幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少。 幼稚園の先生に質問なんですが、年少の子がバス通園しています。

幼稚園 先生 メッセージ 例文 年少

幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少

幼稚園によってはメッセージの大まかな文字数、内容などが、 ある程度決められている場合もあるので先生や幼稚園に確認しておくと確実です。 他の親に相談してみるのもおすすめです。 ルールがわかったらメッセージを書くわけですが、 内容としては大きくわけて2つ、先生への感謝、そして子供のことです。 ・先生への感謝 数年の間お世話になった先生ですから、その感謝の気持ちをしっかり伝える ・子供のこと 先生にとっても大切な存在である子供の成長や思い出について書く これら2つは、卒園メッセージとしては理想的です。 どちらか一つでも良いのでし、 もちろん両方をメッセージにして伝えてもかまいません。 この幼稚園で先生にお世話してもらったことで自分がいかに助かったか、 子供がどれだけ楽しい毎日を過ごせたか、 そんなことを書けば先生としてもやはり嬉しいものです。 具体的な思い出やエピソードがあるとなお良いでしょう。 幼稚園の先生は身近な子育ての先輩でもあるため、 親として相談に乗ってもらったりしたこともあるかもしれません。 そんな方は、そのことも触れると良いメッセージが完成します。 ・子供のことについての場合なら。。。 幼稚園での中の出来事よりも家の中の出来事などを書くと、 先生の知らない子供の1面が感じられて良いメッセージになります。 子供が先生のことを自宅でも嬉しそうに話していたとか、 先生のおかげで家でもしっかりした子になったとか、 こうしたメッセージが書かれていると先生も読んでいて印象に残るはずです。 しかし冷静に考えてみれば卒園までの間、 先生に感謝したいと感じた時や先生に伝えたいことが必ずなにかあるでしょう。 それらを正直な気持ちのままメッセージにしてあげればいいのです。 こんなことを書くと恥ずかしいんじゃないか。。。 大人の書く文章としてふさわしくないんじゃないか。。。 そんなことが、ふと頭をよぎると初めての事ですと不安に感じると思います。 しかし、ある程度の体裁も大事なことですが、 なにより優先すべきは先生への感謝の気持ちです。 先生にどんなことを感謝し、 先生のおかげでどんなことが助かったのか、 それらをそのまま書けばお互いにとって思い出深いメッセージになりますよ。

次の

初めて年少を担任する先生へ

幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少

うちの娘が通っていた幼稚園では、毎年3月になると担任の先生の 1年間のお礼を込めて、アルバムを作成して渡すという慣習がありました。 ひとり1枚A4の用紙を渡され、1年間の思い出や感謝の気持ちをを真っ白な紙を自由に使って伝えるというもの。 完成したものをクラス役員さんがとりまとめて、アルバム作成してくれるのです。 このアルバム作成に、 毎年苦戦していました。 子供が年長になると、本人に絵や字をかかせることで用紙は埋まるのですが、年少の頃はほとんど親が作成することになります。 A4って意外と大きくて、絵も上手くない・デザインのセンスもない私は「 なにを書けばいいの???」と頭を抱えるばかりでした。 そんな時に、さらりと ステキなメッセージを書くことができれば、用紙も埋まるし先生への感謝も伝わるし、一石二鳥! 卒園の時だけでなく、進級・先生の退職・出産による休職など、メッセージを贈る場面は意外と多いもの。 今回は、幼稚園の先生への感謝の気持ちが伝わる文章の書き方を、• 寄せ書きなどに書きやすい一言メッセージ• 感謝の気持ちがよく伝わるメッセージ• メッセージをマンネリ化させないために• 子供に書かせる場合のオススメメッセージ という点に注目しながら解説していきますね。 この機会にコツをつかんでおけば、いろんなシーンで活躍すること間違いありません。 年中になり、お友達と一緒におままごとや鬼ごっこを楽しむことができるようになりました。 しかし、道具の取り合いやジャンケンなどでお友達とケンカすることも増え、「明日は幼稚園行かない」という日も…。 先生のおかげで、「他人に優しい気持ちで接する」ということ学んだようです。 本当に、ありがとうございました。 年長…運動会などイベントでの頑張りや小学校への意気込み 最年長の年長さんは、運動会・お遊戯会・お泊り会など イベントで頑張ったエピソードが豊富にありますね。 また小学校への進学を控え、子供の気持ちにも大きな変化が生まれます。 例文 運動会では、クラスみんなでバトンをつなぐリレーの練習を頑張っていました。 「前のお友達が遅く走っても、僕が頑張れば1位になれるよ」と頼もしい言葉も。 この頃は、朝のご用意を自分で考えて行っており、小学生になるという自覚も出始めました。 本当に、ありがとうございました。 カテゴリー•

次の

幼稚園の先生が怒るので子供が幼稚園に行きたがらない

幼稚園 親から先生へのメッセージ 年少

どの位のものを作るのが普通なのか 初めに軽く調べてみましたが、本当にさまざまみたいですね。 すっごく手の込んだものから3分で殴り書きしたみたいなものまで。 1年間お世話になった 先生への感謝を伝えるのが目的だから、書く内容は• 子供が感謝を伝える絵• 親からの感謝のメッセージ こんな感じだと思います。 もしお勉強系の幼稚園で文字を習っているなら「せんせい、ありがとう」「せんせい、だいすき」とかもいいと思います。 一目で誰から貰ったか分かるように、子供の写真も用意すると親切ですよね。 そして、感謝の気持ちをコテコテに詰めてデコるよりは、シンプルに作った方がよいと思います。 シンプルが良いと思う理由 色画用紙や折り紙で工作するといかにも幼稚園っぽくて素敵です。 でも、うちの息子は手先が器用ではないので、メインでつくるのは私になります。 幼稚園の先生は工作のプロです。 親に相当の実力がないと、 親の手作りの工作をプロに堂々と渡すのは気が引けてしまいますよね orz でも、もしも自信があって、先生も感激してくださるような素晴らしい出来栄えのメッセージカードを作れた場合。 人目を惹くでしょう。 役員さんも見るし、凄ければ先生方の間でも話題になるかもしれません。 来年以降は更に良いものを作る必要が出てきちゃいます。 手先が器用みたいだからとアルバム委員とか 面倒なものが回ってくる確率も上がるかも。 それに、先生は毎年メッセージカードを貰います。 卒業園児から貰った「子どもが手をかけた」メッセージカードに比べて、年少さんだと先生の心の中に残る度合いは少ないんじゃないかな?「親が」どんなに手をかけて可愛いメッセージカードを作っても。 親からの感謝の気持ちは綺麗にデコることで伝えるより、メッセージに込めたほうが効率的だと思います。 シンプルなら作成時間も短い それに、シンプルなら簡単に短時間で作れるし、家にあるもので作れて余計な出費もいりません。 支出は紙代のみ うちではA4の画用紙が百均に無かったので、大して厚みが変わらないケント紙を買いました。 A4のクリアファイルにいれて渡すことになっていたので、先生が見やすいように縦に用紙を使います。 家のプリンターで印刷&手持ちの筆記用具を使うので、かかった費用は108円のみ。 作るのにかかった時間は1時間 だいたいの時間と流れはこんな感じで、60分ほどかかりました。 写真撮影 10分• 写真の選定 5分• 画像の加工 10分• 親のメッセージ作成&印刷 20分• 子供のお絵かき 10分• 貼り付け 5分 子どもが写真の出来具合にこだわらなければ、もっと短く…30分くらいでできたと思います。 そして、A4サイズの下3分の1くらいに印刷。 「先生は女の子だからピンク!」というので先生のお名前をピンクで書き。 写真の横のスペースに親から先生へのお礼のメッセージを入れます。 文字を書けない息子は、大好きな先生を描きました。 失敗を見越して別の紙に書いて、切り取って貼り付けます。 かなり簡単な絵ですが、何度も書き直し、ハサミで切って失敗してやり直し…とした、息子なりの力作です。 子供がのりをつけて用紙に張り付けました。 あ、クリアファイルに入れない場合は他の子の作品に色移りしないように、 クレヨンも避けたほうがいいらしいです。 短い時間で、感謝の気持ちを込めたシンプルなメッセージカードができました。 カテゴリー• 29 アーカイブ• 1 登録しているランキングサイト.

次の