ウーロ mtg。 【Historic】バントフィールド

[EX+](プレリリースFOIL)自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath《英語》【THB】

ウーロ mtg

こんにちは。 かろとです。 今回は先日発売されたテーロス還魂記のカードから【アミュレットタイタン】へ投入され得るカードについて考察していきたいと思います。 自然の怒りのタイタン、ウーロ 似たような効果の「探検」が元々このデッキで採用されることがあるカードだったので、こちらは「重い代わりにおまけ付きの探検」か「追加の探検」になるかと思います。 「追加の探検」としては個人的には無しかなと。 そもそもマナ加速は「桜族の斥候」「梓」で十分で、より安定して速度を求めるときに「探検」を数枚足す、というのが自分の認識だからです。 「おまけ付きの探検」としては、脱出は積極的に狙えるものではないですがライフ回復の部分は当デッキ合致していて、「回復付きのマナ加速」とだけ捉えても十分採用を検討できると思います。 しかしマナ加速として「探検」と比べるとマナコストの重さが見た目以上に厳しい印象。 まず3ターン目に「ウーロ」をプレイしても次のターンは5マナなので「原始のタイタン」がプレイできないのが残念。 1,2ターン目にマナ加速ができていればライフ回復しながら4ターン目「原始のタイタン」に繋げることができますが、「桜族の斥候」と複数のアンタップイン土地が(「探検」での同じケースより多く)必要になるため少々ハードルが高め。 4ターン目の「原始のタイタン」が当デッキの基本なのでそれに絡め難いのは大きなマイナスポイントですね。 この点で「ウーロ」は「梓」とマナコストが被っているのが致命的で、「梓」は3マナから次のターン6マナに到達できるランプアップが可能なので、「梓」を優先的にプレイすることが多くその場合「ウーロ」が無駄牌になります。 デッキの目指す動きに絡め難く無駄牌になりやすい、というデメリットは3点回復のメリットより大きいと思うのでマナ加速としては基本「探検」優先でしょうか。 一方ゲーム終盤で、「1枚で複数回使えるライフ回復呪文」として見る分にはそれなりに有力なカードになるのかなと思います。 「召喚士の契約」でサーチできるので1枚採用するだけで良く、「死者の原野」で勝ちに行けて追加の「原始のタイタン」が必要ない状況ではライフ回復で相手の勝ち目を潰す役割が持てて、一応序盤に素引きしてもマナ加速として使えてキャントリップでもあるので腐り難いことを加味すると比較的不要牌になりにくいシルバーバレットになってくれるのではと思っています。 ここまでをまとめると、 マナ加速として複数枚投入する場合にはより良い選択肢が他にあるがシルバーバレットとしては比較的扱いやすい、というのがこのカードの印象です。 追加で、今後の環境の変化で序盤からライフ回復が必要とされるようなゲームが増えたりすれば「回復付きのマナ加速」として複数採用されることもかなと。 その際は「ウーロ」の前にプレイできるマナ加速を増やす、「ギャレンブリグ城」の枚数を増やして「ウーロ」の次のターンに安定して起動できるようにする等のアプローチで4ターン目「原始のタイタン」のプランにライフ回復を組み込むことができるのは頭に入れておこうと思います。 生き残れば4ターン目にも2枚土地をプレイすることで6マナに到達しますが、除去の格好と的ですし、アンタップインの土地も複数必要になるのであまり信用しない方がいいでしょう。 しかしこのカードの肝は「虹色の前兆」の効果の方にあるでしょう。 元の「虹色の前兆」がそうであったように「溶鉄の尖峰、ヴァラクート」のサポートとして優秀で、極端な話このニンフが入っていれば山が一枚も入っていなくても「ヴァラクート」の誘発が可能です。 もちろん【アミュレットタイタン】も例外ではなく、「召喚士の契約」と「原始のタイタン」で両方にアクセスしやすいため現実的なコンボだと思います。 肝心の「ヴァラクート」の効果も当デッキにとっては恩恵が大きく、「死者の原野」のゾンビトークンで止まらない飛行クリーチャーや攻撃してこないシステムクリーチャーを処理することができる他、「罠の橋」で勝ち筋を全て絶たれることもなくなるなど今まで手の届かなかった部分をカバーしてくれるでしょう。 「ウーロ」と同じ弱点を抱えるカードではありますが、こちらは多少構築を寄せてでも採用するメリットの方が大きいカードだと思います。 マナ加速としても使えるので序盤手札に来て困ることはないですが、3ターン目にこれをプレイして4ターン目に5マナになるマナランプはデッキに合わないので、4ターン目「原始のタイタン」を実現できるように「探検」や「ギャレンブリグ城」の枚数を調整するなどして「ドライアド」の他に1回マナ加速できる確率を高めていくのがデッキの動きをある程度維持しつつコンボを搭載できるアプローチかなと思います。 この点は「ウーロ」と同じですね。 「ヴァラクート」に土地の枠を割くデメリットについては、腐っても土地なので「ボジューカの沼」と同じようなカードが1枚増える程度と考えればあまり気にならないかと思います。 また、「ドライアド」はアクセスしやすいとはいえ1枚では除去1回当てられただけでコンボが成立しなくなるため複数枚採用したいところ。 その場合でも「梓」は1枚は残した方がいいと思います。 「召喚士の契約」を含んだ2ターンキルが可能な手札が来たときのためです。 一方「ヴァラクート」は除去手段が限られるので1枚でも問題ないと思います。 ただし複数枚あればその分仕事をするカードなので枚数はよく調整していきたいです。 まとめると、 「ヴァラクート」が非常に強力なので然るべきアプローチを取って採用する価値のあるカード、というのが「ドライアド」の印象です。 テーロス還魂記では以上の2枚が【アミュレットタイタン】にとっての収穫だったと思います。 【アミュレットタイタン】に限らず全ての「原始のタイタン」デッキに影響を与えるカード達で、【シミックヴァラクート】などというデッキの開発されているようですね。 自分のデッキにアップデートが入るのは嬉しい限りですが、所謂アンフェアデッキに属するデッキであるため今後も禁止改定の度にドキドキすることになりそうです。 今回はここまで。 読んで下さった方、ありがとうございました。

次の

『テーロス還魂記』新カードでデッキ構築!その2:ウーロがランプで大脱出(新スタンダード)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

ウーロ mtg

基本セット2020 2019年7月12日に発売されたマジック・ザ:ギャザリングのセットです。 強力なカードが多数収録されていますが、おそらく2019年では一番購入されていないと言えるくらい剥かれてないパックです。 その理由としては、 デッキパーツとしてはどれも優秀ですが、シングル買いで充分だったためです。 パックで当てるより、欲しいカードを買った方が安く済む。 パックの期待値が低かったと言えます。 僕も正直、パックはほとんど購入していませんでした。 しかし、 2020年1月24日発売の「テーロス還魂記」のおかげで、「基本セット2020」のパック期待値が急上昇しております! なので、 今回の記事は、「基本セット2020」も良いよ!っていう内容を書かせて頂きます。 Contents• テーロス還魂記によって注目されてるカード テーロス還魂記のカードによって注目されている「基本セット2020」のカードが2種類あります。 「茨の騎兵」と「虚空の力線」です。 この2種類以外もあるかもしれませんが、大きく注目されているであろうカードとして見て下さい。 茨の騎兵 このカードの急成長っぷりには目を見張るものがあります。 2020年1月17日までの価格推移です。 参考: このロケット値上がり!!凄いですね。 これは「テーロス還魂記」であるカードが発表されてから高騰が始まりました。 そう、 「自然の怒りのタイタン、ウーロ」です。 このカード自体、単体でめちゃ強いのですが「茨の騎兵」との相性が抜群なんです。 茨の騎兵の効果2 茨の騎兵が死亡したとき、あなたの墓地から他のカード1枚を対象とする。 あなたは茨の騎兵を追放してもよい。 そうしたなら、対象としたカードをあなたのライブラリーの一番上に置く。 この時、ウーロが墓地にいればデッキに戻すことも可能です。 土地も場に出せるし、緑のトリプルシンボルがあるので「信心」とも相性が良い。 虚空の力線があなたのゲーム開始時の手札にある場合、あなたはそれが戦場に出ている状態でゲームを始めてもよい。 いずれかの領域から対戦相手の墓地にカードが置かれる場合、代わりにそれを追放する。 最初に手札にあったらマナを支払わずに場に出しても良い効果で、極端な話どの色のデッキにも入りうるカードになります。 場にある限り、相手は墓地を肥やすことができないので脱出を封じることができます。 「テーロス還魂記」が発売後、値動きがかなり楽しみなカードですね。 これもパックの期待値を上げてくれそうです。 その他のカードもおすすめ! 現状では当たりカードとして「茨の騎兵」が挙げられますが、その他のカードもおすすめです。 例えば、「目覚めた猛火、チャンドラ」や「アーク弓のレインジャー、ビビアン」などもパックから出たら当たりカードです。 これら2枚も2020年1月17日時点は販売価格が¥2,000を超える強力なカードです。 フォーマットではスタンダードはもちろんのこと、下環境でも使用されています。 その他にも スタンダード、パイオニアで禁止カードになった 「死者の原野」もあるし、 「炎の騎兵」や 「風の騎兵」などポイントで注目されているカードもあって実はおすすめパックでした。 基本セット2020(まとめ) 「基本セット2020」が発売されてしばらくは、僕は正直これ塩パックじゃんと思っていました。 しかしMTGは新カードが出る度に、過去のエキスパンションやセットも引き立ててくれますね。

次の

自然の怒りのタイタン、ウーロ|カードギャラリー|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

ウーロ mtg

こんにちは。 かろとです。 今回は先日発売されたテーロス還魂記のカードから【アミュレットタイタン】へ投入され得るカードについて考察していきたいと思います。 自然の怒りのタイタン、ウーロ 似たような効果の「探検」が元々このデッキで採用されることがあるカードだったので、こちらは「重い代わりにおまけ付きの探検」か「追加の探検」になるかと思います。 「追加の探検」としては個人的には無しかなと。 そもそもマナ加速は「桜族の斥候」「梓」で十分で、より安定して速度を求めるときに「探検」を数枚足す、というのが自分の認識だからです。 「おまけ付きの探検」としては、脱出は積極的に狙えるものではないですがライフ回復の部分は当デッキ合致していて、「回復付きのマナ加速」とだけ捉えても十分採用を検討できると思います。 しかしマナ加速として「探検」と比べるとマナコストの重さが見た目以上に厳しい印象。 まず3ターン目に「ウーロ」をプレイしても次のターンは5マナなので「原始のタイタン」がプレイできないのが残念。 1,2ターン目にマナ加速ができていればライフ回復しながら4ターン目「原始のタイタン」に繋げることができますが、「桜族の斥候」と複数のアンタップイン土地が(「探検」での同じケースより多く)必要になるため少々ハードルが高め。 4ターン目の「原始のタイタン」が当デッキの基本なのでそれに絡め難いのは大きなマイナスポイントですね。 この点で「ウーロ」は「梓」とマナコストが被っているのが致命的で、「梓」は3マナから次のターン6マナに到達できるランプアップが可能なので、「梓」を優先的にプレイすることが多くその場合「ウーロ」が無駄牌になります。 デッキの目指す動きに絡め難く無駄牌になりやすい、というデメリットは3点回復のメリットより大きいと思うのでマナ加速としては基本「探検」優先でしょうか。 一方ゲーム終盤で、「1枚で複数回使えるライフ回復呪文」として見る分にはそれなりに有力なカードになるのかなと思います。 「召喚士の契約」でサーチできるので1枚採用するだけで良く、「死者の原野」で勝ちに行けて追加の「原始のタイタン」が必要ない状況ではライフ回復で相手の勝ち目を潰す役割が持てて、一応序盤に素引きしてもマナ加速として使えてキャントリップでもあるので腐り難いことを加味すると比較的不要牌になりにくいシルバーバレットになってくれるのではと思っています。 ここまでをまとめると、 マナ加速として複数枚投入する場合にはより良い選択肢が他にあるがシルバーバレットとしては比較的扱いやすい、というのがこのカードの印象です。 追加で、今後の環境の変化で序盤からライフ回復が必要とされるようなゲームが増えたりすれば「回復付きのマナ加速」として複数採用されることもかなと。 その際は「ウーロ」の前にプレイできるマナ加速を増やす、「ギャレンブリグ城」の枚数を増やして「ウーロ」の次のターンに安定して起動できるようにする等のアプローチで4ターン目「原始のタイタン」のプランにライフ回復を組み込むことができるのは頭に入れておこうと思います。 生き残れば4ターン目にも2枚土地をプレイすることで6マナに到達しますが、除去の格好と的ですし、アンタップインの土地も複数必要になるのであまり信用しない方がいいでしょう。 しかしこのカードの肝は「虹色の前兆」の効果の方にあるでしょう。 元の「虹色の前兆」がそうであったように「溶鉄の尖峰、ヴァラクート」のサポートとして優秀で、極端な話このニンフが入っていれば山が一枚も入っていなくても「ヴァラクート」の誘発が可能です。 もちろん【アミュレットタイタン】も例外ではなく、「召喚士の契約」と「原始のタイタン」で両方にアクセスしやすいため現実的なコンボだと思います。 肝心の「ヴァラクート」の効果も当デッキにとっては恩恵が大きく、「死者の原野」のゾンビトークンで止まらない飛行クリーチャーや攻撃してこないシステムクリーチャーを処理することができる他、「罠の橋」で勝ち筋を全て絶たれることもなくなるなど今まで手の届かなかった部分をカバーしてくれるでしょう。 「ウーロ」と同じ弱点を抱えるカードではありますが、こちらは多少構築を寄せてでも採用するメリットの方が大きいカードだと思います。 マナ加速としても使えるので序盤手札に来て困ることはないですが、3ターン目にこれをプレイして4ターン目に5マナになるマナランプはデッキに合わないので、4ターン目「原始のタイタン」を実現できるように「探検」や「ギャレンブリグ城」の枚数を調整するなどして「ドライアド」の他に1回マナ加速できる確率を高めていくのがデッキの動きをある程度維持しつつコンボを搭載できるアプローチかなと思います。 この点は「ウーロ」と同じですね。 「ヴァラクート」に土地の枠を割くデメリットについては、腐っても土地なので「ボジューカの沼」と同じようなカードが1枚増える程度と考えればあまり気にならないかと思います。 また、「ドライアド」はアクセスしやすいとはいえ1枚では除去1回当てられただけでコンボが成立しなくなるため複数枚採用したいところ。 その場合でも「梓」は1枚は残した方がいいと思います。 「召喚士の契約」を含んだ2ターンキルが可能な手札が来たときのためです。 一方「ヴァラクート」は除去手段が限られるので1枚でも問題ないと思います。 ただし複数枚あればその分仕事をするカードなので枚数はよく調整していきたいです。 まとめると、 「ヴァラクート」が非常に強力なので然るべきアプローチを取って採用する価値のあるカード、というのが「ドライアド」の印象です。 テーロス還魂記では以上の2枚が【アミュレットタイタン】にとっての収穫だったと思います。 【アミュレットタイタン】に限らず全ての「原始のタイタン」デッキに影響を与えるカード達で、【シミックヴァラクート】などというデッキの開発されているようですね。 自分のデッキにアップデートが入るのは嬉しい限りですが、所謂アンフェアデッキに属するデッキであるため今後も禁止改定の度にドキドキすることになりそうです。 今回はここまで。 読んで下さった方、ありがとうございました。

次の