秋田 梅雨明け 2020。 東北北部の梅雨明け時期!2020年はいつ?

東北 梅雨明け恋し 北部も週末は雨 南部は曇雨天続く(2020年7月17日)|BIGLOBEニュース

秋田 梅雨明け 2020

元号が平成から 令和へと変わって一年。 期待と共に迎えられた時代の始まりは、我々に大きな試練として立ちはだかっています。 それでも季節や暦は過ぎていきます。 寒い日が続いてると思ったら、いきなり 温かい日がやってきたり…。 2020年、特にこのGWの ステイホームは、これから皆さんの記憶に強く残ることでしょう。 そしてもうすぐ始まる6月。 今年も変わらず訪れる、うっとおしい梅雨の時期でもあります。 こちらの記事では秋田県での、 梅雨入りや 梅雨明けの宣言はいつなのか? さらに平年での梅雨入り梅雨明けの 日時と 早いか遅いかなどの傾向についても 調査してみました。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ! MEMO 2020年6月11日、 気象庁は 「東北南部地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。 平年の6月12日よりも 1日早く、去年よりも 4日遅い梅雨入りです。 梅雨入りの定義とは? 気象庁のHPでの解説によると、 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 この資料に掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 より引用 これはつまり、日照時間の多い日 梅雨入り前 から 少ない日 梅雨 に移る辺りで平均5日程の期間があり、 その中日を梅雨入りの日として発表している事になります。 平年の意味は? 天気予報で誰もが耳にしたことがあるのでは? 「平年並み」という言葉。 これは 「過去30年間の平均値」という 意味なんですが、なかなかこれを知る機会って 無いんですよね〜。 これから天気予報を見る時も、 「過去30年間の平均値」という事を知っていれば これまでとは少し違った見方ができるかも? 秋田県 東北地方北部 の梅雨入りの平年の時期や傾向は? 気象庁でも発表されている秋田県の 過去の梅雨入りについて調査しました。 梅雨入りが遅れる年も見られますが、 ここ近年はこれまで通り6月の上旬からの 梅雨入りが多いですね。 さらに近年は太平洋で ラニーニャ現象が 発生する影響のため、雨の日が減り 日照時間が伸びて夏の時期には 酷暑になる年も増えています。 エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっている。 今後秋にかけてエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高い(60%)。 より 令和2年5月12日 とのことです。 エルニーニョ・ラニーニャと共に発生しないということで、これから 夏までの日照時間は例年程度になるものと思われます。 これまでは 冷夏や 酷暑になる年もありましたが、今年は 今まで通りの熱い夏がやってくると予想されます。 毎年言われていますが、 熱中症対策を万全にしておきましょう! 年 梅雨明け 2020年 7月日頃 2019年 7月31日頃 2018年 7月19日頃 2017年 ー 2016年 7月29日頃 2015年 7月29日頃 2014年 7月25日頃 2013年 8月10日頃 2012年 7月26日頃 2011年 7月9日頃 2010年 7月18日頃 2009年 ー 2008年 8月5日頃 2007年 8月11日頃 2006年 8月2日頃 2005年 8月4日頃 2004年 7月22日頃 2003年 ー 2002年 7月25日頃 2001年 ー 2000年 7月27日頃 1999年 267月日頃 1998年 ー 1997年 7月17日頃 1996年 8月6日頃 1995年 7月23日頃 1994年 7月13日頃 1993年 ー 1992年 7月29日頃 1991年 8月14日頃 1990年 7月27日頃 1989年 7月21日頃 梅雨明けの「ー」の箇所は、 梅雨明けの時期がはっきりしなかったため 特定しなかったものだそうです。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ!• 家の中で自粛されている方• 普段時間が無くてその内に…と思ってた方• 使い捨てマスクってコスパ悪くない!? そう思われる方も多いはず。 さらに暖かくなってきた季節に先駆けて、 接触冷感素材のマスクも登場しました! しかも 洗濯もできるこのマスク、 3枚:1280円ですぐに買えるんです。 暑苦しい思いをされている方、購入を検討してみては?.

次の

関東の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

秋田 梅雨明け 2020

平年の東北北部・南部の梅雨入り時期はいつ? 平年の東北北部・南部の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 気象庁のデータを調べてみると、• 平年の東北北部の梅雨入りは6月14日ごろ、梅雨明けは7月28日ごろ• 平年の東北南部の梅雨入りは6月12日ごろ、梅雨明けは7月25日ごろ となっています。 2020年 東北北部の梅雨入り時期を予想! まずは東北地方北部(青森県、秋田県、岩手県)について、2020年の梅雨入りの時期を予想しちゃいましょう! 参考にさせていただくのは気象庁から発表されている1951年から2018年までの68年間の梅雨入り時期のデータ。 過去の東北北部の梅雨入り日を見てみると、とびぬけて早い年はないですが、とびぬけて遅い梅雨入りはチラホラ確認できます。 データによると、過去68年間で最も遅い梅雨入りだったのが7月3日ごろ。 ただし、過去68年間においても東北地方北部が7月に梅雨入りしたのは、この1回のみ。 ということは、2020年東北地方北部が7月に梅雨入りする可能性はほぼないと言えるでしょう。 では、逆に最も早く梅雨入りしたのは? それは6月2日ごろ。 他にも6月上旬に梅雨入りした年は実に22回、全体の1/3強と決して無視できないデータとなっています。 また、過去68年間の東北北部の梅雨入りの平年時期は6月14日となっています。 さらに、2018年11月から2年ぶりにエルニーニョ現象が発生中。 1958年から2012年の気象庁の調査によると、東北北部の梅雨入りはエルニーニョ現象の影響を受けやすく、エルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨入りが遅い傾向にあります。 東北地方北部の2020年の梅雨明け時期を予想! では逆に東北地方北部の梅雨明けに、エルニーニョ現象は影響していないのでしょうか? 影響しているとすれば? こちらも過去68年間の気象庁のデータと照らし合わせながら、2020年の東北地方北部の梅雨明けの時期を予想していきましょう。 まずは過去68年間のデータの中から、最も早い梅雨明けの時期と最も遅い梅雨明けの時期を確認してみましょう。 気象庁の1951年から2018年までのデータを見てみると、最も梅雨明けが早かったのが7月5日ごろ。 逆に最も梅雨明けが遅かったのが8月14日ごろとなっています。 ちなみに、68年間の梅雨明けの平均日は7月28日です。 一番梅雨明けが早かった年と一番梅雨明けの遅かった年の差は実に1ヶ月以上! とはいえ、7月上旬以前や8月中旬以降の梅雨明けはそのパーセンテージも低いですし、2020年も7月上旬もしくは8月中旬以降の梅雨明けとなる可能性は低い考えられるでしょう。 そして、エルニーニョ現象の影響についても見てみましょう。 1958年から2012年の気象庁の調査によると、東北北部の梅雨明けはエルニーニョ現象の影響はそれほど受けないようです。 エルニーニョ現象が発生している年の梅雨明け時期は、早くなる確率は15%、平年並みの確率は39%、遅くなる確率は38%、特定できなかった確率は8%、となっています。 平年並みか遅くなる確率が高そうですね。 これらのことを考えると 2020年の東北地方北部の梅雨明けの時期は7月20日から8月3日の間くらいになりそうです。 東北地方北部の梅雨期間の傾向は? 北海道ほどではありませんが、東北地方北部の夏はちょっぴり短め。 できれば、梅雨は早く始まって早く終ってほしいものですが、2020年は梅雨明けが少し遅めになりそう。 夏休みの序盤に湿りをもたらす東北地方北部の梅雨期間について、その傾向を考えていきましょう~。 東北地方北部の1951年から2018年までの気象庁のデータをチェックしてみましょう。 過去68年間で梅雨の期間が一番短かったのは1967年の15日間、そして一番長かったのが1991年の65日間です。 その差、なんと50日!! とは言え、梅雨の期間が20日を切ったのはこの1回のみとなっています。 2020年も梅雨の期間が20日より短くなることはまずないでしょう。 また、60日を超えたのもたったの2回となっており、こちらも2020年の梅雨の期間については可能性は低いと言えそうです。 参考にすべきなのは、ずばりエルニーニョ現象影響下の梅雨の時期の傾向についてです。 気象庁のデータによると、エルニーニョ現象の影響で梅雨の期間が短くなることはあまりなく、例年通りと長梅雨になる確率が半々といった感じです。 過去68年間の梅雨の期間の平均は44日間となっていますので、これらのことを考えあわせると2020年は40日間から55日間は梅雨が続きそうですね。 東北地方南部の2020年の梅雨入り時期を予想! 次に、東北地方南部(山形県、宮城県、福島県)の2020年の梅雨入りの時期を予想したいと思います。 まずは、気象庁が発表している過去68年間の梅雨入りの時期のデータにご注目ください。 東北地方南部では一番梅雨入りが早かったのが6月1日ごろとなっています。 この6月1日ごろというデータは北部と同じく、とびぬけて早いというわけではありません。 他にも6月上旬に梅雨入りした年は34回と、約半数を占めています。 逆に最も梅雨入りが遅かったのは2017年の6月30日ごろとなっています。 6月下旬に梅雨入りしたのは11回と全体の2割近くありますが、割合としては少ないですね。 なおかつ、実は東北地方南部においては、エルニーニョ現象が起こった年の梅雨入りの時期は例年どおりが38%、早くなった年が31%、そして遅くなった年が31%となっており、影響をデータに反映するのが難しくなっています。 68年間における梅雨入りの時期の平年日を見てみると、6月12日ごろとなっています。 梅雨入りの時期が遅くなっている傾向にあることも考え合わせると、 2020年の東北地方南部の梅雨入りは6月10日から6月24日の間くらいになりそうです。 そんな東北地方南部の梅雨明けの時期は気になるところでもありますよね~。 先に申し上げておきますと、東北地方南部は梅雨明けの時期が年々遅れてきているだけでなく、2018年から続くエルニーニョ現象の影響で更に遅れる傾向となっています。 エルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨明けが遅い傾向にあります。 気象庁の1951年から2018年までのデータの中で、一番梅雨明けが早かったのは7月5日ごろ、逆に一番梅雨明けが遅かったのが8月9日ごろとなっています。 そして、梅雨明けの時期の平年時期は7月25日。 7月上旬の梅雨明けは過去68年間でも4回だけですし、2020年も7月上旬に梅雨明けとなる可能性はかなり低いでしょう。 しかし、これらのデータや梅雨明けの時期が遅くなっている傾向にあることも考え合わせると、考えあわせると 2020年の東北地方南部の梅雨明けの時期は7月21日から8月4日の間くらいになると考えられるでしょう。 東北地方南部の梅雨期間の傾向は? それでは北部と同じく、2020年の梅雨期間の傾向についても観ていきたいと思います。 東北地方の北部と南部、梅雨期間の傾向については、どのような違いがみられるのでしょうか? それでは早速、東北地方南部について、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータを見てみましょう。 これによると、梅雨の期間が一番短かったのは2011年の18日間、そして梅雨の期間が一番長かったのが1971年の58日間となっています。 その差はぴったり40日となっており、一ヶ月以上の差があります。 しかし、梅雨の期間が25日間をきるような年は過去68年中5回と、かなり頻度が低いことがわかりますし、梅雨の期間が55日を超えるような年も片手で余るほどしかありません。 これらのことを考えると、2020年も梅雨の期間が25日をきるようなことも、55日を超えるようなことはほとんどないと言えるでしょう。 とはいえ、今年はエルニーニョ現象の影響から梅雨明けが遅れることが分かっています。 過去68年間の平均は43日間となっていますが、2020年の東北地方南部の梅雨の期間は平均より長めの45日から55日程度は梅雨の期間が続くこととなるのではないかと予想されます。 まとめ 2020年の東北地方はちょっぴり長梅雨。 しかも南部の方がより長く、北部よりも数日早く梅雨入りしますが、梅雨明けはほぼ同じ時期となると予想されます。

次の

北海道には梅雨はない?その理由とは?

秋田 梅雨明け 2020

平年の東北北部・南部の梅雨入り時期はいつ? 平年の東北北部・南部の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 気象庁のデータを調べてみると、• 平年の東北北部の梅雨入りは6月14日ごろ、梅雨明けは7月28日ごろ• 平年の東北南部の梅雨入りは6月12日ごろ、梅雨明けは7月25日ごろ となっています。 2020年 東北北部の梅雨入り時期を予想! まずは東北地方北部(青森県、秋田県、岩手県)について、2020年の梅雨入りの時期を予想しちゃいましょう! 参考にさせていただくのは気象庁から発表されている1951年から2018年までの68年間の梅雨入り時期のデータ。 過去の東北北部の梅雨入り日を見てみると、とびぬけて早い年はないですが、とびぬけて遅い梅雨入りはチラホラ確認できます。 データによると、過去68年間で最も遅い梅雨入りだったのが7月3日ごろ。 ただし、過去68年間においても東北地方北部が7月に梅雨入りしたのは、この1回のみ。 ということは、2020年東北地方北部が7月に梅雨入りする可能性はほぼないと言えるでしょう。 では、逆に最も早く梅雨入りしたのは? それは6月2日ごろ。 他にも6月上旬に梅雨入りした年は実に22回、全体の1/3強と決して無視できないデータとなっています。 また、過去68年間の東北北部の梅雨入りの平年時期は6月14日となっています。 さらに、2018年11月から2年ぶりにエルニーニョ現象が発生中。 1958年から2012年の気象庁の調査によると、東北北部の梅雨入りはエルニーニョ現象の影響を受けやすく、エルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨入りが遅い傾向にあります。 東北地方北部の2020年の梅雨明け時期を予想! では逆に東北地方北部の梅雨明けに、エルニーニョ現象は影響していないのでしょうか? 影響しているとすれば? こちらも過去68年間の気象庁のデータと照らし合わせながら、2020年の東北地方北部の梅雨明けの時期を予想していきましょう。 まずは過去68年間のデータの中から、最も早い梅雨明けの時期と最も遅い梅雨明けの時期を確認してみましょう。 気象庁の1951年から2018年までのデータを見てみると、最も梅雨明けが早かったのが7月5日ごろ。 逆に最も梅雨明けが遅かったのが8月14日ごろとなっています。 ちなみに、68年間の梅雨明けの平均日は7月28日です。 一番梅雨明けが早かった年と一番梅雨明けの遅かった年の差は実に1ヶ月以上! とはいえ、7月上旬以前や8月中旬以降の梅雨明けはそのパーセンテージも低いですし、2020年も7月上旬もしくは8月中旬以降の梅雨明けとなる可能性は低い考えられるでしょう。 そして、エルニーニョ現象の影響についても見てみましょう。 1958年から2012年の気象庁の調査によると、東北北部の梅雨明けはエルニーニョ現象の影響はそれほど受けないようです。 エルニーニョ現象が発生している年の梅雨明け時期は、早くなる確率は15%、平年並みの確率は39%、遅くなる確率は38%、特定できなかった確率は8%、となっています。 平年並みか遅くなる確率が高そうですね。 これらのことを考えると 2020年の東北地方北部の梅雨明けの時期は7月20日から8月3日の間くらいになりそうです。 東北地方北部の梅雨期間の傾向は? 北海道ほどではありませんが、東北地方北部の夏はちょっぴり短め。 できれば、梅雨は早く始まって早く終ってほしいものですが、2020年は梅雨明けが少し遅めになりそう。 夏休みの序盤に湿りをもたらす東北地方北部の梅雨期間について、その傾向を考えていきましょう~。 東北地方北部の1951年から2018年までの気象庁のデータをチェックしてみましょう。 過去68年間で梅雨の期間が一番短かったのは1967年の15日間、そして一番長かったのが1991年の65日間です。 その差、なんと50日!! とは言え、梅雨の期間が20日を切ったのはこの1回のみとなっています。 2020年も梅雨の期間が20日より短くなることはまずないでしょう。 また、60日を超えたのもたったの2回となっており、こちらも2020年の梅雨の期間については可能性は低いと言えそうです。 参考にすべきなのは、ずばりエルニーニョ現象影響下の梅雨の時期の傾向についてです。 気象庁のデータによると、エルニーニョ現象の影響で梅雨の期間が短くなることはあまりなく、例年通りと長梅雨になる確率が半々といった感じです。 過去68年間の梅雨の期間の平均は44日間となっていますので、これらのことを考えあわせると2020年は40日間から55日間は梅雨が続きそうですね。 東北地方南部の2020年の梅雨入り時期を予想! 次に、東北地方南部(山形県、宮城県、福島県)の2020年の梅雨入りの時期を予想したいと思います。 まずは、気象庁が発表している過去68年間の梅雨入りの時期のデータにご注目ください。 東北地方南部では一番梅雨入りが早かったのが6月1日ごろとなっています。 この6月1日ごろというデータは北部と同じく、とびぬけて早いというわけではありません。 他にも6月上旬に梅雨入りした年は34回と、約半数を占めています。 逆に最も梅雨入りが遅かったのは2017年の6月30日ごろとなっています。 6月下旬に梅雨入りしたのは11回と全体の2割近くありますが、割合としては少ないですね。 なおかつ、実は東北地方南部においては、エルニーニョ現象が起こった年の梅雨入りの時期は例年どおりが38%、早くなった年が31%、そして遅くなった年が31%となっており、影響をデータに反映するのが難しくなっています。 68年間における梅雨入りの時期の平年日を見てみると、6月12日ごろとなっています。 梅雨入りの時期が遅くなっている傾向にあることも考え合わせると、 2020年の東北地方南部の梅雨入りは6月10日から6月24日の間くらいになりそうです。 そんな東北地方南部の梅雨明けの時期は気になるところでもありますよね~。 先に申し上げておきますと、東北地方南部は梅雨明けの時期が年々遅れてきているだけでなく、2018年から続くエルニーニョ現象の影響で更に遅れる傾向となっています。 エルニーニョ現象が発生している年は46%もの高確率で梅雨明けが遅い傾向にあります。 気象庁の1951年から2018年までのデータの中で、一番梅雨明けが早かったのは7月5日ごろ、逆に一番梅雨明けが遅かったのが8月9日ごろとなっています。 そして、梅雨明けの時期の平年時期は7月25日。 7月上旬の梅雨明けは過去68年間でも4回だけですし、2020年も7月上旬に梅雨明けとなる可能性はかなり低いでしょう。 しかし、これらのデータや梅雨明けの時期が遅くなっている傾向にあることも考え合わせると、考えあわせると 2020年の東北地方南部の梅雨明けの時期は7月21日から8月4日の間くらいになると考えられるでしょう。 東北地方南部の梅雨期間の傾向は? それでは北部と同じく、2020年の梅雨期間の傾向についても観ていきたいと思います。 東北地方の北部と南部、梅雨期間の傾向については、どのような違いがみられるのでしょうか? それでは早速、東北地方南部について、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータを見てみましょう。 これによると、梅雨の期間が一番短かったのは2011年の18日間、そして梅雨の期間が一番長かったのが1971年の58日間となっています。 その差はぴったり40日となっており、一ヶ月以上の差があります。 しかし、梅雨の期間が25日間をきるような年は過去68年中5回と、かなり頻度が低いことがわかりますし、梅雨の期間が55日を超えるような年も片手で余るほどしかありません。 これらのことを考えると、2020年も梅雨の期間が25日をきるようなことも、55日を超えるようなことはほとんどないと言えるでしょう。 とはいえ、今年はエルニーニョ現象の影響から梅雨明けが遅れることが分かっています。 過去68年間の平均は43日間となっていますが、2020年の東北地方南部の梅雨の期間は平均より長めの45日から55日程度は梅雨の期間が続くこととなるのではないかと予想されます。 まとめ 2020年の東北地方はちょっぴり長梅雨。 しかも南部の方がより長く、北部よりも数日早く梅雨入りしますが、梅雨明けはほぼ同じ時期となると予想されます。

次の