コンタクト 目が痛い ズキズキ。 目の奥が痛いのは疲れ目が原因?頭痛や吐き気からつながる病気は?

コンタクトを外すと目が痛いです。していると痛くなく、充血もしないのです...

コンタクト 目が痛い ズキズキ

コンタクトをすると頭痛が起こる原因とは? 視力の悪い人にとって、 メガネやコンタクトレンズは必需品。 メガネをずっとしていたけれど、何かをきっかけにコンタクトに変更する人もいるはずです。 コンタクトをすることで、頭痛が起きてしまう人もいますよね。 では、なぜ頭痛が起きてしまうのでしょうか?考えてみましょう! (1)コンタクトの使用について 人の目は、ものを見ようとしたとき、 ピントを調節する役割のある水晶体で光が屈折し、 眼球の奥にある黄斑という部分に焦点が集まって、それが何の形をしているかということを認識できるようになっています。 近視、遠視、乱視のある人は、そのピント調節が出来ない状態になっています。 それを矯正するものとして、メガネやコンタクトレンズを使うはずです。 コンタクトにする目的としては、メガネでは仕事に支障出る、コンタクトのほうが仕事しやすい、スポーツをしている、お洒落をしたい、持ち運びに邪魔にならない……など人それぞれ。 現在は処方なしでも購入できるようになってはいますが、原則的には医師の処方のもと使用するのが一番良い方法です。 最近では お洒落の一貫としてカラーコンタクトを付けている若者も増えて来ていますが、処方なしで購入できるという利点にばっかり目が行き、衛生面や眼精疲労、その他頭痛の原因になっているということを見落としがちです。 その点もしっかりと考えないといけません。 (2)目の疲れ(眼精疲労)からくる頭痛 仕事でずっとパソコンをしている、また細かい作業をしているなど、 目に負担をかける事によっても頭痛は起きます。 トラブルがない限りは眼科へ行きませんよね。 近視だけじゃなく乱視も始まっていたり、年齢を重ねていくうちに、近視だけだった人も、 老眼が始まっている可能性もあります。 ピントの調節が狂ってしまうために、目に負担をかけてしまっているのかもしれません。 また、着用時間も多様化していて、使用目的によって使い分けているはずです。 メーカーによっても形状が変わりますし、 自分に合っていないものを使用して、目に負担をかけてしまっているのかもしれません。 やはり、目の疲れを助長させてしまい、頭痛が起きてしまう原因にもなります。 (3)首、肩こりから頭痛 コンタクトの度数が合わなくなり、見えづらくなっているのに、そのまま使用し続けていると、 よく見ようとして姿勢が悪くなりますよね。 その為に首・肩がこってしまい、頭痛に発展することがあります。 また、コンタクトの着用時間を守らず、長時間使用し続けている事で、目が疲れてしまい。 血行障害を起こして、首や肩がこってしまうことで、頭痛を引き起こすきっかけを作ってしまっている事も考えられます。 頭痛以外の症状も起こる?(吐き気やめまいなど) では、コンタクトを使用していて、頭痛以外の症状にはどんなものがあるのでしょうか? 基本的に眼科に関係する症状がほとんどではありますが、他に全身症状として起こるものをまとめてみました。 (1)吐き気 コンタクトの矯正がうまくいってない時や、視力の左右差がある人は、目の負担も大きくなるはずです。 眼精疲労がひどくなることで、首や肩こりにもつながります。 肩こりまで発展してしまうと、 体の中の血流が悪くなり、副交感神経の働きを強めてしまいます。 その為に自律神経のバランスを崩し、吐き気を生じる原因にもなっています。 (2)めまい めまい自体は耳鼻科の領域なので、コンタクトとはあまり関係ないように思います。 めまいがひどくなると、吐き気も同時に生じる事も多く、コンタクト使用時だけではなく、 重大な疾患に繋がる可能性もありますので、めまいが治まらないようでしたら、迷わず病院を受診しましょう。 (3)目の疾患 コンタクトをしていると、目のトラブルは避けられませんよね。 目が傷つくことによる 感染症、ドライアイ、アレルギー症状など、角膜による異常が多く発症します。 コンタクトによる頭痛の予防&治し方を教えて (1)コンタクトの使い方をしっかり守りましょう まず、コンタクトによるトラブルを回避するためには、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか? 種類やサイズ、度数を自分に合ったものにして、医師やコンタクト販売店とよく相談して購入しましょう。 そして、コンタクトの使用時間や期限は必ず守り、億劫がらずに、洗浄などの衛生面にも気を付けましょう。 (2)時にはメガネで過ごしましょう コンタクトをしなくても良い日には、 メガネで過ごす事も必要ですよね。 角膜への負担や着脱のストレスも軽減できます。 ただ、そのメガネもしばらく使っていないと、度数が合わなくなっているかもしれないので、その時にはメガネを再矯正してもらいましょう。 (3)目の疲れを感じたら… まずは、目が疲れないように、パソコンでの作業やスマホの使用、細かい作業をしている人は、時々目を離して、遠くを見るようにしてみましょう。 また、目を閉じるだけでも良いと思います。 もし、「疲れたな」と感じたら、 蒸しタオル、ホットアイマスクなどで目を温めましょう。 目のツボを押したり、こりをほぐすようにマッサージするのも良いですね。 目薬も上手に使って、目の負担を軽減するように心がけて下さい。 (4)頭痛が起きたら… コンタクトによる頭痛は、筋緊張性によるものだと思われます。 肩こり、首がこっているようなら、 温湿布や使い捨てカイロなどで首から肩を温めてみましょう。 また、こりをほぐすマッサージを軽くしましょう。 痛みが強い時には、我慢せずに鎮痛薬を服用しましょう。 (5)異常だなと思ったら病院へ。 コンタクトによるトラブルは、ほとんどが 角膜を損傷している事による眼科疾患です。 感染や炎症を起こしている時には、目を温めてはいけません。 かえって悪化する場合がありますので、目が熱っぽかったり、かゆいと感じたら冷やす方が効果的です。 ただ、目の異常がひどい時には眼科を受診しましょう。 でも、頭痛の他にめまいや吐き気の症状がひどくなった場合は、視力や目に関係するものではない場合があります。 心配な場合は病院へ行くことも必要です。 私の友達の体験談ですが、コンタクトをしたままよく寝ちゃうことがあるらしく、朝起きたらコンタクトが目の裏側に入り込んでいたということがよくあるそうです。 コンタクトを取るのに一苦労だとか…。 そういう体験談を実際に聞くと頭痛に繋がる原因だけではなく、目にとってもかなりの負担をかけているということになります。 最悪の場合失明にまで至る…なんてことも無きにしもあらずですので、安易に考えないようにしてください。 まとめ コンタクトの使用目的は人によって違いますが、今は医師の処方がなくても薬局や通信販売で購入できる時代になりました。 視力に関係なく、カラーコンタクトでお洒落をしたいという人も多く、使い方を間違っている人も多いと思います。 コンタクトをしたことによって頭痛がしたり、他の様々な症状で悩まされるのは、視力の異常によるものですが、どんな時にも、無理なく気持ちよく使いたいですよね。 ものを見るという事は、人間にとって本当に大事な感覚の一つです。 一生使うものですから、目は大切にしたいですね。

次の

コンタクトを外すと目が痛いです。していると痛くなく、充血もしないのです...

コンタクト 目が痛い ズキズキ

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所] 1961年生まれ。 財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。 広告代理店で大手私鉄の広報を担当。 その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。 2003 年にJ&Tプランニングを設立。 代表取締役に就任。 研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。 医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。 働き盛りのビジネスマンを襲う 本当に怖い病気 日々の仕事・生活の中で、知らぬ間に身体が蝕まれているビジネスマンたち。 重大な病に陥れば、最悪の場合、死を招く恐れもあります。 この連載では、そんな病気のサインを見逃さず、健康で過ごす秘訣をお伝えします。 連日の徹夜でコンタクトをつけっぱなしに… 目の痛さと失明の恐怖にさらされたQさん(45歳) 寝る時間も惜しんで機内で仕事 乾燥との格闘で充血する日々 Qさんは、医療機関の国際診療部勤務。 国際診療部は、アジアを中心に世界各国から企業の健康診断、がん検診患者を誘致するのが主な業務だ。 薬剤師だったQさんは、そのビジネス手腕を買われ、薬剤部長から企画部長に抜擢された。 月の半分が海外出張。 アジアを中心に時差の大きいアメリカ本土への出張や研修にも出向く。 効率よく時間を遣うために、移動はナイトフライトを選ぶことが多い。 着いたその日から打ち合わせや講演のスケジュールが入るため、移動中の飛行機でもゆっくりと休むことができない。 機内では、発表する資料のパワーポイントを直したり資料を読んだりして過ごす。 Qさんは若い頃からソフトコンタクトレンズを愛用してきた。 忙しい自分には眼鏡よりも合っていると感じている。 しかし、乾燥した飛行機でのフライトは常に目の乾燥との闘いだ。 寝ずに乾燥した機内でパソコンと格闘していると、降りる頃には必ず目が充血した。 コンタクトレンズ外さず寝たら 痛さで目が開かない状態に 目にもっとも過酷だった出張は1泊3日のサウジアラビアだ。 片道3回のトランジットを含む弾丸ツアーだった。 そして、中東の砂漠の乾燥は想像以上だった。 唇はひび割れ、目はほこりと乾燥でまともに開けることもできなかった。 現地での宿泊は1泊。 ホテルでの講演のあと、現地の大学病院の歓迎レセプションが深夜まで続いた。 宿泊したその夜は、疲労のあまりコンタクトレンズを外さず寝てしまった。 翌日に帰国。 Qさんはこの出張中、結局一度もコンタクトを外さなかったが、疲労や時差ボケよりもきつかったのは、経験したことのない目の痛みだった。 そして中東出張の2日後に異変が起きる。 朝起きたら痛みで目が開けられなくなってしまったのだ。

次の

目が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

コンタクト 目が痛い ズキズキ

2015年7月10日 目が痛い!といっても、どっちの目、どのへんが(眼球全体、目の表面、目の奥、まぶた)、どんな風に(チクチク、ゴロゴロ、ズキズキ、ヒリヒリ、刺すような痛み、重苦しい、だるい)など様々です。 目が痛いと不安になります。 そこで今回は日常出会う「目が痛む」病気をいくつか取り上げました。 a 典型的な病気のひとつに麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、俗称ものもらいがあります。 涙の分泌腺への細菌感染で、まぶたの腫れを伴い、強い痛みが急速に起こるのが特徴です。 スポーツや園芸・畑仕事など汗をかく、これからの季節によく見かけます。 b 結膜炎・角膜炎…ゴロゴロする違和感から目が開けられないズキズキまで、様々な痛みを起こしますが、原因に応じた治療をします。 c 結膜や角膜への異物飛入…まばたきをするたび痛むのが特徴で涙も沢山出ます。 d コンタクトレンズや逆さまつげ…角膜への接触による刺激や傷が痛みをもたらします。 角膜の傷は感染を起こしやすいので、抗菌剤や抗炎症剤による十分な治療が必要です。 a 眼部帯状ヘルペス…まぶたやその周りの皮膚に痛みがまず現れ、次いで眼の周りに発疹ができます。 眼内炎をおこすと失明する危険があります。 b ブドウ膜炎…軽度の鈍痛で始まりますが、外見上は結膜炎と紛らわしいので、治りにくい結膜炎は本症を疑います。 c 緑内障発作(眼圧の急激上昇)…片目の急激な激しい疼痛で始まります。 閉塞隅角緑内障では片目の視力低下、疼痛・吐き気などが出現するため「くも膜下出血」と間違われることがあります。 d 眼球外傷や薬物による火傷…多くは激しい痛みを伴い緊急治療を要します。 他にも目に痛みを伴う病気が沢山ありますが、痛みを取るための安易な自己療法は危険です。

次の