ハンターハンター キメラアント編 何話。 【ハンターハンター】あの名シーンは何巻?漫画の名場面30選

HUNTER×HUNTER (2011年のアニメ)

ハンターハンター キメラアント編 何話

ハンターハンター キメラ=アント編のあらすじ 「G. I」クリア後のゴンたちは 「G. I」をクリアしたゴンとキルアは、ゲームクリアの商品のカードを使ってジンがいる所に飛んでいこうとしますが、ジンの設定変更によってカイトの元へ飛ばされてしまいます。 ゴンはハンターになるきっかけとなったカイトとの再会を喜び、その成り行きでカイトの仕事の手伝いをすることになります。 その仕事の最中、ゴンたちは「キメラ=アント」という生物の腕を発見。 通常のキメラ=アントは、普通の蟻程度の大きさですが、今回のキメラ=アントの腕は人間の腕より大きいものでした。 キメラ=アントはかなり凶暴で、餌として気に入った種は絶滅するまで食い尽くすほど。 さらに、摂食交配とよばれる交配方法で次世代を作っていく特殊な生態を持っていたために、すぐに繁栄することのできる厄介な生物です。 規格外の大きさを示す今回の「キメラ=アント」は、人間をも食べてしまうほどでした。 女王蟻の目的 カイトが危惧したとおり、そのキメラ=アントの女王は多くの餌を摂取し、兵隊蟻を数多く生み出して、人間を食料として集めさせていました。 女王蟻の目的は、世界を統べる「王」を誕生させること。 キメラ=アントはNGLと呼ばれる独立国家を拠点とし、部隊を形成し、人間捕縛を企てていました。 ゴン・キルア・カイトはNGLに乗り込んで、蟻たちを駆逐していきます。 念能力をも取得していく蟻たちにゴンらは苦戦していきますが、グリードアイランドでの経験が生かされ、前に進んでいきます。 そんな時、女王蟻は王直属の護衛部隊を3人先に産んでいました。 その内の1人、ネフェルピトーがゴンたちの前に現れます。 圧倒的力を前にして、カイトの腕が斬り落とされることになりますが、かんとかカイトはゴンとキルアを逃がすことに成功します。 蟻の王とゴンたちの戦いがスタート 事態の深刻さに、ハンター協会も動き出し、会長であるネテロは部下を連れてNGLに向かっていました。 しかし、そんな時、蟻の王「メルエム」が誕生します。 独裁国家である「東ゴルドー共和国」を乗っ取り、世界を征服する準備に取り掛かるメルエム。 そんな最中に、暇潰しとして始めた「軍儀」というボードゲームで、そのゲームの達人であるコムギと出会います。 軍儀でメルエムはコムギに何度も敗れ、「強さ」というものの奥深さを感じ取ります。 一方、ゴンらは作戦を企て、一斉に東ゴルドー共和国に侵入し、王討伐を目的として動き出します。 会長はメルエムと一騎打ちに持っていき、敗れはしたものの毒でメルエムを蝕むことに成功します。 ゴンは、カイトの仇とネフェルピトーと対峙。 そんな戦いの最中に、ゴンは自分の命を犠牲にした「制約と誓約」によって、途轍もない力を手にしてネフェルピトーを倒します。 キメラ=アント討伐作戦は、会長の毒とゴンによって成し遂げられますが、ゴンは瀕死の重体になってしまいます。 スポンサードリンク ハンターハンター キメラ=アント編の感想 ハンターハンター内でも、 一番の長さを誇るこの「キメラ=アント」編。 この章では、今までにないほどの強敵ぞろいで、正直誰が生き残るのか、毎回ドキドキする内容になっています。 久々に登場した カイトもネフェルピトーにやられてしまい、ハンター試験編で登場したポックルとポンズも再登場を果たしますが、蟻によって殺されてしまいます。 この章から、ハンターハンターの ダークな部分がより一層強くなった気もしますね。 ゴンやキルア、その他の登場人物よりもはるかに強い敵が沢山出てくることも注目されるポイントです。 王直属の護衛部隊の3人を始め、蟻の王であるメルエム。 今までのハンターハンターでは考えられないほどの強キャラ登場に、一気に目が離せなくなってしまいます。 一番の見どころは、 ゴンたちが東ゴルドー共和国に乗り込んでからの攻防の嵐です。 ここから、キャラクター同士の会話がかなり減って、ナレーションベースの物語進行なのですが、 キャラクター1人1人に心理描写が鮮明にされており、感情移入しやすく、 心を揺さぶられるシーンが盛りだくさんとなっています。 キャラ1人1人の想い。 ゴンの覚悟の強さ、キルアの心の葛藤…。 みんなの大切にしているものの違いから生まれる、ちょっとした行動の差。 世界征服という大きなテーマを背景に、登場人物の繊細な心理が大きく反映してくる物語構成に、きっと引き込まれること間違いなしです! まだ読んだことのない方は、だまされたと思って是非読んでみてください! スポンサードリンク 口コミ情報 SNSやgoogleなどでの「キメラ=アント編」の口コミ情報をいくつかご紹介したいと思います。 今回は ハンターハンターの「キメラ=アント編」についてのあらすじと感想を見ていただきました。 いままでの物語は、このキメラ=アント編をする為のストーリーだったのではないかと思ってしまうほど、完成度の高い章だと思います。 一つ一つの行動すべてが後に繋がってくるストーリー性の高さも魅力ですし、何といってもキャラクターたちの魅力も素晴らしいです。 是非皆さん、読んでみてください! スポンサーリンク.

次の

ハンターハンターで一番面白いのは何編!?おすすめ編

ハンターハンター キメラアント編 何話

ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww 関連記事.

次の

ハンターハンターのキメラアント編は何話から何話まで?

ハンターハンター キメラアント編 何話

[目次]• 読んだことがなくても、タイトル名は聞いたことがあるという人がほとんどではないでしょうか。 1998年(平成10年)から「週刊少年ジャンプ」で連載開始され、ジャンプに掲載された作品ではワンピースに次ぐ2番目の長期連載作品となっています。 休載や連載再開が発表されるたびにネットニュースになり、続きを待ち詫びる読者が毎回一喜一憂するのが恒例化。 むしろ連載期間より休載期間のほうが長いという、異例の作品なんです。 こんなにも不定期連載なのに、ハンターハンターは不思議とファンが離れることがないようで、逆に連載が再開されるとジャンプの売り上げが上がる!なんて噂も。 言ってしまえば、休載のもどかしさも含めてこの作品のファンが多いのかもしれません。 本作を簡単に説明すると"仲間たちとの絆を深めながら、さまざまな強敵に挑む成長ストーリー"です。 これだけ聞くと「よくある話だよね~」と思うかもしれませんが、ハンターハンターはそんな単純なものではありません。 キャラクターはもちろんその世界観すべてが非常に細かく作り込まれていて、ときにはストーリー展開が複雑すぎて解説や説明文が出てくるなんてことも。 一読しただけでは内容をすべて理解するのは不可能なのでは!?と言われるほど、難解な描写も少なくないんです。 そんなただでさえ難しいストーリーな上に休載続き…ということで、ハンターハンターを読んだことがあっても「どんな内容だったっけ」「ストーリー忘れちゃったよ…」という人は後を絶ちません。 そこで、ハンターハンターの内容を思い出したい!という人たちのために、 マンガの名シーンを振り返りながら、物語のキーポイントを掻い摘んでご紹介していきます。 では、まずは登場人物から! 登場人物 ゴン=フリークス ゴン=フリークス 逆立ったツンツン頭がトレードマークの少年。 天真爛漫で曲がったことが大嫌い、そして極度の負けず嫌い。 大自然の中で育ったこともあり、常識にとらわれない考えの持ち主で、誰からも(動物からも)慕われる。 キルア=ゾルディック キルア=ゾルディック 暗殺稼業の家に生まれ育ち、小さなころから殺しの英才教育を受けてきた銀髪の少年。 ゴンと同い年の12歳。 子供らしい一面がありながらも、冷静沈着で頭の回転が速く、堅実的。 ゴンの親友であり、ライバルでもある。 クラピカ クラピカ 非常に頭がキレ、基本的にはどんな状況でも的確な判断ができる。 しかし、同胞を皆殺しにした盗賊グループへの強い復讐心から、冷静さを欠いた行動をとることも。 中性的な外見であるため、実は性別は謎に包まれている。 レオリオ=パラディナイト レオリオ=パラディナイト サングラスがトレードマークで、医師を目指す青年。 長身で濃紺スーツを着ていることが多い。 理屈よりは感情で動くタイプで、義理堅く熱い性格。 仲間思いで人の心をつかむのが上手い。 この4人がメインの登場人物ですが、物語が進むにつれてあるメンバーが(マンガの時間軸ではなく現実で)およそ10年間登場しない!なんてことも珍しくありません。 出ていないキャラはその間何をしていたのか…。 それは読者にもほとんど明かされないんです。 しかし、マンガで描かれていないだけで作者・冨樫義博さんの手元には公にされていないキャラクターごとの裏・年表が存在しているんだとか。 マンガになっていない部分ではキャラクターたちはどう生きていたのか…。 それを読者が自由に想像&考察する、というのも『ハンターハンター』の楽しみ方のひとつなんです。 その他の人気キャラクター ヒソカ=モロウ ヒソカ=モロウ 並外れた格闘のセンスを持つが、気まぐれで謎が多い。 歪曲した性癖の持ち主で筋金入りのサイコパス。 メイク(?)を落とすとかなりのイケメンらしい。 強い相手は自分が倒さないと気が済まない性格。 クロロ=ルシルフル(団長) クロロ=ルシルフル(団長) 優れたリーダーシップで旅団を統率する、カリスマ的存在。 教養は高いが冷徹。 仲間を大事にする気持ちがある反面、「殺人中毒者」と評されるくらい、無慈悲な面も。 クラピカの仇敵。 ジン=フリークス ジン=フリークス 主人公ゴンの父親。 極度の面倒くさがりやで型破りな性格。 世界中に名の知れたハンターだが、ミステリアスな部分が多い。 ゴンがハンターとなって旅をするきっかけとなった人物。 ネテロ ネテロ ハンター協会の会長。 ちょんまげ頭でお茶目な一面があるも、見た目からは想像もできないほどの並外れた身体能力を持つ。 半世紀ほど前の全盛期は、他のハンターとはまるで次元が違う強さだったらしい。 カイト カイト ゴンが幼少期に出会った兄貴分的な存在。 ジンを慕い、自身も優秀なハンターとして活動している。 「いいハンターってやつは動物に好かれちまうんだ」と、ゴンのハンターの素質を見出した人物。 呼びにくい&言いにくいキャラクターベスト3 1位:モントゥトゥユピー 2位:シャウアプフ 3位:ネフェルピトー この3人は「キメラ=アント(蟻)編」で登場する、言わずと知れた王直属の護衛軍3戦士。 女王の蟻が直々に名前をつけたということもあり、斬新な名前が付けられています。 正式名称を覚えるのはなかなか困難なので、この3人の名前を噛まずに言える人はなかなかの"ハンターハンターマニア" なのかも。 スタッフおすすめ!後世に語り継がれる『ハンターハンター』の名シーンを一挙ご紹介 先ほども伝えた通り、ジャンプで不動の人気を確立しているのにも関わらず、作者の体調不良を理由にたびたび休載している『ハンターハンター』。 休載が決まると「ハンターロス」になる人が急増し、TwitterなどのSNSでも嘆きや悲痛の声が多発するのも、もはや"お約束"です。 そんな休載続きでハンターハンターのストーリーを忘れてしまった "ハンターハンター難民"を救うべく、各編ごとの名シーンを簡単にまとめてみました。 2019年2月現在「暗黒大陸編」はまだ連載中のため、今回はその前のストーリーが一区切りついた 1巻~32巻までの名シーンをピックアップしています。 インターネット中古買取店のスタッフがおすすめする名シーンとはいかに?!それでは、さっそく見てみましょう! <あらすじ&見どころ> 主人公・ゴンの旅立ちから、今後の主要メンバーとなるキルア・クラピカ・レオリオ、そしてヒソカとの出会いと始まりの物語。 合格率が数十万分の一とも言われている"ハンター"になるための難解な試験に挑んでいくのですが、もちろん一筋縄ではいかず幾多のピンチが待ち受けています。 クラピカとレオリオの対立を見ていたゴンの名言 ハンター試験会場へ向かう道中、出会ったばかりのクラピカとレオリオが衝突してしまったときに、ゴンが飄々と言い放った言葉。 —— 「その人を知りたければ その人が何に対して怒りを感じるかを知れ」。 現代の人間関係に悩んだり、夫婦・恋人とケンカしたときにふとこの言葉を思い出せば、相手に対する見方が少しは変わるかもしれませんよ。 <あらすじ&見どころ> ハンター試験を終了したゴンは、一旦レオリオとクラピカと別れてキルアと2人で資金調達のために天空競技場へ。 勝者のみが上の階に行くことができ、勝つたびに賞金がもらえる格闘技場ということで、バトルを重ねるうちに徐々に苦戦していくのですが…。 新しい力の習得や修行、格上とのバトルシーンなど少年マンガらしい展開が盛りだくさんです。 ゴンとキルアが念能力に目覚める瞬間 ハンターハンターのバトルシーンの要ともいえる「念」ですが、 ここでやっとゴンやキルアもこの能力を会得することに。 天空闘技場で出会ったウイングに体内に眠る秘めたる力を無理やり起こしてもらって、初めて念能力を体感するわけですが、これが今後の2人を強くするすべての始まりのシーンでもあります。 <あらすじ&見どころ> このヨークシン(幻影旅団)編の最大の見どころは、ストーリーの視点がゴンからクラピカに移行されること。 ヨークシンシティで行われるオークションを舞台に、クラピカの宿敵「幻影旅団」との戦いの火蓋が遂に切られます。 さらに別の目的で資金集めをしていたゴンたちも、なぜか旅団のメンバーと接触することに…!巧妙な駆け引きやリスクのある交渉シーンの連続で目が離せません。 クラピカVSウボォーギン 1巻から言及されていたクラピカがハンターになった目的。 その最大のターゲットである 幻影旅団のメンバーの一人との対決です。 また、ここで初めてクラピカが習得した念能力の詳細が明らかになります。 圧倒的なパワーと強靭な肉体を持つウボォーギンを相手に、どうクラピカが戦っていくのか必見です。 <あらすじ&見どころ> ジンが残していった唯一の手掛かりである超高額ゲーム・G. I(グリード・アイランド)を遂にプレイするところまでたどり着いたゴンとキルア。 ゲームの中ということで、ここでは今までのストーリーにはない独自ルールがたくさん登場します。 そのあまりの情報量に驚く読者も多いですが、G. Iの細かい設定を読むだけでも「なんか楽しい!」と思わせてくれるのがすごいところ。 ゲーム世界で繰り広げられる新たなアドベンチャーの開幕です。 キルアの心の声「お前にあえて 本当によかった」 ゲーム開始直後、ゲームを自力でプレイすることにした2人。 その後ゴンは「キルアと会えて本当に良かった!」と素直な胸の内を言葉にします。 キルアは「やめろよバカ」と恥ずかしがりますが、心の中では「逆だよ…」とゴンへの想いを噛みしめます。 この2人の無垢な友情は、見ているだけで心がほっこり…!読者の心のオアシスのような存在です。 <あらすじ&見どころ> 遂にきました…!今まで以上に過激な描写も多く、これまでの勧善懲悪だったストーリーとも違い一風変わった展開が続くのが、この「キメラ=アント(蟻)編」です。 大量の人間を捕食しながら驚異的なスピードで繁殖する「キメラアント」を調査・討伐するため、カイトと行動を共にするゴンとキルアですが、その凶悪な生物の力は想像以上でした。 もはやゴンとキルアの手には負えず、遂にハンター協会の最高峰・ネテロ会長をも巻き込む事態に。 最恐最悪な生物と人類最強のハンターの戦いが始まります。 ピトーの突然の奇襲 カイトのキメラアントの調査に同行していたゴンとキルアは、遭遇したキメラアントの兵隊蟻たちを次々と討伐し、ハンターとしての自信をつけていました。 しかし、いざ女王蟻の居城まで近づくと、女王直属の護衛軍の一人・ネフェルピトーの圧倒的な力を目の当たりに…!自分たちでは太刀打ちできないことを察知し、 カイトを残してその場から逃げ帰る展開に衝撃を受けた読者も多かったはずです。 5 アルカの性別 本編でもどちらなのかが言及されておらず、たびたびネットでも論争になるのがこのアルカの性別についてです。 アルカが登場する【会長選挙・アルカ編】でも、以下のようなやりとりが…。 イルミ 「ゾルディック家には もう一人 弟がいる」 キルア 「何で こんな目にあっている妹を 放っておけたんだ…!」 執事 「アルカ坊ちゃん」 このように 「弟」「妹」「坊ちゃん」など表現も混在しているので、ますます謎は深まるばかり。 イラストの見た目は可愛らしい女の子に見えなくもないですが…。 これは、あなたの近くにいる『ハンターハンター』ファンの人とぜひ意見交換してほしい事案です。 1999年~2001年まで放送されたアニメは第1作目。 2011年~2014年に放送されたアニメは第2作目として位置付けられ、放送局や制作会社も違えば、声優のキャストも一新されています。 オリジナルストーリーも多い第1作目に対して、第2作目は原作に忠実に描かれているだけでなく、ストーリーも【会長選挙・アルカ編】まで描かれているのでボリュームも満点。 特にマンガではグロテスクな表現の多い【キメラ=アント(蟻)編】は、アニメ化できるのか…とファンからも注目されていましたが、途中で深夜枠へと移動したことによりファン納得のクオリティに。 ハンターハンターのアニメも多数のサブスクの動画配信サービスで配信中。 マンガは読み尽くしたけどアニメは未鑑賞という人は、ぜひアニメも全話攻略してみてください。 原作にはない演出とスピード感を楽しめますよ。 まとめ ハンターハンターといえば、残酷な仕打ちや無慈悲な死に様、さらにグロテスクな表現も多々出てくるので、読み手の心をどんよりと曇らせるシーンも少なくありません。 しかし、それだけではないのがハンターハンターの大きな魅力。 主人公ゴンの純粋でまっすぐな性格に心が和んだかと思えば、読み手の想像の遥か上をいく予測不能なバトル展開に息を飲み、難解な駆け引きに頭を悩ませたかと思えば、深い感動で涙が止まらなくなることも。 そして、残虐なシーンにもきちんと意味があり、敵対するキャラクターにも確固たる信念や想いがあることが読み取れます。 一度そこを知ってしまうと、きっとさらに詳しく読んでみたくなるはずですよ。 何度も読みたくなる作品なので、ぜひ本棚のコレクションに加えてみてはいかがですか?.

次の