お産 呼吸 法。 【助産師監修】出産時の呼吸法|練習する?ラマーズ法やソフロロジーとは?|cozre[コズレ]子育てマガジン

リーブ法について

お産 呼吸 法

広告 リーブ法とは リーブ法(気功呼吸法)とは、 1990年に東京警察病院で日本人が考案した産痛緩和法です。 中国で一般的に行われている民間療法である気功法にヒントを得て、 ・R Relax(リラックス) ・I Image(イメージ) ・E Exercises(エクササイズ) ・B Breasts(呼吸法) の頭文字をとってRIEB法と名付けられました。 逆腹式呼吸法とリラックス法、 そして赤ちゃんと一緒にお産を進めるという 前向きなイメージトレーニングを行い、 陣痛が起こってからもお母さんと赤ちゃんがリラックスした状態で 分娩を進めることを目標としています。 補助動作として、陣痛の痛みを和らげる会陰押し上げなども行います。 陣痛やお産への不安が取り除かれて 妊婦さんが精神的に安定するため、胎教にも良い影響を与えます。 2.分娩時間の短縮 リーブ法では、お産本番に備えて 日々イメージトレーニングを行います。 そのため、いざ本陣痛が来ても 慌てることなくリラックスして対応できるので、 分娩時間が短くなります。 3.赤ちゃんにも安全な出産 産痛緩和法にはリーブ法以外にも 色々な呼吸法がありますが、 いざ陣痛が始まるとあまりの痛みに 正しい呼吸法ができず、酸素が足りなくなって 赤ちゃんを危険に晒してしまうこともあります。 気功を取り入れたリーブ法なら、 陣痛の最中でも身体全体に酸素を行き渡らせることができ、 赤ちゃんにも十分な酸素を送ることができます。 4.妊婦さんの体調を整える リーブ法は、妊婦さんの精神的安定を保つだけでなく、 気功で頭痛や肩こりといった症状を緩和したり、 逆腹式呼吸でお腹が刺激されることにより 便秘が解消されたりと、身体的にも 妊婦さんの調子を整えることができます。 広告 リーブ法のやり方 リーブ法には、 2つの特徴的な呼吸法と、 リラックスしてスムーズに分娩を進めるためのイメーイトレーニング、 そして会陰を押し上げて陣痛の痛みを和らげる補助動作があります。 逆腹式呼吸法 腹式呼吸法といえば、息を吸う時にお腹を膨らませ、 吐く時に凹ませる呼吸法ですが、 逆腹式呼吸法ではその逆を行います。 つまり、息を吸う時にお腹を凹ませ、 吐く時に膨らませるんです。 不安や恐れも含め、「あるがままの自分をそのまま受け入れる」 という東洋的な考え方で陣痛も受け入れ、 ゆったりと呼吸をすることで心身をリラックスさせ、 無駄な力を抜きます。 ソーンの呼吸法 静かに息を吸い、「ソーン」と声を出しながら吐き出します。 声を出すことによって陣痛の痛みから意識を反らしたり、 自分自身の声で心を落ち着ける効果があります。 シンプルな呼吸法なので、 陣痛中でも実戦しやすいのも特徴です。 イメージトレーニング 妊娠中から赤ちゃんをすぐそばに感じながら 語りかけることで赤ちゃんとの交流を深め、 母子の絆と愛情を育んでいきます。 分娩中には赤ちゃんに気を送り、「下がれ、下がれ」とイメージして、 赤ちゃんを子宮口へと導きます。 妊娠中から繰り返し具体的にイメージトレーニングを行うことで、 本番のお産でもリラックスして 前向きに取り組むことができるようになります。 会陰の押し上げ どうしても陣痛に耐えられない場合には、 膣と肛門の間の「会陰」をテニスボールなどで強く押し上げることで、 かなり痛みを和らげることができます。 かなり強い力で押し上げる必要があり自分で行うのは難しいので、 ご主人や助産師さんにお願いしましょう。 その他の呼吸法との違い 出産の痛みや不安を減らすための呼吸法といえば、 「ヒッヒッフー」という呼吸法が有名なラマーズ法や、 ソフロロジー法なども挙げられます。 ラマーズ法もソフロロジー法も、 リラックスしてお産を進めるための呼吸法と イーメージトレーニングを行うという点ではリーブ法同じです。 でも、妊娠中にしっかりと練習していたつもりでも、 いざ陣痛が始まるとあまりの痛みに正しい呼吸法ができず、 練習通りにできないということも少なくありません。 リーブ法なら、シンプルなソーンの呼吸法で 呼吸を乱さずに落ち着きを取り戻すことができ 逆腹式呼吸を実戦しやすいので、 すんなりと出産を迎えることができます。 陣痛の痛みが少なく落ち着いて出産できるとして、 現在リーブ法の実戦を希望する妊婦さんが増えています。 ただ、積極的にリーブ法を取り入れている産院はまだ少なく、 リーブ法の正しい知識を持った 医師や助産師のいない産院も少なくありません。 リーブ法の実戦を希望するなら、 リーブ法を取り入れているかどうかを 産院選びの際にしっかり確認しておきましょう。

次の

ソフロロジー呼吸法とは?出産時のソフロロジー呼吸法体験談 [ママリ]

お産 呼吸 法

スポンサーリンク 出産が始まるまで 初めて出産に挑む初産婦さんの子宮口がお産できる大きさ10センチに開くまで、おおよそ10時間から12時間と言われます。 10分間隔で陣痛が起こる分娩第1期は、栄養をとってリラックスして過ごすことが大事です。 慌てずに病院に10分間隔で陣痛が来ていると連絡を入れると、どうしたらいいのか説明してくれます。 破水、出血に備えて産褥ショーツに履き替えて大き目のナプキンをつけておきましょう。 入院で必要な物は、出産の兆候が来る前にゆっくりと落ち着いてできればなおいいですね。 ちなみに私は9月末に出産予定で、すでに必要な物はまとめておいて持ち出すだけにしています。 用意しておくことで、たとえ外出していて、病院に直行しても家族に後ほど持ってきてもらうだけで大丈夫なので、安心です。 妊娠 娩出期までは脱力が大事 子宮口が開いて赤ちゃんを産むまで準備期、進行期、極期、娩出期と4段階に分けて教えてもらいました。 赤ちゃんを産むためにいきめるのは娩出期だけ。 しかも、陣痛に合わせていきまないといけません。 娩出期までの準備期、進行期、極期の間は呼吸法でいきまないように力を抜くことが大切です。 スポンサーリンク 陣痛と呼吸法 それぞれの陣痛のタイミングで行うおすすめの呼吸法を紹介します。 準備期(子宮口0〜3センチ) 陣痛の間隔は6〜7分ごと不規則で陣痛時間は30〜60秒• 大きく深呼吸します。 鼻で3秒吸って口で3秒吐きます。 (やりにくかったら口だけでもいい) 進行期(子宮口3〜8センチ) 陣痛の間隔は2〜4分ごと規則的で陣痛時間は45〜60秒• 大きく深呼吸します。 早めに2秒吸って、2秒吐くを4回ほど繰り返します。 浅めの呼吸1秒吸って、1秒吐くを15回ほど繰り返します。 段々とゆっくり2秒吸って、2秒吐くを5回ほど繰り返します。 大きく深呼吸します。 極期(子宮口8〜10センチ) 陣痛が60〜90秒続き間欠が30〜90秒という交互の波が来ます。 この時いきみたくなるそうですが、まだいきんではいけないタイミング。 あの有名な「ヒ・ヒ・フー」のラマーズ法で呼吸をする時です。 ここでは病院で習った呼吸で紹介しますね。 1秒に1呼吸の早く浅い呼吸を6回して、7回目に3〜4秒かけてゆっくり吐きます。 早い呼吸をする時は、吐く息に意識を向けると自然と息を吸ってくれます。 いきみそうな時は、「ハ・ハ・ハ・ハ」と息をはずませ浅い呼吸をしましょう。 過呼吸のようになりそうだったら、両手で口の前をマスクするようにして自分の二酸化炭素を吸い込むといいそうです。 娩出期 子宮口が開きいよいよいきんでOKになります。 2回深呼吸(鼻と口で少し早めに)• 声を出さないことが大事)• いきんではいけない時は「ハ・ハ・ハ・ハ」と全身の力を抜きましょう。 陣痛をどう捉えるか 陣痛をただの痛みと捉えるか、お産が順調に進んでいると捉えるかで、出産が辛いか幸せか決まるとのことです。 赤ちゃんと十分に胎話してコミュニケーションをとることも大切です。 妊娠 お腹の赤ちゃんも頑張っている。 「陣痛の時にお母さんは子宮の部分で痛みが起こるけれど、赤ちゃんは全身でそれを乗り切るんだよ。 」と産婦人科の先生もおっしゃっていました。 「なるほど」そう思うと少し冷静になれそうです。 胎内記憶で有名な産科医 池川明先生の著書を読むと、陣痛時の乗り切り方のアドバイスがあります。 陣痛時に大量のカテコールアミンというホルモンが分泌され、お母さんが出産を最後までやり遂げることができるように、『疲労を感じさせない』ように応援してくれるのです。 陣痛には波があるので、痛みがない時に至福の時を味わうか、痛かった前の陣痛の恐怖を引きずるかでお産の印象も大きく変わってきますね。 お産が始まる前に池川明先生の本に出会えてよかったと思います。 妊娠を考えている方には是非読んでもらいたいおすすめの本です。

次の

呼吸法

お産 呼吸 法

出産が初めての妊婦さんなら誰でも「痛い」というイメージがあり、「こわい」と緊張してしまうとお産に時間がかかってしまい、呼吸も早くなって過呼吸になりパニックになってしまうということもあります。 そんな状態に陥らないために、出産時に役立つ呼吸法を知っておくと、いざ出産のときにあわてず、リラックスして良い状態で出産に臨めるのです。 そんなお産の痛みを和らげてくれる呼吸法。 どんなものがあるのか、紹介していきたいと思います。 [ad co-1] 出産の呼吸法で陣痛の痛みを和らいでくれるテクニックとは ラマーズ法の呼吸法 フランスのラマーズ医師が広めた分娩法で提唱している呼吸法。 弛緩法(筋肉の緊張を緩める方法)や呼吸法によって心と体の緊張を解き、出産への恐怖を取り除いて自然な形での出産を目指します。 ラマーズ法というと誰もが想像する「ヒッヒッフー」が有名ですが、実はお産の進行状況によって呼吸法が変わります。 子宮口0~3㎝ 陣痛の間隔10~15分 ちょっと異変を感じたら病院へ連絡し、指示を聞きましょう。 できるだけゆっくり深く深呼吸をします。 進行期 子宮口4~8㎝ 陣痛の間隔 3~5分 お産が本格的になってきます。 焦らずに気持ちを静めてリラックスしましょう。 呼吸法 ヒッフー 鼻から短く吸って「ヒッ」口から長くはいて「フー」 まずは深呼吸して息を整えてフーフーも効果的です。 子宮口9~10㎝ 陣痛の間隔 1~2分 まだいきんではいけないのでいきみを逃がしましょう。 呼吸法 ヒッヒッフー 鼻から息を吸って「ヒッヒッ」力を抜きながら「フー」 力を入れないようにリラックスしながらするのがいいです。 いよいよいきんでもいい時です。 呼吸法 いきむ時は息を止めて「フーウン」力を抜いて「ハッハッハツ」と短く呼吸 赤ちゃんの頭が出てくる大事な時です。 頭が出てきたら「フーフー」と長く深呼吸しましょう。 助産師さんの声かけに合わせてタイミングを計るとスムーズにいきます。 このようにラマーズ法の呼吸法は「ヒッヒッフー」以外にも様々なタイミングによって呼吸法が変わるため、一見難しいようですが、事前に練習してイメージしておくと出産のときに役立ちますし、またもし練習していなくてもそばについてくれている助産師さんたちの声かけによって冷静に実践することができれば、お産時の痛みを軽減できるのです。 このような呼吸法があるということだけでも知っておくと、いざという時役立ちます。 ソフロロジー法の呼吸法 ソフロロジーとは出産に向けてエクササイズやイメージトレーニング、呼吸法によって精神を安定させ、分娩時にリラックスした状態で自然分娩できることを目指すことをいいます。 ソフロロジー法の呼吸法は 「ただゆっくり息を吐く」というのが基本です。 そうすることで体がリラックスして参道が緩み、いきまなくても出産できるのです。 あぐらをかき、楽な姿勢で陣痛がきたらゆっくりと息を吐きましょう。 息を吐ききったら自然とまた大きく息を吸い込みます。 陣痛の波が去ったら、力を抜いてリラックスします。 陣痛が強くなってきたら子宮の収縮に合わせて息を吐きながら息を止めないように気をつけて、少しいきみましょう。 陣痛が去ったらリラックスを交互に繰り返します。 赤ちゃんの頭が見えてきたら、いきむのをやめましょう。 そして基本の「ただゆっくり息を吐く」ことに集中します。 赤ちゃんは緩くなった参道を下りてきやすくなります。 このようにソフロロジー法の呼吸法とは「息を吐く」ことが重要なカギです。 ゆっくりと吐くことで赤ちゃんもゆっくりと参道を下り、妊婦にも負担をかけずに出産することができるのです。 リーブ法の呼吸法 リーブ法とは安産のための4つの要素、リラックス(R)、イメージング(I)、エクササイズ(E)、呼吸(B)の頭文字を表している中国の気功を取り入れた出産方法。 リーブ法の呼吸法はゆっくりと静かに息を吸ったときにお腹をへこませて吐く息でお腹を膨らませる逆腹式呼吸です。 息を吐くときには 「ソーン」という掛け声とともに吐くのがポイントです。 ゆったりした呼吸法でリラックスすることによって、体の自然な力を促し、出産時間を短縮でき、妊婦と赤ちゃんの負担を軽減するといわれています。 さまざまな呼吸法を紹介しましたが、どれを選ぶではなく、これらを参考にして自分に合った呼吸法を見つけることが大事です。 そして練習していても、いざお産のときに慌ててしまっては意味がないので、どの呼吸法にしてもまずは落ち着くことが重要です。 呼吸法にばかり気を取られて、余計緊張してしまってもいけません。 大切なのは、普段の生活にも呼吸法を取り入れ、いざという出産のときに慌てることなく、冷静にリラックスできるかです。 たとえ呼吸の仕方が間違っていたとしても体がリラックスしていれば、安産になりやすいわけです。 正しい呼吸法を身につけるというよりは、リラックスできる呼吸の仕方を見つけることです。 安産になるように、できそうな呼吸法を、ぜひ始めてみてください。 [ad co-2].

次の