餃子 キャベツ。 美味しい餃子を作るなら白菜よりもキャベツの方が良い100の理由

ジューシーな餃子☆ レシピ・作り方 by ☆ゆぅ♪☆|楽天レシピ

餃子 キャベツ

この記事の目次• 家の餃子はキャベツと白菜両方入れます 餃子はキャベツを使うか白菜を使うか?迷ってしまったら、どちらも両方使うことも可能ですよ。 そのレシピをご紹介します! 材料は小さめの皮50個分です。 まずは白菜、キャベツをみじん切りにして塩を少々振りかけておきます。 その間にネギもみじん切り、または小口切りにしておきましょう。 次に白菜とキャベツを塩もみし水気を絞ります。 ボウルにひき肉を入れて、白菜、キャベツ、ネギを入れて混ぜ合わせます。 そこに調味料を全て入れましょう。 混ぜ合わせたら餃子の皮に適量のせて包んでいきます。 包み終わったら油を熱したフライパンに餃子をのせて焼き、焦げ目が付いたら水をそこが浸るほどにいれて、蓋をし蒸し焼きにします。 水がなくなったら蓋を開けて、残った水分を飛ばして出来上がりです! 餃子は白菜派ですか?キャベツ派ですか? 上記したように白菜もキャベツも両方入れるというお家は少数派で、どちらか一方を入れるというお家が多数派です。 ではどちらが多いのかというとキャベツと答える方が半数以上なんです。 その理由としてはキャベツは年中低価格で販売されていることが多く、手に入りやすいという所、また昔からお家の餃子はキャベツだから!と答える方もいます。 確かに白菜といえば冬場が旬ですよね。 キャベツ派の方も冬場には白菜を使うという方もしらっしゃいます。 そして次に白菜を餃子に使うという方の意見を聞いてみると、白菜の方が水分を含んでいるので食べたときにジューシーという意見。 またキャベツのときと同じく、お家の餃子は白菜と決まっているから!と家庭の味を大切にしている意見も多くありました。 ちなみに我が家はそのときに冷蔵庫にある方を使って餃子を作ります!どちらにも良さがあって美味しいですよ! 餃子は白菜派!そのメリットとは? 上記したように白菜を使用するメリットの一つはその水分!キャベツよりも白菜は水分が多いので仕上がりがジューシーになります。 また鍋物に使われるように、白菜の旨みが出るのも特徴の一つです。 しかしこの水分が失敗の原因になる場合も!水分が多くて旨みもあると沢山入れすぎてしまうとベチャベチャの仕上がりになってしまうこともあります。 白菜を使用する場合は特に塩もみをして、ある程度水分を出してから使用すると美味しく仕上がりますよ。 その他には旬の時期を逃してしまうと白菜が手に入りづらかったり、また価格が高いこともあります。 そんな時は白菜の漬物を利用しましょう!しゃきしゃきとした食感は変わりなく、そして旨みも十分です。 漬物を使用するときの注意点は、塩分が含まれていますので、それを考慮して餃子の味付けの塩分は少なめにして、味を調整してください。 お家で漬けた白菜が余っているときも利用できますね! 餃子には白菜とキャベツのどちらをいれますか?その理由は? どちらを利用するかは家庭の味を重視している意見、そして価格を重視している意見の二つに大きく分かれます。 家庭の味を重視するという方は、やはりこだわりがあってどちらかを利用しています。 次に価格を重視している方は、白菜が安くて美味しい季節には白菜を!キャベツが美味しい旬な時期にはキャベツを利用しているようです。 また白菜の漬物を利用しているという方も意外に少なくはありません。 普通の白菜の漬物のほかにも、白菜のキムチを利用してチョット味を変えた餃子を作っている方も! 甘みやジューシーさを出すために玉ねぎを利用する方もいらっしゃいます。 このように餃子は、決まった具材だけでなく沢山の野菜を入れて作ってみると、ヘルシーでしかも、いつもと違った味を楽しめて楽しいですね! しいたけ、白菜、にら、キャベツ、人参、玉ねぎ、どんな具材も細かく切って餃子に入れる事が出来ますよ。 みじん切りが苦手だという方はフードプロセッサーを利用すると、あっという間に具材をみじん切りにする事が出来て便利です。 時間があるときには皮も手作りしてみると、また本格的な餃子を味わうことが出来ます! 日本の餃子の特徴はなに? 餃子は日本でも各家庭で食べられていて、皆さん家庭の味もあるようです。 しかし元々は中国の食べ物で、貿易が始まったときに餃子も日本に伝わったという説や、戦争中に伝わったという説もあります。 そして中国と日本の餃子では少し違いがあり、中国で最も良く食べられるのは水餃子なんです!焼き餃子ではないんですよね。 水餃子などの皮が硬くなってしまったものを、焼き餃子にするのがポピュラー。 そして、ニンニクも入れないんです。 日本でニンニクを入れるのは臭み消しが最初の理由だった。 という説が強く、今とは違い羊の肉を使っていたためににんにくを使用したのだとか。 でも豚肉が餃子の主流になった今も、ニンニクは餃子の具材と相性がとってもいいために、そのまま使われるようになっています。 ニンニクを入れるのも餃子を焼いて食べるのが一般的なのも、日本のギョーザの特徴といえるでしょう。

次の

おいしく節約! 初心者も簡単「キャベツたっぷり餃子」レシピ

餃子 キャベツ

しっかりとした肉の味がしますよ。 ということで、結論はすでに書きましたので過程を読みたい、理由を知りたい、蛇足が好きな方は以下の文章をどうぞ~ ・餃子の水切りはするのかしないのかという定番対決 餃子は野菜料理だと思う。 実際に作ってみると野菜の分量がすごく多くて、肉は味付けで肉の風味をまとった野菜を食べる料理である。 そんな料理だからこそ悩む部分が「野菜の水切り」だ。 野菜の水切りとは、サラダみたいに洗って水気をきるってものではなく、野菜に塩をかけて野菜自体の水分を減らしておくという手順。 ここに諸説あって、激論がかわされているポイント。 水切りしたほうが手間かけててちゃんと料理してる感あるし、だからこそ美味くなるハズ。 という印象がある。 しかし、水切りしない派も根強くて野菜の旨味がどうこう…。 みたいな主張ある。 さて一体どうなのか。 いつも迷ってきたので実際に作り比べてみましたよ。 ・水切りしよう.

次の

美味しい餃子を作るなら白菜よりもキャベツの方が良い100の理由

餃子 キャベツ

豚ひき肉125gにキャベツ(または白菜)300gを合わせるバランスで、十分食べ応えのある餃子に仕上がります。 この餃子のレシピでは、野菜は キャベツでも白菜でもどちらでも美味しく作ることができるので、用意しやすいもので作ってみてください。 粗く切った状態だと大きいものが混ざるので、また板の上に広げ、端からもう少し均一にする気持ちで、細かめに切ります。 どのくらいまで細かく切るかですが、下の写真の間に収まるくらいに切るようにしてみてください。 細かめに切るとタネとのなじみがいいですし、後の写真くらい大きめのものが残っていると野菜感がアップします。 しっかりと水気を切ってから 300gの野菜に対して塩小さじ1(分量外)を加えます。 箸で底から混ぜるようにして塩を行きわたらせ、10分置いて野菜に塩をなじませます。 塩がなじんだら、野菜の水気を両手でぎゅっと絞り、余分な水分を出した状態で餃子のタネに加えていきます。 ただ、 生姜だけはすりおろしてタネに加えると全体が生姜味になるので、生を用意してみじん切りにするのがおすすめです。 手でしっかりと混ぜ合わせ、タネに粘りが出るまでかき回すようにひき肉と調味料をなじませます。 続けてニラ、生姜、絞ったキャベツ(または白菜)を全量加えて、全体を混ぜ合わせます。 野菜が均一に混ざれば、餃子のタネの出来上がりです。 ただ、時間のないときは手についたタネを取って手を洗い、そのまま次の包む工程に移ってもOKです! 餃子の包み方 餃子のタネの包み方は、まず皮を手に持ち、 皮の中央にタネを平らにのばすようにします。 こんもりとタネをのせるよりも、 平らにするとたっぷり包みやすい上に、余分な空気が入りにくくなります。 たっぷり中央に広げたら、皮の淵に水をさっと塗ります。 皮が乾いたら包みづらくなるので要注意です! 平らにのばしたタネもろとも半分に折り、端からひだを作りながら包んでいきます。 はじめのスタート地点の皮をしっかりつまんで密着させ、それから 右手の親指と人差し指でひだを作り、できたひだは左手の親指でしっかり押さえて密着させる、これを繰り返します。 また、タネがたっぷり入っていると、包みはじめはやりやすくても、包み終わりでタネが飛び出ることがあるので、 皮の中央にタネを広げるといっても、若干包み始める側にタネが多いくらいにするとやりやすくなります。 最後の包み終わりもしっかりつまんで皮同士を密着させることが大切です。 包んだ餃子の皮も乾かないよう、蓋やラップをして1個ずつ包んでください(このレシピ分量で、普通サイズの皮30~35個、大判サイズの皮25~30個が目安となるので、おおよそ等分でタネを分けるとよいです)• 直線状でも、円を描くように放射線状に並べても、そこはお好みで。 並べ終えたら中火にかけます。 フライパンの底から小さい音が聞こえはじめたら、そこから1分ほどそのまま焼きます。 同時に熱湯75~100mlも用意しておきます。 1分後に熱湯をまわしかけ、 弱火にしてすぐ蓋をして、そこから5分蒸し焼きします。 5分後に蓋を外します(お湯が残っていれば少し火を強めて水分を飛ばします)。 焼き色がこんがりついていれば、ヘラで取り出し、お皿に盛り付けます。 餃子のたれは Bの酢大さじ2と醤油大さじ1を合わせるだけ。 焼き立てをいただきましょう!• フライパンで焼いた状態をそのままひっくり返す場合は、 余分な油をふき取り、はがれやすいよう底面全体をヘラで一度外してから、お皿を当ててひっくり返すようにしてみてください。 皮の厚みや種類によって、加えたお湯が早くになくなったり、けっこう残ったりといった違いが出ますが、フライパンから聞こえる音を聞いて、 パチパチと音がし始めたら、水がなくなったので仕上げの焼き色をつける工程に移るという気持ちで、フライパンを見守ってみてください。 羽の作り方や、フードプロセッサーを使って餃子のタネを美味しく仕上げるやり方(フープロは細かくなりすぎなので具材を工夫した方が美味しくなる!)など、あとあとそういったレシピも追加していこうと思います。 もう少々お待ちを…。

次の