ゆで 卵 きれいに むける。 ゆで卵のからむきのコツ!5つの方法で殻が剥きやすいかどうか実験 [毎日のお助けレシピ] All About

ゆで卵のからむきを簡単にする技!白身がくっつかなくてつるんと剥けます

ゆで 卵 きれいに むける

古い卵を使う 私の経験からですが、新しい卵で茹でると白身が殻につくことが多いです。 卵の賞味期限が近いな、と思って茹でた卵はツルっと向けることが多いです。 新しい新鮮な卵がむきにくい理由には炭酸ガスが多く含まれているということが関係しているようです。 白身の中に炭酸ガスが含まれており、茹でると炭酸ガスが膨張して白身が殻に押し付けられることでむきにくくなります。 新しい卵は炭酸ガスが多く含まれているため、むきにくくなるそうです。 茹でた後にしっかり冷ます これは一番押さえておいて頂きたいポイントです。 賞味期限の近い卵を使ってもしっかり冷まさなければ上手く向けません。 卵を茹でた後、すぐに冷水につけます。 できれば流水が一番いいのですが、水がもったいない~と思う場合には、茹でた後に水につけ、水が冷たくなるまで取り替えます。 つけている水が温かくならなくなるまで繰り返します。 このようにしっかり卵を冷やすと、卵の白身と殻の間に隙間ができてむきやすくなります。 スポンサーリンク 針で穴をあける方法もある 茹でる前の卵に針で小さな穴をあけてから茹でる。 という方法もあるようです。 私はこれは試したことは無いのですが、穴から炭酸ガスが抜けてむきやすくなるようなので、試してみる価値はありそうです。 まとめ ゆで卵を剥いた後に冷ますことは知っていたのですが、むきやすくなるからという理由だとは思っておらず、自然に冷めるのを待っていることが多かったのですが、そうすると殻に身が引っ付き、いつもボロボロの卵。 どうしたら綺麗にむけるのか試行錯誤した結果「茹でた後にすぐ冷やす!」これがテキメンでした。 みなさんも是非試してみてくださいね。 ー関連記事ー スポンサーリンク.

次の

ゆで卵は冷やすときれいに剥ける!?そのメカニズムとは

ゆで 卵 きれいに むける

ゆで卵ってサラダに入れたり、パンに挟んだり、お弁当に入れたり、ラーメンにのっけたり、色々と使える主婦の味方ですよね。 卵を茹でるだけなので、とっても簡単なのですが、殻を剥くのってとっても面倒だと思いませんか?殻だけ外れて皮がなかなか剥けなかったり、皮と白身が剝がれなくて白身が欠けてしまったり……。 こんな面倒な皮剥きとは今日でおさらばしましょう!茹でる前に、卵に穴を開けるだけで殻がきれいに気持ちよく剥けてしまうのです。 「え?生卵に穴を開けるの?」と不安に思う方も多いはず。 穴の上手な開け方はもちろん、ゆで卵の茹で方までご紹介しますのでご安心ください!とっても簡単なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ところで、実は新鮮な卵の方が古い卵よりも、綺麗に殻を剥くのが難しいことをご存じですか。 産み立ての卵の白身には、ニワトリの体内でできた二酸化炭素が多く含まれ、白身を殻に押しつけるため、殻が剥きにくくなるのです。 産んでから5日以上経つと、白身に含まれる二酸化炭素の量が少なくなり、殻が剥がれやすくなります。 さらに、ゆで卵は味の点でも、新しい卵よりもちょっと古い卵のほうが向いているのです。 茹でる前から二酸化炭素の抜けている古い卵は、タンパク質がプリプリに固まって食感がよくなるそうです。 ゆで卵には新鮮な卵よりも古い卵の方が適しているなんて意外でしたね。 こんな知識も知っていると自慢できそう! それでは、ゆで卵に穴を開ける具体的な方法をご紹介します。

次の

ゆで卵のからむきを簡単にする技!白身がくっつかなくてつるんと剥けます

ゆで 卵 きれいに むける

こんにちは~筋肉料理人です! さっそくですが、みなさんにはこんな経験ありませんか? ゆで卵を作ろうと卵を買ってきて、作ったものの殻や薄皮がきれいにむけなかったり、むいているうちに卵がボコボコになってしまったり……。 誰でも一度や二度はありますよね? じつは、殻をむきやすいゆで卵をつくるには、新しい卵より古い卵のほうが向いているのだそうです。 でも買ってきた卵で、今ゆで卵が食べたい……。 ということで、 買ってきたばかりの新しい卵でも簡単に殻がむけるゆで方、そして殻のむき方を紹介させていただきます! どれもやってみると楽しくもあり、お休みの日にでも一度試してみてください。 筋肉料理人の「ゆで卵の殻が簡単にむけるゆで方」 1. 鍋にたっぷりの湯を沸かしておきます。 湯には塩少々を入れておきます。 冷蔵庫から卵を取り出し、 卵の丸い方の端によく洗った画びょうで穴をあけます。 ここに気室という「空気溜まり」があるので、熱で膨張する空気を逃して、卵の殻が割れるのを防ぎます。 じつは、100円ショップに卵の穴あけ専用の器具が売っていますので、それを使うのもおすすめです。 沸騰した湯に冷たい卵を入れます。 やけどしないよう穴あきお玉があると便利です。 卵を冷たいまま入れることで急激な温度差が生じ、殻がむきやすくなります。 卵を入れたら 最初の2分は菜箸などで卵を転がし、切ったときにきれいに見えるよう、卵黄を中央に寄せてやります。 ゆで時間は卵黄の中心にオレンジ色が残るくらいの 半熟で10分です。 卵黄トロトロで7~8分、固ゆでで14~5分位が目安です。 ゆで上がったら湯を捨て、 冷水で一気に冷まします。 (ここも大事なところです。 急激な温度差を作って殻をむきやすくします)しばらく冷水につけて冷ましたらOKです。 こうやって作ったゆで卵は、気持ちが良いほど簡単につるりと殻がむけます! 筋肉料理人の「ゆで卵を簡単にむく方法 /手で押さえながら転がす」 次に殻のむき方を2種類。 まずは手で押さえながら転がす方法です。 1)まな板の上にゆで卵を置きます。 2)手の平でゆで卵を押さえるようにして転がし、全体にヒビを入れて、 殻をむきます。 たったこれだけです! じつに簡単ですが、力の入れ加減を間違えるとゆで卵自体が割れてしまいます。 この方法を試してみて、子どもの頃、ラーメン屋さんでこんな感じで卵をむいている人がいたのを思い出しました。 あのオジサンは何度がやって、力加減を体得したんだろうな……。 筋肉料理人の「ゆで卵を簡単にむく方法/コップに水と一緒に入れてふる」 1. 大きめのコップを用意します。 ここにゆで卵を入れ、水をゆで卵が半分浸るくらいに入れます。 コップにラップを被せ、 手でコップの口をふさいで激しくふります。 ゆで卵がコップの内側に激突することで殻にヒビが入り、殻の内側に水が浸透して殻がむけやすくなります。 水がクッションになって、殻は割れてもゆで卵は割れないんです。 ゆで卵だって、立派な酒の肴に! ゆで卵の殻がむきやすくなるゆで方、むき方、どちらもぜひお試しください。 気持ちが良いほどきれいにむけますよ! 切ったゆで卵はシンプルに塩で食べるのが一番ですが、 私はツナマヨも好き。 マヨネーズとツナはゆで卵に合いますね、もうこれだけで飲めます!.

次の