ご 了承 いただけ ます でしょ うか。 ご了承いただきの意味と使い方・目上の人には失礼にあたるか

「教えていただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メール

ご 了承 いただけ ます でしょ うか

メールで「教えていただけますでしょうか」と聞く場合は、相手の顔が見えない分、文章に気を使わなければなりません。 あくまでこちらが相手に教えを請うのですから、「教えて欲しい」という気持ちが十分に伝わらなければなりません。 そのためには、まず「何を教えて欲しいのか」を相手に伝えなければなりません。 ただ「教えてください」では相手も困ってしまいますので、メールで送る場合は、文章の組み立てが重要になってきます。 この「お忙しいところ申し訳ありません」という言葉を入れることで、相手の心証が良くなります。 ビジネス ビジネスにおいて「教えていただきますでしょうか」という言葉は、非常に重要な意味を持ちます。 ビジネスマンにとって仕事などを覚える上で、「教えてもらう」ということは大事なことですので、「教えていただけますでしょうか」という言葉は上手に使わなければなりません。 初めて仕事に就く時は誰もが知識はありません。 自分で勉強しながら仕事を覚えていきます。 社内で教えてもらう時は、ほとんどが対面ですので、言葉だけではなく態度なども重要になってきます。 言葉だけの上っ面にならないように、教えてもらう態度なども相手に示さなければなりません。 就活 「教えていただけますでしょうか」自体が敬語表記となっていますが、言葉を変えるだけで丁寧な言葉になります。 敬語としても十分通用する言葉ですが、丁寧な言葉に直すだけで、相手にとって感じの良い言葉になります。 「教えていただけますでしょうか」の表現を、「教えていただいてよろしいでしょうか」という表現に変更するだけで、敬語表現が丁寧な言葉に変わってきます。 「よろしいでしょうか」という言葉は、相手に対して伺いを立てる言葉ですので、相手も返事がしやすくなります。 「教えていただけますでしょうか」と相手に問いかける場合には、教えるためには相手の時間をとることの可否を聞くことになりますので、なるべく丁寧な言葉で問いかけることが大事です。 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えていただけますか」があります。 同じような表現だと思われますが、「教えていただけますか」という表現は、相手に対して失礼な言葉になる場合があります。 「教えていただけますか」と表現できるのは会社では先輩までです。 上司などに「教えていただけますか」と聞くと、相手は聞き方のトーンなどで不快になる場合があります。 「教えていただけますか」は丁寧な言葉だとおもわれますが、話すトーンによって感じが変わります。 「教えていただけますか」と聞く時には、トーンを下げて疑問符的な言葉で聞くと、相手に対して良い印象を与えます。 しかし、トーンを上げると相手に対して不快な感じを与えますので注意が必要です。 「教えてもらえますか」 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えてもらえますか」という言葉があります。 同じ表現だと思われますが、「教えてもらえますか」という表現は、相手が不快な気分になる言葉になる場合があります。 「教えてもらえますか」と表現ができるのは会社では同僚までです。 先輩や上司などでは、聞き方によっては、相手に不快な感じを与える場合があります。 「教えてもらえますか」は言い方などを考えながら使わないといけない言葉です。 「教えてもらえますか」と聞く時には、話すトーンに気を付けて、穏やかなトーンで話すようにしなければなりませんし、トーンを間違えると相手に対して不快な気分になりますので、注意をしなければなりません。 「教えてくれますか」 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えてくれますか」という言葉があります。 同じ表現だと思われますが、「教えてくれますか」という表現は話す相手を選ばなければなりません。 「教えてくれますか」と表現できるのは会社では同僚までです。 先輩や上司に対してこの言葉を使うと、馴れ馴れしいと感じられる場合もありますし、同僚に対してもあまり馴れ馴れしい感じで聞くと、気分を害される場合もあります。 「教えてくれますか」と聞く時には、穏やかなトーンで相手の表情を見ながら、言葉を出さなければなりません。 また、あまり感情を込めずに相手が良い感じを受けるように話すことが大事です。 そして、きちんと教えてもらえるような姿勢で話すことも大切です。 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「幸いです」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対しての感謝を表す言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 教えていただけるなら幸いです。 教えていただけますでしょうか。 わかりやすく教えて下されば幸いです。 教えていただけますでしょうか。 詳しく教えてくだされば幸いです。 このように「幸いです」は、「教える」ということに対して、「教えてくれるならうれしいです。 ありがとう」を丁寧に表現した言葉になります。 そのため、この言葉を使うと相手に対して感謝の言葉がとても感じの良い言葉になります。 「助かります」 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「助かります」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対しての感謝の言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 教えていただけるなら助かります。 教えていただけますでしょうか。 わからなかったので助かります。 教えていただけますでしょうか。 困っていたので助かります。 このように「助かります」は、「教える」ということに対して、「教えてくれるなら自分が助かります。 ありがとう」を素直な表現になります。 またこの言葉は、感謝の言葉としては少し丁寧ではありませんが、感謝の気持ちが相手には十分伝わります。 「感謝いたします」 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「感謝いたします」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対してのストレートな感謝の言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 お忙しいのに感謝いたします。 教えていただけますでしょうか。 時間をとって下さって感謝いたします。 教えていただけますでしょうか。 教えていただくことに感謝いたします。 このように「感謝いたします」は、「教える」ということに対して、「教えてくれてありがとう」を丁寧に表現した言葉です。 そのため、どのような相手にも気持ちが伝わりますので、気持ちを伝えるには最適な言葉です。 正しい「教えていただけますでしょうか」の使い方 「教えていただけますでしょうか」は、相手にわからないことを聞くために使う言葉です。 使い方によっては相手から教えてもらえなくなる言葉と言えますので、使う時には十分気をつけなければなりません。 この言葉を使う時には感謝の言葉を付け加えると、とても良い言葉になります。 教えてもらうということは、相手の時間をとったりしますので、そこへ対して感謝の言葉を入れるようにしましょう。 「教えていただけますでしょうか」と口頭で聞いた場合には、相手が返答しやすいように聞かなければなりませんので、話すトーンや姿勢が大事です。 また、それ以上に「わからないことを聞きたいです」という気持ちを前面に出していかなえれば、せっかくの言葉が台なしになるので注意しましょう。

次の

「了承いただく」の意味と使い方・「承諾・了解いただく」の違い

ご 了承 いただけ ます でしょ うか

相手から許可を得る際に適した表現 では、相手に何かに対して許可を求める時には、どのような表現が適切でしょうか? 計画案訂正が遅れますので、ご了承ください この場合は、社内で目上の人に、 または社外の人に遅れに対する許可を依頼するのにも適切です。 相手を選ばずに使える表現です。 計画案訂正が遅れますので、ご了解ください 文法的には間違いではありませんが、表現として依頼する際には「了解」は使いません。 相手からの依頼を受けた時の返答として使います。 返答として、ビジネスには相応しくないカジュアルなニュアンスがあるので、社内の目上の人へ「了解しました」というのは控えるのがいいでしょう。 「了解」に替わる表現として、「承知」があります。 また、知っていること。 「了解」よりもビジネスに相応しい言葉です。 上司にも社外の人にも使えます。 「ご承知ください」「ご承知おきください」と使います。 「計画案訂正が遅れますので、ご承知ください」 ただし、「承知を得る」という表現は使いません。 「承知くださっている」と言い換えます。 計画案訂正が遅れますので、ご承諾ください 許可の依頼をする時に「承諾」を使うと、やや強めの依頼のニュアンスがあります。 相手が受け入れることを前提にしているように聞こえることもあります。 立場や状況を見極めて使うべき表現でしょう。 目上から目下が、またはクライアントから何かの許可を得た場合や依頼する場合に使う言葉です。 似た言葉に、「了解」「承諾」があります。 「了解」は、ビジネスにおいて相応しい敬意が含まれていない言葉とされ、許可を得た場合でも目上や社外の人に「了解しました」との表現は使わないのが無難です。 「了解」は依頼する場合には使わないので、「承知」に置き換え「ご承知ください」とします。 「承諾」は、社外との契約や取引の際のやり取りや社内の個人的な行為にも使える言葉です。 依頼の場合の「ご承諾ください」には、やや強めのニュアンスがあるので、使う際には立場や状況を考慮して使いましょう。 意味の差はそう大きくはありませんが、ビジネスパーソンとしてはニュアンスの違いを認識して使い分けると、よりいい印象になります。

次の

「了承いただく」の意味と使い方・「承諾・了解いただく」の違い

ご 了承 いただけ ます でしょ うか

補足 斜め読みされているのでしょうか。 正しく言葉を理解できるなら、どう表現しようと同じ意味の言葉を使うしかなく、曖昧な表現では実際の意向を誤解させるだけです。 相手が誤解し問題に発展してもかまわないから、了承してくれという要望を表す表現に強要を感じとる相手が強要を感じない表現をしたい、ということでしょうか。 それはお勧めできない、と言っているのですが。 ご質問の意図がわかりません。 ------ 代わる言い方はありません。 というより、変える必要がありません。 「了承:事情をくんで納得すること 大辞泉 」です。 「ください」は「くれ」の尊敬語です。 「ください:2 補助動詞 相手に何かを要望・懇願する意を表す 同 」です。 解らせる上から目線の言い方では全くありません。 そもそも、了承を得る行為は同等か上位者に対する行為で、普通下位者に了承を得たりはしません。 客やクライアントと販売者や契約者の関係は平等です。 敬語とは上位者はもちろん上位ではない相手にも上位者を敬うのと同じ 見立てた 表現にする「作法」に過ぎません。 必要以上にへりくだり過ぎたり、金を払う客やクライアントの方がえらい、などと考えるのは、つまり何より金が大事だという拝金主義の思想に毒された価値観でしかないと思います。 だから、そういう歪んだ考え方の人に納得してもらう表現を考えるのは、無駄に日本語を壊す行為だと考えますので、残念ながらご質問への回答は留保いたします。

次の