アメリカンショートヘア 価格。 アメリカンショートヘアの人気毛色TOP7! 毛色の種類と価格相場について | みんなの子猫ブリーダー

アメリカンショートヘアの毛色はシルバークラシックタビーだけじゃない!人気の毛色一覧

アメリカンショートヘア 価格

人にとって癒しの存在であるペットですが、猫はその中でも代表格です。 猫を飼う事を検討したことのある人なら、 アメリカンショートヘアという名前を聞いたことがあると思います。 アメショーの名で親しまれ、猫好きの人にはとても人気の高い猫種ですが、愛される秘密はどこにあるのか気になりますよね。 それはアメショーのルーツである猫たちが活躍してきた歴史的な背景や、人に親しまれる性格にあります。 この記事では、アメリカンショートヘアについて、• アメリカンショートヘアの歴史や基本的な性格、種類• アメリカンショートヘアを飼う時の購入方法や、値段、注意点や飼育方法• かかりやすい病気や気を付けた方がいい事 以上の事について解説しています。 この記事を読んでいただければ、アメリカンショートヘアをおうちに迎えようか迷っている人の参考になるでしょう。 ぜひ最後までご覧ください。 アメリカンショートヘアの歴史は10世紀までさかのぼります。 当時のローマ人が、 ヨーロピアンショートヘアをイギリスに持ち込み、 ブリティッシュショートヘアと名前を付けました。 その後1620年メイフラワー号と共にアメリカ大陸へ渡り、その際には ドメスティックショートヘアという名前で登録されていました。 メイフラワー号での彼らの役割は、ペットとしてではなく船の中のネズミ駆除でした。 ネズミを取る猫というところから、アメリカでは現在でもアメリカンショートヘアの事を「 マウサー」と呼ぶ事があります。 アメリカ大陸に降り立った後は農園や住宅で、 害獣退治の猫として活躍してきました。 ドメスティックショートヘアは雑種のイメージが強く、あまり人気のある猫種ではありませんでしたが、1950年代にショートヘアブリーダーによってペルシャと交配が進められ、1965年に「 アメリカンショートヘア」と名付けられた後は人気が高まりました。 日本では1980年代以降に入ってきており、今でもとても人気のある猫種です。 アメリカンショートヘアはもともとはネズミ駆除などの目的でアメリカに持ち込まれ、開拓者と生活をともにし、 現地での交配を重ね、進化してきました。 色々な猫種との交配が進んだことで、 環境に適応しやすく、性格も温厚で、どこでもなじむことのできる猫種に進化したと言われています。 戸外での生活に順応した 短くてかたい毛としっかりした肉球を持ち、草むらや硬いコンクリートでもへっちゃらです。 からだもがっかりした 筋肉質で、 丸い顔と 頑丈なあごは獲物を狩るためのハンターの肉体を思い起こさせます。 日本ではシルバータビーやブラウンタビーと呼ばれるマーブル模様がおなじみですが、世界的に人気のある模様だと言えるでしょう。 実は他にも黒や茶色、白や三毛など70種以上のたくさんの毛色があります。 アーモンド形のくりんとした瞳も特徴的で、色はグリーンや黄緑が多いですが、黄色や茶褐など様々な色味を持ちます。 目の色は生まれてから2~6か月ごろにかけて変わりますので、希望の色がある場合はその後に選ぶとよいでしょう。 アメリカンショートヘアの特徴に、その 人懐こい性格と 賢さがあります。 人間の相棒としてハンターをしてきた歴史からも分かるように、人見知りをする事は少なく、 好奇心が旺盛で誰にでも愛される性格を持っています。 適応能力が高いので、多頭飼いにもおすすめです。 無駄に鳴くこともなく、鳴き声で周りに迷惑を掛ける事もほとんどありません。 ただ、あまりべたべたと触られるのは好きではなく、ひとりで日向ぼっこをするのも好みます。 賢くて、自分の名前を覚えており、何度も教えれば芸をする事もできます。 オスとメスでは、オスの方が体が一回り大きいです。 オスの性格は人懐こくて甘えん坊な事が多く、 行動的で、一人でいるより人がいるところを好みます。 飼い主の布団にもぐってくることもあり、遊び方もやんちゃでいたずらっ子な事が多いです。 メスの性格はオスに比べると少し警戒心が強いですが、これは子育てをする為の本能からきていると言われています。 女の子は遊び方も控えめでおしとやかです。 とはいってもオスと比べての事なので、家族には基本的によく懐き、甘えん坊なところがあります。 アメリカンショートヘアは別名マウサー(ネズミ捕り)やワーキングキャット(働く猫)などとも呼ばれ、ネズミやヘビの駆除を得意としています。 そのため 筋肉質で、運動が大好きです。 運動量が減るとすぐに肥満体質になってしまうため、注意してあげる必要があります。 最低でも一日5分から30分程度は、じっくりと遊んであげる時間を作ってください。 猫じゃらしやボール遊び、ネズミのおもちゃで狩りのまねっこなどが大好きです。 キャットタワーを設置してあげるのもよいでしょう。 狭いところはストレスになりますので、ゲージなどで飼うのではなくのびのび運動できる環境を与えてあげてください。 また、何でも良く食べるので、沢山食事を与えたくなってしまいますが、体重増加には気を付けてください。 せがまれるままに与えていると、どうしても運動量より食事量の方が多くなってしまいます。 体重が増えると病気になったり寿命を縮めたりする事に繋がりますので、注意が必要です。 アメリカンショートヘアは大変人気のある猫種なので、大抵のペットショップで購入する事ができますが、 子猫の方が値段が高く、成猫の方が低くなる傾向にあります。 その理由は、子猫の内から飼った方がよく飼い主に懐く事や、しつけをしやすい事、多頭飼いするときなどもやはり子猫から飼った方が順応しやすい事などです。 アメリカンショートヘアは通常抱っこを嫌がることが多いのですが、子猫の頃から慣れさせれば克服できる可能性も高いでしょう。 ブリーダーからの購入は 10万円程からが相場です。 ペットショップだと少し高い傾向があり、 15万~20万円程となります。 キャットショーに出場するような血統書付きの血筋だと、 20万~30万円以上の高値で取引されることもあります。 保護猫を引き取る時や、里子を貰うときは費用はかかりません。 人気の毛色はクラシックタビーですが、毛色による値段の違いはそれほどありません。 選ぶときは、予防接種がきちんとされているか、持病はないかなどといったところに注意します。 悪質なブリーダーではきちんとした処置をしていなかったり、病気を隠していたりする事もありますので、信用できるところから購入するようにしましょう。 アメリカンショートヘアは温和な性格や賢いところから、比較的飼いやすい猫であると言えます。 飼い方のコツとしては、たっぷりの 愛情を注いであげることでしょう。 他の猫に比べるととても甘えん坊で、人と一緒に過ごすことが大好きなので、たくさん遊んであげましょう。 あまりべたべた触られることは好きではなく、 抱っこは苦手なことが多いです。 一人でゆっくり過ごすことができる時間や場所を作ってあげる事も必要です。 また、きれい好きなので、 寝る場所やトイレ、遊び場はいつも清潔に整えてあげてください。 短毛で皮膚も厚いため、 ブラッシングは一日1回で十分です。 夏は抜け毛が増えるので、こまめにお手入れしてあげましょう。 夏は人と同様に 熱中 症にもなりやすくなるので、十分な水を与えたり、室温を調節して対策する事が必要です。 太りやすい傾向もあるので、可愛がり過ぎて食事を際限なく与えてしまったりすることは避けましょう。 一度肥満になってしまうとダイエットするのは大変です。 病気にさせないためにも、食事には気を付けます。 トイレや爪とぎの場所、食事の時のしつけをするときは、 根気よく教えてあげればできるようになります。 賢くて物覚えもよいので、それほど負担にはなりません。 できなかったからといって、必要以上に叱りつけたり叩いたりすると、怯えてしまいますのでしないでください。 また、名前を呼んで叱ると、次から名前を呼ばれるたびに叱られていると思って勘違いしてしまうのでやめましょう。 病気が発覚すると、その検査代や治療費、薬代などが掛かりますが、全額が自己負担なため、 ペットの医療費は高額になりがちです。 そのため最近はペットの保険に入る人が増加しています。 家族の一員である愛猫ですから、病気をしっかり治してあげたいと思うのは自然な事でしょう。 おおまかにペット保険は、 手術をした時にのみ保険金を貰えるタイプと、入院手術と通院などをまとめて保障してくれるタイプに分かれます。 ペットの種類や年齢、補償内容によって掛け金が異なり、保険会社によっても金額は異なります。 ただ、 かかった金額を全額補償するものは少なく、5~7割くらいを補償してくれるものがほとんどです。 支払についても会社によって差がありますので、ペット保険を検討する時はいくつかの保険会社をピックアップして比較してみるのがお勧めです。 猫の種類によっても掛け金は変わりますし、年齢が高ければ掛け金も高くなります。 また、ペット保険には 賠償責任特約といって、飼い猫が他人に損害を与えてしまった時にその損害賠償額を補償する特約などもあります。 室内で飼う場合はあまり心配は少ないかも知れませんが、万一お客様を引っ掻いて怪我させてしまう事もあるかも知れません。 気になる人は検討してみるとよいでしょう。 アメリカンショートヘアを飼う上で、知っておきたい性格や特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• アメリカンショートヘアは古くからネズミ捕りなど害獣退治で活躍しながら人とともに生活してきた歴史があり、環境に適応する能力が高い• 性格はオスメスで多少違いがあるが、基本は人懐こく運動好き、好奇心旺盛で賢く、しつけもしやすい• 毛色はクラシックタビーと呼ばれるものが代表的で人気があるが、たくさんの毛色や瞳の色があり、好みの猫を選ぶ事が可能• 価格は10万円~30万円程、迎えるときは運動不足にならないよう十分に活動できる環境を整えてあげる• 平均寿命は13歳前後、体重増加により病気になりやすくなるので注意し、ペット保険などで医療費に備えるとよい アメリカンショートヘアは愛らしい外見と穏やかな性格を持ち、猫の中でも人気がありますので、飼いたいと思っている人も多いでしょう。 ペットは大切なパートナーですから、できる限りよい環境を整えて大切にしてあげたいですよね。 ほけんROOMでは他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので是非ご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

アメリカンショートヘアの値段と飼うのに必要な費用

アメリカンショートヘア 価格

アメリカンショートヘア 英語名 American Shorthair 原産国 アメリカ 公認団体 CFA・TICA 毛種 短毛種 洋猫の代表格ともいえる、日本でも古くから人気のアメリカンショートヘア。 飼い猫としても飼いやすいと評判の、アメリカンショートヘアの歴史や特徴、性格などをご紹介します。 筋肉質で頑丈な体と、人なつこいファニーフェイスが何とも愛らしいアメリカンショートヘア。 性格はおだやかで、遊び好き。 人や他の猫ともすぐ仲よくなれる、フレンドリーさが魅力です。 これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。 性格 アメリカンショートヘアの性格は、 温厚で物怖じせず、ほかの猫や環境への順応性も高いです。 遊び好きで、活発、運動神経も抜群です。 たくましく性格の良い猫などが選ばれていき、アメリカンショートヘアの基礎となったので、 飼いやすい猫が多い傾向に。 様々なことに興味を示す賢い面もあり、ハイタッチなど指示語で教えれば覚えてくれる可能性も。 人がしゃべっていることを理解できるともいわれていて、名前を呼ぶとすぐ反応する傾向があります。 部屋中をかけまわったり、高いところから飛び降りたりするので注意をもって飼う必要があります。 イタズラ好きな一面もあります。 大きさ 均整のとれた体型は胸部・腹部・腰部で三等分に見え、全体としてはバランスのよくとれた力強さの印象を与えるセミコビータイプ。 大きな頭は、横幅よりやや縦長で頬が豊かに張り、頑丈な顎で広がりのある明るい印象を与えます。 肩や腰幅は広く、がっしりとした骨格と筋肉質なボディです。 とくに肩や下半身の発達が目立ちます。 目じりから真っ直ぐに伸びた濃いライン(クレオパトラライン)も特徴的。 基本的にすべての毛色が見られ、バイカラー(白+有色)。 ブラック、ホワイト、クリーム、ブルー、レッドといった単色の毛色も見られます。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 体重増加に伴い罹患しやすい 「糖尿病」 ・体重増加に伴い、ひじや膝などの関節に負担がかかり、関節の周囲に炎症が起こることで慢性的な痛みが伴う 「関節疾患」 ・皮膚がべたついたりする 「脂漏性皮膚炎」 ・心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる 「肥大型心筋症」 ・急激に腎臓の働きが低下する 「急性腎不全」 アメリカンショートヘアの飼い方 ポイント(1)一緒にいる時間をつくってあげられる人向き 人なつっこく、遊ぶことが大好きなので、 一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人や、遊びに積極的に付き合ってあげられる人などは向いているでしょう。 またスキンシップが好きな人にもおすすめです。 ポイント(2)誤食につながるような細かいものは片付けて 猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。 猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。 また、猫は上下運動を好むので、猫タワーを設置したり、上っても大丈夫な場所を部屋に作ってあげたりするといいですね。 アメリカンショートヘアは活動的ゆえに、 留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。 一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。 フードのパッケージの裏に 総合栄養食と記載されているものを選んで。 猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。 「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。 ポイント(4)1日に5~19分以上は遊んであげて 人なつっこい性格で、人とのコミュニケーションは大好き。 お気に入りのおもちゃを使うなどして、 1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。 また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。 猫ができるだけ自由に活動できるよう、猫タワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。 ジャンプが得意なアメリカンショートヘアではありますが、ある程度の年齢になったら、よく上る場所にはステップを付けてあげるなどするといいですね。 獣毛ブラシでブラッシングをしたりコーミングも効果的です。 長毛ではないので、頻繁に行う必要はありませんが、 飼い主さんとのコミュニケーションを求める傾向にあるアメリカンショートヘアには、ごほうび代わりにブラッシングを行うのもよいでしょう。 また、毛が激しく抜け変わる換毛期には、毎日ブラッシングしてあげたり、シャンプーもおすすめです。 まとめ 北米におけるもっとも古い飼い猫になります。 起源は、1620年に新天地を求めたピューリタンの人々とメイフラワー号に乗ってイギリスから北米に連れてこられたヨーロッパの家庭猫といわれています。 サンフラワーキャットクラブセクレタリー、 ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。 著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

次の

アメリカンショートヘアってどんな猫?性格や価格、飼い方など

アメリカンショートヘア 価格

アメリカンショートヘアの歴史 日本でも大変人気のあるアメリカンショートヘアは、イギリスのが直系の祖先猫です。 ブリティッシュショートヘアは大変古い歴史の猫で、ヨーロッパヤマネコがイギリスでスコットランドヤマネコとなり、変化したものと考えられています。 ブリティッシュショートヘアはメイフラワー号に乗って、移民と共にアメリカに入りました。 この時の猫たちがアメリカンショートヘアの土台となったと考えられています。 彼らはペットとして入ってきたのではなく、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われていました。 ペット向きではない強い面がありますが、ハンターとしては大変優秀で、多くの農場や家庭で求められました。 彼らの子孫は交雑があったにもかかわらず、50ドルから100ドルで売られていたと言われています。 この時代はまだ、愛玩目的の純血種として求められていなかったため、行われていた異種猫との交雑により、アメリカンショートヘアは遺伝疾患の少ない頑健な体を得ることができたと考えられています。 アメリカの農業が大規模化し、穀物管理の手法が発展すると、ハンターとしての猫たちはお役御免になりました。 しかし、特徴的な銀灰色のクラシックタビーの美しさに魅せられた愛好家の手によって、品種確立を目指して育種されることになりました。 アメリカでは1895年のキャットショーでデビューしましたが、この時のカタログには1000ドルの値段がつき、さらに翌年の1896年のショーでは2500ドルの値が付くほど人気が上昇していたとされています。 アメリカの愛猫団体であるCFAは、1906年創設時に登録した5猫種のひとつとして採用しましたが、この時の名前は単に「ショートヘア」とされ、他の短毛猫とひとくくりにされていたようです。 その後、愛好家により性能・容姿・性格において選択交配による改良が続けられた結果、1966年にはアメリカンショートヘアと改名されました。 日本に入ってきたのは1980年以降とされていますが、日本猫とは違うパターンのタビーや気質、丈夫な体質に、熱心な愛好家が増え続けています。 1996年、単猫種愛好家クラブとしてアメリカンショートヘアクラブジャパンがCFAに認可されるまでになりました。 アメリカンショートヘアの飼い方 アメリカンショートヘアは、純血猫として品種が確立してから家庭猫として改良が続いてきたものの、優れたハンターの資質は健在です。 バタバタと走り回って遊ぶことは、彼らの心身の健康のために欠かせません。 特に若猫時代は、十分なおもちゃで遊んでやり、しっかしたキャットタワーを用意してあげましょう。 やや太りやすい傾向がありますので、食事管理も大切です。 ブリティッシュショートヘアの性格を引き継いだ、触られるのを嫌がるタイプの個体がいますが、気を引こうとおやつを与えすぎるのは、良いことではありません。 短毛で被毛は厚いものの、手入れは楽です。 換毛期にはしっかりとブラッシングやコーミングをしてあげましょう。 アメリカンショートヘアの毛色 アメリカンショートヘアは日本では銀灰色のクラシックタビーがよく知られていますが、黒、白、銀、クリーム色、赤、茶色、青など非常に多くの毛色があり、タビーでないソリッドカラーや、ホワイトとのバイカラーもあります。 アメリカンショートヘアの気を付けたい病気 アメリカンショートヘアは、猫種作成の初期に非常に多くの猫との交雑があったことから、遺伝疾患は比較的少なく丈夫とされています。 平均余命も15年と、純血猫の中では長生きの傾向がありますが、かかりやすい疾患として、ワクチン誘発性繊維肉腫と肥大型心筋症が知られています。 ワクチン肉腫は、ワクチンを打ったあとの反応で繊維肉腫が発生し、発生した部位によって内臓など体の機能障害が起こります。 この病気はワクチンを打ったあとの免疫反応により起こると考えられていますが、詳しくは解明されていない部分が多いです。 また、進行が早いため、腫瘍を認めた場合はただちに手術が必要になります。 毎年同じ場所にワクチンを打つと、その部位になりやすいという傾向もあると考えられていますので、ワクチンの接種部位を記録しておくのが良いかもしれません。 また、この病気はワクチンとの関連性が強いものの、接種後数日から数年後に発症する場合もありますので、経過観察や接種記録は大切です。 肥大型心筋症は中年齢以上の猫に多く発生しますが、アメリカンショートヘアでは重症化することは少ないとされています。 この病気は、心臓の周りの筋肉が肥大、肥厚することから、心臓の動きが悪くなることで、不整脈による突然死や血栓の発生などが起こります。 心臓の機能が低下すると、不活発になり、寝てばかりということが増えてきます。 年齢のせいかしらと思い込まずに、元気がなさそうに見えたら動物病院で受診するようにしましょう。 アメリカンショートヘアの価格相場 グループサイト、『』における、アメリカンショートヘアの直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約 15万円、最高価格は 35万円、最低価格は 5万円です。

次の