阿部 亮平 小説。 阿部亮平 (俳優)

阿部亮平 (あべりょうへい)とは【ピクシブ百科事典】

阿部 亮平 小説

【阿部亮平:SnowMan】彼女の噂と好きなタイプまとめ! 2019年4月29日から朝の情報番組「ZIP!」の「流行ニュースキテルネ!」リポーターにもなり、大注目の阿部亮平さんですが、人気のアイドルについてまわるのが、「熱愛彼女」のウワサですよね。 ファンの皆さんが気になる「好きなタイプの女性」の情報と合わせてお伝えしていきます。 阿部亮平さんに彼女はいるの? 結論からお伝えすると、 2019年現在のところ、阿部亮平さんの 熱愛報道や彼女の噂はありませんでした。 しかし、今後注目が増えていくにしたがって、週刊誌にも目をつけられる可能性があり、何かしら熱愛情報がスクープされるかもしれません。 ジャニーズのアイドルの中には、世間には広く知られていなくてもファンの間だけで「彼女がいる」ことが知られているアイドルが過去にいましたが、阿部亮平さんにはそういった噂もなく、非常にクリーンなアイドルのようですね。 一方で、 上智大学の同級生が彼女との噂もネット上では、書き込まれているのを目にしますが、それらは ガセネタです。 全く情報源が明確でありませんでした。 阿部亮平さんの好きなタイプは? 阿部亮平さんが好きな女性のタイプとして、過去には取材記事で次のような項目をあげているとの情報をつかみました。 若い女性の多くが髪の毛を染めてファッションを楽しんでいる時代に、黒髪ストレートの女性の方が稀少ですよね。 阿部亮平さんは上智大学大学院出身で、気象予報士の資格も持つほどの知的な男性なので、女性にも知的な感じを求めるのではないかと予想しました。 【阿部亮平:SnowMan】プリクラ画像流出とは? SnowManの阿部亮平さんと関連したワードに「 プリクラ画像流出」というものがありますが、「 2009~2010年頃に彼女とのプリクラ画像が流出した」と噂されています。 この噂のプリクラ画像は現在では、出回っていない幻の画像となっているそうです。 2009年~2010年頃といえば、 阿部亮平さんがちょうど高校1,2年生の頃になります。 高校生の頃は、誰もがプリクラを撮っていましたし、実際に多感な時期の阿部亮平さんに彼女がいた可能性ももちろんあるかもしれませんね(汗) 【阿部亮平:SnowMan】理想のデートが具体的でロマンチック これまで彼女の噂や好きな女性タイプについて、ご紹介してきましたが、阿部亮平さんの「妄想デート」や「理想のデート」設定を調べていくと、かなりロマンチストで可愛らしい男性ということがわかってきました。 「妄想デート編」と 「理想のクリスマスデート編」に分けてご紹介していきます。 阿部亮平さんと妄想デートしよう 雑誌「Myojo(2016年8月号)」に掲載された「阿部亮平さんの考える妄想デート」の記事です。 デートプランをまとめると次のようになります。 阿部亮平の妄想デート ・東京に住む亮平のもとに、地方から会いにきたA子 ・お昼すぎに新幹線で東京に着いたA子と合流 ・原宿で人気のパンケーキ屋さんを事前に予約し、行列に並ばずに店内へエスコート ・お腹が満たされたら、表参道でショッピング ・A子の洋服(ワンピースとかスカート)を亮平がチョイスしプレゼント ・亮平が出演する舞台に招待 ・夜は夜景のみえるレストランで食事 ・新幹線にのって大阪へ移動し、次の日は大阪デート いかがだったでしょうか?頭の中で阿部亮平さんとの妄想デートを楽しんでいただけましたら幸いです。 では、次はクリスマスのシチュエーションでの阿部亮平さんが考えるデートを見ていきましょう。 阿部亮平さんとクリスマスデートしよう 雑誌「 女性セブン(2014年12月号)」に掲載された、阿部亮平さんの理想のクリスマスデートについて、次のように紹介されていました。 「ぼくはホワイトクリスマスに憧れてるので、クリスマスの夜が初雪!ってのが理想。 想定では、いつも彼女がおれのために料理を作ってくれるんですよ。 だから、クリスマスだけはおれが作るの。 料理は全くできないんですけどね、その日だけは頑張るんだ。 ケーキはスポンジだけ買ってきて、生クリームギュッと絞ったりフルーツのせたり、ふたりでの共同作業を楽しみます。 クリスマスツリーも一緒に飾りつけがしたいな。 オーナメントつけたり、フワフワしたの付けたり、で最後に星を付けてチューしちゃおうかな」 阿部亮平さんの想像のクリスマスを聞いて思ったのは、雪を見て「お前の方がきれいだよ」って 恥ずかしいからおどけて見せる様子が可愛いなってことです! あとは、全く得意じゃない料理を頑張って作ってくれるのが嬉しいですよね。 クリスマスケーキは手作りで共同作業するところもかなり好感が持てました! あなたはどのように感じましたか? 阿部亮平(SnowMan)のプロフィール 名前:阿部亮平(あべ りょうへい) 生年月日:1993年11月27日 出身地:千葉県 身長:178cm 血液型:AB 高校:立駒場高等学校 大学:上智大学理工学部、上智大学大学院理工学研究科 【略歴】 ・2004年8月12日、母親がオーディションに申し込んだことがキッカケでジャニーズ事務所へ入所 ・2009年にMis Snow Man、そして2012年にSnowManのメンバーとなる ・2011年、映画『HOT SNOW』への出演で、俳優としてもデビュー ・大学受験の為に2011年8月~2012年2月まで芸能活動をお休み ・2015年には気象予報士試験に合格 ・2018年3月、ジャニーズで初めて大学院を修了 憧れは嵐の 櫻井翔 小学校はずっと学級委員 湿気が最大の敵でクセ毛のため、ヘアアイロンで毎日シッカリ伸ばす.

次の

Snow

阿部 亮平 小説

ニューシングル『Last Mermaid…』をリリースするHey! Say! 今号の特集テーマは「恋の距離感」。 ソーシャルディスタンスが必要な今、恋愛相手との出会いや、大切な人との関係の築き方を緊急調査。 まずは2020年の今、読者の恋へ向かう気持ちや相手との距離感をアンケートによりリサーチ。 さらに恋愛スタイル心理テストやリモート恋愛での心得、恋のお悩み相談など、日々変化していく人間関係の中で、大切な人と素敵な関係を築くためのメソッドを紹介している。 表紙を飾ったHey! Say! JUMPの撮影が行われたのは、緊急事態宣言が明けた6月初頭。 窓や扉を開け放したスタジオに、時間差で入ったメンバー。 3密の状態を避けるため、全員ソロで撮影を行った。 集合用に撮影したカットは、数種類のスツールを並べたカット、躍動感ある表紙のカット、カメラに向かって前進するカットの3パターン。 スタジオ床に貼られた多くの「バミリ(立ち位置に貼るテープ)」が残る各ソロショットも掲載されており、なかなか見ることのできない撮影の裏側も併せて楽しむことができる。 リモートで行われたソロ取材では、特集にちなみ、恋愛や交友関係で仲を深める時のスタンスについて訊いた。 ステイホーム期間を経て、さらに強まったファンやグループへの想いが詰まったインタビューとなっている。 また、「以前より関係性がぐっと深まったメンバーは?」「一番距離が近いと思うメンバーは?」というメンバー間の距離感も調査した。 CLOSE UPページには、Snow Manの阿部亮平が登場している。 Say! JUMP プロフィール 2007年結成。 冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)が放送中。 7月1日に通算27枚目となるシングル『Last Mermaid…』がリリース。

次の

阿部亮平(Snow Man)のプロフィールと入所日!上智大学と高校?性格や彼女は?

阿部 亮平 小説

佐久間:次は阿部ちゃん(阿部亮平)に行 くか。 阿部ちゃんは…ぶりっ子(笑) 向井:あざとさが、どんどん増してる。 -「ザ・アイドル」的な 向井:そう思うやろ?でもな、これはもう…そろそろ言わんとな! 佐久間:そう、あれはアイドルじゃない!もはや女性の域だよ!うちには一人だけ女性アイドルがいる!!(笑) 向井:動きの全てが女人(にょにん)っていうか(笑)。 あんな滑らかさを表現できているって、すごいことよね。 佐久間:うん。 阿部ちゃん自身も「表現が苦手」って言ってて、模索中だからこその今の形。 今後もっと自分の表現方法と向き合っていくだろうし、あのスタイルがどう進化していくのかが、超楽しみ。 向井:そうね。 佐久間:だから阿部ちゃん自身もそうだけど、見てるみんなも今は"今の阿部ちゃん"を楽しんでおいた方が絶対いいよ。 上記は佐久間さんと康二くんが阿部くんについて言及したテキストの抜粋なのだが、これを読んで佐久間さんから見えている阿部くんという人間が、わからないと感じた。 阿部くんの「あざとさ」というやつが日に日に増しているという見解に関しては、わたしも意見を同じくするところである。 そして、一般論として「あざとさ」を「アイドルらしさ」と称すケースも多々あるだろう。 インタビュアーの「ザ・アイドル的な?」という相槌は的を得ていると言えるだろう。 しかしながら、佐久間さんも康二くんもこの言葉を否定している。 「アイドルではなく女人だ」という話であるのだが、まず阿部くんのアイドルらしさという定義はどのように構築されているのだろうか。 わたしは不勉強であるので明確なことはわからないのだが、阿部くんの尊先が櫻井翔さんであることを鑑みると、阿部くんの中で「アイドルらしさ」がイコール「中性感」ということではないような気がする。 つまり阿部くんは「女人」を目指しているのではないと思うのだ。 彼の中で「アイドル」とは「普通を超越した人」という定義であるような感覚をわたしは受け取っている。 「女人」のようだと言われる要因は阿部くんのその仕草にあると思われる。 例えば首を傾げるだとか、そういったものに代表される行動であると思うのだけれど、それは彼の中で「こうすれば良い評判が得られるようだ」という学習の積み重ねの賜物に過ぎないとわたしには思えてしまう。 自分にどのようなアイドルタイプが向いているかを分析し、ひとつ「あざとい」をやってみると評判が良かったので、といったところなのではないか。 つまり阿部くんにとってあざとさ、つまりはここで言うところの「女人らしさ」、もとい「滑らかさ」は、表現と言うよりは活路と言った方が正しいのではないかと思うのである。 「滑らかさ」なんてものはこの理論でいくと、偶然の産物に過ぎない。 阿部くんのあざとさを天性ではなく方法論のように見てしまうのは、阿部くんがそういった器用な人間ではないと思っているからだ。 無骨で荒削りな男としての部分と、アイドルを演じる破片との繋がりが、あまりにもぎこちない気がしてしまう。 決して貶してなどいないし、わたしはそういうところにどうしようもなくときめいてしまうのだけれど。 そして、佐久間さんの「阿部ちゃん自身も〜」という発言について、「どうしてそこまで言いきれるのか」ということが疑問でしかないのである。 わたしが今から述べることについて、本人たちの言及があるかどうか、ここでも勉強不足がたたって、わからないのであるが、佐久間さんと阿部くんはそんなにも「根深く互いを分かつ部分」の話をしたことがあるのだろうか。 内向き矢印同士のふたりがそんなことをすれば、忽ちがらりがらりと崩れ落ちてしまいそうだ。 特に阿部くんの方はそれが顕著だろう。 佐久間さんのことを好きでいると同時に、羨望の眼差しを向ける彼だからこそ、佐久間さんと「表現」の話をするのは嫌なのではないだろうか。 当人たちが話し込み、コミュニケーションをとることによって互いの考えや信念を手に取るように理解するようになるとは、到底思えない。 だがしかし、佐久間さんのこの発言が無根拠だと言われると、あまりの語勢の強さにそれも不安になる。 「今の形」という言葉の後に「〜なんじゃないかな」などという推測の言葉など一切つかない。 極めつけには「"今の阿部ちゃん"を楽しんでおいた方がいい」とまで言うのである。 そこまで阿部亮平というアイドル、いち表現者への解釈に信念を持っているのはなぜなのだ。 誰よりも阿部亮平を近くで見てきたという自負なのか、自分にはないものだと求め憧れる気持ちからなのか、どちらかと言えば前者が近いような気もするが、真相はわからないままである。 わたしは佐久間大介さんという人間が時折この上なくわからなくなってしまうことがあるのだけれど、それはこういった発言に起因すると言ってよいだろう。 佐久間さんには、阿部くんは一体どんな風に見えているのだろう。 兎にも角にも、相も変わらずあべさくというのはわからないことだらけだ、という話。

次の