あんじょう 意味 方言。 可愛い|福井県の方言(福井弁)25選!好き・告白の表現もご紹介!

可愛い|和歌山県の方言(和歌山弁)25選!好き・告白の表現もご紹介!

あんじょう 意味 方言

一口に「京都弁」と称しても、実は「京都弁」にはいくつかの分類があり、それぞれの地方や京都独自の職業からでる言葉づかいなどが存在します。 代表的な分類を挙げていきましょう。 まずはテレビなどで京都の言葉づかいとして目にすることも多い「花街ことば」。 京の都を代表する繁華街、祇園界隈などで使われる「舞妓さんの言葉づかい」が「花街ことば」です。 「花街ことば」に対して、「中京ことば」と呼ばれる京都弁を「町ことば」とも言います。 京都弁もしくは京言葉と定義したときに、狭義の意味合いで使われる代表格の言葉づかいです。 職人さんの独自の文化を扱う「職人ことば」や花街界隈独自の「花街ことば」ではなく、市内の一般に広く普及している「京ことば」を「町ことば」と呼びます。 言い回しとイントネーションにちょっと注意しておきたい京都の方言表現、京都弁シリーズ。 「ええかげんにしよし」と用いて、「いい加減にしておきなさい」と変換します。 イントネーションとしては京都弁独自の柔らかさが大きいのですが、言い回しの意味合いとしては注意や窘めをあらわす表現なので、このセリフ回しが出たときには覚えておきたいところです。 「しよし」と用いて、「しなさい」。 京都弁の体言止めでかなり強い命令形の表現です。 「いい加減に」を京都の方言では「ええかげんに」と使います。 アクセントが柔らかいので気を付けておきたいのですが、この言葉が出た場合、京都の言葉では「怒り」を持つ表現であると心得ておきたい場面をお忘れなく。 言い回しとイントネーションにちょっと注意しておきたい京都の方言、京都弁ご紹介シリーズ。 「好きなようにしはったらよいのと違います?」と使って、京都弁、京都の言葉で「好きなようにしていいよ」の意味を持ちます。 「好きなようにしていいよ」の意味合いではありますが、ちょっとご注意。 「好きなようにしはったらよいのと違います?」とにっこり笑顔で使われたときに、「好きにしていいよ」とそのままの意図でも受け取ることもできます。 注意したいのは、京都の方言、京都弁の特徴の一つとして、この言い回しは「遠回しな嫌味」としても使われることも多いセリフであるということ。 「好きにしていいよ」ではなく、「好きにすれば?」という意味合いも大きいセリフだと覚えておきたい京都方言です。 「うち、そんなんよういわんわぁ」。 京都独特の言い回しで、イントネーションも口調も柔らかく感じがちなのですが、こちらも注意警報の京都表現。 「よういわんわぁ」という京都弁を標準語訳に置き換えると、「とてもではないですが私には言えません」なんて意味合いの非常に怖い言葉が飛び出してしまいます。 「よういわんわぁ」と飛び出したら、「私には言えないです」もしくは「私には言えません」の意味合いですから、遠回しな否定形です。 さて、ここまでのちょっと注意しておきたいシリーズをおさらい。 「ええかげんにしよし」なんて嫌味な言葉遣い、普段からは「よういわんわぁ」。 まぁ、使いたかったら「好きなようにしはったらよいのと違います?」と括りましょう。 告白シーンを京都弁に置き換えてちょっとキュンとしてみたいシリーズ三選。 「好きです。 付き合ってください」に対して、「本当に? 私でいいの」と返事が返った場合の京言葉バージョンは、「ほんまに? うち(もしくは私)でええの?」。 「ほんまに? うち(もしくは私)でかまへんの?」。 「本当に?」という部分を、京都の方言で表現すると、「ほんま」というフレーズを使います。 京都や関西圏では「私」という一人称の他に、「うち」と自分を指して使う場合も多く、「うち」の一人称を普段から使う場面も多いです。 「いいの?」という表現は、「構わないの」の地方表現、「かまへんの?」。 合わせて表現すると、「ほんまに? うちでかまへんの?」というフレーズが完成します。

次の

奈良県人が方言で怒ってる!超危険な奈良弁10選

あんじょう 意味 方言

徳島県は阿波国とよばれていました。 その当時、使われていたのが阿波弁となり、今日まで引き継がれているのです。 徳島県がある四国や海を挟んだ近畿地域の方言の影響を受けているため、関西弁に近い発音になったといわれています。 阿波弁の発音は関西弁の発音に近いものの、語尾に使われる言葉が違うという特徴があります。 そのため、分かる人には関西弁ではないとすぐに分かるのです。 女性の場合、「じゃ」「や」「だ」ではなく「じょ」という言い方をすることの方が多いとされています。 会話の終わりが言い切りの形になると、どうしても強い印象を与えてしまいがちです。 ですが、阿波弁の特徴的な語尾の「じゃ」「や」などは「じゃー」や「やー」のように語尾を伸ばして発音することが多くなります。 そのため、ほんわかと柔らかい印象になり、かわいらしい雰囲気を与えることになるのです。 例えば「遊ばない」という否定は「遊ばへん」となり「遊んではいけません」という禁止の場合は「遊ばれん」となるのです。 思わず「あるのか」「ないのか」はっきりして欲しいと思ってしまう「あるでないで」ですが「あるではないか」ということになり、結論としては「ある」という意味になるのです。 「まけまけいっぱい」とは、「あふれそうなくらいにたくさんの」という意味になります。 「お風呂のお湯がまけまけいっぱい」、「コップのビールがまけまけいっぱい」のように、液体がこぼれそうなほどいっぱいに入っている状況を表わすときの表現の仕方となります。 この言葉は「ありがとう」や「助かりました」のように感謝の気持ちを伝えられたときに使われる方言で、「どちらいか」には「どういたしまして」という意味があるのです。 意味が分かりづらい言葉ですが、なんだか優しくてホッとしてしまう方言ですよね。 「めいでまう」とは「こわしてしまう」という意味です。 使い方としては「携帯落して、めいでまもうた。 」や「雑な扱いしてるとめいでまうよ。 」というようになります。 「あんそ」は「あげる」という意味で使われる方言です。 「プレゼントあんそ。 (プレゼントあげる。 )」や「ティッシュ、あんそか?(ティッシュ、あげようか?)」という具合に使います。 「いける」って何?「どこかへ行くの?」と頭の中が「?」でいっぱいになってしまいそうなこの「いける」は、「大丈夫」や「問題ないよ」というニュアンスで使われている方言となります。 例としては「怪我してるけどいけるん?(怪我してるけど大丈夫?)」「いけるいける。 (大丈夫、問題ない。 )」というようになります。 「せこい」と言われると「けちくさい」や「細かくてずるい」というようなことを想像してしまうのではないでしょうか。 阿波弁での「せこい」は、そのような意味ではなく「疲れた」や「苦しい」といったニュアンスで用いられる言葉です。 「朝から晩まで畑仕事をしたからせこいわぁ。 」と言う具合に使われるのです。 「この包装紙、つまえといて。 」のように使われるのですが、どういう意味か分かりますか。 実は「つまえる」とは、「片付ける」という意味になります。 そのため、先ほどの使い方の例を共通語に訳すと「この包装紙、片付けておいて。 」となるのです。 「あんじょう」には、「うまく」や「あんばいよく」、または「元気に」といたニュアンスで使われています。 そのため、例としては「あんじょうしないよ。 (うまくやるんだよ。 )」というようになります。 阿波弁の「まがる」は「曲がる」ではありません。 「邪魔」といういみになります。 「そんなとこにいるとまがるやん。 (そんなとこにいると、邪魔だよ。 )」「まがるけん、どいて。 (邪魔だから、どいて。 )」のような使われ方がされます。 「ほれみーだ」は、「それみたことか」や「言わんこっちゃない」というニュアンスです。 例としては「ほれみーだ。 あのときあーしとけばってゆうたでぇ。 」となり、意味は「言わんこっちゃない。 だから、あのときあーしとけばって言ったのに。 」となります。 「えっとぶり」は「久しぶり」という意味です。 「久しぶり。 あんじょうしよんえ?」と言うよりも「えっとぶり。 元気やった?」の方が、ほんわかとした雰囲気でかわいらしく感じますよね。 まるで猿がきゃっきゃっと言いながら来そうな雰囲気ですが、猿とは全く関係がなく「いらいらする」や「イヤになる」という意味になります。 細かい作業が多くていらいらするときや、後もう少しで完成のパズルがばらばらになってしまったときなど「きゃっきゃがくる」となるのです。 「こんまい」は「小さい」や「せこい」という意味で使われる方言です。 細かいことをいつまでもうじうじと言っていると「こんまいやっちゃなぁ」と言われてしまいますので、注意が必要です。 「さら」は「さら」でも「お皿」のではなく「真っ新(まっさら)」という意味の「さら」になります。 「新品」や「まだ誰も使っていない新しいもの」というニュアンスですから、「さらの洋服」「さらの車」にように使われています。 「いっしょくた」というぐらいですから、何かを「一緒」にしてしまうことかなと思いますよね。 「いっしょくた」とはイメージ通り「一緒にする」や「ぐちゃぐちゃに混ぜてしまう」というニュアンスで使われています。 そのため「着た服と洗ってある服をいっしょくたにしぇられんよ。 」のように言われます。 意味は「着た(汚れた)服と洗濯済みの(きれいな)服を一緒に置いたらダメでしょう。 」となります。 「歯が痛い」のかと思ってしまいそうな言葉ですが、「怒れる」「歯痒い」といった意味合いで使われる方言です。 使い方としては「あの人いっつもへらこいことして、ホントっはがいたらしい。 (あの人いっつもずるいことして本当に腹立つ。 )」となります。 「いごいご」という言葉のイメージから動いている様子が連想されますよね。 「いごいご」とは「そわそわ」のようにじっとしていないことを表わしています。 そのため、居ても立っても居られないような状況のときに「いごいごせられんと(そわそわしていないで)」といわれることになるのです。 また「いごいご」と同じ「そわそわ」すると言う意味で「ごぞごぞ」という言葉も用いられています。 「とろこい」は、その言葉から連想できるように「とろくさい」や「どんくさい」というニュアンスで使われています。 良い意味で使われる言葉ではありませんが「お前とろくさいなぁ」と言われるよりも「とろこいのぉ」と言われる方が、柔らかい雰囲気になり心の傷が浅くてすみそうですよね。 「もんてくる」は「帰ってくる」という意味があります。 そのため、「お父さんがもんてくるまで待ってて。 (お父さんが帰ってくるまで待ってて。 )」のような使われ方がされます。 「てれこ」と聞くと「TELすること」を略していうようになったのかと想像してしまいますが、「前と後ろの順番が逆になっていること」や「入れ違いになっている状況」を表現するときに使われています。 例文としては「こことここの商品てれこになっとるで。 」となり、「こことここの商品が入れ違いになってるよ。 」という意味になります。 「かんまん」という方言には「かまいません」「それで大丈夫です」というニュアンスで使われる言葉です。 使い方としては、「何か飲む?コーヒーでかんまんけ?(何か飲む?コーヒーでもいいですか?)」「コーヒーでもかんまんわだ。 (コーヒーで大丈夫だよ。 )」というようになります。 「あずる」は「手にあまる」や「てこずる」という意味があります。 使い方としては「やんちゃ坊主にあずる(やんちゃ坊主に手こずる)」や「商談にあずったわ(商談にてこずったわ)」というようになります。 目が覚めるという意味の「起きる」という場合もありますが、阿波弁での「おきる」は「満腹」状態のことを表わしています。 そのため「ご飯よーけあったけん、お腹がおきたわ。 (ご飯がたくさんあったから、お腹がいっぱいになったよ。 )」というように使われます。 「たってくる」は「飽きてくる」という意味になります。 「いつも、同じ番組ばっかりでたってくるわ。 (いつも、同じ番組ばっかりで飽きてきたよ。 )」というような言い方がされます。 「しわしわ」というと、洋服が「しわしわ」のように「しわ」が入っている状態のことを連想してしまいますよね。 ところが、阿波弁での「しわしわ」は、「ゆっくり」という意味になります。 そのため「しわしわおいでね(ゆっくりおいでね))のような使い方になります。 「つくまむ」は「しゃがむ」というニュアンスで使われている言葉です。 「こんなところで、つくまんでいける?(こんなところでしゃがんで大丈夫?)」という意味を聞いていたとしても、分かりづらい方言ですよね。 一般的には、言葉の通りかわいらしいというときに「かいらしぃ」と言われます。 反対に「ちょっと生意気」だったり「素直じゃない態度」だったりすると「かわいくない子」と表現することありますよね。 そのような時に「かいらしんみ子」というような言い方がされるのです。 徳島の方言での「かえる」は「倒れている」や「こけてる」というニュアンスで使われている言葉になります。 「自転車がこけてる(自転車がかえる)」ときや「看板が倒れている(看板がかえっとう)」というときに使われる言葉だということを考えると、共通語の「ひっくり返る」の「かえる」と同じイメージなのだなと感じますね。 また、お茶碗やコップなどが倒れたりひっくり返ったりしたことは「かやす」という方言が使われます。 「しゃんしゃん」は音の雰囲気からも分かるように、テンポ良くてきぱきと行動するというニュアンスで使われる方言です。 そのため、「さっさと」や「早く」して欲しいときに「しゃんしゃんしないよ」というように使われるのです。 かわいい徳島の方言(阿波弁)を会話に取り入れてみよう 徳島の方言、阿波弁のついて特徴や例文などを紹介してきました。 徳島の方言は、なんとなく意味が想像できる言葉があれば、意味を聞いても使いこなせそうもない言葉など様々あります。 まずは、阿波弁の語尾を伸ばす話し方や使いやすい方言から日常の会話に取り入れてみてはいかがでしょうか。 優しくてかわいらしい印象を与えるだけでなく、方言について会話が盛り上がるはずですよ。 こちらは、徳島県の県民性や特徴などについてまとめられている記事です。 方言以外にも、徳島のことが気になるというあなた、ぜひご覧になってみてくださいね。

次の

丹後弁

あんじょう 意味 方言

「じゃん」という言葉を日常においてよく聞きますが、この「じゃん」という言葉は方言として、どこかの地域に古くから根差していた言葉だったのでしょうか。 「じゃん」という言い方を聞くとき、よく「それは神奈川県の方言」や「横浜の生粋の言葉」などと言われ、主に「じゃんは神奈川県の方言」のように理解されているようですが、果たしてそれが正解でしょうか。 事実、この「じゃん」という言い方・表現は神奈川県のみならず、関東地方から中部地方に至るまで、さまざまな地方で使われています。 日本語に見られるさまざまな方言 先述しました「特殊な方言」についてですが、これは「若者言葉」にはじまる「ギャル語」、また地方独特の「浜言葉」などを含め、主に特定の派閥を組むグループや人種間グループにおいて見られる「流行語」に認められる場合も多く、ただ「ギャル語」やスラング・俗語などが若者の間で多く作られていることから、「若者言葉」という呼称が付けられています。 「キツい」、「しょうゆ顔」、「ソース顔」などといった「流行語に見間違われるほどの言葉や言い回し」も、この「若者言葉」のうちから発生した言葉であり、たとえば「じゃん」という方言も、こうした特定の若者の間で展開されて流行し、そのまま地方の方言として根付いたという見方も考えられます。 第3の言葉とは 「第3の言葉」として認められるのは、現代の日本では常用語として使われず、その言葉の発祥がアイヌ語や多民族からの借用語として理解されがちな、暗号を含む方言などがあります。 山窩が使用していたとされる暗号を連想させる「サンカ語」や、山奥で狩猟を行なっていた者たちが常用語としていた「マタギ語」、外国との貿易のさなかで常用されていた言葉に見られた「ピジン言語」を発祥とする「小笠原語」、さらには岩手県気仙地方で聞かれた独立言語とされる「ケセン語」など、一般的にほとんど知られていない方言が認められます。 こうした「第3の言葉」なども人種間や特定の分野における方言として分類されるため、「じゃん」という表現がもしこの特定の分野の方言に使われていた場合、「じゃん」という方言の詳細な発祥地は益々もってわからなくなってしまいます。 「浜言葉」とは 「浜言葉」というのは主に日本の海岸地域、沿岸地方において、いわゆる港町とされる漁村やその他特定の地域で常用されていた「漁業にまつわる専門用語」としても理解され、特に漁師の間で頻繁に使用されていた言葉・方言として有名です。 青森県八戸市沿岸をはじめ、岩手県三陸海岸、宮城県の女川町、神奈川県相模湾沿い(三浦三崎~湯河原)、千葉県の外房地方、九十九里浜、静岡県駿河湾沿い、愛知県三河地方の沿岸部、和歌山県、大阪府泉州、北海道 、兵庫県播州など各地に浜言葉と呼ばれる言葉、方言がみられます。 その特徴としては「荒っぽい口調」や「気っ風(きっぷう)のよい言葉」として知られ、地方独特の流暢な言い回しによる方言に見られています。 「じゃん」という方言の語形と意味 静岡県の方言にも「じゃん」という方言や表現はあるでしょうか。 一般的に認められている有名な静岡県の方言をピックアップして、「じゃん」という方言の存在を見てみましょう。 「じゃん」という方言は現代において、関東地方から信州地方、また中部地方までその浸透を広げています。 では山梨県の方言ではどうでしょうか。 広島県の方言と「じゃん」 山梨県の方言に「じゃん」が認められましたが、今度は中国地方の有名な県・広島県の方言ではどうでしょうか。 【広島県の方言の意味と「じゃん」】 ・あらしまな(粗雑な) ・いびせ(恐ろしい) ・えっと(もっとたくさん) ・かざむ(匂いを嗅ぐ) ・かたぐ(肩に担ぐ) ・さでくりおちる(転げ落ちる) ・さばる(しがみつくこと) ・ざまくな(乱雑なこと) ・すぼれる(すぼむ) ・そそね(うたた寝) ・じゃけん(そうだから) 広島県の一般的に認められる方言では「じゃん」という表現はありません。 比較的「じゃん」という発音に近い「じゃけん」という言い方がありますが、直接的な意味合いとして「じゃん」と同義語と認められるかどうかは疑問があります。 愛知県の方言と「じゃん」 次は中部地方の有名地方、三大都市のひとつの愛知県の方言ではどうでしょうか。 こちらも一般的に使用される愛知県の方言から「じゃん」の言い回しを見てみましょう。 横浜市の方言と「じゃん」 それでは「じゃん」という方言の最有力候補としてよくあげられる、神奈川県横浜市を周辺に、一般的に使用される方言のいくつかを見てみましょう。 しかしこの「じゃん」や「じゃんか」という方言が使われるようになったのは比較的新しく、歴史上から見ると昭和初期頃から、次第に方言として使われるようになりました。 東京都の方言と「じゃん」 それでは関東地方の本拠地・東京都の方言ではどうでしょう。 「じゃん」という方言は果して見られるでしょうか。 神奈川県の方言と「じゃん」 先述で「横浜市の方言」として、横浜市周辺から神奈川県内で広く使われている方言をご紹介しましたが、神奈川県全域に焦点を広げて方言を探ってみると、もう少しマニアックな表現の方言が見られます。 「じゃん」という方言の発祥や用途を正しく理解しましょう いかがでしたか。 今回は「『じゃん』はどこの方言なのか・起源と意味」と題して、「じゃん」という方言の使い方、その用例などについて、さまざまな分野・情報からご紹介しました。 「じゃん」という方言がいつ頃から使われ始めたのか、それをはっきり示せる正確な資料は現代において認められませんが、現存する「日本全域の方言にまつわる各文献や資料」から推測すると、主に信州地方がその発祥とされ、さらにピンポイントの地方としては山梨県甲府市がピックアップされています。 しかし現代では、いろいろな地域・地方でこの「じゃん」という言葉が使われており、先でご紹介したように「方言は人々の交流によって伝わっていく」という、リアルタイムで言葉が伝わることを目の当たりにさせられます。 ぜひ、現代に見られる各地方の方言の生い立ちを正しく把握して、日本人だからこそ「日本語を正しく使うこと」を意識しましょう。

次の