かきたま汁 簡単。 かきたま汁

かきたま汁

かきたま汁 簡単

おはようございます。 フードスタイリストの です。 朝晩はぐっと冷え込むようになりましたね。 わたしも早朝にお出かけの際には、ショールなどのはおりものを手にしています。 そんなちょっと寒い朝には、あったかいスープや飲み物が嬉しいですね。 そんな朝におすすめしたいのが 「かきたま汁」です。 今日はこの かきたま汁の作り方を、簡単だけど、でも意外と失敗しやすい「ふわふわ卵の作り方のコツ」もあわせて、ご紹介したいとおもいます。 寒くなると欲しくなる…朝の温かい「かきたま汁」 寒くなると欲しくなるのが、あったかいスープや飲み物。 特に朝方は、日中と比較してもぐっと冷え込むことが多く、そんなときに温かい飲み物を飲めば、体の中からポカポカしてきますね。 とはいえ、朝から何か特別なことはできないので、できたら簡単につくれるスープなどのレパートリーがあるとうれしいもの。 そんなときにおすすめしたいのが、 かきたま汁です。 かきたま汁なら、特別な材料の準備の必要がなく、 卵1個で簡単につくれるから、時間のない朝には大助かり!ふわふわの卵ととろみのあるスープで、お腹も心も温まるうれしい朝の一杯になるとおもいます。 ふわふわ卵がコツ!かきたま汁の作り方 かきたま汁、材料は、卵に、だし、塩、薄口醤油、片栗粉ととてもシンプルで作りやすいのですが、意外と難しいのが、 卵をふわふわに仕上げること。 今日は、ふわふわにするコツを紹介したいと思います。 卵をふわふわに仕上げるコツ-1 スープに味をつけたら、 先に片栗粉でとろみをつけます。 とろみをつけることで、卵を流し入れたときに卵がだれることなく、固まりやすくなります。 卵をふわふわに仕上げるコツ-2 鍋のスープはふつふつと ゆるく煮立っている状態で卵を入れます。 低温すぎると卵がうまく固まらず、スープが濁ってしまいますし、逆にグツグツ煮立った状態で入れてしまうと、スープの温度が熱すぎて卵を流し入れた時にすぐに固まってしまい、ふわふわになりません。 卵をふわふわに仕上げるコツ-3 卵を全体に流し入れたら、 しばらくおいてからそっとかき混ぜます。 すぐにかき混ぜてしまうと、固まっていない卵が塊になってしまったり、スープが濁ってしまうことがあります。 私が昔中国にいたときによく食べていた 「中華風コーンスープ」(中国語名は「玉米湯」といいます。 )です。 コーンスープという名前ですが、実は、このレシピもふわふわの卵が大きなポイントとなります。 作り方はとっても簡単!市販の鶏ガラスープにオイスターソース、酒で味付けをし、缶詰の粒コーンをいれて片栗粉でとろみをつけます。 最後に溶き卵を流しいれたら完成。 ふわふわの卵と、シャキシャキのコーンの食感、そしてそこにほどよくとろみがついたスープがうまく絡まって… 朝からちょっと贅沢気分を味わえる特別なスープです。 ちょっと時間があるときに、ぜひ作ってみてください。 いかがでしたか? 寒くなると途端に恋しくなる朝の温かい一杯。 おまけに冬が近づくと乾燥も気になり、温かいものでお腹も心も満たされたくなりますね?とはいえ、朝は時間がなく、朝から何か特別なことはちょっと難しい。 そんなあなたにおすすめしたいのが卵1つあればできるかきたま汁です。 ふわふわの卵が特徴のあたたかいスープや汁物があれば、お腹の中から温まり、朝からほっこりした気分にもなれますよ。

次の

白だしで簡単 豆腐入りかきたま汁のレシピ

かきたま汁 簡単

ふわふわ卵に!かきたま汁を上手に作るコツ かきたま汁を上手につくるコツは、3つあります。 まずは、片栗粉を入れてとろみをつけこと。 そして卵を回し入れるときの温度、かき混ぜるタイミング、この3点に注意することで簡単にふわふわ卵のスープにすることができます。 ポイントをひとつひとつ、ご説明していきますね。 卵がふわふわにならず鍋の底に沈んでしまうのは、 卵がだし汁よりも比重が重いからです。 卵とだし汁を同じくらいの比重にすることで、卵が沈まずにふわっとした卵になります。 卵が沈まないコツ:片栗粉でとろみをつける まず、卵1つにつき小さじ1杯ほどの片栗粉を同量の水で溶いておきます。 あらかじめ水溶き片栗粉を作っておくと、でんぷんの粒子が水分を吸収し、固まりやすくなるんですよ。 だし汁が 煮立ったら一度火を止めておきます。 だし汁の温度が下がらないように「 箸を伝わせて少しずつ回し入れる」ことも重要です。 慣れないうちは、溶き卵を「穴あきお玉」を通して、鍋の上に丸く円を描くように流し入れるときれいなかき玉ができます。 スープが濁らないコツ2:卵をゆっくり混ぜる 卵を入れたあと、まだ固まらないうちに混ぜると、スープが濁る原因になります。 卵をすべて溶き入れて、 一呼吸おいてから、お玉でやさしく底から全体を混ぜあわせましょう。 卵がふわっとして綺麗にかたまります。 混ぜ合わせたら、すぐに火を止めてくださいね。 何度も温め直すと、ふわふわの卵が固くなる原因に。 出来たてをいただきましょう! まとめ かきたま汁をふわっと澄んだスープで作るコツは• 片栗粉でとろみをつける• だし汁が煮立ったところに卵を入れる• 一呼吸置いてからやさしく混ぜる ことがポイントです。 かきたま汁もふわっとしたものや糸のような細いものなど、色々ためしてお好みのかたまり具合を見つけてくださいね。 コツをつかんだら、きのこやお豆腐、お豆に春雨など色々な食材をプラスしたり、お味噌汁や中華風、コンソメスープなどの他のスープにも応用しちゃいましょう。 簡単なようでいて、奥が深いかきたま汁。 ゆで卵や目玉焼きなどのたまご料理も簡単に作れますが、火の通し具合はそれぞれの好みによってこだわりが強くでますよね。 それだけみんなに愛されている身近な食材ということでしょうか。 私も卵は大好きです。 今回の記事が何かのお役に立てましたら、幸いです。

次の

かきたま汁のレシピ/作り方:白ごはん.com

かきたま汁 簡単

おはようございます。 フードスタイリストの です。 朝晩はぐっと冷え込むようになりましたね。 わたしも早朝にお出かけの際には、ショールなどのはおりものを手にしています。 そんなちょっと寒い朝には、あったかいスープや飲み物が嬉しいですね。 そんな朝におすすめしたいのが 「かきたま汁」です。 今日はこの かきたま汁の作り方を、簡単だけど、でも意外と失敗しやすい「ふわふわ卵の作り方のコツ」もあわせて、ご紹介したいとおもいます。 寒くなると欲しくなる…朝の温かい「かきたま汁」 寒くなると欲しくなるのが、あったかいスープや飲み物。 特に朝方は、日中と比較してもぐっと冷え込むことが多く、そんなときに温かい飲み物を飲めば、体の中からポカポカしてきますね。 とはいえ、朝から何か特別なことはできないので、できたら簡単につくれるスープなどのレパートリーがあるとうれしいもの。 そんなときにおすすめしたいのが、 かきたま汁です。 かきたま汁なら、特別な材料の準備の必要がなく、 卵1個で簡単につくれるから、時間のない朝には大助かり!ふわふわの卵ととろみのあるスープで、お腹も心も温まるうれしい朝の一杯になるとおもいます。 ふわふわ卵がコツ!かきたま汁の作り方 かきたま汁、材料は、卵に、だし、塩、薄口醤油、片栗粉ととてもシンプルで作りやすいのですが、意外と難しいのが、 卵をふわふわに仕上げること。 今日は、ふわふわにするコツを紹介したいと思います。 卵をふわふわに仕上げるコツ-1 スープに味をつけたら、 先に片栗粉でとろみをつけます。 とろみをつけることで、卵を流し入れたときに卵がだれることなく、固まりやすくなります。 卵をふわふわに仕上げるコツ-2 鍋のスープはふつふつと ゆるく煮立っている状態で卵を入れます。 低温すぎると卵がうまく固まらず、スープが濁ってしまいますし、逆にグツグツ煮立った状態で入れてしまうと、スープの温度が熱すぎて卵を流し入れた時にすぐに固まってしまい、ふわふわになりません。 卵をふわふわに仕上げるコツ-3 卵を全体に流し入れたら、 しばらくおいてからそっとかき混ぜます。 すぐにかき混ぜてしまうと、固まっていない卵が塊になってしまったり、スープが濁ってしまうことがあります。 私が昔中国にいたときによく食べていた 「中華風コーンスープ」(中国語名は「玉米湯」といいます。 )です。 コーンスープという名前ですが、実は、このレシピもふわふわの卵が大きなポイントとなります。 作り方はとっても簡単!市販の鶏ガラスープにオイスターソース、酒で味付けをし、缶詰の粒コーンをいれて片栗粉でとろみをつけます。 最後に溶き卵を流しいれたら完成。 ふわふわの卵と、シャキシャキのコーンの食感、そしてそこにほどよくとろみがついたスープがうまく絡まって… 朝からちょっと贅沢気分を味わえる特別なスープです。 ちょっと時間があるときに、ぜひ作ってみてください。 いかがでしたか? 寒くなると途端に恋しくなる朝の温かい一杯。 おまけに冬が近づくと乾燥も気になり、温かいものでお腹も心も満たされたくなりますね?とはいえ、朝は時間がなく、朝から何か特別なことはちょっと難しい。 そんなあなたにおすすめしたいのが卵1つあればできるかきたま汁です。 ふわふわの卵が特徴のあたたかいスープや汁物があれば、お腹の中から温まり、朝からほっこりした気分にもなれますよ。

次の