更年期 障害 微熱。 更年期症状としての「微熱」

40代女性に多い更年期障害の症状|更年期障害の体験談

更年期 障害 微熱

40代後半から50代前半の女性に多く見られる「更年期障害」ですが、閉経を迎え女性ホルモンが減少する事が原因で起こります。 症状には個人差がありますが、めまいや体の火照り、動機や息切れなどの症状が現れてきます。 症状の強さにも個人差がありますが、酷い人になると、日常生活が困難になってしまう人も居る程、深刻な症状を発症する場合もあります。 症状の予防や改善には、いち早く自分の体の変化を知る必要性があるという事を、覚えておきましょう。 しかし、自分が更年期と呼ばれる年齢に差し掛かっても、単なる寝不足や年齢による体力低下が原因での体調不良だと思い込んでしまう人も多く、症状が強くなって始めて更年期障害を意識する人も、少なくありません。 更に、更年期障害は女性特有の病気だと思われがちですが、男性にも更年期障害は発症する危険性があるのです。 そこで、男性・女性共に更年期障害を判断する症例として、微熱が何日も続くという症状が挙げられています。 40代後半に差し掛かってから、体温調節が上手く出来なかったり、微熱が何日も続く場合には、男女共に、更年期障害を疑った方が良いかもしれません。 微熱と更年期障害の関係 50代を目前にして、最近体温管理が上手く出来ない、という事はありませんか? また、微熱が何日も続いて体が辛い、という経験はありませんか? 女性は女性ホルモンの低下、男性は男性ホルモンの低下が原因で更年期障害が引き起こされますが、ホルモンバランスの乱れは、自律神経に強く作用する性質があります。 自律神経に影響が及ぶ事で、身体機能が低下していき、怠さを伴う微熱や頭痛・めまいやほてりなどといった症状が現れて来るのです。 一見風邪の症状と似ていますが、この自律神経の症状を放っておくと、女性であればうつ病などの原因に、男性であればEDの原因になってしまうので、風邪の疑いがあっても、病院を受診する様にしましょう。 男性であっても女性であっても、40代後半から50代前半の更年期に、急に微熱が続くようになったのであれば、更年期障害を疑ってみて下さい。

次の

更年期に微熱が続く原因と3つの対策法!もしかして病気の可能性も?

更年期 障害 微熱

更年期で微熱が続く原因と対策は? 「風邪ではないのに熱っぽい症状が続く。 」 「運動したわけじゃないのに、急に汗をたくさんかいてしまう。 」 そんな経験はありませんか? 微熱が続いたり、急に汗をかいたりする症状が続くのは更年期障害が原因の可能性があります。 この記事では婦人科の門前薬局で薬剤師経験がある筆者が、更年期障害による微熱の原因と対策をわかりやすく説明します。 更年期として認識されている40代、50代の女性で微熱が続く症状がある人は、早めに婦人科へ受診しましょう。 更年期とは閉経前後の10年間のこと 更年期とは閉経を挟んだ前後5年間で、平均閉経年齢が50歳の日本では45歳から55歳の約10年間です。 しかし、40代の早い時期に閉経になる人や、50代半ばになっても月経がある人もいるので更年期の期間は人によって異なります。 更年期は女性ホルモンの乱れが原因です。 ホルモンは私たちの身体の臓器を調節する役割があり、女性ホルモンは月経や妊娠に大きく関与します。 女性ホルモンと呼ばるのは以下の2種類です。 閉経に向かうにつれ、卵巣の機能が低下します。 卵巣機能低下により、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が少なくなり、生理不順などの症状がみられるのです。 エストロゲンの分泌が低下することで、黄体ホルモンであるプロゲステロンとホルモンのバランスが崩れ、更年期障害といわれる症状が女性の身体に現れてきます。 そして最後の月経から1年以上月経がなければ閉経と診断されます。 更年期によるエストロゲンの低下と自律神経の関係 月経から排卵の間の卵胞期に分泌されるエストロゲンは、更年期症状に関して関係が深く、エストロゲンの分泌の低下により更年期障害がおこると考えられています。 理由としては、エストロゲンの分泌低下が自律神経の乱れに深く関与しているからです。 女性ホルモンであるエストロゲンや他の性ホルモンは脳の視床下部(ししょうかぶ)という部位から司令を与えられ分泌されます。 また私たちの気持ちや身体に影響する自律神経も同じ脳の視床下部から司令が出ているのです。 よって女性ホルモンのバランスが乱れると、司令塔である視床下部に影響を与えてしまい、自律神経の乱れに繋がるのです。 更年期で微熱が続く原因は自律神経の乱れから 更年期障害により、女性ホルモンが乱れることで自律神経が乱れてしまいます。 自律神経が乱れることで、血管の収縮拡張のコントロールができなくなり、以下のような症状が出てきてしまいます。 更年期障害に関しての研究では「汗をかきやすい」という症状に対して約6割の人が「よくある」「たまに,時々ある」と回答しています。 微熱も更年期障害のホットフラッシュによる可能性もあるので、風邪症状がないのにも関わらず微熱が続く人は婦人科の受診をおすすめします。 更年期の対策!微熱が続く時はまず病院へ行こう まずは婦人科などの専門医を受診し、医師と相談し治療方針を決めるようにしましょう。 更年期障害による微熱が続くなどの症状に対しては以下の治療法が有効です。 更年期のホットフラッシュにはホルモン補充療法が効果的 更年期障害の根本的な治療法としてもっとも期待されているのがホルモン補充療法です。 ホルモン補充療法で使用される薬は、卵胞ホルモンであるエストロゲン単体の薬と黄体ホルモンであるプロゲステロンを一緒に配合した薬があります。 薬の剤形も色々な種類があり、胃腸の調子が悪く錠剤が飲めない人でもホルモン補充療法が行えるように、貼り薬や塗り薬なども選ぶことができるのです。 自身の体調や生活スタイルを考えて主治医と相談することがいいですね。 漢方薬も更年期の症状におすすめ 更年期症状には漢方薬も有効です。 漢方薬もホットフラッシュの症状だけでなく、他の更年期の症状に対しても効果があります。 漢方の専門医では「四診 ししん)」と呼ばれる診察方法で診ることで、その人の体質や体格を考慮した上で診察が行われ、一人ひとりの更年期の症状にあった漢方薬が処方されることが多いです。 ホットフラッシュなどの更年期障害に対して、効果があると知られている漢方薬は様々ありますが代表的なのが以下の2つになります。 服用を続けても効果がない場合は無理せずに早めに受診しましょう。 またドラッグストアでも更年期に効果的な漢方薬は購入できます。 更年期の微熱が続く症状に効果的ですが、服用を続けてもあまり効果を感じれなかったり、体調が改善しなかったり、更に体調が悪化したりする場合は、医師または薬剤師にご相談ください。 ホットフラッシュが起きたときにできること 微熱が続いたり、のぼせたり、ほてったりしてしまうホットフラッシュが起きた時に自分でもできる対処法をご紹介します。 一時的な対処法として以下がおすすめです。 まとめ 本記事では、更年期障害による微熱が続く症状に関して説明しました。 また自身でもできる対策としては、ドラッグストアで売っている更年期に効果的な漢方薬を飲むことによる体質改善です。 微熱が続くなどの症状は、更年期障害だけでなく実は重篤な病気に関与していることもあるので、気になる方は自分自身で更年期症状だと断定せずに、まずは婦人科などの専門医を受診することが大切になります。

次の

女性で微熱が続く6つの原因【生理前・更年期・ストレス】妊娠の可能性も

更年期 障害 微熱

男性ホルモンの値が著しく低下して、症状が重い場合は、 男性ホルモン補充療法を行います。 現在、保険診療として認められている治療は、テストステロン製剤の注射で、2~4週間に1回、腕やお尻に注射します。 ただし、テストステロンを補充すると、精子を作る機能が抑制されて、男性不妊を起こすおそれがあります。 そのため、将来子どもを希望する場合には、 hCGホルモンでテストステロンの分泌を促します。 hCGホルモンは原則、1週間に1~2回注射します。 注射による男性ホルモン補充療法は、3か月程度行って効果を見ます。 効果がある場合には、1年を目安に補充療法を継続していきます。 補充療法は、約6割の患者さんで効果が見られます。 効果がない場合は、 うつ病など、ほかの病気が疑われます。 その場合は、精神科などでの治療が検討されます。

次の