小郡 自衛隊。 新着情報:小郡自衛隊記念行事

秋葉瑞穂(関西補給処長・陸将補)|第30期・陸上自衛隊

小郡 自衛隊

小郡の花立山の温泉によく落武者が出るという話をよく知り合いから聞く。 あとなんか雰囲気がやばい神社があった。 ただ単に嫌われてるだけだろうけどとても不気味だった。 人死んでたのか……。 あと関係ないだろうけど朽ち果てた祠ならあるぞ。 知り合いは普通の祠をみたらしいけど。 なんて話題を出しやがる? え?そっちの怖い話じゃなくて? 自衛隊の駐屯地の自動車訓練場にて、夜半に古武士の霊を見る隊員が続出。 この場所は古戦場跡だったから、さもありなんとの事。 昭和47年の話。 築城基地でも同様に…。 って前に書いたけど反応なかったな。 燃料投下で、今までスレであまり聞かなかったような拾い話。 ・中間から北九に向かうトンネルは狐が出て、通行人を化かす。 ・猫峠の道沿いの家に少女の首の霊が出る。 ・九大箱崎キャンパスの地蔵の森の石碑。 近所の人はフォローよろしく。 あそこの墓地に出るってTVまできたらしいしね。 行ってみたけど白い鳥居で墓地を祭るみたいな感じで ガチなんだなって思ったよ。 小郡は結構いろいろあるみたい。 戦争の跡地ばっかりだし。 調べてみたけど何にも出ませんでした……。 噂だが自衛隊は縮小になり、祠一帯の結界の地域が住宅地になるという話。 深夜0:00前後に誰もいないのに勝手に自動ドアが開く 現象が起きてた。 その際、霊感ある奴は女性が入店してくる姿が見えてたらしい。 しばらくの間、毎日出てたって聞いた事があるよ。

次の

自衛隊自動車訓練所

小郡 自衛隊

陸上自衛隊の 自衛隊では、大型自動車免許が必要な任務が多いため、普通、準中型免許等を保有せずとも19歳から大型自動車免許(2007年6月の道路交通法改正後に取得した者は「大型車は自衛隊用自動車に限る」のが付加される)が取得できる。 また、を公道で運転するための免許も取得できる(「はカタピラ車に限る」の限定免許となる)。 この他、訓練所によってはの側面も持っているところもあり、技能講習や特別教育、実技教習なども行っており、では付近ので学科試験を受けることとなる。 自衛官が受講する場合、教本代と本試験受験時の印紙代を除き全額国費 で免許が取得可能である。 勤務員の殆どは、教習所を管理する当該部隊及び同一駐屯地に所在する部隊若しくは近隣の部隊から差し出される。 技能教習に従事する隊員は、や指定自動車教習所技能検定員の資格が必要であるため、有資格者をとして公募したり、定年退官した自衛官の再任用により賄うことがある。 海空でも、航空機の燃料を輸送する給油車や施設の維持に使用するブルドーザーなどが稼働しているが、陸自に比べるとニーズが少ないため訓練所は少ない。 音楽隊が楽器を輸送するや見学者などの送迎に使われるタイプのはであるため、法改正後はの取得も可能となっている。 陸上自衛隊のや偵察隊などはを利用しているが、対応した訓練所が少なく、民間のへ通うことも多い(取得費用は国負担)。 が終わった後は、最寄りのに赴き、学科試験・適性試験に合格した者は、からが交付される。 主な施設等 [ ]• 本部隊舎(所長・本部班・指導員等執務場所)• 教場(学科教習・実技におけるハンドル操作やシミュレーターによる教習等)• 学生控室• 整備工場(後方支援部隊における整備課程の教育が行われる場合もある)• 営内隊舎(管轄部隊の営内を間借りする場合もある)• 教習コース(民間の自動車学校に準じたコースが整備されているものの、施設内の設備(コース等)の維持管理費に関して予算が不足している傾向が強く、コースの補修・積雪寒冷地の除雪 は入校中の学生・助教等が行っている。 特にアスファルトのラインや周辺の雑草等は教習にも大きく影響するため、歪みが生じたアスファルトの補微修正・ラインの修正・草刈り等は定期的に行われる) 入校資格 [ ] 航空自衛隊のサイト用人員輸送車 に配属された隊員は必要不可欠であり、後期教育で大型免許を取得する。 車両を扱う機会が多い施設科や通信科職種等は普通科等に配属された隊員よりも優先して教育を受けることが多い。 自衛隊ではなど中型免許の範囲で運転できる車両も多いが、施設科では大型免許でカバーされるため個別に取得することはない。 中型免許の対象は楽器輸送車を使う音楽隊や、航空自衛隊でへ人員を輸送する『サイト用人員輸送車』を運用する隊員である。 各部隊ごとに年間計画で受入枠が決まっており細部は部隊の特性によるが、2任期以上かつ継続的に部隊で勤務する意思を持つ者や中隊長等の伝令業務を行っている隊員、職務上車両を取り扱う隊員でなければ受けさせてもらえないことが多い。 ただし、教習指導員の資格を有する隊員を自動車教習所に臨時勤務という形で差し出していれば、その部隊に入所枠が多く配分されることがある。 海上、航空自衛官で所属基地に自動車訓練所がない場合は最寄の陸上自衛隊駐屯地の訓練所へ入校する。 地域によっては警察官、消防官・自治体職員等が入校することもある。 民間の自動車学校との違いとして、入所前に警察庁方式運転適性検査(K-2)を予め受験し、その結果運転適性が「適」または「準適」、かつ車両運行適性が5段階中「3」以上の者のみに入校が制限され、運転適性が「不適」や車両運行適性「1~2」の者は入校は認められない (民間では適性に関係なく免許取得が可能)。 大型免許は普通第一種(MT)または準中型 (MT)、中型第一種 (MT)を有する者が約10週間の通称「免あり」課程、運転免許を有しない者は約16週間の通称「免なし」 に、大型特殊は2週間、牽引免許は4週間入所する。 自衛隊自動車訓練所の一覧 [ ] 過去には同一県内の複数駐屯地に自動車教習所を設置していたが、財務省から非効率運営であるとして改善勧告を受けたことから、近年は各県内に1若しくは2カ所程度(おおむね師団・旅団司令部所在駐屯地、または特科連隊・施設団本部所在の駐屯地)に集約されている。 海上自衛隊 及び航空自衛隊の基地に自動車訓練所が設置されていたこともあるが、上記理由から()、()を除き、現在は廃止されている。 真駒内自動車教習所(内)- 輸送隊管轄• 東千歳自動車教習所(内) - 輸送隊管轄• 北千歳自動車教習所(内) - 本部管轄• 南恵庭自動車教習所(内) - (旧)本部管轄• 旭川自動車教習所(内) - 輸送隊管轄• 上富良野自動車教習所(内) - 管轄• 帯広自動車教習所(内)- 輸送隊管轄• 神町自動車教習所(内)- 輸送隊管轄• 岩手自動車教習所(内)- (旧)管轄• 多賀城自動車教習所(内) - 第119教育大隊管轄• 八戸自動車教習所(内)- 管轄• 福島自動車教習所()- 管轄• 宇都宮自動車訓練所(内) - 管轄• 相馬原自動車教習所(相馬原演習場内) - 輸送隊管轄• 勝田自動車教習所(内) - 管轄• 朝霞自動車教習所(朝霞訓練場内) - 管轄• 練馬自動車訓練所(内)- 輸送隊管轄• 習志野自動車教習所(習志野演習場内)- 輸送隊管轄• 下志津自動車教習所(内)- 管轄• 駒門自動車教習所(内) - 管轄• 富士学校自動車教習所(内) - 普通科教導連隊管轄• 大津自動車教習所(内) - 第109教育大隊管轄• 大久保自動車教習所(内) - 第102施設器材隊管轄• 千僧自動車教習所(内、教習コースは北側) - 輸送隊管轄• 大草自動車教習所(内) - 輸送隊管轄• 海田市自動車教習所 - 輸送隊管轄• 善通寺自動車教習所 - (近隣の善通寺市文京町2丁目6に設けられている)輸送隊管轄• 豊川自動車教習所 - 管轄• 姫路自動車教習所 - 管轄• 黒石原自動車教習所() - 輸送隊管轄• 竹松自動車教習所(内) - 管轄• 福岡自動車教習所 - 輸送隊管轄• 小郡自動車教習所 - 第103施設器材隊管轄• 都城自動車教習所 - 管轄 脚注 [ ]• 但し、退職に伴う就職援護の為の運転免許取得や運転適性上「自衛隊車両の運転に適さないが私有車の運転に支障は無い為特技課程を受講せず免許のみ取得させる」などの事例により大型等の免許取得する場合は、免許取得に関する諸経費(およそ7000円程度)は実費で負担する。 コース上の雪は全て除去出来ない為、最低限ライン部分の露出によるコース内停止位置・中央と路肩が認識出来る範囲及び坂道等の後退防止のための発進場所等で行われる• 仮に適性検査をパスし入校が認められたとしても入所間 補備訓練等による技術向上が認められない等の不適格要素が多い・指導にも関わらず運転技術に不備が多い状況で本人による改善の余地が無い状況と教官が認めた場合は教育を終了し原隊復帰を命ぜられる• 2017年3月の法改正前に普通一種を取得した者に与えられた準中型5t限定を含む• 2007年6月の法改正前に普通一種を取得した者に与えられた中型8t限定を含む• AT限定及び自動二輪、原付・小特のみの保有者は免なし課程で入所• 横須賀・舞鶴・佐世保教育隊内(2007年3月に廃止)、海上自衛隊第1術科学校(廃止時期不明)• 廃止に伴い管理担任部隊変更• 2016年3月にから移駐、2018年3月に隷下から方面輸送隊隷下に隷属替.

次の

秋葉瑞穂(関西補給処長・陸将補)|第30期・陸上自衛隊

小郡 自衛隊

秋葉瑞穂(あきば・みずほ)は昭和38年7月生まれ、鹿児島県出身の陸上自衛官。 防衛大学校第30期の卒業で幹候67期、出身職種は施設科だ。 平成30年8月(2018年8月) 陸上自衛隊関西補給処長兼ねて宇治駐屯地司令・陸将補 前職は第5施設団長兼ねて小郡駐屯地司令であった。 (画像提供:) 2019年3月現在、陸上自衛隊関西補給処長兼ねて宇治駐屯地司令を務める秋葉だ。 ご覧の通り、50代半ばとはとても思えないほどに凛々しいイケメンであり、とてもファンの多い将官の一人である。 中部方面隊の兵站を支える重要なポストであり、またかつては東洋一と言われた弾薬庫・祝園弾薬支処を隷下に置くなど、極めて重い職責を担う。 これほどの要職を担う秋葉のことだ。 そのキャリアはいずれも印象深いものばかりだが、敢えて一つご紹介するとすれば、それは前職である第5施設団長のポストだろうか。 第5施設団は福岡の小郡駐屯地に所在する、西部方面隊直轄の施設部隊だ。 災害が相次いだ九州地方において直近の活躍は特に著しいが、秋葉が第5施設団長に在職中にも、不幸にして災派(災害派遣)を相次いで経験している。 中でも、2017年7月に発生した九州北部豪雨については、その被害の大きさからも今も記憶に新しい人が多いかもしれない。 福岡県や大分県の広範囲に甚大な被害を出し、37名もの尊い命が失われることになった大災害だ。 この時の、第5施設団の対応は非常に早かった。 発災に先立つ2017年7月5日の昼過ぎ、降雨の状況から大災害になると見込んだ秋葉は、特に災害の危険性が高いと判断した朝倉市一帯を担当区域とする第5施設団隷下の第9施設群内に、速やかに災害指揮所を設置。 いつでも災害派遣出動ができる体制を取るよう隷下全ての部隊に下達するが、不幸にも予測は的中してしまい、同日の19時には福岡県知事から、秋葉に対し災害派遣要請が寄せられる。 そして、準備万端で待ち構えていた第5施設団各部隊は、被害地域に極めて迅速に展開することができ、多くの人命救助に貢献することになった。 さらにその後、瓦礫撤去や復興作業などで数ヶ月間に渡り現地に留まり、市民生活の復興に尽力したことはご存知のとおりだ。 なお秋葉はこの際、その迅速な部隊展開と献身的な活動に対し、被災地を慰問に訪れた天皇・皇后両陛下から直々に激励を賜る名誉を受けている。 直立不動で両陛下の前に立ち、直接お言葉を頂く様子は感動的ですらあったが、これもまた自衛隊の活躍が広く国民に受け入れられ、愛される存在になったことへの一つの象徴的な出来事だったと言えるだろう。 両陛下のお言葉で、どれほど自衛隊・自衛官全体の士気が上がることになったか。 両陛下の激励を受けるほどの活躍を見せた秋葉とその隷下部隊の活躍がどれほどのものであったのか。 もはや多くの言葉は必要ないのではないだろうか。 では、それほどの要職で活躍を見せた秋葉とは、これまでどのようなキャリアを歩んできた幹部なのだろうか。 少し詳細に、その経歴をみていきたい。

次の