アニメ 海外 反応。 『海外の反応』キングダム 3期 第3話「麃公将軍の横取りが最高すぎるw」

【海外の反応】魔入りました! 入間くん 1話

アニメ 海外 反応

日本のアニメ歴史について 現代の日本ではアニメがサブカルとして世界各国で愛されている。 実際、世界でも古くからアニメをコマ撮りを行っていた1902年からの歴史もある。 しかし驚くべきは日本のアニメーション技術の歴史だ。 なんと12世紀から13世紀に絵巻で技術を発揮していた。 江戸時代には今でいう「カット割り」に代わる写し絵や走馬灯などが技術として見られていた。 動画でも紹介されたように パラパラ漫画を映像化したのち、大正期にかけて短編アニメーション映画が上映される。 当時の作品で現存するのは動画でも紹介された「なまくら刀」のみだ。 古い歴史の中でただのサブカルではなく「受け継がれてきた技術」もあるのは外国人の興味をそそるようだ。 現代の「アニメ」だけではなく「日本のアニメの始まり」に海外ファンの反応が気になる。 どのようなコメントを残してくれたか一緒に見ていきましょう。

次の

海外の反応「日本のアニメに日本人はいないのか?なぜアニメのキャラって全員白人みたいなの?」

アニメ 海外 反応

数え切れないほどのアニメを見てきましたが、ほとんどのストーリー展開に驚かされることはめったにありません。 この物語の書き方は非常に創造的で、文字通り何も予測できません。 ファンタジーアニメなので、創造性の余地はたくさんあります。 しかし、私はこのアニメが最もうまくいったと思うのは、キャラクターについてです。 多くの人が気付いたかもしれませんが、キャラクター(鬼を含む)について私たち(観客)がどのように感じているかは、炭治郎が彼らについてどのように感じているかを反映していると思います。 物語が進むにつれて、アニメはキャラクターを紹介し、私たちは彼らがどんな人物であるのか、なぜ彼らはそのような行動をするのか知ります。 より多くの情報があれば、これらのキャラクターとの絆も成長します。 特定の行動(最近のエピソードを視聴した人はこれを完全に理解するでしょう)が意味を成し始め、私たちにとってキャラクターが余計愛おしくなります。 そしてもちろん、 丹治郎は、常に私を彼に惹きつけてくれるので、まともな主人公だと思います。 彼は非常に明確な目的に駆り立てられており、彼が下す決定はそれから生じています。 私は彼の共感力が大好きです。 さまざまな視点から物事を見ることができるので、率直に言って、とても爽快です。 恐怖と弱さを克服する姿が楽しみ 作品を見始めたとき、私は『鬼滅の刃』に平均的な剣士アニメの印象を受けたので、期待は低かった。 始まりはややスローペースですが、炭治郎が旅に出ると作品の雰囲気は大きく変わります。 もちろん、良い方に。 キャラクターが彼らの恐怖と弱さを克服するのをいつも楽しんでいます。 この作品はそれで満たされています。 キャラクターはほとんど好感が持てますが、私は彼らが途中の部分でコメディに使われることは本当に好きではありませんでした。 しかし、これは後から切り替わり、キャラクターはより深みを増し、ストーリーの中で成長していきます。 ほぼ同じパターンに従っているにもかかわらず、すべてのアクションシーンが大好きです。 これらのアクションシーンでは、アートとアニメーションが私をに本当に感動させ、元気づけます。 家族の絆と主人公の優しさ.

次の

海外の反応のまとめ

アニメ 海外 反応

ドラマで言えば韓国が間違いなく一番。 わかんないけど多分日本のに慣れちゃってるからかなぁ。 多分改善していく必要はあるけど悪くはないよ・・・ あなたたちは独自のアニメがあるじゃない、台湾にはないんだからね。 だから今日ではほとんどのアニメーションスタジオが日本をリスペクトしていてアニメのスタイルや雰囲気を学ぼうとしているんだ。 ディズニーでさえだよ。 韓国ドラマも日本の漫画のコピーだろ。 だから私は日本を選ぶかな。 日本のアニメはいつも一番だけどね。 韓国はK-POPにおいて有利。 なんでいまだに両国を比べるのか意味わかんない。 youtube.

次の