私のポケモンが華麗に舞ってみせる。 【ポケモンGO】ゴルバットの種族値と覚える技

今夜、『ぐるナイ』ゴチで、浅田真央&舞姉妹の恋愛トークに本田翼も参戦 /2020年6月25日 1ページ目

私のポケモンが華麗に舞ってみせる

「皆様、快適な空の旅をお楽しみください」 機内にCAさんの澄み切ったアナウンスが流れた。 周りは勿論、知らない人たちばかり。 ダンディなジェントルマンさんから綺麗なお姉さん、働き盛りのサラリーマン、私と同い年の男の子や女の子。 もっと年下の子たちもいる。 みんなそれぞれめざす目標が、世界が、きっとあるんだろう。 サトシはポケモンマスターへの道を進む。 私はポケモンパフォーマーの道を歩む。 サトシたちと過ごした、宝物の日々に私は思いを馳せた。 旅のきっかけはサトシの言葉。 「これからも…一緒にいてもらえると助かるんだけど」 小さい頃から私のヒーローだった男の子からの夢みたいな、お誘い。 「一緒に行ってあげてもいいかな」 なんて天邪鬼な答え方しちゃったけど、嬉しくて嬉しくて堪らなかった。 ヒーローが差し伸べてくれた手を取り、私たちの旅は、始まった。 もしも。 サトシともし旅をしてなかったら私はどうなっていたのかな、なんて考えると怖い。 きっと今とは違う空っぽな、夢を持てない子になっていただろう。 それまで何の目標もなく漠然と生きていた私だったけど、エルさんの華麗な演出を見てパフォーマーになりたい、っていう思いが芽生えた。 光輝く舞台で生き生きとしたポケモンたちとパフォーマーが、観客の心を動かしている。 ポケモンたちがキラキラしているのはパフォーマーがその子たちの魅力を最大限に引き出しているから。 そういうパフォーマーになりたいって決心した。 パフォーマーへの道は、思っていたより ずっとずっと険しかった。 たくさんの挫折。 諦めが脳裏をよぎることもあった。 でも、サトシの「何があっても絶対諦めない」っていう強い意志に私は何度となく背中を押された。 ポケモンたちも私以上に苦しんで辛かったのに、こんな私についてきてくれてありがとう。 私、絶対みんなを輝かせるパフォーマーになるからね。 サトシ。 めざす世界は違うけどあなたは私の目標だよ。 遠く、煌めく星。 自分の力で輝き続ける星。 きっと、きっと変わらない。 ヤシオさんからスカウトを受けたとき、今までの頑張りを認めてもらえた気がして私は嬉しかった。 ヤシオさんは私の素質を見出だして、エルさんを超えるカロスクイーンとして育てようと真剣に考えてくれていた。 でも、ヤシオさんに頼っていたら、私はサトシのような自分の力で輝く星にはきっとなれない。 私は、自分の歩む道を、自分の力で切り拓きたい。 サトシに出会うまでずっと将来への夢や希望を持てずに迷子だった過去の私自身と決別するため、私は私の道を選んだ。 無謀だとしても、私は、サトシみたいに自分の力で輝いて、みんなを照らす星になりたいから。 「サトシ、大好きだよ。 私はあなたを愛しているよ」「あなたがいたから私は変われたの。 ありがとう、一緒にいてくれて。 支えてくれて」なんてあまりにもダイレクトすぎで。 口に出したらお別れなんて、できなくなっちゃう。 感情が昂って泣いてしまうかもしれない。 サトシを困らせたくない。 サトシに「キレイ」なカタチでお別れしたい、私はそう思った。 最後のキスに私の想いの全てを託して。 背伸びした、あのときのキスを思い返す。 ねえ、サトシ、あなたの煌めきに私はまだ届かない。 だから今だけ、ほんのちょっとの背伸びを許して。 さようなら。 大好きな私のヒーロー。 想いを巡らせているうちに飛行機がホウエンに到着した。 空港から出ると外は既に夜の気配が漂っていた。 燦然と輝く星たちが夜空を照らしていた。 その中でも一際煌めく星があった。 強い意志を持った光でありながらも見ている私の背中を押してくれるような、温かな輝きを持った星。 あの輝く星はサトシ、なんてちょっと我ながらロマンチック過ぎるかもしれない。 テレビに出演していたエライ大人は「星にも寿命はあるから星の瞬きは永遠ではない」と淡々に言っていた。 たとえ空の星の輝きは永遠でなくても私の中のサトシの輝きは色褪せない。 この先、たとえどんなに苛酷な試練が待ち受けていたとしても。 私はきっと、色褪せない想い出を糧にそれを乗り越えてみせる。 大人からすれば私の想い出や目標なんてちっぽけなもの、すぐに忘れる夢物語なのかもしれない。 でもね。 私は決して消えない、失わない、輝き続ける星を心の中に持っているから。 歩き続けるよ。 私はパフォーマーとしての世界を切り拓いてみせる。 サトシも自分の夢を掴んでね。 絶対だよ。 私はサトシの未来を信じている。 離れていても、信じる気持ちは揺るがない。 サトシの未来。 私の未来。 いつか、再会の日が訪れたときには、夢を叶えたお互いを祝福できますように。 そして。 サトシの心に寄りそい、支え合いながらお互いを高め合える「恋人」として歩む未来を、築くことができますように。 そのためにも、もっと実力を磨いて自信をつけよう。 サトシの輝きに相応しいひとになるために。 心の中の星に願いをこめて、私は未知の世界へ足を踏み出した。

次の

#サトセレ 輝く星に願うはあなたとわたし

私のポケモンが華麗に舞ってみせる

すべてのカテゴリ• 遊戯王• 遊戯王海外版• デュエルマスターズ• ポケモンカード• ヴァンガード• ヴァイスシュヴァルツ• マジック・ザ・ギャザリング• WIXOSS-ウィクロス-• ゼクスZ/X• バトルスピリッツ• バディファイト• ドラゴンボールヒーローズ• ファイアーエムブレム サイファ• ラブライブ!スクコレ• 艦これアーケード• ガンダムクロスウォー• ラクエンロジック• ChaosTCG• アンジュ・ヴィエルジュ• ラスト・クロニクル• WCCF• プレシャスメモリーズ• Reバース for you• 遊戯王ラッシュデュエル• その他カード• スリーブ• サプライ• 店舗オリジナル.

次の

#サトセレ 輝く星に願うはあなたとわたし

私のポケモンが華麗に舞ってみせる

こんにちは、です。 今回の記事は7月14日に行われた第5回真皇杯関選で使用した構築について書きます。 使った構築は以下になります。 コケコとカバドリの2軸とし、補完としてどちらとも相性の良いを組み込んだ2way構築となっております。 はパセリ。 は今回はお留守番なので私の隣で旗振って応援してました。 旗振ってるかわいいね。 【構築名について】 本来「2way」は「2通りの使い方が出来る」のような感じの意味合いで使用されるが、今回はwayを「道」という感じで捉えてコケコとカバドリという「2つの道」があり、どっちかを選んで後戻り出来ないスリリングな「1WAY」を進んでいけ!という感じと、私が好きな!というアニメで「スリリング・ワンウェイ」というライブでバカみたいに盛り上がれるかっこいい曲があり、それも使ってみたくてこのような構築名にしました。 かっこいい曲だからぜひ聞いてみてください。 私はコケコの他に砂パも使っており、表選出でそのようなギミック構築を使うのは得意だったが、表選出が出せないときの裏選出を考えるのが苦手だったため、 ・ギミック無しの裏選出を考えるのではなく自分の得意なギミックを2つ組み合わせて超直線的に戦う ・相手の選出に誘導をかけて迎え撃つ ということをテーマにすることにした。 そこでコケコと並ぶもう1つの軸にや、などを物理先制技で縛りに来る面子やコケコ展開で重要となるを自分の特性で潰しに来るカプ系統に対して強めな を置くことにした。 カバドリが苦手なやレ以外の水タイプ ヤドランなど 、カバマンダガルドやカバリザなどの絡みの構築はコケコが強く出られるのでこの2軸は相性が良いと思っている。 この2軸だと2軸のエースに対して抜群を取ってくる霊獣が厳しいため、2軸と補完の相性が良く自身が一番使い慣れている腕白 をクッション要員兼全抜きエースとして採用した。 いつもの。 最後の1枠はこの構築の一番の天敵と思っている コケコはフィールドが潰される、カバドリはが潰されてほぼ2対3になる に対する強い駒を置こうと考えたが思いつかなかったので、カプ・コケコとという2体の起点作成要員がいることから、起点作成後の全抜きエースの様に見せかけレの選出を抑制することを考えて、Zテクスチャーで電気タイプになれてコケコのフィールドとも相性が良い を採用した。 …と、こんな風に書いているが実際の型はを起点に出来る身代わり悪巧み型、持ち物はZが余っていなかったので積む回数を確保できそうな混乱実とした。 このの仕事量によっての通りがかなり違ってくる。 2連外しは発狂。 持ち物はフィールドターンを5ターンから8ターンに伸ばすことが出来るグランドコートにした。 グランドコートは認知度が低いと個人的に思っており、コケコが倒された後に出てくるに対しての対応でフィールドを5ターンしのいでから反撃する カバマンダなどでアロライZを裏で透かしてフィールドラストターンでで10万を耐えて舞うなどの 相手の勝ち筋を潰すことが出来る。 技はタイプ一致打点の10万ボルト、問答無用でHPを半分削る自然の怒り、対面操作の蜻蛉返り、便利技の挑発とした。 仮に熱湯火傷を引いたとしても蜻蛉返りではなく10万ボルトで落とすことが出来る。 予選と決勝トーナメントを通してを通すための仕事を全うしてくれて本当に助かった。 怒り外したりしたけど許すぞ。 美味しそう。 かわいい。 調整はCは足りないので補正有りぶっぱ、Hは軸に対して出したいときに無振りだとし2回に対して生存率が約25%しかないため最高乱数上2切りまでHを伸ばして余りをSとした。 持ち物はの専用Zである威力175で確定麻痺のぶっ壊れ技であるを打つためのアロライZとして、技は専用Z技の元技となる10万ボルト、タイプ一致打点の、ヌオーに通る草結び、積み技の悪巧みとした。 草結びに関してはめざ氷や気合玉と選択になるが、それぞれ打ちたい相手がめざ氷は霊獣、気合玉はくらいしかおらず、めざ氷を打ちたい相手はで起点にしに行くことができ、気合玉を打ちたい相手にはカバドリを通せばいいので、やの迅速な処理とをワンパンで倒して雨パに対してイーウィンを狙える草結びを選んだ。 に対してがH215-D136のD特化であったとしてもカプ・コケコの自然の怒りと合わせて、 自然の怒りダメージ 107 C161草結びダメージ 108~128 とぴったり確定をとれることや、レートでもHPが半分になっても側があまり引いてこないことが多いため草結びでを処理してそのままで3タテということも何度もあった。 予選で非対面悪巧みを通して裏の共々全抜きしたり、期待通り雨に対して活躍してくれたりと最高のエースぶりを発揮してくれた。 ちなみに相手の軸や軸を相手する際は絶対にコケコは出さないようにしている。 に至っては2体飛びます。 オーバーキルなのでやめてください。 もう語ることも書くことも何もない名誉エース。 コケコとカバドリの両方に相性が良く、カプ・コケコとがそれぞれギミックターンを延ばすアイテムを持っているため、2体を残した状態でに回して身代わりや羽休めでターン管理をして、ターンが終了した後もう一度発動させて仕切り直すといったクッションの役割や、そのまま起点対象を起点にして試合をクローズする全抜きエースとして大活躍してくれた。 メガの氷の牙を残りHP126から耐えて試合に勝った時は叫んだ。 マジで最強。 技に関してはから崩しに行けるようにしたかったため身代わり悪巧みとして、この型の最後の枠は適応力補正がかかり火力が高いさわぐを採用したノーマルZが有名だと思うが、Zを切った後にさわぐを打つと逆鱗のように継続してしまうので受けられた際に起点になったりしそうだったため、火力は落ちるが連打ができて追加効果の期待もできるトライアタックを採用した。 持ち物はレートでは対面で欠伸を気にせず積めたり、のを受けに行って毒を貰ってもいいようにラムの実を使用していたが、そのような機会が無かったのとレとの打ち合いで混乱実だったら勝っていたような場面があったので、身代わりの試行回数も稼げることから混乱実に変更した。 調整もカバマンダガルドレポリ2のような並びを意識して、Cを悪巧みを積んだ適応力トライアタックでH212-D110を落とせるラインまで振り、Dをレ意識やC無振りの冷凍ビームを身代わりが耐えられるまで振り、Sを準速抜きまで振った。 実際はからの崩しを期待するよりも、カプ・コケコ 割と壁に見えてたらしい とという2体の異なるタイプの起点作成要員を入れることでZテクスチャーからの全抜きエースに見えるようにして、この構築の最大の敵と言ってもいいの選出を抑制出来たらいいなというほぼお祈りのような感じに近かった。 対戦ではを起点にすることも混乱実の発動も無かったが、レ入りの構築に当たった時に一番恐れていた相手の初手レ投げ 素早さの関係でコケコのを潰される、初手がほぼ何もさせてもらえない が一度も無かったり、対戦が終わった後ので「を意識した」という方がいたりしてある意味影のMVPだった。 ちなみに選出した試合は2試合しかなくどちらも負けた。 持ち物は砂ターンを延ばすさらさら岩を持たせ、調整は慎重HDぶっぱとしているが DL対策としてBを25に調整し、B実数値135にしてD特化のD実数値136を下回るようにしている。 理由としてこの構築で相手の軸を相手する際にはコケコではなくカバドリで相手をすることにしていて、その際にのの始動要員としてDLが一緒にいることが多いが、この構築での初手投げが想定されるのはカプ・コケコかでどちらもBよりもDの方が低いので、DLでCが上がってしまった状態ではがの前で2回動けなかったり、がCが上がったとの殴り合いで押し切られることを防ぐため。 技はタイプ一致打点の、起点作成のと欠伸は確定でラスト枠として吠えるor吹き飛ばしの流し技が入ることが多いが、それを切って代わりに岩石封じを入れて2ウエポンとした。 これはレートで砂パを使用していた時に思ったいたことで、砂要員のが吹き飛ばしを打つタイミングまで生存している可能性が低い、吹き飛ばしガチャを行った際に不利なが出てきたときにーが効かなくなることが多かったので思い切って流し技を切った。 これにより挑発霊獣、挑発、風船挑発で詰まなくなったこととor岩石封じ、ステロ、欠伸、流し技の構成が多い起点作成から少しずらして相手の想定外を突くことができた。 実際に決勝トーナメント2回戦の相手の初手が風船挑発を出してきて、岩石封じを持っていたため初手で詰まなかったのでこの変更は大成功だった。 ~決勝トーナメント2回戦の出来事~ 相手はを繰り出した!は風船で浮いている! 僕 岩石封じあるから挑発あっても風船割ることができるから変えてきて良かったぁ。 高さは0. 7mしかない。 かわいい。 けどその小さい背中は対戦中だととても大きく見えて頼もしい。 調整はAは補正有りぶっぱ、Sを砂が切れたとしても最速とスカーフ以外のに対して上を取れるように準速レ抜きまで振り、残りをトリル構築のとの殴り合いを考えてDに振った。 持ち物はや霊獣に対して打つハガネZで技は一致打点の、積み技の剣の舞で最後の枠は岩雪崩が多いが今回は身代わりを採用した。 身代わりを採用した理由はこの構築では岩雪崩を打ちたい、霊獣、サンダーなどはコケコで相手できるので打つ機会がほぼ無いと思ったことと、カバドリで軸を相手するためどこかで必ず対面が発生して不意打ちを打ってくるかどうかという場面が出てくるということ、砂の身代わりが警戒が薄いということからの岩石封じ両採用とともに相手の想定外を突くことを意識した。 予選決勝トーナメント共にエースとして活躍してくれて、剣の舞をしたタイミングで耐久が出てきた際に身代わりを置いて蜻蛉返りを受けてから身代わりを残して3タテ、耐久ランドに対してZを透かす動きに対して身代わりで対応するなどとても機能してくれた。 また本戦出場をかけた決勝トーナメントでは軸との対戦となり、を持っているであろうがではなく影うち2回で削りを入れてきたため、「裏がで不意打ちでを落としてラス1勝負に持っていく気だな」と確信できたため、を倒した後に出てきたの不意打ちに対して身代わりを置けた時はとても嬉しかった。 、本当にありがとう。 予選を抜けて決勝トーナメント3回戦まで進み、あと1つ勝てば本戦という去年と全く同じ状況になってとても緊張しましたが、ここまで一緒に戦ってきてくれた6体を信じて「絶対勝つ!」という強い気持ちで3回戦に臨み、結果は勝利。 去年の雪辱を果たして本戦出場権を獲得しました。 たぶん勝った時は嬉しくてちょっと泣いてた気がします。 去年の悔しさが無かったら、今年ここまで上がってくることも本戦に出ることもできなかったと思います。 本戦についてですがもちろん出場します!全国から集まった強者と戦えるという最高の舞台に出ることができたのでもちろん勝ちたいですが、私はが大好きなのでその舞台での対戦を全力で楽しみたいと思います。 そして俺は真皇になります! ということで記事はここまでとなります。

次の