アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い。 「アシカ」と「アザラシ」と「オットセイ」と「セイウチ」と「トド」の違い

【英語】セイウチ、トド、アシカ、オットセイ、アザラシの違い

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

セイウチは英語で「 walruses」です。 「squirrel(リス)」と同じく、LとRが重なる日本人が覚えにくい単語ですよね。 でもシヴーチって トドの意味なんですよね。 つまり、それだけ体格が似てるってことで。 漢字では「 海象」と書くので、このイメージから入ると見分けしやすいと思います。 象のように大きくてキバがあるのがセイウチです。 体重は1000キロ、キバは1メートル近くあります! 北極海に住んでいるので、キバを使って歩く時のピッケル代わりにすることもありますよ。 セイウチは基本前足を使ってお腹を氷に滑らせて移動しますが、後足を使って四足歩行のような動きをすることも可能です。 アシカの見分け方と特徴 アシカは漢字で「 海驢」と書きます。 「 驢」はロバの意味なので、海にいるロバという漢字ですね。 どんな見方をしてみてもロバには似ていませんが。 アシカという名前の由来は一説によると、 葦(アシ)にいる鹿から来ていて「 葦鹿」という漢字が使われることもあります。 鹿にも全然似ていませんよね。 アシカは英語で「 sea lion」です。 海のライオンのように 鳴き声に迫力があることからそう名付けられています。 またライオンも一夫多妻制ですが、アシカも一夫多妻制です。 アシカ科とセイウチ科は一夫多妻制で「 ハーレム」の群れをつくるのが特徴となっています。 アシカ科はヒレのような前足があり、L字型に起き上がることができ、4足歩行をするため後足のヒレは前向きになっています。 また 耳たぶがあることも特徴です。 アシカの一番の特徴は 芸達者なこと。 でも実はアシカととても良く似ているオットセイも芸達者なんですよ。 アシカの方が食いしん坊でエサを食べるためによくがんばるので、ショーでよく見かけるようになったと言われています。 アシカとオットセイはよく似ていますが、アシカは スベスベした肌が特徴です。 近くでよく見ると毛が生えています。 トドの見分け方と特徴 アシカ科の中でセイウチとフォルムがよく似ているのが「 トド」。 ずっしり豊満なボディが特徴です。 日本では 北海道で野生のトドが住んでいますね。 漢字では「 魹」とか「 胡獱」などと書きます。 「 魹」の漢字の由来は、一説によるとオスにたてがみがあるからと言われています。 ここからは筆者のただの推測ですが、アイヌ料理などでトドが食べられていることから、毛のある魚として漢字がなりたっていったのではないでしょうか。 「 胡獱」についての由来はよくわかっていません。 「 胡」はあごひげの意味もあるのでその辺りからきた当て字なのではないかと推測します。 トドという名前の由来は、一説によると アイヌ語の なめし皮という意味の トントが語源とのこと。 英語で言うと、アシカと同じ「 sea lion」なのです。 というのは、トドはアシカと同じ「アシカ科」だから。 細かくは Steller sea lionもしくは Northern sea lionなどと呼ばれるのが一般的のようです。 Stellerという名前は、ドイツ出身・ロシアのナチュラリストGeorg Wilhelm Steller氏が名付けたからです。 オットセイの見分け方と特徴 トドもアシカ科でしたが、「 オットセイ」もアシカ科です。 漢字では「 海狗」 「 膃肭臍」と書きます。 どちらも中国由来の漢字です。 「 狗」はイヌ科の動物を言います。 アシカ・アザラシは「 海の犬」と呼ばれるほど人懐っこいので、この漢字はしっくりきますね。 もう一つの漢字「 膃肭臍」は日本人にはちょっと難しいですよね。 これ、実は 漢方薬から来てるんです。 元々オットセイは アイヌ語で「 オンネウ」と呼ばれていて、中国商人の方々が超えて太っているという意味の「 膃肭」という漢字をあて、陰茎を臍(へそ)と呼んで漢方にしていたことからこの漢字が生まれたという説があります。 日本でも江戸時代から精力剤として飲まれていたそうですよ。 そんな語源で呼ばれているなんてちょっと気の毒ですけどね。 オットセイもアシカ科なので英語では「 sea lion」です。 なのですが、細かく言うとなぜか「 fur seal」、「 eared seal」と呼ばれます。 「 seal」は一般的に アザラシ科を指すので混乱しますが、「 seal」自体に海に住む肉食哺乳類という広い意味もあるので、そう呼ばれているようです。 オットセイはビロードのように 柔らかい毛並みと 耳があることがポイントなので、「 fur seal」はその特徴を活かした言葉です。 またアシカ科には耳があるのが特徴ですが、オットセイの耳が一番わかりやすいので「 eared seal」と呼ばれることもあります。 場合によっては 「 eared seal」は アシカ科全般を指すこともあります。 ちなみにオットセイもアシカ科なので一夫多妻の生活を送り、悲しくもメスの取り合いに敗れたオスたちは集まって集団生活をします。 そういった背景もあり、エサとしている ペンギンに交尾をするオットセイもよく目撃されています。 ペンギンとオットセイの子供も存在するのかというとそうではなく、オットセイが哺乳類であるのに対して、ペンギンは卵から孵化する鳥類という全く違う種類なので、そういったことはないようです。 またペンギンは交尾の後に食べられてしまうケースも多いというのが現実です。 あんなかわいいペンギンを食べるなんてと思ってしまいますが、実は次に紹介するアザラシなどもペンギンを捕食します。 アザラシたちにもシャチなどの天敵がいるわけで、食べるのも食べられるのも弱肉強食の自然界ありのままの世界が息づいています。 アザラシの見分け方と特徴 アザラシは漢字で「 海豹」と書きます。 アザラシには 斑点模様があるものがあり、それが 豹(ヒョウ)に似ていることから来ているようです。 真っ白でフサフサのアザラシを見たこともあると思いますが、それは赤ちゃんの状態なので、成長すると毛が抜けていきます。 アザラシの斑点を 痣( アザ)として、アザラシという呼ばれ方になったという説も。 アザラシは大人になると水の中で生活していることが多く、一方でアシカ科は陸上で生活していることの方が多いのも大きな違いです。 またアザラシは一夫一妻の種類もいれば、一夫多妻の種類もいます。 英語では「 seal」ですが、アシカ科と比べて耳がないことから「 earless seal」と呼ばれることもあります。 外見の特徴として一番わかりやすいのは「 少年アシベ」に出てくる ゴマフアザラシの赤ちゃん「 ゴマちゃん」を思い出せばわかりやすいです。 赤ちゃんなのでまだ斑点が見えていませんが、アシカなどと違ってL字型に起き上がることができずゴロゴロしています。 アシカは歩けますが、アザラシは這って移動します。 ゴマちゃんもよくアシベに担がれて移動してますよね。 現在「」は Eテレで毎週土曜日、朝9時20分から放送されていますよ。 かわいい海獣たちに会いに行くおすすめスポット ではここからはかわいい海獣たちに会いに行くおすすめスポットをいくつか紹介したいと思います。 もし都内でアシカを見に行くなら、 池袋サンシャイン水族館がおすすめです。 2017年にリニューアルオープンしたサンシャイン水族館では、アシカが都心の空を泳ぐように見える「 サンシャインアクアリング」があり、晴れた日はアシカが気持ちよさそうに空を飛んでいるかのように見えます。 — 2020年 5月月4日午後3時41分PDT また国内で野生のトドやアザラシを見たい人は、北海道に行けばみることができますよ。 野生のトドは北海道の西側・ 積丹半島(しゃこたん)などで見られます。 12月中旬から5月まで見られる トドウォッチングの中で人気なのが ダイビングツアー。 トドの至近距離で一緒に泳ぐことができるとても魅力的なプランなのですが、ピークと言われるのは1月で、とてつもなく寒いです。 それでも 積丹ブルーの海では美しい海中景観が広がり、トド以外にも珍しい海中生物が多いので、生涯の中でも忘れられないダイビングツアーになることは間違いないです。 もちろんクルーズツアーもありますが、風のせいなのか水に入ってしまった方が寒く感じないので、ダイビングに慣れてる方は潜ってしまった方がいいのかもしれません。 — 2020年 4月月28日午前1時29分PDT 積丹でも アザラシが現れることもありますが、北海道の東・ 野付半島と 知床、南側の えりも岬や オホーツク海沿岸では、比較的高確率で野生のアザラシを見ることもできますよ。 野生の海獣たちに会いに行くのは、大自然を満喫することもできますし、何よりその生物がどんな環境で生活しているのかを肌で感じることができるのが大きな魅力です。 さらに海外まで足を伸ばせば、野生の海獣たちと出会える機会ももっと広がります。 筆者は以前 ガラパゴス諸島と オーストラリアの カンガルー島で野生のアシカ達が群れになっているところを見に行ったのですが、その光景が目の前に広がった時は体中に感動が広がりました。 ガラパゴスには「 アシカ島」と呼ばれるくらい ガラパゴスアシカがとても多い島( サンクリストバル島)があります。 むしろ犬みたいにたくさんいるので、そのうち見慣れてしまうくらいなのですが。 もう一つ筆者が感動した オーストラリア・ アデレードから近い カンガルー島は、 オーストラリアンアシカや ニュージーランドオットセイの生息地となっています。

次の

マリンワールド海の中道のイルカ、アシカショー|アシカ、アザラシ、トド、セイウチ、オットセイの違いや英語表記は? | 福岡おでかけブログ

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

1.アザラシ(Earless seal)の特徴 日本ではゴマちゃんことゴマフアザラシが有名ですね。 アシカとの一番の違いは、歩けないこと。 前足だけで滑るように動くか転がって移動します。 前足もとても小さく、短いです。 尾も、アシカと違って折りたためません。 耳たぶもなく、そのかわり穴が開いています。 英語で、Earless sealとあるように、耳がない(Earless)ように見えるのです。 後足が発達していて、水の中ではアシカより早く泳ぐことが出来ます。 オキアミ(エビの仲間)やサバ、貝を食べます。 生まれた時は真っ白の産毛で、氷の上で目立たない保護色。 この色のおかげで外敵に狙われにくくなっています。 大人になると毛がとても短くなります。 とても好奇心が旺盛で、アシカと同じようにとても知能が高いです。 海の動物ですが、どうもイタチや熊の親戚のようです。 横顔はとても犬に似ていると言われます。 色々な種類に分かれていて、50kgのワモンアザラシもいれば 一番巨大なゾウアザラシは3700kgもあるそうです。 2.アシカ(Sea lion)の特徴 アシカといえば、水族館や動物園でよくショーをおこなっていますね。 実は、 アシカ、オットセイ、トド、オタリアは同じ種類です。 アザラシとセイウチはそれぞれ別の種類。 前足と後足を器用に使って、お腹を地面から離してひょこひょこ歩いているのがアシカです。 結構スピードがあり、長距離移動できます。 尾はありますがとても短く、後足の間に隠れるようになっています。 小さい耳があり、体毛は非常に短く、色は黒褐色~黄褐色。 体長2. 2~2. 4m、体重は250~250kg。 好物はイカ。 主に魚や貝を食べています。 とても知能が高く、一度習った芸は5年後にやらせても覚えています。 注意深い性格ですが、一度馴れるととても人なつこいです。 一夫多妻制で、繁殖する7月頃はオス1頭に対し5~20頭のメスが 群がるハーレムに。 3.セイウチ/オットセイ・オタリア・トド(アシカの仲間) セイウチ(Walrus) セイウチは写真の長いキバが特徴。 オスにもメスにもあります。 かつてはカナダ東部にも住んでいましたが、乱獲で絶滅し、今では北極圏にのみ住んでいます。 体重は500kg以上、体長も3mほどあります。 アシカやオタリアと同じく、繁殖期にはハーレムを形成します。 そのボスになるため、この牙でオス同士は戦います。 もちろん、外敵と戦う時や海底での餌取りにも使う武器です。 オットセイ(Fur seal) オットセイはアシカにとても似ています。 大人になるとアシカの方が少し大きいのですが、同じ科なので違いが見分けにくく、 子どものアシカと大人のオットセイは本当にわかりにくいそうです。 一応の差として、オットセイのほうが鼻先が尖っています。 遠目で見ると、 アシカは体がツルツルですが、オットセイは毛が生えてるのがわかります。 英語の名前、Fur sealでも、Fur(毛皮)という言葉が付いています。 鼻がそれほど尖っていなくて、体がツルツルのアシカ 鼻が尖っていて、体に毛が生えているオットセイ オタリア(Otaria) オタリアもアシカと同じ科で、南米(チリ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチンなど)に生息しています。 大人のオスに特徴があり、胸と後頭部に立派なたてがみがあります。 オタリアのハーレム Photo by Reinhard Jahn, Mannheim アシカに比べると大きく、体重300kg、体長2~3mほどで、 500kgを超えることもあるそうです。 トド(Steller sea lion) アシカ科では最も大きく、体長3m、体重300~1000kg。 ヒラメ、タラ、シシャモなどを食べます。 手足(四肢)が黒い一方で、体の背面が淡黄褐色、腹面は黒褐色。 スラリとしていて体の大きさの割に小顔なのも特徴。 10月~5月日本の北海道の礼文島あたりを回遊します。 網にかかった魚を奪うため、日本漁業界では駆除対象となっています。 7月終わり頃から大合唱を始めるアブラゼミ。 午後の3時過ぎあたりからよく聞こえるようになり、時 西表島は、島の成り立ちの歴史から、この地域固有の動植物がたくさんいます。 島にある3つの山(古 ヤンバルクイナといえば、沖縄にいる、変わった名前の珍しい鳥、というのはご存じですね。 いったい レッドリスト?レッドデータブック?なんだか赤くて危なそうな色の本ですね。 これらは、絶滅の とてもワイルドでかわいらしいイリオモテヤマネコ(西表山猫)は、沖縄県の西表島で1965年に発見さ 日本の西表島だけに生息するという珍しいヤマネコ「イリオモテヤマネコ」が発見されるまでには、食用に ミドリガメは「アカミミガメ」の幼名です。 アメリカが主な生息地とされるこの亀ですが、現在は ミドリガメ(アカミミガメ)の冬眠は一歩間違えれば、死なせてしまうこともあります。 元気に冬 蜂と聞くと「刺す!」と連想する人が多いのではないでしょうか。 夏から秋には、テレビでスズメ ツシマヤマネコは、長崎県の対馬にのみ生息しているヤマネコで、今では絶滅危惧IA類に分類されていま.

次の

アシカ・アザラシ・オットセイの違い

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

アザラシやアシカ、オットセイは水族館でも人気者です。 水族館に行くとアシカやオットセイのショーをやっていて見る機会も多いです。 芸を覚えることももちろんですが、バランス感覚もすごくて、いつも楽しませてもらっています。 また水槽にいるアザラシも優雅に泳いでいます。 しかしアシカショー、オットセイショーといわれなければ、アシカなのかオットセイなのかよくわからなかったりしませんか? トドやセイウチも何となく見てわかるというレベルですが、はっきりと違いが判らない人も多いです。 これらは大まかに言うと鰭脚類(ききゃくるい)といって海生哺乳類のグループになります。 そこで、アザラシやアシカ、オットセイ、とどやセイウチの特徴などを見てみましょう! スポンサーリンク アザラシとアシカ、オットセイどこが違うの? アザラシとアシカ、オットセイの違いについてですが、分類で言うと、アザラシはアザラシ科、アシカとオットセイはアシカ科になります。 よく水族館で見かけるアシカやオットセイのショーですが、どちらもアシカ科だったんですね。 どうりで、なかなか見わけられなかった訳です。 特徴としては、アザラシはイラストにしたら書きやすそうなずんぐりした体型です。 アザラシとアシカは短い剛毛が生えていますが、オットセイは毛深いです。 アザラシには耳がありません。 耳がないというのは、人間で言うと耳たぶなど左右に出っぱっている部分のことで、アザラシには大きな目の後ろに耳の穴だけあります。 アシカ・には小さめの耳が、オットセイには大きめの耳があります。 アザラシは前脚は短く5本指で鉤爪(かぎづめ)があり、アシカは前脚はヒレになっています。 オットセイもヒレですが、アシカより長いヒレです。 アザラシは陸上では上体を起こすことができず、後脚も後ろに向いてしまっています。 短い前脚とお腹を使って腹ばいする状態で、後ろ脚は後方に伸ばしたままイモムシのような動きで前進します。 アシカ・オットセイは上体を起こし、後のヒレを左右に開き前に折り曲げて、前ヒレ、後ヒレを使って歩くことができます。 アザラシは水中に適した体型にになっています。 指の間に水かきがついていて泳ぐのが早いです。 前脚は体にピタッとつけるようにして、後ろ脚は左右に振って魚のように泳ぎます。 左右の脚それぞれが魚の尾ヒレのようでゆったり、優雅に泳ぎます。 アシカ・オットセイは泳ぐのはあまり早くありません。 前ヒレを鳥が羽ばたいて空を飛ぶような動きで泳ぎます。 スポンサーリンク トドやセイウチとの違いは? トドやセイウチについても特徴を見てみましょう。 分類としては、セイウチはセイウチ科で、かなり体が大きいです。 体長は大きいと3. 5メートル、1,200キログラムにもなります。 トドはアシカやオットセイと同じアシカ科です。 アシカやオットセイに比べるとずっと体が大きいです。 こちらも体長3メートル以上、1,000キログラムにもなります。 またセイウチには長いキバがありずっと伸び続けます。 メスは20~40cm、オスになると30~100cmにもなり、オス同士で戦うときなどにもキバを使います。 一方トドにはキバはありません。 まとめ アザラシ、アシカ、オットセイ、そしてトドとセイウチ。 大きく分けると鰭脚類(ききゃくるい)という仲間ですが、その中でもアシカ、オットセイ、トドはアシカ科でさらに同じ仲間だったんですね。 また、アザラシはアザラシ科、セイウチはセイウチ科と3つに分類されていました。 今まで違いがあまりわからず、何となく同じような感じだったこれらの動物たちでも、それぞれの特徴を見ていくとみな個性がありますね。 今度水族館に行ったら、今までと違った目で楽しめそうです!.

次の