなに優しくても、価値観が違って良き理解者になれなければ、レンアに踏み込むことはできないのです。 だからこそ、自分は良き理解者になれるのだということを示し、相手を安心させましょう。 方法5:あえて王道のデートに誘う 両片思いであることは確かだけど、仲良くなりすぎて今更恥ずかしい、おそらく両片思いだけど、相手がただの仲良い友達と思っている可能性も捨てきれなくて不安、という場合には、 あえて王道のデートに誘ってみましょう。 普通のデートだと、ただ遊んでいるだけになり、本当に両片思いだろうか?という不安は消えません。 あえて王道デートに誘うことによって、仲良くなりすぎて薄れていた恋愛の雰囲気が復活します。 また、仲が良すぎて普段は言い出しにくくても、王道デートなら雰囲気に乗って告白がしやすくなります。 方法6:煮え切らないなら探りをいれる 両片思いのはずなのに相手が煮え切らないという場合には、思い切って探りをいれるのも一つの手です。 最近いい人はいるのか、自分のことをどう思っているのかなど、さりげなく探りを入れつつ、 自分の気持ちも少し伝えてみてください。 両片思いのはずなのに煮え切らない大きな理由は、相手が両片思いだと確信できていないことにあります。 うまく探りを入れて、そこの不安を解消してあげましょう。 方法7:客観的な印象を聞く 両片思いであることが確かなら、相手から動きがあるのを待つばかりではなく、自分から動くのも大切です。 しかし、いざ実際に動くとなると、 急に不安になってくるものです。 そのような時には、周りから客観的な印象を聞きましょう。 そこで改めて両片思いであることを再認識すれば、自信を持って動くことができます。 両片思いを実らせるためには、自分か相手のどちらかが動くしかありません。 そして、確実に動かすことができるのは、相手ではなく自分自身です。 自分自身を動かすために何をすべきか考えることも大切です。 方法8:恋愛の話をがっつりしてみる 両片思いであろう相手に、ガッツリ恋愛の話をして見るものいい作戦です。 恋愛の話をしやすい雰囲気にして、 相手が告白しやすい雰囲気を作るのです。 その時、自分は相手のことが好きだということをそれとなく相手に伝えることが重要です。 今告白すれば絶対うまくいく、相手は自分の告白を待っている、と相手に認識させることがポイントです。 方法9:圧力はかけない 両片思いを実らせるための作戦は色々とありますが、実らせるためには 圧力はかけないということが非常に大切です。 どんなに両片思いでも、告白してくるようにそれとなく圧力をかけてしまうと、相手は腰が引けてしまいます。 強引だと思われたり、いざ付き合ってもこうして圧力をかけられてなんでも従わされそうだと思われてしまいます。 そうすると、せっかく両片思いだったのに、うまくいかなくなる可能性もあります。 両片思いを実らせるためには、圧力にならないよう気をつけながらアクションを取ることが大切です。 方法10:ふわっとそばにいる ふわっとそばにいるということも、両片思いを進展させるには有効な作戦です。 気がついたらいつもそばにいる、もはやそばにいることが当たり前という状態に自然に持ち込むことができれば、両片思いが進展する可能性は高いです。 いつも一緒にいる、これって付き合っているようなものではないか?と相手に思わせることができれば、 相手が動く可能性も高くなるのです。 方法11:一緒にいて楽しいことを伝える 一緒にいると楽しいということを伝えるのは、簡単ですが非常に効果があります。 一緒にいて楽しいということは、もっと一緒にいたい、一緒にいることが好きという意味に取れます。 このことを伝えることで、相手は両片思いに対する確信を強めます。 そうすると、 相手は告白しやすくなるのです。 方法12:恥じらいながらボディタッチをする 仲良くなりすぎて両片思いから両思いに持っていくのが難しい場合には、仲良くなりすぎた関係性の中に少しの恋愛要素を加えることが大切です。 その際に簡単にできるのが、恥じらいながらボディタッチするということです。 ここでお互いに少しドキッとすることができれば、今の マンネリ化した関係を進展させるスパイスになります。 両片思いは慎重かつ大胆に 両片思いの扱い方は、 簡単なようで難しいものです。 両片思いだということに安心して大胆になりすぎると、相手に嫌われてしまう可能性もあります。 しかし、本当に両片思いだろうか?と疑問を持つばかりで慎重になりすぎると、いつまでたっても進展がありません。 控えめに、しかし大胆にアクションを取っていくことが非常に大切なのです。 また、両片思いとわかっていても、いざアクションを起こすとなると急に自信がなくなるのは相手も同じことです。 自分自身から関係を進展させるか、そうでないなら相手に両片思いであることを確信させる動きを取り、相手に自信を持たせることが大切です。 両片思いの状況については、当人同士よりも周りの人の方が正確に把握していることも多くあります。 どうすればいいか迷った時には、周りの助言を聞くのも大切です。

次の

片思いから両想いになったか確認!男性の「好き」を見極める9つのチェックポイント

両片思い 特徴

両片思いが確信できれば自信が持てる 単なる片思いだと、気持ちに気付いてもらえない虚しさや、好きになってもらえない悲しさがありますが、両片思いを確信できると、相手も自分を好きであることが分かって、この恋に自信が持てるようになります。 確信するまでに時間がかかる 両片思いをしている当人たちは、お互いにあまり分かりやすいアプローチをかけることなく控え目な片思い状態が続くため、両思いであることを確信するまでに時間がかかることが多いです。 周囲のほうが先に気付いて、はたから見ていてもどかしいと感じることも多いです。 自分が片思いしているだけと思い込んでいるものの、お互いに相手のことを目で追っていたり意識していることが多く、雰囲気に出やすいです。 ただし、相手の好意をうっすら感じたとしても、それが本当に自分に対する好意なのか、勘違いかそうではないかまで確信する程ではないので、両片思いの状態は長引くことが多いです。 両片思いは、当人たちだけが気付いていなくて周囲にはバレバレであることがとても多いです。 雰囲気に出ていることもあり、両思いであることがバレバレなのに、お互いに片想いだと思い込んでいてもどかしい言動を繰り返すので、見ていてイライラすることもある程です。 片思いしている状態、つまり相手は自分のことを何とも思っていない状態であると思い込んでいるため、「あの人を好きなかな」「自分は嫌われているのではないか」などと相手の言動から勝手に判断して勘違いしてしまうことも多いです。 場合によっては、諦めるまでに至ることもあります。 偶然同じ環境になりやすいということもありますが、片思い相手に近付きたい、仲良くなりたいという考えから、職場の行事で同じチームになるように意図的に動くことが多いです。 グループでの活動で一緒に幹事をしたりすることもあります。 何かと共通点を作ったり、同じ役割になって一緒に行動する口実を作ろうとしまうす。 両片思いになりがちな人達は、お互いにシャイで恋愛に対して消極的であることが多いです。 どちらかが恋愛に積極的であれば告白して両思いになるものですが、双方が恋愛に奥手であるからこそなかなか進展しないので、両片思いというもどかしい状態になりやすいと言えます。 両片思いを確信するポイント よく目が合う 両片思いを確信するポイント1つ目は、よく目が合うことです。 よく目が合う場合は両片思いの可能性大です。 片思いしている時は相手のことを無意識でも目で追っていることが多いです。 それがお互いに目で追うわけですから、自然と目が合うことは増えます。 そのため行動を起こしたり、動くたびによく目が合う場合はお互いに気にしている証拠になります。 イベントでの行動 両片思いを確信するポイント2つ目は、イベントでの行動です。 例えば、バレンタインの時にグループの中でその人にだけ内緒であげたり、特別対応していたりすると、男性側も両片思いであることに気付きやすいです。 また「今日はバレンタインだから」などと、イベントを理由にして誘ったり連絡してくることも、両片思いを確認するきっかけになりやすいです。 連絡が途切れない 両片思いを確信するポイント3つ目は、連絡が途切れないことです。 特にLINEでの連絡が途切れない場合は、両片思いを確認しやすいと言えます。 LINEは気軽にメッセージを送ることができるツールなので、なんだかんだ毎日利用する人が多いでしょう。 相談や質問などであればやり取りが続くものですが、全く何とも思っていない人との特に深い意味のない日常的な会話が途切れないということはほとんどありません。 会えない時でもその人と会話していたい、繋がっていたいという気持ちの表れなのです。 自然と近くにいることが多い 両片思いを確信するポイント4つ目は、自然と近くにいることが多いことです。 飲み会の席が近いことが多かったり、グループで行動している時も近くにいたりと、気付いたら近くにいることが多いと両片思いである可能性が高いでしょう。 お互いに気になって意識して目で追ったり近くにいこうという意思が働いているため、自然と近くにいることが多くなるのです。 会話に困ることがない 両片思いを確信するポイント5つ目は、会話に困ることがないということです。 お互いに好きなので、話したいことや聞きたいことがたくさんあるのです。 お互いにシャイで奥手であることが多いので、ぺらぺらと話すようなことはないものの、控え目ながらも自然な会話が続きます。 会話に困らないというのは友情と似たような感覚かもしれないですが、友情と違うのは、ただとりとめのない会話もできるという意味ではなく、相手のことに興味があって相手のことを知りたい、相手と会話をしたいという自主的な気持ちが強く、さらにお互いがそう感じているため、会話に困らないのです。 両片思いから進展させるポイント 2人きりで会う機会を増やす 両片思いから進展させるポイント1つ目は、2人きりで会う機会を増やすことです。 職場やグループのつながりの場合、複数で会う機会が多いことでしょう。 しかし両片思いから進展させるには、2人きりで会う機会をできるだけ多く作ることが大事になります。 みんなでいるときと2人きりでいるときの雰囲気の違いを実感することで、よりお互いに意識し合うことでしょう。 また、2人きりで会うことでお互いを異性として意識しやすくなるという理由もあります。 たまにアプローチをかける 両片思いから進展させるポイント2つ目は、たまにアプローチをかけることです。 普段あまり好きアピールしない人も、両片思いだと感じたらたまに積極的にアプローチをかけてみましょう。 完全な片思いの状態でアプローチをかけることは恥ずかしさや拒否されたら怖いなと思ううものですが、両片思いの場合はむしろ少しくらいわかりやすいアプローチが、関係を進展させる鍵になります。 共通の趣味を持つ 両片思いから進展させるポイント3つ目は、共通の趣味を持つことです。 共通の趣味を持つことで、強制的に仲を深めるきっかけになります。 両片思いの場合、恥ずかしくて誘えないことで2人きりになれず進展しないということがあるので、共通の趣味を持ち、誘いやすい口実を作ってしまおうという作戦です。 共通の趣味をもつことで、会えない時の会話のネタにもなりますし、距離を縮めるいいきっかけになること間違いありません。 一緒にいて楽しい気持ちを表現する 両片思いから進展させるポイント4つ目は、一緒にいて楽しい気持ちを表現することです。 会っている時に楽しむことも大事ですが、「あなたといると楽しい」「一緒にいるといつも時間があっという間に過ぎちゃう」などと、一緒にして楽しい特別な相手であることを発言することが最も効果的です。 しっかり気持ちを伝えることで、男性も両片思いであることに確信を持てます。 たまに女性らしさを出す 両片思いから進展させるポイント5つ目は、たまに女性らしさを出すことです。 特に職場やグループ内で仲良くなっている場合、普段の姿と彼と2人きりでいる時の姿のギャップを上手に見せることが大事です。 居心地の良さも重要ですが、たまに女性らしさを出すことで、いい意味で緊張感が生まれ、男性側にもさらに意識してもらうきっかけになります。 たまにしか会わない場合も、会うたびに可愛くなったり綺麗になっているように女磨きを意識することで、女性らしさがアピールできます。 恋愛の話をする 両片思いから進展させるポイント6つ目は、恋愛の話をすることです。 両片思いの状態であえてお互いに恋愛の話をすることで、お互いの気持ちを確認できるので進展しやすくなります。 自分で恋人がほしいアピールして相手の男性が告白しやすくなるようにしたり、男性側が恋人がほしいなと言ってきたら、「私はどう?いい彼女になるよ」などと冗談ぽく且つ大胆にアプローチをかけることで進展しやすい雰囲気になります。 自分に自信を持つ 両片思いから進展させるポイント7つ目は、自分に自信を持つことです。 自分に自信がないと両片思いになっても、相手の気持ちが変わるのはないか、これ以上仲良くなって嫌われたらどうしようなどと不安になってしまいます。 両片思いの確信が悪いきっかけになってしまっては進展させることは難しいでしょう。 不安のあまりこの先の進展を自ら終わらせてしまうようなこともあります。 自分に自信を持っていれば両片思いを前向きに捉えることができ、自分からアプローチすることもできるので進展しやすくなります。 両片思い失敗に導くNGなこと 嫉妬させる言動を取る 両片思い失敗に導くNGなこと1つ目は、嫉妬させる言動を取ることです。 相手の嫉妬心を煽ろうとして、他の異性と仲良くしたり、会話の中で他の異性に好かれている、などの話をするのは、両片思い失敗に終わる可能性があるのでやめましょう。 嫉妬心が引き金となって告白されたり、進展することもありますが、嫉妬のさせ方やバランスが重要になります。 自ら嫉妬心を煽る言動をしてしまうと信用されなくなったり、「俺のことは好きじゃないのかな」などと逆効果になりやすいです。 周囲の友達にさりげなく「あの子モテるみたいだね」などと吹き込んでもらうなどして、自然な流れで少し嫉妬するレベルがいい刺激になることでしょう。 避ける 両片思い失敗に導くNGなこと2つ目は、避けることです。 両片思いの状態が恥ずかしいからと言って相手を避けることは、距離が空いてしまう可能性があるので気を付けましょう。 また、ツンデレ効果を狙って避ける人もいますが、それも相手からすると、振り回されて疲れてしまう可能性がありますし、信用を失うきっかけいになります。 告白を相手任せにする 両片思い失敗に導くNGなこと3つ目は、告白を相手任せにすることです。 恋愛に奥手な女性は、男性から告白してほしいと思っているかもしれませんが、両片思いになっている時点で、その男性は女性以上に恋愛に奥手である可能性が高いです。 そのため、告白を待つだけでは進展することなく終わってしまうこともあります。 せっかく両片思いになっていたのにどちらも告白できずにいて、相手の男性が他の女性から強いアプローチの末告白された場合、そちらの恋が実ってしまうなんてこともあり得ます。 奥手な男性には、女性側のアクションも大事であるということを意識しましょう。 両片思いに怖気づく 両片思い失敗に導くNGなこと4つ目は、両片思いに怖気づくことです。 片思いのときは自分が一方的に好きでいるだけなのである意味、気楽なところがあります。 しかし両片思いとなると、自分が好きな相手の好意が自分に向いているので、それがプレッシャーに感じることもあります。 自信のなさからくるものですが、両片思いに怖気づいてしまうと、相手の好意を素直に受け取れなくなったりするので、この先の進展は難しいでしょう。 相手の告白を待つだけではなく、自分からもアプローチするようにしたり一緒にいる機会を意識的に増やすことが大事です。 単なる片思いではなく両片思いなので、安心してアピールできますね。 少し大胆かなと思うくらいの方が進展しやすいです。

次の

両片思いの特徴とは?両思いになる方法も解説!

両片思い 特徴

両片思いとは、両想いとほぼ似た雰囲気を持つのですが、何らかの行き違いがあり、その思いが相手に伝わっていない状況となります。 特徴的な雰囲気には次のようなものが挙げられます。 目が合いやすく、目が合って笑い合うことが頻繁にあるはずです。 その気がなかったら、互いの姿を探したり、目が合って笑い合うことはほとんどないと言えます。 その他大勢と居る場合でも、なんとなくいつも隣にいるようなことが多いとされます。 互いに惹かれあっているので、近くにいたい気持ちが強く、意識的に隣に来ることが多くなります。 人に隣の位置を取られることが嫌だという独占欲の表れにもなります。 話をしていて長く続いてしまったり、途切れることがないとすれば両片思いの可能性が高くなります。 互いに自分のことを知って欲しいので、話が尽きないことになるようです。 両片思いの人のLINEの特徴としては、非常に長くやり取りが続くとされます。 たいていの場合、異性の友人とのLINEは単調ですぐに終わってしまうのですが、両片思いの場合は、両想いと同様に長くなるようです。 内容的には大したことは送っていないのですが、テンポ良くメッセージのやり取りが続きます。 これは好きな人とは、少しでも長くつながっていたいという気持ちの表れでもあります。 返信は連絡を取り合うことに喜びを感じているので、非常に早くなります。 既読マークを確認しながらチャット状態になりがちです。 人によっては、返信文を考え過ぎて返信が遅くなることもありますが、これは相手の性格によります。 いずれにしても返信が遅くなった理由を詳細に書き込むはずです。 LINEなどのやりとりを次につなげようとします。 何らかの約束をする場合、自分の空いている日程を提案し、約束がなくならないように心がけます。 両片思いの状況が職場になっている場合、両想いでもなかなか発展しにくい面があります。 職場によっては職場恋愛が禁止されていたりします。 禁止されていないとしても、職場だと何かと周囲に気を使うので、順調とは行かないようです。 職場の場合、両片思いの相手に気を取られていて、仕事が疎かになりがちで、下手をすると評価を下げることにもなります。 純粋に両想いならば一気に燃え上がることはあっても、両片思いの場合、相手の気持ちに一抹の不安や気負いがあるので難しくなります。 職場なので毎日顔を会せることになりますが、いま一歩踏み出せないことが多くなります。 頻繁に顔を見ている分、恋愛が成就しないと苛立ちにつながりやすいかもしれません。 また職場の環境や雰囲気が恋愛につながりにくい場合、恋愛を優先して転職するという選択肢もあるようです。 好きな人に「恋人募集中」とアピールするのは重要です。 だけど、やり方を間違うと、「自分は眼中にない」と勘違いさせてしまい、「好きな人があなたのために合コンを企画する」なんてことになり兼ねないので注意が必要です。 恋人募集中を両片思いの相手にアナウンスする時は、合わせてあなたの好きなタイプを伝えましょう。 この時、相手の特徴を指して「自分の好きなタイプはこんな人」と言ってください。 どんなに鈍感でも「もしかして、これって自分の事を言っているかも?」と気付くくらい、わかりやすいポイントを必ず1つは取り入れてくださいね。 そもそも、あなたたちは既に両思いなのです。 少々露骨な事を言うのに、何も恐れる必要はありません。 あなたが相手に好意を示せば、相手は必ず喜んでくれるのが両片思いなのですから。 両片思いだと、既に2人きりで食事をしたり出かけたりしていることでしょう。 仲良くなるために2人でお出かけするのは良いけれど、先に友達としての雰囲気が出来上がってしまうと、それはデートではなく、「友達と遊んでいるだけ」という状態になってしまいます。 お互い好きで誘っているのに、「相手は自分を異性の友達としか思っていないから、気軽に誘えるのだろう」と、お互い勘違いするというすれ違いになってしまいます。 それを仕切り直りするために、如何にもベタなデートスポットへ遊びに行くべきです。 あなたから誘って、カップルがたくさん来るようなデートスポットに2人だけで行ってください。 もちろん、その時は相手好みの服を着て、バッチリお洒落しましょう。 いつもとは違ったあなたを見せて、好きな人をドキドキさせてくださいね。 両片思いは双方が恋愛に奥手です。 恋愛に対して受け身だから、お互い身動きが取れずに、いつまで経っても恋人関係になれないのです。 だから、あなたが勇気を出してアプローチしても、もしかしたら相手は告白してくれないかもしれません。 この期に及んで、「自分を好きだというのが勘違いだったらどうしよう」と、あなたの好意に確信が持てず、傷つくのを恐れているのです。 こうなったら、もうあなたから告白するしかありません。 相手は告白の有無でしか、あなたが自分に好意があるのだと自信が持てないのです。 告白されたいという気持ちはわかるけど、あなたが告白しなければ、最悪両思いにならずに終わってしまうことも…。 そんなのは嫌ですよね。 だから、あなたが告白すれば良いのです。 そうすれば、晴れてカップル成立です。 「本当に両片思いなのか自信がない…。 自分から告白する勇気がない…」というなら、仲間に協力を仰ぎましょう。 持つべきものは仲間です。 仲間内で最も信頼できる人に、好きな人と両思いになるにはどうしたら良いか相談してください。 協力の方法は色々あります。 ・どうしたら自分の気持ちが相手に伝わるか一緒に考えてもらう ・さり気なく相手の気持ちを聞いてもらう ・「あいつ、おまえのこと好きなんじゃない?」とほのめかしてもらう ・「あいつ、おまえのことで悩んでたぞ」とカマかけしてもらう 共通の友達に恋のキューピッド役をお願いするのです。 両片思いになるような奥手なタイプは、案外周囲から外堀を固められると、覚悟を決めるもの。 ただし、好きな人が秘密主義で、恋人が自分たちのことを簡単に他人に話すのを好まないようなタイプなら、この作戦は使えませんので、注意してくださいね。 「自分からの告白が恐い」「ガッツリ協力をお願いできるような適任がいない」という場合、両片思いのまま関係は停滞してしまいます。 その場合、好きな人と少し距離を置いて嫉妬させるという最終手段しかありません。 「押してダメなら引いてみよう」です。 今までずっと密に仲良くしていたあなたが、すっと身を引いて、自分以外の異性に目を向けたら、きっと好きな人は焦ることでしょう。 嫉妬心に燃える自分に「やっぱり好きだ」と自分の気持ちを再確認し、「このままではダメだ」と、あなたへの告白を決意してくれるかもしれません。 ただし、これは諸刃の剣です。 何せ両片思いをする人は恋愛に奥手で自己完結しやすいですから、あなたが距離を置いたら、ネガティブ思考全開になってしまう可能性があります。 ・何か嫌われることをしてしまったのかもしれない ・やっぱり自分はただの友達だったんだ ・自分ではなく別の人がすきなんだ そう思って、あなたへの気持ちを諦めてしまうかもしれません。 距離を置く方法を試すなら、リスクを覚悟の上で行ってください。 両片思いかどうかの診断チェック項目12個を紹介します。 これらのチェック項目が当てはまるか確認してみましょう。 いろいろなこと質問してくる 2. 直接会った後にお礼のメールなどが来る 3. 趣味や休み過ごし方などのプライベートを聞いてくる 4. 昼間のデートに誘ってくる 5. LINEのやりとりが長く続く 6. じっと見つめてくることがある 7. その人の魅力や優れた点を別の人に話している 8. いつも近くにいて何かと距離が近い 9. 誕生日やクリスマス、年明けなった瞬間にメールなどが届く 10. 自慢話や武勇伝を含めた過去の出来事を話したがる 11. 好物や好きな色などを覚えている 12. ファッションやアクセサリーなどを褒めてくれる 何個当てはまりましたか?当てはまる数が多いほど、両片思いの可能性が高くなります。

次の