菊池 桃子 の 旦那。 菊池桃子の旦那(再婚相手)は初婚?新原浩朗の年収や評判・あだ名などを調査!|まるっとログ

菊池桃子の再婚相手の旦那・新原浩朗のプロフィールが凄すぎた件!

菊池 桃子 の 旦那

【菊池桃子】再婚相手はどんな人? 菊池桃子さんの再婚相手のお名前は、 新原浩朗(にいはら ひろあき) さんという方です。 ニュースでは一般人と報道されていますが、国家公務員であり、経済産業省の幹部です。 東京大学卒業で、経済産業省の局長ということで、エリート中のエリートだと言われています。 局長というポジションは、エリートの中の出世競争に勝った限られた人物しか付けないポジション。 最近話題になった、 消費増税にともなう 【キャッシュレス決済時のポイント還元策】を仕切った人物こそ、菊池桃子さんの再婚相手の新原局長です。 いわゆる 「安倍ファースト官僚の一人」です。 年齢を考えると、 今回とは初婚とは考えにくいですが、過去に結婚歴があるかは不明でした。 【菊池桃子】再婚相手との結婚キッカケや馴れ初めは? 菊池桃子さんが、再婚相手の新原局長と出会ったのは、菊池桃子さんが民間議員に選ばれていた 「一億総活躍国民会議」だと言われています。 一億総活躍国民会議とは 安倍政権のもとで2015年に【少子高齢化】に立ち向かう「新三本の矢」の実現の向けた会議。 この会議をもとに「ニッポン一億総活躍プラン」が閣議決定された。 2015年に知り合った菊池さんと新原局長は、2019年より交際を始めたようです。 実は、再婚に踏み出せのは、お子さんの後押しが合ったからだと菊池さんは語っています。 菊池さんには、元旦那さんとの間に授かった、 23歳の息子さんと、18歳の娘さんがいます。 菊池桃子さんは、2012年に元プロゴルファーの西川哲さんと離婚し、 その後も再婚についてはあまり前向きではなかったようです。 実際、2016年2月のインタビューでは、再婚の可能性について記者からの質問に、次のように答えていました。 (再婚の可能性について聞かれて) 私は恋愛体質ではないので、あまりそういう気持ちになれなくて。 今後、余裕ができたら、そういうふうになれたらいいですね。 お子さんも高校を卒業され、育児の手から離れたこともあり、このタイミングになったのでしょう。 菊池桃子さんの娘さんは、生後7ヶ月のときに脳梗塞となり、左の手足に障害が残ったそうです。 娘さんは、小学校に入学すると他の子との差を感じ、それが影響して、たびたび過呼吸や円形脱毛症になったこともあり、菊池さんは、娘にあった学校探しに奔走(ほんそう)しました。 菊池桃子さんと娘のサユさん その当時、菊池さんは 「障害を持った子の教育相談の場所が確立できていない」ことに問題を感じ、後に法政大学の大学院に進学しました。 結果的に、大学院を出て芸能人の中でも文化人的なポジションになったことが、 再婚相手と出会う「一億総活躍国民会議」に参加するキッカケに繋がったわけです。 そう考えると、再婚をする結果になったのは娘さんの影響もあるわけで、これまで1番に考えてきた娘さんが、再婚を後押ししてくれたことは、とても幸せなことだと思いました。 【菊池桃子】元旦那の西川哲と離婚した理由は? 菊池桃子さんと元夫の西川哲さんは、 1995年に結婚しましたが、2012年に離婚しました。 結婚生活は、トータルで17年間にもなります。 離婚は、息子が15歳、娘は10歳のときでした。 2人の離婚原因は、一部の 週刊誌では、西川哲さんの 借金や 不倫疑惑が原因と報じられています。 西川哲さんはプロゴルファーですが、ゴルフの成績が下がり、獲得賞金もゼロだった頃、借金や不倫をしていたと報じられています。 西川さんは結婚してから、ツアーの成績が振るわなくなり、ゴルフのティーチングプロをするとともに、 競走馬のファンド販売会社の事業に乗り出した。 しかし、事業も最初はよかったが、菊池さんの援助があってもうまくいかないようになった。 西川さんには別宅のマンションがあり、女性を連れ込む目撃情報が寄せられていた。 心配した菊池桃子さんの事務所社長は、菊池さんに内緒で西川さんに不倫がないか調査した。 その結果をもとに西川さんに問い詰めたが、 西川さんは不倫を全面的に否定したという。 引用:(2012年1月) 菊池桃子さんは、元夫の金銭事情を考慮して 慰謝料や養育費を一切要求していなかったようです。 菊池桃子のプロフィール 名前:きくち ももこ 生年月日:1968年5月4日 年齢:51歳(2019年10月時点) 出身地:東京都品川区 血液型:B型 職業:歌手 女優 学歴:法政大学大学院 政策創造研究科政策創造専攻 修士課程 修了 【デビューのキッカケ】 祖母が経営している飲食店のレジ横に飾ってある 菊池桃子さんの写真を見た、音楽関係者からスカウトされた。 現在は、母校の戸板女子短期大学で客員教授を勤め、6年目となる。

次の

菊池桃子の再婚相手(旦那)の新原浩朗はすごい官僚だった!馴れ初めについても

菊池 桃子 の 旦那

toggy1413 名前:西川哲 にしかわ てつ 生年月日:1968年5月2日 年齢:51歳 出身地:東京 血液型:A型 趣味:音楽鑑賞 父は芸能プロダクション「新栄プロダクション」会長・ 西川幸男さん。 母親は芸能界の超大物・ 五月みどりさんです。 西川哲さんは、芸能とは関係のない元プロゴルファーです。 菊池桃子さんと結婚した• 1995年当時の獲得賞金は2183万1546円• 最高額は5173万5257円 となっていますから1億円プレイヤーとはいかないもでもけっこう稼いでいたことがわかりますね。 しかし結婚後は、成績が下降し結婚後の翌年は700万程となり、離婚騒動の6年前からは6年間で89万4000円という金額となっていました。 扶養に入っているパートの並みの収入です。 菊池桃子さんと結婚して甘えが出てしまったのか? ここまで成績が下降するのには驚きです。 菊池桃子さんですと献身的に尽くしてくれると思うのですが、収入面など頼ってしまい必死さがなくなったんでしょうか? 収入が0円でもホステス遊びは激しさを増していったというから驚きです。 スポンサードリンク 菊池桃子の元旦那・西川哲の現在 現在は離婚しまだ再婚はしていないようですね。 現在は 「株式会社東京サラブレットクラブ」の代表取締役を務められています。 こちらの会社は競走馬ファンド販売会社で一口馬主を募集する会社となっています。

次の

菊池桃子

菊池 桃子 の 旦那

1984年、東京大学 経済学部 卒業、通商産業省入省• 1992年、米ミシガン大学 大学院経 済学博士 課程 留学。 経済産業省 情報経済課長を経て経済産業政策局長へ就任• 早稲田大学客員教授を兼務• キャッシュレス決済ポイント還元などの政策遂行 菊池桃子の旦那の新原浩朗との馴れ初め! まずですねぇ、 新原浩朗さんはお歳を召しているので、再婚なのでは?といた憶測が飛び交っていますが、 初婚でーす!ま、本人がそう言っているのですから信じましょう。 で、新原浩朗さんは仕事に対しては 「鬼」なんだそうで、付いたあだ名が 「将軍」らしいですよ。 なんなの将軍って?感じですが年齢だけは将軍らしく60歳。 私としてはある意味、最近結婚した小泉進次郎と滝川クリステルさんの結婚よりも驚きましたねw 大変失礼な言い方になりますが、ご自身でも言ってますのでまぁ良いか…特別カッコ良くないけで、いったいどのあたりに惹かれたのか気になるところです。 菊池桃子さんとの馴れ初めは、2015年に始まった政府の一億総活躍の国民会議で 菊池桃子さんが民間委員に選ばれたところから始まります。 菊池桃子さんのどこに惹かれたのか? 新原浩朗さんは菊池桃子さんのどこに惹かれたのでしょうか? 新原浩朗さんいわく、菊池桃子さんが 仕事しながらでも一生懸命に子育てをりっぱに成し遂げているところだと断言しています。 毎日大変だと思いますが、 ちゃんとお弁当作ったりとか、そういうところに惹かれたそうです。 はー、お弁当ですかぁ…やっぱり男は胃袋で恋をしたがるものでもありますw 確かに菊池桃子さんの作ってくれたお弁当、食べてみたいっす! あ、ちなみにそんな新原浩朗さんが好きな食べ物はコンビニのチキンだとか…菊池桃子さん、美味しいお弁当を作ってあげてくださいw 菊池桃子の旦那、新原浩朗のプロポーズが粋だった! なんと言っても結婚の馴れ初めのハイライトはプロポーズですが、菊池桃子の旦那、新原浩朗さんのプロポーズはが粋だったわけです! 薔薇の花束プロポーズ。 これです。 季節柄、大きな薔薇だと枯れるのが早いので(男性にしては詳しくないかい?)赤の小さな薔薇の花束を使ってのプロポーズです。 関係者によると、仕事は剛腕だが女性とあまりご縁はなかったようだ。 とか言われているけど怪しい…W で、口から発した言葉は 「結婚してください!」と一言らしいっす。 へ?だけですか?とてもシンプルに申し上げたそうです。 もっと、「うんぬうかんぬん」あるのかと期待しましたけどいたってシンプル。 シンプルですけど、薔薇の花束プロポーズを嫌がる女性って、おそらくいないんじゃないでしょうか?いかがですか?さすが超一流エリート、シンプルプロポーズが粋でした。 こんな感じ。 お付き合いのアプローチは菊池桃子から?旦那の新原浩朗から? さらにさらに気になることが、付き合うにあたってどちらからアプローチしたのでしょうか? 実は菊池桃子さんからなんですねぇ~! 私はてっきり新原浩朗さんの方からだと思っていましたよ。 だったねぇ…まぁこのあたりは変な噂が出てこないと良いですがw 動画で見たい方はこちらからどうぞ。

次の