白洲 次郎。 【プリンシプルを持つ】白洲次郎の名言まとめ

白洲次郎 (テレビドラマ)

白洲 次郎

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年3月) ドラマスペシャル・白洲次郎 ジャンル 原作 (原案) 脚本 大友啓史 演出 出演者 製作 プロデューサー (制作統括) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 2月28日・3月7日・9月23日 放送時間 参照 放送分 90分 回数 3 特記事項: 優秀賞(第1回に対し)、審査員奨励賞受賞。 『 ドラマスペシャル・白洲次郎』(ドラマスペシャルしらすじろう)は、にで放送された全3回ののである。 脚本はと、音楽は、役はが演じた。 平成21年度(第64回)優秀賞(テレビ部門・ドラマの部。 第1回「カントリージェントルマンへの道」に対し)、および2009年度(第14回)審査員奨励賞(シリーズドラマ部門)を受賞した。 作品内容 [ ] を主人公とした初の映像作品であり、一般的に知名度の低かった白洲の知名度上昇に貢献したと、白洲の実娘のの著作を原案とする。 イギリス留学の経歴に基づいて、英語台詞のみのシーンが挿入されるなどの試みがなされた。 登場人物 [ ] 白洲家 [ ] (しらす じろう) 演:(少年: 晩年:) 主人公。 一本気な性格で事あるごとに他人と衝突するが、人の意見を素直に聞く一面も併せ持っている。 イギリスに留学後、近衞文麿を支持して政界に参画する。 近衞の失脚後も戦争回避に努めるが、それが失敗すると一家で鶴川に疎開してしまう。 しかし政界への関心は失う事はなく、終戦後は通訳として新憲法を創案する近衞らに協力する。 近衞の失脚後は吉田茂に見出されてに粉骨砕身する事になる。 (しらす まさこ) 演: 次郎の妻。 伯爵樺山家の娘で、怨恨のある白洲家の次男だった次郎を見初めて結婚する。 非常に気が強く、父に向かっても直言する激しい性格。 結婚後は惰性的な生活を送る事が多くなり、自らのアイデンティティに苦しむ。 居候であった河上徹太郎の影響で青山二郎の弟子となった。 (しらす ぶんぺい) 演: 次郎の父。 大きな屋敷を構える富豪で、日本家屋の中を靴履きで歩き、自分の歩いた床を女中たちに拭かせるなど豪放な生活をしていた。 次郎とは反りが合わない事も多く、最後まで理解し合う事はなかった。 世界恐慌の煽りをくらって事業が破綻し、晩年は一人で農業に従事していた。 (しらす よしこ) 演: 次郎の母。 自己主張は少ないが、気ままな夫を支える良妻賢母。 文平の理解者でもあり、その生き方を貫き通した文平に敬意を表した。 ミヨシ 演: 白洲家に住んでいた宮大工。 自邸を増改築する趣味があった文平に召抱えられている。 次郎に「正」の字の由来を話す。 太刀川静(たちかわ しずか) 演: 白洲家の女中。 正子に従って子供たちの面倒を見ている。 (しらす しょうぞう) 演: 次郎の兄。 (しらす はるまさ) 演: 次郎の長男。 (しらす かねまさ) 演: 次郎の次男。 (しらす かつらこ) 演:(少女:) 次郎の末娘。 おみつ 演: 白洲家の女中。 破産した白洲家の後始末に追われる。 樺山家 [ ] (かばやま あいすけ) 演: 正子の実父。 白洲家とは浅からぬ仲だが、当初は正子と次郎の結婚にも反対していた。 (かばやま ちゅうじ) 演: 正子の兄。 次郎に正子を紹介する。 政界では近衞文麿に協力している。 吉田家 [ ] (よしだ しげる) 演: 後の内閣総理大臣。 飄々としながら豪放な性格。 政界に参画した次郎の上司となり、「おやじ」と慕われる。 気骨ある精神で政界に影響を及ぼし、戦中は東條内閣打倒と和平交渉のために近衞文麿らと協力して「」を結成し、一時は憲兵隊に拘束された。 終戦後は次郎を登用し、ともにアメリカとの外交戦に身を投じる。 (よしだ かずこ) 演: 茂の娘。 政治家たち [ ] (うしば ともひこ) 演: 次郎の幼馴染にして親友。 近衞文麿を首相に擁立する際に次郎に協力を要請し、次郎の政界進出のきっかけを作った。 以後も近衞の側近の役割を果たし、近衞が亡くなるまで支え続けた。 (このえ ふみまろ) 演: 国民の圧倒的支持を得て首相に就任する。 暴走しがちな軍部を御しながら戦争回避を目指すが、抗いきる事はできなかった。 倒閣後は吉田茂らと協力して和平交渉に尽くし、終戦へと導いた。 戦後はマッカーサーの指示で憲法草案の作成に取り掛かるが、欧米世論にバッシングを受けて失脚。 その後、戦犯指名を受け、次郎や牛場らの訴追回避運動も空しく、間もなく服毒自殺を遂げた。 (まきの のぶあき) 演: 内大臣での岳父。 国内きっての親英米派で、他の親英米派の人々には牧野が日本外交を支えていると目されている。 (ありま よりやす) 演: 次郎が理事を務めた帝国水産の社長。 有名無実化した理事会の必要性を次郎に問われる。 (ひろた こうき) 演: 外務大臣。 後に首相に就任したが、組閣人事に反対する陸軍のに押しかけられる。 (ほそかわ もりさだ) 演: 近衞文麿の女婿で、近衛擁立に参画した一人。 倒閣後も近衞を支える。 (はらだ くまお) 演: 西園寺公望元首相の秘書を努め、近衞文麿擁立に参画した一人。 倒閣後も近衞を支える。 (いわぶち たつお) 演: 吉田茂のヨハンセングループの一人。 (いぬかい たける) 演: 近衞文麿擁立に参画した一人。 後にヨハンセングループに参画し、戦後は新憲法草案作成に協力する。 (しではら きじゅうろう) 演: 内閣総理大臣。 が作成した憲法草案を巡って、閣議が紛糾する。 (まつもと じょうじ) 演: 幣原内閣の新憲法担当国務大臣。 作成の憲法草案内容に憤慨する。 軍関係 [ ] (たつみ えいいち) 演: 陸軍軍人。 イギリス駐在武官時代に吉田茂と知り合い、その気骨に惚れ込む。 戦中は事務方に参画していたために次郎に懇願され、次郎への召集令状を握り潰した。 (むとう あきら) 演: 陸軍軍人。 広田弘毅内閣組閣時に外相候補の吉田茂をはじめとする親英米派の閣僚人事に反対し、広田首相を問い詰める。 (おばた としろう) 演: 吉田茂のヨハンセングループの一人。 アメリカ [ ] 演: GHQ司令官、元帥。 戦後の日本の実効支配にあたり、東久邇宮内閣に新憲法草案作成を指示する。 演: マッカーサーの元で新憲法作成に関わっている。 大使 演: アメリカの大使。 舞踏会で正子と知り合う。 イギリス [ ] 演: 次郎の留学先だったケンブリッジ大学時代の親友。 貴族階級出身であり、次郎にジェントルマンへの憧れを生じさせた。 次郎が単身でイギリスへ乗り込み戦争回避を訴えた際にも協力する。 のちの第7代。 文士たち [ ] (あおやま じろう) 演: 文化人として著名で、河上徹太郎の師として登場する。 独特の美意識を持っており、奇行も目立つ。 芸術観がないという正子を弟子に迎える。 (かわかみ てつたろう) 演: 次郎の友人であだ名は「テッチャマ」。 本職は文学評論家。 空襲で家が焼かれたために鶴川の次郎の家に寄宿するようになる。 趣味はピアノ。 正子と青山二郎を繋ぐ接点となる。 演: 青山二郎と交流を持つ文士。 (かわかみ あやこ) 演: 徹太郎の妻。 神戸の人々 [ ] ミセス・ワイルド 演: 英語の家庭教師。 幼い次郎に英語を教える。 田口(たぐち) 演: 次郎の学校の英語教師。 八田(はった) 演: 少年時代の次郎の同級生。 鶴川の人々 [ ] 小川修一(おがわ しゅういち) 演: 鶴川の青年農民。 疎開してきた次郎と親しく、次郎に農作を教えていた。 後に戦火が激しくなると赤紙召集を受けて出征し、フィリピンで戦死した。 修一の母 演: その他 [ ] (ささき そういち) 演: 憲法研究家。 近衞文麿らの憲法草案作成に参画する。 新憲法の作成にプライドを持っており、作成を焦る次郎を毛嫌いする。 (しゅんぷうてい りゅうきょう) 演: 落語家。 吉田茂に招かれて落語を演じる。 (ながの しげお) 演: 日本製鉄筆頭常務。 広畑製鉄所を外資系企業に売却しようとした次郎と激しく対立する。 本多誠二(ほんだせいじ) 演: 辣腕新聞記者。 次郎に対して激しく取材攻勢をかける。 外資導入に暗躍する次郎のスキャンダルをものにしようと徹底マークするが、次郎の不思議な魅力に引き込まれていく。 (はせがわもとよし) 演: 外務省通訳。 通産委員会・委員長 演: 桐山議員 演: 風見議員 演: 田島議員 演: 笹原議員 演: 国会に参考人として召還された次郎を厳しく問い詰める。 スタッフ [ ]• 原案:「白洲次郎 占領を背負った男」、「次郎と正子〜娘が語る素顔の白洲家」• 脚本:、(第2回から)• 音楽:• 取材協力:、、、、、、、、、、• 脚本協力:近衛はな、、、• 資料提供:、、、• 憲法考証:• 政治考証:• 風俗考証:• 自動車考証:• 皇族華族考証:• 三品取引考証:• GHQ考証:• 能楽指導:• 台本翻訳:• 検視指導:• 英語指導:、• 所作指導:• 軍事指導:、、• マナー指導:• ダンス指導:• 擬闘:• 三品取引指導:• 宮大工指導:• 制作統括:• 演出:大友啓史 挿入歌 [ ] The Soldier 歌: 作詞: 作曲:Fred Frith しゃれこうべと大砲 歌: Jesus loves me, this I know 歌: 放送 [ ] いずれも総合テレビ。 ここでの時刻表記は、すべてとする。 視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べ。 放送回 放送日 放送時間 題 英題 脚本 演出 視聴率 第1回 2月28日 21:00 - 22:30 カントリージェントルマンへの道 Becoming a Country Gentleman 大友啓史 大友啓史 12. 当初、第3回はに放送することが決定していたが、に伴う関連編成に伴い、に再度延期された。 原田芳雄の病気に伴う収録の遅れと放送日の変更 収録は2008年8月にスタートし、第1回放送は当初1月に設定されていた。 しかし、がの手術を受けた事で収録スケジュールが変更になり、結果収録が大幅に遅れ、第1回放送日の変更を余儀なくされた。 NHKでは第1回放送を8月に延期する事も検討したが、視聴者の期待や関心が大きくなってしまったことを考慮し、すでに完成していた第1・2話を先行放送することになり、結果として「第2回と第3回放送の間隔が半年も開く」こととなった。 なお、NHKでは第3回放送を前に、第1・2回を2009年・にした。 関連ラジオ番組 [ ] 第3回の放送に関連し、でドラマのサウンドトラックおよび白洲夫妻にまつわる楽曲を紹介する『音楽でたずねるドラマの世界』という番組が放送される。 当初は第3話の放送直前の8月14日深夜に放送予定だったが、第3話の再延期に伴いラジオ番組も9月20日夜に延期された。 脚注 [ ]• 第2回は上または左、最終回は下または右にクレジットされている。 第2回は下または右、最終回は上または左にクレジットされている。 2008年12月18日. 2009年3月15日閲覧。 [ ]• 2008年12月18日. 2009年3月15日閲覧。 2009年. 2009年8月2日閲覧。 [ ] 関連項目 [ ] モデルとなった人物• 同じ時代・人物を扱ったNHK制作の歴史ドラマ• 白洲はが演じた。 :放送のドラマ(全1回)。 白洲はが演じた• :放送(全5回)。 白洲はが演じる。 外部リンク [ ]• (2015年12月31日まで)• この項目は、に関連した です。

次の

白洲 次郎(しらす じろう)妻正子とのなれそめは?ベントレーにのめり込んだ理由とは?

白洲 次郎

白洲次郎は裕福な家の生まれで、17歳のころイギリスのケンブリッジ大学に留学しています。 9年におよぶ留学生活を送り、流暢に英語を使いこなしました。 留学から帰国した白洲は、伯爵令嬢だった樺山正子と結婚します。 正子の父親と、吉田茂の義父 =妻の父親 が懇意にしていたことから、吉田と白洲は顔をあわせる機会を得たのです。 白洲は幼いころから血気盛んで、頑固さや率直な物言いが目立ちました。 この豪胆さはときに「傲慢」「傍若無人」と揶揄されていたといいます。 こうした性格は吉田にも共通するものでした。 彼もまた頑固であり、不遜で傲慢だと評されることが多かったのです。 ともに歯に衣を着せず発言するふたりだからこそ、お互いを気に入りあい、親交を深めたのでしょうね。 異国の大使館で親交を深める 1936年、吉田茂は駐英大使としてロンドンに渡っています。 いっぽう白洲次郎はこのとき貿易会社の重役を務めており、世界各国を飛び回っていました。 やがて白洲はロンドンを訪れるたびに、吉田のいる日本大使館を宿にするようになります。 これはもともと吉田と仲が良かったためとも、何度も大使館に泊まるうちに親しくなったのだともいわれてるようです。 どちらにせよ、ふたりの関係が良好だったのは間違いありません。 彼らは時おり、大使館地下にある部屋でビリヤードに興じました。 これだけでも十分仲は良さそうですが、室内からは「このバカ野郎!」「コンチクショウ!」といった言葉が漏れ聞こえていたそうです。 周りの人々は、ケンカをしているのか?仲違いしているのか?と心配したといいます。 しかし吉田と白洲の仲がこじれた様子はなく、もともと言葉遣いの荒いふたりは親しかったからこそ、ともに飾らない言葉を投げかけ合っていたのでしょう。 吉田茂の娘の仲人に 吉田茂は白洲次郎と親しくしていましたが、吉田の妻である雪子も彼を気に入っていたようです。 その証拠に白洲は、吉田茂夫妻の娘・和子の結婚相手を紹介して欲しいと雪子から依頼されていました。 吉田には5人の子供がいて、なかでも一番愛情を注いでいたのが末っ子の和子だったといわれています。 直接依頼をしたのが妻とはいえ、吉田はかわいい娘の伴侶探しを白洲次郎にまかせたわけです。 吉田は白洲と親しかっただけではなく、強い信頼を抱いていたことがうかがえますね。 白洲は「麻生太賀吉」という男性を紹介し、和子は実際に結婚に至っています。 ちなみに麻生太賀吉・和子夫妻のあいだに生まれた吉田茂の孫が、のちに総理大臣に就任する麻生太郎です。 ふたつの重役をまかされる 白洲は流暢な英語と物怖じしない態度で、GHQとの交渉に臨みました。 ときには最高司令官であるマッカーサーを怒鳴りつけることもあり、マッカーサー本人から「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたほどです。 その後6年にわたるGHQの占領のさなか、日本はアメリカと講和を結び国の主権を復活させる手はずを整えました。 サンフランシスコでの講和会議では、総理大臣に就任していた吉田の側近 全権団顧問 として白洲もともに渡米しています。 講和会議では吉田が英語でスピーチをする予定でしたが、なんと白洲はそれを止めたのです。 「講和会議では戦勝国であるアメリカも敗戦国である日本も同じ立場であるはず。 それなのになぜアメリカ側の言葉でスピーチを行うのか?」と怒り、吉田に進言しました。 吉田は白洲の言葉を受け入れ、スピーチ原稿は急きょ日本語へと書き換えられることになります。 側近であるとはいえ、講和会議という重要な局面で、総理大臣に真っ向から進言できる人は少ないはずです。 吉田と白洲が親しく心を許しあっていたからこそ、はっきりと意見を伝えることができたのでしょう。

次の

白洲次郎・正子夫妻が移り住み、生涯愛した『武相荘』。“無駄のある住まい”の美学とは?

白洲 次郎

白洲次郎 しらすじろう• ジャンル 出身 生年月日 1902年 没年月日 1985年 年齢 官僚、実業家。 妻は作家の白州正子、長男は元東宝東和社長の白洲春正、長女は武相荘館長で作家の白洲桂子、孫は元内閣総理大臣・細川護熙の公設秘書でアートプロデューサー、エッセイスト、株式会社ジパング代表取締役の白洲信哉。 戦後、吉田茂の側近として連合国軍最高司令官総司令部と毅然とした態度で渡り合い、マッカーサーたちに「難しい日本人」「従順ならざる唯一の日本人」などと言わしめた。 吉田政権後は、実業家として東北電力の会長など多くの企業役員を歴任した。 スポーツ万能でいわゆる「イケメン」としても知られ、デザイナーの三宅一生のショーにモデルとして出演したこともある。 また、日本人で初めてジーンズをはいた人物ともいわれる。 90年代半ば頃から再評価が始まり関連書籍も数多く出された。 白洲次郎の生涯を題材にした作品も多く、宝塚歌劇団・宙組の舞台『黎明の風』やNHKドラマスペシャル『白洲次郎』などがある。 ちなみにソフトバンクのCMに登場する白戸家は白洲家がモデル。 白洲次郎を共有しよう!.

次の