ゴリラ ティー 三島。 ゴリラティー 三島店(GORILLA TEA)|上海の生タピオカ

ゴリラティー三島店のタピオカメニューや値段・アルバイト情報まとめ|タピタイム

ゴリラ ティー 三島

分布 ()、、、南部、、東部、、共和国南部、東部、 形態 オス170 - 180センチメートル、メス150 - 160センチメートル。 体重オス150 - 180キログラム、メス80 - 100キログラム。 毛衣は黒や暗灰褐色。 出産直後の幼獣は体重1. 8キログラム。 オスは生後13年で背の体毛が鞍状に白くなり、シルバーバックと通称される。 生後18年で後頭部が突出する。 ゴリラはを有するが、これはなどのヒトの血液型と比較できるものではない。 分類 ギリシャ語で「毛深い部族」という意味の「gorillai」が由来とされている。 本属の構成種の和名として大猩猩(おおしょうじょう、だいしょうじょう)が使用されたこともある。 は元は架空の動物の名前であるが、の漢名とされていた。 過去には本属をに含める説もあった。 以前はゴリラ Gorilla gorillaのみで本属が構成され、1929年に213個の頭骨の比較から西部個体群(基亜種ローランドゴリラ G. gorilla)と東部個体群(亜種マウンテンゴリラ G. beringei)の2亜種に分けられた。 1961年に下顎骨の比較から亜種を独立種として、マウンテンゴリラから東部低地個体群(亜種ヒガシローランドゴリラ G. beringei graueri)を分割する説もあった。 一方で1971年には近年まで主流とされた1種3亜種(基亜種ニシローランドゴリラ G. gorilla・亜種マウンテンゴリラ G. beringei・亜種ヒガシローランドゴリラ G. graueri)とする説が提唱され、亜種ヒガシローランドゴリラはニシローランドゴリラとマウンテンゴリラの中間型と考えられていた。 の遺伝子やDループ領域の分子系統推定から、西部個体群(基亜種ニシローランドゴリラと亜種クロスリバーゴリラ)と東部個体群(基亜種マウンテンゴリラと亜種ヒガシローランドゴリラ)との遺伝的距離がチンパンジー属の種間距離(チンパンジーとボノボ)に匹敵する解析結果が得られたことで以下の2種に分ける説もある。 ミトコンドリアDNAの解析からニシゴリラとヒガシゴリラが分岐したのは2,500,000年前と推定されている。 分類・英名はMSW3(Groves, 2005)、和名は山極(2015)に従う。 Gorilla gorilla• Gorilla beringei 約1000万年前にへと続く系統からゴリラ属が分かれたと推定されている。 生態 本属に関する生物学的知見は、高地でなどの伝染病を媒介する類などの昆虫が少なく牧畜が行われていたため一部の現地住民を除いて食用として狩猟されることが少なかったこと・農作物を食害することが少なく害獣としての地元住民との軋轢が少なかったこと・これらにより人間に対する警戒心が薄く直接観察しやすかったこと・高い木がなく下生えが密生した環境に生息するため草が倒れた痕跡で追跡しやすかったこと・ほとんど樹上に登らないため痕跡が途絶えにくいこと・アフリカで最も古い国立公園であるに生息し保護が早くから進められていたことなどの理由から、近年までヒガシゴリラの基亜種(以下マウンテンゴリラ)を中心とした知見に基づいていた。 多湿林に生息する。 生息密度は主に1平方キロメートルあたり1頭だが、コンゴのニシローランドゴリラ個体群では湿地での個体密度が1平方キロメートルあたり5頭に達することもある。 で、夜間になると日ごとに違う寝床を作り休む。 10 - 50平方キロメートルの行動圏内で生活し、1日あたり0. 5 - 2キロメートルを移動する。 亜種や地域によって変化があるものの社会構造は端的にいえば、 1 単独のオス、 2 オス1頭とメス複数頭からなる群れ、 3 複数の雌雄が含まれる群れ、からなる。 オスが成体になっても群れに残る傾向があるマウンテンゴリラを除くと、複数の雌雄が含まれる群れを形成することは少ない。 オスの幼獣が産まれて成長すれば複数の雌雄が含まれる群れとなるが、通常は父親が後から産まれたオスが群れのメスと交尾しようとすると威嚇し交尾を抑制するために後から産まれたオスは群れから離脱してしまい、オス1頭とメス複数頭からなる群れに戻る。 群れのオスが死亡した場合は、後から産まれたオスが群れを引き継ぐこともある。 群れの大きさは低地では20頭以下、高地では30頭以上の群れを形成することもある。 例として亜種ヒガシローランドゴリラでは、同亜種でも低地個体群と高地個体群では群れの大きさが異なる。 群れ同士の関係は同じ地域であっても変異があり、マウンテンゴリラのヴィルンガ個体群はある時期には群れ同士が威嚇するだけで激しい衝突はせず異なる群れの幼獣同士で遊ぶこともあるといった報告例があったが、別の時期にはオス同士では激しく争い命を落とすこともありも行うといった報告例がある。 食性は傾向の強い雑食で、、植物の葉、アリやシロアリなどのなどを食べる。 低地では種にかかわらず果実食傾向が強く、果実が豊富な環境では果実を主に食べ、食べる果実の種数がチンパンジーと同程度に達することもある。 マウンテンゴリラは季節によって果実なども食べるが、乾季に食物が少なくなると植物の葉・芽・樹皮・根などの繊維質植物を食べる。 食べるアリの種類や、採食方法などは地域差がある。 採食方法の例として、平手で地面をたたく・平手で樹上の巣を壊す・手の上に巣を乗せアリを叩き落とす・アリの群れに手を突っ込んで舐めるなどといったものがある。 シロアリが生息しない高地に分布するヒガシゴリラは、植物についているダニやクモを無作為に食べることで動物質を補っていると考えられている。 マウンテンゴリラは自分の糞も含めた糞食を行い、腸内細菌の摂取や未消化の食物を再吸収していると考えられている。 捕食者としてが挙げられる。 例としてヴィルンガ山地のキソロでのシルバーバックの個体がヒョウに殺されたという報告例、コンゴ共和国のン・ドキでヒョウの糞の内容物の調査からオスの骨が発見された例、中央アフリカのザンガ・サンガ国立公園でヒョウに襲われた報告例などがある。 カフジ=ビエガ国立公園のヒガシローランドゴリラの個体群ではオスが死亡した群れでメスや幼獣が主に地表に作っていた寝床(68. これはオスがいなくなったことで、捕食者を避けようとしたためだと考えられている(カフジ=ビエガ国立公園にはヒョウはいないが、1970年代までは目撃例があったとされる)。 動物学者のは、ゴリラを含む類人猿は知能が高いので恐怖や痛みに極めて敏感であり、ヒョウなどの捕食動物には不得手であると述べている。 繁殖様式は胎生。 妊娠期間は平均256日。 出産間隔は3 - 4年。 寿命は約40 - 50年で、53年の飼育記録がある。 前肢を握り拳の状態にして地面を突く ナックルウォーキングと呼ばれる四足歩行をする。 発見以来、長年に渡って凶暴な動物であると誤解されてきたが、研究が進むと、交尾の時期を除けば実は温和で繊細な性質を持っていることが明らかになった。 かつてドラミングが戦いの宣言や挑発の手段と考えられていたが、によれば、胸をたたいて自己主張し、衝突することなく互いに距離を取るための行動だという。 また、群れの間では多様な音声を用いたコミュニケーションを行い 、餌を食べる時などに鼻歌のような声を出しているのが確認されている。 ゴリラは警戒心が強く、神経性の下痢にかかりやすい、心臓の負担から死にいたるなど、ストレスに非常に弱いことも明らかになっている。 特に交尾の時期には、オスがメスを殺すことがあり、動物園での繁殖には細心の注意が必要とされる [ ]。 群れ同士は敵対的だが、縄張りを持たず、お互い避け合うことが知られている。 交尾は一年を通じて行われ、発情期による「交尾の季節」は存在しない。 ゴリラのメスには、チンパンジーに見られるような性皮の腫脹がないため、外見では発情しているかどうかは分からない [ ]。 人間との関係 のが紀元前6世紀にアフリカ西海岸を周航した際に遭遇した野人の集団の呼称が「ゴリラ」だったとされるが、現地語ではゴリラという呼称は確認されていない。 この野人が本属であることも疑問視されている。 森林伐採や採掘による生息地の破壊、食用()の乱獲、内戦、感染症などにより生息数は減少している。 森林伐採により交通網が発達し奥地へ侵入しやすくなるとともに輸送コストも安くなったこと・経済活動の破綻により都市部の失業者が森林のある地域へ大量に移入したこと・内戦により銃器が流出し狩猟に用いられるようになったことなどの理由で食用の乱獲は増大している。 生息地は保護区に指定されている地域もあるが、密猟されることもある。 飼育施設などで飼育されることもある。 が世界で初めて飼育下繁殖に成功した。 日本ではに初めて輸入されて以降、現在ではニシローランドゴリラのみ飼育されている。 にマウンテンゴリラが2頭輸入されているが、2頭とも数日で死亡している。 日本ではにが初めて飼育下繁殖に成功した。 に「ゴリラ繁殖検討委員会」が設置され、から各地の飼育施設で分散飼育されていた個体を1か所に集めて群れを形成し飼育下繁殖させる試み(ブリーディングローン)がで進められている。 日本では2018年現在ゴリルラ属(ゴリラ属)単位でに指定されている。 ギャラリー• Mammal Species of the World, 3rd ed. , Don E. Reeder ed. , Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 111-184. 2010年9月7日. 2016年1月14日閲覧。 National Center for Biotechnology Information, U. National Library of Medicine. 2019年5月7日閲覧。 2011年1月3日. 2016年1月14日閲覧。 池田清彦『38億年生物進化の旅』新潮社、2010年、186頁。 [ ]• 木村賛「サルからヒトの二足歩行を考える」『バイオメカニズム学会誌』第38巻第3号、バイオメカニズム学会、2014年、 169-174頁。 日本経済新聞 電子版. 2020年4月14日閲覧。 福音館書店. 2020年4月14日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年4月14日閲覧。 natgeo. nikkeibp. 2020年4月14日閲覧。 www. brh. 2020年4月14日閲覧。 環境省. 2018年7月11日閲覧。

次の

【タピオカ開店9月】静岡三島小路駅すぐにGORILLATEA(ゴリラティー)がオープン

ゴリラ ティー 三島

特色 [ ] 太く迫力ある声に定評があり 、主にや豪放・豪傑なキャラクターを多く演じた。 やなどのの仕事も数多く手掛けていた。 その重い声質を生かし、問題が表面化して以降は『』などで関連VTRで緊迫した口調でナレーションを務める機会が非常に多かった。 逆に『THE・サンデー』の一部のコーナーや『』などでは真面目な口調の振りをして面白おかしくナレーションをしている場面もある。 『』などでも悪役を演じることが多く、代表作としては『』の二の槍チュウズーボがある。 『』では、ナレーションを担当した。 、日本映画・監督作品『』に出演した。 死去したや、から持ち役の一部を引き継いでいる。 人物・エピソード [ ] 演じることの多い悪役のイメージとは対照的に、温和で非常に優しい性格である。 しかし本気で怒らせると非常に怖かったという。 捨てられた動物も見過ごせなく、捨てられていた子猫を拾ってかわいそうにと頭を撫でていると、その子猫の首を折ってしまい大号泣したというエピソードを持っている。 また先輩声優のに「ゴウリダイスケに名前を変えようと思うんです」と相談したところ、野沢は彼のイメージから「なに? ゴリラ? じゃないよね。 なんていうの?」と聞き返してしまったという。 同じく声優のとは、養成所で会って以来の親友同士であった。 デビューする前や新人時代からや立ち食いそば屋で一緒に3年ほどをして、2人で来客への挨拶をしながら発声の練習をしたり、原稿を作って台詞やナレーションの勉強をよくやっていたようで、念願の共演を果たした時には、焼鳥屋で2人して泣きながら呑んだという。 同じ事務所のからは「ゴッチ」の愛称で呼ばれていた。 古川が主宰していた劇団青杜の公演「うさぎはねている」の時には、仕事で忙しい中、客演したという。 死去 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 2010年1月17日午後3時頃、の路上で、腕や手首などから血を流して建物のすき間にうつぶせの状態になって倒れているところを通行人に発見され、死亡が確認された。 57歳没。 警察は、現場の近くから刃物に加えてが見つかったことから、とみている。 遺書は家族宛てのもので「ごめんね」「ありがとう」と書かれていた。 所属事務所だった青二プロダクションからは、死因はと発表された。 同年に死去したとは同じ事務所で多数の作品で共演しており、この相次ぐ突然の訃報は多くのファンに衝撃を与えた。 亡くなる数年前からを患い、を併発してが極端に低下していたとの声優仲間からの証言があり、思うように仕事ができないとこぼすことが多かったと言われる。 親友だった井上和彦は「昨年末の『』の収録では元気のない感じだった。 結婚してお子さんもいたので、あまり連れ出すのも…と思い、付き合いが減ったのが残念。 もっといっぱい話したかった」と郷里の死を悼んだ。 『』での娘を演じたは、「もしも『』が続いて、ビーデルを演じる時が来たとしても…郷里さんがミスターサタンじゃないなら、私もビーデルやりたくないと泣き、みんなを困らせました」と、自身のブログで心境を吐露している。 『』では、2010年放送のエンディングで、同番組のナレーションを務めていた郷里の死去に対するお悔やみの言葉を添えて放送した。 『』では、双葉商事の部長を演じていたが、郷里の死後5年間に渡って登場しても台詞なし、もしくは名前のみでの登場がほとんどだった。 2015年公開のと同年6月以降のテレビアニメ版では、郷里の死後に持ち役を多く引き継いだが声を担当している。 関係のゲーム作品におけるドズル・ザビの音声は、基本的に郷里が生前に収録していたものが使用されているが、『』シリーズのように新規収録を行う場合は劇場版第3作などで同役を演じたを起用している。 郷里が複数役で出演していた『』では、リメイク版の『スターフォックス64 3D』で郷里の死去を理由にキャストが総入れ替えされた。 『』2010年号では、同誌連載の『 究極の超人タッグ編』の扉ページに、アニメ版にて郷里の持ち役だったが掲載された。 原作者のうち原作を担当する嶋田隆司は「唯一無二の声優だっただけに、わたしの心に穴がポッカリあいてしまいましたが、これからも誠心誠意ロビンを描いていくことを誓います」と、自身のブログで発表した。 『』では、ナレーターや武田信玄を務めた『』の公式サイトで追悼が手向けられた。 葬儀は遺族の強い意思により、にて執り行われた。 2010年3月31日に行われたのラジオ番組『』の公開録音中、同局アナウンサーのの私物をプレゼントする企画では、ゲーム『』のサイン入り台本をプレゼントすることになっていたが、郷里のサイン入り台本のみ観客や吉田の意思を尊重し、プレゼントしないこととなった。 後任 [ ] 郷里の没後、持ち役・ナレーションを引き継いだ人物は以下の通り。 後任 役名 概要作品 後任の初担当作品 ナレーション 『』 2010年1月25日放送回 『』 第2回 『ビートたけしのTVタックル』 2010年4月放送回 かぜこんこん 『』 『それいけ! テレビアニメ [ ] 1973年• (ナレーション) 1978年• (ギャラクター、男C、所長、係員B)• (インダストリアの地下住人 、ガンボート乗組員)• (警官、タクシードライバー、アフリカ大統領、ファントマ・マークIIIの手下、フランケンシュタイン 他)• (カメラマンA、下士官) 1979年• (、黒騎士、隊長)• (ギャラクターB、兵士)• (、老人 他)• (渡辺)• 1980年• (チンピラ吉)• (審判、教師、編集長、医者)• (門弟A)• (監視ロボット、操縦ロボット)• (がちょうB)• (手下)• (ロンバッハの手下、防衛隊員)• (隊員) 1981年• (ゴールドフンガー、ビッグハンド、ラ・クカラチャ)• (サヨッカー)• (ガリコネ隊長)• ( ヤッター・ラ・ケルナグール )• (兵士)• (井山大木)• 1982年• (試験官 )• (イーゴ・モッコス)• (ヒゲノ濃造部長、ヤカン、空手型メカ)• (エイリアン、船員、大馬先生、見物人A、客B、フランケンシュタイン、部長B、医者)• (幹部B、アタマ、署長、店長)• (ネルソン・ロイヤル)• (チホルトウン)• (クレープ屋、子分)• (ジムルの父、TVアナウンサー、ポポロ、子鬼A)• (ヘラクレス、マックス)• 1983年• (大男、守護霊)• (白川)• (小隊長)• (ルパンの花嫁の部下)• (バルタオ、隊長、研究所長)• (花井社長)• (龍作)• ( ブービィ、キングジョー、カール・ベーコン)• ( ブリ・キデーラ、モウラ、看守、警察官B、スピーカーの声、兵士B、暴走族、ポリスB)• (ヘンリー〈初代〉)• (カバ夫の父 他)• (星井守)• (デスブラザース、ドレド)• (ペンチ・ポー) 1984年• ( 鉄人ウルトラZ)• (ロビンマスク)• ( デリヤ)• (オドンネル)• (象の尻関)• (1984年 - 1987年、ダイヤJ、ゲルツ、ウイグル獄長、ブル、ダルカ、ハズ、赤シャチ) - 2シリーズ• (バルボーニ〈初代〉、ゲルド隊長、デスキュラ兵士)• (暴走族)• (ガイスン)• ( シンバ)• (サロモン)• (ICPO新長官 他)• (クロード・レオン総司令、グリーン大佐、ヴィーラ)• 1985年• (カークス・ダニー少佐)• (、市長)• (ジェームス)• (男A、田子)• (1985年 - 1988年、隊長、の父、ジャイアンのいとこ)• (小金井滋) 1986年• (ガイラ、デルダン)• (ダブリン市長)• ( モス )• (1986年 - 1988年、かみなり、、妖怪樹)• (サムソン、縁川卓二 他)• (医者)• (1986年 - 1989年、 ウミガメ、牛魔王、、ゴラ、イノシカチョウ、巨人、シンバル、ドラム、ヤオチュン 他)• (瀬国太志、我慢素留造、質寄量)• (ドラゴン皇帝)• (覆面男)• (漫画家)• (国王ギランドル)• (ビジュール大王)• 1987年• (ギャングA、チンピラA、社長)• (岩鉄)• (1987年 - 1989年、組長、五郎兵衛、雷王、銀の字、男A) - 3シリーズ• (コルトン)• (カミナリ)• (鬼ガシ魔、ダビデブ、大層魔、魔落鬼、満怒ヒヒ)• (天星の主人)• (会長) 1988年• (1988年 - 1991年、兵士1、大男、和尚、デュマ)• ( )• (かぜこんこん〈初代〉)• (大男、土偶人、アンドレ、ラーメンマンキラー、マグナム)• (メガロ)• (ダウロス、パキンパー)• (ゼロニモ、ヘドローナ、ビビデ・シシカバ・ブー )• (沙嵐坊) 1989年• (1989年 - 1990年、閻魔大王)• (1989年 - 1991年、THUNDER BOLTSのボス、砂川)• ( 山崎ひろみ)• (パグーラ)• (ハーディ)• (ドル・アーミー)• (陪審員、シュワルツ)• (鬼、警官)• ( ドドンガ、飲み屋の客)• (1989年 - 1996年、ウミガメ、牛魔王、エンマ大王、ビネガー、コルド〈初代〉、 他)• (超ダイ石獣)• (ビル)• (ドノバ)• (タンバロン、ナマンズ、デベロマン、タブー)• (1989年 - 1993年、上司、男、社長) 1990年• (カメカメカ大王 )• (シュテンタイガー〈2代目〉)• (大里係員、インストラクター、タコ山、柔道選手)• (キャプテン・ネモイ )• (ホーンガイスト)• (ビーフ)• (大男)• (借金取り) 1991年• (キングドッキン)• (ハーモン、カポネ)• (プロフェッサー・ランドウ )• (ドクノイズ、タイフーン、ライフラー、サムイドン、オジサーン)• ( 宇宙皇帝ドライアス) 1992年• (コルドロン、ジャーザイル)• (ヨッパライダー、アライくん、ライオン 他)• (隊長) 1993年• (部長〈初代〉、ドンドン、店員)• (武蔵坊弁慶)• (半漁人)• (牛魔王)• (1993年 - 1996年、男、トモミのパパ、紅天狗、山賊、児玉山彦)• (ゴジゴジ 、半魚人) 1994年• (イサム)• (スポーツマン)• (メタルクロー)• (キャトー・ノリヤス) 1995年• (ランプの精、頭、トレヴィル)• (1995年 - 2009年、赤眼の魔王シャブラニグドゥ、ピッグ、シャブラニグドゥ) - 3シリーズ• (ビッグサム、キングバグジー、デビルサメゴン) 1996年• (ポリネール)• (ガルシア)• (黒田)• (1996年 - 1998年、輪入道、カミナリ、邪魅、朱の盆)• (ゲティン)• (1996年 - 1997年 、サタン、黒煙の龍)• (殿山十三) 1998年• (怪力男)• (ファッティ・リバー)• (ラメン所長)• (1998年 - 1999年、オヤブン)• (デカルト) 1999年• (アンティゴノス)• (ゼータ)• (白澤監督)• (王様、ナレーション)• (エクシアデ・リーゴ)• (キムボール)• (マンモスカメロン)• (デービス)• (ギルティー) 2000年• (アークエット元帥)• (多紀誠斎)• (パンドリア) 2001年• (ランバルト・フィデス)• (ファンク)• (フングス)• (ガシュレー)• (ミキオ)• (2001年 - 2009年、ドリー 、ロックスター 、ジンベエ ) 2002年• (2002年 - 2006年、ロビンマスク) - 2シリーズ• (マルコ・アモレッティ)• (ズリエル)• (ウォッカ ) 2003年• (凶骨)• (長戸)• (ブヨブヨ巨人)• (大眼)• (郷田優) 2004年• (ブルル公爵)• (渋井松之介)• (ドミニク・レコルト)• (伊吹丸)• (村正先生)• (半田順次)• (前田熊蔵) 2005年• (アントン・セバリアスJr)• (フロイド・サンダース)• (2005年 - 2006年、ブルル)• (オルティガ)• (山賊親分) 2006年• (大妖狐〈封印〉)• (マックス)• (光邦の父)• (カリグラ)• (井上組長)• (ぼん〈大葉丈治〉)• (白浜元次)• (ブッバ)• (きびだんご三助、桃太郎天子、鬼ガシ魔)• (コウガ) 2007年• (エディ・ホンダ)• (2007年 - 2008年、閻魔大王)• (扇一郎)• (イカボッド)• (ダイチチ)• (郷田)• (ドンドチャッカ・ビルスタン)• (声、ダークドラゴン)• (パンデモス・男、ナレーション 他)• (スナコの父) 2008年• (マグ・熱人)• (ゲバルト)• (灰かぶりの豆ぞう)• (生前の鬼太郎の父)• (シャーデンフロイデ) 2009年• (バジル〈初代〉)• (閻魔大王〈初代〉、牛魔王〈初代〉、ポルンガ〈初代〉) 劇場アニメ [ ] 1981年• (塁審) 1982年• (兵士) 1983年• (シンディーの部下 他)• (ロキ)• (メカ忍5号) 1984年• ( ロビンマスク)• ( ロビンマスク) 1985年• ( ロビンマスク)• ( ロビンマスク)• ( ロビンマスク)• ( ヤッター・ラ・ケルナグール) 1986年• ( )• ( ロビンマスク)• ( ロビンマスク)• (防衛長官)• (ウイグル)• (ウミガメ )• (真理) 1987年• (ガステル) 1988年• ( 江田島平八)• (赤ひげの兵士)• (ウミガメ) 1989年• (ゲームアナウンサー)• ( 山崎ひろみ)• (クラヤミ族B)• (牛魔王) 1990年• (リトルジョン)• (ミソカッツン)• (レインボー) 1991年• (魔人)• (ドロダボ) 1992年• (盗賊副長)• (、)• (かぜこんこん、かびるんるん)• (ザングレイ)• (闘鶏の主催者、ガンダルス将軍の部下)• (井岡) 1993年• ( 山崎ひろみ)• (Tバック男爵)• 三国志 第二部・長江燃ゆ! (夏侯惇)• (氷室弦馬 )• (警察署長)• (ミスター・サタン)• (近藤) 1994年• 三国志 完結編・遥かなる大地(夏侯惇)• (ジャンボス)• (ミスター・サタン)• (ビッグ) 1995年• (あらくれ1)• (ミスター・サタン) 1996年• (ゴド族頭)• (メガロドラゴン)• (やし落とし)• (戦士)• (海亀)• (鉄人) 1997年• (オスゴリラ)• (ローズ)• (ザビー・クスコ博士) 1999年• (部長) 2001年• (太田斧彦 )• (海堂俊介 )• (町長) 2002年• ( 山崎ひろみ )• (ウッキーレッド)• (コングファイター )• (ホットドッグ将軍) 2003年• (部長 )• (パパンダー)• (ボビー、胴元) 2005年• (2005年 - 2006年、バスク・オム) - 2作品• (部長) 2007年• (社長)• (フドウ) 2008年• (部長)• (閻魔大王) 2009年• (部長)• (ピエール)• (メルゾム・ケイダ)• (竜) 2010年• (ハメシュ・フリーニ〈ゴリライダー〉) OVA [ ] 1983年• (公安部長) 1983年• (星井守) 1984年• (ラモー・ルー) 1985年• バビ・ストック I 果てしなき標的(バズウ)• (長老)• (上司)• (ザンバ ) 1986年• (艦長A)• (エチゴヤジュウベエ)• (原沢良美) 1987年• (艦長)• (ビョウドの手下)• (妖将ダァティラ)• (真理)• (星井守、シンバ、小金井滋) 1988年• ( 山崎ひろみ)• (オフレッサー上級大将)• (柳大人、ジゴン、組員3)• (Dr. シャッハ)• (オリオニス)• (ガルー)• (真理) 1989年• (番長)• (ノートン)• (ダーゼルブ)• (張、リュウ)• (戦鬼)• (ペトロア)• ( 不動正美)• (運転手)• (花岡虎造) 1990年• (ザンボラー、スカイドン、ウルトラマン80、ファイヤー星人、ウー)• (狙撃犯、まりも、ワクワクトン)• (ゴメス)• ( 破壊大帝バイオレンジャイガー、恐竜将軍ダイナザウラー)• (弘のおじ)• (海豊) 1991年• (清川)• (ロゴス)• (バスク・オム、参謀、艦隊参謀)• (ボスゴリラ )• (美夏の父)• (邪虎久坊)• (ジェフリー) 1992年• (中村米次)• (西条恵)• ( 池戸定治、ナレーション)• () 1993年• 「」(大鬼)• ゴリラーマン2( 池戸定治、医者、タクシードライバー)• (京三)• (漆原) 1994年• (クリントス将軍) 1995年• (ジョナサン・ワシントン)• ようちえん戦隊げんきっず(おべんと怪人、雨ふらし怪人) 1996年• (フェンダー)• (ガイア) 1998年• (オフレッサー上級大将)• (東郷兵八郎)• (コーウェン)• ( 三島平八) 2004年• (広目天) 2005年• () 2007年• (フドウ) 2008年• シリーズ(ロマノフ、ナレーション)• (天王山さん)• (Mr. サタン)• (スコット・ドルフ)• (ドロラ) 2009年• () 2010年• (コヴナント艦隊司令官) Webアニメ [ ] 2001年• (百目鬼)• (戸隠先生、徳川先生) ゲーム [ ] 2011年以降の出演作品は生前の収録音声を引用したライブラリ出演。 1989年• ( ゴーバン・トバ)• (ダーク中尉) 1990年• (グラメス王)• 迷宮のエルフィーネ(プロフェット) 1991年• ( ゴンザ・プロット)• (バム) 1992年• (Dr. ギガガ)• (白クマ王)• ブライII 闇皇帝の逆襲( ゴンザ・プロット)• (ゴーバン・トバ)• ( 山崎ひろみ)• (アルデII世)• (ミスター・サタン) 1994年• (版)(ホスロウ)• (ミスター・サタン)• (牛魔王)• (ぞう大魔王)• (ボーガン) 1995年• ( サムソン)• (ジェラード)• (、、)• (アボボ、ブルノフ)• ( サムソン)• (バルガス将軍)• (ガイア)• 闘神伝2(ガイア)• 闘神伝S(ガイア)• (ミスター・サタン)• (ミスター・サタン)• ブルー・シカゴ・ブルース(J. ハロルド) 1996年• ( レオ、金剛、ヴァルドール)• (ムジョー)• (ビルシュタイン、ガモフ、ゴア)• 闘神伝2プラス(ガイア)• 闘神伝3(ガイア)• 闘神伝URA(ガイア)• 東方珍遊記 〜はーふりんぐ・はーつ!! 〜(ディック)• (ミスター・サタン)• (アイン・マクドガル)• (ぞう大魔王)• (ヒグマの大将)• マジクール• リグロードサーガ2(タタラ) 1997年• (ザクセン・リースリング)• (ゴリアテ)• (ヤッター・ラ・ケルナグール、バスク・オム)• ( ペパー将軍、、ピグマ・デンガー 他)• (モスマン、レッサーデーモン、シャブラニグドゥ)• (三島平八)• (偉大なるカルベ)• (トルヘス、長老ヤコブ)• 熱砂の惑星(ボス)• バウンダリーゲート(グレイストーン)• パズルアリーナ闘神伝(ガイア)• フェーダ2(アイン・マクドガル)• (敵司令官)• (一つ目入道)• (ダハー大佐)• (バルガス) 1998年• (1998年 - 2016年、〈無印 - OVER WORLD〉、) - 13作品• (ドズル・ザビ、バスク・オム)• (太田斧彦)• (ドズル・ザビ、ヤッター・ラ・ケルナグール、バスク・オム)• (エッジマスター)• (ハリー・ネス)• (ゴンザレス、巽教授、巽博士)• (カール・ジョンソン)• (バース・アームストロング)• はいぱぁセキュリティーズ2(トッド)• (墨流)• (ザッパ)• (デュノス・ヴォルフガリオ)• (ボーガン)• ( ) 1999年• (客)• (だるまおいどん)• (ドズル・ザビ、ヤッター・ラ・ケルナグール、バスク・オム)• (三島平八)• (バース・アームストロング)• 闘神伝 昴(ガイア)• (紅蓮の炎ベルフェル、凍土の支配者ベフィモス、怒れる大地モロク、魔神〈混沌の魔神〉サートゥス) 2000年• (ドズル・ザビ、バスク・オム)• (マレッグ)• ( 島津義弘)• (修羅部ウメ)• (ゴル、ガナン)• (CEOナワダイク・モーガン)• (ドズル・ザビ、バスク・オム、ゲスト親衛隊兵)• ( ヴォルト・クルーガー)• (ホーンガイスト)• (地の竜、イノブノタケル)• (ウイグル獄長、でかいババア) 2001年• サンライズ英雄譚2(ゴル、ガナン)• (アルバート・サイモン)• (ドズル・ザビ、バスク・オム、ゲスト親衛隊兵)• (バスク・オム)• (三島平八)• (アンタレス)• (ドルフ司令官)• (バルケン、レイノフ、ヴィクソン) 2002年• (ナレーション)• SDガンダム GGENERATION NEO(ドズル・ザビ、バスク・オム)• (おっさん)• (ドズル・ザビ、バスク・オム)• (シグルド・ジーダマイア)• (ロビンマスク、イエティ)• (ナハトゥム)• ( 江田島平八)• (太田斧彦)• (ウッキーレッド)• (、ナレーション)• (ボス・ナス)• (ニム)• (バース・アームストロング)• (スプーキー、ゴーストツリー〈ウォームウッド〉)• (ドリー)• (ムジョー)• (ジュルベール王) 2003年• (ミゲール・バティスタ)• (おっさん)• (シナリオ導入部、イベントムービーのナレーション)• SUNRISE WORLD WAR Fromサンライズ英雄譚(バスク・オム)• (バスク・オム)• (ヤッター・ラ・ケルナグール)• (那須、巌陀)• (ミスター・サタン)• (マナ、神の声)• (ブロンソン)• (審判)• (ロックスター) 2004年• (オーソン・ペロー)• ( ブルル)• (レオ)• (カリグラ)• (ロビンマスク、アシュラマン、ブラックホール、バラクーダ)• (ロマノフ)• (高原厚、徳野清蔵)• (ラザラス)• (バロン、モグ)• (アルバート・サイモン)• (ドズル・ザビ、イーゴ・モッコス)• (モビィディック・カフェマスター)• ( )• 戦国無双 猛将伝( 武田信玄)• (トーマ)• (三島平八)• DEAD OR ALIVE ULTIMATE(バース・アームストロング)• (那須)• (ミスター・サタン)• (ゲーブル社長)• (シルバー・ホーンド、エンシェンタス)• ONE PIECE ランドランド! (ドリー) 2005年• クイズマジックアカデミー3(ロマノフ)• ( 武田信玄)• ( 江田島平八)• (ウッキーレッド)• (ケイオス)• ( キャトー・ノリヤス)• ( ピグマ・デンガー)• (ヤッター・ラ・ケルナグール)• (三島平八)• (バース・アームストロング)• (棒兵衛)• (ミスター・サタン)• (ミスター・サタン、牛魔王)• (ミスター・サタン)• (神の声、オープニングナレーション)• (三島平八、武蔵坊弁慶)• (デニス・ギフォード)• (ジェフリー・スタンフォード)• (ベルガモット)• (三島平八)• (バルガイン・エイルス)• (ドリー) 2006年• ( 筑波貴繁)• (ドズル・ザビ)• (ロビンマスク、アシュラマン)• (ロビンマスク、ブラックホール、アシュラマン)• (ロビンマスク、アシュラマン、ブラックホール、バラクーダ)• (アクセレイ)• (タルカス)• (ドズル・ザビ、イーゴ・モッコス)• 戦国無双2( 武田信玄、ナレーション)• 戦国無双2 Empires( 武田信玄)• (WRO隊長)• (VSSE指揮官、ジャック・マザーズ中尉、フランク・マザーズ)• (三島平八)• (バールダイモン)• ( 島津義弘)• (閻魔大王)• (ミスター・サタン、牛魔王)• (ワイズマン)• (カニンガム)• (ゲンガン)• (エルヴィス) 2007年• (巡洋艦マリーゴールド艦長 ケニス・ジョーンズ)• (力王山)• (ロビンマスク、アシュラマン、ブラックホール)• クイズマジックアカデミー4(ロマノフ)• (ウッキーレッド)• 戦国無双 2 猛将伝( 武田信玄、ナレーション)• (三島平八)• (ミスター・サタン、閻魔大王)• (ミスター・サタン、コルド大王、牛魔王)• (ミスターサタン)• ( 武田信玄)• (カニンガム)• (魔人) 2008年• ガーネットクロニクル〜紅輝の魔石〜(グルツ)• (ドズル・ザビ)• (ドズル・ザビ、バスク・オム)• (ロビンマスク、ブラックホール、アシュラマン)• クイズマジックアカデミーDS(ロマノフ)• クイズマジックアカデミー5(ロマノフ)• (デンジャラスボブ)• (バスク・オム)• (ミスター・サタン、閻魔大王さま)• (嵐のヴォルフ)• ( 武田信玄)• (魔人) 2009年• (ドズル・ザビ、バスク・オム)• クイズマジックアカデミー6(ロマノフ)• ( 武田信玄)• (テンペラー星人)• (ドラム)• (ミスター・サタン)• (嵐のヴォルフ)• ( 武田信玄) 2010年• クイズマジックアカデミー7(ロマノフ)• クイズマジックアカデミーDS 〜二つの時空石〜(ロマノフ)• (ロキ)• (牛魔王)• ( ダグザ) 2011年• (バスク・オム)• 戦国無双3 Z( 武田信玄) 2013年• (ドズル・ザビ) 2014年• (デスレム) 2017年• (三島平八) 2019年• (ゴタン) パチンコ・パチスロ [ ]• (ランプの魔神・覚醒フリード)• CR忍術決戦月影(猛鬼)• (ロビンマスク、アシュラマン)• CRファナティックバトル(ベルケイン)• シリーズ(ウイグル獄長)• CR北斗の拳 伝承• CR北斗の拳 強敵(とも)• CR義経物語(弁慶)• (ロビンマスク、ブラックホール、アシュラマン) 吹き替え [ ] 俳優 [ ]• (ウォルター・ロビンス)• ( 予言者)• (エディ)• ( コブラ・バブルス)• (ヴァチール所長)• (サム)• (フランキー・フィグズ)• ( タグ)• ( タグ)• 悪魔の毒々おばあちゃん(フレッド)• (フラック)• アマゾネス対ドラゴン(カニクラ)• (トー・ジョンソン〈〉)• ( アイラ〈〉)• (ジェローム)• ( フレッド〈〉)• (バス運転手)• (アーノルド〈〉)• (ジェリー)• (ラッセル・ティンズウォージー〈〉)• (ボー・ギャトレット〈〉)• 恋の魔術にかかったとき(リー)• (ルビオ〈〉)• ジャックと豆の木伝説(リチャード・リーチ〈〉)• (マーシャル〈〉)• (ヨセミテ・サム)• 〈〉)• (ホレース・キング)• (ハリー〈ジュード・ファレス〉)• 大都会の青春(ドナルド・アンバー)• (ウェスリー〈〉)• (エミール・マッズ〈〉)• ( 〈〉)• (ホール警部補〈〉)• (マクータ)• (マクータ)• (コルム)• ( 〈〉)• (ウィンストン〈〉)• フライング・キッズ(ブルース・ライアン)• ( ウェッソン〈〉)• (バック〈〉)• ブロークン・ハイウェイ(ザック・エメリー〈〉)• (マーティン・ベック〈〉)• (強盗団部下ドラゴン)• ポリスアカデミー5 マイアミ特別勤務• 新ポリスアカデミー バトルロイヤル• (ジョー〈〉)• (ブレイズ〈〉)• (ヨセミテ・サム)• (スパイダー・リコ)• (精肉工場の主任〈フランク・マクレー〉)• (スパイダー・リコ)• (ロボコップ)• 40(イソロク・カワナミ)• (スペースギャング〈ドン・ヘンダーソン〉)• シーズン1 18(医師〈〉)• シーズン2 16(ジョー・ナカニシ)• ( マイケル・"タンク"・エリス〈〉、 オーバー・マインド)• (スパイク〈初代〉、スワンプ・モンスター)• (アルフォンス)• (レオン)• シーズン1 4(ボクサー)• ( ジーン・フリッツ)• シーズン1 10(フレッチャー巡査)• (検死官)• (コーラー艦長〈予言の子〉)• (ハドソン司令官)• ( ハンク・ジェニングス〈〉)• シーズン1 4(ライナス・オリヴァー)• シーズン2 1(ミゲル・レビヤ〈〉)、 2(ダビロ、オーフィル・リヴェラ)• シーズン3 4(ジョン・ルーガー〈ロン・パールマン〉)、 14(ラモン)• (ビーバーの旦那さん)• シーズン3 14(ガレージセールに来た客〈アラン・ブルーメンフェルド〉)• シーズン1 7(ゲイブ・コールダー〈〉)• リンコ• ( アイアン・ジャイアント)• (ドミナス・タスク)• (ビショップ)• (ビーフジャーキー)• (ロイ・スナイダー判事〈代役〉、アーレン・ビターバック〈〉)• ( バルー)• ( バルー)• ( ロードブロック、 デストロ)• セントラルパークの妖精 スタンリーのゆかいな冒険• ( シャーク)• (原始人、ビッグ・チージー)• ( ブリストル司令官)• ( アロー)• ( ディム)• ( ブルース)• (サイクロプス)• (ジュニア、モールス)• ( プルート、 ピート、ナレーション)• (レザーヘッド)• (グリズリーベア)• (乗組員)• (シャーガ皇帝)• (会長)• ( ヨセミテ・サム)• 「わがままな大男」(大男)• 「チワンの錦」• 特撮 [ ] 1985年• (スポリラの声) 1992年• (ナレーション、ガンヘッド音声) - TBS版 1996年• (エレキンタの声)• (ホウジンキの声) 1997年• ( キャプテントンボーグの声)• ( キャプテントンボーグの声) 1999年• (巨大異形獣サタンビゾーの声)• ( ナレーション)• (池の声) 2001年• ( 宇宙忍者バルタン星人ベージカルバージョンの声)• ( 異形生命体サンドロスの声)• (反重力宇宙人の声、第5話の医師の一人の声)• (究極オルグ・センキの声)• ( ニの槍チュウズーボの声) 2003年• ( ニの槍チュウズーボの声) 2006年• (極悪宇宙人の声)• (邪悪竜リンドムの声)• (ゲルノイドの声) 2007年• (暗黒四天王謀将・策謀宇宙人の声) 2008年• (極悪宇宙人テンペラー星人〈RB〉の声) 2009年• (暗黒四天王謀将・策謀宇宙人デスレム〈G〉の声)• (害地水気スペシャル目蛮機獣ケッテイバンキの声)• (アヤカシ・オオツムジの声)• ( ドンカエンの声〈初代〉) ラジオドラマ [ ]• (ホスロウ)• (六反田シグマ)• (亜門)• (「地獄から戻った男」より閻魔大王)• (理事長) CD [ ]• (黒服の男)• (ゲルハルト)• ドラマCD第1巻(お頭〈キンバルト〉)• (吹雪の番人、ギルダンテ)• (六反田シグマ)• 虹色の騎士(ロビンマスクのテーマ)(ロビンマスク)• 阿修羅地獄(アシュラマンのテーマ)(アシュラマン)• バミューダミステリー(ブラックホールのテーマ)(ブラックホール)• 特別編(ナレーション)• シリーズ(悪魔の騎士、サマンオサ王、クレイン)• (董卓仲頴)• 集英社カセットコミックシリーズ 魁!! サウンド・ドラマ「二人の序章」(アルフォン)• はじまりの予鈴 (校長)• (ボリチョフ団長)• (キャッシャー大徳)• ぼくの虎王 第一章 約束のリンク(六道魔人)• CDブック(近藤真彦) ナレーション [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ)• 「を温めたとき表面に膜ができることを『』という」(フジテレビ)• (1999年、フジテレビ)• (2000年、監督、ドキュメンタリー)• 化学(2004年 - 2008年、)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• () - 「ニセモノのヤンキーは誰? 全国警察24時(テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• 「スクープ決定的瞬間! 事件の現場マル秘潜入スペシャル」(2009年8月29日、テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (テレビ東京、オープニングのみ)• (日本テレビ)• (日本テレビ) - 大帝国劇場25周年記念舞台・舞台版『』帝国の復讐のナレーション• (TBS)• (TBS)• (TBS)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日) - 「郷里ちゃんです」と顔出しリポーターも担当• (TBS)• (TBS)• (2009年9月17日、) - 再現VTRのボイスオーバーも担当• (TBS)• (TBS) - 運試し温泉ツアー• (フジテレビ)• (テレビ朝日)• (・) テレビドラマ [ ]• (1992年、NHK)- の声• 「蝋人形城殺人事件」(1995年、日本テレビ) - Mr. レッドラムの声• (1999年、フジテレビ) - 新番組予告ナレーション 映画 [ ]• (2008年、松竹) - 山崎徹に話し掛けてきた人 バラエティ [ ]• (NHK教育) - 天狗どん、うえおくん• (テレビ朝日)• (NHK)• (NHK教育)- イッシー人の一人、石井 ドキュメンタリー [ ]• (、ドイツ皇帝、アメリカ国務省、労働者、ニューズウィーク誌の意見、陳情書の意見) 教養番組 [ ]• (外国人インタビューのボイスオーバー)• (声の出演)• (ボイスオーバー)• (ボイスオーバー) CMナレーション [ ]• (2000年)• メモリアルボックス(バスク・オム)• 「DX 超獣合体ライブロボ」• 「スーパーチェンジシリーズ」、「キャプテントンボーグセットプレゼント」• モービルタウン(おじいちゃんの声、しんたろうくんの声)• 「バトラーの聖剣」• 「謎のジパング伝説」• ブテナロック(2008年、2009年)• ・オデッセイ 「フィッシング」篇(1998年12月)• グラタンコロッケバーガー(1998年)• 「」(2001年)• (2003年)• 「カビキラー」• 「ドミノシアター」• 「」(2代目)• トヨタ自動車「」• 「ポポロ」• (不定期ナレーション)• (現)(のナレーション)• ドメスト(ばい菌の親玉)• 「コンボ」(キングコンボ)• 「エルティス」• ロートこどもソフト(「ドラゴンボールZ」タイアップ時)(牛魔王)• 「省エネ」編(TVの声)• 「声かけあって省エネルギー・経済速度で安全運転」編(エネゴンの声)• 「こまめにやっていますか・声かけあって省エネルギー」編(お父さんの声)• 「声かけあって省エネルギー・くらしの中で考えよう!」編(老人の声)• 「マンモシ博士の冬の高速道路講座」(マンモシ博士の声、2006年 - 2010年) その他 [ ]• オーディオ・シアター・浅見光彦殺人事件(天河伝説殺人事件の同時上映の朗読劇)• VISUALIVE ARENA TOUR 2009 「REQUIEM ET REMINISCENCE II」• キャプテンスティック(キャプテン・トンボーグ)• キン肉マン(、)• 「新・青い鳥」(太田斧彦)• の映像特典(のナレーション、1994年新録)• ぷよぷよ の〜てんSPECIAL(ぞう大魔王)• (声の出演)• (ボンゴ店長)• ロマントピア藤原京'95 パビリオン 〜よみがえる藤原京〜(エドモンド本田)• シアターがらくた「木場の仙太郎」(舞台、作・演出 、1985年6月)• 画ニメ 鳥の歌(少女の父) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、442頁。。 2019年10月4日閲覧。 goo人名事典. 2019年10月4日閲覧。 2019年10月4日閲覧。 2010年1月18日. の2010年1月22日時点におけるアーカイブ。 2010年1月18日閲覧。 『日本タレント名鑑(1983年版)』VIPタイムズ社、1982年、162頁。 EXCITE. ニュース 2010年1月28日. 2010年1月28日閲覧。 『』放送分でのの発言より• 野沢雅子「第6章 素晴らしき声優仲間 そして、たくさんの後輩たち」『ボクは声優。 』オプトコミュニケーションズ、1995年11月19日、、187頁。 - DIARY 、2010-01-20 閲覧。 [ ]• - WHAT'S NEW (2010年3月5日時点の)• - Record China 2010年1月19日• メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。 119』、2008年1月30日、、31頁。 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』、2006年3月3日、69頁。 19〉、1996年9月26日、88頁。 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、142頁。 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。 2018年1月28日閲覧。 2018年1月28日閲覧。 2018年1月28日閲覧。 KING OF BANDIT JING. アニプレックス. 2017年3月26日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。 ArtPort Inc. Web Site. 2016年6月10日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月21日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年5月3日閲覧。 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(無印、2、X) 関連項目 [ ]• - 郷里の演じたキャラクターのをする。 郷里と『』で共演し、2人で郷里を演じたキャラクターを演じた。 外部リンク [ ]•

次の

郷里大輔

ゴリラ ティー 三島

討論 三島由紀夫vs. 東大全共闘 〈美と共同体と東大闘争〉 作者 ・ 国 言語 ジャンル 、 発表形態 5月13日 900番教室での討論会 刊行 1969年6月25日 カバー:討論会風景写真(模様) 『 討論 三島由紀夫vs. 「伝説の討論」として語り継がれている貴重な討論会である。 (昭和44年)5月13日の火曜日の午後2時頃より、東京大学900番教室の会場に集まった約一千人の学生と約2時間半にわたって討論が行われた。 主催は東大全学共闘会議共闘焚祭委員会(代表・木村修)で、前日の5月12日から「東大焚祭」が開催されていて、13日に三島が招かれた。 討論会の模様を収めた単行本は同年6月25日により刊行され、となった。 文庫版は2000年(平成12年)7月により刊行されている。 討論内容 [ ] 「われわれはではない」(文庫版では「目の中の不安」とタイトル変更 )、「自我と肉体」、「他者の存在とは?」、「自然対人間」、「階級闘争と〈自然〉に帰る闘い」、「ゲームあるいは遊戯における時間と空間」、「持続と関係づけの論理」、「とをつなぐメンタリティ」、「〈過去・現在・未来〉の考え方」、「観念と現実における〈美〉」、「天皇とフリー・セックスと神人分離の思想」、「ものとことばと芸術の限界」、「〈天皇・三島・全共闘〉という名前について」、「われわれはやはり敵対しなければならぬ」の14のテーマにわたり、激しく討論が行われた。 エピソード [ ] 三島由紀夫が到着する30分前からすでに学生の前説の演説が行われていて、場内や玄関は満員だったが、何の案内もなく、三島はどこから入ってよいのかわからなかったという。 三島はその時の模様を次のように語っている。 にはなかなか水が見つからないらしいのである。 また、了解不可能な質問とのやうな語の羅列の中でだんだんに募つてくる神経的な疲労は、神経も肉体の一部であるとするならば、その精神の疲労と肉体の疲労とのかかはり合ひが、これをの上の静かなディスカッションにとどめしめず、ある別な次元の闘ひへ人を連れていくといふ経験も与へてくれた。 (中略) 肉体も変数であり、精神も変数であるやうなところで、そのいらいらした環境の中でぶつかり合ふことには、何ほどかの意味があるといふことを私も認めるのにやぶさかではない。 全共闘らが「三島を論破して立往生させ、舞台の上でさせる」と嘯いていたことが伝わっていたため、三島は、もし暴力を振るわれ、男子たるもの辱めを受けるようなことがあった場合、その場で自刃する覚悟で短刀を持って行くと言っていたとされる。 楯の会会員のやら10人は「もし、先生に指一本でもさわったら、われわれが黙っていない」と、三島には内緒で会場に潜伏し、護衛のため前から2列目に並んで座っていた。 警視庁も不測の事態を予測して、隠密に私服のが会場で聴視していたとされる。 反響 [ ] この討論会は、当時ので大きな話題となった。 翌日の5月14日付の『』は、以下のような三島のコメントを載せた記事を掲載している。 会場に当てられた九百番教室は同学部で一番大きい教室だが、九百余人の学生がつめかけ超満員。 (中略)討論会のあと三島氏は「全共闘の招きとあれば、敵にうしろは見せられませんからね。 ほかの約束を断わって出席した。 あれは資金かせぎのだよ。 共感なんかしないが、全共闘って、なかなか個性的な集団だね」といっていた。 また、7月には討論の一部がより発売された。 ベストセラーとなった刊行本のは、全共闘と三島で折半され、三島はこのお金で、楯の会会員の夏服(純白の上下)を誂えた。 評価・解釈 [ ] この討論会の眼目は、全共闘らが、死の原理である行動を〈現在の一瞬〉に賭けきれず、既成の思考である〈〉へと繋げざるをえない時間意識の呪縛から抜け切れていないところにあり 、政治と文学の関係についても既成左翼的な〈政策的批判〉を踏襲するだけで、天皇制に集約される文化の母胎(非合理で非論理な民族的心性)の所在に無自覚であり、日本の歴史と伝統(時間的連続性)に関わる〈日本人の深層意識に根ざした革命理念〉を真に把握できず、それを拒否する姿勢で自ら〈革命理念の日本的定着を弱めてゐる〉ことを三島から指摘されている点にある。 しかし、このように三島と全共闘の思考が平行線で噛み合わなかったものの、この対話が三島にとり〈愉快な経験〉であり、〈天皇と諸君が一言言ってくれれば、私は喜んで諸君と手をつなぐ〉という言葉に連帯の表明がなされているとは解説している。 は、全共闘らが三島の論理の本質を最後まで全く把握できなかったし 、ある時には、「空間には時間もなければ関係もない」などと言い、三島の術中にはまって、そのものが3分間でも1週間でも続こうが本質的に価値の差はないと答えさせられてしまったり、天皇という名辞が個々のの果てにあると、誘いをかけられた時にも、三島のいう天皇の実体を彼らが把握できずに、的外れな質問に終わっていることを指摘している。 また、討論会の終盤では、論理の空転だけの経過に倦いて、三島が焦燥感に駆られていることが、二列目で見ていたには判ったとされる。 保阪は、三島がこの討論会の後で失望を抱いた理由を、全共闘らが「結局、自己の死を賭してまで政治的スローガンを守りぬこうとしない」ことと、「世慣れた口舌と甘えにつうずる挙措」にあり、三島が彼らの「限界」を見抜いていたと解説している。 おもな刊行本 [ ]• 『討論 三島由紀夫vs. 東大全共闘〈美と共同体と東大闘争〉』(、1969年6月25日)• カバー:討論会風景写真(模様)。 青色帯。 177頁• 収録内容:• 〔1〕「討論 三島由紀夫vs. 東大全共闘〈美と共同体と東大闘争〉」• 〔2〕「討論を終へて 砂漠の住民への論理的弔辞」(三島由紀夫)、「三島由紀夫と我々の立場」(全共闘H=)、「あるの敗北」(全共闘C=)、「時間持続と空間創出」(全共闘A=木村修)• 東大全共闘』(、2000年7月25日)• 装幀:。 カバーデザイン:緒方修一• 収録内容:単行本と同一内容。 カバー:討論会風景写真。 後記:芥正彦、木村修、小阪修平、、浅利誠、• 収録内容:「美と共同体と東大闘争」「討論を終えて 砂漠の住民への論理的弔辞」(三島由紀夫)、「近代批判1 左右対立の彼岸」 全集収録 [ ] 美と共同体と東大闘争• 『決定版 三島由紀夫全集40巻・対談2』(新潮社、2004年7月10日)• 装幀:新潮社装幀室。 装画:。 四六判。 布クロス装。 箔押し2色。 新仮名遣い。 月報:「三島由紀夫の夢たち」。 「ドキュメンタリー映画『みやび 三島由紀夫』のこと」。 [遠眼鏡の中のエロス3]田中美代子「ファリック・ナルシシズムの行方」• 収録作品:昭和43年4月から昭和46年1月までの対談、鼎談、座談およびティーチ・イン25篇。 砂漠の住民への論理的弔辞• 『三島由紀夫全集34巻(評論X)』(新潮社、1976年2月25日)• 装幀:。 四六判。 背革紙継ぎ装。 旧字・旧仮名遣い。 月報:「日本人対日本人」。 「三島隊長の『問題提起(日本国憲法)』」。 《評伝・三島由紀夫34》「三島由紀夫以前(その10)」。 《三島由紀夫論9》「隠された宇宙」• 収録作品:昭和44年2月から昭和46年11月の評論93篇。 総革装。 緑革貼函。 段ボール夫婦外函。 A5変型版。 本文2色刷)が1,000部あり。 『決定版 三島由紀夫全集35巻・評論10』(新潮社、2003年10月10日)• 装幀:新潮社装幀室。 装画:。 四六判。 布クロス装。 箔押し2色。 旧仮名遣い。 月報:「鮮明な人物像」。 「複雑な父」。 [思想の航海術10]田中美代子「矢は引き絞られて」• 収録作品:昭和43年5月から昭和44年12月までの評論144篇。 「」「」「栄誉の絆でつなげ菊と刀」「私の自主防衛論」「論」「日本の歴史と文化と伝統に立つて」「東大を動物園にしろ」「自衛隊二分論」「日本文学小史」「」「日本文化の深淵について」「日本とは何か」「『』のこと」ほか 音声資料 [ ]• 『特集・問われている大学教育』(、1969年7月1日・7月号)• 収録内容:三島由紀夫と東大全共闘• 〔1〕の両面と〔2〕のA面は「問われている大学教育」、〔2〕のB面は「ニュース・ダイジェスト」収録。 映画化 [ ]• 『』(2020年3月20日公開)• 配給:• 監督:。 企画プロデュース:。 プロデューサー:、。 音楽:。 ナビゲーター:• 出演:、、 、、、、、、、、、、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東大全共闘〈美と共同体と東大闘争〉』、1969年6月)。 , pp. 124-145、, pp. 474-489• 790-791)• 540-561)• 189-240)• 150-156)• 365-384)• 「第五章」(, pp. 165-205)• 779-780)• , p. 779• 「年譜 昭和44年5月13日」(, p. 307)• 「『楯の会』のこと」(「楯の会」結成一周年記念パンフレット 1969年11月)。 , pp. 720-727• 513-514) 参考文献 [ ]• 『決定版 三島由紀夫全集35巻 評論10』 、2003年10月。 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集40巻 対談2』 新潮社、2004年7月。 ; ; 山中剛史編 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。 東大全共闘』 、2000年7月。 安藤武編 『三島由紀夫「日録」』 未知谷、1996年4月。 井上隆史; 佐藤秀明; 編 『三島由紀夫事典』 、2000年11月。 ; 編 『三島由紀夫事典』 、1976年1月。 『伜・三島由紀夫』 文春文庫、1996年11月。 - ハードカバー版(文藝春秋)は1972年5月。 雑誌『』1971年12月号-1972年4月号に連載されたもの。 『三島由紀夫と楯の会事件』 角川文庫、2001年4月。 関連事項 [ ]•

次の