比企谷小町 アンチ。 小町「お兄ちゃんがおかしい・・・」 後編

小町「お兄ちゃんがおかしい・・・」 後編

比企谷小町 アンチ

52 ID:XJNHLuXA0 八幡「・・・」 あかん 八幡「・・・」 変に適度に暖かくて勃ってきた・・・ ガチャ 城廻「おまたせ~」 城廻「ちょっと横になってね~」 八幡「いや、タオル貸してください」 城廻「だめだよ~私の責任だし・・・良いから横になってね~」グイ 八幡「・・・」ドサッ もうおしまいだ… ボキーン 城廻「!!!! 城廻「えっ!? 23 ID:XJNHLuXA0 八幡「・・・」 え? お兄ちゃん犯罪者だったの? 21 ID:XJNHLuXA0 八幡「…」スッ 22:14 FROM:鶴見留美 TO: 八幡 件名: 内容 ほんとに。 約束だから。 74 ID:XJNHLuXA0 小町「ありがとうねお兄ちゃん!」 イッテキマス! ダタダッ コマチオハヨー ヤッハロー 八幡「俺も行くか…」 沙希「はちま~ん!」ダッダッタ 八幡「沙希…どうしたそんなに急いで」 沙希「・・・あんたを見かけたから急いできただけ」ジトッ ナンカモンクアンノ? 30 ID:XJNHLuXA0 優美子「今朝のことあーしたちに説明してほしいんだけど」ピキピキ 結衣「そうだよ!さきさきがうらやm」ゲフンゲフン 八幡「今朝中学校前で会って疲れてたから乗ってけやった。」 テクテク 沙希「そういうことよだからさっさと席にもどんな」 沙希「それと由比ヶ浜、さきさき言うな! ザワザワザワ シルカヨ 葉山「おかしい・・・僕でさえ行ったことないのに・・・」 戸部「ひきたにくんマジぱねぇ・・・」 ハチマンナニネテンダオキロォ! ナンダオチツケサキ オチツイテラレナイヨヒッキー ナンナノエッ? ゴメンネヒキオアトヨロシク ナニイッタンダユミコ! 28 ID:XJNHLuXA0 さがみぐるーぷ! ゆっこ「最近あいつ調子乗りすぎじゃない?」ボソボソ 遥「わかる~三浦さん達も落ちぶれたね~」クスクス ゆっこ「相模に悪口吐きまくったんでしょ?最低でしょ」ボソボソ 遥「相模?」 相模「えっ? 95 ID:XJNHLuXA0 相模「・・・ん」チラッ 相模「やっば!」 相模「学校めんどくさいなー・・・」 相模「二人きりになれる場所・・・」 相模「あぁ! 25 ID:mpWw0cXV0 同時刻 ゆっこ「あつくね~?」 遥「気温記録更新したらしいねどっか忘れたけど・・・」 ゆっこ「へ~、相模どったん?」 相模「へっ?」 遥「最近変だよ相模~?」 相模「ウチは大丈夫だから」アセアセ 相模「ウチ、トイレ行ってくるね」ダッタッタ 遥「やっぱ変だね~」 ゆっこ「わかった。あれは、恋をしてるね!」 遥「それはない」キッパリ センセイウチトイレイッテイイデスカ? 14 ID:mpWw0cXV0 センセイ オーモドッテキタカ ヒキガヤクンハ? 48 ID:mpWw0cXV0 ガラガラガラ 結衣「ヒッキーどこ行ってたの?先生探しに行ったんだよ?」テクテク 八幡「ちょっとな・・・先生ならもうすぐ来るんじゃねぇの?」スチャ 結衣「さがみんもいないし・・・」 八幡「人の心配する暇あったら自分の学力心配した方がいいんじゃねぇの・・・」 結衣「ひどいし!じゃあ、ヒッキー勉強教えてくれる?」チラッ 八幡「気が向いたらな・・・雪ノ下にすればいいのになんで俺が・・・」 結衣「ゆきのんにも教えてもらうけどさ・・・ヒッキーにも教えてもらいたいな」 八幡「・・・そうか」 結衣「そうだ」ニコツ 結衣「じゃあ席戻るね」テクテク ユミコーヒッキーモドッテキタヨ マジデ? 99 ID:mpWw0cXV0 相模「・・・」テクテク ゆっこ「どこいってたの相模~?」 遥「心配したよー?」 相模「ゴメンねウチら閉じ込められてた。」 ゆっこ・遥「「ウチ・・・ら?ってどこ行くん?」」 相模「うん」テクテク トントン 八幡「ん?」クルッ 相模「比企谷くん!ごめんなさい!泥をかぶせるような真似して」ペコリ ザワザワザワ ザワッザワッ ナニガドウナッテンダ? 73 ID:1NWglLLt0 八幡「・・・」テクテク ガラガラガシャン 相模「はぁ・・・やっぱりこうなったか」 結衣「さがみーん」ダキッ 相模「ゆ、由比ヶ浜さんどうしたの? 18 ID:1NWglLLt0 遥「それでもね~」 ゆっこ「相模に暴言吐いたのはねぇ…」 相模「多分ウチに暴言吐いたのは、比企谷自身に敵を作ることだったんだと思う」 相模「その結果ウチが被害者見たくなって・・・」グスッ 遥「そうなんだ。」 相模「うん。そのおかげでウチ誰からも攻められなかったし孤立しなくて済んだの・・・」 ゆっこ「なんか回りくどいねあいつ」 相模「捻くれてるしね・・・」 遥・ゆっこ「「それで~あいつのことどう思ってんのかな」」ニヤニヤ 相模「なな何とも思ってないし!! 勘違いしないでよね!? 触っていいのは小町だけだ! と黒髪ロングの美少女だけだ! 52 ID:oik6Ji3X0 八幡「で?俺ん家来るのか?」 留美「行く。行きたい」 八幡「ほれ、なら行くぞ」スッ 留美「うん」ギュッ 八幡「・・・」テクテク 手小さいな可愛い 留美「・・・」テクテク 手大きいな…私も早く大きくなりたいな… 留美「・・・」 おばさんには何故か負けたくないけど… 留美「・・・」 胸ならおばさんに勝てそうな気がする クシュン カゼ? ユキノチャン? 76 ID:oik6Ji3X0 タダイマ オジャマシマス 小町「お兄ちゃんお帰・・・り?」 八幡「どうした小町?」 小町「お兄ちゃんまだ間に合うよ?」 小町「無理矢理連れ込むのは良くないよ・・・」 小町「小町お兄ちゃんのことずっと待ってるからね?」 八幡「お前お兄ちゃんに対する信頼度無いの?忘れたのか留美のこと・・・」 小町「おりょ? 56 ID:YHbPD6f70 途中送信してしまった・・・ 八幡「行けデュラハン号!」 留美「・・・なにそれ?普通のママチャリでしょ」 八幡「気にしないで・・・早く乗ってください」 黒歴史がさらに 留美「わかった。気にしない名も無き神さん」チョコン 八幡「おい」 留美「なに?」 八幡「なんで知ってるんだ。」 留美「変なノートに書いてあったよ?」 八幡「見たこと忘れてくださいお願いします」 処分したよな?処分したはずだよな?何故… 留美「またデートしてくれるなら良いよ?次は二人きりでね」 八幡「前向きに検討しときます・・・」 ジャ…シュッパツチャントツカンドケヨ? 08 ID:52iiboKY0 八幡「雪ノ下さんか強化外骨格がどういう反応起こすのか・・・」 FROM:八幡 TO: 陽乃 件名: 内容 お久しぶりです。 月が綺麗ですね 八幡「だんだんネタが・・・」ゲフンゲフン eeeee ~~雪ノ下家~~ 陽乃「最近八幡に会いに行けないなぁ・・・」 陽乃「明日家に行こうかな」 陽乃「月綺麗・・・」 ミルミルミルモデポンッ🎶 陽乃「おりょ? 60 ID:RYin67fi0 ハァドッコイ! ハァヨイショ!

次の

【八幡SS】比企谷小町「お兄ちゃん、大丈夫?」【俺ガイル】

比企谷小町 アンチ

プロフィール 所属 総武高校 千葉県 2年F組 誕生日 血液型 A型 家族構成 会社員 、 会社員 、: 中学3年生 、: 得意教科 学年3位 、 また文系全般が得意 希望進路 趣味 『』『』が特に好き。 が好きだが一般小説も読む 、、・などのサブカルチャー 特技 、、、千葉に関する知識 好物 、ハニートースト、、ドライ、、甘い物 休日の過ごし方 だらだらと読書orテレビを見るor寝る イメージアニマル 座右の銘 「押してだめなら諦めろ」 あだ名 、くんなど CV 概要 総武高校に通う。 2年F組所属。 自らの置かれた境遇 下層、 に対し完全に開き直っており、目と性格が腐っているとよく言われる。 いわゆる。 ひょんなことからにへと入れられ、更生のための奉仕活動に従事するはめになる。 人物像 これまでに作った幾多のにより、常に斜に構えて物事を偏見的に見る 的な考えを持つ。 それゆえに他人の言葉の裏を読む癖があり、特に好意や的なものを疑い、内心で予防線を張ってしまう。 その本質をは 「自意識の化け物」と評している。 その割にや妹のに対しては非常に甘く、2人の事には最優先で取り組む。 一方で、貸し借りにうるさい律儀な一面もあるため、は「捻デレ」と評している。 将来の夢は「専業主夫」としていて、嫁に養ってもらう前提らしい(ちなみに家事はできない)。 過去には多くのでバックれた経験もあるが、の仕事は逃げられないのもあってそれなりにしっかりとやっている。 学業は国語で学年3位を取っているように文系科目を中心とする得意分野は高いのだが、数学は9点で学年最下位と得手不得手が非常にはっきりしている。 ただ、学年1位と2位はそれぞれとという作中トップを争うハイスペック人間が総舐めしているため、国語2位以上の壁は越えられないとも述べている。 その他、大抵のことはそれなりにこなす事が出来る器用さも持ち合わせている。 前述の通りぼっちのためクラスでは他人と会話をする機会が少なく、クラスメイトからも殆どが「ヒキタニくん」でのみ「ヒキオ」と名前を正しく呼んでもらえない。 (葉山は場面によって異なり、周囲に迎合する場合は「ヒキタニくん」だが、1対1の状況では「比企谷」と呼ぶ。 )また過去には友達から友達とすら認識されていなかったこともあった。 やとは比較的親しくなったが、それでも自分から積極的に話しかける事は無い。 の依頼でもその性格ぶりから、「斜め下」な解消法を提案する事が多い。 時に汚れ役・憎まれ役的な立ち回りをするため、一見すると自己犠牲的に写るが、実態は他人を信用して任せることができない彼の性格ゆえの行動であり、本人はそうした「誰も頼れない人間の取れる最善策」が自己犠牲と解釈されることを嫌っている。 容姿 イラストごとによって顔が安定しない。 媒体によってだけでなく、原作の各巻ごとによっても顔が結構変わる。 共通しているのは黒髪で前髪が長めの中肉中背で目つきのよくない青年であること、そして。 アホ毛は妹の小町と共通であり、母親からの遺伝。 腐った目以外は顔立ちは整っているらしく、顔立ち自体を貶されたり、外見を理由に女性から忌避されるような描写はない。 また、逆に容姿を取り立てて褒められることもない。 身長は原作者曰く175cmくらい。 ラノベ主人公では高い方。 関連イラスト pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 18:21:24• 2020-07-16 18:20:44• 2020-07-16 18:20:32• 2020-07-16 18:19:53• 2020-07-16 18:18:14 新しく作成された記事• 2020-07-16 18:11:23• 2020-07-16 18:06:35• 2020-07-16 17:54:07• 2020-07-16 17:47:16• 2020-07-16 17:38:55•

次の

#1 遊びの代償

比企谷小町 アンチ

比企谷八幡とは、『』のである。 、ともに担当は。 多分(的な意味で)。 概要 生で、立総武2年F組に所属している。 担任教諭のにより強制的に奉仕部に入部させられた。 構成は両親との、それにのカ。 式当日の登校中、のをしていたがを離してしまいがに轢かれそうになった場面に出くわし、そのを助けようとしてに遭ってしまい入院する事になった。 その為に活のに出遅れに打ち解けず孤立してしまったが、自身の性格から仮にがかったとしても立場はと変わらなかっただろうと本人は述懐している。 からはの称で呼ばれているが本人は歓迎していない。 やtliを唄っている訳ではない。 他に戸部がヒニくんと間違えたのをきっかけに、や戸部からを中心にヒニくんと呼ばれている。 と言うかが使えばそれがの中心となる。 人物・性格 顔が良い方であると自覚する程度には顔立ちが整っているが、ドロドロと濁った腐ったの様なをしておりそれが全てを台しにしている。 があるって事かな? 学業は優秀な部類でのが1人も居ないに行きたいと言う理由で勉学に励み、である総武高にしその中でも悪くない成績を維持している。 特には得意で学年3位である。 但しは捨てており、は9点で学年最下位を取るなど悲惨な状態。 を好んでおりとはには得意同士の会話を交している。 将来の夢は専業夫と言って憚らない。 ヒモでは駄らしい。 の時分からぐならぬぐ準備はしており、を筆頭に事はりこなせる。 ご近所付き合いをどうするつもりかは不明。 級友のどから存在をまともに認識されていない孤高の存在で、名前すら覚えられていない、いは間違えられる事が多々ある。 のの使い手か。 休み時間は寝て過ごす。 勉強が好きなのも1人なので他にやる事がかったからだった。 幼い頃から付き合いが上手ではなく本人はのつもりでも相手からはと思われていなかったり、自覚にの様な扱いを受けていた。 そうしたから1人である事を拒まないの人格が形作られた。 を拗らせた結果、巧く関係を構築出来ている所謂を憎み、見かける度に心の中で見下し、罵倒するに到っている。 特に上っ面間関係を嫌悪し、を唾棄すべきものと考えている。 他人との交友がに近いのでメートであっても名前や顔を覚えていない相手が多い。 の事はが奉仕部に相談に来るまで存在を知らず、は1年から同じでありながら顔も名前も性別も知らなかった。 加の性別に関しては親しくなった今でも全に知っているかは怪しい。 昔は今より素直で、に話し掛けられて惚れられていると思い込んだり、自意識過剰にありがちな勘違いが多かった。 そうやって多くの恥をかいた経験と反省から決して二度と間違いは犯さない、勘違いしないと硬く決意している。 その為にから寄せられる好意を素直に受け取れない。 しかしさんとはわけが違う。 これまでの経験が多くのとなっており、ふとした拍子にが入ってが呼び起こされる。 特には自覚ながら的確にの心を抉る。 の原と言って良いほどのの数が多く、偶に自分からり始めて勝手にしている。 集団からは離れた場に身を置き外側から観察をしているので人を見るは確かで、表層の態度に惑わされずを見事が出来る。 極度の捻くれ者で常に物事を斜に構えて見ており、静からはであるとされている。 彙や知識は豊富で皮に満ちた屁理屈が非常に多い。 1人だと他人と接しないのでその分の余裕を自分に回せるので思考が加速する(多分倍くらいに)。 だから常に役にも立たない事や益体もい事を考えている。 また、てはに患しており、コートと襟巻きでし欠『名もき』を自称して仮想していた。 庭内ストでも最下位に位置している。 ただ決して全くが注がれていない訳ではなく、からはにして幾分扱いが悪いものの心配はされているし、からも自身の経験からや悪徳商法に引っ掛からない様にとを受けている。 自他共に認める(初期は否定する発言をしていたが後に認めている)でのを可がっている。 頻りにと誉めそやしており、に男が近付こうものなら手厳しく当たる。 その度が過ぎたっぷりにはや当のからすらキモいと言われるほどである。 ではカと名付けられたを飼っており、毎年のとわを見に行くなど大抵のは好きだが、例外的に人とは嫌い。 但し人の中でも加(男)と()は好き。 として人並みのは持ち合わせているが、の計算と自己保身に長けた小悪党なので実はい。 なんならどころか接触すらないまである。 卑屈な性格をしていてその思考や発想は下衆、の言動や考えたが周囲に引かれる事も少なくないが、生のではなく知り合いが困っていれば助けるなど性根は善良な。 場合によっては自らが泥を被る事も厭わない。 この自己犠牲野郎! が「ば?」と発言した時は「とか殺すとか軽々しく言うんじゃねぇよ。 ぶっ殺すぞ」と落ち着いて静かに嗜めるなど、命を尊重する良識のあるである。 これはもうを祭としてっても良い。 ・に関する知識は豊富で、本人が生まれる前の作品から直近の作品までする範囲は幅広い。 心の中でく言葉にそういったを頻繁に絡めている。 への造詣も深い。 自分が生まれ育ったへのは並々ならぬものがあり、をらせたらかなり。 に関する知識にかけてはあのユキペディアさんをも上回り、知識統一決定戦ではを掴んだ。 が好きでやドから自宅まで、飲み物を口にする場面のどでを飲んでいる。 で飲めない訳ではないがとをふんだんに入れた甘いが好きで、取り分けにはがい。 『』は蓋しである。 に限らず甘いものは全般的にうである。 しかしお手製には甘くない評価を下していた。 他にも好きでの食べ物と言い切っている。 作中でもを食べたりの事を考えている場面が多い。 交友関係 雪ノ下雪乃 が奉仕部に入部させられた事で知り合った。 出会った当初の印は最悪で、今でも『』の筆頭に名前を連ねているくらいには最悪。 顔を合わせればからは冷たい言葉で罵倒されている。 罵倒されすぎて予想していたより生温いと感じるほどである。 原因、遇は違えど共に孤立した者としてパを感じたり見解が一致する事が多い。 だがお互いにお互いの傷を抉り合う関係である。 由比ヶ浜結衣 が奉仕部に相談へ訪れた事で知り合った。 同じでありつつはを知らなかったが、はを知っていた。 の内での立場や言動、格好からはをしている。 またとして認識しており、流石に面と向かって言う事は少ないが心の中では=の図式が当たり前に成立している。 はに慕の情を抱いており自覚もしているのだが、素直になれず照れ隠しに「、キモい!」と連呼する。 素でも言う。 比企谷小町 前述した様にはであり、を溺ている。 もそんなを利用しつつも好いており、仲は頗る良好である。 の事は深く理解しており、理解しているからこそ将来を心配していて、やを筆頭に安心してを任せられる相手を探し、画策している。 許容範囲は広く加もギリギリありである。 逆にもがなのを心配し、ではよく勉強を教えている。 しかしなので結果は伴わない。 戸塚彩加 とは1年の時から同じだが、加が話しかけるまでは加を知らなかった。 何故か加はに懐いており、頻繁に話す間柄となる。 は加のモーレツな可さにが高鳴り、胸が弾み、脈拍がまり、をキャッチされてドキドキでなをしている。 やよりもらしく扱っており、しそうになった事すらある。 危うく菜が喜びそうなに突入しかけた事は1度や2度ではない。 材木座義輝 とは異なるが体育の授業でペアを組む際に、が居ない者同士で組んでいるである。 体育ペア勢。 は義の痛々しい姿を疎んじているが義はが好きすぎてよく話しかけてくる。 開始時点で友人が居ないと宣言しているだが、傍から見れば2人の関係は全に友人のそれである。 だがこれを友人とは言えないだろう。 敢えて言うなら腐れ縁か。 関連項目•

次の