まいり まし た 先輩。 【無料試し読みあり】まいりました、先輩

まいりました、先輩 28話/7巻のネタバレ!最新話はたった7分のデート

まいり まし た 先輩

スポンサーリンク まいりました先輩28話「先輩と秋」のネタバレ ウワサ 「少し話してから帰ろう」 先輩と花火を見れ満足した世里奈に先輩はそう話す。 世里奈は先輩の勉強の邪魔をしたくないし、実は浴衣着ている人少なくてちょっと恥ずかしかったと行って帰ると言う。 「じゃあ風邪とか 気をつけてね…バイバイ」 そうして10月中旬になり2年生は修学旅行で沖縄にやってきた。 「越野ちゃんってーー彼氏と別れたってホント?」 世里奈に話しかける同級生…その子の後輩が1年の中では世里奈と先輩はもう別れたって噂が流れているらしい。 「別れてないよね?」という愛来に「ん…別れてないよ」と伝える世里奈なのであった。 でも実は花火以来連絡はとってないのだったーーーー…。 「水川って……世里奈ちゃんと別れてないよな?」 最近2人でいるのを見ないことが気になり井上先輩はそう先輩に聞く。 もちろん別れていないから否定するが、 『キョリ置き期間』の話をされる。 先輩はただ真面目に勉強してるだけ…でもそういう期間が必要だと思ったら先輩から世里奈に言ってやるんだぞ、と井上先輩はなぜかちょっと恋愛わかってる男感をかもしだすのだったーーーー…。 電話 勉強を頑張る先輩、修学旅行を楽しむ世里奈ーーーーー…お土産を見ながら世里奈は何か思いつめたような表情をするのだった。 ホテルのベットの上ーーーー…「…よし、」と世里奈は先輩に電話をかけることにした。 とくに用があるわけじゃなかったが、最近連絡とってなくてどうしてるかな…とか、今自分は修学旅行で沖縄にいるんだ、とか体に気をつけてね?とか世里奈は1人で話す。 「ごめんね 用もなくかけて勉強の邪魔して…じゃ、切るね…体に気をつけて勉強がんばってね あ、また言っちゃった…」 そう話した世里奈の表情はどこか暗く、お口はきゅっと結んでいた。 なかなか会えなくて、自分たちはバラバラになってしまったと世里奈以前感じていた。 でも今、バラバラになっているのは自分の気持ちと行動で、一緒にいたいのに、来てくれて嬉しかったのに、そっけなくしてしまう。 気持ちと違うことしてしまう、都合のいい女になりたくない…先輩はそんな風に思う人じゃないのに…とかぐるぐる考えながら、先輩との電話を切ろうとする世里奈。 「俺は……とっくにおまえのこと人生に組み込んでるから」 ずっと一緒にいるためには、状況に合わせて距離感変えていく必要があると先輩は話す。 「ってこんな俺ばっかり都合のいいこと納得いかないよな」と先輩はどこか困った表情。 世里奈は先輩の言葉に涙が出てきて「そんなことないよ…」と答える。 先輩は勉強がんばってるだけなんだから都合良くない…と世里奈は話すが、 「そんないい子になるなよ…」と先輩は呟くのだった。 そんな先輩に世里奈は心の中で、感謝と謝罪をし…もっと素直な心でぶつからなくちゃ…と考えるようになるのだった。 ただいま、東京 東京ーーーーー…修学旅行が終わり世里奈たちは帰ってきた。 家に帰ろう…そう思ってた時、空港に先輩がお迎えに来てくれた。 2人は電車で仲睦まじそうに、世里奈は修学旅行の思い出でを話しながら帰る。 自分の話を一通りしたところで、世里奈は先輩に勉強の調子を聞く。 すると先輩はズボンのポケットから昨日の模試結果を見せてくれ、志望校全部B判定まであがったが書かれていた。 「最初にホメてもらいたかったから持ってきたんだけど」 そう話す先輩に、世里奈は「よくがんばったね!!」となでなでする。 すると、先輩はとても可愛らしくにっこりするのだったーーーー…。 告白 世里奈を家の前まで雨の中送り、先輩はワルいと言い帰宅しようとする。 しかし世里奈は自分が思ってることを聞いて欲しくて引き止める。 世里奈は自分に時間を咲いて欲しいわけじゃない、お荷物の彼女にもなりたくない。 自分の時間も世里奈は楽しめるーーー…だけど先輩なしで 『平気』になっていくのが今すごく悲しかった。 それがどこかで先輩のせいだと、先輩にもう気持ちがなと疑ってしまう世里奈。 付き合ってから今日までたくさんの幸せをもらったのに、こんな気持ちになることが最近申し訳なくて、付き合うことが少ししんどいのだ…と世里奈は話す。 世里奈は一回も先輩と目をあわせない。 そんな世里奈の肩に手を置き先輩は、自分が悪いと思う方が楽だけど多分どっちも悪くないし、よくやってると話す。 「きっと…良かったものが悪くなったんじゃなくて 今まで見えてなかった宿題がやっと見えてきたんだ」 まだ付き合ってたった1年半、世里奈が大切で…世里奈が自分のことを大切に想ってくれてることも疑ってないけど、これからお互い注げる愛情の量は多い時も少ない時も出てくる…それに耐えるだけの信頼関係は作ってる途中だんだと思う、と先輩は話す。 先輩の言葉を聞くも、何だか世里奈は虚ろな表情をしている。 「…なぁ、俺はもう何もしてあげられないぜ?」 先輩は困ったように、自分のことを世里奈が応援してくれてると信じてやってくと決めているから、世里奈は世里奈で気持ちの整理をつけてくれ、と伝える。 「うん…。 わかった…。 」 世里奈は返事をしながら、先輩はいつも正しいことを言うと考えていた。 何があっても必ず先輩が答えを出してくれる…いままでずっとそうだった。 自分はその腕の中でいつまで子供でいればいいんだろう…と世里奈はまた俯く。 そんな様子の世里奈を見て、雨の空を先輩は見上げるーーー…。 そして目をぎゅっと瞑り、絞り出したようにあることを先輩は告げる。 「………、…世里奈、少し距離おこうか」 先輩の言葉に驚き、世里奈は顔をあげる。 「大丈夫、その間にきっと何か気づけることがあるよ がんばろう」 そう話す先輩の口元は柔らかいが、どこか辛そうな表情なのだったーーー…。 世里奈の気持ちがまったくわからないわけではないんですよね。 先輩はいつでも優しいし、正しい…それが、会えないのも相まって苦しくなって来てるんでしょうね…。 でも先輩がんばってますもんねぇ…これ以上先輩どうしろっちゅうんや…って気持ちもぬぐえません。。 でも『平気』でいられることの何がダメなんですかね。 初めはそりゃ会えない時間もいつでもあなたのことを…と思うんですけど… うまく言えないのですが、自分の時間を彼氏がいないとこで自分で楽しめるのはいいことだと思うんです。 それぞれひとりの人間ですもん。 ただ何かあった時に真っ先に思い出す、何かあった時に伝えたいと思うそんな存在になるのが進んでいく道だと思ったります。

次の

まいりました、先輩 28話/7巻のネタバレ!最新話はたった7分のデート

まいり まし た 先輩

『まいりました先輩』前話 34 話のあらすじは・・・ クリスマスにもう一度本気で付き合って下さいと告白した水川。 世里奈は嬉しくて泣いてしまいます。 クリスマスは空き家で二人でのんびりと過ごすことにします。 世里奈に迫る水川でしたが、世里奈は続きは受験が終わってからとストップをかけます。 拗ねる水川でしたが、世里奈に優しくキスをします。 そしていよいよ三年生の卒業式が近づいてきました。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 水川の合否の結果は… 二月の下旬、水川の第一志望の結果が発表されようとしていました。 世里奈は授業中ですが、こっそりスマホに連絡が入るのを待っていました。 ドキドキしながら祈るように待つ世里奈。 水川からは合格しましたと簡素な連絡が入ります。 ガッツポーズを決める世里奈。 放課後、水川の元に駆けつけた世里奈はおめでとうと水川に抱きつきます。 笑顔になる二人。 水川は興奮して遊びに行こうと言います。 世里奈はテーマパーク!なんつってと言いますが水川は行こう!と二つ返事で受け入れてくれます。 まじで!?とびっくりする世里奈。 制服デート テーマパークについた世里奈は夢みたいだと感激していました。 夢のテーマパークで制服デートなのです。 水川はテンションが高く、走り出してしまいます。 欲しいものある?と聞かれたくさんの物をあげる世里奈。 水川は全部買おうと気合が入っています。 はしゃぐ二人。 世里奈は楽しい〜と喜びを噛み締めます。 辛い想いもさせたのに待っていてくれてありがとなと水川は世里奈を抱きしめます。 しばらくして水川の同級生、黒木とゆいに出会った二人。 四人で休憩をしている時に世里奈はある事実に気づいてしまい青くなります。 それは高校三年生になるということでした。 高2は良かったよねと慰める黒木たち。 夜になり二人きりになった世里奈は水川にしたいことがあるかと尋ねます。 水川が言うのは世里奈がこの一年したいと思っていたことばかりでした。 花火を見上げ、かつてここでキスしたら幸せになると言ったことを思い出す二人。 うそのジンクスでしたが、願いは叶い、二人は幸せでした。 キスをして水川の苦労に想いを馳せる世里奈。 たくさんの幸せが降りそそぎますようにと祈ります。 樋口の想い その後、樋口も合格を果たします。 公園での集まりに世里奈を見つける樋口。 世里奈が笑っているのを見てよかった、あの子に笑顔が戻ったと安心します。 水川に確認するとケンカは仲直りしてまた付き合っていると知ります。 仮に二人が別れたとしても世里奈が俺を好きになるわけではない。 すごいことだなと樋口は思います。 二人にどんなドラマがあろうと『俺には何も関係がない』 片想いは0の状態だ、無風なのだと思い知らされます。 これからどう動こうとも二人の間には何も起こせないのです。 井上を見つけた樋口は卒業式の日に協力してほしいと言います。 卒業式に世里奈と写真を撮りたいと照れる樋口。 ようやくそれぞれの春を迎えようとしていました。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

【無料試し読みあり】まいりました、先輩

まいり まし た 先輩

スポンサーリンク まいりました先輩28話「先輩と秋」のネタバレ ウワサ 「少し話してから帰ろう」 先輩と花火を見れ満足した世里奈に先輩はそう話す。 世里奈は先輩の勉強の邪魔をしたくないし、実は浴衣着ている人少なくてちょっと恥ずかしかったと行って帰ると言う。 「じゃあ風邪とか 気をつけてね…バイバイ」 そうして10月中旬になり2年生は修学旅行で沖縄にやってきた。 「越野ちゃんってーー彼氏と別れたってホント?」 世里奈に話しかける同級生…その子の後輩が1年の中では世里奈と先輩はもう別れたって噂が流れているらしい。 「別れてないよね?」という愛来に「ん…別れてないよ」と伝える世里奈なのであった。 でも実は花火以来連絡はとってないのだったーーーー…。 「水川って……世里奈ちゃんと別れてないよな?」 最近2人でいるのを見ないことが気になり井上先輩はそう先輩に聞く。 もちろん別れていないから否定するが、 『キョリ置き期間』の話をされる。 先輩はただ真面目に勉強してるだけ…でもそういう期間が必要だと思ったら先輩から世里奈に言ってやるんだぞ、と井上先輩はなぜかちょっと恋愛わかってる男感をかもしだすのだったーーーー…。 電話 勉強を頑張る先輩、修学旅行を楽しむ世里奈ーーーーー…お土産を見ながら世里奈は何か思いつめたような表情をするのだった。 ホテルのベットの上ーーーー…「…よし、」と世里奈は先輩に電話をかけることにした。 とくに用があるわけじゃなかったが、最近連絡とってなくてどうしてるかな…とか、今自分は修学旅行で沖縄にいるんだ、とか体に気をつけてね?とか世里奈は1人で話す。 「ごめんね 用もなくかけて勉強の邪魔して…じゃ、切るね…体に気をつけて勉強がんばってね あ、また言っちゃった…」 そう話した世里奈の表情はどこか暗く、お口はきゅっと結んでいた。 なかなか会えなくて、自分たちはバラバラになってしまったと世里奈以前感じていた。 でも今、バラバラになっているのは自分の気持ちと行動で、一緒にいたいのに、来てくれて嬉しかったのに、そっけなくしてしまう。 気持ちと違うことしてしまう、都合のいい女になりたくない…先輩はそんな風に思う人じゃないのに…とかぐるぐる考えながら、先輩との電話を切ろうとする世里奈。 「俺は……とっくにおまえのこと人生に組み込んでるから」 ずっと一緒にいるためには、状況に合わせて距離感変えていく必要があると先輩は話す。 「ってこんな俺ばっかり都合のいいこと納得いかないよな」と先輩はどこか困った表情。 世里奈は先輩の言葉に涙が出てきて「そんなことないよ…」と答える。 先輩は勉強がんばってるだけなんだから都合良くない…と世里奈は話すが、 「そんないい子になるなよ…」と先輩は呟くのだった。 そんな先輩に世里奈は心の中で、感謝と謝罪をし…もっと素直な心でぶつからなくちゃ…と考えるようになるのだった。 ただいま、東京 東京ーーーーー…修学旅行が終わり世里奈たちは帰ってきた。 家に帰ろう…そう思ってた時、空港に先輩がお迎えに来てくれた。 2人は電車で仲睦まじそうに、世里奈は修学旅行の思い出でを話しながら帰る。 自分の話を一通りしたところで、世里奈は先輩に勉強の調子を聞く。 すると先輩はズボンのポケットから昨日の模試結果を見せてくれ、志望校全部B判定まであがったが書かれていた。 「最初にホメてもらいたかったから持ってきたんだけど」 そう話す先輩に、世里奈は「よくがんばったね!!」となでなでする。 すると、先輩はとても可愛らしくにっこりするのだったーーーー…。 告白 世里奈を家の前まで雨の中送り、先輩はワルいと言い帰宅しようとする。 しかし世里奈は自分が思ってることを聞いて欲しくて引き止める。 世里奈は自分に時間を咲いて欲しいわけじゃない、お荷物の彼女にもなりたくない。 自分の時間も世里奈は楽しめるーーー…だけど先輩なしで 『平気』になっていくのが今すごく悲しかった。 それがどこかで先輩のせいだと、先輩にもう気持ちがなと疑ってしまう世里奈。 付き合ってから今日までたくさんの幸せをもらったのに、こんな気持ちになることが最近申し訳なくて、付き合うことが少ししんどいのだ…と世里奈は話す。 世里奈は一回も先輩と目をあわせない。 そんな世里奈の肩に手を置き先輩は、自分が悪いと思う方が楽だけど多分どっちも悪くないし、よくやってると話す。 「きっと…良かったものが悪くなったんじゃなくて 今まで見えてなかった宿題がやっと見えてきたんだ」 まだ付き合ってたった1年半、世里奈が大切で…世里奈が自分のことを大切に想ってくれてることも疑ってないけど、これからお互い注げる愛情の量は多い時も少ない時も出てくる…それに耐えるだけの信頼関係は作ってる途中だんだと思う、と先輩は話す。 先輩の言葉を聞くも、何だか世里奈は虚ろな表情をしている。 「…なぁ、俺はもう何もしてあげられないぜ?」 先輩は困ったように、自分のことを世里奈が応援してくれてると信じてやってくと決めているから、世里奈は世里奈で気持ちの整理をつけてくれ、と伝える。 「うん…。 わかった…。 」 世里奈は返事をしながら、先輩はいつも正しいことを言うと考えていた。 何があっても必ず先輩が答えを出してくれる…いままでずっとそうだった。 自分はその腕の中でいつまで子供でいればいいんだろう…と世里奈はまた俯く。 そんな様子の世里奈を見て、雨の空を先輩は見上げるーーー…。 そして目をぎゅっと瞑り、絞り出したようにあることを先輩は告げる。 「………、…世里奈、少し距離おこうか」 先輩の言葉に驚き、世里奈は顔をあげる。 「大丈夫、その間にきっと何か気づけることがあるよ がんばろう」 そう話す先輩の口元は柔らかいが、どこか辛そうな表情なのだったーーー…。 世里奈の気持ちがまったくわからないわけではないんですよね。 先輩はいつでも優しいし、正しい…それが、会えないのも相まって苦しくなって来てるんでしょうね…。 でも先輩がんばってますもんねぇ…これ以上先輩どうしろっちゅうんや…って気持ちもぬぐえません。。 でも『平気』でいられることの何がダメなんですかね。 初めはそりゃ会えない時間もいつでもあなたのことを…と思うんですけど… うまく言えないのですが、自分の時間を彼氏がいないとこで自分で楽しめるのはいいことだと思うんです。 それぞれひとりの人間ですもん。 ただ何かあった時に真っ先に思い出す、何かあった時に伝えたいと思うそんな存在になるのが進んでいく道だと思ったります。

次の