川越 市役所。 川越市

川越市役所で1964年東京オリンピックの聖火リレートーチ展示中です

川越 市役所

【川越市役所】出張所について〜いつ・どこで・何ができる?〜 こんにちは。 今回は川越市役所の「出張所」役所についてについての情報をまとめてみました。 市役所まで行く時間がない!という方には便利な出張所。 「いつ」「どこで」やっていて、「何ができるか」を調査いたしました!ぜひ参考にしてみてくださいね。 川越市役所のその他の情報については下記記事をご覧ください。 川越市役所の出張所一覧 川越市には14つの出張所があります。 (一部の業務は取り扱いしておりません。 駐車場は公民館と共用になります)。 駐輪場70台。 ) 川越市役所出張所の情報まとめ いかがでしたでしょうか。 忙しくて市役所に行くことが難しい方はぜひ出張所を利用してみてはいかがでしょうか。 【川越市役所】出張所について〜いつ・どこで・何ができる?〜 埋め込むにはこのコードをコピーしてサイトに貼り付けてください.

次の

川越市

川越 市役所

埼玉県 川越市のデータ 【川越市役所】所在地:川越市元町1-3-1 TEL:049-224-8811 URL: 川越市では2020年の東京オリンピックでゴルフ競技が開催される予定です。 小江戸川越の街並みが魅力で常にたくさんの観光客が訪れます。 「小江戸川越花火大会」や「小江戸かわごえハーフマラソン」では特に多くの市民で盛り上がりをみせます。 子育て関連では、川越市遺児手当の支給や児童虐待防止SOSセンターのフリーダイヤル設置、多胎児産前産後ヘルパーの無料派遣など、さまざまな取り組みを独自で行っています。 このページでは次の項目について調べることができます• 出産・子育ての給付金(補助金・助成金) 育児 なし - 1 川越市遺児手当 父母のいない義務教育修了前の児童保護者に支給。 2 児童虐待防止SOSセンターを設置し、専門相談員が対応。 3 第三子及び多胎児産前産後ヘルパー派遣事業。 4 子育てサービスに使える川越市3キュー子育てチケットの配布。 5 NPO法人との協働による子育て情報誌の発行。 乳幼児医療 中学校卒業まで 自己負担なし - 所得制限なし - 中学校卒業まで 自己負担なし 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。 所得制限なし - 幼稚園・保育園 20ヶ所 61位(815市区中) 18ヶ所 1830人 83位(695市区中) 1720人 71位(677市区中) 33ヶ所 90位(815市区中) 32ヶ所 2667人 107位(790市区中) 2670人 102位(767市区中) 20人 630位(815市区中) 52,800円 715位(806市区中) - あり 対象施設は市が定めた基準を満たし、委託契約を交わした施設 家庭保育室。 対象者は、生後8週間から2歳児クラスまでの保育が必要な乳幼児の保護者 月極契約。 補助額は、世帯の課税状況により月額0円~4. 7万円を助成。 兄弟が家庭保育室、認可保育園、認可幼稚園、認定こども園、地域型保育施設等に入所している場合、さらに0円~1. 2万円の多子軽減の補助を実施。 認定こども園数 6園 261位(815市区中) 預かり保育実施園数-公立 - 預かり保育実施園数率-公立 - - 預かり保育実施園数-私立 27園 預かり保育実施園数率-私立 93. 1% 453位(525市区中) 長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 - 長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 - - 長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 27園 長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 93. 1% 336位(483市区中) 小学校・中学校 29. 3人 32位(814市区中) 32. 0% 1位(815市区中)• 住まいの給付金 新築建設 なし なし 新築購入 なし なし 中古購入 なし なし 増築・改築・改修 なし あり 1 30万円 2 7万円 1 【耐震改修補助制度】1981年5月31日以前着工のもので、その他条件を満たす建築物について、耐震改修にかかる費用の一部を補助。 2 【川越市住宅改修補助金制度】市内に所有する住宅、かつその住宅に居住している市民に対し、市内施工業者が行う工事の住宅改修に係る費用の一部を補助。 その他 あり 【住宅用省エネ設備導入支援事業補助制度】家庭用燃料電池コージェネレーションシステム エネファーム 、太陽熱利用システム 強制循環型 の場合、1件5万円。 地中熱利用システムの場合、1件20万円。 あり 【再生可能エネルギー機器等普及促進事業補助金】自ら居住する住宅に再生可能エネルギー機器等を設置する方に補助金を交付。 太陽光発電システムの場合4kW以上4万円。 太陽熱利用システムの場合1. 8万円。 エネファームの場合5万円。 蓄電池の場合7万円 4kWh以上のシステムが対象。 空き家バンク制度を実施。 公共サービスや治安 公共料金・インフラ 角栄ガス 川越・坂戸地区 4920円 坂戸ガス4781円 武州瓦斯4540円 88位(226事業者中) 73位(226事業者中) 64位(226事業者中) 川越市2246円 132位(1027事業者中) 川越市1566円 36位(809事業者中) 86. 1% 264位(783市区中) 安心・安全 2940件 760位(815市区中) 8. 38件 682位(815市区中) あり 医療 20ヶ所 65位(815市区中) 202ヶ所 112位(815市区中) 102人 50位(815市区中) 23. 00人 162位(815市区中) 35人 72位(815市区中) 4. 77人 249位(815市区中) 4880円 65位(815市区中) ごみ 無料 - 8分別13種〔可燃ごみ 不燃ごみ 有害ごみ 乾電池・水銀体温計、蛍光管等 その他プラスチック製容器包装 びん・かん びん・かん、スプレー缶 ペットボトル 紙類 新聞、ダンボール、紙パック、雑紙 布類〕 一部実施 ごみ出しのできない高齢者世帯・一人暮らしの障害者 あり 有料。 戸別収集。 事前申込制。 あり 18000円 456位(520市区中) 50. 0% 46位(518市区中)• 人口などの統計情報 概要 川越市は、関東平野の西部、武蔵野台地の東北端に位置し、面積109. 13km 2、人口35万人を超える中核市です。 商品作物などを生産する近郊農業、県内トップクラスの出荷額を誇る工業、伝統に培われた商業、豊かな歴史と文化を資源とする観光など、充実した都市機能を有しています。 2020年の東京オリンピックでは、市内の霞ヶ関カンツリー倶楽部にてゴルフ競技が開催される予定です。 また、2022年には、埼玉県内で最初に市制施行100周年を迎えます。 総面積 109. 13km 2 508位(815市区中) 世帯数 145715世帯 74位(815市区中) 人口総数 353115人 67位(815市区中) 年少人口率(15歳未満) 12. 56% 304位(815市区中) 生産年齢人口率(15〜64歳) 61. 09% 158位(815市区中) 高齢人口率(65歳以上) 26. 35% 622位(815市区中) 転入者数 15501人 67位(815市区中) 転入率(人口1000人当たり) 43. 90人 223位(815市区中) 転出者数 13495人 77位(815市区中) 転出率(人口1000人当たり) 38. 22人 324位(815市区中) 主な祭り・行事 小江戸川越春まつり 川越百万灯夏まつり 小江戸川越花火大会 川越まつり 小江戸かわごえハーフマラソン 市区独自の取り組み - ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、各種基金や事業、第四次川越市総合計画前期基本計画の基本目標に掲げる8つの分野。 2018年4月1日より、市制施行100周年記念事業基金を加えたほか、川越まつりの山車修繕、文化財保存事業費補助金、無形民俗文化財映像記録作成事業の3つの事業にふるさと納税を活用。 お礼の品として、1万円以上の寄附をした市外在住者の方に、寄附額に応じたコエドビールなどの川越市の特産品を贈呈。 地方債現在高 103,170,516千円 744位(815市区中) 地方債現在高:1人当たり 292千円 190位(815市区中)• 東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

次の

川越市役所前から川越駅 バス時刻表(川越06・尾61・62・63:上尾

川越 市役所

概要・歴史 [ ] には・ののとして栄えた都市で、「 」(こえど)の別名を持つ。 城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、の数ではで、に次ぐ。 により、国から「歴史都市」に認定されている(埼玉県内唯一の認定)。 戦災や震災を免れたため歴史的な街並が残っており、市内の観光名所には年間約732万人もの観光客が訪れるである。 海外のに紹介されることも多く、最近では外国人旅行者が多い(例えばの「トラベルガイド」の )。 の北端に位置し、とが市内で合流する。 地理的な要衝でにはにのが興り、筆頭のとしてで権勢を誇った。 にの・によってが築城され、上杉氏、次いでの武蔵国支配の拠点となった。 にはの覇権を決するの舞台となった。 河越夜戦は「」とされる。 江戸時代以前はを上回る都市であり、「 江戸の母」と称された。 を擁する川越藩はの北の守りであり、武蔵国一の大藩としての格式を誇り、・・・など・クラスの重臣やのが配された。 そのため、江戸時代から商工業や学問の盛んな城下町であり、今日でも多くの学校を有す文教都市である。 川越藩の歴代藩主はの開発に力を注いだ。 「知恵伊豆」と呼ばれた松平信綱は、川越藩士のに命じ、や、の開削、大囲堤の築造、の改修を行い、行政手腕の秀でた柳沢吉保は、川越に召抱えていたの建議を入れ、筆頭家老のに命じ、の開拓などを行った。 川越藩によって殖産政策が遂行され、農産物や・など市場競争力のある開発がなされた。 川越藩領ので河越茶()の栽培が進められ、武蔵野の開墾地ではの栽培が盛んになった。 が開発した「高林式製茶機械」によって狭山茶は隆盛することとなり、が考案した「赤沢式甘藷栽培法」によってサツマイモの収穫量は劇的に増加した。 に焼イモが江戸で大流行すると、新河岸川や入間川ので江戸に出回ったサツマイモはと呼ばれ「栗よりうまい十三里」というフレーズと味の良さで持て囃され、「イモの町」のイメージも定着した。 こうした領内やなど近郊からの物資の供給地として「 江戸の台所」と呼ばれ繁栄した。 また幕末、川越藩領であったで業を興し、その輸出で川越商人は財を成した。 埼玉県下随一の城下町(川越藩のは武蔵国で最大、関東でもに次ぐ)であったので、では、次いでのとなった。 入間県は現在の周辺からや秩父・・まで含んで発足、入間県の面積は現在の埼玉県の7割を占めていた。 現在の埼玉県成立後、最初にを施行したのは川越である(11年の市制施行 はなどと同年)。 以降も先進的な発展が続き、の前身であり埼玉県で唯一のであったの発祥地である。 また旧川越藩御用商人衆には、、など豪商が多く、米穀取引所や民間による銀行(や)の設立や・の発足なども埼玉県内で最初である。 後に川越市初代市長となるら川越商人の強い力で、埼玉県で最初にやを設け、埼玉県下で最初にが燈った町でもある。 川越商人に加え、上広瀬村(現・)のが参画し、がのとの間に建設された(現在のとのルーツ)。 また、綾部らのがとの間で開通した。 川越電気鉄道はではなく、その名の通り、埼玉県で最初のであった。 川越鉄道と川越電気鉄道は最終的に合併し、となり、川越藩(現・)出身の(「日本の製紙王」と呼ばれ大川財閥を作った)らが役員に名を連ねた。 綾部らの西武鉄道はの(現在の)と中に戦時合併する。 一方、(35年)には綾部ら川越商人と川越商業銀行頭取で新河岸川の回漕業者でもあった福岡村(現・)のが、東京 - 川越間の京越鉄道の敷設を計画した。 これは本社を川越に置いて発足したに引き継がれ、(3年)に - (現在のの西方にあった)間で開通した。 2年後にはまで延伸。 東上鉄道はにのと合併する。 になって軍需鉄道のの建設が決まると川越商人たちが建設を求める請願を行い、国策鉄道としての川越線が開通した。 代わりに、川越 - 大宮間の電車(と改名)はとなった。 川越市内には10駅、ほぼ半分が川越市側の鶴ヶ島駅を入れると11駅あり、うち中心市街地には駅が3つある。 中でも・は1日約20万人が乗降する、埼玉県内ではに次ぐ2位 のターミナル駅である。 また、近接する西武新宿線と東武東上線・川越市駅を含めると、3駅で約30万人の乗降客数がある。 一方で、現在中心駅である川越駅は(大正4年)に開業した駅で、中心市街地の駅の中では最遅の開業である。 川越線の開業に伴う駅名改称と、市街地の南下により市を代表する駅(現市街地の玄関)となった。 川越駅が中心駅となるまでは、西武の本川越駅や東武の川越市駅周辺が街の中心地及び中心駅で、観光地で有名な旧市街地もこちら側が玄関であり、近い。 川越市駅は川越駅より1年早い時期の(大正3年)に開業して、本川越駅は他の2駅より非常に早く(明治28年)に開業している。 が支配していた室町時代には川越街道(現・)で、江戸時代からは舟運で、江戸と直結した物流の要衝であり、(昭和46年)には埼玉県内で最初のとしてが - 間で完成、開通時の名称は「東京川越道路」であった。 (東京環状)や(圏央道)も通じている。 (19年)の調査では、川越城下の人口はおよそ15,000人。 埼玉県内で唯一、人口が1万人を超えていた。 (明治35年)の埼玉県人口動態調査では、(当時)の人口はおよそ27,000人で埼玉県内1位。 2位のは15,000人、3位のはおよそ9,000人だった。 (9年)のでは、埼玉県の総人口1,319,533人のうち、川越町は24,675人で県内1位であった。 当時の川越町の人口は県庁所在地の浦和町(現・)(11,694人)の2倍以上であった。 川越町の町域は当時の市街地の一部に過ぎず、街は町域外に拡大、明治以降、人口は主に旧など隣接地で増加していった。 埼玉県内の市の数が4市に増えた(10年)の国勢調査で川越市の人口は35,000人強であり、やなどに抜かれ埼玉県内で第3位都市となった。 (平成17年)の国勢調査で初めてに人口で抜かれたが(平成22年)には再び人口で抜き返し県内第3位の都市に返り咲いた。 昼夜人口比率 [ ] は、96. 県庁所在地・は91. また埼玉県内はの85. 地理 [ ] 気候 [ ] ではに属する。 1年を通じて穏やかな気候で、年平均は1320mm、年平均は15. (数値は) [ ]。 一方で、東京都心のの影響を受け、夏の猛暑が厳しくなっているとの指摘もある。 川越市はの精密観測網でカバーされていないが、などが独自に気温を計測したところ、の最高気温は酷暑で知られるを上回るとの研究結果を2017年6月に発表した。 地誌 [ ] 川越市中心部周辺の空中写真。 1984年撮影の13枚を合成作成。 を基に作成。 から30km圏に属し、35度55分30秒、139度29分08秒(市役所のある元町)。 市域は東西およそ16. 3km、南北およそ13. 8km。 は元町で海抜18. 5m、市の南端が最も高く50. 7m、東部が最も低く6. 9m、標高差およそ44mである。 とに挟まれた地域をと言い、川越はその北東端に位置する。 武蔵野台地はをとする多摩川が形成したである。 太古の多摩川()はとの都県境方面ではなく埼玉県西部のを横断して流れていた(今のの流路とほぼ同じ)。 武蔵野台地は以北を特に川越台地と呼び、さらに入間川を超えた北西側を特に入間台地と呼ぶ。 南西にはが接する(狭山丘陵も古多摩川が土砂を堆積してできた丘陵で、狭山丘陵の形成によって多摩川は後に流路を南に変えることになった)。 が築かれたのは入間台地の東限で、が築城されたのは川越台地の北限である。 川越城は地形を利用したであった。 (元年)に川越城とを築城したは、両城を結ぶ防衛ラインとしてを造った。 以来、川越街道より西南側へまでがと呼ばれる地方で、文化的な一体性がある。 川越台地を取り囲むように周囲は低地であり市内からはを囲む山々を眺めることができる。 や武蔵野台地の武蔵野面(古多摩川が形成した高位の)に降った雨は、入間川や、、、、など(今では多摩川水系ではなく)荒川水系の幾多の河川を形成し、川越の町を囲むような低地に主に北西方向から南東に流れる。 町は台地上に形成され、南側の台地に拡大する余地が残っており、歴史的にも南へ街が広がってきた。 を源とする荒川はのの瀬替えにより西側を流れるようになり流量を増やした。 荒川は、から流れ出た入間川と当市内の古谷上で合流し、日本でも最大規模の河川敷を形成する(のは河川にかかる国道の橋としては日本最長である)。 このため、「外川」と呼ばれた荒川の対岸のなどとは歴史的にも結び付きがあまりない。 川越街道は入間川や荒川を渡ることなく江戸へ通じたので、荒川やの氾濫に苦しめられたに劣らず賑わった。 「内川」と呼ばれたは江戸へ向って傾斜しに合流するので、川筋が整備されが盛んであった。 時代に新河岸川は赤間川と合流され、さらに川越市街を取り巻く形となった(大正時代に新河岸川のルートにが建設され、舟運は廃された)。 こうした河川が市内北部や東部に広大な氾濫地であるを作り出し、地帯となっている。 市内東部には埼玉県内最大の自然沼であるもある。 旧荒川の流路に沿って自然堤防も形成されている。 こうしたは、地下水位が高く軟弱な粘土やが厚く分布している。 一方、武蔵野台地(川越台地・入間台地)上にある市内中心部・南部・西部は対照的にとなっており、やのが形成した(立川ローム層とその下の武蔵野ローム層)の下には古多摩川が形成した比較的安定した礫層がある。 関東ローム層は保水力が無く井戸水に困り、また江戸時代以前は武蔵野台地を水源とする川はや不老川など数少なく、その上、瀬切れを起こしやすく台地上では水の確保に苦労した。 現在では武蔵野のの面影を残し、水はけが良いことから地帯となっている。 地名の由来 [ ] 直接の由来はにを構えた豪族 であるが、その由来は古来より諸説ある。 川越は古来より武蔵国の中枢で、諸方に交通の便が拓けていたが川越市街地を川が囲む形となっており、入間川を越えないとたどり着けない地であることから「 河越」と称されたという説や、にある銅鐘(国の)に「武蔵国河肥庄」という銘がありにも2年()の記述に既に「 河肥」の文字があることから入間川の氾濫によって肥沃な地であるからという説、などである。 隣接している自治体・行政区 [ ]• 行政 [ ]• 市長:( - 、3期目、元川越市長・川合喜一の息子) 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任年月日 退任年月日 初代 1922年12月1日 2月 2 武田熊蔵 1923年8月1日 7月31日 3 寺尾規矩郎 1927年9月22日 9月21日 4 1931年10月13日 1月15日 5 早川金十郎 1932年3月1日 8月13日 6 1935年8月17日 8月16日 7 伊達徳次郎 1939年8月24日 8月23日 8 渋谷塊一 1943年9月14日 3月16日 9 河合正臣 1945年4月21日 8月16日 10-15 1946年10月7日 7月31日 16-19 加藤瀧二 1965年9月19日 1月7日 20-22 川合喜一 1981年2月8日 2月7日 23-26 舟橋功一 1993年2月8日 2月7日 27-29 2009年2月8日 名誉市民 [ ]• 伊藤泰吉(長や長を歴任。 最初の公選市長で、川越市長を連続6期)• 加藤瀧二(経済部長、経済部長、内務部長を歴任、川越市長を連続4期)• 山崎嘉七(頭取、頭取、川越市議会議長を歴任)• 川合喜一(川越市長を連続3期)• 財政 [ ] 川越市の2012年度(平成24年度)の 0. 95であり、これは埼玉県内全40市の中で、、、、、、に次いで7番目に高い。 2007年度〜2010年度においては財政力指数が1. 00を超えていたが、2011年度以降は1. 00を下回っている。 行政機関 [ ] 国の出先機関 [ ]• 荒川上流河川事務所• 川越支局• 川越支部• (これまで、川越市役所出張所設置条例(昭和36年3月29日 条例第7号)によってが設置されていたが、川越市市民センター条例(平成26年2月3日)により平成26年4月1日から「市民センター」に改称された。 川越市芳野市民センター• 古谷市民センター• 南古谷市民センター• 高階市民センター• 福原市民センター• 山田市民センター• 名細市民センター• 霞ケ関市民センター• 霞ケ関北市民センター• 川鶴市民センター• 大東市民センター また、出張所を補うものとして、川越市役所連絡所及び証明センター規則(平成3年7月31日 規則第26号)により以下の連絡所が設置されている。 南連絡所(1階)• 本川越駅証明センター(2階)• ウェスタ川越証明センター(1階) 川越市保健所• 川越市上下• 川越市下水道管理センター• 川越市• 川越駅西口土地区画整理事務所• 川越市道路管理事務所• 川越市計量検査所• 川越市生活情報センター• 川越市市民会館(平成27年6月閉館)• やまぶき会館• 川越西文化会館(メルト)• 川越南文化会館(ジョイフル)• 北部地域ふれあいセンター• 東部地域ふれあいセンター• 市立美術館• 市立博物館• 児童センターこどもの城• 川越駅東口児童館• 高階児童館• 川越駅東口多目的ホール• 国際交流センター• 女性活動支援のひろば• 農業ふれあいセンター• サンライフ川越・芳野台体育館• 川越市教育センター(旧・川越市立古谷東小学校)• 川越市立教育センター分室(リベーラ) 警察 [ ]• 西部機動センター• 少年サポートセンター西分室川越相談室(川越市教育センター分室内) 消防 [ ]• 広域行政 [ ]• 川越地区消防組合:比企郡川島町とともに消防・救急、・・に基づく事務を行っている。 協議会• (通称「レインボー協議会」):当市を中心とした4市3町(当市、、、、・、)で構成し、各市町がそれぞれ進めている地域特性を生かしたを広域的視点から互いに連携・協力しながらひとつの都市圏として発展していくことを目指している。 例としてなどのの相互利用、の相互掲載、参加市町の観光スポットを紹介した「広域観光ガイド」の発行等を行っている。 また、日高市と比企郡川島町を除く5市町はいわゆるとして「川越」ナンバーをに導入した。 開発事業 [ ] 川越北環状線事業 市街地への車の流入を回避する環状道路の最後の整備区間としてが平成31年3月24日(日曜日)15時に全線開通した。 駅前整備• 当市は、市街地3駅の整備計画である「川越駅西口周辺地区基本構想」を策定。 のを西口側にも延長する工事が2014年に完工した。 川越駅西口側には市有地が多く、都市公園も整備する。 また西口にや用のが完成した。 西口と西口駅前広場が完成。 の化と駅前広場整備、川越市駅西口の建設。 川越市駅から本川越間の乗り換えは徒歩11分程度であったが、道路が整備され平成27年度に5分程度に短縮された。 ( より)。 の東口開設は平成29年度末を目標に事業中である( より)。 や、などの駅やその駅前整備は、未だ手付かずである。 司法機関 [ ] 裁判所 [ ]• 川越支部• 川越支部• 議会 [ ] 市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 選挙区:西7区川越市選挙区• 定数:4人• 任期:2019年4月30日 - 2023年4月29日• 投票日:2019年4月7日• 当日有権者数:288,266人• 投票率:35. 53% 候補者名 当落 年齢 党派名 新旧別 得票数 中野英幸 当 57 現 27,034票 深谷顕史 当 44 新 22,623票 山根史子 当 35 現 20,907票 守屋裕子 当 69 元 15,242票 渋谷真実子 落 45 自由民主党 新 15,070票 衆議院 [ ]• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (川越市など) 3 選挙区 6 比例復活 姉妹都市・提携都市 [ ]• ()- 姉妹都市提携(藩主の縁)• ()- 友好都市提携(藩主の縁)• ()- 友好都市提携(川越出身の画家の縁)• 市(の古都)- 姉妹都市提携• ( の州都)- 姉妹都市提携• (の古都。 初代皇帝が建都)- 2002年姉妹都市提携 「蔵の街」として知られる、(旧)とともにを開くなど、観光面で交流している。 大規模災害時相互応援協定締結都市 [ ]• 埼玉県川越都市圏まちづくり協議会(当市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、入間郡毛呂山町・越生町、比企郡川島町)• 棚倉町(福島県東白川郡)• () 経済 [ ]• 産業人口(2005年より)• 就業者総数:164,573人• 第一次産業:3,375人 2. 第二次産業:43,628人 26. 第三次産業:111,160人 67. のに近い市内には、川越第二産業団地の整備も進んでいる。 埼玉県内では最大級の工業都市で、には狭山市を抜いて工場製造品出荷額で1位である(9370億円)。 機械類の生産が最多であるが、が多いのも特徴である。 川越工場• 東京工場• 生産センター• 川越工場• 川越工場• 川越工場• 川越工場• 本社、工場• 本社、川越工場• 川越出張所• 埼玉製造所• 川越製造所• 川越工場• 埼玉工場• 川越事業所(日本で初めて使用型のを開発)• 本社工場• 本社、川越工場• 本社工場• 川越工場 農業 [ ]• (べにあか) 埼玉生まれの品種。 (収穫量で埼玉県内1位)• (収穫量で埼玉県内1位)• (収穫量で埼玉県内1位)• (収穫量でに次いで埼玉県内2位)• 江戸時代のにが流行(それまでは蒸したサツマイモだった)、に焼き芋屋の宣伝コピーとして、「 栗(九里)より(四里)うまい十三里(十三里半とも)」と謳われた程のサツマイモの名産地であった。 将軍・に献上されて「」の名がついた、と言われる。 主要地は市内南西部。 次第に栽培の容易な「紅あずま」や、葉物野菜などへの作物転換が行われるようになっていったが、近年では幼稚園や小学校の「いも掘り遠足」(農業体験型の観光藷掘り)が盛んになっている。 有志により「」が結成され、を「サツマイモの日」に制定し、川越芋を復興する取り組みで(11年)に「」を受賞した。 現在の会長は世界的なサツマイモ研究の権威で川越在住のアメリカ人・教授。 サツマイモと並んで当市の特産物であったのがで、老中のがから川越藩主に転封され川越で殖産政策を行って盛んになった。 特にで誕生した甘柿のの大産地として有名だったが、戦後廃れてしまった。 現在では、南西の台地上に位置する福原・大東地区を中心に葉物野菜が、北や東の川沿い低湿地の芳野・山田・名細・田面沢、古谷を中心に稲作が行われている。 当市は山地がない平坦地なため2,693haと埼玉県下最大の経営耕地面積を有する。 地域で野菜と米の出荷量が多く、当市の農業産出額は・・に次いで埼玉県内第4位である()。 当市は埼玉県内で商業、工業、農業の産業バランスが良い市とされ、農業従事者も埼玉県平均より層が多く、の割合が少ないのが特色となっている。 「小江戸川越ブランド産品」の認定制度があり、小江戸川越黒豚や小江戸川越地鶏などを育てている。 特産品開発の先進的な取組みをとが共同で支援・表彰する「」に、埼玉県内からは「」()と「ひびき」(やきとり・彩の国黒豚)の当市の2社だけが選出された。 (平成22年)には址近くにの「あぐれっしゅ川越」がオープン、地元農産物の大型直売センターで賑わっている。 商業 [ ] 丸広本店・本館クレアモール側 川越市ののは、・に次いで埼玉県内第3位である(2009年)。 また川越駅東口から北へ伸びる「」(川越サンロード商店街と川越新富町商店街の統一名)は関東地方でも有数の集客力を持つ商店街。 地元の若年層・近隣から通学してくる高校・大学生や高齢者層まで平日でも人通りが多く、商店街の通行量調査では埼玉県で1位となっている。 クレアモールは電線が地中化、舗装で店舗とは化が成されている。 も登場する。 クレアモールは、中央通り、大正浪漫夢通り、川越一番街へと続き、全長は2kmを超える。 主な商業施設• (マルヒロアネックス内)• (マルヒロアネックス内)• 川越(系列)• 川越(系列)• 川越(系列)の駅ビル• エキア川越(系列)川越駅の駅ナカ• 川越店(2016年10月30日閉 パークホームズ川越新富町アドーア(1階〜2階がヨーカドー食品館• (系列)西武の駅ビル• 川越駅西口近くのショッピング・モール。 劇場・コンサートホールがあるも同敷地内• ウニクス川越店• 川越駅西口の市私有地に地上11階建ての複合商業施設が20年に開業を目指している。 7階〜11階までは東武ホテル入居予定• は日本の「」に、当市内の7つの商店街を選定している。 メディア [ ] 詳細は「」を参照 健康 [ ]• 平均年齢:40. 7歳(男39. 8歳、女41. 7歳) 教育 [ ] 幼稚園 [ ]• あおば幼稚園• あそか幼稚園• 岡田幼稚園• かすみ幼稚園• 霞ヶ関幼稚園• 川越幼稚園• 川越あさひ幼稚園• 川越白ゆり幼稚園• 川越なかよし幼稚園• 川越ひばり幼稚園• 川越第二ひばり幼稚園• 南双葉幼稚園• 川鶴ひばり幼稚園• 新河岸幼稚園• 高階幼稚園• 東光幼稚園• ながさわ幼稚園• のぞみ幼稚園• 初雁幼稚園• ひかりの子幼稚園• ひつじ幼稚園• 第二ひつじ幼稚園• 日の丸幼稚園• ひまわり東幼稚園• ひまわり南幼稚園• ふくはら幼稚園• ふじま幼稚園• 藤原白百合幼稚園• みよしの幼稚園• ルンビニ幼稚園 小学校 [ ] 公立• (2009年3月31日閉校)• 中学校 [ ] 公立• (旧・埼玉県川越商業高等学校) 埼玉県立• (旧・埼玉県立川越農業高等学校)• (旧・山村女子高等学校)• 特別支援学校 [ ]• (旧・川越市立養護学校)• (旧・埼玉県立盲学校) 大学 [ ]• ・第1キャンパス、第2キャンパス• ・川越キャンパス• ・川越キャンパス• ・川越キャンパス 当市など埼玉県西部にある各大学はを結び単位互換制度や公開講座を実施している。 当市では、「育英資金」という奨学金制度がある。 なお、本奨学金は返還義務が伴う。 また、「川越市交通遺児奨学金」制度があり、本制度は小中学生対象の給付型である。 学校教育以外の施設 [ ] 職業能力開発校 [ ]• 図書館 [ ] 市内にはが4か所、図書配本所が2か所、図書分室が1か所ある。 また都市部でのは少ない中、「やまぶき号」が3月まで運行されていた。 かつては、川越駅西口から徒歩5分の場所にある川越福祉センター(閉館)向かいにが長年運営されてきたが、をもって廃止された。 中央図書館• 西図書館• 高階図書館• 川越駅東口図書館• 霞ヶ関北配本所• 高階南配本所• 霞ヶ関南分室 図書館の広域自治体間相互利用協定により、以下の市民にも開かれている。 レインボー協議会構成市町(、、、、、入間郡) レインボー協議会構成市町の住民は、書籍のみでAV資料は貸出されない。 博物館・美術館 [ ]• 古代からの当市の歴史や文化・民俗・産業を年代順に展示。 特に川越城や城下町の仕組み、新河岸川舟運、江戸時代の職人の技術や明治の蔵造りの町並み再現など。 当市在住で家のも市立博物館開設に貢献した。 、など川越に暮らし活躍した人物に焦点を当てるなど、企画展にも力を入れている。 、、、など川越生まれの画家や、、など川越藩の画家の作品を収蔵・展示。 当市に本社を置くが創業120周年を記念したとして開設。 現代リアリズムの洋画家・の作品を中心に収蔵。 ショップやカフェも併設。 建物の設計は。 () が(明治8年)に創業した造り酒屋「鏡山酒造」跡地でに面している。 鏡山酒造のは鑑評会で金賞の常連でのファーストクラスで振舞われていた。 現在は市の所有で、白壁塗りの「明治蔵」「大正蔵」「昭和蔵」という3つの時代の酒蔵(いずれも国の登録有形文化財)などが市の特産品施設やカフェ・レストラン・ギャラリーとして整備された。 ジャズコンサートなども催される。 公民館 [ ] 市内にはが17か所と常勤職員が常駐しない分館が1か所、分室が1か所ある。 またこの他に町内公民館と定義づけされた自治会集会所がある。 なお、名細公民館の分館として長く使用された川越市下広谷南公民館は名細公民館の移転に伴って廃止された。 単立館・併設館• 川越市中央公民館• 川越市南公民館• 川越市北公民館• 川越市芳野公民館 芳野市民センターと併設• 川越市古谷公民館 古谷市民センターと併設• 川越市南古谷公民館 南古谷出張所と併設• 川越市高階公民館 2008年(平成20年)5月1日開館の複合施設「高階市民センター」内に併設• 川越市高階南公民館• 川越市福原公民館 福原市民センターと併設• 川越市大東公民館 2014年(平成26年)5月7日開館の複合施設「大東市民センター」内に併設• 川越市大東南公民館• 川越市山田公民館 山田市民センターと併設• 川越市名細公民館 2009年(平成21年)11月30日開館の複合施設「名細市民センター」内に併設• 川越市霞ヶ関公民館 霞ヶ関市民センターと併設• 川越市霞ヶ関北公民館 霞ヶ関北市民センターと併設(組織上は併設になっているが現在のところ建っているのは別の場所)• 川越市伊勢原公民館 霞ヶ関北小学校・西図書館と併設• 川越市川鶴公民館 川鶴市民センターと併設• 分館・分室• 川越市さわやか活動館• 川越市中央公民館分室(ゆかりの建物を大正時代に川越に移築した屋敷) 公共福祉施設 [ ] 市内には市民会館が1か所、文化会館が2か所、運動公園、武道館、葬祭場が各1ヶ所ある。 施設の運営維持管理は が行っている。 また、文化会館の小規模なものとして住民管理方式を取り入れた地域ふれあいセンターが2か所ある。 なお、より33年余りにわたって運営されてきた (川越駅西口徒歩5分)は、2008年3月15日をもって廃止された。 川越市やまぶき会館(はウェスタ川越の開設に伴い平成27年6月30日閉館)• 川越南文化会館(ジョイフル)• 川越西文化会館(メルト)• 総合体育館• 陸上競技場• テニスコート• 川越武道館• 川越福祉センター• 川越市民聖苑やすらぎのさと• 川越市北部地域ふれあいセンター(川越市山田)• 川越市東部地域ふれあいセンター(川越市並木、川越税務署隣) 電話番号 [ ] は 049であり、坂戸市、鶴ヶ島市、富士見市(水谷東二丁目・三丁目以外)、ふじみ野市、入間郡全域、比企郡川島町、と同一(川越MA)。 荒川左岸の古谷上の一部は 048。 郵便 [ ] は市内全域が「350-00xx,08xx,11xx」である。 日本郵便の主な郵便局• 娯楽・レジャー施設 [ ] 映画館 [ ]• 埼玉県最古の映画館。 一度閉鎖されるも、プレイグラウンドにより賛助会員を募集することで再開を果たす。 にある。 9スクリーンの。 閉館した映画館• (旧称:川越ホームラン劇場。 閉館)• 川越プラザ(旧鶴川座) ゴルフ場 [ ]• (4年)に開場した埼玉県最初のゴルフ場。 日本で最も歴史のあるゴルフ場の1つで、36ホールを備えたのは日本で最初。 (昭和32年)には日本で初めて開催されたゴルフの(第5回大会)の舞台となったコース。 のでは会場になることが決定している(民間施設では唯一の五輪大会会場)。 その他 [ ]• 交通 [ ] 東京都心 - 川越間の競合路線 から入間地区の交通の要衝として発達しており、周辺各都市への交通が中心部から放射状に発達しているものの、市内環状道路の整備や、主要道路の拡幅が今後の課題となっている。 鉄道路線 [ ]• - - (新宿線本川越駅と接続) - -• 鶴ヶ島駅の所在地はだが、ホームが川越市に掛かる。 (JR東日本)• - 川越駅 - - -• - (東上線川越市駅と接続) 川越駅、川越市駅、本川越駅の3駅が川越市の中心市街地にある。 やのにおける市の代表駅は、市内で最も乗降人員が多い川越駅となっており、東上線と川越線の2路線を合算した一日平均乗降人員は約20万人である。 旧市街・時の鐘へは本川越駅が最寄駅で、開業年度も1895年と市内の鉄道駅では最も古い。 3路線とも都心方面に直結しているが、このうち東武東上線は東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線との相互直通運転を行っており、線形も直線的で所要時間が短く、総じて利便性が高い。 2019年のダイヤ改正で川越特急の運行を開始し、観光列車として一部の列車にが添乗する。 市域を東西に横断する川越線は単線であり、他の2路線と比較して本数が格段に少なく、早朝を除いて川越駅を境に運転系統が分断されている。 残る西武新宿線は他2路線への駅に直接乗り換えができず、本川越駅から川越駅または川越市駅への徒歩連絡を要する。 いずれも乗り換えに徒歩10分程度を要する状況が続いていたが、2016年に本川越駅西口が開設されたことにより、本川越駅から川越市駅までの乗り換えが徒歩5分程度に短縮された。 廃線 [ ]• (西武大宮線) 通称ちんちん電車。 と間を結んでいた。 - - - - -• 県営の砂利採取事業のためからまで路線があった。 - 砂利採取場• - の前身、は(14年)に、入間川からの砂利輸送が目的でから安比奈線を開通させた。 入間川には、安比奈線と埼玉県営鉄道の2つが対岸の東武と西武の駅から向かい合うように延びていた。 (昭和25年)に電化され蒸気機関車から電気機関車に変ったが、その貨物輸送も(昭和42年)で廃止された。 その後半世紀近くにわたって休止扱いであったが、(平成28年)を以て廃止された。 バス [ ] 小江戸巡回バス• 路線バス• が1月まで路線バスを運行をしていたが、西武バスに移管をした。 川越市コミュニティバス「」(・に運行委託)• 市内観光バス• イーグルバス:小江戸巡回バス(レトロなで市内の名所を巡回している。 車内アナウンスは英語・中国語に対応。 1日フリー乗車券がある)。 東武バスウエスト:小江戸名所めぐりバス(1日乗り放題のバス)。 高速バス• ・東武バスウエスト・:川越駅西口 -• イーグルバス・西武バス・:本川越駅 - 川越駅西口 -• 東武バスウエスト・:本川越駅 - 川越駅西口 - -• :川越駅西口 - - - 兼六坂• ・西武バス:川越駅西口 - - -• :川越的場BS - - - (尾瀬号)• 西武バス・:川越的場BS - - - - - (新潟線)• 西武バス・・越後交通:川越的場BS - - - - (イトーヨーカドー前)(上越線)• 西武バス・:川越的場BS - - (富山線)• 西武バス・:川越的場BS - - - (氷見線)• 西武バス・・・:川越的場BS - (金沢線)• 西武バス・:川越的場BS - - - - (長野線)• 西武バス・:川越的場BS - - - - - (軽井沢線)• 西武バス・千曲バス:川越的場BS - - - (佐久線)• 西武バス・千曲バス:川越的場BS - - - - - - - 上田営業所(上田線)• 日本中央バス:川越的場BS - - 東口 - 南口 - 前橋バスターミナル(前橋線)• 深夜急行バス• 東武バスウエスト: - 南口 - 川越駅東口 - 本川越駅 - 神明町車庫(ミッドナイトアロー川越号)• 東武バスウエスト:川越駅東口 - 本川越駅 - 北口 - - 南口(ミッドナイトアロー東松山・森林公園号) タクシー [ ]• 練馬タクシー川越営業所• 川越営業所• 川越営業所• 川越乗用自動車• 三共交通• 初雁交通• 富士見ハイヤー• 東上ハイヤー は県南西部交通圏で、・・・などと同じエリアとなっている。 道路 [ ] 川越一番街(2010年4月20日撮影)• 川越一番街を中心とする旧市街地は、の第1回「アーバンデザイン賞」()を受賞している。 昭和50年代に仲町のマンションに端を発した旧市街地の高層マンション乱立に危機感を持った市民が建設反対運動を展開した。 市民に加え、から川越を舞台に活動してきた・都市計画の専門家・芸術家・川越・川越・市役所職員などが「」を結成。 さらに商店街住民が中心となって「町並み委員会」を結成、のの「」の考えを下敷きに「町づくり規範」を策定した。 こうしたのの影響を受けた市民が、行政に代わって文化財保存運動と衰退していた街の活性化を進めたことが高く評価された受賞であった。 「川越蔵の会」は「」でも中心的な役割を果たし、(平成22年)には「地域づくり表彰」を受賞した。 またも川越の蔵造り保存運動に参画 、その経験をの・のなどの大手商業資本に頼らない町おこしに生かした。 西郷真理子はそうした市街地再生計画で・の「」で「」を日本人で初めて受賞した。 も(昭和63年)に「都市景観条例」を制定し、「歴路事業」として舗道の石畳化とを広範に進めた。 のと共にに基づくとなっている。 旧市街地約7. 8ヘクタールは、1999年(平成11年)にでは2番目に、国のとして選定された(埼玉県内唯一の選定)。 国の「」も受賞。 国が「」施行40周年を記念して選定した「」にも埼玉県内から唯一選ばれている。 (平成15年)には「優秀観光地づくり賞」(賞)を受賞。 に国が「」を制定すると、埼玉県内で初めて川越市はなどと共にに同法の認定を受けた。 その結果、市が実施する「川越市歴史的風致維持向上計画」は国の補助事業となった。 民間では、が選出した日本の「」や「」、の「」に選ばれている。 の会員サイト・が「日本一の商家の町並み・暮らしの灯り」というテーマで実施した「お気に入りの町」人気投票では、、に次いで全国3位、の「散歩したい歴史ある町並み」ランキングでも、に次いで全国3位に選出されている。 (平成19年)には、町並み保存が評価され「」を受賞した。 市職員が制作した映像作品「蔵造り-まちづくりの明日を問う」は、「」でグランプリを受賞、その賞金は「川越蔵の会」発足基金ともなった。 (昭和55年)に始まった「地方の時代映像祭」は、日本各地の人々の営みを記録したドキュメンタリー映像祭でで誕生。 その後は当市が開催を引き継いだ(現在はを会場にして開催されている)。 の「」は、(昭和53年)に「小江戸残照〜蔵造りの街・川越〜」を放送。 重厚な家並みと伝統の中で暮らす人々を描き、30年後の(平成20年)には「」で再度「小江戸〜川越〜」を放送。 開発の激しいの中枢都市でありながら、古いものを大切にすることで独自の未来を切り拓こうと、風格ある町並みを守る川越市民の姿を描いた。 旧市街地は(平成16年)に「」に選定された。 しかし川越一番街などは、大型を含め車の往来が激しく、観光客の増加で観光まで通行し、歩行者に危険な状況である。 また、車の振動や排気ガスが蔵造りへ深刻なダメージを与えており、かけがえのないの保護の観点からも早急な対策が求められている。 ののように旧市街地から車の通行を排除すべきではないか、と当市ので懸案として協議されている。 休日日中のを望む声は市民調査でも圧倒的に多く 、(平成21年)から同月まで実際に試行もされた。 一方では、埼玉県では23年ぶりの設置となる自転車通行帯の整備が旧市街地で進んでいる。 町並みの意識は、「大正浪漫夢通り」での保存コンペの実施、新市街地のの空間や建築・街路樹の協定など、市域全体の町作りに広がっている。 また当市の成功例は化に苦しむ全国の都市から町作りのモデルケースとされ視察も多い。 住宅団地 [ ]• 初雁団地• 新宿町団地• 川越西山住宅(笠幡)• 川越北谷住宅(岸町)• 川越岸町やまぶき住宅• 川越久下戸住宅• 川越月吉町団地• 川越月吉町住宅• 川越今泉住宅• 川越今福住宅• 川越山田住宅• 川越小中居住宅• 川越小堤住宅• 川越東坂上住宅 (新宿町)• 川越神明町住宅• 川越仙波町住宅• 川越的場住宅• 川越藤原住宅• 川越南大塚住宅• 川越グリーンパーク(古谷上)• ファミリータウン春日(小堤)• 住友川越霞ヶ関分譲地(現・上戸新町)• 東急霞ヶ関ニュータウン(現・霞ヶ関東2〜5丁目)• かわつる三芳野団地• 川鶴団地• いせはら団地• 霞ヶ関角栄団地 - 角栄建設(現・)造成の団地• (かわつるグリーンタウン)• (川越ニューシティいせはら) 観光 [ ] 「 世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と謳われ、年間700万人(2016年)の観光客が訪れる。 のが「」、「」、「」、「」など、当市に関係する内容になると観光客が増えている。 海外から来日したにも日本の代表的な町並みとして紹介されており、には夫妻が夫妻を案内し、のでした。 のに指定され、外国人富裕層の誘致促進の観光振興策を実施している。 外国人観光客向けプロモーションビデオのコンペ「小江戸川越ビデオ大賞」も行い、優秀作は海外に配信している。 東京近郊で交通至便、江戸情緒を実体験できる町として人気で、外国人観光客は年間4万人超となっている。 MBCの人気番組「」のロケ地となるなど、外国メディアに登場することも増えている。 からは、川越を中心にが行われており、市外からも多くの人が受検している。 また(川越絹平)や(川唐)の大産地であったことから毎月18日を「川越きものの日」として町興しを行っており、着物姿だと各博物館や旧市街の指定商店での買い物が割引になる。 観光案内所 川越市観光案内所は、埼玉県初ので、構内とにある。 ・のと同様の先進貸出システムである「川越市自転車シェアリング」が実施されている。 市役所・川越駅・市内の各観光名所などに設置されたポート(駐輪場)のどこでも24時間自転車の貸出・返却(乗り捨て)ができる。 利用には専用のかポートの端末機のタッチパネルに必要事項を入力後、を挿入する。 1回当たりの利用時間が40分以内の場合は、基本料金のみで何回でも利用できる。 の「五百羅漢」 名物・特産 [ ]• 江戸時代から特産品。 飢饉の時の非常食であったサツマイモを美味な商品作物にまで育てたのは川越で、今ではの生産量は減ったが、サツマイモの加工基地となっている。 川越芋は、火が通りやすくなど加工すると美味になる品種で、芋せんべいや、、芋納豆、芋シュー、二色芋ババロア、芋プリンなど豊富。 川越の「芋菓子」は、とともに「埼玉三大銘菓」とされる。 黄色い「芋ソフトクリーム」は川越発祥。 イモ菓子だけでなくイモ料理も名物で、「サツマイモを食すなら川越で」と言われたから豊富な料理を築いてきた。 芋うどん、芋おこわは定番。 「えぷろん亭」、「源氏家」はオリジナルのサツマイモ料理。 「いも膳」は、いも懐石で知られ「サツマイモ資料館」を(平成20年)まで開館していた(閉館後、資料はに寄贈)。 川越名菓「亀の最中」の「」は(3年)創業で旧川越藩御用達。 「亀屋栄泉」、「」、「芋十」、「東洋堂」、「道灌」、「紋蔵庵」、「稲葉屋本舗」など1世紀を経た老舗が揃う。 亀屋栄泉には「芋菓子の歴史館」もある。 川越 川越だんごは甘くない醤油味の焼きだんごで歯応えがある。 には城下の社交場として定着しており、今でも街中に店が多い。 創業の「成田山だんご」や(元年)創業の「田中屋」など。 生地から手作りの手焼きせんべいの店が「塩野」、「大玉や」など街中にある。 川越煎餅は伝統的に醤油味の塩せんべいである。 「せんべい・あられは鉄火焼」のCMのは当市生まれの会社で本社・工場・直売所も全て市内にある。 、、なども江戸時代からの名物。 川越茶 (慈覚大師)が川越で栽培したのがのルーツ。 昔は河越茶といった。 所収ののに既に「日本5大銘茶」として河越茶の名が記されている。 川越は江戸時代はの大産地で、川越そうめんはので将軍家に献上され続けた名産品。 かつての高沢町には、そうめん屋が軒を連ねていた。 「川越舟運亭」など。 の など、市内の河川で良質の鰻が取れたことから昔から鰻料理で有名。 「小川菊」は(6年)の創業。 「いちのや」は(3年)創業。 「東屋」、「小川藤」なども明治初期からの老舗。 埼玉県内にチェーンを持つ「大穀」の本社も市内にある。 ・ 「の町」とも言われた。 川越藩の貴賓館であった関東有数の豪商・の1000坪の別邸を料亭にした「山屋」、文人墨客に利用されてきた(明治元年)創業の「初音屋」など。 「吉寅」は(10年)創業のの老舗。 国のの洋館の「太陽軒」は大正期の洋食。 「楽天」は(昭和7年)に初めてと名付けた東京・の「楽天」の唯一の支店(上野本店は今は無い)。 古くから蕎麦の栽培に適した土地で、江戸の影響を受け継いで蕎麦屋が多くの参道などに蕎麦屋が目立つ(茶そばの「寿庵」など)。 「百丈」は店舗が国の登録有形文化財に登録。 ・ 創業の「松本醤油」、(元年)創業の「」など天然醸造の醤油作りが残る。 「小江戸鏡山酒造」は地酒「鏡山」の。 はで栽培されたを原料とする川越いも焼酎「富の紅赤」がある。 () は地元川越名産のサツマイモを原料としている。 ドイツの名門ブラウマイスター仕込みので、で最高金賞をダブル受賞、 コンテストでは日本のビールで初めて最高のクリスタルテイストアワードを獲得、ヨーロピアンビアスターアワードではに国産ビールで初の金賞を受賞。 、など海外輸出も行っており、ではのでも販売されている。 当市からにかけてのは江戸時代から「手打ちうどん」(武蔵野うどん)の本場で、「ざるうどん」の店は市街地の周辺に多い。 製麺所も点在し、入間地方で食べられている「よもぎうどん」も作られている。 ラーメン店が多い激戦区である。 中でも「」はブームの火付け役で、テレビ・雑誌などのマスメディアに登場する機会も多く、にも支店を出している。 がある。 風の「ひびき」の本社は当市にある。 に藩主のが興した川越の地場産業で、桐箪笥発祥の地である。 大火の多い江戸で重宝された。 川越の桐箪笥はの小説『桐の花』でも描かれている。 のご成婚で桐箪笥を納めた創業の「桔梗屋」が有名。 川越絹など織物の一大産地だった川越だが、唐桟(とうざん)は江戸時代に南蛮から入ってきた縞木綿で、粋で高価な唐桟は江戸で一世を風靡した。 川越商人はいち早く量産化に成功して川越唐桟(川唐)と呼ばれている。 川唐は近年メディアで特集されることが多くなっている。 名所 [ ] 博物館・美術館については、「」の項目を参照。 指定文化財については、も参照。 川越のランドマーク。 年間に藩主だったが建立した鐘楼。 現在の鐘楼は(26年)のの翌年に再建されたもの。 この再建に際しては晩年を川越で過ごしたの資金援助やからの下賜金を受けた。 3層構造の塔で、高さは16メートル。 400年近くにわたって川越城下に時を知らせており、今も機械式で一日4回、銅鐘を打っている。 選定の「」。 蔵造りの街並みが残る。 、とともに「日本三大蔵の町」。 川越城西大手門跡の先にあるであった「札の辻」を中心とした一帯が藩主・の時代から商人地区の上五ヶ町。 町の3分の1を焼失した1893年(明治26年)ので焼け残ったのが江戸期の蔵造り建築であったので、その後、各商家が倣った。 かつては200棟を超える蔵造りのが建ち並び、黒を使用していることが川越のの大きな特徴である。 現在は資料館、ギャラリー、個性的なカフェなどに利用されていることも多い。 川越藩士であったのコレクションがある「」、「服部民俗資料館」、川越藩御用絵師・の「蘭山記念美術館」、「松下紀久雄むかし絵美術館」などがある。 (4年)に豪商のによって建てられた「」は現存する関東地方最古の蔵造りで、国の。 「陶舗やまわ」は蔵と店を繋ぐがありの「」の舞台「甘玉堂」となった。 川越一番街は夜にされることがある。 かつては「銀座商店街」と呼ばれる街であったが、近年に撤去。 時代の家並みや石畳の商店街。 レトロな建物の多くが映画「」「」、ドラマ「」「」などの撮影舞台になっている。 (寛政8年)に江戸菓子を製造したのが始まり。 で被害を受けた東京に代わりを製造供給するようになり、昭和初期には70軒ほどの業者が軒を連ねていた。 現在では20軒ほどまで減少したが、昭和の雰囲気を残している。 や麩菓子、駄菓子、横丁たこせんが人気。 環境省の「」に選定されている。 「駄菓子の資料館」もある。 横丁近くの路地には堀が廻らせてあり、が泳いでいる。 の門前町として戦前は川越で一番賑わった通り。 (32年)に完成した旧「鶴川座」は首都圏唯一の木造芝居小屋の遺構。 日本に残る唯一の木造織物市場建築 である旧「」など、レトロな建造物が多く残る。 川越織物市場は映画「」のロケ地。 連続テレビ小説「つばさ」のタイトルバックはこの一帯で、最近はCMの撮影も増えている。 川越大師。 関東天台。 の勅で慈覚大師によって(7年)に創建された。 のブレインであった(慈眼大師)によって隆盛を極め、家康も論議を聴きに参詣した。 家康の命で藩主のによって大伽藍が建立された。 のなど多くの国のを有する。 (15年)の川越大火でほとんどが焼け落ち、「徳川家光誕生の間」「春日局化粧の間」などにあった建物の一部がの命でここに移築され、重要文化財として往時の江戸城の貴重な遺構を今に伝えている。 一方、の根本中堂は喜多院の本地堂を移築したものである。 は(2年)から半世紀を費やして造られ日本三大羅漢の1つ。 のがある。 7代のうち川越で没した5人の藩主の廟所もある。 毎年の初大師の日にが開かれ、その日だけで30万人以上の人出がある。 別格本山。 喜多院と同じく円仁によって830年に創建されたと伝える。 かつては喜多院(北院)より隆盛を誇った。 天台教学の関東での中心地で古文書を多く所蔵する。 に縁が深く、その茶室もある。 川越茶()はここがルーツで、その起源を記した「狭山茶発祥の地碑」がある。 も有名。 本殿、拝殿、石鳥居、随身門、唐門など国の重要文化財。 日本三大の1つ。 の遺骸はからへ運ばれる途中、によりこの地が選ばれ四日間にわたって家康のはここで行われた。 国の重要文化財であるのがある。 の命で仙波東照宮創建の造営奉行となったで川越藩主の以降の歴代藩主奉献の灯篭も並ぶ。 童謡「」はここが発祥と言われている。 (初雁城) の居城として家宰の・父子が(元年)に築城。 ・の1つ。 本丸御殿は江戸時代後期の藩主・の建立。 県庁舎ともなった。 本丸御殿大広間が現存しているのは、日本では川越城の他にはのみで、貴重な遺構である。 富士見櫓跡なども残っている。 川越城中ノ門堀跡は、(平成22年)に整備された。 川越市役所前(川越城西大手門跡)にの立像がある。 初雁天神。 童謡「」の元となった神社。 (2年)にの創建と伝わる。 (元年)にはによりも配祀された。 かつての川越城内に位置した「お城の天神さま」で喜多院、仙波東照宮とともに江戸幕府の直営社であった。 三芳野神社に行くには城の門番に特別の許可を貰わねばならず、細道とは社殿に至る参道で、その様子が童謡に歌われたものである。 三芳野神社にある「初雁の杉」が初雁城(川越城の別名)の由来となった。 のは、三芳野神社を川越城の守護神として崇敬した太田道灌がここから分祀したものである。 浮島稲荷神社。 「うきしま様」と呼ばれ安産の神として親しまれている。 がの密生した湿地帯であるこの地に川越城を築城する際、城地守護のために祀ったのが由来である。 に纏わる神社である。 (慈覚大師)がのとしてをしたもの。 本殿は国の重要文化財。 で有名なのは、太田道灌が川越のこの日枝神社からしたもの。 江戸時代を通して幕府の厚い保護を受けた。 川越不動。 の全国初の別院で。 毎月28日には(骨董市)で賑わう。 また骨董市に合せて、絹織物の大産地だった文化を守ろうとによって「川越きもの散歩」が毎月行われている。 11月には祭が行われ、12月にはの公演が境内で行われている。 川越にまつわる資料・文化財の調査・蒐集・展示を行っている民間のはこの別院の正面にある。 川越歴史博物館はの長覆輪などを貴重な品を所蔵している。 建立のの寺院。 激戦地跡で、河越夜戦は「東明寺口合戦」とも呼ばれ、境内に河越夜戦記念碑がある。 将兵の遺骸を納めた富士塚が残っている。 ここで戦死したの霊を祀った天満宮もある。 の即位2年()にを勧請したと伝える。 太田道灌以来、川越ので歴代藩主が篤く信仰した。 関東三大祭りの1つであるは「川越氷川祭」であり、氷川神社の祭礼である。 朱塗りのは木造としては日本最大で、扁額はの書。 境内にはを奉るや、江戸城二の丸にあった東照宮本殿を移築したもある。 8月にはも行われる。 縁結びの神様として知られ近年は外国人の参拝が多い。 の古刹での開基。 の墓がある。 (元年)に造られた銅鐘は国の重要文化財で、の「長谷の大仏」()と同じの作である。 (18年)、河越城主・の母・蓮馨によって開基。 開山は上人。 代々、高僧が住職を勤め、感誉上人の他にも徳川家康の帰依を受けた上人など、蓮馨寺の住職はのである東京・ののとなった。 江戸時代には、のの1つとして幕府の僧侶養成機関だった。 今は下町情緒を残した子育て・無病息災の寺で、毎月8日には「」が行われる。 (3年)、が平定の祈願をここで行い、戦勝に感謝して創祀したもので、に縁が深く、江戸時代を通じ川越城主の篤い崇敬があった。 生誕を記念して(昭和8年)に境内に植樹された縁結びがある。 境内社にがあり、足腰を強くするという御利益で、出場選手が参拝に訪れる。 また民部稲荷神社は相撲稲荷とも言い、「」でも放送された「老狐物語」の伝説が残る。 (18年)に然誉文応僧正がから勧請。 毎年12月3日にはで賑わう。 ・と同じ祭神が祭られているためがある。 跡 国の。 河越館跡史跡公園となって整備された。 末期からにかけてで勢力を張った豪族・有力御家人であったの館跡。 がこの地に移住し河越氏となった。 初期には、のが城主を務めるに対峙するために、のが陣所(上戸陣)を7年間も張ったところでもある。 また、館跡の一角にあるはの古刹で、河越城主だったがで降伏、の命で自害したところである。 とそのの京姫(・の娘)の供養塔もある。 永島家住宅 川越城南大手門跡近くにある。 御典医の屋敷で、埼玉県内で唯一の武家屋敷遺構である。 のは川越藩の特徴であった。 旧戸田家住宅 に「伊佐沼庵」として移築されている。 に福原地区に建てられたの古民家で馬屋を持ち、民具・農具なども残り、の農家の江戸時代の暮らしを伝える貴重な資料である。 河岸場跡 舟運の船着場跡では最も城下町寄りのが史跡公園になっている。 江戸時代以来のには、の「伊勢安」跡がある。 新河岸川の旧部分で舟運を再興しようという動きがあり、濯紫公園(たくしこうえん)を基点に約2kmの観光舟運の試航がされている。 濯紫公園は藩主・の家老・山東小市郎の別邸「濯紫園」跡で現在は親水公園。 ただし、観光舟運の区間は江戸時代以来の新河岸川舟運が行われていた区間ではない。 川越キリスト教会 (22年)に建立されたの教会で、埼玉県最初のキリスト教会。 日本聖公会では北関東教区で最初の教会でもある。 (明治11年)、アメリカから帰国したばかりの(最初に自転車に乗った日本人とされる)によって川越で伝道が始められた歴史を持つ。 川越大火で失われたが、(大正10年)に再建された現建物もの赤煉瓦造り()で、国の登録有形文化財に登録されている。 設計はアメリカの聖公会から派遣され、に移転したの諸聖徒礼拝堂()の設計管理も担当したウィリアム・ウイルソン。 再建資金はのピーターソン教授夫妻の寄付金に多くを負った。 川越教会 (明治25年)より川越で宣教をしていたフランスのパリー外国宣教会プラシード・メイランによって(大正元年)にカトリック教会が建立され、埼玉県で最初のカトリックの小教区が誕生した。 (昭和8年)には白亜の聖堂が完成した。 戦前はカナダ管区の担当する教会となった。 美しい教会でになって改築され、埼玉景観賞を受賞している。 旧本店(現・川越支店) 川越のシンボルの1つ。 (大正7年)に建てられた洋館で、埼玉県内では最も早く国のに登録された。 銀行の看板なども周囲の景観に合わせた色合いにして営業している。 設計は。 昭和30年代まではこの本店隣(現在は埼玉りそな銀行の駐車場)にの本店もあり、洋館が2つ並んでいたが、そちらは取り壊されてしまった。 「日本の電力王」と呼ばれたは川越で成長したが、父親がここで書記の仕事をしていた。 旧川越支店(現・川越商工会議所) 国の登録有形文化財。 日本橋店や本店、などを設計したの設計で、メダリオンやの柱に趣がある。 少年時代を川越で過ごしたは、父親がこの支店長だった。 山吉ビル(2010年4月20日撮影)• 旧山吉デパート 山吉デパートが(昭和11年)に増築した洋館。 近年修復された。 設計は保岡勝也。 山吉デパートは(大正12年)にオープンした埼玉県内最初の百貨店で、の矢尾百貨店より1年早かった。 江戸時代から続く呉服商で川越渡辺銀行を創立したがオーナーで、や屋上庭園もある高級デパートだった。 (昭和17年)に戦争のため閉館。 戦後は(昭和26年)から(昭和39年)まで丸木百貨店(現・)となった。 隣接して、(大正4年)に建てられた洋館・旧「田中屋美術館」もある。 これも当市に縁の深い保岡勝也の設計で、が美しい洋館との和室が融合した主屋。 とから成る庭園は、埼玉県内で初の国の(名勝地)に登録された。 (大正15年)の完成以来、川越に来た皇族の宿泊所としても用いられ、の最後の・も滞在し、その碑がある。 現在は市の所有で不定期に公開される。 当市は蔵造りだけでなく街中にいくつも洋館が残っている。 国の登録有形文化財としては、旧六軒町郵便局の特徴ある赤屋根の木造洋館がある。 藤間流発祥の地碑 五大流派の1つは、入間郡藤間村(現・川越市藤間)出身の初代・が、年間に江戸に出、出身地の藤間の名を冠した藤間勘兵衛を名乗り、の振り付けを始めたことに由来する。 の「武蔵野に生きている藤間の里」という直筆の碑もある。 正岡子規句碑 が在学中の(明治24年)に川越を旅した際に詠んだ歌が石碑になっている。 当市にはこうした文学碑が少なくない。 砧うつ隣に寒き旅寝哉• 川越の「自由の鐘」 (昭和26年)、境内で在日米国第3隊グランドハイツ()と川越ボーイスカウト第2団による日米ボーイスカウト交歓キャンプが開催された。 これを記念して、米国側からは「自由の鐘」、川越側からは刺繍の隊旗が互いに寄贈された。 この「自由の鐘」にはアメリカボーイスカウト連盟 BSA のマークが、添えられたプレートにはこの鐘の由来が綴られており、現在は川越市民会館脇に建てられている。 川越はスカウト運動が盛んで川越ボーイスカウトは埼玉県内最古の1つ、カブスカウトの設立も埼玉県内最初である。 めぐり 当市はを祀る寺院が多くの江戸時代より七福神めぐりが起こり、現在も市民・観光客で賑わう。 主要祭事 [ ]• (10月の第3日曜日とその前日の土曜日。 ただしと15日が土曜日と日曜日の場合はその両日) 関東では数少ないの曳き回しの祭りで、関東三大祭の1つ。 2016年にはのに「山・鉾・屋台行事」の1つとして登録された。 川越城下の大半が焼き尽くされた1638年(寛永15年)の川越大火の翌年、幕府の首座であったが川越藩主となり町の再興が為される中、(元年)、松平信綱が・獅子頭を寄進、信綱によって総鎮守であるの祭礼として始まる。 のなどが山車ではなくの祭りに変わってしまった現在、の面影を最も良く残した祭りである。 (7月下旬) (3年)のに、魚子(ななこ)という川越藩の家臣・三田村源八の娘が、同年に死去した藩主のを偲び軒先に切子を掲げたことに始まる、とされる。 現在は市民祭りと化し、が飾られ、の実物のの演武など時代行列も行われる。 川越歳時記 [ ] 新河岸川桜まつりの舟遊び• 3日 初大師()()• 9日 一升講(鯨井 春日神社)• 前日の日曜日 餅つき踊り(南大塚、西福寺)県指定無形民俗文化財• 15日 筒粥の神事(石田、藤宮神社)市指定無形民俗文化財• 11日 (下老袋、氷川神社)県指定無形民俗文化財• ふせぎ(芳地戸、尾崎神社)市指定無形民俗文化財• 下旬 新河岸川桜まつり(河川敷)• 下旬 小江戸川越春まつり(5月の春まつり民踊大会まで市内各所で祭りが続く)• 第2日曜日 万作(老袋、氷川神社)県指定無形民俗文化財• 14日 足踊り(南田島、氷川神社)市指定無形民俗文化財• 15日 祭ばやし(今福、菅原神社)県指定無形民俗文化財• 15日 祭ばやし(中台、八雲神社)県指定無形民俗文化財• 第3土・日曜日 ささら獅子舞(石原町、観音寺)県指定無形民俗文化財• 19日 (中福、稲荷神社)市指定無形民俗文化財• 13日 初山(富士見町、浅間神社)• 第2日曜日 まんぐり(上寺山、八咫神社)市指定無形民俗文化財• 15日付近の日曜日 万作(鯨井、八坂神社)市指定無形民俗文化財• 第3日曜日 (福田、星行院・赤城神社)市指定無形民俗文化財• 中旬 小江戸川越花火大会(または安比奈親水公園)• 1日 お炊き上げ(新宿町、雀の森神社)• 前日の日曜日 ほろかけ祭り(古谷本郷、古尾谷八幡神社)県指定無形民俗文化財• 15日 獅子舞(古谷本郷、古尾谷八幡神社)• 下旬 川越市美術展()• 10月• 13日 いもの日まつり・芋(菅原町、)• 中旬 獅子舞(上寺山、八咫神社)市指定無形民俗文化財• 第3日曜日とその前日の土曜日 国の• 下旬 川越産業博覧会()• 11月• 1日から 小江戸川越菊まつり()• 初旬 小江戸川越大(、など)• 23日 祭()• 下旬 小江戸川越• 12月• 3日 (連雀町 ) 宿泊施設 [ ]• 佐久間旅館 国のの佐久間旅館は(明治27年)創業の老舗旅館。 やの常宿で、藤村の『』の執筆はここで成された。 初代会長の藤村が第1回国際ペン大会出席で洋行するときの壮行会もなど文人たちが集ってここで行われた。 皇族の定宿でが特に贔屓にしている。 の対局宿でもある。 (閉館)• 市内には「」、「」、「川越第一ホテル」、「ホテル三光」などのシティホテルや、ビジネスホテル・カプセルホテルも多い。 の「川越温泉」「はつかり温泉」などもある。 湖畔には埼玉県国民年金保養センター「えすぽわーる伊佐沼」もある。 また、蔵造りの町並みには戦前から続く昔ながらの「旭湯」がある(市内唯一の銭湯)。 昔ながらの団子屋 オブジェ [ ] 街中にオブジェ(屋外彫刻)が多い。 時間を表すオブジェとしては以下のようなものがある。 「時世」(平成のとして東口のロータリーにある。 藤田久数作。 午後6時、9時、0時に夜空に高く光を放ち、時間を告げる。 北米照明学会賞)• 「こども川越まつり」(の駅側の入口上部に、市制施行80周年を記念し設置された。 からくりの動作はアトレの開店時間から午後9時までの毎正時)• 「24MONUMENT PLAZA」(川越駅東口の広場にあるピラミッド状の日時計。 高瀬昭男作) 川越を舞台にした作品 [ ]• ドラマ• (テレビドラマ) 第24話「弟思いの一番勝負」。 出演:、、、ほか。 (テレビドラマ) 第28話「占い名人 梅里先生」。 出演:、、、ほか。 (テレビドラマ、映画) の水泳部が行う男子チームがモデルになっている。 ウォーターボーイズのプロデューサーは同校出身。 映画版の出演は、、、、ほか。 () 当市を舞台に繰り広げられるサスペンスドラマ。 出演:、、、、、、ほか。 () 2009年春放送。 出演:、、、、ほか。 ・ウルトラおやじとひとりっ子 川越の和菓子店「芋十」を舞台に展開するドラマ。 出演:、、、、ほか。 (漫画、テレビドラマ) 主のやの(実在する)などが登場。 やが扮し、撮影も市内で行われた。 (テレビドラマ)• 監督:、出演:、ほか。 監督:、出演:、、、ほか。 監督:、出演:、、、、ほか。 原作では他にも推理小説「」なども当市を舞台にしている。 「黒い空」もテレビドラマ化された(出演:、)。 :(作者は当市出身)• :(作中表記は山越市)• アニメ• 「本剣越市」のモデル。 (ただし作品中で用いられた情景は、多くがのものである)• 主人公春野はるか(キュアフローラ)の実家の和菓子屋がある町のモチーフとなっており 、作中にはりそな銀行川越支店と思われる建物が登場している。 「」(作詞:、作曲:、唄:) (5年)に製作され、当市出身のNHK・矢部放送部長により、川越の10人によると唄が全国に放送された。 「」(作詞:、作曲:町田嘉章)• 「」(採譜・編曲:)• 「小江戸川越音頭」(作詞:、作曲:松尾健司)• 「いも掘り音頭」(作詞:、作曲:)• 「」(作詞:、作曲:、歌:)• 「Over The River」() 3rdシングル「Over The River」及び1stアルバム「」に収録。 曲題は「川越」の直訳。 当市で学生時代を過ごした思い出と、現在の自分を照らし合わせて唄った曲である。 同じく13thシングル「やさしいうた」(5thアルバム「」にも収録)もスネオヘアーの二十歳の時の当市での暮らしを描いた曲である。 出身有名人 [ ] 歴史的人物 [ ]• (〈のメンバー〉)• (落語家)• (落語家) 俳優、歌手など• (、、1977年生)• (、1925年生)• (男優、1949年生)• (男優、1959年生)• (、1968年生)• (女優、タレント、モデル、1982年生)• (、1985年生)• (モデル、女優、1992年生)• (声優、1994年生)• (女優、タレント、、、1998年生)• (、、1953年生)• (演奏家〈奏者〉、1977年生)• (、1965年生)• (歌手、女優、元アイドル〈のメンバー〉、1973年生)• 歌手〈のメンバー〉、1976年生)• Tomoaking(〈メンバー〉)• 大木伸夫 〈メンバー〉、1977年生)• (、1986年生)• (歌手グループ、1977年生と1979年生)• (歌手・〈のメンバー〉、1989年生)• (歌手・アイドル〈等のメンバー〉、1995年生)• (元、1984年生)• (、、1978年生)• (タレント、、1985年生)• (ミュージカル俳優、1987年生)• (娘役) アナウンサー• (フリーアナウンサー、1980年生)• (契約アナウンサー〈所属〉)• (契約アナウンサー〈所属〉、1954年生)• (系〈〉)• (〈所属〉、1950年生)• (契約アナウンサー〈札幌テレビ所属〉、1978年12月29日生)• (契約アナウンサー〈所属〉、1976年生)• (契約アナウンサー〈所属〉、1975年生)• (契約アナウンサー〈所属〉、1984年生) スポーツ [ ]• (女子)• 仁村徹の実兄)• (元プロ野球選手。 仁村薫の実弟)• (元プロ野球選手)• プロ野球選手• (プロ野球選手)• プロ野球選手• (プロサッカー選手)• (元)• (プロサッカー選手)• (プロサッカー選手)• (プロサッカー選手)• (プロサッカー選手)• (男子)• (女子選手、元選手)• (プロ選手) その他 [ ]• (日本の学校衛生の生みの親。 三島式を発明)• 医学部長、北海道医師会会長を歴任)• (昭和初期の女性。 戦前の)• (教育者)• :実業家(社長など)• :川越市民栄誉賞• :川越市立第一小学校卒、川越市立第一中学校卒、卒(小説家)• :埼玉県立川越高等学校卒(小説家)• :川越市立高階西中学校卒• :埼玉県川越商業高等学校(現・)卒• :埼玉県立川越女子高等学校卒• :川越市民栄誉賞• :埼玉県立川越高等学校卒(小説家)• (会長兼理事長)• :城西大学付属川越高等学校中退• :(切り絵作家)• :(記録映画監督)• (漫画家) マスコミ [ ]• :埼玉県立川越女子高等学校卒(ニュースキャスター)• :埼玉県立川越女子高等学校卒(ニュースキャスター)• :埼玉県立川越高等学校卒(サッカー中継で有名だった元アナウンサー)• :埼玉県立川越高等学校卒(ニュースキャスター。 解説委員長)• :埼玉県立川越高等学校卒(経済部記者・アナウンサー)• :卒(コメンテーター、国際弁護士) その他 [ ]• 広報番組「わが街川越」が、で放映されている。 では、「」で市内の毎日のニュースなど各種放送が行われている。 秋に上で実施された「埼玉県」で当市が優勝した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 川越市役所前の太田道灌像の碑文より• 大正11年12月1日から。 大正11年内務省告示第313号()• [ ]• 『』電子版. 2017年6月16日. 7ページ目「出張所・川鶴連絡所が市民センターになります」• 2013年6月30日, at the. 2018年4月5日. 2019年2月3日閲覧。 2019年4月7日. 2019年4月14日閲覧。 2012年1月21日, at the. The Japan Times Online ジヤパンタイムズ. 2007年6月23日. の2007年10月13日時点におけるアーカイブ。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2010年4月5日. [ ]• 日本経済新聞 2016年2月10日• - 日本経済新聞 2016年2月10日• 25-26ページ - 西武ホールディングス 2016年2月10日• クオリティ埼玉. 日本電子新聞社 2011年1月17日. 2011年12月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月3日閲覧。 日経ウーマンオンライン. 日経BP社 2009年12月4日. 2013年6月3日閲覧。 日経不動産マーケット情報. 日経BP社 2011年3月25日. 2013年6月3日閲覧。 asahi. com 朝日新聞社. 2011年6月9日. の2011年9月28日時点におけるアーカイブ。

次の