広島 トリエンナーレ。 【2020年秋開催予定】広島トリエンナーレ

記者の目:ひろしまトリエンナーレ中止 多様性封じた観光偏重=清水有香(大阪学芸部)

広島 トリエンナーレ

プレイベントで展示された創作物の一部 この会は文字通り、広島県東部(福山市、尾道市、三原市)で今秋(9月12日~11月15日)、開催予定の芸術祭「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」について、適切な公金支出を求めるもので、私を含めて県内の有志一同が名を連ねています。 昨年、愛知県で開催された芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、昭和天皇の御真影を燃やしてその灰を踏みつけている動画を流すなど物議を醸し、同芸術祭への公金支出の是非が問われました。 「ひろしまトリエンナーレ」のプレイベントでも、同様の趣旨の内容の創作物が展示されており、公金支出が問題となっています。 多くの日本国民は、日本の象徴である昭和天皇を揶揄したり、原爆をあざけたりするような展示物は、公金支出の観点からそぐわないという思いを募らせています。 公金を支出して特定の主義・主張を宣伝することは公共の福祉に反するとも言えます。 反日プロパガンダが横行する昨今、そういった背景から、「ひろしまトリエンナーレを考える会」は発足しました。 反日プロパガンダ色が濃い芸術祭への公金支出の問題は、広島だけの話ではありません。 表面化していないだけで、全国津々浦々の自治体で起きていることだと思います。 今回、広島市はこの芸術祭に関わっていませんが、イベント名に「ひろしま」が付くだけに、広島市議としても座視することはできません。 このまま本イベントで先のような展示物が並ぶことは、「広島が反日プロパガンダを認めた」という誤ったメッセージを国内外に発信することにつながるからです。 同芸術祭の本イベントの予算は2~3月の県議会で審議されるため、今まさに正念場を迎えています。 先日11日には、広島市内で開催された「天皇陛下御即位奉祝記念式典」の会場周辺で、実情を知らせるチラシを配布しました。 引き続きやってまいりますので、どうぞご協力をお願いします。

次の

ひろしまトリエンナーレ、中止へ。広島県「コロナの影響」(美術手帖)

広島 トリエンナーレ

2019年10~12月に開かれたひろしまトリエンナーレのプレイベント。 昭和天皇の肖像などをコラージュした大浦信行さんの版画「遠近を抱えて」も展示された=広島県尾道市百島町のアートベース百島で、清水有香撮影 「国際的な芸術祭」を掲げ、広島県などが今秋初開催を予定していた「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」(ひろトリ)が4月、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に中止となった。 展示内容を原則全会一致で選定する県の方針に美術関係者が反発するなど、混乱の末の幕切れだった。 一連の過程を取材して感じたのは、表現の多様性を軽んじた県の観光振興ありきの姿勢だ。 芸術は「美しく楽しい」ものだけではない。 時には社会の問題をえぐるような刺激を伴う。 そうした幅広い表現に触れる機会を提供することこそ、公共のための芸術祭の重要な役割だと私は思う。 ひろトリは県などでつくる実行委が主催し、事務局を観光課に置くなど観光振興を強く打ち出していた。 国内では2000年以降、「越後妻有アートトリエンナーレ」「瀬戸内国際芸術祭」など里山や離島が舞台の芸術祭が多くの来場者を集め、町おこしの面が注目されるようになった。 三原・尾道・福山市を会場としたひろトリもその流れをくむ。 一方、基本計画によれば「県東部の地域性と近代化の痕跡を、先鋭的な現代アートが持つメッセージ性により顕在化」する狙いがあった。 だが「現代アートの先鋭性」は思わぬ事態を招いた。 19年10~12月に尾道市で開かれたプレイベント。 同年の「あいちトリエンナーレ」(あいトリ)の企画展「表現の不自由展・その後」に出展され、昭和天皇の肖像を巡り波紋を広げた作品が展示されると、批判が殺到した。 県によると、観光課への苦情電話が相次ぎ、ひろトリの広報ができないほど職員が疲弊したという。

次の

「ひろしまトリエンナーレ」の「中止」はもっとも悪い選択―-The Way We Were(志田陽子)

広島 トリエンナーレ

プレイベントで展示された創作物の一部 この会は文字通り、広島県東部(福山市、尾道市、三原市)で今秋(9月12日~11月15日)、開催予定の芸術祭「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」について、適切な公金支出を求めるもので、私を含めて県内の有志一同が名を連ねています。 昨年、愛知県で開催された芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、昭和天皇の御真影を燃やしてその灰を踏みつけている動画を流すなど物議を醸し、同芸術祭への公金支出の是非が問われました。 「ひろしまトリエンナーレ」のプレイベントでも、同様の趣旨の内容の創作物が展示されており、公金支出が問題となっています。 多くの日本国民は、日本の象徴である昭和天皇を揶揄したり、原爆をあざけたりするような展示物は、公金支出の観点からそぐわないという思いを募らせています。 公金を支出して特定の主義・主張を宣伝することは公共の福祉に反するとも言えます。 反日プロパガンダが横行する昨今、そういった背景から、「ひろしまトリエンナーレを考える会」は発足しました。 反日プロパガンダ色が濃い芸術祭への公金支出の問題は、広島だけの話ではありません。 表面化していないだけで、全国津々浦々の自治体で起きていることだと思います。 今回、広島市はこの芸術祭に関わっていませんが、イベント名に「ひろしま」が付くだけに、広島市議としても座視することはできません。 このまま本イベントで先のような展示物が並ぶことは、「広島が反日プロパガンダを認めた」という誤ったメッセージを国内外に発信することにつながるからです。 同芸術祭の本イベントの予算は2~3月の県議会で審議されるため、今まさに正念場を迎えています。 先日11日には、広島市内で開催された「天皇陛下御即位奉祝記念式典」の会場周辺で、実情を知らせるチラシを配布しました。 引き続きやってまいりますので、どうぞご協力をお願いします。

次の