排卵日 外だし 確率。 排卵日当日の外だしセックスの妊娠確率

排卵日の4日前が妊娠しやすい?その理由とタイミングを知る方法

排卵日 外だし 確率

妊娠しやすいタイミングの取り方を図解でわかりやすく解説してます! 現在2人のママの高齢管理人が妊娠した方法はタイミング法です、 精子と卵子の寿命や受精可能時間について調べまくり妊活に挑んだタイミング法まとめです。 最近は 排卵日予測検査薬のCMもはじまりましたね!(武田:ハイテスターH) 精子が子宮に到達するまでの時間、排卵検査薬の使い方&排卵日予測方法を徹底的に解説しています。 排卵前から排卵後、卵子の受精可能期間が過ぎるまで常に精子が待機している状態を作ります。 私が妊娠するまでかかったタイミングの期間 私の場合は6周期でした。 私が妊娠するまでかかったタイミングの回数 排卵日を予測し、 精子と卵子の受精可能期間と精子と卵子の寿命を考慮した上で、その前後で 複数回のタイミングを取ります。 排卵前から排卵後、卵子の受精可能期間が過ぎるまで常に精子が待機している状態を作ります。 この記事の目次• 単純に計算すると5〜6周期で9割が妊娠していることになります。 しかし、この タイミング法の妊娠確率。 排卵のタイミングと卵子と精子の寿命や受精可能時間がしっかりあっていた場合の話なんです。 排卵日を逃さない妊娠しやすいタイミング法をしよう …とにかく赤ちゃんが欲しくて欲しくてそれでもなかなか出来ず。 サプリや運動で体作りをしながら、タイミングをあわせる方法をネットや本で検索しまくる毎日を送っていました。 リセットした後は毎月、次の 排卵日の予想をたて、その日が近づいて来たら基礎体温や排卵検査薬とにらめっこ(笑) 仲良しの回数はどの位なのか、期間はどの位頑張ればいいのか、タイミング法の妊娠の確率・成功率はどの位なのか? 疑問は山ほどある中、やれる所までやろうととにかく必死でした。 (2人目妊娠しました!) (私は医療従事者ではありませんので、記載事項が全て正しいとは限りません。 しかし、ネットなどで情報を集め自分なりにこれで行こうと判断したものをまとめたものです。 ご了承くださいませ。 ) 精子と排卵日(卵子)のタイミングをあわせることで受精率妊娠成功率をあげるタイミング法 タイミング法は確率論です。 しかし、排卵日と性交のタイミングがあわなければ、妊娠確率(成功確率)は低くなってしまいます。 タイミング法 何回目で妊娠出来るか…これは、タイミングがあっていなければ期間がかかりタイミング法の回数だけが増えていくことになります。 受精の可能性が低くなるということです。 タイミング法でなかなか妊娠しない方も、卵子と精子の寿命と排卵のタイミングの見極め方をもう一度チェックしてみることで妊娠の可能性がより高まると思います。 タイミング法の成功確率・妊娠確率をあげるポイント 妊娠できるタイミングは排卵日の前後1週間位、また排卵日の二日前、前日など諸説あります。 しかし、卵子の寿命と精子の寿命を考えると思ったより余裕ありません。 ですから、 排卵日の前から膣内に精子をスタンバイさせることが大切です。 精子が待ち構えている状態にしておき、そこに排卵が起こることが1番妊娠しやすいのです。 卵子の寿命と精子の寿命から逆算する 射精された直後の精子には受精能力がない。 射精後、5~6時間後から受精可能な運動が出来る。 受精可能な運動が出来るのは1日半(36時間)。 卵子は排卵されてから6~8時間ほどが受精可能時間。 排卵前に精子が待ち構えている状態が妊娠しやすい。 排卵の6時間以上前にはタイミングを取っておきたい。 受精可能な運動が出来るのは36時間しかない。 なので排卵の6時間前にはタイミングを取っておきたい。 (射精後5〜6時間後から受精運動可能なので) 精子の数などに問題がない場合、あまり禁欲には意味がない。 (排卵の直前にお外に出しちゃうのは論外ですが、定期的に普通にしていれば問題ないと思います。 ) などのポイントに気をつけていました。 生理周期:28日〜30日周期 排卵日平均:周期16〜18日目あたり(遅め排卵でした) (生理開始日を0日目とカウント) 周期10〜12日目あたりから排卵検査薬を使用していました。 (私は遅めでしたが、平均値の14日目あたりに排卵する事も無いとは言えないからです) 私の場合、10日目から12日目あたりは排卵検査薬が真っ白の事が多かったです。 そして14日目位から色づき始めたので、その頃から 排卵検査の回数を1日1回から1日2〜3日に増やしました。 LHサージを捕まえるのは時間との勝負になるので、朝一、お昼、夕方帰宅後など、時間を決めて検査します。 排卵は個人差があるので、自身の排卵パターンにあわせて検査してみるのが良いかと思います。 市販の排卵検査薬は高くて手が出ませんでしたのでさんの、外国製排卵検査薬を買いだめして何度も検査していました。 LH濃度の上昇(LHサージ)とは? LHとは黄体形成ホルモンのことです。 卵子が成熟すると分泌量が急激に増加し、その急上昇(LHサージ)によって排卵がおきます。 LHサージの開始から終了までは48時間。 血中および尿中のLHサージが 始まってから24〜36時間以内に排卵がおこると言われています。 LHサージは上昇開始から48時間で基礎レベルに戻ります 排卵前期のLHサージは3つの部分に分けられます。 陽性が出てから 24〜36時間で排卵ではありません。 LHサージ 開始から24〜36時間で排卵です。 尿中に出てくる前に体内ではLHサージが始まっているのです。 排卵検査薬でLHサージの始まり・ピークはわかる? 血中ホルモンが尿中に出てくるまでは数時間のタイムラグがあります。 排卵検査薬が陽性になる前に体内ではLHサージが始まっています。 図解をみていただきたいのですが、陽性が出たとしても、それがLHサージのどの時点なのかは私たちにはわかりません。 一番濃くなった(LHサージのピーク)としても、尿中に出てくるにはタイムラグがあるので、注意が必要なのです。 …ということは、 排卵検査薬が陽性になったら「すみやかに」タイミングを取りたいところです。 なにしろ、 卵子の受精可能時間は排卵後の6時間と大変短いからです。 ですから、検査薬の陽性を見る前に、排卵する前に精子を体内に送り込んでおいて、卵管内で待機させておき、陽性を確認したら再度タイミングを取っておくのが理想的です。 しかし、一度しかタイミングが取れないのであれば、排卵検査薬が陽性になったらすぐにタイミングを取って、排卵時には精子が待機しておくようにしておきましょう。 精子が卵管膨大部まで到達するのに要する時間 精子が元気であれば射精後2分以内に頸管粘液を通過します。 そして 約5分後には卵管に到達しているといわれています。 卵子の寿命だけでお話すると、 卵子の寿命は約6〜24時間程度と言われています。 精子の寿命は3〜5日と言われます。 しかし、排卵後のタイミングの場合は、受精可能な時間で考えた方が良いでしょう。 精子は射精後、5~6時間後から受精可能な運動が出来ます。 そして受精可能な運動が出来るのは1日半(36時間)。 そう考えると、排卵直後であれば妊娠の可能性はあると言えるでしょう。 このサイトに記載している、受精可能時間というのはあくまで妊娠の可能性を高める為の計算です。 卵子の寿命が24時間(1日)であることから排卵後約1日以内にタイミングを取りましょうという事になるのです。 排卵前のタイミングであれば、精子の寿命を考えて2~3日前から子宮に精子を送り込んでおくという事になるのです。 どちらにせよ、 排卵日のあたりをつけることが出来たらなるべく早くタイミングを取ることが大切です。 私は一日2〜3回排卵検査薬を使っていました。 基礎体温とだいたいのリズムであたりをつけて朝一番と、帰宅後の2回検査していました。 朝は陽性が出ていなくても、午後や夕方に始まる事もあるからです。 私はさんの中国製排卵検査薬・海外製排卵検査薬をまとめ買いして利用していました。 一本当たりの値段が39円〜ととってもお安いので惜しみなく使えます。 (DAVID、Wondfo、採尿不要EGENS) 排卵検査薬が陽性にならない・いつまで経っても薄いままな場合 これも私の体験談になりますが、私は薄い線のタイプでした。 はっきりくっきり、濃くなった経験はありません。 何度かチャレンジしている内にこの位の濃さ(6割位?)、または前回より濃くなっている反応であれば陽性と判断していました。 LHサージがはっきりとわからない方は、もしかしたら黄体形成ホルモン(LH)の上昇が緩やかなのかもしれません。 そうすると排卵がおきずらくなることもあります。 妊娠の可能性をより高めるタイミングの取り方(仲良し)まとめ 排卵前( 排卵の6時間前には)にタイミングを取っておく。 精子は射精ののち6時間後に受精可能運動を始めるので、排卵した時には運動可能な方が望ましいです。 (卵子の受精可能時間(寿命ではありません)は、6~8時間ほどしかありません) しかし、正確な排卵の時期は誰にもわかりません なので、私は排卵が近くなったらなるべく早くタイミングを取り、排卵が終わり高温期に入るまで、 常に受精運動可能な精子が体内(精子は卵管で卵子を待ちます)にいる状況を作りました。 イラストにすると以下の通りです。 そしてその運動は36時間続く。 排卵前から高温期に入るまで、理屈の上では36時間ごとに数回(2回、3回、4回とタイミングを回数取っていれば、 受精可能運動をしている精子が常にお腹の中で卵子を待っている状態になります。 私のタイミング法攻略まとめ タイミング法で妊娠する可能性を高める方法 しっかりと定期的な排卵がされるように、や食事だけでは足りない必要栄養素をサプリで取り入れ、 体と卵子のコンディションをあげる 排卵検査薬で陽性が出たらすみやかにタイミングを取る。 排卵前にタイミングを取って精子を待機させておく。 (理想は排卵の6時間以上前) はっきりと陽性反応が出ないタイプで、タイミングに迷う時は、予想排卵日の1日半(36時間)〜2日(48時間)前にも一度タイミングを取っておく。 私の場合は、さらに高温期に入るまで1日半(36時間)〜辛い時は2日(48時間)おきに頑張る。 排卵痛がある場合はその感覚も頼りにする(一般的に排卵痛のピークは「排卵前の約5時間〜排卵後の1時間程度」のようです。 ) 旦那様が萎える・立たない・タイミングがとれない 旦那さまのやる気(精力)や精子のコンディションも大切。 亜鉛サプリを普段から飲んでもらいタイミングに備えていました。 さいごに この方法が医学的に正しいかどうかはわかりません。 しかし、この計算法通りの タイミング法で、精子と卵子が上手く出会い、受精・着床・妊娠する事が出来ました。 精子と卵子の出会うタイミングがばっちりあったとう事です。 卵の質を良くするための体作り(運動・冷えとり・食事・妊活サプリによる体質改善)と排卵日を正確に狙ったタイミング法で授かることが出来たと思っています。 基礎体温表をつける事で自分でもある程度予測は可能ですが、より正確な排卵日の予想をたてるためにはエコーによる卵胞チェックが適切です。 一般に、タイミング法の時期には、治療や検査の多くに保険が適用されます。 タイミング法 1周期の治療費は、3千円~2万円ほどが平均的かと思われます。 (薬を使用したり、注射をしたり検査の種類により、治療費は異なります。 ) クリニックでタイミング指導を受けた場合、期間は半年〜1年ほどで人工授精などにステップアップすることが多いようです。 (年齢にもよります) 自分で行う場合は、基礎体温計本体の料金のみではじめることができます。 私の場合は、基礎体温の計測と排卵検査薬を併用していました。 私はさんの中国製排卵検査薬・海外製排卵検査薬をまとめ買いして利用していました。 一本当たりの値段が39円〜ととってもお安いので惜しみなく使えます。 (DAVID、Wondfo、採尿不要EGENS) HCGを打って強制排卵させタイミングを取る方法 もう一つの方法は、クリニックや産婦人科に通って卵胞チェックしてもらうことです。 排卵直前の卵子を確認したら、お医者さんに「HCG注射」を打ってもらっていました。 そしてその夜にはかならずタイミングを取ります。 18mmや20mmで排卵と言われていますが、それ以上大きくなることもあるので排卵まで日数がかかる場合があります。 お医者さんに聞いてみた所、18〜20mmあれば成熟しているので排卵させて問題はないとのことでした。

次の

【妊娠確率】年齢・生理の関係や排卵日予測で妊娠確率をあげる基礎知識|妊活・避妊・タイミング【専門家 河井助産師監修】

排卵日 外だし 確率

ただし、コンドームが破れたりしない場合は、きちんと避妊具としての効果を果たすことはできますよね。 生セックス中に外出しして妊娠するよりかは、コンドームをして外出しの方が妊娠確率は格段に低いです。 おおよそですが、コンドームをして外出しの 妊娠確率は0. コンドームをして外出しする際にゆっくりとペニスを引き抜く等の工夫をしてください。 僕も経験がありますが、コンドームが外れそうになると本当に焦りますよね。。 動きの激しさもありますが、一番重要なのが、コンドームのサイズです。 僕もいろいろ試して、ようやく自分にピッタリのコンドームを見つけることができました。 コンドームのサイズについてはもちろん、それぞれのメーカーの特徴なども詳しく書いたので参考にしてください。 妊娠の心配がない分、彼女もエッチに集中できて、お互い気持ちよくなれます。 サイズ選びも大切ですし、さらに付け方も正しくしたほうが良いです。 正しい付け方をすれば、意外にも感度も上がるので僕はしっかりゴムしてセックスしてます。 ただ妊娠確率が高いので、お互い妊娠を望んでないなら不安が頭の片隅にあると思います。 僕も理想のコンドームを見つけるまではやっていましたし、それで何度か不安になったこともあります。 ただ、コンドームで生みたいに気持ちいいのが、今のベストになっています。 ゴム無し外出しの妊娠確率が衝撃的! ゴム無し外出しの妊娠確率について紹介します! 「ゴム無し外出しなら妊娠確率を下げることができるだろう」と考えている人は、考えを改めたほうがいいです。 確かに、 中出しセックスと比べればゴム無しの外出しの妊娠確率は低いですが、それでも油断できる数値ではありません。 特に、外出しを排卵日当日でないから油断してセックス(中出しセックスも同様)した場合も、妊娠するリスクは意外と高いのだと理解してください。 友人の生外出し派のみんなも、さすがに排卵日近くはコンドームをつけています。 上で紹介したコンドームサイズの選び方などで自分に合ったものを選ぶのも大切ですが。。 しっかりしたテクニックを学ぶことで、コンドームをしていてもお互い気持ちよくなるエッチができます。 みんなが実践した中でも女の子も自分も気持ちよくなれる挿入テクニックをまとめたので、チェックしてみてください。 コンドームをつけていても生に負けないエッチができて、お互い幸せになれます。 外出し後に再挿入したら!? 外出し後に再挿入した時の妊娠確率について紹介します。 外出し後、つまり1回射精した後は決まってペニスに精液がこびりついています。 そのため、 外出し後に再挿入するセックスは「精液まみれのペニスをもう一回膣内に挿入している」のだと考えてください。 これだと、膣内に中出ししたも同然ですよね。 外出し後の再挿入は、単純に考えると、妊娠確率は1回目の外出しセックスの2倍以上となってしまいます。 そもそも、外出しをしたということは、外出しフェチでもない限りは「避妊のことを考えている」ということですよね。 そんな考えを持っているのだとしたら、 再度妊娠してしまうリスクを高めてしまう外出し後の再挿入は行うべきではありません。 するにしても、時間を空けてから、シャワーをあびたり、しっかり拭いた後で再挿入をするようにしてください。 中出しは外出し以上に危険な行為です。 どれだけ確率が高いのか、妊娠させてしまった体験談などを下の記事にまとめました。 外出しで妊娠しない方法はある!? 外出しで妊娠しない方法があるのかどうか見ていきましょう! 外出しは「避妊」ではありません。 確かに、精液を中に直接出さないことによって、いくらか膣内に取り込まれる精液の量を減らすことはできるでしょう。 しかし、 それでも少量ながら精液が膣内に入ってしまいますので、完全に避妊できるわけではありません。 外出しで妊娠しない方法を探すよりも、コンドームをつけて正しいセックスを行った方が、避妊としては正解でしょう。 ちなみに、「コンドームを付けた外出し」よりも「コンドームを付けた中出し」の方が妊娠確率は低いです。 外出ししているはずなのになぜ中出しの方が妊娠しない可能性があるのかというと、 外出しするタイミングで乱暴にペニスを引き抜いた結果、コンドームが破ける恐れがあるからです。 そのため、コンドームを付けた状態でセックスするのでしたら、外出しするのはあまりおすすめしません。 この部分からも「外出しすれば妊娠しないわけではない」ということとイコール付けることができますよね。 外出しのタイミングはいつ!? 外出しのタイミングについて紹介します。 少しでも妊娠確率を下げたいという場合は、外出しのタイミングもしっかりと把握しておく必要があります。 外出しのタイミングを間違うと膣内に精液が多く残った状態になってしまうので、妊娠確率は中出ししたものとあまり変わりません。 おおよそ射精すると思ったタイミングから1秒程度間を空けてから外出しするといいでしょう。 まず間違いなく射精を行うことはできますし、ペニスを引き抜いたタイミングで精液がドバっと出てくることになります。 もちろん、外出しのタイミングを守ったからといって、必ず妊娠しないとは限りません。 外出しする前に出ていた 我慢汁にも精子が含まれているので、その精子が原因で妊娠してしまうからです。 妊娠しないために外出しのタイミングを勉強するのも大切ですが、それよりも 「コンドームを付けてセックスすること」が、妊娠させないために必要であると考えてください。 危険日に外出しすると確率は!? 危険日に外出した場合の妊娠確率について紹介します。 外出しで妊娠させた経験がある40歳・会社員 「危険日セックスで妊娠させた経験があります」 「まだ子供は作らない」と、妻との話し合いで決めていました。 しかし、 どうしてもムラムラしてしまい、妻の危険日にセックスをすることに…。 中出ししたかったのですが外出しで我慢して、出来る限り妊娠しないように気を付けていました。 経験上、外出しをしておけば女性が妊娠をする確率は低いと考えています。 しかし、なんと このセックスが原因で妻が妊娠してしまいました。 覚悟を決めて出産すると夫婦で決め、今では笑顔で子供と関わることができています。 外出し妊娠が夫婦にとって良い経験だったかもしれません。 以上が外出しで妊娠させた経験を持つ男性の体験談です。 外出しをしている以上、基本的に妊娠する、妊娠する確率はあると思っていないですよね。 その妊娠がきっかけで、人生が大きく動くことだけは間違いありません。 一時の快楽を求めて生でエッチをすることは、妊娠の確率などお互いにリスクが高いですね。 外出しをお腹にした時、女性の反応は!?どう対処する!? 外出しをお腹にした時の女性の反応を紹介します。 外出しをお腹にする、イコール女性の身体に精液がついてしまう事です。 セックスして「イく!」と思ったらすぐにちんこを抜くのは変わりませんが、抜いた後のちんこが床や布団にかかるように調整してください。 正常位をしているのなら抜いた瞬間、自分の手を使ってもいいので、ちんこを下向きにしましょう。 バックの場合はそもそも外出しがお腹にかかることは滅多にありません(お尻にはかかるかもしれません)。 厄介なのは騎乗位で、外出ししてもちんこを傾ける場所がないので、どうしても外出しでお腹にしてしまいがちです。 お腹にするしない関係なく、妊娠の確率がありますから、コンドームをつけましょう。 外出しは失敗しやすい!?危険性は高め 外出しは失敗するケースが多いことは是非知っておいて下さい。 外出しを失敗せずに行えた場合の妊娠率は、おおよそ1~2%と説明してきました。 しかし、実際には外出しに失敗する確率もかなり高いということを覚えておいて下さい! 男性が性的に興奮してしまっている状況では、射精するタイミングで外出しに失敗する可能性は高いです。 急に我慢できなくなって中出ししてしまったり、射精をコントロールできないケースは多いです! 普段ゴム有のセックスをしている方が外出しにチャレンジする際にこのような外出し失敗は起こります。 元々は外出しのつもりで行為をしていたのに、射精間際に性欲に負けて中出ししようと考えてしまう男性も存在します。 僕の友人も外出しのつもりで行為をしていた所、ゴム無しセックスの快楽に負けてしまい外出しに失敗していました。 その友人はそのままパパに・・・。 このように、男性側の気持ち次第で外出しに失敗する要因はいくらでも出てきます! 外出しに失敗するリスクは常に考えて、しっかりとコンドームの着用することをおすすめします。 それでも外出しを行いたい方は、外出しに失敗してもいいような信頼できるパートナーに限定して下さいね。 そもそも外出しは間に合わない! そもそも外出しは間に合わないというお話をします。 「中に出さなければ大丈夫」・・セックス前はそう考えるかもしれません。 しかし、実際には外出しが間に合わないことの方が多いので注意して下さい! 世の中の不倫・浮気などが何故これほど多発しているかというと、体が誘惑に負けてしまうことに他なりません。 同じように、セックス前は中出しは避けようと思っていても快楽に負けて外出しが間に合わなくなってしまうケースは非常に多いです。 外出しが間に合わなくなるリスクを十分に考えて下さい。 セックス中に冷静な判断ができたとしても、タイミングが遅れると外出しが間に合わなくなるケースも多々あります。 デキ婚や不倫バレなど、外出しが間に合わなくなってしまうことで人生が悪い方向に変わってしまうこともあります。 このように、「外出しするから生でやっても大丈夫」など考えるのは非常に危険だということを理解して下さい。 外出しに間に合わない可能性を考えて、ゴムを確実に着用することをおすすめします。 子作りを行う前提の夫婦など、最後に生での快感を楽しむために外出しを試すのは良いかもしれませんね。 外出しについてのまとめ 外出しの妊娠確率などについてのまとめです。 外出しの妊娠確率は 生、コンドーム有など総合すると、おおよそ1~2%となっています。 この確率を高いと考えるか、低いと考えるかは人それぞれですが、決して無視できない数字ですよね。

次の

妊娠する確率は?意外と知らない複雑な妊娠のしくみ

排卵日 外だし 確率

監修 落合病院 副院長 近藤恒正 先生 この記事の目安時間は6分です 目次• 俗に言う「おりもの」とは、子宮内膜(しきゅうないまく:子宮の内側を覆っている組織)の分泌物、子宮頸管(しきゅうけいかん:子宮の下に位置し、腟とつながっている部分)からの分泌物、腟壁(ちつへき)からの分泌液と古い細胞などが集まった粘液、バルトリン腺(腟の入り口部分の左右に存在する分泌腺で、うまく性交(セックス)できるように促す働きを持つ)や皮脂腺や汗腺からの分泌液、これらが混ざり合った粘り気のある液体が、腟の外へ排出されたものです。 おりものは、医学的には「帯下(たいげ)」と呼ばれています。 おりものは、毎日腟の中で分泌されていますが、毎日排出されるのではなく、周期的に、分泌量が多くなると腟の外へ排出されるため、下着に付着したりするなど、目に見える形で確認することができるようになります。 正常に分泌され腟の外へ排出されるおりものは、生理的な現象です。 成熟し生理がある女性のおりものの分泌は必要不可欠と言えます。 おりものは、いつも同じではありません。 正常なおりものでも、卵の卵白のようなもの、さらりとしているもの、乳白状のもの、粘着力が強いものなど様々で、周期によって見た目の性状そして分泌量などが大きく異なっています。 おりものの性状(形や色など)そして分泌量が正常とかけ離れている場合、身体で異変が起きている可能性が非常に高くなります。 おりものは、異常を発見できる身体からのサインといわれています。 異変があった場合は、婦人科あるいは産婦人科で検査を受け、その原因を探ることが必要です。 おりものの分泌量と形態の変化は、生理の周期と連動しています。 なぜなら、おりものは、生理と同じように女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)の影響を受けているためです。 生理の周期(平均28日周期)は、以下の4つにわかれています。 ・生理がある「生理期(約5日から6日程度)」 ・排卵期までの「卵胞期(約6日から7日程度)」 ・排卵日が含まれる「排卵期(2日から3日程度)」 ・次の生理予定日までの「黄体期(約12日程度)」 おりものは、生理の周期に連動して分泌量が変わります。 卵胞ホルモンは排卵期に、黄体(おうたい)ホルモンは黄体期に分泌量のピークを迎えます。 おりものは、卵胞ホルモンとほぼ比例するように排卵期に分泌量のピークを迎えます。 おりものの重要な役割は2つあります。 「自浄作用機能」と「受精の手助け」です。 「自浄作用機能」とは、腟からの細菌の侵入を防ぎ、常に腟の中を清潔に保つ働きをすることです。 腟口は、位置的にも肛門に近いために大腸菌が侵入しやすいのです。 また腟の中や外陰部(腟口)の周辺の皮膚に存在している常在菌(身体に生息し常に存在している微生物(細菌):クラミジア、淋菌、カンジダ、トリコモナスなど)は、免疫や体力が弱っているときに繁殖しやすく、性交時などにも侵入しやすくなっています。 おりものの正常な分泌は、腟、子宮頸管、子宮を細菌から守る役割を担っています。 排卵期に性交を行うと、卵巣から排卵された卵子が腟から侵入して子宮に入ってきた精子と卵管で出会い受精します。 受精卵は約1週間かかって卵管を通過して子宮に入りますが、受精卵が子宮内膜に着床した場合に妊娠が成立します。 「受精の手助け」とは、腟から侵入してきた精子が子宮頸管を通り子宮内へスムーズに入ってこられるようにする働きのことです。 おりものは生理周期そして女性ホルモンと密接に関係していますので、年齢にも大いに関係しています。 おりものは、20代と30代で分泌のピークを迎え、40代から閉経前に徐々に減少してゆき、閉経後にはほとんど分泌されなくなります。 このように、おりものは年齢にあわせた女性ホルモン分泌の変化に伴ってその分泌状態も変化します。 女性ホルモンが活発な20代や30代では、おりものの分泌量も活発になっています。 生理直前のおりものの主な特徴は、以下の3点です。 ・排卵期でピークを迎えた分泌量が徐々に減少し続けた後、生理予定日の直前になると多少増加する ・生理が近くなるほど、強い臭いを感じる傾向が強くなる ・乳白色が強くなり、下着に付着したおりものが乾くと淡黄色に見える場合があり、多少粘り気が増す 本来、腟の中には、常に存在し続けている「デーデルライン桿菌(かんきん)」という細菌がいて、身体に良い影響を及ぼしています。 デーデルライン桿菌は、腟粘膜の細胞のグリコーゲンから乳酸を作り出し、膣の中を強い酸性に保ちながら、侵入してきた細菌を死滅さたり、あるいは膣の中で細菌が繁殖できないようにする役割を担っています。 このため、腟の中で作られた乳酸が含まれているおりものには、少し酸っぱいようなあるいは発酵したような臭いが感じられる場合があります。 生理直前(1日から2日前)だと、経血が少し混ざってくる場合があるため、血のような生臭さを感じる場合もあります。 また生理が近いとおりものの量が多くなるため、パンティーライナーを生理予定日の数日前から使用する方も多くなっていますが、パンティーライナーやナプキンは、外陰部(腟口)の蒸れを生じさせる原因にもなっています。 臭いに関しては、長時間外陰部(腟口)におりものが付着していると、細菌や雑菌(あるいは汗)が繁殖しやすくなり、嫌な臭いがすることが多くあります。 パンティーライナーやナプキンだけではなく、蒸れやすい下着を身につけている場合にも、汗によって雑菌が繁殖しやすい状態になっています。 外陰部(腟口)の周辺の皮膚には、常在菌が存在していますし、大腸菌なども付着しやすくなっているため、病気あるいは子宮や腟の異常が原因による悪臭でなければ、外陰部(腟口)を常に清潔に保ち、パンティーライナーやナプキンを頻繁に取り換え、通気性のよい下着を身に着けるなどすると、強い臭いも気にならないようになります。 ただし、 腟の中を洗いすぎると、細菌の侵入を防いでくれている大切なデーデルライン桿菌まで洗い流してしまう可能性があるため、ビデなどによる過度の洗いすぎには注意してください。 参考までに、おりものが悪臭を伴う病気の例としてトリコモナス腟炎、細菌性腟炎などがあります。 生理直前のおりものの臭いはきつくなる傾向が高いのですが、あまりにも強い悪臭をはなつ場合は、病気の可能性があります。 放置せず、婦人科あるいは産婦人科で検査を受け、必要な治療を受けてください。 排卵日のおりものの大きな特徴は2つあります。 まず、 1つ目の特徴は、「分泌量の増加」です。 排卵日のおりものの分泌量は、生理周期の中で一番増えています。 排卵日(排卵期)におりものの分泌量が増加する原因は、精子をスムーズに移動させるためといわれています。 排卵期におりものが増えるのは、子宮頸管から頸管粘液の分泌が盛んになることが原因です。 この時期の頸管粘液はアルカリ性で、精子が侵入しやすい状態になっています。 その結果、腟から侵入した精子が、腟、子宮頸管、子宮のなかをスムーズに移動しその先の卵管までうまくたどり着くことができるようになり、卵巣から排卵された卵子に出会いやすくなります。 そして、 2つ目の特徴は、「粘り気」です。 排卵日のおりものは、大変強い粘り気をもっています。 見た目は、卵の卵白のようにとろみがかった状態、あるいは透明のゼリー状のような、無色透明をしています。 そして、実際に手で触ってみるとわかりますが、非常に粘り気があり指で引っ張ると数センチ糸を引いたように伸びます。 この粘り気は、周期の他の期間では見られず、排卵日のおりものの大きな特徴となっています。 粘り気のあるおりものも、分泌量の増加と同様に、精子が移動しやすいようにするためといわれています。 このように、排卵日の分泌量の増加そして粘り気は、どちらもおりものの役割の1つ「受精の手助け」になります。 また、 排卵日(排卵期)のおりものの臭いは、ほとんど無臭です。 おりものの量が増える疾患の例として、細菌性腟炎、クラミジア感染症、トリコモナス腟炎、淋菌感染症、カンジダ症などがあります。 排卵日ではおりものの量が増えますが、粘り気のあるおりものが出るのは長くても1日あるいは2日程度です。 排卵日以外におりものが増加している場合は、悪臭がある場合と同様に病気である場合が多いため、すぐに確認をしたほうがよいでしょう。 婦人科あるいは産婦人科を受診してください。 排卵後の黄体(おうたい)期のおりものの特徴は、分泌量がしだいに減少するという点です。 排卵後の黄体期では、排卵直後から黄体ホルモンが増加してゆき、後半にその分泌量がピークを迎えています。 黄体期の黄体ホルモンの役割は、受精卵が子宮内膜に着床できるように子宮内膜を厚くし、妊娠の準備をするというものです。 そして、妊娠の準備をするだけではなく、着床後、妊娠を維持するために活発になります。 排卵後、受精し、着床(妊娠)すると、おりものは減少はせず、そのまま分泌量を保ち続けます。 一方、 着床しなかった場合には、おりものの分泌量は生理予定日まで減少を続けてゆきます。 排卵後のおりものは、少し粘り気が残っていますが、さらりとしてきます。 おりものの色は、排卵直後は無色透明ですが、その後、黄体期後半、生理予定日が近くなると乳白色が強くなり、乾くと淡い黄色に見えることもあります。 妊娠超初期、つまり受精卵が子宮内膜に着床したときのおりものの最大の特徴は2つあります。 分泌量が排卵日に匹敵するほど増加するという点、そして水っぽくさらさらしてくるという点です。 排卵後、おりものは、さらりと水っぽくなり、分泌量が増加します。 ただし、水っぽくさらりとしているものの、多少粘り気もあるため、量が多いことからも、おりものがぼてっと重く、重量感を感じる場合もあります。 なぜ、妊娠すると、おりものは減少しないのでしょうか?それには、妊娠したときに活発になるホルモン分泌が関係しています。 女性の身体では、妊娠すると同時に、「ヒト絨毛性ゴナドトロビン(じゅうもうせい)(hCG:Human Chorionic Gonadotropin)」というホルモンが分泌されはじめます。 特に、妊娠初期では、hCGが妊娠を維持させるために黄体を刺激する結果、卵胞ホルモンそして黄体ホルモンの両方の分泌量も増加してゆきます。 卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、どちらも妊娠を維持させようと働いてくれるホルモンです。 妊娠超初期では、自分でも妊娠したことに気づいていない時期でもありますが、すでに着床により増加しはじめた卵胞ホルモンによって、おりものの色は乳白色になります。 この乳白色のおりものは、通常、妊娠1週目から2週目で実際に確認できます。 また、妊娠超初期と妊娠初期のおりものは、ほとんど無臭です。 ただし、個人差があるため、おりものの量や色によって妊娠の有無を確実に判定することはできません。 また、妊娠超初期では、茶褐色のおりものが出る場合もあります。 原因として、妊娠超初期の着床出血(ちゃくしょうしゅっけつ)があげられています。 着床出血は、受精卵が子宮内膜に着床した際に起こる場合があります。 生理予定日の数日前、生理のように長期間ではなく1日から2日間、茶褐色のおりもの(まれに鮮血:真っ赤な血)がみられ、その量は非常に少ないのが特徴的です。 着床出血がある確率は、約3人に1人の割合といわれていますが、実際に自分で認識できる人はそれほど多くなく、ほとんどの妊娠では着床出血はみられないといわれています。 また、子宮体がん、子宮頸がんなどでも、おりものが茶褐色になります。 子宮体がんの場合、おりものは、水っぽく、茶褐色などの色も混じってきます。 子宮頸がんの場合は、初期では自覚症状は全くありませんが、進行するとおりものの量が増え、色は茶褐色となり、悪臭を伴うようになります。 着床出血のおりものが茶褐色になる場合もありますが、 おりものに血が混じっていたり、悪臭や下腹部の痛みなどを伴う場合には、すぐに婦人科あるいは産婦人科で検査を受けてください。 このように、生理の周期によるおりものの状態や量の変化を把握しておくと、排卵日、妊娠の兆候、そして病気にいち早く気付くことができます。 おりものの変化は、妊娠だけではなく、身体の異変を知らせてくれるサインであると覚えておきましょう。 おりものと生理周期についてご紹介しました。 おりものについて不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

次の