香典 袋 裏 金額 書き方。 香典の書き方!中袋なしの時の裏書きはどうするのが正解?

香典の金額の書き方。中袋と外袋、縦書きと横書きについて解説。

香典 袋 裏 金額 書き方

スポンサーリンク 簡易式のし袋の金額の書き方は? 簡易式のし袋の金額の書き方は、中袋がないのでのし袋の裏の左下に書きます。 金額はやや大きめに書くと相手にも分かりやすいですよ。 金額の縦書き・横書きの書き方 のし袋に金額を書くときの書き方は、縦書きなら漢数字(大字(だいじ))で、横書きなら数字(算用数字)で記入します。 わざわざ一字空けなくてもいい、一字空けて書かなくてもいいなら金壱萬円と書いてみてくださいね。 横書きの10,000円や5,000円の途中でコンマを書いてますが、コンマがあった方がいくら入ってるのか相手も読みやすいので、コンマは書くようにしてみてくださいね。 金額欄があるのし袋の書き方は? 簡易式のし袋の裏側に金額欄がある場合は、そこに金額を書きます。 金額欄が縦書きに印刷されてれば漢数字で、横書きに印刷されてれば数字で記入してくださいね。 スポンサーリンク 簡易式ご祝儀袋の封の仕方は? 簡易式ご祝儀袋の封の仕方は、お祝い用のシール(封緘シール)を貼ればいいですよ。 ご祝儀袋をのり付けすると開けるときに敗れたり汚くなったりするじゃないですかー。 その点お祝いシールならシールを取ればいいだけなんで、のり付けしたよりも汚くなったり破れたりはあまりしないですよ。 封緘シールの注意点 ご祝儀袋の裏には封緘シールを貼ればいいといいましたけど、封緘シールを貼るときには気をつけなければならないことがあるんですね。 封緘シールって割と小さいので、しっかり貼り付けないと取れてしまうこともあるんですよ(汗) なので、必ず貼り付けるときには、ご祝儀袋の裏をしっかり折ってから、ご祝儀に貼ったシールが取れないようにキッチリ・しっかり貼り付けてくださいね! ちなみに、下記にも封筒の糊付け(のりづけ)について載ってるので参考にしてみてくださいね。

次の

香典の書き方【金額の書き方編】数字?漢字?横書き?こんなときどうする?

香典 袋 裏 金額 書き方

香典(お金の入れ方) 1. ) お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、 お金の向きを揃えて入れるようにしてください。 【香典 お金の入れ方 向き】 地域差もありますが、もし慣習を気にする地域にお住まいの場合には、お札の裏側の面が香典袋の表側に来るようにします。 また、3枚の紙幣を入れる場合には3枚のお札の向きや面が揃うようにします。 新札は用いない 新札を用いると、まるでご不幸を見越して用意していたようだということから、新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。 どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。 逆に汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。 お金を中袋に入れたら、外包みで包む 中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。 手順は下記のとおりです。 (1)外包みを開きます。 内面が表にでている状態で、中央に中包みを置きます。 このとき、背面が表にでている状態にします。 (2)左、右の順で外包みをかぶせ、下、上の順で包み終えます。 最終的には上側が、右の画像のように被いかぶさっている形となります。 水引きの中に元通りになるように入れて完成です。 香典袋と中袋とお札の向き 香典袋+中袋の場合 香典袋のみの場合 上包み,正式包み+中包みの場合 香典袋に入れるお札の向きには厳密な決まりはないとされますが、一般的には香典袋と中包み(または中袋)に対して、お札は、裏=うらの面が来るように入れるのが慣例となっています。 香典袋は、お悔やみ用の熨斗袋のことで不祝儀袋とも言います。 このイラスト見本をご覧下さい。 正式な包み方として上包みを使う場合もあります。 [ポイント] 上記の上包み・正式包みで包むやり方として紹介している「中包み」の包み方については、このページの下の方[「2. 中包みの包み方(お金の入れ方包み方)でイラスト入りで解説しています。 奉書紙や半紙などで包むやり方です。 香典袋の中袋の金額の書き方 ・市販の香典袋の中には、中袋(中包み、内袋)がついているものもあります。 ・ 中袋に金額や住所を書く欄があるものは、その中に記入します。 ・下記は、中袋に書く漢数字の表記のしかたの例です。 上に金という文字を書くのが通例ですが、「金参萬圓也」のような也はつけなくて良いとされています。 もしアラビア数字で書く場合、5,000円、10,000円、30,000円などは横書きで書きます。 薄墨を使うのは、悲しみの涙で墨がにじんでいますという意味だとされます。

次の

香典で中袋なしだと金額の書き方裏面は?必要なら作り方包み方は?

香典 袋 裏 金額 書き方

香典には、表書き・金額・住所・名前などの項目を記入する必要があると紹介しました。 ここでは、 香典の詳しい書き方や様々なケース別の書き方について解説していきます。 中袋の書き方 香典袋には中袋や内袋と言うお金を入れる封筒がついていることが多いです。 中袋にはご遺族が香典返しをするときの参考となる、 金額や住所氏名を記入します。 これらが書かれていないと、ご遺族に余計な気遣いをさせてしまうこともあるので必ず記入するようにしましょう。 金額の書き方(表面) 中袋の表側には包んだ金額を記入しますが、いくつか気を付けたいことがあります。 旧字体の漢数字(大字)を使う 一般的に、香典の金額は簡単に改ざん出来ないように 旧漢字 大字 で書きます。 「円」は大字では「圓」と書き、数字の前に「金」をつけます。 10000円の香典を出す場合は、「金壱萬圓」となります。 「金壱萬円」でも問題ありません。 大字の書き方を表にすると以下のようになります。 算用数字 漢数字 大字 3000円 三千円 参仟圓・参阡圓 5000円 五千円 伍仟圓・伍阡圓 7000円 七千円 七仟圓・七阡圓 10000円 一万円 壱萬圓 30000円 三万円 参萬圓 50000円 五万円 伍萬圓 70000円 七万円 七萬圓 100000円 十万円 拾萬圓・什萬圓 横書きの場合 香典の金額は縦書きで書くのが一般的ですが、横書きの場合は、 算用数字・アラビア数字で書きます。 最近の香典袋には、金額を書く欄が中袋に横書き用に印刷されているものがあります。 その場合も漢字ではなく算用数字で金額を書きます。 住所・名前の書き方(裏面) 中袋の裏面には、会葬者の住所や名前を書くのが一般的です。 連名などで記入する人数が多くなる場合は、別紙に記入し、中袋に同封します。 中袋の記入例は以下の通りです。 中袋なしの場合 包む金額によっては水引が印刷された封筒タイプの香典袋を使うことがあります。 封筒タイプの香典袋の場合、中袋や中包みがついていないことが多いです。 また、袋が2重になっている=不幸が重なるという考え方から、中袋を使用しない地域もあります。 このように中袋がない場合は、 香典袋(外袋)の裏側に住所と氏名、金額を書きます。 書き方は、香典袋の裏側に、中袋の裏面と同じように書くだけで問題ありません。 表書きの書き方 表書きは、その昔、人に贈り物をするときに、その内容を示すものとして付けられていた目録が簡略化されたものといわれています。 最近では、この表書きがあらかじめ印刷されている香典袋が多く販売されていますが、 表書きが印刷されてない香典袋には自分で記入する必要があります。 実はこの表書きは故人の宗教や渡す時期によっても異なります。 ここではそんな表書きの違いについて解説していきます。 表書きが印刷されている香典袋を買うときにも参考にしてみてください。 故人の宗教による違い 表書きは故人の宗教によって変わります。 宗教によってはタブーとされている表書きもあるので、失礼とならないよう気を付けたいところです。 仏教 仏教の場合、 御霊前や 御仏前と書かれる場合が多いです。 基本的に仏教では四十九日の忌明け法要までは、御霊(みたま)となってこの世にいらっしゃると考えられています。 その為、通夜・葬儀・告別式では御霊前と書かれることが多くなっています。 御霊前や御仏前の他に、 御香典や 御香料でも問題ありません。 また、 香典袋は黒白または銀一色の水引の物を選びましょう。 不幸が二度と起こらないようにという意味から、結びきりの水引が使われます。 キリスト教 表書きの書き方は、キリスト教式の場合、2つの宗派によって変わるのでそれぞれ見ていきましょう。 まず、 カトリック カソリック の場合、御花料や御ミサ料と書きます。 また、御霊前を使用しても問題ありません。 キリスト教ではお香を焚きませんので、御香典とは書けません。 また、仏にもなりませんので御仏前とも書いてはいけないので注意しましょう。 プロテスタントの場合、御花料や献花料、忌慰料と書きます。 注意したいのは、プロテスタントでは御霊は異教の偶像崇拝とされていますので御霊前は不適切となり失礼に当たるという点です。 キリスト教の宗派は葬儀が行われる教会名から宗派を調べることができるので事前に調べておきましょう。 宗派がわからない場合は、どちらの宗派でも使用できる御花料を使用するのが無難です。 また、一般的に 香典袋は水引のない、キリスト教用の物を使います。 ただし御霊前を使用する際は、黒白もしくは銀一色の結びきりの水引で白無地の香典袋を使用しましょう。 無宗教または故人の宗教がわからない場合 日本ではいかなる宗教も信仰していないという方は少なくありませんし、そもそも故人の宗教がわからないという場合もあると思います。 故人の宗教がわからない場合の表書きは 御霊前と書くのが無難ですが、浄土真宗やプロテスタントの場合はタブーとされてしまうので注意が必要です。 また、故人の宗教がわからない場合は 香典袋は多くの宗教・宗派で使用できる白色のものを使用し、水引は黒白または銀一色の結びきりのものを使用しましょう。 四十九日を過ぎると表書きが変わる 浄土真宗以外の仏教では四十九日になると故人が成仏すると考えられているため、表書きは 御仏前となります。 最近では、四十九日法要を四十九日前の土日などに行うこともありますが、その場合でも御仏前とするのが一般的です。 名前の書き方 次に香典袋の表面に書く 名前の書き方について見ていきます。 夫婦で香典を出したり、会社の同僚など有志一同で香典を出すことも増えているので、その際の書き方についても解説していきます。 個人で香典を出す場合 個人で香典を出す際は、 香典袋の水引の下の真ん中に自分の名前を書きます。 誰がこの香典を出したかがご遺族にわかりやすいように、フルネームで書いてください。 また、上司などの 代理で香典を出すときは上司の名前の左横に「代」と書きます。 夫婦連名で出す場合 夫婦でお葬式や法事に参列する場合や、故人が夫婦でお付き合いのあった方だった時などに 夫婦連名で香典を出すことがありますが、この際名前はどのように書けばよいのでしょうか? 夫婦で参列するとき 夫婦で参列する場合は通常、 夫の名前だけを書きます。 親子や家族で連名する場合も、子供が独立していないのであれば世帯主の名前だけ書きます。 しかし、夫婦ともに参列し、なおかつ故人と夫婦ともに特に親しかった場合などは2人の名前を書きます。 その場合は夫の苗字・名前を中央に書いた後、妻の下の名前のみを夫の名前の左側に書くようにしましょう。 また、相手側に結婚の報告をしてない場合は、中袋の名前の左に旧姓も記入しておくと良いです。 ここまで香典袋の書き方について見てきましたが、そもそも 香典袋はどんなものを使って書けばよいのでしょうか? 墨を使って筆で書かなくてはならないのかと不安に思う人もいるかと思います。 ここではそんな疑問を解決していきます。 原則薄墨で書く 香典袋は 原則薄い墨で書きます。 これには「涙がこぼれ落ちて墨が薄まってしまった」「突然の訃報に墨を濃くすることが出来なかった」という意味があり、お悔やみの気持ちを表します。 現在は弔事用の薄墨の筆ぺンが売られているので、薄墨がない場合、自分で墨を用意して筆で書かなくても問題ありません。 また、中袋に記入する際は、受付の方やご遺族にわかりやすいように、通常の濃い墨の筆ペンや黒のインクのペンを使用するのが一般的です。 ボールペンやサインペンで書いてもよいか 筆ペンや毛筆が用意できない場合には、香典袋にペンで書いても良いのでしょうか。 訃報というのは突然やって来るものです。 急なことでどうしても用意できないという場合には サインペンでも問題ありませんが、インクは黒色を使用して下さい。 しかし、この場合でもボールペンや鉛筆では失礼に当たる為、使用しないようにしましょう。 香典に関するその他のマナー 金額相場や香典袋の選び方、包み方や渡し方など、香典には書き方以外にも様々なマナーがあります。 ここでは簡単に解説しますが、詳しく知りたい方は各段落でご紹介する記事を参考にしてみてください。 香典の金額相場 香典の金額相場は 故人との関係性や法要によって変わります。 一般的に 親族の場合は一万円~十万円で故人との血縁関係が近いほど高額になります。 また、 知人や同僚などの場合は五千円~一万円ほどが目安とされています。 香典は高額過ぎても香典返しなどご遺族の負担になってしまうことがあるので、相場を把握しておくことは大切です。 「終活ねっと」の以下の記事では香典の金額相場についてさらに詳しく解説していますので気になる方は合わせてご覧ください。 香典を渡すタイミング・渡し方 香典を渡すタイミングは お通夜やお葬式に参列した時です。 基本的にはどちらで渡しても大丈夫ですが、地域の風習によって決まっている場合もあります。 いずれにせよ、どちらかで渡せば問題ありませんが、2回以上渡してしまうと「不幸が重なる」という意味でマナー違反になってしまうので注意が必要です。 また、香典を渡すときは袱紗に包んで持参し、渡すときに袱紗から出すようにしましょう。 相手から見て香典袋が正面向きになるように渡しますが、渡す際にお悔やみの言葉を一言添えても良いでしょう。 「終活ねっと」の以下の記事では香典を渡すタイミングについてさらに詳しく解説しておりますので気になる方は合わせてご覧ください。 香典袋には表書きと名前のほか、ご遺族が香典返しをするときにわかりやすいよう金額や住所氏名を書く。 香典袋の表書きは宗教や渡す時期によって変わる。 故人が無宗教だったり、宗教がわからない場合は御霊前を使うのが無難だが、浄土真宗やプロテスタントではタブーとされているため注意が必要。 人数によって名前の書き方も変わり、個人の場合や連名の場合など、いくつかのパターンに分けられる。 中袋には表に金額、裏に住所氏名を記入するが、金額は旧字体の漢数字である大字で書く。 香典は薄墨で書くのが原則とされているが、筆ペンなどを用意できない場合はサインペンを使っても良い。 ボールペン、鉛筆は避けた方が良い。 香典には書き方以外にも金額相場やお札の入れ方、渡し方などのマナーがあり、失礼にならないためにも把握しておきたい。 葬儀に参列する際に必ず持参する香典。 だからこそ、様々なルールはありますが故人の考えを尊重し、お互いに素敵な最後のお別れをするため、ご遺族に必要以上に負担をかけないためにも最低限のマナーは知っておきたいものです。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の