ワイルド スピード スーパー コンボ dvd ラベル。 outage.smeco.coop

【納得】ワイルドスピードシリーズ見る順番は時系列がおすすめ!公開と違う理由も解説

ワイルド スピード スーパー コンボ dvd ラベル

内容はデッカードの妹、MI6エージェントのハッティ ヴァネッサ・カービー を保護するというものでした。 しかも人類の半分を死滅させるウイルス兵器の回収も・・・ 犬猿の仲のふたりはしかたなく組むことしますが、サイボーグのようなテロ組織のリーダー・ブリクストン イドリス・エルバ に阻まれて・・・ 「ワイルドスピード スーパーコンボ」ネタバレ 厳重に警護された装甲車が建物に到着します。 その時、黒ずくめの集団が車を襲撃します。 黒ずくめの集団は英国諜報部MI6の工作員でした。 積み荷の奪取に成功した時、突然現れた男・ブリクストン(イドリス・エルバ)が工作員達に攻撃を仕掛けてきました。 人間離れした俊敏さで訓練された工作員達を一撃で倒し、拳で厚い装甲をブチ破って積み荷を強奪しようとします。 工作員の中で唯一生き残ったハッティ(ヴァネッサ・カービー)は、このままではやられると感じ、意を決して積み荷だったウイルスを自分の体に注射します。 ブリクストンが車内に押し入った時、既にハッティは逃げた後でした。 その後すぐ、今回の襲撃事件の主犯はハッティであり、現在も危険なウイルスを持って逃走中だというニュースが世界中に流されます。 全てはブリクストンと、彼が所属する組織「エディオン」、そしてそれを指揮する「ディレクター」によるメディア操作によるものでした。 その頃、ロサンゼルスに住むFBIアメリカ外交保安部の元捜査官 ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とロンドンに住む元MI6工作員 デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)は、共に裏世界で人類存亡の危機を引き起こしかねない程の「ブツ」が取引されると言う噂について調べていました。 その途中で二人はCIAに呼び出され、協力してハッティを追跡するように依頼されます。 しかし、タイプが違う上に過去に敵同士だった(ホブスは犯罪組織のボスで、ショウの弟・オーウェンを追い詰め半殺しの目に合わせた事がある『ワイルドスピード ユーロミッション』。 その報復としてショウはホブスを襲撃し、FBI本部を破壊した『ワイルドスピード スカイミッション』)二人は協力などするはずもありません。 しかも実は、ハッティはショウの妹でもありました。 ショウは「これは身内の事だから、俺一人が解決する」と主張しケンカ別れに終わってしまいます。 それぞれ独自にハッティを探し、ホブスが見つけ、反撃をうけながらも何とか身柄を確保します。 そこへショウ、そしてブリクストンも現れます。 街が壊れる事も気にしないブリクストンの攻撃に、仕方なく3人はショウの車でその場から逃げ去りました。 何とか安全な所に逃げた3人。 早速ショウはハッティを問い詰め、スノーフレークと言う致死率100%のウイルスを体内に隠し持っており、しかもそれは残り約40時間で覚醒し、ハッティが死ぬと世界中に拡散してしまうと知ります。 ショウは驚きながらも、何とかハッティを助けようとウイルスの開発者(エディ・マーサン)を探し出し対処法を尋ねますが「ウイルスが拡散する前にハッティを殺し、死体を焼却処分する」「エディオン本部にある除去装置で体内のウイルスを取り除く」の2択しかないと言われます。 勿論、ハッティを殺す訳にはいかず、3人はエディオン本部に潜入する決心をします。 ショウの知り合い(恋人?)マルガリータことマダムM(エイザ・ゴンザレス)の協力で武器や装備を手に入れ、更に追跡者としてハッティを捕えたふりをして、敢えてエディオンに突き出してもらいました。 その一方で、ハッティからの情報でウイルス除去装置を探すためにホブスとショウも密かに本部に潜入しました。 しかし、2人はすぐに見つかって捕まってしまいます。 ブリクストンの前に連れてゆかれたホブスとショウ。 そこでショウとブリクストンの過去が明かされます。 実は2人は特殊部隊「ブラック」の元戦友でした。 しかし、過酷な任務を重ねるうちにブリクストンは精神を蝕まれてしまいます。 そんな時にエディオンから勧誘を受け「人類はこのままでは滅んでしまう」「弱者を排除して世界の人口を削減し、テクノロジーと融合した強く新しい人類を作り出す」と言う理想に感化されてしまったのです。 そして、ショウも仲間に引き入れようとしますが断られ、争いとなってショウはブリクストンの頭を撃ち抜いていたのです。 しかし、ブリクストンはテクノロジーと融合したサイボーグのような強靭な体で蘇ったのです。 ホブスとショウは殺されそうになりますが、ハッティの機転によってできた隙をついて逃れる事に成功します。 ウイルス除去装置も手に入れ、本部を爆破して大型トラックで逃げようとしますが、またしてもブリクストンが追ってきます。 その戦闘能力とパワーの前にホブスとショウは2人がかりでも圧倒されてしまいます。 危ない所をエディオン本部の倒壊に紛れてブリクストンを振り切る事に成功しますが、ウイルス除去装置も壊れてしまいます。 なす術がなくなり諦めかけたハッティとショウにホブスが提案します。 「故郷・サモアにいる俺の家族の所に行かないか?」 実はホブスの父は窃盗団のボスでした。 サモアで平和に暮らしていたホブスと兄・ジョナ(クリフ・カーティス)を仲間に引き入れて盗みを繰り返していましたが、このままでは使い捨てにされてしまうと感じたホブスは警察に父親の事を密告したのです。 そのせいで父親は逮捕され、家族を裏切った自責の念からホブスは故郷を捨てました。 それ以来、ホブスと家族は音信不通だったのです。 「ワイルドスピード スーパーコンボ」ラスト最後の結末 25年間ぶりにサモアに戻って来たホブスを、最初は兄たちも拒絶していました。 しかし、母親の一喝で渋々ながら協力を承諾します。 更に凄腕の整備士でもあるジョナがウイルス除去装置も修理してくれる事になりました。 ホブス達はここでブリクストンを迎え撃とうとしますが、銃がありません。 島の各所に罠を仕掛け、廃工場で仲間と共に戦う準備をします。 そして、ウイルス除去装置の修理が完了しハッティの体内からウイルスが取り除かれ始めます。 明け方、ブリクストンとエディオンの軍隊が押し寄せてきます。 銃を使おうとしますが、セイフティーを解除するICチップをハッキングされて使用不能にされてしまいます。 周りにガソリンをまかれて火を付けられ、退路を断たれたところを斧や槍など古来の武器を手にしたホブスと仲間達が突っ込んできます。 ホブスやショウは慣れない戦いに動揺したエディオン軍を次々と倒してゆきますが、ハッティが見付かってしまいヘリコプターで連れ去られてしまいます。 ホブス達はトラックのチェーンを巻き付けた上、罠の中に誘い込んで火のついたガソリン入りドラム缶を次々とぶつけ、ヘリを崖下に落とすことに成功します。 一緒に崖下に落ちたホブスとショウはブリクストンに真っ向勝負を挑みます。 最初は、やはりブリクストンに押されますが、片方が殴られている時にもう一人が攻撃する捨て身の戦い方でついにブリクストンを倒します。 ハッティのウイルス除去も成功し、敗れたブリクストンはディレクターによって「シャットダウン」され海に落ちて消えました。 3人は元の生活に戻りました。 ショウは久しぶりに、ハッティと二人で刑務所にいる母親(ヘレン・ミレン)を訪ね、ホブスは初めて娘をサモアに連れてゆき、家族の絆を取り戻した事を実感するのでした。 しかし、事態は一件落着とはいきませんでした。 ホブスの元にまた連絡が入ります。 今度は人の体を溶かしてしまう殺人ウイルスが奪われたと言うのです・・・ 「ワイルドスピード スーパーコンボ」見どころ 「ワイルドスピードシリーズ」のスピンオフ作品です。 シリーズの中で最もマッチョなホブスと、犯罪者なのに華麗な戦い方がカッコいいショウがタッグを組むと言うだけでワクワクします。 しかも、今回から参加のMI6工作員で兄にも劣らない戦闘能力をもつハッティと、テクノロジーと融合して人間の限界を超えた肉体を持つブリクストンも予想を超えて見応えのあるアクションを見せてくれました。 本作でもカーアクションは存分に堪能できますが、ブリクストンが操るハイテクバイクのアクションも見逃せません。 そして豪華なアクションの他にも、ショウやホブスの過去が明かされるのも見どころの一つです。 シリーズを通じて描かれている「家族・仲間との絆」は今回もちゃんと描かれており、特にショウが兄弟で盗みをする時に「キース」「ミックジャガー」と名前の付いた作戦を立てていた事が印象的でした。 敵には容赦ないのに娘には甘いホブス、母親に頭が上がらず妹の為に国家をも敵に回すショウの姿はどちらも人間味があって親しみを持てました。 本作を含めて9作品のワイルドスピードシリーズが作られていますが、回を重ねるごとにアクションは豪華になってゆきますね。

次の

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

ワイルド スピード スーパー コンボ dvd ラベル

監督は『』や『』の。 初の長編映画で、シリーズ第8作『』から2年後を舞台に、演じるルーク・ホブスと演じるデッカード・ショウを主人公に描く。 あらすじ ・。 殺人ウイルス「スノーフレーク」を積んだテロ組織のトラックをの部隊が襲撃。 ウイルスを確保しようとするも、 ブリクストン率いる科学テロ組織「エティオン」の一団が現れ部隊を一掃する。 部隊の1人 ハッティ・ショウは、ブリクストンらの手にウイルスが渡るのを阻止するためウイルスを自身の体内に注入しその場から逃走。 ウイルスを逃したブリクストンは情報操作によってハッティを部隊を裏切ったテロリストに仕立て上げたのであった。 英米両政府は、元アメリカ外交保安部(DSS)の捜査官 ルーク・ホブスと、ハッティの兄で元イギリス軍特殊部隊員・元MI6エージェントの デッカード・ショウにハッティの保護を依頼。 かつて敵同士であった経緯から協力関係を結ぶことを拒否した2人は単独で行動するも、ホブスがハッティの身柄を確保したことで再び合流。 しかし、そこへブリクストンが現れハッティを連れ去る。 ブリクストンを追うホブスとショウであったが、組織に人体改造を施され超人的な力を得たブリクストンの前に2人がかりでも苦戦を強いられ、ハッティを取り戻しカーチェイスの末にブリクストンの追跡を振り切るもハッティと同じく情報操作によってテロリストに仕立て上げられてしまう。 3人はエティオンに関わる アンドレイコという男の存在を突き止め、接触する。 科学者であるアンドレイコはスノーフレークを生み出した張本人で、それをエティオンに悪用されてしまったのだという。 ウイルスが間も無くハッティの体を侵し世界に拡散するであろうこと、エティオンの研究所にある装置でしか体内のウイルスの抽出ができないことを聞き出した3人は、研究所のあるウクライナに向かう。 マダムMの手引きによって研究所内に潜入、一度はブリクストンに拘束されるも装置を奪うことに成功する。 しかし、脱出の際の激しいカーチェイスによって装置は破損してしまうのであった。 ホブスは装置を修理するため、疎遠になっていた故郷を訪れることを決意する。 家族・故郷を裏切った過去から兄・ ジョナをはじめとする兄弟はホブスへの協力を拒否するも、母から喝を入れられたホブス兄弟たちは家族で営むカーカスタムショップのノウハウを生かし装置の修理を開始。 ホブスやショウは戦いに備え、地の利を活かした作戦を計画する。 ショウの読み通り、ブリクストンは夜明けを狙って襲撃を仕掛ける。 決戦を前にホブスとジョナ、ショウとハッティはそれぞれわだかまりを解消。 家族愛を確かめ合いブリクストンとの決戦に臨むのであった。 ハッティは修理を完了した抽出装置を取り付ける。 ハッティの工作により武器が無効化されたブリクストンの部隊とサモアの島民との間で肉弾戦が勃発。 地の利を活かして形勢優位に戦うサモア人たちであったが、超人的なブリクストンの相手にはならず、ブリクストンは装置をつけたままのハッティを連れてヘリコプターでの逃走を図る。 ホブスとショウ、ジョナらホブス兄弟はレッカー車でヘリを追い、フックでヘリを捕らえ上昇を阻止、罠を仕掛けていた北側の崖へとヘリを誘導する。 ヘリは罠によってダメージを受け上昇不能となったが、ブリクストンはヘリを急降下させレッカー車もろとも崖の中腹へ墜落。 ホブスとショウは再びブリクストンとの直接対決に挑む。 ブリクストンの超人的能力の前にやはり苦戦する2人であったが、一方が攻撃を受けると同時に他方が攻撃を加えるというコンビネーション攻撃を駆使して徐々にブリクストンを追い詰める。 ダメージを負い戦闘不能となったブリクストンに対し、ホブスとショウは「人を信じること」が強さだと説く。 しかし、エティオンの「指導者(ディレクター)」から「廃棄処分」と判断されたブリクストンは崖から転落し海の藻屑と化した。 ハッティのウイルスも抽出が完了し、無事ウイルスの拡散を阻止したホブスとショウ。 彼らに対し、ヘリのスピーカーを通してディレクターは宣戦布告するのであった。 エンドクレジット。 娘の サマンサと共に改めてサモアを訪れ家族との絆を取り戻したホブス。 ハッティと共に服役中の母・ マグダレーンとの面会を果たしたショウ。 家族愛を再確認した2人のもとへ新たなウイルス出現の知らせが届く。 登場人物 ルーク・ホブス 元アメリカ外交保安部(DSS)捜査官。 ロサンゼルスにて娘のサマンサと暮らしていたところ、の要請を受ける。 ショウとは犬猿の仲であり、任務の協力者として顔を合わせたショウに対して「『』の気取った発音が気に入らない」などと口汚く罵った挙句、共同作戦中も終始いがみ合っている。 本作でサモア出身であることが明かされた。 父親はかつて家族ぐるみでの盗品稼業に手を染めており、自身もそれに加担していた過去があったことから警察官となった。 島を出て警察官となったこと、警察官として父親を検挙したことなどが家族から「裏切り」と見なされ故郷とは疎遠になっていた。 デッカード・ショウ 元イギリス軍特殊部隊員で元MI6エージェント。 ロンドンにて愛車のと共に優雅な生活を送っていたところ、の要請を受ける。 ホブスとは犬猿の仲であり、任務の協力者として顔を合わせた際には「顔を見ると目が腐る」などと罵った。 家族想いであり、服役中の母親と定期的に面会している他、疎遠となっていた妹のハッティに対しても積極的に関係修復を試みている。 ブリクストン 元MI6エージェントで超人的な能力を持ち自らを「黒いスーパーマン」と称するテロ組織「エティオン」の戦士。 全身黒のハイテクスーツに身を包み、自動走行や自在な変形が可能なハイテクバイクに搭乗する。 増強されたパワーや俊敏性を武器に、敵の行動を予測する能力を駆使して攻撃を受けることなく相手にダメージを与える。 かつてはショウの同僚であったが、任務上の都合からショウによって射殺された。 その後エティオンに人体実験を施され超人として復活。 ショウに裏切られたことを恨み、人を信じることを拒否している。 エティオンが掲げる「人類の殲滅による世界の浄化」の実現を目指し、「スノーフレーク」を利用しようとする。 エティオンの権力を利用した情報操作を得意としており、ショウがMI6から追われることとなった原因を作った。 ハッティ・ショウ MI6エージェントでデッカードの妹。 兄であるデッカードに対してはMI6を裏切った人物として距離を置いていた。 幼少期から兄と共に銀行強盗ごっこなどで遊んていた。 マグダレーン・ショウ デッカードとハッティの母親。 本作では服役中となっており、模範囚である模様。 子供達の兄妹仲を案じている。 悪の組織から多種多様な武器を強奪し流通させている。 女性で構成されるチームを率いる。 ショウとは良い仲にある模様で、エティオンの研究所へ潜入する際には武器や戦闘機を提供したり作戦に協力するなど全面的にサポートしている。 ロック CIAのエージェントでホブスの友人。 ホブスにハッティ保護任務を要請する。 饒舌で軽口が目立ち、軽薄な印象を受けるもののEDクレジットの描写から、かなり現場慣れし戦闘術に長けたエージェントであることが伺える。 09点となっている。 劇中に登場する主なマシン 自動車• - 青色の個体がデッカードの愛車として主に登場し、ポスターにも登場している。 ロンドンでのカーチェイスの際に損傷し乗り捨てる。 なお、メガスーパーカーモーターショー2019での本作のPRブースでは、同仕様の車両の展示があった。 - デッカードのコレクション車両の1台として登場。 - デッカードのコレクション車両の1台として登場。 - デッカードのコレクション車両の1台として登場。 なお、『ミニミニ大作戦』 を髣髴とさせるセリフが登場している。 - 黒色の個体がマダムMの際に赴く際に用いられている。 - 改造したようなデザインの装甲車が敵の使用する主要なマシンの1つとして多数登場する。 積載車 敵の所有する大型の積載車。 エティオンの研究所から脱出する際に奪い取り、カーチェイスを繰り広げた。 バギー いかにもオフロードバギーといった見た目のデザインで、上記の積載車と共に脱出に使用された。 レッカー車 ホブス兄弟たちによって改造されたレッカー車が何台も登場し、力を合わせて敵のヘリと対峙する。 - オープニングクレジットに於いてホブスの愛車として登場。 バイク• - ブリクストンの使用する主要なマシンの1つ。 に登場する、ディアブロス・カスタムというバイクに非常によく似た形状のヘッドライトが特徴。 自動走行、変形機構を有しており、持ち主の元へ素早く駆け付ける。 航空機• 旅客機 民間の旅客機。 ロシアへの移動に使われた。 旅客機内では新たな協力を得ることができた。 ジェット戦闘機 整備された滑走路でなくとも、豪邸の庭(芝生)から飛び立つことができる。 エティオンの研究所への移動に使われた。 UH-60 主に中盤から終盤にかけて登場する。 映画館の展示やポスター等一部メディアにはAH-64が使われており、本来はAH-64になる予定であったが変更されたことが推測される(よって、シーンの変更が行われたことも分かる)。 ドローン 小型の無人航空機で、銃を装備しており、上空から攻撃を仕掛ける。 脚注 注釈• D'Alessandro, Anthony 2018年5月9日. Deadline. 2018年5月15日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月4日. 2019年3月12日閲覧。 映画ナタリー. 2019年3月28日. 2019年4月6日閲覧。 2019年9月7日閲覧。 2019年9月7日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年2月5日. 2019年3月12日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2019年7月12日. 2019年7月12日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年8月5日. 2019年8月5日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年7月30日. 2019年8月1日閲覧。 ディアブロス・カスタムのモデルはドゥカティ・ディアベル draXterであり、その両車を組み合わせたようなデザインとなっている。 外部リンク• - (英語)• - (英語)• 日本語版オフィシャルサイト.

次の

ワイルド・スピード スーパーコンボ : 作品情報

ワイルド スピード スーパー コンボ dvd ラベル

どうもでょお()です。 『ワイルド・スピードスーパーコンボ』はワイルドスピードシリーズでありながらも、アクションに重きを置き車要素は少なめになっているます。 ですが車が登場しないわけじゃないのでご安心を。 ではどうぞ。 マクラーレン720S 出典: まずはこちら。 どうやらデッカード・ショウの愛車のようですね。 これまでワイルドスピードはメインの車にスーパーカーが使われる事はあまりありませんでしたよね。 ちなみにこちらのマクラーレン720Sは約5000万円の車で、その出力は名前の通り720馬力を誇るエンジンを搭載しております。 出典: フォード ブロンコ 出典: ホブスが自宅のガレージと思われる場所で乗車した車。 フォードのヴィンテージトラックとして非常に人気の高いブロンコです。 ちなみにホブス演じるドウェイン・ジョンソンが主演・プロデューサーを務めた『ランペイジ 巨獣大乱闘』でドウェイン・ジョンソンの車として登場した車は新型ブロンコのコンセプトモデルでした。 やっぱりドウェイン・ジョンソンはブロンコが好きなのかもしれませんね。 まあ似合うし。 ピータービルド セミトラック 出典: ホブスの兄弟たちが切り盛りする「ホブスカスタムズ」によってカスタムされたピータービルドのセミトラックも登場します。 ピータービルドはアメリカではおなじみのトラックで、『トランスフォーマー』のオプティマスプライムでおなじみのトラックメーカーです。 MG MGB GT 出典: デッカード・ショウのガレージと思われる場所にチョロっと映っていました。 MG社の「MGB GT」です。 MGBはイギリス車なのでイギリス人のデッカードが好みそうな車ですね。 ミニ 出典: 同じくデッカードのガレージと思われる場所に登場。 MGBの向こうにミニが確認できます。 さすがに小さすぎるので詳細まではわかりませんがBMW傘下になる前のミニですね。 本編ではこの車を指してデッカードが「仕事に使った」と言っていました。 これはジェイソン・ステイサムが出演した映画『ミニミニ大作戦』へのオマージュです。 MAN KAT 1 出典: 予告編に登場した巨大な軍用トレーラーがこちら。 ヘッドライトは独特の雰囲気のあるSFテイストなものに変更されていましたね。 ホブスが運転しているようでしたが、きっと敵の車を奪って乗ってる感じなんでしょう。 出典: KTM 950 スーパーモト 出典: ホブスとショウが対峙する組織の下っ端が運転してると思われるこのバイク。 近未来を思わせるヘッドライトでアベンジャーズとかに出てきそうなバイクですがベースはオーストリアのバイクメーカーKTMのスーパーモト。 つや消しブラックになっているためかかなり雰囲気が異なって見えますね。 元のKTMスーパーモトはこんな感じ BMW S1000RR 出典: こちらはBMWといってもバイク。 多分ショウ宅のガレージだと思われるところにチラっと登場しました。 薄暗く見えにくいので間違いないとは言えませんが、おそらくBMWのS1000RRだと思われますね。 トライアンフ スピードトリプル 出典: このポスターにちょこっとだけ写ってるこのバイクですね。 ブリクストンの組織のバイクであるKTMとよく似たカスタムが施されていますがブリクストンのみ専用の上位車が用意されているようです。 そのバイクのベースになっているのがトライアンフのスピードトリプル。 特徴的なフレームなどが面影を残しておりベース車両が確認できます。 映画ではバイクが勝手に自走したり、変形機構を搭載してたりとかなりハイテクなバイクでしたね。 ハーレー・ダビッドソン 出典: ホブスがポスターで乗っているこのバイクですね。 いやー色々考えたり調べたりしたんですが 車種はわかりませんでした。 追記:ロンドンのSykes Harley Davidsonのスピード&カスタム部門の作ったソフテイルGTBというバイクのようです。 ソース: 映画オリジナルバギー 出典: こちらのバギーに関しては『ワイルド・スピードスーパーコンボ』のためにカスタムメイドしたものだと判明しております。 どうやら超フルカスタムし過ぎて原型とどめていない、というか原型そのものが存在していないってことだと思います。 ロールケージを装備しバレルロールまで披露したこちらの車、よく見るとファストバックになっているので、まずこの形で販売されているものではないのでしょう。 フォード ファルコン XB型 本編を見たところ、ホブスカスタムズのガレージ内にオーストラリアフォードのファルコンが登場していました。 シボレー カマロ 上述のファルコンと同様にホブス兄弟のガレージにカマロが確認できました。 今のところ年式不明ですが1967年から1969年に製造された初代カマロ、通称ベビカマでした。 最後に いかがだったでしょうか。 スピンオフ映画なので仕方ありませんが、やっぱりもっとたくさんのかっこいい車がみたいよね。

次の