バール チッチャ。 【食べログ3.5以上】神戸三宮のおすすめ居酒屋24選【2020年最新】│めしレポ

【連載】“隠居系”山田恒太郎が案内する 百花繚乱「神戸メシ」 第1食 「バールチッチャ」の「国産牛 イチボのカルネサラータ」

バール チッチャ

ロードバイクでやって来た。 素晴しいお天気、お腹ペコペコだ。 ほっぺが落ちる。 お昼時のクアトロ フォルマッジ。 素材もシンプル、名前もシンプル。 4種類のチーズ、モッツァレラ、自家製リコッタ、ゴルゴンゾーラ、グラナパダーノ+はちみつ、そして 小麦。 今回、モッツァレラは水牛にしてもらった。 さっそくピッザ窯から香ってきたのは小麦の焼ける素晴らしい香りだ、鼻から頭のてっぺんまですーっと入ってきて、心を沸き立たせる。 やって来たピッザは見た目抜群。 まさに待ちに待ったこの季節の太陽のようだ。 この景色を見るだけで気持ちがふわっと軽くなり、明日への希望も湧き上がってくるというものだ。 やっぱり、美味しいものを頂いて、人と会話を楽しみ、笑顔に、元気になるというのは、人間にとって大切なことなんだなと実感する。 生地はもちっと、オコゲ部分が香ばしく、チーズはそれぞれの味が主張するところ、渾然一体なところがまた楽しい。 特にモッツァレラはクニュクニュと弾力があり、ゴルゴンゾーラにははちみつが最高のマリアージュだ。 ピッザは太陽の下で頂くのが一番うまいなと感じた素晴らしいランチでした。 いつもながら、大変美味しかったです。 ごちそうさまでした。

次の

チッチャ (Ciccia)

バール チッチャ

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 神戸市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 神戸市の人気レストラン• 人気の料理• 人気のレストラン カテゴリー•

次の

BAR CICCIA バール チッチャ(北野/新神戸/お酒・バー・バル)

バール チッチャ

特徴 ラーメン 居酒屋・飲み屋 格安・安い おしゃれ 個室・接待・お祝い ディナー デート・女子会 レストラン ランチ 一人飯 焼肉 うどん カフェ・喫茶店 串カツ 鍋 もつ鍋 しゃぶしゃぶ 和食 洋食 焼き鳥 海鮮 イタリアン 鉄板 モーニング ホルモン 炭火焼き 中華 フレンチ アジア・エスニック カレー バー ハンバーガー つけ麺 餃子 お好み焼き そば 寿司 電源・Wi-Fi 食べ放題 穴場・静か スイーツ ステーキ パスタ・スパゲッティ 韓国料理 沖縄料理 天ぷら ビアガーデン おもしろい・コンセプト おもしろい 勉強・読書 定食屋 定食 喫茶店 昭和レトロ お子様ランチ 平均予算順 おでん 馬肉 牡蠣 コスパ 懐石 カワイイ スイーツビュッフェ 魚介 下町 せんべろ 酒場放浪記 アメリカン ちゃんこ ケーキバイキング いちご デザートビュッフェ 苺 お米 居酒屋 隠れ家 大人数 貸切り パーティー 宴会 打ち上げ 結婚式二次会 コース 学生 辛い ちょい飲み 空港グルメ 空グルメ 空港ランチ カクテル バル 中華街 神戸牛 ビジネスランチ コーヒー なごやめし 名古屋めし 名古屋グルメ きしめん 名古屋飯 八丁味噌 味噌カツ ひつまぶし うなぎ 鰻 ファミリー コスパランチ ワンコインランチ イニシエ系 美観地区 ままかり みそかつ デミカツ 懐石料理 会席料理 アジアン 多国籍料理 海鮮丼 町中華 ご当地グルメ スープカレー• 神戸の中心地である三宮駅には様々な居酒屋が軒を連ねる。 飲み屋の価格帯も格安から高級まで様々で、日本有数の口コミ高評価店も数多く存在する。 一方で、美味しくない店やどこにでもあるチェーン店も多く、本当に良いお店に行きつくのは容易ではない。 そこで、食べログ3. 5以上のみをピックアップして用途別に「本当に行くべき居酒屋」を厳選し、三宮の3600店舗以上の居酒屋の中からお勧め店舗をご紹介する。 是非、神戸三宮で居酒屋を利用する際は、参考にして欲しい。 阪神・阪急・JR・地下鉄など複数の路線が乗り入れ、駅前には大型の商業施設が建ち並んでいる。 神戸市の中心地でありながら海と山に囲まれ自然豊か。 そして三宮センター街やサンキタ、生田新道といった繁華街歓楽街が広がる。 日本随一のチャイナタウン・南京町があるのもこのエリアだ。 他の地域の歓楽街とは一線を画す、上品で落ち着いた雰囲気のオシャレな町並みには、古くから新しい文化に触れ舌の肥えている神戸っ子も認める人気店が揃っている。 イタリアンやフレンチ、神戸牛など少しお高い店がイメージがあるが、コスパ重視の格安居酒屋だってたくさんあるのだ。 この記事ではデートや接待に最適な個室居酒屋や、女子会にオススメな夜景の見えるおしゃれなレストラン、宴会向けの飲み放題の店まで、様々なシーンにぴったりのおすすめのお店をチョイスして紹介している。 ここで紹介した店を参考にすれば間違いなし! 評価3. 熟成といえば牛肉が有名だが、熟成魚とはその魚版。 熟成とはきめ細かな温度管理のもと、時間をかけたんぱく質を分解させ、うまみ成分を凝縮したもの。 東京を中心にブームになりつつあるが、関西ではまだまだ食べられる店は少なく、この「鯛之鯛」はその貴重な店として有名な店である。 こちらのおすすめは「お造り盛り合わせ(580円)」。 うまみたっぷりの旬の魚の盛り合わせは店の人気ナンバーワン。 新鮮とれたての魚も美味だが、熟成魚ならではのおいしさもぜひ体験してほしい。 また魚に合う日本酒も各種揃っており、なんとあの獺祭が499円。 日本酒党はぜひいろいろ試してみて。 ありそうでなかった 兵庫県の食材にこだわった居酒屋がこの農家だ。 農家から直送された兵庫県野菜をはじめとする新鮮野菜や、瀬戸内の魚介類、淡路島のブランド鶏である淡路鶏などなど、兵庫県の食材にこだわって料理を提供している。 大人向けの落ち着いた雰囲気の居酒屋で、テーブル席やカウンター席のほか、完全個室も複数あるなど、普段使いから会社の忘年会・新年会や歓送迎会、接待にもお勧めの店だ。 何を食べても美味しいが、 特に評価が高いのは野菜を使った料理で、「淡路玉ねぎの丸ごとホイル焼き」(680円)は淡路産玉ねぎの甘味を存分に味わえる。 また、 お米も兵庫県産棚田米を使用しており、〆には必ず食べたいところ。 宴会であればコース料理がお勧めで、ブランド鶏である淡路鶏を使ったコースが2500円からと激安。 どのような機会でも使い勝手の良いお店だ。 女性がいる飲み会で絶賛間違いなしなのが、このMs. Plate。 神戸三宮駅から徒歩10分程度とやや離れてはいるが、 その分プライベートな雰囲気は抜群。 こじんまりとした隠れ家的なイタリアンダイニングだ。 デートであればカウンター席が、宴会であればテーブル席がおすすめ。 また、30名まで収容可能で、貸切ることもできる。 料理はイタリアンベースの創作料理で、どれも大満足な味。 特に、 パスタ料理に100円プラスすることで選べる生パスタが大人気だ。 コース料理は飲み放題付きで3500円からとコスパ抜群。 その日その日の新鮮食材で料理を作っているため、時にはシェフの気まぐれ料理があることも。 こじんまりとした店なので、遠慮せずシェフに聞いてみよう。 「バールチッチャ」は、三ノ宮の人気イタリアン「チッチャ」の姉妹店。 チッチャより カジュアルでお値段もお手頃だが味は本格派。 イタリアで修行したシェフがプロデュースする店は本店同様、何を食べてもはずれのない、実力派イタリアンである。 おすすめは「地野菜たっぷりのバーニャカウダ(1,100円)」。 こちらのバーニャカウダはソースが絶品。 新鮮な野菜にたっぷり付けると、野菜の甘みとほろ苦さが引き立って、ワインが進むこと間違いなしである。 また肉料理では鴨肉がおすすめ。 「鴨ムネ肉のロースト」は200グラムで1,880円。 こちらの名物料理なのでお忘れなく。 仲間でワイワイ、大皿料理をつまむのが気分の店。 本格イタリアンを気軽にぜひ。 神戸三宮駅より徒歩5分、上質な空間が人気のGRAND BAR。 シンプルモダンなスタイリッシュな空間はまるで高級ホテルのラウンジのよう。 一人でも気兼ねすることなくお酒を愉しめるゆったりとしたサイズのカウンター席を始め、プライベートな時間を愉しめるボックス席、半個室の居心地の良いソファ席など多彩な席が用意されており、 1日の終わりに落ちついた空間でゆっくりお酒を楽しめる大人にぴったりのバー&サロンだ。 世界中から集められたこだわりが詰まったお酒の中でも、 ここでしか飲むことができない貴重なお酒がGRAND BARの自慢。 なかでも、市場にもあまり出回っていないと言われるマーテルの「コルドンブルー」やトップドメーヌの「マール」は、リッチで芳醇な味わいが人気。 プレミアム・ウォッカの代表格として知られる「グレイ・グース」からは、洋ナシとオレンジのフレーバーウォッカも揃っている。 また、究極の大人時間を堪能したい人には、 1本1本ハンドメイドのキューバ産プレミアムシガーも用意されており、この上なく贅沢な時間を過ごすことができる。 日本一のカツオの消費量を誇る高知県。 と言われて思い浮かぶのは表面に火が通った香ばしい「タタキ」だが、タタキは料理としての呼び方で、調理法としては「藁焼き」と呼ぶのが正しいらしい。 「藁焼き」発祥の地である高知県は「土佐清水市」と連携協定を結んだアンテナショップ居酒屋が「土佐清水ワールド」さんである。 産地の地方公共団体や生産者と提携・取引鑑定を結ぶことで、土地土地の郷土料理を安定・安全に提供する「株式会社ワールド・ワン」が、お膝元神戸で経営する本店が「土佐清水ワールド 雲井通本店」。 取り扱う料理は素材も調理法も土佐清水にこだわったものばかり。 カツオをはじめ高知や土佐清水の食材を豪快にたたきにする藁焼きが人気なのはもちろんな上、 高級節として知られる宗田節を主役とした「だし」メニューも味わい深い仕上がり。 高知の蔵元の日本酒も各種取り揃えられているこのお店。 岸壁に打ち付ける黒潮と漁師町の歴史が生み出す絶品料理を、足を運ばず三宮で味わえるおすすめのお店だ。 JR三ノ宮駅・阪急三宮駅を西側の各出口から徒歩3分、市営地下鉄東出口1から程近くに店を構える、 立ちでちょいのみから座ってがっつりまで幅広く対応する立ち飲みイタリアンがTRATTORIA comocchi トラットリア コモッチ さんだ。 もともとの本店「トラットリア モッチ」から、2017年夏のリニューアルオープンをもってコモッチとなったこのお店。 当初はカウンターのみの9席の形態を引き継いで営業していたが、2019年6月の再リニューアルで6席のハイチェアと立ち飲みスペースの「半立ち」スタイルのお店として生まれ変わった。 本店のこだわりである隠れ名牛、伊賀牛のサイコロステーキを頂けるほか、10種もの前菜盛り合わせやをはじめとした、イタリアンならではの前菜メニューがリーズナブルに頂ける。 本日のコモッチ前菜盛り合わせとオリジナルのチューハイでちょびっと楽しい立ち飲みもできれば、伊賀牛のステーキやパスタを含めて満足のイタリアン飲みまでできる幅がウリのお店。 立ち飲みスペースは予約しなくてもふらっと立ち寄れるので、三宮で少し飲んでみたいという方にお勧めしたいお店だ。 ゆっくり飲みたい人はハイチェア席を予約しておくことをお勧めする。 大正のころより北海道を中心に食されてきたジンギスカン。 2000年代の輸入牛のBSE問題を背景としたジンギスカンブームにより全国にジンギスカン専門店がオープンしたが、その後根付いたお店は多くない。 今、神戸三宮でジンギスカンを食べられる唯一のお店が「ひつじやジンギスカン 三宮店」さんだ。 ローストビーフ丼で一世を風靡した「RedRock」さんと同じ運営会社が以前より経営をしていたこのお店。 ブーム後も取り扱うオーストラリア産のプレミアムなラム肉のうまさでリピーターを集め、ただのジンギスカン屋から抜け出し、 人気店として生き残った実力のあるお店だ。 きれいなピンク色をしたラム肉は低脂肪ながら柔らかくジューシー。 あまりお目にかかれない、「ラムハツ」「ラムタン」も一度食べたらまた食べたくなる珍味。 肉汁とお店のタレが淵に流れ落ち、もやしやキャベツなどにうまみがうつるジンギスカン。 焼き野菜が飲み放題つきコースならお替りできるのもありがたいところだ。 まさにジンギスカンの底力が感じられるお店。 ラム党の方も、ジンギスカンを食べたことがない方も、ぜひ一度訪れてみてほしいお店だ。 世の中が不景気になると、サザエさんの視聴率が上がる、大都市近郊の温泉旅館が賑わうなど懐かしいもの、安心するものに人気が出る傾向にある。 インスタを中心としたレトロブームで、現存するレトロな食堂や居酒屋に注目が集まったほか、新たにレトロモチーフの飲食店がオープンするなど、レトロバブルが続いている。 三宮駅から北東に徒歩10分ほど、JR・阪急の高架と山手幹線に挟まれた住宅街、5階建てマンションの一階にお店を構えるのが「季節一品料理 藤原」さんだ。 駅から少し外れた二宮という立地にもかかわらず、連日にぎわいを見せるこのお店。 人工では生み出せ無い、年月の醸し出す天然レトロの中で、 驚くほど安くて旨い一品料理としみる酒が味わえる居酒屋だ。 メニューはもちろん短冊。 貼りっぱなしのものは次第に黄ばみがまして縦長にカールしていく。 「赤星ビール」と呼ばれるサッポロラガービールや「ヒレ酒」を、亭主にお伺いして出してもらったおすすめ(どれも丁寧)をつまみにくいっと飲む。 早い時間から常連客と予約客で埋まってしまうのもうなずける、懐かしく居心地の良い名店だ。

次の