創価脱会 した。 創価学会を脱会した後の恐怖

【投稿紹介】学会2世の創価大学出身で退会した方

創価脱会 した

カルト宗教団体から解放されて幸せになるという「仏罰」があります。 フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は、カルトか否かを判定する世界基準として利用されています。 フランスでは、以下の宗教団体をセクト(反社会的カルト)に指定しています。 創価学会、オウム真理教、統一教会、エホバの証人、サイエントロジー ドイツの認定「犯罪やテロを起こしえる警戒を要する新興宗教団体」(ドイツ版のセクト)認定は以下のとおり。 創価学会、統一教会、ヤマギシ、東方聖堂騎士団 エビデンス --- フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』を、辞書サイトより転載。 『1995年12月、フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。 この中で、セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙している。 精神の不安定化 法外な金銭的要求 住み慣れた生活環境からの断絶 肉体的保全の損傷 子供の囲い込み 反社会的な言説 公秩序の攪乱 裁判沙汰の多さ 従来の経済回路からの逸脱 公権力への浸透の試み 以上の項目のいずれかにあてはまる団体をセクトとみなしている。 創価学会はフランスだけではなくドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカといった国々でセクト指定されている。 フランス政府のセクト対策はキリスト教以外を排斥するためだという陰謀論じみたレベルの低い議論や、キリスト教を守れという議論はフランスでは主流とならなかった。 全く違う高度な議論の末に対策の議論が行われた。 』 仏罰と称した嫌がらせは、ごく稀にあるそうですが、 脱会せずとも幹部の悪事の肩代わりする形で濡れ衣を着せられて集団ストーカーされたり、 非会員であっても創価社長の会社でトラブルと、やはりストーカー被害や嫌がらせをされたりします。 どうやったって被害のリスクがあるなら、脱会するに越したことはありません。 執行部批判を防ぎ、脱会防止や、組織の結束力を高めて選挙運動の士気高揚につなげるために、見せしめとして、脱会者や創価信者ともめた一般人に対して集団で嫌がらせ、誹謗中傷を繰り返す、「仏罰」と称した犯罪行為も社会問題になっています。 被害例です。 創価大学の教員や学生、OBが今月11日に立ち上げた安保法案に反対する署名サイト「安全保障関連法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」。 反対署名はみるみる増えて、18日までに1300人が集まった。 瞬く間にこれだけの署名を集めた行動力、団結力は「さすが」だが、一方でサイトの発起人に対する嫌がらせが始まっている。 署名サイトの呼び掛け人のひとりである創価短大教員の氏家法雄氏がツイッターでこんな苦悩を吐露しているのだ。 〈早速ですけど、家族に対する嫌がらせがはじまりました。 勘弁してください〉 〈今回の案件で「仏敵」認定の第一号は私の母親です。 有志の会を立ち上げた翌日「仏敵、反逆者、泥を塗りやがって」と罵倒されました〉 もうひとりの呼びかけ人、創価大教員の佐野潤一郎氏もツイッターで、 〈最近、「仏敵」と罵声を浴びせかけられることが多い〉 〈苛烈な戦いの中で、心が折れそうになったり、疲れて涙も出ないことがある〉 と漏らしていた。 ほかの呼びかけ人も無言電話や正体不明のメール攻撃などの被害を受けているそうだ。 創価学会について長年取材しているジャーナリストの乙骨正生氏が言う。 「創価学会の正体見たり、と言いたくなるエピソードです。 ところが、学識があり人権意識が高い人たちは、そうした矛盾と欺瞞に耐え切れなくなり、勇気を振り絞り、反対署名サイトの立ち上げに踏み切ったのだと思います。 やりきれない話である。 仏敵にされた大学教授と民主党議員の取材記事です。 JFK通信社「日刊ゲンダイを読む」 自公批判派を組織的嫌がらせで口封じ! 「 殺人教団オウムの残党たちが警察からも自治体からも「出て行け」と追いたてられているが、創価学会だって根本的な体質は似たり寄ったりだ。 オウムは組織防衛のために、坂本弁護士を一家もろとも惨殺し、教団を批判し、告発する週刊誌編集長やジャーナリストの命を狙ったものだ。 実は、自自公体制ができてから、創価学会に批判的な人々の間でも、似たようなことが起きている。 嫌がらせや卑劣な無言電話が相次いでいるのだ。 ジャーナリストの乙骨正生氏は、自自公に猛反対の「立正佼成会」の幹部のインタビュー記事を週刊誌に掲載した直後から自宅に無言電話がかかるようになり、先月17日には、何者かに車のガラスを割られた。 また、「公明党の政権参加は民主主義に反する」と新聞にコ メントした日大教授の北野弘久氏(税法学)は、無言電話が殺到しただけでなく、尾行もされたという。 国会で自自公連立の問題点を追及した民主党議員のケースも同じだ。 国会図書館で創価学会に関する書物をまとめて借りたとたんに、自宅に無言電話や暴力電話がかかり始めたというから恐ろしい。 北野弘久氏があらためてこう言う。 「私の場合、4年前に国会で宗教法人法改正の賛成意見を述べたときも、家内まで尾行され、自宅のゴミも持ち去られた。 創価学会は否定するかもしれないが、陰湿なやり方や時期からして、 あの集団の組織的犯行としか考えられません。 自分たちに邪魔な存在はどんな手を使ってでも言論封殺をする。 まさに麻原のオウム真理教と同じです。 警察は、オウムだけでなく、創価学会の違法性、犯罪性にも目を光らせるべきですよ。 こうした批判は許さないという創価学会の陰湿なやり方は、今が初めてではない。 古くは、藤原弘達氏の著書「創価学会を斬る」をめぐる出版妨害事件、宮本共産党議長宅の盗聴事件が大きな社会問題になったものだ。 日蓮宗僧侶で宗教評論家の丸山照雄氏が言う。 「オウム事件のころ、私がテレビでちょっと創価学会を引き合いに出したとたんに抗議電話が殺到し、ディレクターが真っ青になったことがあります。 以来、テレビで学会問題はタブーになってしまった。 前出の北野弘久氏もこう言う。 「創価学会が、自分たちに対する批判に過敏で攻撃的なのは、それだけデタラメな集団ということです。 あの教団は政教分離の憲法に違反するばかりか、宗教法人としての条件も満たしていない。 池田大作名誉会長のワンマン体制、財務と称するカネ集め の実態、税制上の特典など問題ばかりです。 しかし、それを暴露されると、反社会集団のレッテルを張られ、組織維持が困難になる。 ひいては、池田独裁もやりにくくなる。 それで言論封殺のためなら謀略でも犯罪でも、何でもやってくるのです」 出版妨害事件があった翌年の昭和45年、池田会長はこんな反省の弁を語った。 「これまで批判に対して、あまりにも神経過敏過ぎた体質があり、それが寛容性を欠き、社会と断絶をつくってしまったことを認めなければならない。 今後は二度と同じ轍を踏んではならないと猛省したい」 だが、表向きはともかく、その体質は依然、継続されているのだ。 」 元・公明党委員長 矢野絢也(著) 「黒い手帖 創価学会 日本占領計画の全記録」 『私はかつて、学会内のハイテクを担当する部屋を案内されたことがあった。 コンピューターなどのハイテク機器にはあまり詳しくない私でも、ずらっと並んでいるのが最新設備だとわかった。 これが一〇年以上も前の話だ。 今は、学会のハイテク(スパイ)技術は、当時よりはるかに進歩しているはずである。 創価学会がハイテク強化に注力しているのは、ひとつには敵対者や敵対組織の情報収集の大きな武器となるからだ。 これまでも、学会は盗聴事件など数多くの非合法活動を行い、世間から非難を浴びた。 監視、尾行、嫌がらせ、ゆえなき誹謗中傷などの違法行為は学会のお家芸ともいえるほど、常套手段化している。 私の知る編集者も、公明党・創価学会がらみの書籍を担当した途端、正体不明のグループによって尾行や嫌がらせを受けたという。 元学会員の陳述書によると、「特殊部隊」の役割は「広宣部」が担っているという。 創価学会は各部門と連動しながら、スケジュールを組んでの連続的な組織的犯罪だったのである。 また、攻撃範囲は本人のみならず、家族・親族に及ぶものであり、精神的威嚇、社会的地位の抹殺、または生活の基盤を奪い取ろうとする、包括的なものであった。 いうまでもなく、これらの非合法的行為は学会内部では極秘に行われており、一部の幹部しか知らない。 私は当時、公明党の最高幹部で学会との連絡役を務めていたことから、このような事実を知り得た.

次の

おさるは創価を脱会したが内村(ウッチャン)を勧誘した?久本との現在は?

創価脱会 した

柴田理恵の経歴 富山県富山市に生まれ育った柴田理恵は、幼少の頃より女優を目指しており、明治大学の文学部演劇学科を卒業後、劇団東京ヴォードヴィルショーに所属する。 そこで演劇の力を付けた柴田理恵は、親友の 久本雅美や 渡部信子らとともに、 WAHAHA本舗を設立すると、エネルギッシュさとパワフルさ、何事も笑いに変えてしまうポジティブさがウケ、 たちまち人気メンバーとなる。 舞台を中心にバラエティ番組・ドラマ映画と出演を重ねていき、特にバラエティ番組では 辛口の御意見番として不動の地位を確立している。 柴田理恵は有名になる前からすでに 結婚しており、現在も旦那さんとは夫婦関係を継続中だ。 スポンサーリンク 柴田理恵逮捕の真相 柴田理恵を検索にかけると、「 逮捕」というワードが引っかかる。 これはどういうことかと調べてみると、どうやら過去に 柴田理恵が逮捕されたという内容の動画が、 ニコニコ動画にアップされたようだ。 その内容はこうだ。 8月11日午後8時頃、タレントでおなじみ柴田理恵容疑者が 帰宅途中の女子高生を酷く暴行したとして警視庁に書類送検されました。 警視庁の話によると柴田容疑者は帰宅途中の18歳女子高生に対し 殴る、蹴る等の行為をして女子高生に重傷を負わせたと思われます。 女子高生はその後病院に搬送されましたが命に別状はありませんでした。 柴田容疑者は「当時ひどく酒に酔っていた」等と述べており容疑を認めているとの事です。 この文章を見る限りかなりの生々しさが伝わってくる内容で、 柴田理恵が本当に暴行で逮捕されたと思ったネットユーザーも多かったようだ。 しかしこの 逮捕速報は真っ赤なウソだったのだ。 しかしなんとも悪質な イタズラではないか。 ここまで来ると「 本当は釣りでした」では済まされないだろう。 スポンサーリンク 柴田理恵が創価学会を脱会した? 柴田理恵は 創価学会の会員であることは有名な話で、親友の久本雅美も創価学会の会員だ。 また結婚した旦那さんとの出会いも創価学会で、結婚式は劇場にお客さんも入れたいわゆる「 公開結婚式」であったそうだ。 そんな柴田理恵だが、巷では 創価学会を脱会したというウワサが流れている。 事の発端は創価学会が推している、公明党への投票に関してのことだ。 創価学会の会員は公明党への投票が多いそうだが、これに対し池上彰氏が 「 創価学会のみなさんによる、公明党への投票行為は、政教分離の原則に反するのではないか?」 とテレビで大々的に反論していたのだ。 過去に柴田理恵や久本雅美は、公明党の選挙活動に参加していたことがあり、 憲法違反と思われてもおかしくない行為に加担していたとなればまずいと踏んで、創価学会を脱会したというウワサが流れている。 この一件から公明党は 有名芸能人を、選挙活動に参加させることはなくなったという。 このウワサに関して確証が持てる情報がないのだが、創価学会を通じて結婚しており、現在も旦那さんとは夫婦関係があるため、 脱会はしていないのでは?というのが大筋の見解だ。 柴田理恵のカップ画像 柴田理恵は過去にWAHAHA本舗の舞台上で、 手ぶらのみのカップを公開しているのだが、その時の画像を発見したので、柴田理恵のファンの方はもちろんのこと、そうでないかたでも必見である。 また同じ部隊員である 久本雅美の手ぶら画像もあるので、重ねてご覧いただこう。 柴田理恵の旦那と子供は? さて創価学会を通じて結婚している柴田理恵だが、 旦那さんはどういった人物なのだろうか? また 二人の間に子供はいるのだろうか? これに関して調べてみたが、柴田理恵の 旦那さんは元舞台監督だが現在は一般男性のため、 画像などの詳細は公開されていない。 旦那さんはどうやら 柴田家に婿養子にはいっているそうだ。 この2人の結婚のエピソードだが、ずっと長い間付き合っていたにも関わらず、全然結婚を匂わせていなかったそうだ。 そんな態度に不安になった柴田理恵が、現在の旦那 当時は彼氏 に、 「 ねえ 結婚 どうすんの?」って聞いたところ、 彼が「 じゃあ結婚するか」と言って結婚が決まったというエピソードがある。 後日、私からせまられたからあの場で急きょ決めたの?と柴田理恵が聞いたら彼は、 「 最初から決めてたからね」と言ったそうだ。 さらに子供なのだが、 2人の間に子供はいないようだ。 仕事が忙しい柴田理恵が育児の時間が無いため、子供を作らなかったのかどうかは定かではないが、柴田理恵は 過去に子宮筋腫を患っているため、それが原因なのかもしれない。 現在は旦那さんとペットの愛犬と暮らしているということで、夫婦仲はとても円満だという。 女優としてもバラエティ番組のタレントとしても、一流の柴田理恵には今後も仕事に励んでもらいたいものだ。 余談だがブスおばちゃんキャラが根付いている柴田理恵だが、メガネを外して髪を下ろすと意外と美人だということを最後に述べておこう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 では最後に柴田理恵が芸人Yにマジギレした動画をご覧いただこう。 柴田理恵の 演技なしのブチギレっぷりは必見である。 youtube.

次の

創価学会の脱会方法と不安解消のため丁寧にアドバイスします

創価脱会 した

は何をしてくるのか? を脱会するとき、ほとんどの人は脱会届けを出さないと思います。 それは、何故なのか? からの嫌がらせが怖いからです。 は、まともな団体ではありません。 いざ脱会となると、どうにかしてその人を追い詰めていきます。 そのために、脱会したあと頭がおかしくなったり、鬱になったりする人が多い。 まあ、マインドコンの影響もありますがね。 しかし、そうやって追い詰めていって、その人が自殺すれば学会にとっては助かるんですよね。 何故なら、内部の情報が漏れなくてすむからです。 学会は内部の事を知られたくない。 だから、脱会者は許さない。 まるで、です。 私の妻も脱会するときに一番恐れていたのは、その事でした。 しかし、脱会するために書面の書き方を調べ、法的に有効な文書を本部と地区に送り、学会が何かをすれば法的措置とマスコミへの暴露等を明記した手紙をそれぞれの幹部に送ったら、その恐れていた心配もなく、今のところ平穏な日々を送れています。 学会事態が衰退してるってこともありますけどね。 ただ、脱会したくても脱会出来ないのは、うちのように上手くいく事が少ないんだろうと思います。 地区によって、脱会者に対する対応も違うでしょうし、下手すると命を狙われる可能性もあります。 だから、非活動の学会員が多いんでしょう。 勇気を出して脱会しよう!なんて、言いたくても言えません。 学会は詐欺集団であると同時にテロ集団でもあるんですから。 脱会する人は、慎重にしっかりと準備をして脱会してください。 なによりも、命を守る事が一番大事ですからね。

次の