あつ森 軍事基地。 主張/敵基地攻撃能力/“火事場泥棒”もはなはだしい

「中国の南極基地には別の意図がある」と英紙、中国専門家が反論|レコードチャイナ

あつ森 軍事基地

中国メディアは、「日本が敵基地攻撃能力を手にしたら、中国はどうすべきか」と問いかける記事を掲載した。 (イメージ写真提供:123RF) 日本で迎撃ミサイルシステム「イージス・アショアの配備停止」と同時に「敵基地攻撃能力の保有の可能性」が浮上したことについて、中国では警戒感が高まっているようだ。 中国メディアの今日頭条は26日、「日本が敵基地攻撃能力を手にしたら、中国はどうすべきか」と問いかける記事を掲載した。 記事は、日本の憲法は第9条で「戦力の不保持」や「交戦権の否認」を定めているとしながらも、日本政府は今、国家安全保障戦略の修正と「敵基地攻撃能力の保有」の検討を行っていると主張。 続けて、日本が「敵基地攻撃能力」を保有することになれば、東アジアの情勢に大きな影響を与えることになるのは必至であるとし、まず東アジア各国で軍拡競争が起きる可能性があると主張。 北朝鮮が核をはじめとする対抗手段を講じる可能性があるとしたほか、ロシアや中国だって手をこまねいて見ているだけのはずがないと指摘した。 また、日本に敵基地を攻撃できるだけの能力があるとなれば、有事の際は他国から先に攻撃される可能性も高まるであろうと強調した。 また記事は、中国は日本の動きに対して綿密な準備と対応を行う必要があるとし、日本が「敵基地攻撃能力」を手にした場合は、その能力がどれほどかを調査すると同時に、突発的な事態に対応できるよう軍を調整し、演習も行っておく必要があると主張した。 さらに、中国はロシアと協調して対応する必要もあるはずだとし、日本の動きについて情報を共有し、共同で対日本の軍事演習を行うことも視野に入れるべきだと論じた。 (編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF).

次の

軍事基地(米軍&自衛隊) その他趣味ブログ・テーマメンバー

あつ森 軍事基地

中国の国防費は年々増加しており、その金額は今や日本の4倍弱に達したとされる。 また、米国のグローバル・ (Global )によれば、の軍事力で中国は米国に次ぐ2位となった。 同で日本は6位であったため、軍事力では中国が日本を大きく上回っていると言えるだろう。 中国の捜狐はこのほど、中国は経済的にも軍事的にも飛躍を遂げ、今や強大な国になったと主張し、軍事力で日本を大きく上回る実力を持っていると主張する一方、「日本はなぜか中国をまったく恐れていないように見える」と主張し、それは一体なぜなのかと問いかける記事を掲載した。 記事は、「中国の国力がこれだけ向上し、世界の軍事大国と呼べるほどまでになったというのに、日本は中国をまったく恐れていない」と主張し、それには3つの理由が考えられると主張。 まず1つ目の理由は「日本には米国という後ろ盾があること」だとし、米国がについているからこそ、他国は日本にをできず、日本も中国を恐れないのだと主張した。 2つ目の理由は「日本も軍事力に劣る国ではない」という事実だとし、中国の軍事力は日本を大きく上回っているものの、日本も最新鋭のを導入したり、空母の導入を決めるなど、積極的に軍事力を増強していると主張した。 さらに3つ目の理由として「日本は中国が平和を愛する国であることを知っているのだ」と主張し、中国が日本に対して先に手を出すことはないと日本は知っているのだと主張。 だからこそ日本は中国の強大な国力を前にしても「まったく恐るそぶりを見せないのだ」と主張した。 (編集担当:村山健二)(写真提供:RF) 中国の軍事力は世界2位なのに! 日本はなぜか中国をまったく恐れていない=中国メディア 関連ニュース•

次の

軍事工場

あつ森 軍事基地

自民党が「ミサイル防衛に関する検討チーム」を立ち上げ、敵のミサイル発射拠点などを直接たたく「敵基地攻撃能力」の保有に関する議論を始めました。 政府が、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備断念を受け、安全保障戦略を見直し、9月中に方向性をまとめようとしていることに呼応した動きです。 陸上イージスの断念に乗じ、憲法をじゅうりんする敵基地攻撃能力の保有に踏み出すことは許されません。 前防衛相も「論理飛躍」 安倍晋三首相は6月18日の記者会見で、陸上イージスの断念に触れた上で、弾道ミサイルの脅威に対し「抑止力、対処力を強化するために何をすべきか」と述べ、「安全保障戦略のありようについて、この夏、(政府の)国家安全保障会議で徹底的に議論し、新しい方向性をしっかりと打ち出し、速やかに実行に移していきたい」と表明しました。 これまでの自民党国防部会などによる敵基地攻撃能力の保有を求めた提言についても「受け止めていかなければいけない」「政府においても新たな議論をしていきたい」と述べました。 こうした発言を受け、自民党内では、敵基地攻撃能力の保有に関する議論に拍車がかかりました。 同党が6月30日に開いた「ミサイル防衛に関する検討チーム」の初会合では、敵基地攻撃能力の保有に積極的とされる小野寺五典・元防衛相が座長に就任しました。 出席した中谷元・元防衛相も会合後、記者団に保有の必要性を強調したと報じられています。 一方で、会合では「イージス・アショアの配備が難しいからといって、一足飛びに敵基地攻撃能力の保有を考えるのは論理の飛躍がある」(岩屋毅・前防衛相)との異論もあったといいます。 河野太郎防衛相は6月26日の記者会見で、陸上イージスの代替手段に関し、「そもそもイージス・アショアの配備は計画が進んだとしてもしばらく時間がかかるわけで、その間、イージス艦とかPAC3で対応する体制が取れている」「ミサイル防衛そのものについて心配いただく必要はない」と述べています。 河野氏の主張からしても、敵基地攻撃能力の保有を求める議論が「論理の飛躍」であるのは自明です。 政府は、敵基地攻撃について日本へのミサイル攻撃を防ぐため「他に手段がない」場合、「法理的」には「可能」としてきました。 しかし「平生から他国を攻撃する、攻撃的な脅威を与えるような兵器を持っていることは憲法の趣旨ではない」との見解も示してきました。 敵基地攻撃能力の保有が憲法に反するのは明らかです。 きっぱりと断念すべきだ 政府はすでに、敵基地攻撃を可能にする巡航ミサイルやF35ステルス戦闘機の取得、「いずも」型護衛艦の空母化などをなし崩し的に進めています。 今後いっそう本格的な敵基地攻撃能力の保有に乗り出せば、軍事費の膨張は際限がありません。 専門家は、地下や移動発射台にある敵のミサイルすべての位置を把握し破壊するのは不可能だとし、核の報復攻撃の危険も指摘しています。 敵基地攻撃能力の保有は、北東アジアの軍事緊張も激化させます。 きっぱりと断念すべきです。 外部サイト.

次の