関東梅雨明け 2020 予想。 梅雨明けはいつごろ?例年の時期と2020年の予想!

関東・東京の梅雨明け2020年の時期予想!平年はいつから?

関東梅雨明け 2020 予想

気象予報士の宮本です。 2020年は5月10日に全国をさきがけて奄美地方で梅雨入りし、翌5月11日に沖縄で梅雨入りを迎えました。 梅雨入り、梅雨明けはいつ?になるのか沖縄・奄美、九州、四国・中国、近畿 関西 、東海、関東甲信、北陸、東北の地域ごとに傾向を解説したいと思います。 【2020年梅雨】梅雨って一体、何のこと? 梅雨(つゆ)とは、晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる気象現象で、また、その期間をさします。 晩春~夏頃には、オホーツク海高気圧と太平洋高気圧の間に梅雨前線ができます。 この梅雨前線の生成には、ヒマラヤ山脈による偏西風の蛇行やオホーツク海高気圧が関係しています。 【2020年梅雨】平年の梅雨入り・梅雨明けはどうなっているの? 平年では梅雨前線が大陸方面から南西諸島~日本の南海上に顕在化して、5月上旬~中旬ごろに沖縄や奄美で梅雨入りします。 本州の南岸にも前線が停滞することがあり、まるで梅雨を思わせるような、ぐずついた天気となる時がありますが、本州の梅雨入りはもう少し先で5月下旬ごろに九州南部で梅雨入りを迎え、本州の各地で梅雨入りを迎えるのは6月になってからとなります。 太平洋高気圧の勢力が増すと、梅雨前線も北上していき、平年では沖縄や奄美で6月下旬ごろに、本州では7月中旬~下旬ごろに梅雨明けを迎えて、梅雨前線は消滅して本格的な夏へと季節は移っていきます。 北海道では、「蝦夷梅雨」という言葉はありますが、梅雨前線が北海道付近まで北上する事はほとんどなく、梅雨の現象がはっきりしないため、北海道では梅雨がないとされています。 【2020年梅雨】今年の梅雨入り、梅雨明け予想をしてみました それでは、各地域の梅雨の見通しについて見ていきましょう。 梅雨入りは沖縄・奄美ではだいたい平年並で東~西日本では平年より遅い所が多いでしょう。 北日本では平年並か平年より遅くなる見通しです。 梅雨明けは沖縄・奄美ではだいたい平年並でしょう。 東~西日本では平年より遅い所が多く、北日本では平年並か平年より遅くなる見通しです。 沖縄・奄美の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 2020年は5月10日に奄美地方が平年より1日早く、全国ではじめて梅雨入りし、続いて5月11日に平年より2日遅く沖縄で梅雨入りしました。 5月下旬~6月にかけては梅雨前線の活動が活発で大雨になる日もあるでしょう。 梅雨明けは沖縄が平年並の6月21日~6月25日頃、奄美が平年並の6月27日~7月1日頃の見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 沖縄 5月11日 5月9日 6月21日~6月25日 6月23日 奄美 5月10日 5月11日 6月27日~7月1日 6月29日 九州の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨前線の北上が遅れ梅雨入りも遅れる傾向です。 梅雨入りは九州南部で5月31日~6月3日頃、九州北部で6月7日~11日頃の見通しです。 梅雨期間中は前線の活動が活発な時期もあり、大雨に注意が必要です。 梅雨明けは、九州南部では7月13日~7月17日頃、九州北部では7月21日~7月25日頃で平年並か平年より遅い見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 九州南部 5月31日~6月3日頃 5月31日 7月13日~7月17日頃 7月14日 九州北部 6月7日~6月11日頃 6月5日 7月21日~7月25日頃 7月19日 四国・中国の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、梅雨入り前から曇りや雨の日がありますが四国では、6月4日~6月8日頃で平年並か平年より遅く、中国では6月9日~6月13日で平年より遅くなる見通しです。 梅雨明けは、太平洋高気圧の張り出しが遅れる傾向のため、四国では7月20日~7月24日頃、中国では7月22日~7月26日頃の見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 四国 6月4日~6月8日頃 6月5日 7月20日~7月24日頃 7月18日 中国 6月9日~6月13日頃 6月7日 7月22日~7月26日頃 7月21日 近畿・東海の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入り前から南海上の梅雨前線の影響を受けて曇りや雨の日がありますが、梅雨前線の北上が遅れる傾向で梅雨入りは、平年より遅い6月9日~6月13日頃の見通しです。 梅雨明けは、太平洋高気圧の張り出しが遅れる傾向のため、7月22日~7月26日頃で平年より遅い見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 近畿 6月9日~6月13日頃 6月7日 7月22日~7月26日頃 7月21日 東海 6月9日~6月13日頃 6月8日 7月22日~7月26日頃 7月21日 関東・甲信の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、平年より遅い6月9日~6月13日頃の見通しです。 梅雨前線の北上が遅れ梅雨入りは平年より遅れますが、梅雨入り前から梅雨を思わせるような曇りや雨の日もあるでしょう。 太平洋高気圧の勢力の強まりが遅れる事が予想される事から、梅雨明けは、平年より遅れて7月22日~7月26日頃の見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 関東・甲信 6月9日~6月13日頃 6月8日 7月22日~7月26日頃 7月21日 北陸の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、6月12日~6月16日頃の見通しで、平年並か平年より遅れる見通しです。 7月の梅雨末期頃は梅雨前線の活動が活発化する時期があり、大雨や土砂災害等に注意が必要です。 梅雨明けは、7月24日~7月28日頃の見通しで、平年並か平年より遅れる見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 北陸 6月12日~6月16日頃 6月12日 7月24日~7月28日頃 7月24日 東北の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、北陸同様に6月12日~6月16日頃で平年並か平年より遅れる見通しです。 7月の梅雨末期頃は梅雨前線の活動が活発化する時期があり、大雨や土砂災害等に注意が必要です。 梅雨明けは、南部では7月24日~7月28日頃、北部では7月28日~8月1日頃で平年並か平年より遅れる見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 東北南部 6月12日~6月16日頃 6月12日 7月24日~7月28日頃 7月25日 東北北部 6月13日~6月17日頃 6月14日 7月28日~8月1日頃 7月28日 気をつけたい、梅雨期間の頭痛と体調不良 梅雨期間中は日差しが少なく、雨の日が多くなります。 梅雨前線上の低気圧が通過する際には、気圧が大きく低下するので気圧低下によって頭痛などの体調不良を起こす可能性もあります。 『雨の日の朝、きまって調子が悪い』『旅行や大事な会議、なるべく頭痛がしない日を選びたい…』、天気で体調を崩しやすい方は、一目で低気圧の日(爆弾の日)が分かる弊社提供のスマートフォンアプリ『 』がおすすめです。 『』は天気や気圧の変化が一目で分かり、低気圧がやってくる前にプッシュ通知ででお知らせをしてくれるので、頭痛などの気象病を事前に予測したり、前もって薬を飲んだり、服薬記録を簡単に記録できるので体調管理に役立ちます。 まとめ 梅雨入り、梅雨明けともに沖縄や奄美では平年並ですが、本州では平年より遅れる地域が多くなる傾向です。 梅雨期間中の雨ですが、梅雨前線の北上が遅れる傾向のため、6月は沖縄や奄美で多くなり、7月は本州で多くなるでしょう。 梅雨前線の活動が活発になり、大雨になる日もあるので注意してください。 雨の時期の天気の確認や低気圧による頭痛や体調不良が心配な方は『』をご利用ください。 参考にしていただき、常に最新の気象情報を利用して、梅雨を乗り切ってください。

次の

東北地方の梅雨明け&梅雨入り予想!2020年はいつになる?|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

関東梅雨明け 2020 予想

2020年の関東地方の梅雨入り・梅雨明けの時期は? 梅雨入りはいつ? 今年の梅雨入り・明けは、全国的に平年よりも遅い梅雨入りとなる一方、短期間で終わると予想されています。 平年のデータをみてみると、 梅雨入りは6月1日~16日です。 直近の過去の梅雨入りの日づけをみてみると、昨年2018年は6月6日、一昨年2017年は6月8日が梅雨入りでした。 1951年から2018年までの梅雨入りの平均値が、6月8日頃といわれており、今年の梅雨入りにおいても、例年同様と予想されています。 今年は、ソーシャルディスタンスを作るため、大きめの傘がかなり売れているそうです! 楽天で購入 梅雨明けはいつ? 一方、梅雨明けの時期はというと、 7月10日頃から7月24日頃の間位と予報されています。 2018年は6月29日、2017年は7月6日でした。 実は、過去の関東地方の梅雨明け時期の平均日は、おおよそ7月21日頃とされています。 ここ数年は、7月上旬の梅雨明けになっていますが、年々遅くなっている傾向がありますので、梅雨明けが発表されるまでは、突然の雨に困らないよう準備しておく必要がありそうです。 関東地方の梅雨の特徴は? 雨が急に降ったり止んだりと言うよりは、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多いのが、関東地方の特徴です。 関東地方の地形の影響なのか、東北地方や九州地方と比べると災害は比較的起こりにくくなっていますが、洪水や土砂災害などの防災について、しっかりと準備していきたいですね! 梅雨入りや梅雨明けはどのように決定されるの? 「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道を耳にすると思いますが、気象庁が毎年発表しています。 例えば、 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこないと判断されたら梅雨明け」 などが判断材料となっているようですが、毎年決まった気象現象が起こるか分からないので、ある程度の予想で「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」を行っているようです。 ただし、9月に気象台の観測結果を再検討して、最終的にその年の梅雨入りと梅雨明けの日づけを決定し、記録として残しているそうです。 そのため、9月以降になると6月に報道があった日にちとは異なっている可能性もあります。

次の

【天気コラム】梅雨明けはいつになりそうか?(2020/7/3更新)

関東梅雨明け 2020 予想

関東・甲信地方の2020年の梅雨入り時期を予想! ショッピングはもちろん、ライブや美術展など年中沢山のイベントが行われる関東地方。 定期的に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか。 できれば傘を持たずにお家を出たいですよね。 おでかけの計画を立てるのにぴったりな関東・甲信地方の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。 また過去68年間の関東の梅雨入りの平年時期は6月8日となっていますので、屋外でのイベントや、結婚式などの大切な予定は5月中に済ませておくと良さそうですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨入りを予想すると、 2020年は6月1日から6月14日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨明け時期を予想! 1度梅雨の期間に入ってしまうと、とっても待ち遠しい梅雨明け。 からっと晴れた空や温かい日差しが恋しくなりますね。 じめじめとした梅雨が明けるといよいよ夏本番。 2020年の関東・甲信地方の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨明けは2018年の6月29日、最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日でした。 最も早いと言っても6月中に梅雨明けをしたのは過去68年間でたった1回のみなので、6月中の梅雨明けの確率はかなり低いと言えるでしょう。 また8月に入ってからの梅雨明けは過去68年間で4回と、8月の梅雨明けになる確率も低そうです。 また68年間の関東の梅雨明け時期は7月21日となっており、中旬と下旬の境目である18日~22日頃に梅雨明けすることも多いようですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月15日から7月29日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨期間の傾向は? 梅雨入り・梅雨明けの時期が早くなったり遅くなったりするのは、近年のように異常気象が発生する前からある梅雨の大きな特徴ですが、梅雨の期間に影響はあるのでしょうか。 2020年の関東・甲信地方の梅雨期間の傾向を予想してみましょう。 気象庁の1951年~2018年までの過去データによると、関東・甲信地方の最も短い梅雨期間は1978年と2018年の23日間でした。 過去68年間で25日以内だったのはこの2度のみですので、これはとても短いと言えますね。 ただし30日以内だった年は13回ほどありますので、近年のような集中豪雨が発生するような気候が続けば今年も十分ありえるかもしれません。 また最も長い梅雨期間は1963年の79日でした。 これはとても珍しいケースで、過去68年間で70日以上だったのはこの1度きりです。 平均が41日のところ、次いで長かった1998年の61日とも10日以上の差がありますで、70日以上続く年は滅多にないと言えますね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨期間を予想すると、2020年は33日~43日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の関東・甲信地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 過ごしやすい気候の春から夏に向かう季節は、遊園地や公園でもイベントが盛りだくさんです。 ぜひおでかけの計画の参考にしてみてくださいね。

次の