ホシザキ 株式 会社。 プロの厨房機器をトータルサポート|ホシザキ株式会社

ホシザキ【6465】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

予想配当性向は23. 2008年12月10日上場 本社所在地 〒470-1194 栄町南舘3-16 設立 (22年) (星崎電機株式会社) 事業内容 全自動製氷機、業務用、をはじめとする各種業務用機器の開発・製造および販売 代表者 代表取締役 資本金 80億8百万円 (2018年12月31日現在) 発行済株式総数 72,418千株 (2018年12月31日現在) 売上高 連結:2,927億74百万円 単体:777億32百万円 (期) 営業利益 連結:364億46百万円 単体:141億71百万円 (2018年12月期) 純利益 連結:257億17百万円 単体:116億2百万円 (2018年12月期) 純資産 連結:2,235億10百万円 単体:1,297億30百万円 (2018年12月31日現在) 総資産 連結:3,349億48百万円 単体:2,076億16百万円 (2018年12月31日現在) 従業員数 連結:12,982名 単体:1,160名 (2018年12月31日現在) 決算期 主要株主 坂本ドネイション・ファウンデイション(株) 8. 営業利益は同13. (5)投資家との対話の際は、決算説明会やスモールミーティングを問わず、当社の持続的成長、中長期における企業価値向上に関わるテーマを対話の軸とすることにより、インサイダー情報管理に留意しています。 1%減の186億円。 本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあり、本レポートの内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。

Next

ホシザキ

- インドの業務用冷蔵庫メーカー、ウエスタン・リフリジレーション社の株式50. ホシザキ東北株式会社• 2%増の1,954億円、海外売上高は同0. Hoshizaki Europe B. 同社は厨房のプランニング・設計・施工、アフターサービスなどワンストップで提供することができることから、顧客企業は海外進出を円滑に進めることができる。 Western Refrigeration Private Limited(インド)• お客様サポート 日常のお手入れ動画やお近くの営業所の検索、災害時の機器の対応方法などをご紹介しています。 HOSHIZAKI SINGAPORE PTE LTD• 海外出店サポートサイト ホシザキの海外ネットワークを活用し、アジア地域への出店をサポートします。

Next

ホシザキ

国内では第三者委員会を始めとする不適切取引の調査費用の計上、産業廃棄物処理費用の増加、新たに稼働するITシステムに伴う減価償却費の発生、東京・高輪ビル移転、戦略的投資等によりコストが増加する。 なお、持ち株比率の増減矢印は0. サンセイ電機株式会社 海外 [ ]• 3%減の1,012億円の予想。 製品にはTOSHIBA・HOSHIZAKI両ブランドが併記されていた。

Next

ホシザキ

古物売買業• 製氷機、冷凍機、各種自動販売機その他の電気機械類の輸出入• (販売、リース、レンタル、メンテナンス部門)• ハッピーペンギンアイランド ペンギンたちと一緒に、食べもののことや環境のことを楽しみながら考えるサイトです。

Next

ホシザキ東京株式会社:企業情報>会社概要

顧客である飲食店の売上減や人手不足に起因する設備投資の抑制に加え、前期にあった食器洗浄機の大口受注が剥落したほか、不適切取引の調査対応に伴う販売活動量低下が影響した。 8%低下の12. (3)海外 (同社資料より) このうち、下半期の重点施策としては「計画未達会社への個別指導強化」、「トランプ関税対策としての製造拠点の円滑な移転実施(中国から米国へ)」、「新製品・モデルチェンジ製品の早期立ち上げと拡販努力開始」、「来期に備えた増産・拡販体制整備」を挙げている。 営業利益率は同1. 1円 110. タスク 活動概要 1.グループ会社最適ガバナンス方法の確立 ・ホシザキと国内販売会社間の最適ガバナンス体制の設計 ・地域統括機能の検討等海外グループ会社のガバナンス体制強化 2. ただ、不適切取引による顧客離れなどの影響は殆どないということであり、第3四半期以降、圧倒的な強みを持つ国内市場において活動量および質の向上によりどこまでキャッチアップしていくかを注目したい。

ホシザキ株式会社:(6465) 食品関連機器に強みをもつが、

国内売上高は、同3. 営業利益は同29. 2%増の1,954億円。 ホシザキなっとくラボ 食のあんしんと効率化に向け、さまざまな分野でホシザキが今できることをご紹介。 <コーポレートガバナンス・コードの各原則に基づいて開示している主な原則> 原則 開示内容 【原則4-11 取締役会・監査役会の実効性確保のための前提条件】 補充原則4-11-1 当社取締役会は、当社の業務に精通した社内出身の取締役と、法務、財務、会計その他の高度の専門性を有する社外取締役で構成とすることとしており、取締役会全体としての知識・経験・能力のバランス、多様性が確保されるよう努めています。

Next