せいや逮捕。 マスク転売ヤー逮捕!

黒い法王が日本で逮捕された後、バチカンで法王逮捕!、6月は暗黒から光明への月になるのか? : 黄色いベストと日本・世界革命

せいや逮捕

覚せい剤に分類されている薬物には「コカイン」「ニコチン」「カフェイン」「アンフェタミン」「メタンフェタミン」 「ADMD(メチレンジオキシメタンフェタミン)」等があります。 覚醒剤の効果には、覚醒作用や気分の爽快感などがあり、副作用には血圧の上昇、発汗、喉の渇き、 筋肉の緊張、落ち着きが無くなり、フラッシュバック、過剰摂取による死亡などが有ります。 日本では覚せい剤(アンフェタミン、メタンフェタミン、その他指定する塩類)は、覚せい剤取締法で規制されており、 所持や使用においては10年以下の懲役が定められています。 関連ページ: 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧 名称 説明 槇原敬之 シンガーソングライターで作曲家でもある槇原敬之は、 1999年8月26日に覚醒剤の所持で逮捕され懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 また、2020年2月13日にも、平成30年4月に自宅のマンションで覚醒剤0. 083グラムを所持していた疑いで覚せい剤取締法違反により逮捕されたほか、 30年3月に危険ドラッグを所持していた疑いでも調べられています。 浜田文子 プロレスラーのグラン浜田の娘で、本人も女子プロレスラーとして活躍していた浜田文子は、2018年5月13日に覚醒剤使用の疑いで警視庁西新井署に逮捕されました。 浜田文子は13日に本人が持つベルトの防衛戦を行う予定でしたが、本人より「申告な体調不良」で欠場したいとの申し出がありベルトを返上していましたが、後の14日に所属団体であるWAVEに詳細な報告が行き覚醒剤の使用で逮捕されたと判明しました。 松尾敏伸 俳優の松尾敏伸は4月から5月にかけて覚醒剤を使用したとされ、警視庁原宿署に覚醒剤取締法違反(使用)の罪で逮捕されました。 松尾敏伸は仮面ライダーやドラマのビー・バップ・ハイスクールなどに多くのドラマや映画に出演しており、今回は都内で警官が尿検査を行ったところ陽性反応が出たことで逮捕されました。 飛鳥涼(ASKA) 音楽デュオCHAGE and ASKAのメンバーで、シンガーソングライターである飛鳥涼は、 2014年5月17日に覚醒剤の所持で警視庁組織犯罪対策第五課に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 この逮捕で自宅を捜索した際に覚醒剤と合成麻薬の一種であるMDMAが押収され、知人の女性も覚醒剤所持の容疑で逮捕されています。 また、2016年11月25日に「盗撮されているので確認してほしい」と自ら警察に110番通報をし、 訪ねた警察に対し意味不明な事を話すなどしたため、尿の検査を行ったところ覚醒剤反応が検出され、 28日に覚せい剤取締法違反により逮捕されましたが、12月19日に嫌疑不十分で不起訴となりました。 清原和博 元プロ野球選手の清原和博は2016年2月2日に東京都港区で覚せい剤を所持していたとして、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。 高知東生 元俳優の高知東生は2016年6月24日に、横浜市内のラブホテルでホステスの五十川敦子容疑者と共に覚醒剤と大麻を所持していたとして現行犯で逮捕されました。 逮捕時室内には焦げ後のあるガラス瓶に短く切ったストローが刺さった状態で発見され、逮捕直前に薬物を使用していたと見られています。 また、逮捕後に厚生労働省の麻薬取締部が高知容疑者と妻の高島礼子の住む自宅を家宅捜査したところ、 高知東生容疑者の部屋から薬物を使用する際に使うものとされるストロー等を押収しました。 橋爪遼 俳優の橋爪功の息子で、本人も俳優として活躍している橋爪遼は、2017年6月2日に埼玉県内で覚醒剤を所持していたとして覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。 sakura 本名:櫻澤 泰徳 元L'Arc~en~Cielのドラマーでしたが、1997年2月24日に覚せい剤所持のため 覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年・執行猶予3年の判決が言い渡されました。 カルメン・マキ 歌手およびロックミュージシャンであるカルメン・マキは、 1980年に大麻取締法違反で逮捕後の保釈中に覚せい剤を使用し逮捕されました。 ジョン・健・ヌッツォ アメリカ国籍を持つテノール歌手のジョン・健・ヌッツォは、 2008年11月27日に覚せい剤所持のため覚醒剤取締法違反で現行犯逮捕され、 懲役1年6か月・執行猶予3年の判決を受けました。 Char(チャー) 本名:竹中 尚人 ギタリストのCharは、1979年2月8日に覚醒剤取締法違反で捜索を受け書類送検されました。 ミッキー吉野 ロックバンド「ゴダイゴ」のピアノ・キーボードプレイヤーであるミッキー吉野は、 1992年に覚せい剤使用容疑で逮捕され懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決を受けました。 なお、ミッキー吉野は1970年11月にも大麻取締法違反で逮捕されています。 ユージン・カーチス (加千須ユージン) ミッキー・カーチスの長男でいしだ壱成も所属していたバンド「THEBIGBAND」のメンバーでもあるユージン・カーチスは、 1998年9月24日に覚せい剤と大麻の所持で逮捕されました。 愛沢ひな AV女優の愛沢ひなは、2009年6月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 裁判により懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 麻生希 AV女優の麻生希は、2018年2月20日に自宅に覚せい剤約56グラムや、コカイン、大麻などを所持していたとして、関東信越厚生局麻薬取締部により逮捕されました。 押収された覚せい剤が56グラム(末端価格約360万円相当)と多いため、密売をしていた可能性が有るとして調べられています。 なお、麻生希は2016年2月にもコカインを所持していたとされ逮捕されています。 園田凌士 俳優・歌手・作詞家である園田凌士は2009年4月に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 岡崎聡子 日本の体操選手でオリンピック代表でもあった岡崎聡子(旧姓:中島聡子)は違法薬物使用で幾度と無く逮捕されています。 岡崎聡子の主な逮捕歴には以下が有ります。 1995年に大麻所持により大麻取締法違反で執行猶予の判決• 上記大麻所持の執行猶予中に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役1年6ヶ月の実刑判決• 1999年に覚醒剤取締法により1年8ヶ月の実刑判決• 2005年にも薬物により逮捕• 2009年にも薬物により逮捕• 2013年2月15日に覚せい剤取締法により逮捕されるも不起訴• 2013年9月6日に家宅捜索により覚醒剤所持容疑にて逮捕 岡村靖幸 シンガーソングライターで音楽プロデューサーでもある岡村靖幸は、 2003年3月に覚せい剤を使用所持していたため覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役2年・執行猶予3年の判決を受けました。 しかし、2005年5月20日に覚せい剤取締法違反で逮捕され執行猶予が取り消され、 懲役1年6ヶ月(求刑懲役2年)の実刑判決を受けました。 なお、2008年2月5日にも覚せい剤の所持で逮捕され懲役2年の実刑判決を受けました。 加勢大周 本名:川本 伸博 俳優である加勢大周は、2008年10月5日に覚せい剤3グラムと乾燥大麻9. 4グラムの所持で、 覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反により逮捕され懲役2年6か月・執行猶予3年の判決を受けました。 我喜屋良光 ミュージシャンでかつて「りんけんバンド」にも所属していた我喜屋良光は、 2001年10月に覚せい剤の使用と大麻の所持により逮捕されました。 梶永大士 ミュージシャンでPsycho le Cemu(サイコ・ル・シェイム)の元メンバーである梶永大士(Psycho le CemuではDAISHI名義)、 2005年6月3日に覚せい剤の使用により覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 加西さおり 元吉本興業のモデルユニット「ビジュギャル」に所属していた加西さおりは、 覚せい剤を使用したことにより2003年11月30日に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 倖田梨紗(倖田梨沙) AV女優の倖田梨沙は、2008年11月に覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕され執行猶予の判決を受けますが、 執行猶予中の2009年2月に再度覚せい剤取締法違反により逮捕され1年4ヶ月間の判決を受けました。 岩城滉一 俳優である岩城滉一は、1977年に覚せい剤を購入したとして逮捕されました。 またその事件の保釈中に改造したピストルを暴力団関係者に預けた容疑により銃刀法違反でも逮捕されています。 芹明香 女優であった芹明香は1976年に覚せい剤取締法で逮捕されました。 桂銀淑 ケイ ウンスク 韓国出身の演歌歌手である桂銀淑は、2007年11月26日に覚せい剤の所持により逮捕され、 懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 なお、覚せい剤所持の罪からビザの延長ができなくなり韓国へ帰国しました。 原田ひかり AV女優であった原田ひかりは、1991年3月6日に覚せい剤取締法で懲役2年・執行猶予3年の判決を受け、 1992年4月4日にも覚せい剤取締法で逮捕され懲役の実刑判決を受けました。 原田宗典 小説家の原田宗典は、2013年9月7日に覚せい剤と大麻を所持していたところを逮捕され、 懲役1年6か月・執行猶予3年の判決が言い渡されました。 原田知樹 俳優の藤田まことの長男で会社員の原田知樹は、 2013年1月に覚せい剤を使用したことにより逮捕されました。 江夏豊 もとプロ野球選手で野球解説者の江夏豊は、1993年3月3日に覚せい剤所持の現行犯で逮捕されました。 初犯ながらも所持している量が多かったため懲役2年4ヶ月の実刑を受けて静岡刑務所に服役しました。 江木俊夫 俳優・タレントである江木俊夫は、1999年7月に覚せい剤の使用で逮捕されましたが、 初犯であったために執行猶予となりました。 荒木将器 作曲家である荒木将器は、2005年11月5日に覚せい剤の所持により逮捕されました。 高橋祐也 女優の三田佳子の次男で、俳優・ミュージシャンである高橋祐也は、高校在学中であった18歳の1998年1月7日に覚せい剤取締法により逮捕され、 保護観察処分となりました。 なお、その後の2000年10月25日に自宅の地下室で覚せい剤パーティを行っていたところを覚せい剤取締法で逮捕され懲役2年執行猶予5年の有罪判決、 2007年11月15日にもコンビニエンスストアで覚せい剤を使用していたところを逮捕され懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けました。 2018年9月11日にも飲食店で口論をした際に、通報で駆けつけた警察官が行った尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されました。 高相祐一 女優酒井法子の元夫で自称プロサーファーの高相祐一は、 2009年8月2日に渋谷区で警察官の職務質問の際に覚せい剤を所持していた容疑で逮捕され 懲役2年・執行猶予4年の判決を受けました。 2012年にも麻薬成分の含まれる液体を所持していたとして麻薬取締法違反で逮捕されています。 克美しげる 歌手である克美しげるは、1989年5月11日に覚せい剤所持により覚せい剤取締法違反で逮捕され 懲役8ヶ月の判決を受けました。 なお、克美しげるは1976年5月6日に愛人を殺害し車のトランクに隠したとして逮捕され、懲役10年の実刑判決を受けています。 沙也加 AV女優である沙也加は、1994年3月に覚せい剤所持により逮捕されました。 なお、このときの逮捕は3度目であり実刑判決が下りました。 山田一雄 演歌歌手の川中美幸の夫である山田一雄は、2000年11月に覚せい剤と大麻所持により逮捕されました。 寺内アキラ ギタリスト寺内タケシの長男でブルージーンズのボーカルである寺内アキラは、 2002年2月18日に覚せい剤使用で逮捕され、懲役1年6月・執行猶予4年の有罪判決を受けました。 宍戸史絵 俳優の宍戸錠の長女である宍戸史絵は、1998年6月9日に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 懲役1年6カ月執行猶予4年の判決を受けマシた。 室田日出男 俳優の室田日出男は、1977年に覚せい剤の不法所持により覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 酒井法子 元アイドルで女優の酒井法子は覚醒剤取締法違反の疑いで2009年8月7日に逮捕状が取られ、 8月8日に逮捕され懲役1年6月執行猶予3年の判決を受けました。 この事件では8月2日に元夫である高相祐一が覚醒剤所持で逮捕され、 その後任意同行を求められた酒井法子は後任意同行を拒否し車で立ち去り数日間失踪をしましたが、 8月8日に弁護士と共に警視庁富坂庁舎に出頭し逮捕されました。 勝呂元博 俳優で大空眞弓の長男でもある勝呂元博は、 2002年1月5日と2月15日に覚せい剤所持の疑いで逮捕されました。 小向美奈子 グラビアアイドル、AV女優である小向美奈子は2009年1月22日に覚せい剤の所持により、 懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決を受けました。 2011年2月7日には覚せい剤を譲り受けたとして逮捕状が取られ、フィリピンから帰国した2月25日に逮捕されたものの証拠不十分で釈放されました。 2015年2月6日には自宅マンションにて覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑いで逮捕されました。 小川洋平 トンボ鉛筆の会長であった小川洋平は、2007年8月13日に覚せい剤の所持により逮捕され、 懲役2年6月・執行猶予4年の有罪判決を受けました。 なお、2008年6月13日にも覚せい剤の使用で逮捕され、懲役1年4月の実刑判決を受けました。 小林憲司 衆議院議員を2期務めた元民主党の政治家である小林憲司は、 2005年9月18日に覚せい剤取締法違反で私設秘書2名とともに逮捕され、 懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 なお、逮捕7日前に行われた第44回衆議院議員総選挙の民主党マニフェストには「覚せい剤の撲滅」 を記載していました。 松田ケイジ 俳優である松田ケイジは、1990年6月7日に覚せい剤の所持で厚生省関東信越地区麻薬取締官事務所により逮捕され、 懲役1年8月・執行猶予3年の判決を受けました。 笑福亭小松 韓国籍の元落語家である笑福亭小松(日本名:夏川鴈二郎)は1996年・2007年・2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 2007年の事件の執行猶予中の2009年に逮捕された事から懲役1年6月の実刑判決となりました。 仁科貴 俳優である仁科貴は、2002年1月20日に大麻と覚せい剤の所持により逮捕され、執行猶予の判決を受けました。 清水健太郎 本名:園田巌 俳優・歌手である清水健太郎は、幾度と無く覚せい剤や大麻の使用により逮捕されてきました。 清水健太郎の逮捕歴は以下になります。 1983年に大麻取締法違反で逮捕され起訴猶予の判決• 1986年に大麻取締法違反で懲役1年執行猶予4年の判決• 1994年に大麻取締法違反及び覚せい剤取締法違反で懲役1年6月の実刑判決• 2004年5月29日に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役2年4月の実刑判決• 2010年8月18日に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役1年10月(求刑懲役2年6月)の実刑判決• 1973年 昭和48年 に自動車の運転中に女性をはねる死亡事故を起こし業務上過失致死で逮捕• 2008年10月27日に自動車の運転中に自転車と衝突し自動車運転過失傷害と道交法違反により懲役7ヶ月 なお、2013年7月9日脱法ハーブを使用し救急搬送されたことも有ります。 森香名子(森麗樹) 清水健太郎の元妻で、女優・DJ・占い師・イベントプロデューサーの森香名子は、 2011年11月1日に覚せい剤の所持で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されました。 西崎義展 アニメ「宇宙戦艦ヤマト」などのプロデューサーである西崎義展は、 1997年12月2日に覚醒剤50グラム、ヘロイン6グラム、大麻8グラムの所持により逮捕され懲役2年8月の実刑を受けました。 また、1999年2月1日には覚醒剤20グラム、自動小銃、実弾約1800発、擲弾約30発の所持により逮捕され、懲役5年6月の実刑を受けました。 西川隆宏 DREAMS COME TRUE(通称ドリカム)の元メンバーでキーボード担当していた西川隆宏は、 2002年10月7日に義姉への暴行事件により逮捕されその収監中の2002年10月17日に尿検査にて 覚醒剤反応が出たために逮捕され、懲役1年6か月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 また、2006年2月25日に覚醒剤所持の現行犯で逮捕され、その後覚醒剤の使用が発覚したため、 懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けました。 青山ちはる 1980年代から1990年代にかけて活動したAV女優でラッキー池田の元妻の青山ちはるは、 1998年に覚醒剤の所持により逮捕され、執行猶予の判決を受けました。 青山ミチ 1960年代に活躍した歌手の青山ミチは、1978年10月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 懲役6ヶ月・執行猶予3年の判決を受けました。 また、覚醒剤で逮捕される前の1974年3月には万引の現行犯で逮捕された過去もあります。 赤坂晃 タレントで元ジャニーズ事務所の「光GENJI」のメンバーである赤坂晃は、 2007年10月28日に覚醒剤の所持により現行犯逮捕され懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 また、執行猶予期間中の2009年12月29日にも覚醒剤の所持と使用で逮捕され、懲役1年6月の実刑判決を受けました。 川添象郎 青山テルマ feat. Souljaの「そばにいるね」などをプロデュースした、音楽プロデューサーである川添象郎は、1982年11月、1999年7月、2013年6月に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 また、覚醒剤意外にも大麻の所持と使用や、監禁暴行、万引きなどにより幾度と無く逮捕されています。 大久保光信 元CURIO、現SHOW-SKAに参加している、サックス奏者の大久保光信(NOB)は、 2000年2月15日に職務質問を受けた際に覚醒剤0. 5グラムを所持していた容疑で逮捕され、 懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 大森隆志 元サザンオールスターズのメンバーで、ギタリストの大森隆志は、 2006年5月11日に覚醒剤10グラム、大麻40グラムを所持していたとして、 覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕され懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の判決を受けました。 杉田光央 俳優で元NHKの9代目「歌のお兄さん」である杉田光央(杉田あきひろ)は、 2016年4月13日に東京都内で覚せい剤を所持していたとして、 警視庁に現行犯逮捕されました。 坂井俊浩 1995年に解散したダンス&ボーカルユニット「ZOO」の元メンバーである 坂井俊浩は、2014年12月23日ごろに新宿歌舞伎町のホテルで密売人から覚せい剤やく1グラムを3万円で購入したとして 2015年7月7日に麻薬特例法違反の疑いで逮捕されました。 内藤 裕史 丸善 大和武士 元プロボクシングの日本ミドル級チャンピオン俳優でもある大和武士は、 2013年5月13日に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 なお、2008年8月2日には寿司店の店主に包丁を突きつけ暴力を振るい傷害と暴力行為法違反 により逮捕され懲役1年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けました。 中村銀之助 歌舞伎俳優である中村銀之助は、2005年8月6日に覚醒剤所持により逮捕され、 懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。 中村耕一 ミュージシャンで元JAYWALKのメンバーである中村耕一は、 2010年3月9日に覚醒剤所持により逮捕され、懲役2年・執行猶予4年の有罪判決を受けました。 なお、1977年には大麻所持で逮捕され懲役1年6ヶ月・執行猶予2年の有罪判決を受け、 2007年6月8日には8. 5cmのアーミーナイフを所持していたことにより銃刀法違反で書類送検されています。 津垣博通 キーボード奏者の津垣博通は、2008年4月25日に覚醒剤を使用して逮捕されました。 田原成貴 元競馬騎手でGI級15勝し、調教師、競馬評論家でもある田原成貴は、 2001年10月8日に羽田空港で航空機内にナイフを持ち込み銃刀法違反で逮捕され、 その際に覚醒剤の所持が発覚し覚せい剤取締法違反で藻逮捕されました。 また、2009年10月14日にも大麻と覚醒剤の所持から逮捕され、大麻取締法違反で懲役10月、執行猶予4年の有罪判決を受けました。 なお、覚醒剤取締法違反については不起訴となっています。 さらに、2010年2月の執行猶予中に傷害容疑で逮捕され、その取調べの際に覚醒剤の使用が発覚したことから 覚醒剤取締法違反でも逮捕され、裁判にて懲役2年2ヶ月が言い渡されました。 田口ゆかり AV女優で裏本の女王とも呼ばれていた田口ゆかりは、1992年に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 2004年9月20日には覚醒剤と刃渡り8cmのバタフライナイフの所持により覚醒剤取締法違反と銃刀法違反で逮捕され、 懲役3年6月の実刑判決うけ服役しました。 2010年9月16日に職務質問を受けた際にコカインを所持していたことから麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕され、 後の捜索で自宅に覚醒剤・コカイン・大麻を隠し持っていたことから10月14日に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 この事件では裁判で懲役3年6か月の実刑判決が下されて刑務所に服役しました。 なお、2000年9月24日には東急東横線都立大学駅構内で女性の下着を盗撮しようとした所を、 東京都迷惑防止条例違反で書類送検され、罰金5万円の略式命令を受け、2004年6月17日には 青梅街道の回転禁止箇所でUターンをして人身事故を起こし書類送検されました。 田中千鶴 元東京パフォーマンスドールのメンバーで、芸能プロダクション社長でもある田中千鶴は、 2011年11月25日に覚醒剤の使用で逮捕され執行猶予の判決を受けました。 田口智治 ロックバンド「C-C-B」の元メンバーで、プロミュージシャンの田口智治は、2015年7月2日の 11時35分ごろ、自宅で覚せい剤2袋を所持したとして逮捕されました。 また、2016年4月14日にも都内で覚せい剤を使った疑いで神奈川県警に逮捕されました。 この際の捜査では田口容疑者に覚せい剤を売り渡したとされる知人が4月4日に逮捕され、 11日に田口容疑者の自宅を家宅捜索し注射器などが押収され、覚せい剤自体は発見されなかったものの、 尿検査で陽性反応が出たことから逮捕に至りました。 南正人 フォークシンガーである南正人は、1980年11月12日にカルメンマキらとヘロインや覚醒剤を使用した ことにより逮捕されています。 日景忠男 俳優沖雅也の養父で、タレントでもある日景忠男は、 2005年11月29日に覚せい剤取締法違反で逮捕され、2008年にも覚醒剤の所持と使用で逮捕され 懲役1年2ヶ月の判決をうけました。 また、2008年には風俗案内店の女性社長を恐喝した疑いで逮捕されています。 尾崎豊 ミュージシャンでシンガーソングライターでもある尾崎豊は、 1987年12月22日に覚醒剤取締法違反で逮捕されています。 豊川誕 元ジャニーズのアイドルで、歌手である豊川誕は、 1998年1月28日に覚醒剤取締法違反で逮捕され、2000年にも覚醒剤取締法違反で逮捕されています。 なお、1996年4月3日には偽造クレジットカードをスナックで使用したことにより逮捕され、 裁判で懲役2年・執行猶予3年の判決を受けています。 豊田利晃 映画監督である豊田利晃は、2005年8月24日に覚醒剤所持により覚醒剤取締法違反で逮捕され、 裁判で懲役2年・執行猶予3年の判決を受けました。 北公次 俳優、歌手、タレントで、アイドルグループのフォーリーブスのリーダーでもあった北公次は、 1979年4月12日に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 野村貴仁 元プロ野球選手で、オリックスブルーウェーブ、読売ジャイアンツ、本ハムファイターズなどに 所属していた野村貴仁は、2006年10月31日に覚醒剤取締法違反で逮捕され、 裁判で懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 翔 歌手で、ロックバンド「横浜銀蝿」のボーカル・ギタリストでもある翔は、 1997年2月27日に覚せい剤取締法違反で逮捕され不起訴処分、 1999年9月に覚せい剤取締法違反で逮捕され裁判で懲役1年4ヶ月の実刑判決、 2003年4月24日に覚せい剤取締法違反で逮捕され裁判で懲役1年10ヶ月の実刑判決を受けています。 水無潤 AV女優、ストリッパーである水無潤は、2005年10月11日に覚せい剤取締法違反、 大麻取締法違反、向精神薬取締法違反で逮捕され懲役2年・執行猶予3年の判決を受けました。 早川咲 モデル・グラビアアイドルやタレントであった早川咲は、 覚せい剤0. 5グラムと乾燥大麻0. 9グラムを所持していた疑いで、 2002年2月21日に覚せい剤取締法などで逮捕されました。 劉昇一郎 お笑い芸人「爆笑問題」の元マネージャーで、2008年の橋下徹氏の大阪府知事選挙の選挙統括本部長でもあった劉昇一郎は、 2013年に覚醒剤所持のため覚醒剤取締法で逮捕されました。 この事は、2014年6月になり雑誌「女性自身」に報じられ話題となりました。 細川慎一 神奈川県葉山町の町議であった細川慎一は、 2016年2月16日に横浜市中区の路上で覚せい剤0. 65gを持っていたとして 神奈川県警に逮捕されました。 細川慎一は葉山町議に初出馬しトップ当選をしたほか、 国会議員である江田憲司の公設秘書を務めていたこともあります。 ニコル・亜莉紗 作家でナチュラリストのCW・ニコル氏の娘であるニコル・亜莉紗は、2017年2月7日に警視庁渋谷署により覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 調べによるとニコル・亜莉紗容疑者は、2016年11月頃に覚醒剤を使用したとして、尿検査を行い覚せい剤の陽性反応が出たため逮捕状が取られていましたが行方をくらましており、2017年に入り発見され逮捕されました。

次の

マスク転売ヤー逮捕!

せいや逮捕

NHKの朝ドラ「わろてんか」のモデルとなる吉本興業の創業者・吉本せい(林せい)の家系図の解説と子供や子孫の紹介です。 吉本せい(林せい)の家系 は、明治22年(1889年)12月5日に兵庫県明石市東本町で、林豊次郎の3女(12人兄弟)として生まれた。 母親は「林ちよ」である。 吉本せい(林せい)の実家・林家は、兵庫県明石郡戎町の出身で、明石藩松平家の下級藩士の家系だが、明治維新を迎えて帰商し、父・林豊次郎は、兵庫県明石市東本町で綿や麻の着物を扱う太物屋「紀伊國屋」を営んでいた。 その後、父・林豊次郎は吉本せい(林せい)が10歳の頃に大阪府北区南同心町2丁目13番地へと移り住み、米穀商・金融業を営むようになった。 吉本せい(林せい)が子供の頃から優秀で、大阪で有数な島徳蔵や鴻池家に上女中として奉公に上がり、奉公が明けると、実家の商売を手伝った。 そして、林家と取引していた老舗の荒物問屋「箸吉(はしきち)」の跡取り息子・に見初められ、結婚した。 スポンサードリンク 夫・吉本泰三(吉本吉兵衛)の家系 吉本泰三(吉本吉兵衛)の実家・吉本家は、大阪市東区内本町橋詰町で老舗の荒物問屋「箸吉」を営む家系で、日露戦争にともなう好景気で相当に繁盛していた。 吉本泰三(吉本吉兵衛)は、吉本家の次男だが、吉本家の長男が夭折しているので、跡取り息子として育った。 吉本泰三(吉本吉兵衛)は働き者という評判で、吉本泰三(吉本吉兵衛)と結婚した吉本せい(林せい)は荒物問屋「箸吉」の「ごりょんさん」として幸せな生活を送るはずだった。 ところが、2人が結婚する前に吉本泰三(吉本吉兵衛)の母・吉本ミネに死去し、吉本ユキ(出口ユキ)が吉本家に後妻として入ったことから、運命が大きく変わる。 吉本泰三(吉本吉兵衛)は、継母・吉本ユキ(出口ユキ)と上手くいっていなかったのか、ちょうど、吉本せい(林せい)と結婚した頃から、家業を放り出して、芸人遊びに身を入れるようになってしまった。 終いに、吉本泰三(吉本吉兵衛)は旦那芸と覚えた剣舞に入れ込み、「女賊島津お政本人出演のざんげ芝居」の太夫元(興行主)となり、地方巡業に出て、巡業の度に借金を膨らませていた。 そのようななか、吉本家の荒物問屋「箸吉」は、日露戦争後の不況で貸し倒れが増え、2どの差し押さえを食らったのち、大阪市電鉄の計画にひっかかったため、廃業となった。 その後、吉本泰三(吉本吉兵衛)は芸人遊びをしていた関係から、天満天神裏の三流の寄席「第二文芸館」の権利を購入し、明治45年(1912年)4月1日に寄席の経営を開始し、大正2年(1913年)1月に「吉本興行部(吉本興業)」を設立する。 吉本興業の創業家が林家の理由 寄席の経営を開始するとき、吉本せい(林せい)は夫の実家・吉本家に支援を求めた。 しかし、当時は芸能人が差別されていたので、実家・吉本家は老舗の荒物問屋「箸吉」を経営してきたプライドから、芸能界に足を踏み入れたことに激怒して支援を拒否した。 さらには、吉本家は吉本泰三(吉本吉兵衛)と吉本せい(林せい)を勘当同然に扱ったので、実家・吉本家とは縁が切れる。 このため、吉本せい(林せい)は「第二文芸館」の権利を購入する資金繰りに奔走し、実家の林家と金貸しから金を借りて「第二文芸館」の権利を購入した。 そして、創業初期にが呼び寄せられ、創業者・吉本泰三(吉本吉兵衛)の死後、長らく吉本興業の経営を担ってきたため、林家が「吉本興業の創業家」と呼ばれる事がある。 しかし、あくまでも吉本興業の創業家は吉本家であり、林家は創業家の傍系である。 吉本せい(林せい)の子供 吉本泰三(吉本吉兵衛)と吉本せい(林せい)の間には、下記8人の子供が生まれた。 長女・吉本喜代子 明治43年(1910年)11月6日• 次女・吉本千代子 明治44年(1911年)11月17日• 三女・吉本峰子 大正3年(1914年)1月14日• 四女・吉本吉子 大正4年(1915年)4月12日• 長男・吉本泰之助 大正5年(1916年)12月1日• 五女・吉本幸子 大正9年(1920年)9月3日• 六女・吉本邦子 大正11年(1922年)7月6日• 次男・吉本泰典 大正12年(1923年)10月26日 しかし、そのほとんどは夭折しており、成人したのは子供は、家系図で紹介してる「次男・」「三女・吉本峰子(吉本恵津子)」「五女・吉本幸子」「六女・吉本邦子(辻阪邦子)」の4人だけである。 なお、上で紹介した8人は戸籍に記載された子供の数であり、吉本せい(林せい)自身は10人の子供を産んだと証言しているので、夭折・死産・流産があったのかもしれない。 スポンサードリンク 次男の吉本穎右(吉本泰典)の家系 吉本穎右(吉本泰典)は次男だが、既に長男が夭折しており、跡取り息子として生まれた。 吉本穎右(吉本泰典)は、生まれた翌年に父・吉本泰三(吉本吉兵衛)が急死したため、吉本家の家督を相続して戸主となる。 吉本せい(林せい)が吉本穎右(吉本泰典)の親権を行使する形で吉本興業を運営し、実質的な経営は吉本せい(林せい)の実弟・林正之助に任せた。 しかし、あくまでも後継者は吉本穎右(吉本泰典)であり、吉本穎右(吉本泰典)は早稲田大学へと進学すると共に、林正之助から吉本の帝王学を学んでいった。 このようななか、戦時中に吉本穎右(吉本泰典)は、9歳上のジャズ歌手・と運命の出会いして結ばれ、結婚の約束をする。 戦後、吉本穎右(吉本泰典)は、早稲田大学を中退し、吉本興業に入り、吉本せい(林せい)の弟にあたる東京支配人・林弘高の元で働いていた。 そのようななか、笠置シズ子(亀井静子)が妊娠し、2人は結婚を目前としていたが、吉本穎右(吉本泰典)は結核が悪化したため、甲子園の吉本邸へと戻り、そのまま死去した。 笠置シズ子(亀井静子)は吉本穎右(吉本泰典)の死後、女児を出産した。 女児は吉本穎右(吉本泰典)の遺言により「エイ子」と名付けられた。 吉本せい(林せい)は笠置シズ子(亀井静子)との結婚に反対していたが、笠置シズ子(亀井静子)の妊娠が判明してからは、態度を軟化させており、孫に当たる亀井エイ子を引き取りたいと申し出た。 しかし、笠置シズ子(亀井静子)は生まれた直後に養子に出され、両親の顔を知らずに育っていたので、娘の亀井エイ子にも同じ思いをさせたくないと考え、吉本せい(林せい)の申し出を断った。 このため、笠置シズ子(亀井静子)も娘・亀井エイ子も吉本家の籍には入っておらず、吉本穎右(吉本泰典)の血筋は亀井エイ子へと続くのだが、戸籍上の系譜は途絶えた。 その後、笠置シズ子(亀井静子)は乳飲み子の亀井エイ子を抱えて歌手に復帰し、「ブギの女王」としてスターへの道を駆け上がっていった。 一方、吉本家の当主・吉本穎右(吉本泰典)が死去したことにより、吉本せい(林せい)の死後、長姉となる三女・吉本峰子(吉本恵津子)が吉本興業を相続し、現在(2017年)も創業家の吉本家として続く。 辻阪信次郎の家系 吉本せい(林せい)の六女・吉本邦子(辻阪邦子)に繋がってくる辻阪家の辻阪昌一について、簡単に解説しておきます。 辻阪家は大阪で両替商を営む家系で、相当な資産家だった。 は次男なので分家しているが、相当な資産家で、大阪ミナミに土地を持つミナミ花街の顔役の1人だった。 また、市議会議員に4度当選し、大阪府議会議長を務めていた。 吉本せい(林せい)は、夫・吉本泰三(吉本吉兵衛)の死後、辻阪信次郎に近いて親しい関係にあり、辻阪信次郎は吉本興業の顧問格だった。 この辻阪信次郎が昭和10年(1935年)に発覚した大規模な贈収賄・汚職脱税事件で逮捕され、吉本興業の創業者・吉本せい(林せい)も逮捕された。 これは吉本興業の存亡がかかる事件だったが、吉本興業に関しては、事件の真相を知る辻阪信次郎が獄中で首を吊って死去したため、吉本せい(林せい)は僅かな罪で起訴されただけで、ほぼ無傷で終わった。 この獄中死した辻阪信次郎の長男・辻阪昌一が、吉本せい(林せい)の六女・吉本邦子(辻阪邦子)と結婚して、長らく吉本興業の重役を務めた。 吉本せい(林せい)の子供と子孫 吉本せい(林せい)の子供は8人で、そのうち、長男・が夭折、次男・吉本穎右(吉本泰典)も死去しており、男性は絶えた。 女系も長女・次女・四女が夭折しているが、「三女・吉本峰子(吉本恵津子)」「五女・吉本幸子」「六女・吉本邦子(辻阪邦子)」の家系が現在(平成)にも続いている。 吉本せい(林せい)の死後、吉本興業は林正之助の家系によって運営されるため、が吉本興業を相続したように思われているが、吉本せい(林せい)の三女・吉本峰子(吉本恵津子)も吉本興業の株式を相続している。 吉本家・林家の資産管理会社「大成土地」があり、この大成土地が吉本興業の大株主で、創業家の吉本家は大成土地の大株主という形になっている。 さて、林家はながらく吉本興業の社長を輩出しており、9代目社長・林裕章が病気で退任したとき、林マサは子供(長男)の林正樹を次期社長に据えようとした。 しかし、吉本興業の経営陣が、これを拒否。 林家は創業家傍系であり、吉本興業の大株主なので吉本興業に大きな影響力を持つが、吉本興業は既に東証一部に上場しており、林家の個人企業ではなかった。 こうして、吉本興業と林家が対立して、平成17年(2005年)にお家騒動に発展する。 お家騒動は所属芸人を巻込む大混乱の末、最終的に林マサは創業家・吉本家など他の大株主の協力を得られず、平成17年(2005年)に非創業家の副社長・吉野伊佐男が10代目社長に就任した。 その結果、東証一部に上場していた吉本興業は、平成22年(2010年)にMBO(株式公開買い付け)という手段を使って株式の上場を廃止した。 このとき、吉本興業は、株主の意思にかかわらず強制的に株式を買い取る「スクイーズ・アウト(キャッシュ・アウト)」という株主排除の方法を使っていることから、株式の上場廃止は林家を排除するためだと言われている。 この非上場により、吉本興業の株主は、フジテレビなどを中心とした吉本興業支持派ばかりになり、安定した経営が出来るようになった。 なお、創業家の吉本家は、吉本興業の経営陣と対立しておらず、吉本家と林家は資産管理会社「大成土地」として、吉本興業の株主に名前を連ねている。 「」へ続く。

次の

20代の日本人を逮捕 韓国警察、自主隔離違反の疑い

せいや逮捕

NHKの子会社で、教育番組制作専門のプロダクション会社『NHKエデュケーショナル』の部長プロデューサー・菊池真哉容疑者(きくち・しんや 59歳)が、当時17歳の女子高生にわいせつな行為をしたとして、児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)、東京都青少年健全育成条例違反(性交類似行為)の容疑で17日に逮捕されていたことが明らかになりました。 警視庁高島平警察署の発表によれば、菊池真哉容疑者は2018年7月26日に東京都墨田区内のレンタルハウスで、 ツイッターを通じて知り合った当時17歳で高校2年生だった女性 19 が、18歳未満だと知りながら裸の写真を撮影したり、下半身を触るなどの淫らな行為をした疑いが持たれています。 菊池真哉容疑者は 女性に撮影代として1万円を渡し、撮影後には女性に画像をLINEで送っていたといい、菊池容疑者の 自宅からは女性のわいせつな写真1000枚以上が押収されていて、警視庁は余罪を調べているといいます。 菊池真哉容疑者が出会った経緯ですが、 菊池容疑者が一部写真をツイッターに投稿したところ、女性の方から連絡があり、それがきっかけで10回ぐらい会っていたそうです。 この事件を受けて『NHKエデュケーショナル』は、 「社員が逮捕されたことは大変遺憾です。 事実関係を確認したうえで厳正に対処します」とコメントしています。 こうした事件で逮捕された菊池真哉容疑者は、『NHKエデュケーショナル』の語学部に所属し、英語学習のラジオ番組『世界へ発信!ニュースで英語術』(NHKラジオ第2放送 平日午後12時55分)を担当していたそうです。 そして、この事件に対してネット上では、• 定年間際で何してんの?• 金の切れ目は縁の切れ目• NHKも、、不祥事続きで・・地に落ちましたな。。。 NHKをぶっ壊すと言われるのも無理はねぇよ• 自分で残した証拠があるのだから言い逃れもできないだろう。 余罪も調べてほしい• NHK関連の犯罪は昔から多いね。 税金が使われてこれだったら解体するべきだよ• 女子高生がバイトしたという事ね。 もし違法のバイトなら、女子高生も罪に問われるべきなのでは?• こういったものは、両方を処罰するべき。 特に大人の方を重く罰する様にして、利用する未成年にも罰は必要。 みだらな行為の内容や認識の違いで。 この人の罪が消える訳でもないのに。 50過ぎたオッサンが、何をやってるんだか。。。 潔く罪を認めるのも、大人の務めだろ。 みだらな行為はしていないと言い張っているようだが、似たようなことしてるだろ?下心が招いた結果• 19歳の今になって逮捕っていうのもおかしい。 いい金ヅルだと思われて脅迫でもされたんだろう。 どのみちこのご時勢に未成年に手を出したのが間違い。 NHK職員にもおかしな奴一杯いるが、子会社にも居たんだね。。 何をしているのでしょうか?こんな方が番組制作に加わり、見る見ない別にして強制的に受信料徴収している。 受信料など取るべきではない。 NHK見てると、極度な正義感や潔癖感を出してる番組が多い。 特にコロナになってから、ますます感じるようになった。 その裏では平気でこんな事やってるんだね。 などの声が上がっています。 NHKは地方支局を含めると1万人以上の局員がおり、さらに『NHKエデュケーショナル』などの関連団体も含めると膨大な数となりますが、そうしたせいもあってかNHK絡みの事件は毎年のように発生しています。 昨年6月には、NHKのチーフプロデューサーが深夜に路上で40代女性を押し倒し、体を無理やり触るなどの強制わいせつ事件で逮捕されました。 同3月には、元NHK山形放送局の記者が、当時20代の女性3人に対する強姦致傷の罪で懲役21年の実刑が確定しました。 2018年には、『NHKニュースおはよう日本』のチーフプロデューサーが帰宅途中に、20代女性のスカート内を盗撮した容疑で現行犯逮捕されています。 また、『NHK紅白歌合戦』などを担当のエンターテインメント番組部長が、局員のセクハラ疑惑で停職3ヶ月の懲戒処分を受け、別部署へと異動しました。 さらに、NHK佐賀放送局の局長は局員と訪れた温泉施設で酒を飲み、酔った勢いで女性スタッフが入浴中の女風呂に侵入するというわいせつ行為によって、NHK側は当初「出勤停止14日間」の懲戒処分を科しましたが、週刊誌『週刊文春』の取材を受けた直後に更迭を発表、局長職を解いて人事局付に異動させました。 こうした女性絡みの事件も度々発生しており、また新たに女子高生に対するわいせつ行為での逮捕者が出てしまいましたが、この件に関しては相手女性側にも問題があったように見えるものの、未成年だと知りながら裸の写真撮影などをしたのであれば完全アウトですね。 主に未成年女性を撮影対象としていたのか否かは定かではありませんが、余罪の有無をきっちりと調べてほしいですし、今後起訴などされた場合にはNHKエデュケーショナル側もそれ相応の処分を下してほしいですね。

次の