紫陽花 庭に植えてはいけない。 紫陽花を地植えする時期は?万華鏡なら挿し木・鉢植えがおすすめ?

アジサイ(紫陽花)を剪定する方法と時期・花が咲かないのはどうして?|お庭ブログ

紫陽花 庭に植えてはいけない

chem-station. html アジサイは青酸配糖体を含み、 毒性成分は、アジサイのつぼみ、葉、根などに含まれています。 症状は過呼吸、興奮、嘔吐、めまい、ふらつき歩行、 痙攣、麻痺などを経て死亡する場合もあるそうです。 喫食すると食中毒をおこしてしまいますので、 絶対に食べないようにしてください。 紫陽花とカタツムリの関係ってどうなのでしょうね。 カタツムリやナメクジは雨の日や夜に動きまわって 苔や植物などを摂食しています。 いろんな所を移動するので、アジサイにいるということもあります。 でも、アジサイは青酸系の毒があるので、 害虫もほとんど付かないといわれています。 アジサイが咲く頃はアジサイに目がいくので、 たまたまいただけのカタツムリが目に入るというだけではないでしょうか。 いたとしても、アジサイは摂食しないと毒にはならないので、 葉の上にいるだけでは影響はないと考えられます。 そこから花言葉も移り気とか冷淡とかついているんだと思いますが、 色があせる(=衰退)というのが縁起がよくないということなのかと… あと、紫陽花の花は真ん中の部分で、色が変わる回りの部分はがくで、 あれが確か4枚だから「死」に通じるという説も。 刻々と変わりゆくアジサイの色の退化を、 死へと向かってゆく人間の姿に例えてそう呼んだのではと思います。 次にあげるアジサイがお寺に多い訳に通じるものがありますね。 sougiya. php? やがて医学の進歩ではやり病でなくなる人が少なくなったそうですが、 栽培の容易さ、何より土や時期によって刻々と変化していくその淡色の美しさが人々の心を捉え、 今では多くのお寺の境内に紫陽花が植えられるようになったといわれています。 実は、出島阿蘭陀商館の医師シーボルトと 長崎の遊女其扇 そのぎ とのロマンスはとても有名です。 其扇(そのぎ)は、姓を楠本、名をタキ(滝、おたき)と言い、 日本におけるシーボルトの妻となりました。 シーボルトはタキを深く愛し、子供も生まれています。 日本初の、西洋医学の女医となった「楠本稲」です。 パイ生地で紫陽花の花をモチーフの、素朴でなつかしい味です。 まとめ アジサイにまつわる話いかがでしたでしょうか。 アジサイのつぼみや葉っぱ、根っこなどには、強い毒性があります。 またアジサイにはカエルというようになぜか関連性があるように思えてしまいがちですが、そうでもないみたいですね。 お寺にアジサイが多いのも本文のようなことが考えられているそうです。 最後にシーボルトがアジサイの花が大好きだったということ。 ご訪問ありがとうございます。 美味しいもの、きれいなもの大好きなシニア主婦です。 働き者の夫と出戻り息子の3人暮らし。 世の中の気になったことや疑問に思ったこと、話題になったことなどを備忘録も兼ねて書いています。 出身地:長崎 現在地:大阪のはずれの田舎町 趣味:投資信託 500円玉貯金 即捨離 映画鑑賞 最近の投稿• よく読まれている記事• アーカイブ アーカイブ 最近のコメント• に kanauyo より• に 茶沢山 より• に kanauyo より• に Mayu miya より• に kanauyo より カテゴリー• 264• 407• 232• 30 メタ情報• Copyright C All Rights Reserved.

次の

知っていますか?「庭に植えてはいけない植物」

紫陽花 庭に植えてはいけない

あじさいが縁起が悪いと言われる理由は4つある! 【説1】あじさいの花言葉が縁起が悪いと思っている人がいるから? あじさいは花言葉がたくさんある花です。 いい意味だと 『元気な女性』『辛抱強い愛情』『一家団欒』などの意味があります。 特に一家団欒とか家に植えるには縁起がいい花だと思いますよね? しかし花言葉がたくさんあって、悪い意味もあじさいにはあります。 家族という部分で縁起が悪そうな花言葉といえば 『移り気』『浮気』でしょうか? 浮気とかそういう意味がある花言葉のある花を家の庭に植える神経はちょっと考えられないと思う人はいると思います。 風水とかで方角を気にしたりする人なら自分の庭に植える花の意味にも強いこだわりを感じることでしょう。 浮気という花言葉が原因で庭にあじさいを植える事に躊躇している人はごく僅かな人数ですがいると思います。 Sponsored Link 【説2】あじさいの花びらが四枚(死枚)だから縁起が悪いという説 あじさいの花びらが四枚ということで死枚ということで縁起が良くないというのは昔言われていたのは事実だそうです。 その為に平安時代からあじさいはお寺の花と言われていて、今でも確かにお寺にはあじさいが植えられていたりいます。 その名残が今でも伝えられていてあじさいがあまり縁起が良くない花という事を言っている人もいるようです。 でも縁起がいいとされる四つ葉のクローバーだって四枚ですよね?別に縁起が悪いわけではなくむしろ幸運と言われています。 その程度の眉唾モノだと思って問題なさそうですね。 【説3】あじさいの葉に毒があるから、子供が間違って食べてしまっては危険 以前にを書きました。 子供が誤って紫陽花の葉っぱを食べて大変なことになってはいけないからという理由であじさいを植えない家庭はあると思います。 実際あじさいの葉を食べて死亡した事件はありません。 軽い中毒症状をを訴えた事件はありますが。 子供が紫陽花の葉を『美味しい美味しい』と思ってたくさん食べる心配は流石にないでしょう。 おいしくありませんから。 ちょっと口に含んだぐらいでは危険な事にはならないと思いますけれど、心配な親はいると思います。 【説4】風水で庭に植えてはいけない花と言われている? あじさいって風水的には未婚の女性は植えてはいけないと言われている花です。 理由は女性の持つ水の気をあじさいが吸収してしまい、将来の縁があじさいに吸い取られてしまうということから恋愛運が下がる花と言われているようです。 どの植物も水を吸収するとおもうのであじさいだけ何故言われるのかは私はわかりませんが、風水的にもあまり良くないと言われている花みたいですね。 あじさいは縁起が悪い花?私はこう思います! 縁起話って悪いことがあったら強く印象が残ったりして 「あじさいのせいだ」って思ってしまうことがあるんだと思います。 あじさいが科学的に害があるのは葉っぱを食べた時だけです。 私の実家ではもう何十年もあじさいが植えられていますが、あじさいのせいでおかしい・・・と思ったことはありません。 こういうのは気の持ちようだと思います。 日本であじさいは親しまれている植物だと思います。 鎌倉のあじさいは結構有名ですよね?縁起でもない花をみんながこぞって見に行きますか? 一部そう思っている人がいるだけで、あじさいは別に縁起が悪い花ではないというのが私の見解です。 あじさいは縁起が悪い花?まとめ.

次の

庭に植えてはいけない植物

紫陽花 庭に植えてはいけない

植物はそれぞれいろんな特性がありますよね。 しかし、その特性や昔からの風習で、「に植えてはいけない植物」と言われているものがあることをご存知ですか? 元造園土木会社の社長を父にもつ、地域ライターEがご紹介する企画、今回は「オススメの植物」ではなく、「お庭に植えるにはちょっと注意が必要な植物」をご紹介します。 ちょっとしたスペースどころか、地下茎を伸ばしてアスファルトの隙間からぐいぐい伸びてくるものもあるので「あ、この花みたことあるわ」というものもたくさんあるはず。 これらの植物を自宅周辺で見かけたら要注意! なのです。 取り入れたいときは、鉢植えを利用してタタキなどに限定して、「土のスペースの上には置かない」ことをおすすめします。 それでは、そんな要注意な植物をいくつかご紹介します。 ミント かわいらしい葉の形と爽やかな香り、アイスに添えたりハーブティーにしたりと人気の高いハーブでもあるミント。 その繁殖力は凄まじく、変種もたくさんあるため、単なる「雑草」だと思っていたものが「ミントだった」ということもよくあります。 くれぐれもグランドカバーに使おうなんて、考えないでくださいね! ドクダミ 和風ハーブと言ってもいいくらい、昔から民間療法にも利用されているドクダミ。 独特の匂いがあり、苦手な人も多いようですが、その匂いのためか害虫よけになるドクダミは、昔から人家の庭先によく自生している植物です。 問題は「駆除したくなったときの面倒臭さ」。 地下茎が地面から数十センチの深さまで達していることが多く、手で引っこ抜くくらいではとても根絶できません。 除草剤をかなり地中まで行き渡らせる必要があるため、その後の植栽に影響が出てしまうでしょう。 ナガミヒナゲシ 名前は知らなくとも、写真を見れば見たことがある人が多いのではないでしょうか。 こちらの脅威は「種」。 なんと1個体から、15万個以上の種を作ることができるのです。 しかも、根っこに含まれている成分には、他の植物の成長を阻害する物質が含まれているという学説もあります。 種ができる前の駆除が肝心です。 繁殖力が強い植物はほかにもたくさんあります。 植物を植えるときは、繁殖力にも注目して植えるようにしてください。 植えてはいけない!虫が寄ってきすぎる植物たち 「虫は自然の一部! 庭を作る以上、気にしないわ! 」という方ならいいのですが、寄ってくる虫は可愛らしい蝶だけではありません。 特に、チャドクガや毛虫など、毒を持つ虫が発生するのは避けたいですよね。 植物の中には、「大量の虫が寄ってくるもの」が多数あります。 そのなかで、とくに注意したいのは「バラ科」の植物。 他の植物よりも、虫を寄せ付けやすい性質を持つものが多くあります。 桜 実は桜はバラ科なんです。 「公園に大きな桜の樹があって、春は素敵なんだけれど夏の毛虫のことを考えるとちょっとね……」と、毛虫が大量発生するイメージが強いのは桜。 一、二匹ではなく、時に大量発生するため、広いお庭があるお家でも、なかなか桜の植樹には踏み切れない方が多いです。 姫リンゴ こちらもバラ科の落葉低木です。 秋に赤い小さなリンゴ似の実を生らせる姿がかわいらしく、園芸用の品種も多数あります。 こちらにつきやすいのがアブラムシ。 そのアブラムシを狙って他の虫も寄ってきます。 「ふと葉っぱの裏を見たらビッシリ……」なんてことが怖いという方は、避けたほうがいいかもしれません。 植えてはいけない? 言い伝え・風習がある植物たち 最後に「植えてはいけないという言い伝え・風習がある植物」です。 実害があるということではなく、語呂合わせやイメージで「植えてはいけない」とされてしまったものも。 もちろん気にしない方はまったく問題ありませんが、「そんな言い伝えがあるなら植えなければよかった……」という方もいらっしゃるので、気になる方は調べてみましょう。 紫陽花 「紫陽花寺」と呼ばれる、紫陽花が多く植えられた寺院は全国にありますが、紫陽花はその昔「死者に手向ける花」であったという説や、紫陽花の茎には芯が無いことから紫陽花を植えた家の芯(大黒柱)がなくなるという迷信などがあります。 枇杷の木 枇杷の葉は薬用にもなる有用な木ですが、「枇杷の木を植えると病人が出る」という言い伝えがあります。 いかがでしたか? ご紹介した植物は、きれいな花を咲かせたり、鑑賞だけでなくお菓子作りに使えたりと、お庭に植えてみたくなるものもたくさんあります。 もちろん、その特徴を考えて取り入れるのはガーデニング上級者への道ですし、「昔からの言い伝え」的なものは気にしなければそれまでのこと。 それに、どの植物を植える場合でも、特徴を調べて自分なりに選択するのは基本中の基本です。 みなさんも、新しい植物を取り入れるときには「ちょっと調べてみる」という習慣をつけて、「しまった! 失敗!! 」を少なくするように意識してみてくださいね。 そろそろ理想の庭のある家づくりをはじめてみませんか? 庭のある一戸建てなら、思う存分、庭づくりが楽しめます。 もし、これからを考えるのなら、ローコストでもも展開しているにご相談ください。 全国展開している・アイダ設計の注文住宅は、完全自由設計と、お客様のご要望を全力で叶える家づくりを実現します! 家づくりに少しの妥協もしたくない方、予算を抑えながらもたくさんの希望を叶えたい方にはピッタリです。 お問い合わせやご相談は無料。 ぜひお気軽に からご相談ください。 まずは、メールで相談も可能。 条件を指定すれば、無料で間取り案が作成可能。 同じフォームの【メールで間取り相談】からお申込みください。 そのほか、お問い合わせ・ご相談は、こちらの から。 お電話でのご相談も承ります。 個人情報の利用目的 このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。 プライバシーポリシーをご確認の上、よろしければ チェックを入れてください。

次の