コーヒー フレッシュ レシピ。 ミルクじゃないの?コーヒーフレッシュの原材料に「ゾッ…」

コーヒーフレッシュが賞味期限切れ!いつまで使える?おすすめの使い道は?

コーヒー フレッシュ レシピ

植物油脂、乳製品、砂糖、カゼインナトリウム、乳化剤、PH調整剤、香料、カロチン色素 もし本物の牛乳なら、常温保存ではすぐに腐ってしまうはずです。 では一体この白い液体の正体は何なのでしょうか。 製造方法を調べてみましょう。 原材料は牛乳ではなく添加物 大手メーカーさんに電話で確認しました。 まずコーヒーフレッシュの原料となるのは、水と油だそうです。 今現在この原料の油はパーム核油が使われています。 パーム椰子から取れる油です。 表示では植物油脂となっています。 この植物油脂と水で牛乳から作ったかのようにするのは、さすが化学の力ですね。 最初に使う添加物は、 乳化剤です。 水と油はいくら混ぜても混ざりません。 そこで何らかの方法で乳化させ、とろっと均一に混ざり合わせる作業をするのです。 乳化剤とは乳化させる(水と油を混ぜ合わせる)のですから、界面活性剤の事ですね。 出典 加工して作成 そして乳化剤の中身は1種類の物質だけではありません。 複数の添加物をまとめて表示する一括表示になっています。 なのでいくつ成分が入っていても表示はたった一つ、「乳化剤」という名前です。 つまり一括表示の添加物があれば、思った以上の添加物を摂取する可能性があるということです。 こちらの動画はコーヒーフレッシュの簡単な作り方講座です。 出典 さらに乳化剤を使う際に大豆由来の レシチンが入ると安定するので、レシチンを加えます。 味を調えるのに少しだけ 砂糖も加えます。 そして原材料に書かれている 乳製品とは、 脱脂粉乳のことでした。 正直に脱脂粉乳と書くとイメージが良くないですし、メーカーとしては乳製品という表記を選んで正解かもしれません。 でも消費者としては、正直に脱脂粉乳と書いてほしいですよね。 あとは製品の安定性のために カゼインナトリウムと PH調整剤を添加し、ミルクらしい香りをつけるために 香料を添加します。 問い合わせでは、メーカーさんは素直に ミルクフレーバーの香料と教えてくださいました。 この香料ですが、表示指定成分ですね。 国が危険だと認めた物質です。 添加物だけでここまで出来るとは恐れ入りますね。 美味しいコーヒーにはぜひ本物の牛乳を 一袋45個も入っているのに、たった200円ほどで売られている理由は、コーヒーフレッシュが化学の力でできているからなのですね。 牛乳から作ったものでは、こんなに安い値段では販売できないでしょう。 添加物だらけですが、私たちは牛乳から出来ているイメージで使っていますよね。 しかしながらこれでは栄養の補給にはなりません。 摂らない方がましかもしれませんね。 コーヒーにミルクを入れたければ牛乳が一番良いと思います。 また、その際牛乳も低温殺菌の牛乳をお選びいただいた方がより安心かと思います。 関連記事.

次の

コーヒーフレッシュが固まる原因とは?賞味期限切れはいつまで大丈夫?

コーヒー フレッシュ レシピ

コーヒーショップの目次~• まずは定番デザート コーヒーフレッシュを使ったデザートと言われてパッと思い浮かぶのはコーヒーゼリーではないでしょうか? コーヒゼリーの上にコーヒーフレッシュをかけるだけなんですが、これが何故か美味しいんですよね。 クラッシュしたゼリーとコーヒーフレッシュを合わせると見た目も華やかになりますし、定番デザートとしてレシピをおさえておきたいですね。 お手軽簡単なクッキー 材料4つだけで作れるクッキー。 コーヒーフレッシュを使うことで、生クリームや牛乳を用意せずにクッキーが作れます。 作り方も材料を袋に入れて混ぜ合わせたら、型を抜いて焼くだけと手軽。 子どもと一緒におやつ作りにもピッタリです。 自宅で本格的なフランス菓子が作れます フランスの伝統的な焼き菓子フロランタン。 通常はクッキー生地やサブレ記事のうえにキャラメルをコーティングしたナッツを載せて焼き上げるお菓子なんですが、このレシピは生地の代わりにパイシートを使用しています。 生クリームの代用品としてコーヒーフレッシュを使っているので手軽に本格的なお菓子が作れます。 人気デザートも簡単に! デザートの中でもティラミスは人気じゃないでしょうか?甘さや苦みのバランスが絶妙でついつい手が伸びてしまうデザートです。 コーヒーフレッシュを使えば、そんな人気デザートも簡単に作れますよ。 コーヒーフレッシュ以外の材料もクリームチーズやビスケットなど手に入りやすいもので作れるので手軽ですね。 デザートづくりに必要なクリームも作れます シュークリームやケーキなどさまざまなデザートやお菓子に使われるカスタードクリームもコーヒーフレッシュを使って作ることができます。 コーヒーフレッシュを使ったレシピでも作る手間は牛乳を使ったレシピとほとんど変わりませんが、このレシピを知っておくことで少量だけカスタードクリームを使いたい時など役立つ場面もありそうです。 スポンサーリンク 子どもから大人まで嬉しい1口ドーナツ おやつなどにサッと作れるお菓子です。 1口サイズのドーナツなので小腹を満たすのにもぴったり。 ホットケーキミックス、マヨネーズ、コーヒーフレッシュを混ぜ合わせて成型し、揚げるだけの簡単なお菓子です。 シンプルな味のお菓子なので、子どもから大人まで楽しめますね。 『コーヒーフレッシュレシピまとめ!デザート&お菓子ならコレ!』のまとめ ここまで コーヒーフレッシュを使ったデザート・お菓子のレシピを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? コーヒーフレッシュは牛乳・生クリームなどの乳製品の代わりに使うことで、デザート・お菓子にコクを出しながらも手軽に作ることができるようになります。 今回紹介したコーヒーフレッシュを使ったデザート・お菓子のレシピは本格レシピよりも手軽に、かつ美味しいデザート・お菓子を作ることが出来ます。 自宅に余っているコーヒーフレッシュがありましたら、ぜひデザート・お菓子を作ってみてくださいね!.

次の

コーヒーフレッシュを泡立ててホイップクリームを作ることは可能で...

コーヒー フレッシュ レシピ

他にもスクランブルエッグなど卵料理全般に利用できます。 混ぜすぎないように、火を通しすぎないように、がポイントです。 又、ポタージュスープの仕上げにコーヒーフレッシュを回し入れて乾燥パセリを散らせば、まるでレストランのスープのような豪華さになりますよ。 (家計に優しいですね。 薄力粉:100g• 無塩バター:50g• 砂糖:50g• コーヒーフレッシュ:3個 約15g 作り方は、一般的なクッキーの作り方と同じです。 材料が少なく混ぜ合わせるだけの簡単な作り方なので、お子さんと一緒にお菓子作りが楽しめます。 コーヒーフレッシュ:120cc• 卵:1個• 砂糖:15g• 薄力粉:大さじ1 作り方• 卵に砂糖を入れて混ぜます。 そこへ薄力粉をふるいながら入れ混ぜます。 コーヒーフレッシュを鍋に入れ弱火で温めます。 鍋のまわりがフツフツしてきたら火から下ろし、先に混ぜておいたボールに加え混ぜます。 鍋に戻し弱火にかけ、ヘラで混ぜます。 鍋底から固まりはじめるので、焦がさないように絶えずヘラで混ぜ、好みの固さになったら完成です。 カスタードクリームがあれば、色んなお菓子作りに使えますね。 コーヒーフレッシュが大量にある時にチャレンジしてみて下さい。 バナナ:1本• バター:5g• シナモン:適量• コーヒーフレッシュ:適量 作り方• バナナを食べやすい大きさに切ります。 フライパンを弱火にかけバターを溶かし、焦がさないよう注意しながらバナナを焼きます。 焼き色がついたら器に盛り、シナモンを適量、コーヒーフレッシュをかけて完成です。 焼くだけの簡単なデザートですが、いつものバナナがオシャレで美味しいデザートに変身します。 お好みでチョコレートシロップやメープルシロップなどをかければ、より美味しく食べられます。 一口サイズなので、チョコっと食べたい時にもってこいデス。 成分からすれば美容効果は期待できませんが、お肌はスベスベになります。 やり方• ホットタオルを用意しておきます。 (タオルを濡らしてレンジでチン)• 手にコーヒーフレッシュをたっぷり塗ってサランラップを巻き、その上からホットタオルで包み込みます。 しばらく置いて、タオルが冷えてきたら外して手を洗います。 ベチャベチャになります。 ホットタオルでほっこり癒されるので、これは中々良いですよ! スポンサーリンク 余ったコーヒーフレッシュを使う時に知っておいて欲しいこと コーヒーフレッシュの由来は、「生クリームや牛乳の代替品」なので、逆に考えれば生クリームや牛乳を使うレシピには、代わりに使えるという事になります。 ここでご紹介した使い道以外にも、幅広く活躍してくれるコーヒーフレッシュですが、気になる点をお伝えしておきます。 一般に多く出回っているコーヒーフレッシュの主たる原料は「植物油脂」です。 そこへ、「乳化剤」やその他の食品添加物を混ぜて作られています。 基準の厳しい日本で商品化されているので、「即、健康被害」があるわけではありませんが、コーヒーフレッシュが今、多くの方から危険視されているという事を知っておいて欲しいと思います。

次の